« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

登山靴にクレーム

Dscf0009_2

コレは、私の冬用山靴ですが・・・・。

問題が起こったのは、だーさんの山靴。

白倉岳の下山時だーさんの靴のかかとは、パックリ開いた。

それも、両足。

ひどいひどい。

カンジキ付けていたので完璧取れてしまうことが無かったが。

コレが噂に聞く・・・靴底劣化・・・・ですね。

買った店に、クレーム。

お店の人も慣れたもの。

[仕方が無い。管理が悪い。良くある事でメーカーの協会からも警告が出ています。インターネットなどでよく見かけますよね。と、自分も登山者だから分かります。登山靴に限らず衝撃吸収のウレタンが靴底に使ってあるものは、ジョギングシューズなども起こりうる。靴紐や針金は必須です]と。

開き直りですか・・・・・・。

そんな靴作るな・・・・・と、心の中で悪態ついた。

もう、靴は色々買わないことにスル。

要するに、TPOで自分の中で履き分けたりしていると、そんな事になりやすいと聞いたら

いろいろ揃えられないよね。

買えないよね。

でも、1万いくらで、靴底を払い張り替えてもらいましたが・・・・取れるまで分からないとは、困ったものです。

下駄箱に入れっぱなしも駄目。

靴の箱に入れっぱなしも駄目。

物置に置きっぱなしも駄目。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏靴履かないと・・・・。

トレッキングImg_2308 Img_2305 Img_2307 Img_2306_1 シューズ・・・泥も落として乾燥させて・・・通気のいいところに保管。

そして・・・・・・・・・・・・・、

ちょこちょこ履く事。

今日その店から広告の葉書が来た。

足下の安全をサポートします。靴底張替え1000円OFF 磨耗した靴底やミッドソールの経年劣化は危険です。お早目の張替え交換をお勧めします。張替え費用はメーカー・靴によって違います。(張替え費用¥10000~)修理期間は約1ヶ月間かかります。料金は前金制になります。2006 4/7~5/31迄有効

隅っこに載っている記事を明日はわが身と・・・先先張り替える人は・・・・どれ位いるだろうか。

自分の身近に誰か体験者が出て初めて学習する。

しかし、私の靴は・・・いつですか?

どのように判断するんですか?

行き当たりばったりデスか?

張り替えない人がいけないのでしょうか?

何だかね・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

金属アレルギーの私の歯には・・。

先日、髪を切ってもらいながら読んだ週刊誌に、ひっかかった記事を見つけた。

医学的に証明されている訳ではないが・・・と、ことわりの文が書いてはあったが、

昔の歯の治療に使っていた金属が、体に良くない物もあるとか。

長年の間に溶けて・・・・・・。

私の奥歯の詰め物は大丈夫ですか?

安全な物に詰め替えるのは、自費で相当かかるとか。

かかってもいいから、もしそうなら・・・取り替えて欲しい。

だーさんのも、取り替えて貰わねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2265 金属アレルギーがあるからです。

指輪をして1日目は何とも無い。

油断していると外すの忘れて水仕事とかしたり、お風呂に入ったり、顔を洗ったり。

そして、2日目になると気が付く・・・痒いから。

あわてて外す。

そして、3日目は外しているのに、指輪をしているように指に指輪の型が赤く残ってしまう。

4日目、ポリポリかくから皮が指輪の形にむけて・・・やがて治っていく。

だから、日常には指輪はしない。

新婚旅行も山に登ったから、その頃からお互いに指輪をしていない。

山では、指輪は必要ない。雷が落ちる訳無いと思うが・・・。

仕事の時も邪魔なだけ。

テニスの時も無いほうがいいかな・・・。

前に指輪で切れてバンドエイド無いかな・・・と言っていた人いたっけ・・・・。

指輪で自分の指が傷つくなんて、考えられないけれど・・・よっぽっど指輪がきつかったんでしょうか。

我が家の指輪は、桐の箱に入ったままです。

1年に1回も出さないかも。

何かにつけて・・・世の中の枠にはまらない・・・私達?

「一緒にしないでくれ。合わせているだけだ」と天の声が聞こえるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな私ですが、傷は治るのが早い・・・。

だーさん三年寝太郎とっとこ太郎、誰も花粉症金属アレルギーもない。

でも、私は、3人よりも傷が治癒するのは早い気がする。

化膿もしない・・・・。

何か関係があるのだろうか?

疑問。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、猛烈な風の中・・・鼻水すすりながら・・・山を登ってきました。

花粉症の薬を飲んでいる私は、鼻水を止める薬効が効いてるのか、鼻の下がみんなピカピカさせていた時も、垂れてこなかった。まか不思議。

あれあれ・・・・・・思わぬところで・・・・得をした?

| | コメント (0)

2006年3月29日 (水)

洗濯機が壊れた2・・ゲッ・・。

Img_2309 ゲッ・・・・・。

昨日に引き続き・・・洗濯機と今日も今日とて・・・・格闘しました。

まずは・・・・昨日の夕刻の電話の話から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事が終わる・・・・車に向かう・・・携帯に着信あり・・・見ると真珠さんからだ。

かけてみる・・・「ブログを見たが洗濯機は治ったか?」と、心配してくれている。

「あれーぇ。見たわねー・・・・・・。」

よもや、真珠さんが読んでくれていたとは・・・・。

反省。

ごめんね。ごめんね。

あんな事を書かれたら・・・・そのままにしておけないよね。

「大丈夫。」

駐車場で大声で電話していたら目立ってしまった。

その後、スーパーで買い物して車に戻ると・・・・又着信あり。

今度は、真珠さんのだんなさんのはっぴからです。

(我が家で名前を「ハッピーさん」にしたと言ったら家族みんなで大うけでしたわ。)

今度は、洗濯機の復活の為のノウハウを伝授してくれて・・・・相当心配してくれているみたいでした。

ご夫婦にはご迷惑おかけしました。

つまらない事に巻き込んでしまって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげで

昨日から半ばどうでも良くなっていた洗濯機に対する興味は・・・・再び復活した。

夕食後・・・・Img_2311 Img_2312 Img_2313 Img_2314 Img_2316

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昨日は裏側を攻めてみましたが・・・・

今日は大掛かりで蓋を外してみました。

だんだん面白くなり意地になって来て・・・・壊れてもいいと言う気になってきた。

ゲッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

水垢びっちり。

気を取り直し格闘する。

だーさん巻き込み・・・・手と指は私の「仕事の命」怪我をさせたら・・・許さないからね・・・とか何とか言いながら・・・・マタマタばらばらにしてみましたが・・・・復旧せず。

半ばヤケッぱちで、排水ホース引き抜いた。

な・な・なああんと、治った。

私の興味は・・・・終了・・・・。

もう嫌になった・・・・と、放置しておいたら・・・・だーさんが・・・・。

私のせいで・・・・仕方が無いと・・・ぶつぶつ言いながら・・・水垢まみれの洗濯機を洗おうとしているよ。

そんな事しなくてもいいよ。と・・・そのまま元通りに戻そうとすると・・・・水垢が許せないだーさんは・・・その後も1人・・・・根詰めて・・・ばらばらの洗濯機を掃除して組み立てていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

洗濯機がこわれた。

Img_2304 どうでもいいことですが、非常に重大な事・・・・。

洗濯機が壊れた。

エラーが出て止まってしまう。

困っている。

よくよく見ると、どうやら脱水機能で問題があるようだ。

昔、電気屋さんが来てくれて洗濯機を直してもらった事がある。

その時、「軸とモーターとコンピュ―ター」と洗濯機の主要な所を説明してくれた。

それ以来、その3つ以外は、直せない筈が無い・・・と、思い込んでいる私。

前の洗濯機は、自分でねじを回してみて外せるものは外してみて、原因をつきとめて修復した事が何回かある。

洗濯機は、カサの割には軽いのよ。

なーんて、[好奇心の塊]の私は、[これ以上触ったら戻せない所の1歩手前まで]触ってみる。

そうしてみないと気がすまないだけかもしれないけど。

原因は、大抵・・ヘアーピンだったり、何処から出てきたのか100円だまだったり、溶け残りの洗剤だったり。

しかし、今回はどうやら無理みたい。

ウッカリ残っていた柔軟剤は流れ出て、床はいい匂いがするが、ぬめぬめ・・・・・。

難儀です。

電気屋さん来てもらうの億劫だな。

テニスの帰りに実家に脱水させて貰いに行きたいが、真珠さんが一緒だし、嫌かなと思ったが・・・「脱水させて・・・」と伝えたつもりが「コインランドリーに行くからついて来て」と伝わったようだったので、泣く泣くしつこく言うのをあきらめた。

コインランドリーは、行かない。

だって、以前、何かの記事で、モラルの低い飼い主がペットの「何とかマット」などをランドリーで洗って行くらしく。管理の悪い所では、ダニ、ノミ・・・が云々・・・と、それを読んで行けなくなった。

で、天日に干せばと・・・干したが・・・。

厚手のものは、やはりね・・・・。

何とか対策講じねば。

電気屋さんは前日にTEL行く前に電話しないとつかまらないし、困った。

さて、どうしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

いつもありがとう。でも、ひどいよ。

Img_2263 Img_2264

私は、好きにさせてもらっている。

やりたい仕事をさせてもらい。

やりたい事させてもらい、行きたいところには行かせて貰い感謝。

それも、これも、だーさんの協力。三年寝太郎・とっとこ太郎の理解。

「父。腕を上げたなあ・・・。」と、寝太郎の賛辞・・・しきり。

何のことかと言うと・・・・・料理を作ってくれる。

確かにだーさんの上達振りは目を見張るものがある。

私は、追い抜かれたかも知れない。

形から何事も入るだーさん、まずは本を買う。

Img_2262

わけぎのぬたあえ・・・・。

やるなあ・・・・。

ありがたいんだけど・・・・しかし。

先日山に行っている隙に、私の箸に黒サインペンで線の印を付けられた。

(写真の箸は、全て私の物ですが。)

Img_2260 私って、愛されてない?

そんな気がした・・・今日この頃。

普通・・・・妻の箸に・・・こんな印つけるかなあ。

そこで私は、「運気が落ちる。げん悪い・・・・。」と文句ぶちまけた。

しかし、それ以後、あんまりこだわらない私は機嫌よく使い続けている。

どっちもどっち・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

私の通勤道

・・・・・・・・・・・・・・・・私の通勤道・・・・・・・・・・・・・・

Img_2296 Img_2295_1 Img_2297 Img_2298 Img_2299 Img_2271_1 Img_2272_1

お決まりの・・・・・昨日の夕陽だよ。

川に沿って・・・・朝日を背に出勤する。

、夕陽を背に家路を急ぐ。

Img_2300 Img_2301 ぺんぺん草が一面咲いている。

森に夕陽がすけている。

Img_2302 Img_2303

夕陽が我が家の壁を照し・・・・・。

「ただいま・・・・」とホッとする。

今日も1日・・・・無事でした。

早く・・・みんな帰っておいで・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

梅は咲いたか桜はまだかいな、咲いていた。

Img_2267 NHKの地方局で、水曜日から桜の開花状況・・・が始まった。

まだ「つぼみ」との報道でしたが・・・・木曜日に、確かめに行って見ました。

Img_2270 神社の桜はやはり、まだつぼみでした。

Img_2268 Img_2269 梅は咲いたか、

桜はまだかいな・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月23日(木)おばあちゃんが退院した。

良かった。

ホント良かった。

うれしい・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お蝶婦人から、メールが来た。

昨日のテニプリさんのお別れテニスの写真撮ってくれたら・・・私にも送ってと頼んだからです。

しかし・・・記念写真は・・・ブログには載せられません。

まとも過ぎて・・・・。

正面からの写真は、載せないと決めている。

写真を見ると・・・みんな良い顔してますな。

美男美女ぞろいです・・・・。

お見せできないのが残念です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2289 Img_2290 Img_2291

近くの公園は、満開だと・・・とっとこ太郎が言うので・・・昨夜、夜桜見に行った。

本当だ・・・・・。

種類が違うからかな・・・・・満開だ・・・・・・・・。

欲張って・・・・・川沿いの桜並木も見て帰ってきた。Img_2292_1 Img_2293

こちらは・・・・・これからです。

場所が違うだけで・・・・・微妙。

桜・・・・・サクラ・・・・・・さくら・・・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

私はうれしい。

子供の日記状態の私のブログ。

絵ではなくて写真ってところが今風ですが。

幼稚と思われようが・・・・書いてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は休み。

お決まりのテニス。

真珠さんを誘い、雨上がりのコートへ。

昼には、珍しく・・・・三年寝太郎とっとこ太郎も家にいるので・・・3人で近くの店にパスタを食べに行った。

美味しい、美味しく無いに関わらず「2人との外食」は心が満足する。

雰囲気が幸せ。

それぞれ社交で、友達などや職場の人と、その他機会はいろいろ有るから各々は外食しているでしょうが。

このパスタ店は、初めて・・・・。

「まだ、食べ足り無い・・・・」とっとこ太郎。

2時に最寄り駅で友達と待ち合わせの三年寝太郎の為に、早々に[ご馳走様]をして・・帰宅。風のように出かけていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とっとこ太郎とは、1番すれ違い。

テニスに忙しいので、ほとんどいない。

今日は早朝雨でコートが使えないでクラブが無い・・・・。

靴が小さいと言うので・・・午後から専門店に買いに行きました。

Img_2282 Img_2283

靴は、半年に1回位・・・サイズ替えで買い直す。

やれやれ、古い靴が何足も貯まる。

もったいないので・・・私が使いましょう・・・・やれやれ。

バックも買って、しめて15188円なり。

Img_2280 Img_2281

私が新しい靴買える日はいつの事か・・・。

これらを履けるかなあ・・・・ゴトゴトかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意見が一致して2人でテニスすることになった。Img_2274 Img_2275_1

Img_2273 私の口癖・・・・・・・・「生きる肥し」

とっとこ太郎は・・・・テニスを小さい頃からやっています。

テニスが「生きる肥し」に、なって欲しいと願ってきましたが・・・ようやくテニスに夢中になってきたみたいです。

私と打ち合い出来るようになった時も嬉しかったが・・・・「まだまだ続ける」と言う。

学校の先生から、数学や理科をもっと力入れて学習するクラスに来ないかと言う話を貰った。(らしい)

「テニスを続けたいから断わった」と今日聞いた。

奴は・・・やっぱり「とっとこ太郎」だ。

何でも自分でとっとこ決めて、やってしまう。

 とっとこ太郎。

そんな事は人生に関わる事なのに、親に相談も無しかよ・・・・。

とも思うが・・・。

そんなにテニスが好きですか。

いつの間に好きになってくれたのですか。

何だか嬉しい。

断わる前に相談して欲しかった。

でも、「好きにしな・・・」と、どうせ言うでしょう。

だーさんなんか、私よりもっと、「好きにせえ・・・」と言うでしょうから、まあ良いんだけど

ちょっぴり複雑。

でも、打ち合い出来る幸せ。

夕陽のテニスコート・・・・・・。

幸せな私の巻でした。Img_2276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

どでかいどら焼き

Photo_31

ペットボトルと見比べて見て・・・・。

びっくりするくらい大きいどら焼き。

私なんか、三笠饅頭・・・・みかさ・・・って言うんだけど・・・どうしてかなあ。

職場で貰ってきた。

あんまり大きいから、4つに分けて家族で食べた。

何でもない事だけど、あんまり大きかったので載せてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2258_1 いつも山に行く時持って行く物です。

山で行動用・・・・。

行きの車の中用・・・・。

そして、帰りのお風呂セット用。

いつも同じ、食料も飲み物のメーカーも・・・・判で押したようにいつもいつも。

帰ってきたら、洗って干して詰めるだけ。

その辺に放って置くと、三年寝太郎が「片付けろ」とヤイヤイ言う。

やれやれ・・・いつの間にか立場が逆転してしまっている。

片付けは3人に任せた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

霊仙山2

Photo_88 記事を書く前に1つ残念な事がある。

先日登った霊仙山は・・・コレから福寿草のシーズンです。

私も、写真に残したくて・・・つぼみの花を期待して、登山しました。

まだ早くたくさんのつぼみ・・・・これからの春を知らせてくれていました。

しかし、雪解けの傍らで・・・無残に踏みつけられ折れた花を見つけました。

名誉のために・・・・

私達ではありませんよ。

何か誤解されたら・・・・嫌や。

皆さん・・・・足元の花踏みつけないでね・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_89 さて、山の続き・・・。

Photo_91

鈴鹿・霊仙山

山名の由来・・・

奈良時代に霊仙寺というお寺があったところから名付けられた。この辺りの山々には寺院が散在していたという。周辺には寺の名前がついた山名や地名が何ヶ所がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063 Photo_90

何かいいでしょう、この写真。

気に入っているんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山から1番のご褒美は・・・・何と言っても・・・

Photo_92 063_1

そして、雪割り草

Photo_93 Photo_94

Photo_95 Photo_103 見えるかな鹿

そして鹿にすっかり皮を食べられてしまった木。

Photo_96

ふきのとう

Photo_97 Photo_98

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 春なのに雪・雪

Photo_99

Photo_100

大洞谷

Photo_101 Photo_102

仙寺でお米をといだ水がたまり出来た池がお虎が池とな。

そして、彦根「極楽湯」に入って帰ってきた。

下山後のひとっ風呂は欠かせません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

今日の夕陽

Img_2250 Img_2252

今日の夕陽はセピア色だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東の方の山では、大変だったんですね。

風・冬型・・・厳しかったんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2253 今日のれんげと菜の花

Img_2251_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊仙山に行った1

Photo_62 Photo_63

昨日は、霊仙山に行って来ました。

Photo_64 Photo_65 Photo_66 Photo_67 Photo_68

昼食までの天気は・・・・。

Photo_69 横から雪が吹き。

Photo_71 Photo_72 Photo_73

Photo_74 昼食後見晴らしが良くなって来て・・・・霊仙山が見えるようになって来ました。

Photo_76 Photo_77 Photo_78

お目当ての福寿草

雪の中にけなげなつぼみ沢山。

霊仙山からの強風のプレゼント。

Photo_79 Photo_80 Photo_81

Photo_82 つかの間の青空

Photo_85 Photo_86

琵琶湖も見えた。

Photo_87

伊吹山も見えた。

超超面白かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごめんね。

鼻水・目が痒い・・・・・今日はこれにて・・・。

また明日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

真珠さんから聞く中国の話1

Img_2115

紀州の八朔

Img_2139

信州の林檎

くだものがあんまり美味しそうだから写真を載せたかっただけ、本文とは何ら関係は無い。あしからず。

真珠さんからは中国の事いろいろ話聞かせてもらっています。

テニスに一緒に行き帰りする間に、いろんな中国の話を聞かせてもらう。

お馬鹿な私と、めきめき日本語をマスターする真珠さんの会話を紹介しよう。

真珠さん:日本の子供は学校以外の所で勉強する?

私:三年寝太郎は塾行ってないよ。とっとこ太郎は行っているよ。

真珠さん:中国では土曜日や日曜日に学校以外にピアノ・テニスその他いろいろ行って いる。中国は1人っ子だから・・・。

私:日本も塾にピアノ・英会話・スイミングにそろばん・・・・いろいろ習っているよ。寝太郎はテニススクール行っているよ。

私:ねえねえ・・・1人っ子政策って、父母の2人から1人の子供って事は、単純に人口半分になって行くの?

真珠さんガ言うには・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国は13億人いるから。

都市ではみんな1人っ子で男女にこだわらない(どっちかと言うと女の子が人気らしい。)けど、地方の農村は、考え方が古いので男の子が欲しい。

都市の夫婦はどちらも仕事をしているが、1人目の妊娠出産は、国からも会社からも保護される。

2人目からは、仕事に来なくていいと言われるから、最近ではみんな1人を守る。

しかし会社などに所属する必要の無い農村では、制約が無いから、欲しい男の子が生まれるまで何人も生み続けるそうで1人っ子は守られない。

だから、政策していても私の考えるほど、半減する事はないんだと。

ふーん。ふーん納得。

ちょっと昔。2人目からは、国に親がお金を支払えば許されるルールだった。

でも今は・・・・・もっと厳しいルールになっている。

お国違えば・・・・・なんとか・・・・・って事でしょうか。

少子化の日本。

同じ人間、産むも産まないも・・・・・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

名作写真館ちゃっかり買ってるよ。

Img_2015

だーさんが名作写真館を買った。

別に写真が趣味でもない私ですが、綺麗な写真を見ていると、癒されてしまいます。

Img_2016 だーさんは

星野道夫・アラスカ 遥かなる極北、生命の記憶

を見たかったんだと思いますが。

はたまた、

白川義員・世界百名山 前人未到の偉業を成し遂げた不屈の記録

写真家さんそれぞれ、テーマが違い面白い。

Img_2017 私は星野道夫さんの話を、アラスカで名ガイドさんの案内で お亡くなりになったイキサツ等を耳にして、初めて知りました。

あけもどろの経様などは、星野道夫と言うだけで、ツーと言えばカーのごとく「熊に襲われた・・・」と、ご存知でした。

世の中知らないことばかり・・・な私。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05081208img_1693 Pickup_005 Pickup_010 Pickup_009 Pickup_011

星野さんの巻で、氷河が落ちて大迫力の写真が載ってあったのを見て、まねっこして載せてみます。

だーさんの激写を見て見て下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

3月はもう1回山行き予定

Img_2140 とりわけ・・・柚子味噌で食べるふろふき大根は、ほうれん草のおひたしと同じくらい大好物です。

またまた、白いご飯があれば・・・・とっても幸せ。

今日も元気だご飯が旨い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正解・・・・・・・昨日の花は・・・マツリカ・・・だとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

結局、2人の夕御飯

06316 結局、三年寝太郎と2人で夕飯を食べました。

デザートは、ジャスミンティーと桃団子

桃団子・・・桃果汁を白あんに練りこんで団子の中に入ってる。

どんなのか・・・買ってみた。

いつもなら、4分の1っこだから、1個か2個しか食べられません。

なのに、卑しい私は2人でガンガン食べた・・・・食べすぎで胸悪い。

胃がはちきれそうだ。

腹八分目をいい加減学習しなさい・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大荒れの天気って。

Img_2143 今日、午後から大荒れの天気・・・と聞き覚悟していた。

朝、早く家を出発した。

胸のレントゲン撮りにちょっと遠くまで車を走らせた。

今日は初めて行く韓国料理店でランチの予定でした。

それまでに、診断書を職場に届け、その足で「2万5千分の1の地図」を買いに行く。

それで丁度約束の時間と場所に向かう予定。

しかし、どしゃ降りの雨・・・。

午後からの天気が思いやられます。

ランチはキャンセル・・・・・。

10時30分から時間が余った。

電話したら、11時半からカットの予約が取れた。

何やかんやで、1時間もある。

図書館で時間をつぶそうとした。

図書館にも欲しい地図が有ると思い出して・・・・行ってみた。

平日の

雨の日の

朝の

図書館は、

時間がゆっくり贅沢に流れていく様でした。

私には・・・・・丁度いい。

今度行く山の地図コピーしたらもう、行かねばならないと時間だと・・・現実

金太郎の頭をプロに直して貰い・・・ました。

うーん。それでも微妙・・・・。ホント微妙。

Img_2141 今日、だーさんは卒業式で謝恩会だと、1台しかないカメラを持って行ってしまった。

三年寝太郎の携帯かりて桜の花つくしを求めて探しに行きたかった。

なのに、無視して行きやがった・・・。

カメラ・・・カメラ・・・・あー。

とっとこ太郎は、学校の行事時で2泊3日の勉強合宿に行った。

だーさんも謝恩会で夕食要らないと・・・・。

寝太郎と2人の食事・・・・はじめてかも知れない。

そんな日もあるんだね。何食べよか。

Img_2142 柚ちゃん診断書ありがとう。

お蝶婦人残念でしたね、余計な電話してしまいましたね。ごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

昨日はホワイトDAYでしたね。

昨日はホワイトDAYでしたね。

昨日は心がヘトヘトにへたって居ました

生きていればいろいろ有るよね。

薬の飲み忘れの為もあり頭も痛かった

いつもの様に1番の帰宅。

夕食が出来る頃にとっとこ太郎がクラブを終えて帰宅。ピンポーン。

夕食がテーブルに並ぶ頃にだーさんが帰宅。ピンポーン。

「(三年寝太郎の)自転車がまだ有った。」

ボランティアで遅くなるとメールあったから、向こうを出る時又メール来る。

本気で先に寝たかったから・・・夕飯食べた。

ねっころがった。

だーさんがお土産と言っていつも買って来てくれるので・・・いつものノリでお土産チョコがあった。

食べていい?と聞くと「いい」と言う。

ボケボケの頭でバリバリむいて、バカバカ食べた。

ぐっと、ちょっと寝すると・・・気分よく目覚めた。

よくよく考えると、バリバリむいたご丁寧なパッケージはホワイトDAYのものだったのですね。

反省の意味も込めてゴミ箱から残骸をひらって見た。

ご覧あれ。Img_2149

ついでに、その後食べたお気に入りのしみチョコもご覧あれ。Img_2153

ホワイトDAYも日常に消えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺繍

Dscf0011 Dscf0012 Dscf0013

私は、「がさつ」に見えるでしょうが。

刺繍もするよ。

編み物も出来るよ。

手袋、セーター帽子。

縫い物もなかなかなもの・・・・。

花も育てるし。

ケーキも焼けるよ。

でも・・・・どれも・・・・・。

誰でも、極めていないモノなのかな・・・そんなモノかな。

やっぱり、それを「がさつ」と呼ぶのでしょうか。

更にに、やって見たい事まだまだたくさんある。

まだまだ落ち着けません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紫さんから花の写真が届いた。

去年の花だと・・・・。

今年も咲くといいね。516 516_1 516_2 516_3

さて・・・何と言う花でしょう・・・・。正解は明日の巻で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

愛用のデジカメ

Img_1998 Photo_30

いつも左のカメラを持ち歩き、仕事中もポケットに入れてある。

小さいのでかさばらないが、重みでズボンがズッテ来る。

なかなか厳しい。

私の個人的趣味で、取り上げさせて貰った赤ちゃんの写真を残しているんですが、ぜひ1枚写真貰えませんか・・・・とお願いして撮らせてもらっている。

パパ・ママですら、おそらく1枚1枚の写真を見ても誰が誰か分からないでしょうね。

私でも時間がたてば分からなくなるもの。抱っこして撮る事があるがそんな時は決まってボケている。

でも、いつもたった1枚と決めている。

一期一会の運命の出会い。

私がその子の人生の1番初めの出会った人・・・・・何て光栄な事でしょう。

凛と背を伸ばし笑ってあいさつしたい。

「おめでとうございます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車で通勤していても見晴らしがいい所とかあればパチリ。

「私は忙しいのです。ゆっくり何枚も時間をかけてショットを選んでいる暇も無く・・・・」

ピンボケも何のその。

でも、思わずうっとりする、ステキな景色に出会ったりする。

真っ赤な大きな夕陽・・・・・。

背にしているので撮らずに車を走らせ帰宅を急ぐ。

子供達より先に家に着きたい親心。

ありがたいことに、7時間の授業終了後、放課後残り校内で勉強する生徒がたくさんいるので、先生も残り質問に来る子に1人1人丁寧に教えてくれるのです。

ようやく数学が面白くなってきた三年寝太郎もおくればせながら、残って勉強してくるので私より遅い。クラブのある日ももちろんの事。

とっとこ太郎もクラブで遅い。

しかし今度帰り道美しい景色に出会ったら、きちんと止まり、撮るぞー。

ほんと、あの太陽・・・夕陽は撮っとけば良かったな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日毎日、おかげでワクワクしながら生きていけます。

あれも撮りたいコレも撮りたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なのに、お気に入りのカメラが壊れた。

修理に持っていくと、「1万円以上かかる」と言われたと、だーさんがそのまま持ち帰った。

蓋が閉まらなくなっただけなのに。

人件費がかかるのだとか。

「性能の良い、新しいものが後ちょっとの値段で買える」と薦められた。

何か悲しい。

誰も悪くないが悲しい気持ち。

///////////////////

結局。かわいいカメラを手放せず・・修理に出す事にした。

執着の激しい私。

Img_2144 Img_2145

Img_2146 Img_2147

本日の夕日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ジャスミンティー

Photo_29 Photo_28

妹の住む石垣島では、さんぴん茶を日常に飲む。

さんぴん茶とは、ジャスミンティーのことです。

私も結構好きでよく飲む。

仕事では、可愛い子たちを取り上げていると夢中になり、ママの側を離れられなくなり、昼食食べそびれたり・・うんと遅れたりする。

初めは面食らったが・・・慣れっこになりました。

私自身が脱水になり疲れてしまうのを防ぐのと、私の少々上がったテンションをクールダウンする為にも、水筒に入れて身近に持って行き時々お茶を飲む。

そんな時・・・ジャスミンティーは丁度いいのです。

「私は、ジャスミンティーが好きです。」

そう言った事が有りました。

自分でも、言った事を覚えていないのですが、友達が覚えていて私に買って来てくれました。

何だか気持ちが嬉しかった。

真珠さん、旧正月に中国へお里帰りして来られました。

中国でも茉莉花茶はよく飲むそうです。

茉莉花茶もジャスミンティーのことです。

私の聞き違いでなければ、中国でもウーロン茶よりもポピュラーなようですよ。

冷蔵庫の中には、いつも、熱湯玉露ほうじ茶ジャスミンティーが入ってあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は朝から冬型の気圧配置。

雪が降っています。

雪がジャンジャン降っていっるのに写真には写らないんですね。

Img_2134_1 Img_2135 Img_2136 Img_2138 Img_2137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

30年使い続けているもの

Photo_21

どてら・・・って共通語?

綿入れ・・・?ちゃんちゃんこ?

世間では何て言うのだろう?

この綿が入っていてお風呂上りなどに湯冷めしないように着るリラックス防寒着。

これは、私が受験勉強に使っていたものです。

恐るべき耐久性。

それを使い、持ち続ける私も管理良過ぎ?ですか。

今は三年寝太郎が使っている。

親子2代世話になっている。

そして受験勉強をするだろう。

四捨五入すると30年・・・(ズバリ年数を言わないでごまかしておく)

嫁にも持ってきた・・・・・・。

そんなに、長持ちするなんて・・・・驚きです。

そういえば、同じ年月使い続けているパジャマのスエット?も現役です。

だーさんは、襟をビュンビュン引っ張って・・・笑います。

物もち、良過ぎ。

少々しみたれ過ぎ。

ここまで使うと、おいそれと捨てる気にならないのです。

使い続けることが・・・この子達を成仏させる。

何とエコロジー。

あれ?こんな文前にも書いたなあ。

私ケチじゃ無いよ。

無頓着なだけ?

| | コメント (0)

2006年3月11日 (土)

便利な世の中・・本のヤケ買い。

Img_2117 腹が立つとどうします?

私は・・・だーさんに腹が立つことがあると・・・ジュンク堂メールの葉書で

本のヤケ買いをする。

Img_2119 世の中、便利です。

葉書を出すだけで、本を送って来てくれる。

お金は、だーさんの通帳から引き落とし。

鬱憤はらしには、丁度いいのさ。

記事に載せる為に、ジュンク堂書店メールの葉書・・・の写真を撮ろうと思い・・・ジュンク堂の葉書・・・どこどこと探していましたら・・・・「20巻とか買うの止めてよー。」と釘をさされました。だーさんも学習してきましたなあ。・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠くの人も近くの人も・・・・ジュンク堂をご存知でしょうか。

難波花月の前、ワッハ上方の下のジュンク堂は、だーさんお気に入り。

本をたくさん買うと飲み物のただ券をくれる。

本屋さんでコーヒー飲めるのさ。

券をいっぱい持っている。

ただ、付いて行くと行き帰りの交通費で本が何冊か買えるのでタダジュースにつられて行くのも、うーん、考え物です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かりまるさまのなっちゃんの本、注文してみます。

届く日が楽しみですわ。

何だか本屋さんに行く間もなくて、助かるわ・・・。タダですし。ほほほ・・・・。

山・テニス・仕事・昼寝・ブログに毎日忙しい・・・カットに行く間も惜しく、

昨日はさみで、ジョキジョキ髪を切ってみた。

評判悪い悪い・・・・。

まるで金太郎?

サランラップのコマーシャルの女の子みたいだと?

あんなにかわいいかな?ふふふ・・・・・。

だーさん三年寝太郎にはぼろかすに言われてしまいました。

いつ美容院に修復してもらいに行ける事か。

あと1週間くらいこの頭で我慢しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_2120 だーさんが撮って来た今朝の濃霧

Img_2122 Img_2123 Img_2121 Img_2125

ひもじいおたまちゃんは、ボケて来たのか道に落ちた柿も食べる。

Img_2124

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

春です春です。

Img_2105 Img_2107 Img_2106

春です春です。

田おこししてあるので残念ですが待ちに待った本当の「れんげの花が咲いたよ。」

私の春の3種の神器

Img_2030 まずは・・・アレグラ・・花粉症のお薬

Img_2114 ほうれん草のおたし、世の中の食べ物の 中で1番好きです。

コレさえあれば、後は白いご飯で至福な私。子供の頃からずっと変わらない。

Img_2113 春と言えば、豆ご飯でしょう。今日は豆ご飯。ちょっと先取り。

それか、わらび・わかたけ煮。

毎日・・・ご飯がおいしい。

今日も幸せ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デスノート・・・・続き

ブログを読んだ三年寝太郎、「デスノートの複雑な感想って何?と聞きに来た。」

迷ったが・・・素直に答えてやった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死神が持っているデスノート。

そのノートに、正確な名前・日・死因を書き込めば、その通りになる。そんなストーリー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、寝太郎とっとこがどうしようもないことで理不尽な酷い目にあって死んでしまう様な目に会ったら、会わせた奴はタダじゃ置かないと思う。デスノート持っていたらきっと名前書いてしまうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝太郎は・・「それでも、自分は人の名前はよう書かん。」・・・・ですと。

私より健全で・・・母は、安心しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

デスノート読んでいます。

Photo_16 デスノートは読んでいます。

感想は良い事も悪い事も含めて、とっても複雑なんだけど、毎巻読んでいます

何だか大人気なく・・極論を吐きそうです。お口チャック・・・。

・・この歳で大人買いするから、オタクと言われる要因の1つなんだと思うのですが・

もちろんマンガばかり読んでいる訳ではありません。

夜中のテレビばかり見ている訳でもありません。

勉強のために、日夜専門書も読みますし、文庫本も単行本も読みます。

詩集も嫌いでないが、買ってまで読むのは・・・ちょっと。

本当は、買って愛読するものなのでしょうけど。

Dscf0050 でも次の号も読むと思います。

こんなに、熟読しているおばちゃんはいるでしょうか・・・・・。

恐るべし・・・・・・。子供たちからの言葉。

これって、褒められてる?

落ち着きの無さが私の魅力?とほほ・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

その時が来たら人は死ぬんです。

Photo_59 働き盛りの男の人が亡くなる。

三年寝太郎の同級生のお父さんは、何年に1回か亡くなっている。

今回も近所の三年寝太郎の中学の同級生のお父さんがお亡くなりになり、今夜6:20にお通夜の送迎バスが出る。

私は、 今日仕事なので、お通夜にはおそらく間に合わないから、お葬式に行こう。

寝太郎に、お通夜のバスに乗りお参りに行くようにすすめている。

どうやら友達と行く事になったらしい。

惜しまれつつ送られる働き盛り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日書いていた・・・・消えた文章を思い出した。

気を取り直し・・・再度書いてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山で行方不明の人を捜すチラシを目にする事がありました。

側にいたあけもどろのクロトのハゲ様柚ちゃんを前にして、思わず本音を言ってしまいましたが・・・・・・

私は、「好きなことをして死ぬことがあっても・・それは本望だと思う。」

言わなくてもいい事だったでしょうが・・・私はいつも思っている。

生きていける幸せは・・・あるでしょうが。

確かに山登りに行き、「帰れない」無念さはタダではないでしょう。

一緒に行った仲間は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

家で待つ家族は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

でも、不謹慎ではあるが・・・・・

私から見ると

山で死ぬことがあっても、それはそれで幸せな事。

(幸せなんて少し言葉は違うけど。)

仕方が無い事・・・・と言うのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の父は63歳で胃癌で他界した。

私は親不孝ですから死に目には会えませんでした。

死ぬ前の日に、父から病院に来てくれと電話が有ったが行けなかった。

次の日の昼に病院から「すぐ来いと電話」。

駆けつけたときは、遅かった。

最期と分かっていたら夜勤を欠勤してでも行ったものを・・・人生なんて分からない。

遺品を整理していると、どこの地点で書いた物かは分かりませんが

胃癌健診の申し込みの葉書き」が出てきました。

それを見たとき・・・まだまだ生きたかったんだ・・・。

死にたくない、死にたくなかったと、父の心の声が聞こえたようで

人の感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だーさんの父は、仕事中に33歳の若さで、背中から足に電流が走り、焦げた小さい穴を2コ体に残し意識戻らぬまま3日後に、妊娠5カ月の身重の奥さんを残し他界した。

は、完治しないまでも「治らない病」では無いんだと信じて病気と闘って神経芽細胞腫43歳で他界した。

死ぬなんて思ってない人も、ウソ・・・と思っているうちに見る見る衰弱し死んでいく様を目にする事もあった。

山の仲間だった女の子も・・・20代の若さで突然亡くなった。

私にとって大切な実習中でしたが、サボってお葬式に大阪まで行きました。

ほんとにちょっと前まで一緒に山に行ったのに、いつの間に死んでしまったのか・・・せつなかった。あけもどろの樟様だーさんと教会で賛美歌?歌って献花したのを20年たっても思い出す。

人が死ぬ日は・・・決まっているって本当ですか?

私は、いつ何で死ぬのでしょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は、まだまだ書いていた。

祖父が病院に行く前に車の中で呼吸が止まり脳死になり3日後に亡くなった話

屋久島で縦走した時に知った遭難した人の話なんかも書いていたけど

ダメだもう書けないな。

何か疲れたからやーめた。

死ぬも生きるも・・・・あるがまま。

| | コメント (0)

2006年3月 7日 (火)

今日の風景

Img_2094 Img_2096 Img_2099 Img_2101 Img_2102 Img_2103

今日の写真だよ。

昨日は短気を起こしてすみませんでした。

気を取り直して・・・仕事より帰宅後、ふきのとうを求めておたまちゃんをカモフラージュに連れてチョイとそこまで散歩しました。

夕刻の我が家の近くの景色です。

残念ながら、ふきのとうは無し。

近くでも梅が満開になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気が消えた。

Img_2070 Img_2069

昨日の続き・・琵琶湖だよ。

見えるでしょうか・・・琵琶湖大橋。

Img_2084 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントは、先ほどまで、長い長い記事を書いていました。

(・・・)カッコを変えたくてBack Spaceキーをポンと押したら、苦労の跡と私の思いの丈を注いだ・・・がスッコリ消えてしまいました。ふー。

やる気のウセた私です。

風呂に入ります。

やだやだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

昨日は比良山系蓬莱山

Photo_44 昨日の天気はこんなです。

Photo_45 登った山は、比良山系・蓬莱山・・・・

蓬莱山とは・・・・・・・

中国の伝説で仙人が住む不老不死の霊山。全国に同じ名の山が8山あるらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_46 先月にあけもどろの経様・だーさんと3人で登った京都北山・白倉岳

見えていました。

Photo_57 Photo_47 Photo_48 Photo_49 0635 Photo_50

あまりの天気の良さに・・・写真が真っ白。

眩しい白さです。

Photo_51 Photo_52

誰の足跡も無い雪の上に、今回もカワイイ足跡が。

Photo_53 Photo_55 Photo_56

鯖街道。

その昔・・・

若狭の海で取れた鯖を・・・遠路はるばる山また山を・・・京都まで運んだ道だとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0635_1 雪は少なく・・・・。少し残念。

Img_2059 小女郎ヶ池は、一面真っ白。

何処が池やら・・・・さっぱり分かりませんでした。

しかし、さすがに誰も池の辺りの上には、行こうとしませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小女郎ヶ池の伝説

昔、この近くに久右衛門お孝という夫婦がいた。

ある日、お孝は池の近くに薪取りに来て美しい青年と恋に落ちる。

この青年は池の主である大蛇の化身であった。

毎夜池に通うお孝に気づいた久右衛門は、お孝の後をつける。

お孝は詫びて自分の左目を取り、池に入ってしまう。

          「関西の山歩き100選」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうでもいい・・・トピックス。

雪は少なかったものの、ずぼっとはまり込み・・・その足を引き抜こうとした。

その時、踏ん張った足でなく、引き抜こうとした足に力が入った。

つったー。

なさけなや。

雪に足をつっこんだまま、うなりました。

すぐ、治まり・・・後も問題なく歩けました。

下山後、皆で立ち寄った温泉で湯に入り足がツッタ話をすると、トンちゃんもツッタとか・・・・。

仲間がいました。

別に連れがいたとて嬉かないが。

今回も無事下山に感謝。

| | コメント (0)

2006年3月 5日 (日)

お蝶婦人のピーちゃんはコタツが好き

Photo_37 お蝶婦人のピーちゃんは、コタツがお好きなようです。

コタツと言うよりコタツ布団と言うほうがいいのかも知れないが、写真のようにティッシュを自分で取りPhoto_38 、運ぶ。

コタツ布団のお気に入りの場所があり、そちらにカマクラをつくり巣を作るそうです。

Photo_39 :お蝶婦人談

Photo_40 お蝶婦人のお宅は、ハイソですから・・・ピーちゃんもハイソです。

とっても大事にされています。Photo_41

まえ、綺麗好きのお蝶婦人は、バルサンを家中にたくのでピーちゃんを預かったことがあります。

写真:お蝶婦人。

可愛いね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家でも、子供達が小さい頃何代にわたり飼いました。

私の頭に乗ると決まって地肌を口ばしでつっつくので・・・・私は苦手でした。

ちょっとトラウマ。

私の頭がお気に入り、私ばかり。

巣と間違っていたのかも。

それも本能らしいのですが、私は帽子かぶり綿の手袋なんかして・・・・。

私が飼っていた訳ではないけど私の愛が足りなかったのかも。

反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ひな祭りの次の朝は・・・。

Img_2031_1 Img_2032 Img_2033 Img_2034

ひな祭りの次の朝は寒い寒い朝でした。

霜が降り・・・朝靄。

田んぼは、一面白い景色。

川面には、もやがゆらゆら立ちのぼりすばらしい景色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

さざんか満開過ぎた。ああ勘違い・・HAPPY

Photo_19 Photo_20

さざんか満開も過ぎた。花びらはらはら散り。

綺麗・・・・・・。

夜に私は文を書くのに夢中になってパソコンに向かっていました

とっとこ: 「これうまそー。食べていい?」

私: 「そうやろ。それ焼いて・・・・。」

   (パチパチ キーボードたたきながら)

とっとこ: 「えっ・焼くん?」

私: 「・・・・・・・・・・・・・・・」    パソコンに夢中。

とっとこ: 「何個焼くん?」

私: 「2~3個」

とっとこ: 「どーやって焼くん?」

私: 「オーブントースターで  焼くん。」  パソコンに夢中。

とっとこ: 「どれ位、焼くん?」

私: (そんな事もわからないの・・・・?)   「2~3分」 パソコンに夢中。

寝太郎: 「何これ・・・・・・・。」

とっとこ: 「お母さんが、焼けと言ったから・・・・・・。」

寝太郎: 「おかあさん。」非常に怒っている。

とっとこ: 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

私は手を止めて振り返る。

とっとこ: 箸を持ち、オーブントースターで何かしている。

よくよく見ると・・・・・。トースターからとろけて、したたり落ちるチーズを集めている。

やっちまったよー。

私が焼くように指示したのは・・・先日、雪山に持って行った、だーさんの干し芋。

そして、とっとこが「食べていいか?」と聞いたのは・・・ 

         先日、雪山に持って行った、だーさんのスモークチーズ。

悲惨ナリ・・・・・・。

くっ付きまわし、トロケ落ちて、手入れの悪いオーブントースターの底の焦げたパン粉にしたたっている。

箸で取り取り・・・チーズをはがす。

どうしても干し芋食べたい私は、後始末もそこそこにトースターに入れて干し芋を焼き始めた。

すると、・・・・・・すごい臭いが家中に充満。

おまけに・・・・・トースターからスゴイ煙が・・・・・。

寝太郎がまたまた「何。これ。」と怒る。

「上の空で返事するから。」と怒る。Dscf0004_4

私: 「えっ? 私?」

とっとこ: 「えーっっ。言ったやろ・・・・・・。」

私:          反省する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

おばあちゃんが入院した。

Photo_23 Photo_24 Photo_26

私のおばあちゃんが入院した。

高い熱が続いているようです。

うんうん、何か話し続けている。

母は毎日病院に通っている。

祖母は、娘を2人出産し。

母も又、娘を2人出産し。

その娘も又、娘を2人出産し。

その娘達もいずれ娘を出産するだろう。

代々・・・・つながっていくDNA。

入院した祖母は、母の事は分からない・・・・。

母の事は、「一味違う寮母さん」と思っているらしい。

叔母の事も、「寮母さん」と思っているらしい。

祖母はお地蔵様のようです。

訳分からなく・・・可愛げの無いことを言い・・・母は自分の親だからこそ、思う所あるようだ。

長い人生・・・・ごくろうさま。

楽に生きてきた訳でなく・・・。

健康で100迄元気な人もいる・・・病とうまく付き合って長生きする人もいる。

惜しまれて早死にする人もいる。

おばあちゃんのように、寝たきりぼけ・・の人もいる。

みんなちがってみんないい。

そう思って生きて行こう。

金子みすずさんの「私と小鳥と鈴」・・・・を書きたいとこですが、あえて・・・・。

        

      まゆとはか

 

  かいこはまゆに

  はいります

  きゅうくつそうな

  あのまゆに。

  

  けれどかいこは

  うれしかろ

  ちょうちょになって

  とべるのよ。

  

  人は おはかへ

  はいります

  くらいさみしい

  あのはかへ。

  

  そして いい子は

  はねがはえ

  天使になって

  とべるのよ。                

我が家の周りには、お地蔵さまがたーんとあっちこっちにある。

Dscf0002_2 おばあちゃん長生きして欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

梅の花

Img_2012 今日は休みなので、真珠さんについてきてもらい梅の花を見に行って来ました。

お蝶婦人も誘いましたが風邪を引いて点滴をしている・・・んですって。

点滴と言うことは、あげさげタイプの風邪ですかしら。

大事にしてください。

Img_2004_1 あいにくの曇り空。

しかし、梅の花は可愛い。ピンクは可憐。

Img_2003 白いのは、清楚。

誰もいないも居ないのかと思っていましたが、野草を摘んでいる男女、

ベンチでたたずむ男性、イスに座り語り合う男2人。

Img_2005 からすに、付いてくる猫。

しみじみかと思えば、そうでもなかっった。

Img_2001 Img_2002 Img_2007 Img_2009 Img_2008 Img_2006 Img_2011

山の斜面に長い滑り台がありました。

滑りました。

まわりをキョロキョロして、誰もいないのを確認してからザーと滑る。

子供達が小さい頃は楽しめたのに、もう滑る事も無くなりました。

真珠さんも誘いましたが「私はいい」と断られました。

面白いのに・・・・・・。

滑り終わると、お尻が痒い・・・・そのうちに・・・ポカポカしてきました。

ほほほ・・・・面白かったImg_2014

Img_2013

| | コメント (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »