« 電車に乗るとき痴漢は。 | トップページ | 夏も近づく・・・茶畑 »

2006年4月27日 (木)

今日の雨上がりの午前の川原

Dscf0016_6 Dscf0017_5

仕事帰りの通勤道

雨上がりの川原はしっとりとしていて、

対岸の山がにけむっている。

車も降りずカメラをむける。

白い鷺灰色の鷺が、大きなをばたつかせている。

車を置いて、撮影しようと思ったが

ほんとか嘘か知らないが、先日この川原で変死された方がいるとか。

ローカルニュースにもなっていないからどうだかねー。

お蝶婦人が言っていた。

だから、雨上がりの午前、ひとけの少ないこんな日は犯人に間違われて

事情聴取なーんてことになっては駄目で、

それより、泥道のぬかるみにはまりJAFさんのお世話なんて嫌だし、

だーさんの職場にこんな事でTELしても帰ってきてくれる筈も無い。

母に助けのTELしたら、来てくれるだろうが・・・・待ってる間に家に着きそうだ。

ここから、歩いて帰るのも嫌なので・・・断念した。

堤防をとぼとぼ歩く私の姿を想像して・・・私の妄想は止まった。

こんな事してないで、帰って寝よう・・・と、発車した。

|

« 電車に乗るとき痴漢は。 | トップページ | 夏も近づく・・・茶畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の雨上がりの午前の川原:

« 電車に乗るとき痴漢は。 | トップページ | 夏も近づく・・・茶畑 »