« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

Jフォンの携帯の電池

Img_2565 携帯の電池

だーさんがくれた。

同じ値段で、新しい携帯も買えるらしいが

こだわってます。

やっぱり、まだ売っていたようでした。

おかげで、まだまだ使い続けること出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィラリアの薬と狂犬病の予防接種

Img_2562 Img_2560 Img_2561

だーさんが

動物病院におたまちゃんを連れて行ってきた。

おたまちゃんは病院もカメラもお嫌いです。

向けただけで、すぐ分かるようだ。

絶対にこっちを見ようとしない。

カメラをかたずけると、ちゃんとこちらを見る。

サッと向ける、くるっと向こうを向いてしまう。

隠す。こちらを向く。

出す。あっち向いてしまう。

堂々巡りで、終わり無い。

あきらめる。

コンコンと咳を始めた。

前の家に飼っていたハスキーは、コンコン咳しているかと思ったら

大量の吐血をして、死んだ。

あれ?何と言う名前だったかなあ・・・ど忘れした、思い出せない・・・嫌だよう。

ラムちゃん、エルちゃん、ラッキーちゃん、・・・・思い出せない・・・。

どの子も天国に行った犬ばかりです・・・・それぞれ又違う犬を飼っている。

それを思うとおたまちゃんは、長生きだね。

だーさんの毎日の散歩と愛のなせる業でしょうか。

話は戻るが

心臓の奇形だったと言っていたが、私はフィラリアだったのでは無いかと密かに思っている。

独特な犬の咳。

おたまちゃんも、咳をした。

血を採り、狂犬病の予防接種もすます。

てっきりフィラリアかと思っていたがそうでないようです。

よかった。

何の咳でしょうねえ。

毛玉を吐く時だったのかしら。

| | コメント (0)

2006年5月30日 (火)

このどくだみなんです。

Img_2559 Img_2558 このどくだみなんです。

なかなかよく茂っているでしょ。

まるまる刈り取ったら見つかりそうでしょ。

子供の頃、この花臭いから嫌だった。

よくよく見れば可愛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリアン飴は、チョーまずい?

Img_2543 5月23日朝日新聞の夕刊で面白い記事が載っていると、その日パソコンで記事を書いている横で新聞を読んでいた三年寝太郎が、読みあげてくれた。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:

見出しは

「おいしくしたら売れ行き半減」

「インパクト欠けつまらない」

札幌グルメフーズの「ジンギスカンキャラメル」

本当にまずいので、売れているそうです。

それで、第2弾で・・・ミルク味のおいしいジンギスカンキャラメルも発売されて

その記事だった。

聞いて思い出したことがある。

シンガポールで、お土産に買ったドリアン飴。

あれは、ノリと、嫌がらせの意味もあり面白がって・・・・買ってきた。

想像はつくから、1.私は、においは嗅がない。

          2.私は、食べない。

          3.他人に、前置きして、1個だけどうぞと奨める。

          4.さらに、欲しがってくれる方には何個でも差し上げる。

そんなにしたのですが、余っていましたね。

家の中を探せば今でも何処かから出てくるかなあ。

ともかく、口にした人は、99パーセント完食せずに吐き出す事必至。

職場には、1袋お届けしましたが・・・・・ずっと残っていて捨てられたようです。

「デナリらしい、お土産だ」

そう言った人がいた。

それって、どういう意味?

微妙・・・・・・・・。

聞き返さなかったが引っかかる・引っかかるーぅ。

ドリアン飴は、ドリアンそのままのお味だそうですよ。

たった一人完食し、「おいしい」といった人がそんな風に言っていました。

機会が有れば一度お試しあれ!

| | コメント (0)

2006年5月29日 (月)

そうか、そんなに私うれしそう?

Img_2544 Img_2545 青い空に、夏の雲。

そろそろ梅雨ですが、モコモコの雲を見ると、

鉄塔がずっと続いているのを見ると、思わず写真を撮りたくなる。

なのにカメラを持っていない時は、しまった!と後悔する。

家で撮ったらこんな雲。ションボリ。

ホントにとりつかれている。

先日広島では同僚に、林家パー子さん状態と言われるし。

この前は、ジェニー君にもうれしそうに写真撮っていたと、表現されてたし。

うれしそう・・・・なんだね写真撮ってる私。

確かに、その時はもう、私の頭の中で記事になっているから、にやけてるんでしょうね。

閉まりの無い顔なんでしょうね。

気を引き締めねば。Img_2548

Img_2555 今朝窓を開けたら木の枝に毛虫を見つけた。

やった!写真を撮ろうと午後になって、探したが見当たらない。

仕方が無いから、蜘蛛を取ろうとしたが、距離を置くと小さいし、接写したら万一飛びつかれたらきっとカメラをホル!すると、また、こわれて大変なことになる。

マジで、自腹で買わないと駄目になる。

それは何としても避けたい。

天秤にかけて小さい蜘蛛を載せました。

クリックして見たらかろうじて分かるかな?蜘蛛は↑だよ。

Img_2547 Img_2550 Img_2551 Img_2553 Img_2554

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑草も花も良く茂る。ぼうぼうだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結界と言う言葉

「塔武蔵野線」・・・・図書館へそろそろ返さなくてはいけません。

近頃、横になれば眠ってしまうのでなかなか読めず、

私の本で無いから風呂に持ち込む訳にも行かず。

今日明日で必ず読むぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「鉄塔武蔵野線」の本の文中に、聞くと何だかワクワクする言葉が出てくる。

・・・・・・・結界・・・・・・・。

「犬夜叉」、「陰陽師」でも読んだ時、何だか不思議な感がしてワクワクした。

そのせいか、パブロフの犬の私は、鉄塔の結界にも反応している。

・・・・・・・・結界・・・・・・何か面白いことでも起きそうな・・・・ワクワク感。Img_2542_1 

そんな気がしない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンポポ茶は、ぽかぽかするよ。

Img_2540 Img_2541

昨日のお茶は、ジャスミンティを持って行きました。

仕事にお茶を持参します。

気がむくままに、いろいろ持って行きます。

さて、写真のお茶は、タンポポ茶です。

厳密には、タンポポコーヒーと言うんですが。

タンポポの根っこを煎じて飲むと、血行が良くなるとか。

私は、真冬でもポカポカしていますから、あえて飲む必要も無いのですが

タンポポ茶も嫌いじゃないんで、明け方まで頑張って起きて居たい時など、冷えないように飲んでみる。

独特な香りもするような、癖がない様な・・・・。

私に言わせると、癖がない。

よろしかったら、飲んでみてね。

職場の中庭にいいモノを見つけた。

花壇には、どくだみの花・・・・どうせ植えているんでしょうね。

干して飲んだら美味しかろう・・・・。

密かに狙っているんだが・・・・・ホントに良く茂っているよ。

明日写真を撮ってこよう!

お楽しみに。

「防犯カメラに映って、デナリさんあんな所で何やってたん?」と聞かれそう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

そらまめ、そらまめ。

Img_2526 Img_2525 Img_2527 Img_2528 Img_2529_1

☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.

豆を食べました。

空に向かってなっている・・・・そら豆。

まずは、塩茹してで食べました。

美味しい美味しいと皆で食べました。

作ってくれた人に感謝。ありがとう。

私にくれた人に感謝。ありがとう。

採ってくれた人に感謝。ありがとう。

届けてくれた人に感謝。ありがとう。

幸せをありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊びすぎた健康診断

続き       ☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.

少々遊びが過ぎました。

職場の健康診断の結果が返って来た。

血小板の成分献血して2週間程したら、もう再び献血出来ると聴いていたから本当にそうなのか、知りたくて、献血して2週間程で健康診断して見ました。

結果は。・・・・・・2年前→・・・・・・・・・・5/5→・・・・・・・・・・・健康診断

血小板・・・・・・・・27.1・・・・・・・・・・・・・28.2・・・・・・・・・・・・・31.1   元に戻ってるよ!

中性脂肪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40 L  正常値50~149

LDH-コレステロール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・140 H  正常値  ~139

GOT・・・・・・・・・・・13・・・・・・・・・・・・・15・・・・・・・・・・・・・・41 H  正常値5~35

GPT・・・・・・・・・・・13・・・・・・・・・・・・・・17・・・・・・・・・・・・・23     正常値5~35

白血球・・・・・・・・・73・・・・・・・・・・・・・100・・・・・・・・・・・・67     正常値40~95

HBS抗原・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-)

HBS抗体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-)

HCV抗体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-)

肝機能異常が見られます。精密検査が必要ですので受診してください。

肝機能異常と診断されてしまいました。

さて、これからどうなるでしょう。

また、受診しろといわれるのだろうか?

採血で済むでしょうか。

やれやれ。

面倒だなあ。自業自得。

原因?

献血?沢登り?本物の肝機能異常。

要は・・・・GOTだけでしょう?それも41。・・・・・・・肝機能障害?

これから、どうなるでしょう私。

安静。高たんぱく。高カロリー。だったかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜻蛉玉

Img_2520 Img_2516

ゼニー君が造った蜻蛉玉

綺麗でしょう。

ゼニー君は、仕事が休みの日に、蜻蛉玉を教えているんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が初めて蜻蛉玉を知ったのは、家族で富士登山をした帰り河口湖のペンションに泊まり、蜻蛉玉を作った。

そして、久保田一竹美術館で、世界の蜻蛉玉を見た時でした。Img_2539

この蜻蛉玉は、だーさんが私に作ってくれたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

献血して、健康診断行った事

5月4日河口まで、歩いてみた。

5月5日今度は上流に向かって歩きたかった。

しかし、だーさん、三年寝太郎にふられた。

仕方がないので?献血に行った。

結果が返って来た。

異常なし。

多分、私の血小板は誰かが使ってくれたのでしょう。

その後、職場から健康診断を5/15~7/15の3ヶ月の間に受けに行くよう通知があった。

そうと分かっていたら、献血はしなかったのに・・・・と、思いながら閃いた!

ワクワクしてきた。

回復するまで待って受けると言う手もあるが、

早くに行って血小板はどんなになっているか見てみよう!

予約を入れた。

職場でトップ受診。

「デナリさんもう受けるの。」の声に心の中で・・・ふふふと笑う。

チョッと変。相当変?

届いたキットで、便を2日間ブラッシングして採る。

5/20・21と採った。

21日は奥の深谷に行く日なので、集合6時クロトのハゲ様の所へ行くまでに済まさないと駄目だから、4時に起きて朝ご飯を直ぐ食べ時間に余裕を持って用意した。

寝過ごして採り損ねたくなかったから、前夜・9時にドリエル(睡眠導入剤薬屋さんで手に入るよ)を飲んで、家族そっちのけで、ガッと寝た。

バッチリ、新鮮な物を採れた。・・・・ごめん、書き過ぎ。

次の日予約の時間、絶食して行った。

検査は直ぐ済んだ。

職場の名前で診断に行ってあるので、変わったことして目立ってはいけないと写真撮りたかったが我慢した。

あれ・・・・前置きが長すぎた・・・・・・。

昨日、健康診断の結果が返って来た。

どうだったと、思う?

☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.明日載せるわ・・・・・・続くの巻。

そうそう、オダジョー様のCMは面白い。

可愛くない後輩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきが走った。

昨日仕事帰りが遅くなった。

通勤道を車で走っていると、たぬきが前を横切った。

必死で横切って行った。

私の後ろには、後続車がなく、街灯が無い堤防なので真っ暗な闇がバックミラーに映っていた。

私の車は何台か車の塊の最後尾だった。

割と無意識に付いて走っていたので車間があきすぎていた訳でない。

たぬきさん、どうして私の前を横切ったの?

轢かれて死ぬよ。

先日もこの道で1匹轢かれていたのを見た。

私の後ろを余裕で渡ろうとは思わなかったの?

何か事情があったのかなあ。

そんなことを考えながら帰宅した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらあら、休みの朝から失礼しました。

轢かれるの、死ぬのとは、さわやかさに欠けますね。

子供達は、土曜といえど学校なもので出かけていった。

だーさんも、職場のスポーツ大会(体育館)午後から**会だとか、忙しい事です。

私もランチ行きます。

友達とご馳走食べてきます。

28年間、途切れる事無く仲良くしている友達・・・・これを親友というのでしょうか・・・・・・・彼女らは、どんな風に私達の間柄を表現するのでしょう・・・・・私の28年間を知っている人たち・・・・。

ランチです。

私があくせく生きているから、先月から今日しか空いてないと頼んだ。

ずっと、楽しみにしてました。

みんな、それぞれに忙しいからなかなか4人全員揃わない。

今日は、3人です。

大昔は、遊ぶ時は、いっつも4人だったのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

インドアテニスコート。

Img_2507 Img_2508

あれあれ、知らない間に短時間でインドアテニスコート

なっていた。

まだ完成していない。

すごい、早い。

6月オープンだそうです。

楽しみな限りです。

山で心がいっぱいで、テニスを忘れていた。

そうそう、こっちも楽しまねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶粥を食べたことある?

Img_2505_1 茶粥食べたことある?

茶粥って分かる?

ほうじ茶で粥を炊く。

☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。

私は、生まれも育ちもこの地です。

私の両親もそうです。

私の両祖夫母もそうです。

私は、子供の頃から毎朝茶粥を食べてきました。

だから、茶粥はメジャーな主食だと思っていました。

結婚して、かずこ母「ウチは、茶粥は食べない。粥は病気の時しか食べない」と聞くまで知りませんでした。

毎日夕食は一緒でしたし、真近くに住んでいましたので、いつしか茶粥は滅多に作らなくなりました。

だから、我が家は茶粥はたまにしか作りません。

でも、私は茶粥が大好きです。

で、お茶屋さんに行くと、ほうじ茶のパックを買ってきます。

夏冷たい茶粥が大好きです。

☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・.

先日も分けてもらってきました。

今日も作ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

新茶をいただこう。

Img_2506 新茶が届いたよと教えてもらった。

さて、おいしい新茶をよばれましょう。

夏も近付く八十八夜・・・・?

毎日雨が続きなかなか刈れなかったのですと・・・・。

野菜も影響受けた天候不順は、お茶も同じですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日仕事をしていると。

Img_2503 深夜仕事をしていると、携帯に三年寝太郎からメールが来ていた。

「お蝶婦人からパソコンにメール来てるよ」だった。

寝ようとしていたので、時間がもう遅い。

気になったが寝た。

韓国ランチのお誘いでした。

今日は、お蝶婦人は、生協さんが有る日なのに・・・・・。

きっと、涙が出ないだの、モヤモヤするだの、気力が無いだの・・・・

書いたものですから心配してくれたんだと、うぬぼれた。

何にも触れないが、

ありがとう。・・・・・心の中でうぬぼれる。

私もチゲ鍋定食にすればよかったよ。くー!!!

プルコギ定食は、焼肉定食でした。

ケーキ屋さんでデザート・・・・たまりません。

幸せで満腹になる。

子供達が巣立っていったら、

年取って2人になったら、

お蝶婦人のダーリンと、我が家のだーさんと4人でダブルスしようと言ってくれました。

想像してみて、笑えて来た。

お蝶婦人とダーリン

熊のプーさんか、だるま状態のだーさんと私

負けるに決まってるジャン。

守備範囲狭い狭い・・・!走れよ!

痩せよよ!・・・・・・・・・と、悪態つく私の心。

夕飯で、炭水化物抜き!と、搾取する私。

焼酎を隠す私。

なのにだーさん、ぶくぶく太る。

隠れてつまみ食いするだーさん。

私とペアーは、嫌だとだーさんが言い出し、男性VS女性する。

お蝶婦人、その日までスクール通って腕を磨いておきましょうね。

そこで、私の妄想は止まった。

| | コメント (0)

2006年5月24日 (水)

心が何だかモヤモヤした。

書いた記事を昨日初めて削除した。

夜、何だか心がモヤモヤして・・・心が内に向かいコントロールできない。

理由は、人に何気なく「ムキにならずに楽しもう」と言われたからだ。

原因もわかっているのにコントロールできず、何だかが出そうになってくる。

しかし泣く気力も出ない

嫌な事があった訳でもないのに、気力が湧かない。

そんな気持ちを書いてみた。

書くまでは、心を持て余していた。

書いてみたら少し軽くなった。

周りに心配かけない様に、家族でない事、仕事でない事、あけもどろ関係でない事を書いてあった。

ブツブツひとり言を言っている私に、1番に気が付いたのは、三年寝太郎でした。

「どうしたん?」と聞かれても、心配かけると分かっていても、何も答える気力が湧かない。

パソコンのイスに両足乗せて床にねっころがっていると、だーさんが来た。

「どうしたん?」と聞くから、「なんかモヤモヤして苦しい」と言うと

(そんなこと普段言わない私なのに)、「めずらしい」と言って去って行った。

三年寝太郎がずっと近くにいて「寄り合いで何かあったのか」と聞きに来た。

鋭い

何もない。

ただ、「デナリさんは、何か申し入れたい意見ないですか」と聞かれた。

「どんな事が起こるのか予想立たないから不安だ」と答えると

心配しないでと言う意味で、先述の返事が返って来ただけのこと。

楽しめないからか?・・・・訳が自分でも分からない。

お風呂に入ると、ますます抜けてきて・・・・寝る前にブログを削除した。

朝、目が覚めるとますます抜けて・・・何が私モヤモヤしたのか記憶にない。

狐につままれたみたいでした。

そして、一部始終を書いてみた。

朝から、山の報告書を作って、「出来ない出来ない」とうんうん唸っていると

「誰かに助けてもらわな・・・そら無理だ。」と返事が返って来た。あれ?

だーさんは、記録を苦にしてか、沢でよほどのチョンボをしでかして凹んでいると思い

いたわってくれているのでしょう。

心配かけてすみません。

気にしてる2人がいるから、事実を書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新茶が届いたそうです。

01 02 皆々様ありがとうございました。

沢は、ほんと面白ございました。

写真撮影:紀様

顔の筋肉痛・お尻の筋肉痛はなおりました。

脇の下の筋肉痛は、まだ残るけど、割とすぐ消えそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新茶が届いたと、連絡もらいました。

楽しみにしていたもので、さっそく、買いに行ってきましょう。

楽しみ楽しみ♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のダビンチ・コード

私は、で留守。

とっとこ太郎が、ダビンチ・コードなら見に行っていいと言ったから、

日曜日は、3人で夕刻より映画に行って外食してくれているものとばかり思っていました。

ですから、下山後いつもならTELするところを、映画館着メロ鳴ったら困るので遠慮した。

しかし、帰宅するとカレーがあった。

訳を聞くと、約束の時間にとっとこ太郎が帰宅しなかったという事で中止になったらしい。

友達と出かけていたんだが、どうやら切り上げて帰って来られなかったようだ。

困った物です。

いつ、誰と行くことになるか、まだ未定です。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

ひどいよ・・チャングムの誓功名が辻を録画しておいてね」と頼んでいたのに

撮ってくれていないんです。

楽しみにしていたのに。

楽しみにしていたのに。

録画自分で出来ない私が悪いんですが・・・ヒドイ!

| | コメント (0)

2006年5月23日 (火)

比良・明王谷~奥の深谷貰った写真2

_026 _025 _024 _021 _003 _011 _012 _017

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o比良・明王谷~奥の深谷・・・・写真貰いました

クロトのハゲ様撮影

水が多くて面白かった。

流されて私だけ、何度岩にしがみついた事か。

面白いだけでは済まされないから不謹慎ではありますが、超楽しかった。

皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えももうすぐ。

Img_2495_1 キャベツ畑は収穫済み耕された。

日曜日、用水路の溝掃除があった。

いよいよ通水。

周りの草刈りも完了した。

間もなく一面、水が張り巡らされ景色が一変する。

田植えも真近。

の帰りは、琵琶湖大橋渡り栗東で温泉に入った。

琵琶湖界隈では、既に田植えは済んでいるようでした。

所変われば・・・・。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

近頃、地震が多い。

もともと地震が珍しくないこちらですが、どうなる事でしょう。

チョコチョコ揺れて力を発散して、壊滅的なことにならない事を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青あざ・筋肉痛

Img_2492 Img_2494

から帰ったら直ぐ干さないと臭くなる。

沢シューズというか地下足袋とうか・・小さいサイズが無かったのでちょっとぶかぶか。

いつもみたいに、筋肉痛なんか無いよ・・・と、言いたいところですが

・・・痛いところだらけです。

まず、左の膝ッ小僧の下・・・・膝着いてこけた覚えも無いんだけれど痛い・・・きっと青あざになる。

2番目、・・・・するめ食べたら痛くなる顎の骨・・・と言ったら分かるだろうか・・・・そこのチョッと上耳の穴の真横・・・目とのあいだの顔の筋肉が両方痛い。寒くてがガチガチ鳴ったせいでしょうか・・・寒くてをどこかで食いしばったせいでしょうか・・・・。こんな所痛いの初めてです。

怖くてを食いしばった記憶は無いんだけれど。

3番目、・・・・両脇の下~腕の付け根・・・筋肉がこんなところにもあるんだなと、実感。

4番目、・・・・両足の御尻の真下

普段使わないところばかり・・・・。

どれも、日常生活に支障ないし、歩く走るも支障ない・・・しかし・・・・何かの拍子に痛い痛い。

前途多難です。

ちなみに、私のカメラはやはり再起不能です。くー!!!!

| | コメント (2)

2006年5月22日 (月)

私の青いヘルメット。

私の山のヘルメットは、青い。

何を隠そう沢の写真中の青ヘルは私であります。

相当古いから、劣化が心配。

しかし、コレを使い続けたい訳がある。

ヘルメットの裏側には、その頃いつも一緒に行っていた人達の寄せ書きが書かれてある。

若かったその頃は、さほど心に響かなかった一言がある。

山は逃げない。

人は歳をとる。

ただ、これだけですが

こたえるわ・・・・・・・。

それを書いたのが若い頃で、「彼が・・・?」と知る人は言うかも知れない。

そのひとの、感性を垣間見て見直す・・・この頃であります。

いいとこ、見つけた

理由は、その文だけではないが、「もう、そろそろ買い換えた方がいいね」

と、紫さんに言われても買い換えられないのさ。

そう言ったあなたも、一言書いてくれたじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動かなくなった私のカメラ

私のカメラが動かなくなった。

しかたがないから「カメラ貸して」とだーさんに言った。

職場に持って行っているという。

明日は可愛いい子を撮れるチャンスだから、カメラは欠かせない。

「何で?」と聞かれる。

ヤバイ!バレバレだ。

知らん振りしておこうと思っていたのに。

「沢に落としたのか・・・・」と聞かれた。

「落としてない」と返事しといた。

だって、本当に落としてないもん。

一応乾かしている。

無駄なあがきと知りつつも朝から扇風機を回している。

先ほど、スイッチを入れたらついた。

かすかな希望で午後も回してみよう。

だって、間抜けは私ですが、朝からため息つかれたし・・・

分かってるよ!

「1万円で修理したばかりだ」と言うんでしょう。

「ぼこぼこ、落とすからだ」と言いたいんでしょう。

そそっかしいのは自分でも分かってるし・・・・・。

私のカメラはどうなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢の届いた写真を載せてみる。

_010 _012 _013 _025 _027

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

比良・明王谷~奥の深谷行って来た。

沢の水が多かった。

1ヶ所だけある堰堤の端っこに掛けられている梯子には、堰堤から水があふれ滝が降り注ぐ為使う事が出来ないくらいでした。

CL槙様・SLクロトのハゲ様・紀様・紫さん・紗さんの計6人。

皆様ありがとうございました。

_029  3回ほどどっぷり水につかると、さすがに歩いている時はいいが

待ち時間があるときは、足ががたがたする。

しばらくすると、なれてきて、そんなこと無くなる。

そんなにして、歩いてきたから、さぞ、体重が減り体脂肪も減っているかと思っていましたがそんなに食べ過ぎてないのに、どちらも、全く変わりなし

ちょっと、がっかりする

撮影槙様_031 _045

_046 _051 _052

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

美しい釜なんか何処にも無い。

何処も此処も白濁ゴーゴー。

程よい疲れで帰宅後スグに寝てしまってよく眠れました。

朝は休みなのに5時に目が覚めるし快調そのものです。

さあ、弁当作るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

ただいま、無事かえってきました。

今日は、比良明王谷~奥の深谷に行って来ました。

今日はいいお天気でしたが、連日の雨の為、沢は増水していました。

少ない時の谷の水量も多いときの水量も知りません。

しかし、相当でした。

明王谷に入り5分もしないうちに、岩と岩を大股開きで渡る事になりました。

向こうの岩をつかみ重心を移動し、残っている方のあしを浮かせたとたんにスゴイ水圧で押し返され、あえなく泳ぐ事になりました。

浅いところでしたが上半身まで左半分がずぶ濡れ。

防水に注意していた筈のカメラがどうしたものか、動かなくなってしまいました。

写したいものがあったのに残念。

水しぶきを、今、お見せしたかったのに。

証拠写真は同行した方が送ってくれたら載せますね。

おかげで、その後は水もなんのその。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう。

Dscf0012_8 先週誕生日だった。

祝いの心ありがとう。

みんなのおかげで、癒されました感謝

☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.

中でも驚いたのが、とっとこ太郎が花束をくれた。

とっとこ花屋さんで買ってくれる可愛い姿を想像して、

くすくす笑顔になってしまいました。

何処で、買って来た?

自分で買ってきた?

何ていって買ってきたのか?

三年寝太郎が興味津々ねほりはほり聞く聞く。

確かに聞きたい気持ちはよくわかる。

絶対に書いたら駄目だと釘さされた。

しかし、私の胸三寸・・・・もちろん、嬉しかったので載せてみました。

どうせとっとこ太郎は、ブログ読む間もなく、興味もなく、知られずに済むでしょうから。

どうぞとっとこにこの話をしないでくださいね。

ひやかしたり、褒めてやってくれたりなさいませんように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

真珠さんに聞いた中語の話

Dscf0002_20 Dscf0003_19

真珠さんのお宅にお邪魔した。

真珠さんのお宅も花盛り。

お庭の外に野の花も・・・・満開。

話の途中・・・・・私が・・・・・・

中国のお人形はあるの?ってたずねた。

すると、持って来てくれた。

Dscf0004_17 これは、真珠さんハッピーさんに結婚前にプレゼントした物だそうです。

唐三彩

中国唐代につくられた低火度焼成の三彩陶のこと。

陶質の素地に白あるいは透明の::をかけた後、緑や褐色の鉛:を加える事で三つの色が互いに入り混じり独特な様を表している。

Dscf0005_14 八仙

おのおの独自のやりかたがある。各自がそれぞれ腕を振るって競うこと。語源・・・西王母の誕生祝いの帰りに酒に酔った八仙が海の中の仙女をからかったところ、仙女は怒って海を荒し八仙に戦いを挑んだ。八仙は各自の持ち物で戦いやっと海を渡ることが出来たと言う伝説から。

1、李鉄拐(りてっかい)・・・・・瓢箪

2、漢鐘離(かんしょうり)・・・・芭蕉扇

3、呂洞賓(りょうどひん)・・・剣

4、何仙姑(かせんこ)・・・・・蓮の花

5、張果老(張果老)・・・・・・・魚鼓(楽器の一種)

6、藍采和(らんさいわ)・・・・花かご

7、韓湘子(かんしょうし)・・・笛

8、曹国舅(そうこっきゅう)・・玉板(玉製の板)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の七福神の元でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが

このたび、このおまぬけな私が会計をクロトのハゲ様から引き継ぐ事になった。

人には、適材適所と言うものがある。

八仙で言うなら・・・・デナリにパソコン・・・ありえなーい。

悪戦苦闘が目に見える。

さっそく、送られてきた金銭出納ソフト・・・・駄目だ・・・目がちかちかする。

夢に出てきそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文明の利器

Dscf0006_13 真珠さんは、私と知り合った頃より一層日本語が達者になり、

会話に困ることがない。

しかし、今回のように微妙なニュアンスを私は理解できない。

そんな時は、便利なものでお助けしてくれる。

カシオ。

私も1台欲しい物です。

なくても問題ないが、英語のんがいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観に行きたいんだとさ。

今日から公開。

家族に・・・・私に・・・・近頃、Dscf0011_9あまり自分を主張しなくなった、お年頃のとっとこ太郎ダビンチ・コード」は、観てみたいと言った。

学生割引な彼ら(妙ないいまわしになってしまったが)には、必要ないが

親は一緒に行きたいから、「親と行く」ととっとこ太郎は言ってないが無理やり前売り券を買っている。

さーて、だーさんのどちらになるか分かりませんがとっとことデートが出来るでしょーか。

乞うご期待!!!!

| | コメント (0)

2006年5月19日 (金)

ツバメの巣作って欲しいのに。

Dscf0001_17 Dscf0002_22 Dscf0003_21 Dscf0004_16 Dscf0005_13 Dscf0006_12 Dscf0007_14 Dscf0008_11 Dscf0009_14

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

我が家も花盛り。

ジャスミンが咲いた。

花花花。

ツバメは低く飛び。

いよいよ夏だ。

私は、家にツバメに巣を作って欲しい。

なのになのに・・・・・。

近所の家は、玄関のライトの上に毎年作ってる。

よほど嫌なのだろう・・・街灯の周りに真っ赤のタオルを巻いて作らさないようにしている。

出来るものなら、代わって欲しいよ。

作って欲しいんだけど・・・・つばめにどうしたら伝えられるだろう。

来て欲しい家にはつくらない。

おたまちゃんもウロウロしているしなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思い出したこと

Dscf0010_10 ビックイシュー買って来てもらいました。

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

こちらは、出かけた折にしか手にするチャンスがありませんが

思い出したことがあります。

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

その昔、病院で仕事していたことがありました。

公園のベンチには、ダンボールを持った男の人が何人も見かけました。

冬は夜になるとダンボール・新聞・荷物を持ち病院の長い長い渡りローカの長椅子に寝てました。

あのローカは、相当寒かった。外と何ら変わらなかったと思う。

若いスタッフ達はべちゃべちゃ言いながら横を通ると。真夜中だと「うるさい!」と叱られてキャーキャー言い、逃げるのを、コントでも見るように眺めていました。

嫌がる気持ちも怖がる気持ちも理解できませんでした。

当たり前になっていて、無視していました。

いつしか、夜間の出入りが記帳でチェックされて、出入り口にはガードマンさんが常駐するようになり

遭うこともなくなりました。

あの後、何処へ行ってしまったのでしょう。

そんな事も気にも留めず毎日生活して、忘れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断

Dscf0010_9

また、健康診断ですと。

献血の結果が送られてきたばかりなのに。

血小板は、どれ位下がっているのか、見ものです。

月曜までに2回取らねば。

日曜日は、超超早起きして行かねば。

色気無いと言われそうですなあ。がんばるぞ!おー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

ありがとう。

Dscf0008_10 Dscf0009_11

手に入れたぜ。

三年寝太郎ありがとう。

ペンダントはいらないぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何だかね。

Dscf0006_11 流しの下に、すっぽりはめ込む、レバーを押せばお米が計れて出てくる物を使っていた。

あるとき、仕事だったか、山だったか、何処かに出かけて帰ってくると

それが無くなっていた。

何処へ行ったやら。

代わりに写真の入れ物が。

何なんでしょうね。

カップで測るもの、何だかね。

誰の仕業か聞かずともわかる。

何だかね。

粗大ゴミが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日は晴れ間が広がるでしょう。

Dscf0007_13 雨が降る。

土曜日までは雨が降る。

日曜日は晴れ間が広がるでしょう。

沢は、水が多いでしょう。

乾いていたら楽々なところも、水浸しになりながら、歯をがちがち言わせながら登るのだろうか?

Dscf0013_9 Dscf0014_9 Dscf0015_7

防水しっかりせねば。

ライフジャケット用意しようかな。

飛び込むぞ!

それとも、高巻くぞ!かな?

雨上がって欲しいな。早く。

中止はさびしいな。

沢は、無理言いません、安心してくださいリーダー様。サブリーダー様。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月3日進学説明会・・・休み希望しました。今度は寝過ごさないように。

6月11日

6月17日デスノートです。

6月18日前夜発でも行きます。山・沢連れってください。

7月22日パイレーツ・オブ・カリビアンです。初日は必ず押さえます。

      何者にも邪魔はさせません。

     三年寝太郎が、私に聞いた。

       「ブログと、デップどちらか捨てよと、言われたらどっちを捨てる?」

       何を聞くかねェ、この子は。

       究極の選択ですな。

      その時返事しませんでしたが、聞くまでもない。

      だって。

| | コメント (0)

2006年5月17日 (水)

テニスコートはなかなか出来ない

Dscf0058 Dscf0059 一ヶ月振りにテニスしてきました。

久々でも、チョコチョコしていても、悲しいかな・・・

私の腕は変わらない。

勘が鈍る?そんなことは、ぜーんぜん有りません。くー!!!

ですから、めきめき上達した覚えがない。

私を慰めるなら、さしずめ・・・・継続は力なり・・・・でしょうか。

*´∀`)ノ*★*―――――――――――*★* 

コートの工事はなかなか進んでいるようには

見えませんでした。

早く出来上がればいいのに。

| | コメント (0)

教えてもらった鉄塔武蔵野線

Dscf0060_2 連休、川を下った。

河口まで歩いた。

とても長くかかった。

写真撮った。

記事書いた。

それを読んでkiriesta様が・・・・「鉄塔武蔵野線」を思い出してくれた。

何にも知らないもので。

検索してみた。

私は、初めて聞く・・・・でした。

初めて聞く・・・・映画でした。

で、それ以来気になって気になって仕方が無かった。

本を読んでからビデオ借りてくることにした。

昨日図書館へ行き、借りてきた。

検索して頼んでみると、閉鎖庫から出してきてくれました。

さあ、読むぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母の日追加

Dscf0051_2 Dscf0052_3

つつじの花は、まだ満開になっていなかった。

しかし、母は喜んだ。

最も美しい時期も外れてる。

でも、母は喜んだ。

「ありがとう。」と言った。

こんなに生きているが初めて母の日お礼を言われてで泣きそうになった。

そんな自分が悔しくて

「少しでも元気で、死ぬ日まで自分で這ってでも生きると言う気でいててよ。

でないと、私は(かずこ母にしなかったから)介護出来ないからね」

そう言った。

「覚悟はしている」と返事が返ってきた。

まち母おばあちゃんを施設にお願いしている。

だからと言うわけでは無いが、腹をくくって生きているようだ。

何が良くて何が悪いか分からない。

みんな違ってみんないい。

又、それか・・・。何でもOK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

そして、私自身の母の日

Dscf0053_2 そして、これが私自身の母の日

だーさん「格好悪いから止めてくれ」と言ったが載せてやるー。

私の誕生日は悲しいかな今週です

母の日は・・・・無いも同然。

クリスマスが誕生日の方・・・同情申し上げます。

お正月の誕生日の方・・・同情申し上げます。

とっとこ太郎・・・・・「どっちか一個にしてくれ・・・・」

どうよ。

母に感謝の気持ちは無いのかねェ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地震に弱い。

Dscf0018_7 地震があった。

震度で言うなら4と、まずまず大きい物ですが・・・何かが落ちた訳でも壊れた訳でも無く

その後も朝まで普通に眠れました。

なのに、なのに、文明社会は一変していました。

朝。電車は影響を受けています。

それを受けて車で出勤する人が増えているのでしょうか、片道2斜線の国道を車が動かない。

イライラしない・・・・遅刻が何よと・・・・好きな曲を聴きながら・・・・1時間半。

私は、どんな遠い所に住んでいるのでしょう。

そして、6分遅れでタイムカード

即仕事にかかる。

湯がでない。

空調もスイッチ切れている。

9時半に他所に連れて行かないといけないBABYがいる。

それまでにお風呂に入れてあげたい。

ポットの湯をかき集め、2人がかりで綺麗にする。

かろうじて、ぬるいが湯の出る蛇口からバケツで湯を運び、お風呂に。

そのうち、湯が濁って来た。

底には、泥?がとごって居る。

ボイラー業者の人、水道業者の人・・・・大忙し。

元に戻ったのは、午後からでした。

沐浴20人ちかく、全て終了したのは、12時過ぎていました。

私は何しに仕事に行ったのやら。

ほんと、もろい便利な世の中。

| | コメント (0)

私の♡母の日

Dscf0040_2 Dscf0039_2 Dscf0033_3 Dscf0029_3

Dscf0050_2 ・・・・・・私の母の日

・・・・・・・・・・・・・・大和葛城山の満開のつつじを見せたくて・・・・。

まち母に見せてあげたい景色がいくつかある。

満開では無かったが、母は喜んだ。

2人だけのお出かけは、初めての出来事。

行き帰りの道中そして頂上でのひととき、あっという間の楽しい時間でした。

ただただ、おしゃべり。

そんなのなら家でも変わりないものを・・・・。

またまたおしゃべり。

誰の母の日か・・・・。

楽しかった。

Dscf0047_4

♡私の母です。Dscf0014_8 Dscf0017_7 Dscf0026_4 Dscf0030_5 Dscf0031_4

Dscf0032_4 Dscf0035_3 Dscf0036_4 Dscf0037_3 Dscf0041_5 Dscf0043_1 Dscf0042_2                  そして尾根にたくさんの藤の薄紫

美しい。

よき母の日であった。Dscf0016_8

可愛いワンちゃんも来ていました。

可愛い。

つつじは、来週が満開でしょう。

来週は沢に入ります。

いよいよ沢シーズン・・・・ワクワクするよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

♡あけもどろ写真館

・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ あけもどろ写真館:*:・✿ฺ ・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・H18・5月連休

穂高岳沢こぶ尾根

Photo_19

←こぶ尾根上部

Photo_22 ←槍穂高

                                                                                    

↓奥穂高Photo_20

             紀様撮影

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

P1010020_1 P1010022 P1010023

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北アルプスの夕陽

紗さん撮影

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツクライミング受講証が届いた。

Dscf0055_3 スポーツクライミング受講済証が届いた。

私は、おまけで貰ったようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生動物のテリトリー。

昨夜、テレビ見ました。

福島県の溝口獣医さんの野生動物との取り組み。

野生動物を守り共生していく知恵。

先生の働きかけで、自治体を動かす。

道路を作る時、アーチパスを作り沢を潰さないで野生動物の通り道を止めないで

交通事故から守る。

素敵です。

世の中には、こんな方もおられるんですね。

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:

私達がこの地に住み始めた。

そのことで、先住の狸の夫婦を追いやった。

われわれ10軒のお隣さんには、狸の夫婦が住んでいる。

それから15年・・・あの夫婦には、子が産まれ孫が産まれ・・・狸の夫婦は、生きてはいないだろう。

しかし、狸の一家が今も生活している。

進入路が無い為、売れることなく放置されているその空き地は、今度の大規模の開発にもハズレた。

狸の一家は、生き延びた。

しかし、隣の畑は、今年の12月には工事が始まり、来年の12月には駐車場になると言う。

駐車場とこの空き地には、防音壁が作られるでしょう。

この空き地は、東西を壁で囲われてどうなってしまうのでしょう。

南北の開放は、生命線。

工事が始まれば、居られなくなって、居なくなってしまうのだろうか。

テレビを見て考えてしまった。

私達は、後からやってくる施設に私達の権利を主張するようだ。

要望書をまとめて提出するようだ。

私達より前から住んでいた狸の家族は、権利を主張できない。

彼らの存在を秘密にしてきて、そっと見守ってきた私達は、

今何かしてあげるべきなのかなあ。

私は知らないが8匹居るという。

今度の話し合いの会で、言い出してみようか。

狸は住み続けられるだろうか?

なるように、なるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

行ってきましたわ、親孝行

Dscf0022_2 今日は、母の日。

大和葛城山のツツジまち母に見せたくて

2人で行って来ました。

Dscf0018_6 Dscf0019_6 Dscf0024_6 Dscf0025_7 Dscf0027_5

参観日寝過ごした件の昼寝以来、毎日忙しくまともに寝ていない。

広島前夜は・・・北朝鮮の女性と韓国の記者の愛のドラマ明け方まで見てしまい、

6時の特急に乗り遅れてはいけないと、寝ずに出かけた。

昨日も10時半に帰宅。

チャングムの誓いを見てしまった。

自分が悪いんだが、さすがに眠い。

皆に不摂生と叱られそうです。

これから寝ます。

おやすみなさい。

又明日ね。

| | コメント (0)

広島とは縁があるのかな。

Dscf0001_15 Dscf0004_15 Dscf0005_12 Dscf0006_10

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・昨日、広島へ行って来ました。

おこのみやきも

食べてきました。

勉強もしてきました。

路面電車にも乗ってきました。150円。Dscf0007_12 Dscf0009_10 Dscf0010_8 Dscf0012_7 Dscf0013_8

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。以前家族と、そしてかずこ母と広島を訪ねた。

どうやら、私の意図する所とは裏腹に何度も訪ねるようになっているらしい。

今度も、引き寄せられるようにドームへ行って来ました。

同僚が寄って行きたいと言ったから、お好み焼きを食べて行って来ました。

私は、いつも腰が引けてしまうのですが。

お好み焼きも・・・・・地元の方がおすすめのお店に寄って来ました。

どうしても、原爆資料館も行きたかったらしい同僚は

閉館になったドアの前でしばし、たたずんでいました。

私は、少しほっとする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

多肉植物の寄せ植え

Dscf0004_14 多肉植物の寄せ植え

保護者会主催で2年前に作った。

それ以来、大事にしている訳ではありませんが

冬場、水も枯れても、けなげに生きてくれています。

Dscf0005_11 多肉植物はすごい。

その寄せ植えしているとき、ぽろっと落ちた1枚の葉を植えると

成長した。

けなげで、強い。

がんばれ!がんばれ!うちの鉢植え。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

話は変わるけれど、皆様にお礼

いつも、読みに訪ねてくれてありがとう。

いつも見てるよ、毎日読んでるよ、そう言ってくれる。

なんかうれしい。

声かけてくれる人も、声の直接届かない距離にいる人も

誰かが見てくれている。

そして、こんな他愛も無い記事でも読んでくれている人もいる。

ありがとう。

ブックマークのアクセス解析を見た時その方たちの見えない顔ヾ(o´(I)`o)

ありがとう。

*:.。..。.。o○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

痛くないおっぱいマッサージ

Dscf0003_18 出産しておっぱいをわが子に吸わせる。

こんな幸せな事、他にない。

人の体は、ほんとによく出来ている。

恐ろしくよく出来ている。

母乳出るシステムも・・・奥が深い。

私はそんなことにかかわる仕事をしている。

人がこの世に産まれる瞬間に関る醍醐味はなにものにもかえがたいものがあるが

私達の間ではおっぱいにかかわることは、それと同じくらいに価値がある。

赤ちゃんを産んだだけではおっぱいは出ない

例えば、死産する。

人の体は真面目です。

悲しいことに、それでもおっぱいの機能は働く。

しかし、吸ってくれる赤ちゃんの存在がないと止まってしまう。

(もちろん、はり止めの薬をすぐ飲み止めるんですが。)

反対に言うと

赤ちゃん吸わせなければ、出なくなると言う事です。

言い換えれば、吸わせれば出ると言う事です。

でも、なかなか覚悟のいる事なんです。

なかなか、赤ちゃんの欲しいだけ出る様にはなりません。

1回にMAX5mlしか出なくても、20回吸わせれば100ml

の母乳が赤ちゃんの胃袋に入る。

愛と忍耐でそんな時期を乗り越える。

そして、その吸う刺激でおっぱいを作れとホルモンがどっと分泌される。

それに答えて・・・一層作り始める。

そこで、張って張って、痛くて痛くて・・・そんな経験もする人もいる。

日に日に刻々と変わっていく乳房の状態に戸惑いながら成長していくママに何か力を貸すことが出来ればと思っている。

おっぱいマッサージをする。

ちょっと昔のマッサージは痛く我慢の要るものでした。

しかし、痛くない苦痛を伴わないケアーが有ります。

そんな研修で勉強に行ってきます。

Dscf0007_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

失敗のその後

「ごめんね。ごめんね。寝過ごして行かなかったの。」

三年寝太郎が帰ってきた。

参観日寝過ごして目が覚めたら夕方5時。

開口1番・・・謝った。

「いいよ。来んで。

だいいち、お母さん何組か知らんやろ。

教室も何処か知らんやろ。

うろうろ、学校中、彷徨うやろう。

移動教室だったから行き着かずに仕方が無いんで迷ったあげくにとっとこの方へ行ったと思ってたよ。」

ですと・・・・・私の事よく分かってらっしゃる。

三年寝太郎とっとこ太郎の通う学校は中高一貫のマンモス校。

いつも、クラスを覚えていないから・・・記入しないと駄目な時はいちいち聞いている。

三者面談行く時も迎えに子供に来てもらわないと教室に行き着けない。

今日どうするつもりだったんだろう。

自分でも大変な事になっていましたわ。

とっとこ太郎が帰ってきた。

ごめんね。寝過ごして行けやんかった。

「よかった。」

2階へ上がってしまう。

それだけかよ・・・・・!

何か言う事ないのかよーぅ。

「来なくていい・・・」といつも言われているから、良かったんだろうが

母と語ろうではないか・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝過ごして大失敗

Dscf0001_14 Dscf0002_19 帰宅後、ちょっと忙しくて疲れたので、1時間程仮眠して学校へ参観に行く筈でした。

目覚ましかける間も無く眠り込んだ。

寝過ごした。

外はほんのり暗い。

目覚めれば5時でした。

大失敗。

手元に残った出欠票、どうしたらいいのか。

記念に写真撮ってみました。

仕方が無い母です。

ごめんなさい。

みんなが帰るまでに晩ごはん作らねば・・・。じゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日だねだね。

土曜日は、広島の予定です。

日曜日は、母の日です。

三年寝太郎と、とっとこ太郎は、試験発表中にて猛勉強するという。

仕方が無いね・・・。

母の日してくるか・・・・・。

天気はどうなんだろう。

天気よかったら、きれいな景色を見に行こう。

雨でも行こうと思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

献血は馬鹿馬鹿しい?

献血について、また一つ書きたいことがありました。

新聞に、献血の記事ありましたね。

暗いイメージだとか、経験の無い人も多いとか。

先日、ショックな話を聞いたので・・・書いてみる。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:

献血した後の日

何だか勲章のようなココロモチで

同僚に両腕の針穴を見せて、「献血に行って来たんだ」と、話した。

すると、・・・・・「止めとけ、止めとけと、**先生が、言っていた。」と話し出した。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:

献血された血液は、感染症など無いか検査した後、必要とされる人に使われる。

個人で購入する事が出来ない。

病院などの医療機関が血液センターに連絡して届けられる。

輸血すると、患者さんに費用が請求されるらしい。・・・・・・いくらなのかな?

善意の献血で、血液の代金を取るシステム・・・・そんな所がばかばかしいとその先生が言っていたという話でした。

血液の代金ではなく・・もろもろの費用・安全を守る為の検査費用・・・そんなこんな限りなくお金がかかってるからでしょう。

そう、私は言ってみた。

なんの根拠も無いんですが。

とほほ・・・またやっちまったよ。

聞いた話に反論するのも変な話ですし・・・その相手が**先生はドクターですし・・・。

私は血液センターにも日赤とも縁もゆかりも無いですし・・・。

献血した自分が馬鹿でないと言いたかったのでしょうか・・・・。

また、無用な反論してしまいました。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:

成分献血初めてだったし、                                     おおだいにのっていますから・・・1年以内に心電図とったことがないと、          心電図とらないとだめだし、                                    海外旅行は、しつこいくらい聞かれますし・・・                          Dscf0016_7 結構面倒。

今はどうだか知らないが・・・返品きかないから、使われなかった血液パックは捨てられるし。

確かにちょっと考えてしまうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんばらんば

さだまさし様がNHKに出てる。

がんばらんば・・・みんなのうたで流れてる。

ラップ調の曲。

連休最終日、夜中テレビで生放送・・・さださんがホワイトボードの前で・・・

いろいろお話・・・・楽しい限りでした。

グラバー邸の前。

大浦天主堂の前。

踊ってるの今もテレビでやってます。

流行りそうですね。

嬉しい限りです。

わーいわーい。

みんな、見て聴いてね。

| | コメント (0)

デビルマンは大好きです。

Dscf0019_5 私のヒーローは、タイムボカンではなく、デビルマンです。

着メロもずーっと、デビルマンの歌です。

カラオケ行くと・・・最後の方は・・・エースを狙えデビルマン

歳がわかると言われそうですが。

家でご機嫌に大声で歌っていると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

三年寝太郎は、デビルマンを知らない。

母が好きと言うから。

母がご機嫌で歌っているから。

そんな程度の・・・伝説のアニメ・・・・。

本物を知らない。

つられて・・・・歌った。

しかし・・・・君は・・・・・・間違っている。

「あーーー。熊の力ぁー。身に着けたぁーーー。正義のヒーロー。デビルマンデビルマン

間違っている。

熊ではないんだょ・・・・寝太郎君。

なんてダサい。

デビルマンは、悪魔なんだよ。

「悪魔の力を身につけたんだよ。」

どっちでもいいと言う顔をした。

いつか本物を見せて、本当の歌を聞かせてやらねば。

ちなみに、デビルマンのイメージを絵に書かせたら

まるでタダのでした。

私のデビルマンを侮辱しないで!

憤慨する母であった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

遭難したら。

帰ってきてから、だーさんがインターネットで石鎚山を検索した資料を目にした。

面白い記事を見つけた。

西条市観光情報

石鎚山系登山の皆様へ

~日本ー安全な山を目指して~

遭難しないためにこれだけはまもりましょう・・・と言う文の後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事故に遭った時には次のことを守ってください

携帯電話を活用する。

何よりも先に110番又は119番をしましょう。

電池の消耗を防ぐ為に守ってください。

~最初の1回はあなたから、あとは当方から掛けます

~電池は暖めると長持ちします。

警察・消防の指示にしたがって下さい。

その場を動かないで

~危険でない限りその場に留まって救助を待ってください

~雨天・寒冷・夜間の場合は近くの小屋へ避難してください。

笛の活用~よく聞こえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GPSを肩につけている人とすれ違った。

GPSに惹かれて・・・その人に声をかけた。

「それは、GPSですか?いいですね。」

男の人は、後ろに年配の男性と一緒だった。

その男の人が、疲れた顔でじっと私の方を見ていた。

あれ?息子さんに話しかけてお父さん怒ってる?

一瞬そう思った。

だーさんに、「興味あれば誰にでも声かけるなあ」と言われた。

もっと、もっと軽量化して、小さくなって、安くなったら私もGPS欲しいと思っている。

男の人に興味があったのでなく、GPSに声かけただけの事。

しかし、待てよ・・・・・。

私が、引っかかったのは、石鎚山表参道GPS

そう言えば、後ろのお父さんはカラ荷でした。

何か変。

そうだ。前の人は、ガイドさん

普通GPS持っていても出さないよね。

キレットであんな風に肩に付けてガイドさんがガイドしているのを見かけました。

きっと、ガイドしてもらったのでしょ、そうだ。

1人で納得する。

すると、うしろのお父さんと思った人は、しんどかったんですね。

ガイドさん

どんな話するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ、田んぼに水が入ります。

Dscf0008_9 Dscf0009_9 Dscf0010_7 Dscf0011_7 もうすぐ、田んぼに水が入ります。

その前に、溝のお掃除があります。

鍬・鎌を持ち寄って掃除に参加します。

だーさんがいないときには私が1回行ったことがありますが

ほとんど行ってもらっています。

水が入ると周りの景色が変わります。

15年ほど前は、蛍が飛んでいたんですがねえ。

どんどん変わって行く。

まずは、私達が来た事。Dscf0003_17 Dscf0004_13 Dscf0005_10 Dscf0006_9

Dscf0017_6 *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

そして、国道が開通した事。

そして、近く大々的にこの辺りが開発されるという。

買い物に困らないと聞く。

来年にはもう、この水田の景色も見られなくなると聞く。

遠くの山も見通せなくなるでしょう。

淋しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鎚山からロープーウェイで下りてくる。

Img_2471 Img_2472

ポップな模様のロープーウェイ

ギリギリ乗せて貰い無事下山となりました。

Photo_106 Photo_107

石鎚成就スキー場。

見つけましたよ野猿。

Photo_108 だーさん

荷物全開で鍵捜す。

あったよあった。

ほんとよかった。楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

石鎚山の神社

山岳信仰・・・・・。

神社がいっぱい。

Img_2416 ←ここは土小屋の側の神社。

石鎚山頂上には、石鎚神社。

Img_2462 ←そして、ここは石鎚山成就神社

Img_2463 Img_2464 Img_2465

*******************山の上だから、

手洗いの水は、溜めっぱなしでなく、流しっぱなしでなく、

お風呂屋さんの栓のような・・ポン!と押すとダァーと水が出た。

神社と言えば、お百度石は要チェック。

裸足で無言で百回往復お祈りする。

それで、願いがかなえば世話ないが、

藁をもすがる気持ちには切ない愛情が良く分かる。

どうしようも無い時、私もおすがりするのでしょう。

ここのは、まだ新しかった。

ちょっと、ほっとする。

年季ものなら、ちょっとがこもっていそうでチョッと怖い

成就するようにと、お土産にお守りを買った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が、志望校に合格出来ますように

とっとこ太郎が、テニスで勝てますように

だーさんが、健康で長生き出来ますように

が、一生、事故と無縁で仕事出来ますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔は要らないなんて失礼しました。

Img_2434 石鎚山山頂~成就~神社~ロープーウェイ乗り場

白装束の人達が修行の格好をした人に付き添われ行列なして、

にぎやかに・・・・・・・

力強く・・・・・・・

登ってくる。

小さな男の子もいた。母に励まされて。

がんばれ!少年。

Img_2435 私好みのお腰の物。

私の好奇心は止まらない。

カメラを向けると気付いてくれた。

丁寧に隣の方にも声かけてくれた。

2人揃ってこちらを向いてくれた。

違う違う・・・・・・。

言えない。

でも、勇気を出して・・・「後ろ向いてください。」

おじさん・・・・・「顔は、要らんとよ。」

すいませんでした。

失礼しました。

でも、後姿がいいんです

こりゃ又立派な毛皮です事!!!!

ご協力ありがとうございました。

楽しい。

面白い。

私にとって・・・・飽きることのないテーマパークに遊んでいるような。

石鎚山。

ワクワクとドキドキをありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

蝶~常念からみんな帰る、写真貰う

Dscf0196

石鎚山山頂、石鎚神社の小屋で飲んだジュースの空き缶

だーさんは、コーヒーを飲みました。

私も飲みたかった。

コーヒーを私も。

でもなぜだかジュースにしてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下山の間、チマチマした私は・・・・こだわった。

だって、本当は私もコーヒーを飲みたかったんだもん。

でも、何か仕方ないけど、ジュースにしてみたんだが、

缶を持ち帰るって知っていたら迷いなくコーヒーにしたのに・・・・。

まだ言っているとだーさんはあきれていた。

私はだーさんのザックを取りに行ってたんだもん。

貼ってあったと言われても、私見てないし。

缶は各自お持ち帰り下さい、ですと。

仕方が無いから持って帰ってきましたが・・・・。

そんなら、コーヒーを飲みたかったのに

甘いパンでジュース飲みたくなかったのに。

同じところを、ぐーるぐる。

写真に撮ってまで書くほどの事でもないのにね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P5050009_1 P5050047_1 P5060145_1

おかえりなさい。

蝶~常念から帰ってきた写真が紫さんから届いた。

リーダーは、槙様

一の沢は入山自粛で、行程変更たいへんでしたね。

皆様ご無事で、楽しい山行なによりです。

_043_1 _041_1 _075_1 _079_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石鎚山で出合った生き物たち。

Dscf0074_2 変な物でしょ。

白かったら、脳みそですよね。

コレなあに?

Dscf0075 Dscf0076_1 Dscf0082_1

Dscf0125

Dscf0088_1 *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*キノコをたくさん見る山は豊かでほっとする

Photo_105

歩いていると、目の錯覚

地面が動いている。

モコモコ土が動いている。

どうやら、もぐら?

悪魔の心・・・ぐいと踏みつけたくなる。

ほんとにモグラなのか見てみたくなる。

Img_2446 石鎚山を懸命に登る可愛いワンちゃんを見つけました。

わんこ、がんばれ!

だーさんは、「足が短いのに大変だ。」と心配していました。

たぬき・うさぎ・リスDscf0079

糞は、あまり見なかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お地蔵様が鎮座する山

Photo_104 Dscf0121_1 Img_2436_1 Img_2447_1 Img_2448 Img_2450 Img_2451 Img_2452 Img_2458 Img_2467_1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石鎚山は山岳信仰の山

西之川~瓶が森~石鎚山・・・・何処にもお地蔵様が鎮座していました。

我が家の近くにも**王子がある。

こちらでも、・・・・王子が、たくさんあった。

とりわけ天狗様のお地蔵様面白い。

お気の毒にお鼻が折れたのか接着されていました。

ぜひ。クリックして拡大してみてください。

おいたわしい、傷跡を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

河口の向こうに海が見えたファイナル.

Dscf0275 Dscf0276 Dscf0277

川は海に近づき、かすかに潮のかおりがする

人、自転車、単車しか通れない橋を対岸へ歩いて渡った。

風が強い。 

この橋は、天候悪くなると、ゲートが閉まり通行止めになる。                        

Dscf0279 Dscf0278 Dscf0280 Dscf0281 Dscf0285 Dscf0284 Dscf0286 Dscf0287 Dscf0288 Dscf0289

海が見えてきた。

海には大きな」船が小さく見える。

河口側と違う方向に出港前のも見える。

でも、河口までまだまだ。

Dscf0290 Dscf0291 Dscf0292 Dscf0293

Dscf0294_1 Dscf0295 Dscf0297 Dscf0298 Dscf0301 Dscf0302

海だ。海だ。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

4時間の小旅行。

(休憩1時間入れると5時間かかった。)

だーさんサポートありがとう。

三年寝太郎付き合ってくれてありがとう。

おたまちゃんもありがとね。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:

帰りは、車で20分でした。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

人生楽ありゃ苦もあるさ・・・・水戸黄門のココロモチ。

昔の人は、すごかったね、きっと。

何処へでも歩いていくしかなかったんだから。

峠では、山賊が隠れていたりして。

強い人や強い人を雇える人はいいよね。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

今の時代に生まれてよかった。

行きたい時に行きたいところへ行ける幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石鎚山は、Mt.石鎚?Mt.石鎚山?

Img_2418 2人で、あれこれ話しながら、時にはがんばれがんばれと急かしながら石鎚山に登ってきました。

Mt.石鎚山

そうそう、だーさんと話していたんですが、

Mt.富士と、昔、習ったような記憶ですが、写真の看板からすると、Mt.富士山となるのでしょうか。

Img_2420 Img_2422 Img_2423 Img_2433

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。瓶が森から石鎚山を見た時は、遠くに感じましたが、歩いてみればもうピーク。

だーさんは、水も飲み物も、ガスも持っているのに沸かそうともせず、頂上の小屋であれあれ、沸かしたてのコーヒー(1杯400円)にありついた。

ささやかな贅沢ってところでしょうか。

ほんとは私もコーヒー飲みたい気がしていたんですがなぜだか、缶ジュース

新しい建物。

イスとテーブル。

そろそろ飽きてきた甘い美味しいパンを食べた。

こうなってくると、大好きな甘い物も食べたくなくなってくる。

代わりに決まって、トマトジュースが飲みたくなってくる。

いつも、プチトマトーチクは、欠かせないのさ。

しかし、今回は準備不足で持ってない。

食べたい食べたい・・・・・無いと余計に食べたい。

甘いパンは食べたくない・・・・・しかし、軽量化でコレっきゃない。Img_2455_1

下山は、たくさんの登ってくる人とすれ違う。

昨日や今朝のルートとは大違い。

山のテーマパークと言う感じ。

こんにちはと言って挨拶する。

たいていの人はこんにちはで返してくれる。

でも、[お下がりさん]と言ってくれる。

私は元来人見知り。・・・・・?

しかし、勇気を出して・・・・お下がりさんと言ってくれた人に、「何て返事するのが正式なんですか?」と声かけてみた。

その男性は、親切に教えてくれた。

まずは、下山している人が「おのぼりさん」と声をかける。

すると「おくだりさん」と登っている人が答えるそうだ。

下山者は余裕だから、がんばっている人に力つけて引っ張り上げてあげる。

みんな助け合い、成就ししょうという感覚なんでしょう。

次の白い装束の方が来たら、「おのぼりさん」と声かけたかった。

勇気を出して・・・・・・。

うーん。駄目だ!

「こんにちは」

バカバカ!意気地なしの私

くすくす、だーさん笑ってる。

裏側から高知県側から縦走してきた私達は、下山の最後に目にしたが

ちゃんと看板があった。

「おのぼりさん」と言いたかった。

「おくだりさん」とねぎらってもらいたかった。

ちょっつぴり、心残り

| | コメント (2)

娘なのに似ていない

山に行ってきた間、実家の母に頼んでいった。

掃除ピカピカ。

だーさん気が付く。

綺麗になった其処ここ。

なのに似ていない。

私と母。

「どうしてもらっていないんでしょうね。

      綺麗好きなDNA.」

だーさん、ぼそっと つぶやいた。

すみませんねえ。

ほっほっほー!!!!!

それって、私のせい?

気を取り直して、

Img_2475_1

藤の花が綺麗です。

藤・紫陽花好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

河口に向けてずんずん歩く。

  Dscf0227 Dscf0231 Dscf0232

浅瀬の河原、家の側。

家を出発して2時間ほど歩くと

こんな風景に変わります。

明らかに川と言う感じ、今は満潮。

工事もしていて、川の表情も違う。

Dscf0234 Dscf0235

豊かなこの川は、他府県に上水をお分けしている。

川はみんなに平等で、取水口の少し上流で、他府県ナンバーの車で来られて水上バイクで遊んでられる。

環境ホルモン大丈夫?

新聞で読んでから、この水は他府県の飲料水に使われているでは?と・・・つらつら思ったことがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河口から登ってきただーさんに出会った。

何時に出発した?

9時半。

すると、ここから2時間か。

合計4時間の川の旅。

だーさんは、おたまちゃんが一緒を喜んで、なでなで。

おたまちゃんは、勘弁してよと言う表情。

2時間の歩きでお疲れモード。

おたまちゃんは、すでに鼻がピンク色のお年寄り。

みんなで弁当を食べた。

風が強い。

湯を沸かしだーさんは、沖縄そばのカップめんを食べていた。

そーきソバ風でしょうか。

黄色い太目の麺をずるずる食べていた。

おにぎりソーセージをおたまちゃんにあげました。

Dscf0245 Dscf0248 Dscf0253 Dscf0255

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この辺まで来るともう釣りする人もない。

上流では、陸で釣りする人、ボートで釣りする人さまざま。

バーべキューしている団体。

サイクリング、オフロードのバイク。

車のドアを全開して車内でお昼寝。

パラソル・ターフの家族連れ。

ラジコン飛ばしたり。

車で犬の散歩に来ていたり。

人それぞれに楽しんでいる。

Dscf0257 河川敷の公園に立ち寄った。

ターミネーターを思い出した。

サラが核爆発の瞬間を何度も夢に見るそんなワンシーン。

子供達が遊ぶ平和な日本の公園。

色々思う平和な私。

大変な事が起こりました。

三年寝太郎が公衆便所のぼっとんに携帯を落とした。

回収不可能。

お気の毒様。

寝太郎のため息。

Dscf0258 Dscf0259 Dscf0260 Dscf0261

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの車から、この対岸で同じ構図で油絵を描いている人を見かけた。

逆では有りますが、こんな絵でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf0263 Dscf0266 Dscf0271

どの写真も同じに見えるでしょうが

休むことなく、ぼちぼち歩いています。

だんだん河口に近付いてきます。

Dscf0270_1 Dscf0272_3 Dscf0273

上流のように

また人が少なくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、GW,献血に行く。

それで、昨日、献血行って来ました。

去年の今頃献血車が職場に来た。

仕事中でもOKだったので毎年していたが、

生まれて初めて比重でひっかかり献血できなかった

何故だか、残念でならなかった。

悔しかった

昨日は、朝からまず市民図書館に行きキリエスタ様に聞いた「鉄塔武蔵野線」の本を借りに行った。

しかし、残念。

昨日は、返却と閲覧のみでした。

仕方が無いので、予約していた美容院に行った。

4時間かけて普通の髪型。

子供達には、「お金かけてるとは思えない髪型」ともっぱらの評判。

昼も食べず、出かけたら一気に用事を済ます。

次は、JRの駅に行きみどりの窓口で特急・新幹線のチケットを買う。

ついでに、献血ルームに行った。

今年は、ヘモグロビン13.0g/dl

1時間かかりますが成分献血お願いできませんかと言われた。

忙しいのでした事がない。

駐車場も献血したら費用出してくれる所に置いてきてなかった。

気にかかるが、まあいいかとOKした

Dscf0001_12 成分献血でなくても、いつも時間がかかる私は

やっぱり時間がかかりました。

Dscf0002_17 しかし、私の血小板は、明日検査され、誰かのお役に立つんですね。

何だか幸せな気分。

紅茶花伝2杯、カフェオレ1杯をごちそうになり、洗剤をいただいて帰って参りました。

駐車場代600円

請求しに戻ったらくれると言ったが、又別の駐車場に入れるのも面倒でしたので

帰ってきました。

買い物して家に着いたら5時でした。

ああ、休みも終わる。

やれやれ。

ガンガン山の登りで息も切れない私が貧血のはずも無い。

献血後に血圧測ってもらったら、少し下がってるそうだ。

何とも無いから、休憩して、すたすた帰ってきたが。

石鎚の鎖場で吐き気したのは、血圧下がったのかしら。

なーんだ。

HIV検査目的で献血するなんてもってのほか。

貧血してないか知りたくて献血行く私もいかがなものでしょう。

さあ、みんな献血に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎖場で立ちくらみ

Img_2453 Img_2429_1 石鎚山には、鎖場が有名。

下から、

試しの鎖74m

一の鎖 33m

Img_2430 二の鎖 65m

三の鎖 68m

自信のない人には迂回路がある。

Img_2444 Img_2445 Img_2454 Img_2437

☆゜*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.

こんな登りは大好きだ。

ほいほいと登り、

最後三の鎖の途中で2回ほど鎖を持ち 腕だけ登り繰り返した。

ぐいっと登ったら、

突然

息が切れてきた。

心臓がドキドキして。

胸が悪くなり、吐き気がした。

目の前がくらくらした。

落ちたら駄目だ。

手は離さなかった。

怖かった。

岩が怖いのでなく鎖が怖いのでなく、息が出来なくなるような恐怖

背中の荷物が重かった。

後ろに人が詰まってる訳でなかったから、ハアハア言って少し頭を下げたら落ち着いてきた。

腕だけ上りはもうやめて、用心深く上がった。

後ろの人が見えた。

息がしんどいので「良かったらお先にどうぞ」と勧めたが、追い抜く気がなさそうでした。

で良かった。

ちょっと、立ちくらみしたようだった。

血圧下がったようです。

スグに回復した。

頂上迄上がる間に、何とも無くなっていた。

鎖場は、アトラクションみたいで面白かった。

貧血無いか念のため献血行って見よう。

アレグラ飲まなくなって1ヶ月以上経ってるから大丈夫だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

河原を歩く、花盛り。

Dscf0254 Dscf0252 Dscf0200_1 Dscf0201 Dscf0207 Dscf0208 Dscf0210 Dscf0211 Dscf0212_1 Dscf0216 Dscf0221 Dscf0229 Dscf0230 Dscf0236 Dscf0240 Dscf0242 Dscf0246 Dscf0251 Dscf0262 Dscf0265 Dscf0268 Dscf0283 Dscf0274

☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆☆━☆━☆━☆

河原はお花の宝庫

紫色の花が今の時期は多いのに、ピンボケ。

うまく撮れていなくて削除した写真も今回はまあまあ有りました。

おおいぬのふぐり。

蝶蝶ヒラヒラ飛んでいました。

まだまだ、自然いっぱい。

青い空・白い雲・眩しい陽の光。

食用に出来るものもたくさんありました。

ノビル引き抜いてほってあったりした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国・石鎚山雪が残る。

Img_2419 Img_2424 Img_2427

四国・石鎚山

雪がまだ残る。

雪のトラバース

雪は無いものと思っていたので思わぬ贈り物うれしい。

雪の上に石が乗っている。

溶けて落石してきそう。

風が吹いても落ちてきそうです。

さっさと通過しよう。

強盗・雪崩・遭難・・・連休最後まで皆様ご無事で!

私は、休みなのですが1日足りなくて、春山合宿行けなくて、休養中。

そういえば、去年の連休も行かずに、家族で池田屋を訪ねたりして龍馬三昧の春でした。

そうそう、アークトテリクスのザックはその時買いました。

今では、なくてはならないお気に入りになってますが、まだ1年の付き合いかぁ。

毎年GWは、のんびりなんです。しみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から六甲おろし。

デナリひとり言。

だーさんは,結婚以来、朝は道上洋三氏のラジオを必ず聴きながら髭を剃る。

彼に言わせると結婚前からだと。

朝から今日も六甲おろし。

勘弁してよ・・・朝はさわやかにクラッシックがいいな。

テンション高すぎ。

だーさんもご機嫌。

ふー。

デナリ。めざせ、さわやかな朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日が眩しい。

Dscf0186 Dscf0189 Dscf0192

朝日が眩しい。

山荘らさを出発

2人で歩いていると、陽が昇ってきた。

山や林を照らし・・・ずんずんのぼってくる。

Dscf0171_1 Dscf0175_1 Dscf0177_1 Dscf0174_2 Dscf0176_1 Photo_42 Dscf0170_1 Dscf0178_1 Dscf0185 Dscf0180 Dscf0184 Dscf0187 Dscf0195

Img_2404 初登場の私(前に、足を載せたっけ。)

私の長い影

Img_2401 Img_2403 Img_2400 Img_2406_1

          ☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆━☆

さて、この2枚何処が違うでしょう?

正解・・・手に持ったビニール袋が写ってしまいました。

暗い中、日の出をバシバシ撮ったら、フラッシュひかり過ぎ、バッテリーが無くなった

仕方が無いので、だーさんのカメラを借りることにした。

「あ!***撮ろう・・・・」と言うと、「もう撮らなくていい」と止められてばかり。

糞。キノコ。随分あきらめた。くーっ!!!!

上手にカメラを使いこなせたらなあ・・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

川を河口まで歩いてみようと思い立った。

Dscf0202 Dscf0203 Dscf0204

夕べ、ふと思った。

通勤に使っているいつもの道。

堤防を川に下りて、河川敷を河口まで歩いたら面白いだろうなあ。

さっそく、口に出して言って見た。

「明日、川を下って河口まで歩いてみようと思うんだけど行かない?」

連休中、とっとこ太郎は 友達の家にお泊りさせてもらい、テニスのイベントで試合にダブルス組んで出るとか言って居ない。

いつも、ノリの悪いだーさんと三年寝太郎だから、きっと「仕事の準備で忙しい」とか「勉強するから付き合えない」とか、そんな返事が返ってくると思っていた。

意外や意外。

2人とも行くと言う。

で、3人で河口に向けて歩く事になった。

だーさんが車を河口に置いて私達を迎えに川を上って来てくれる役目を引き受けてくれた。

だーさん、30分一足先に車で出発。

私達、9時半家を出発。

おたまちゃんも連れて行くことにした。

おたまちゃんの飲み水と入れ物、そしてウンチ処理セットを持参していざいざ。

Dscf0205_1 Dscf0212 Dscf0213 Dscf0214 Dscf0215

いい天気。

いい気分。

さっそく1曲・・・・と思ったら。

「ひばりの心」を歌うのは止めてね。

と、早々に釘さされる。

くーっ!!!!読まれてる。

大声で歌いたいところだったのに、胸がもやもやする。

歌いたい。

Dscf0218_1 Dscf0219 Dscf0220

花がいっぱい咲いていた。

写真を撮る撮る。

Dscf0223 Dscf0224 Dscf0225

石鎚山の記事をまだまだ載せたいがひとまず、河口の旅も書いていこう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雲海・・・・。

Dscf0181 Dscf0182 Dscf0183 Dscf0188 Dscf0193 Dscf0194 Img_2407 Img_2408 Img_2409 Img_2410

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日の出。

朝日。

そして、

・・・・・・・・・・雲海・・・・・・・・・

山からの贈り物

ついてるね私達。

あれも、これも貰ってる。

美しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山から日が昇る。

Dscf0155_1 Dscf0156_1 Dscf0157_1 Dscf0158_1 Dscf0159_1 Dscf0161_1 Dscf0162_1 Dscf0163_1 Dscf0167 Dscf0168

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:*:.。..。.。o○*

日の出

山から陽が昇る。

朝、陽の光を体に浴びる。

癒されるわ。

そんなにいやされないと駄目なほど、ダメージで生きている様に思われるでしょうが

いやいや、生きる力は蓄えられるのです。

ますます、元気に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

四国・シラサ峠/山荘シラサは素敵な所でした。

Dscf0130 Dscf0132_1 Dscf0133 Dscf0134 Dscf0136_1

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

山荘しらさ

部屋でくつろぐと雨がざあざあ降り・・・・ラッキー。

泊めてもらえてよかった。

お風呂でポカポカ。

コタツでまったり。

あけもどろの槙様の「なんじゃく者」の声が聞こえてきそう。

部屋の窓が大きい。

美しい。

写真が好きな、あけもどろ経様・ハッピー様・・・お勧めですよ・・・シラサ峠と山荘シラサ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf0137_2 Dscf0138_1 Dscf0139_2 Dscf0140

Dscf0141_5 Dscf0142_1 Dscf0143_1 Dscf0144

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だーさん起きて!起きて!

日の出を撮りたい。

出発しよう!!!!!!

5時45分Dscf0151_1

Dscf0152_1 Dscf0153_1 Dscf0147

・・・・・・・・・・・・・・・・・ご夫婦揃ってお見送りしてくださいました。

お世話になりました。

ご夫婦そろっての写真も撮らせていただきましたが、物騒な世の中、載せるの見合わせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧の中尾根を下る。

が出始めた。

先に進むか、テンバに下るか選択するところですが 、迷うことなく下ることにする。

ここから先は又の機会にと、あっさり。

Dscf0123_1 Dscf0122_1 Dscf0120 Dscf0118_2 Dscf0117_1 Dscf0124_1 Dscf0128_1 Dscf0129 

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

霧雨で、カッパ着る。Photo_27

小鳥達はご機嫌で霧のおかげで

私達が見えないのかピチピチ鳴きながらついて来る。

見ると綺麗な綺麗な色の小鳥。Img_2449

レンズの長ーいカメラが欲しい。

私のカメラでは、豆粒。無念!

頼もしい・・高校生?の男の子5人パーティとすれ違う。

がんばれ若者!

雪が残っている。

子持権現山を過ぎ山荘シラサ前に出た。

雨が強くなりそうだ。

ここは迷わず山荘に寄る。

駐車場に車が何台か置いてある。

営業中のようだが、そうでない様な感じもする。

だーさんまたまた、何か美味しいものにありつきたかったようですが

「泊まれますか」とうかがうと、

山荘は・・・・いの町営だそうです。

昨年11月山荘は管理者さんがご高齢の理由で営業を中止された。

今日から営業再開されまだ準備されているところ。

心の中で即決した。

「泊めてもらいたい。」

予約してないが泊めてもらいたいとお願いした。

食事は用意できないがと言う事で、素泊りでお願いした。

だーさんしつこく、「何か売っていませんか」とか聞いていた。

やれやれ。

持って行った夕食カップシチューおにぎりを部屋で食べた。

あきれた。

だーさんちゃっかり焼酎・柿ピー・ホタテのひもを出してきた。

「持ってるんなら、他の物食べたがるなよなぁ。」

どんどん食べて荷物を軽くしようよ。

冷えた体にはありがたい・・・お風呂に入れて貰えた。

癒されましたわ。

部屋にはコタツがあり・・・しみじみ2人。

私達は、考えれば2人だけで山に行った事は、20年前の屋久島縦走のただ1回。

結婚前も後も無いんだな・・・意外にも。

いつも誰かと一緒だった。

そういえば・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・瓶が森は綺麗なところ。

Dscf0089_2 Dscf0102_1 Dscf0104 Dscf0105 Dscf0106_1 Dscf0107 Dscf0108 山容が水瓶の形に似ることからついた山名。

瓶ヶ森は石鎚山との関わりが深く、

Dscf0109_1 山頂には石土大権現を祀る小祠があり昔から女性の石鎚山遥拝地でもあった.

Dscf0111 Dscf0113 Dscf0114 Dscf0115

Img_2398 瓶ヶ森フュッテでは、軟弱だーさんは、何か売っていたら食べたかった。

訪ねていくとシャッターを閉めているところで

声もかけずあきらめて帰ってきた。

私は、行かずに待っていた。

すごすご戻ってくる姿は、楽しみにしていたのとは裏腹にしょんぼりでした。

ここは、高知側から車で入ることが出来る.

スグそこに駐車場がありハイカーの人達がいたが、それにしても静かでいい感じ。

やはり、山は4月29・30日は狙い目です。

風を避け、笹の間でパンを食べた。

荷物を軽くする。

振り返ると、石鎚山が見えた。

山頂にはがかかり趣がある。

明日はあの山頂だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

瓶が森の瓶釜と栄養ドリンク

Dscf0090_2 Dscf0091_1 Dscf0092_1 Dscf0093_1 Dscf0094 Dscf0096 Dscf0098 Dscf0100_3 Dscf0101_2

瓶釜と言う綺麗な水が溜まるがある。

ほんと、いい所。

癒されるわぁ。

それと、あきれてしまうわぁ。

だーさん、何を考えたか、縦走にビン入りの栄養ドリンクを出してきた。

そんな物持って来るんなら果物の1つでも持って来るやろう・・・・普通。

しかし、なかなか発想が変わっていて笑えた。

飲んだ。

なかなか、美味しかった。

家では飲む気にならないが・・・何か夜行運転の疲れが取れる気がした。

そして、瓶釜を入れて又持ち歩いた。

後で、それで甘酒作り飲んだ。

これまた美味しかった。

近頃、乾燥甘酒・・・・が気に入ってる。

のつぶつぶが美味しい。

私は、近頃ついている。

どの山に行っても、予報はあきらめてるよな天気なのに大丈夫なのだ。

早朝・・曇天、今にも降りそうでも降らない

朝・・くもり

昼前・・快晴

昼過ぎ・・風ふき雲行き怪しい

3時頃・・天気崩れだす・・・が、ほとんど行程は終了しているから

問題ない。

今回もそのパターンでした。

ついてるね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやく青空。

Dscf0080_1 Dscf0095_1 Dscf0099_1 Dscf0103_1

地球は青い。

雲が流れる。

私は小さい。

石鎚山に雲がかかり頂上は見えないけれど

今日はごきげん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西之川を上り釜床谷を上がる。

Dscf0043_2 Dscf0047_5 Dscf0048_5 Dscf0050_3

Dscf0058_1 Dscf0059_1

石鎚ロープーウェイ前の駐車場に車を預け、

1時間歩きDscf0063_3 Dscf0064_2

西之川道登山口。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Dscf0068_1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・常住Dscf0071 Dscf0072から釜床谷を上り瓶ヶ森に行きました。

常住には、建物は無く。

残骸が残っているだけでした。

Dscf0083_2 Dscf0085_1 Dscf0086_1 Dscf0087_1 Dscf0116 花がいっぱい。

釜床谷は谷を挟んでジグザグを繰り返し、ごきげんでした。

釜床谷手前で、リスをみました。

登山中で、見たのは初めてです。

しっぽが可愛い。

夜くるまを運転して入山しましたが、

カーブをまがると、前からハスキー犬のような、違うのか?カモシカ?分からないが走ってきた。

危うく轢くところでした。

狸の夫婦は車を恐れずに、前をしばしの間、走ってくれるし。

プリプリしっぽのうさぎは、ぴょこぴょこ。

怖がる訳でなく走って行くし。

豊かな自然、

得した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶粥を炊いてみたよ。

Img_2571 茶粥を作ってみた。

ほうじ茶を作り洗ったお米をぐつぐつ煮る。

まち母なんかは、

水にこだわり何処か山奥まで行って水を汲んで来る。

その水で炊くという。

私は、おいしい水道水。

塩をお好みで鍋に一つまみ。

私は味より健康。

塩は無くても食べられる物には、使わない。

焼き魚、お漬物などに食べる前からしょうゆなどを、かける人を見ると驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

瓶が森~石鎚山縦走・車をロープーウェイ駐車場に

四国・瓶が森へ西の川から行きました

石鎚山登山ロープーウェイの駐車場に車を置き

登山口まで林道を1時間歩きました。

花を見つけて写真撮ったり、あっちキョロキョロこっちキョロキョロ。

Dscf0038_1この山行中、結構壊れた建物や古い小屋も見かけました。 Dscf0037_2 Dscf0036_3 Dscf0022_1 Dscf0029_2 Dscf0030_4 Dscf0031_3 Dscf0032_3 Dscf0033_2 Dscf0034_4 Dscf0035_2

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○.*:.。..。.。o○.

異様に赤い沢を見ました。

鉄?銅?

沢筋が、上から下まで赤い赤い。

ガードレールがめくれ上がり、沢に崩れていたり。

発破作業中と看板あったり。

この林道を通っても大丈夫だったのかしら?

うーん、デンジャラス。

意味も無くネギ坊主。

意味も無く壊れた水がめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国・瓶が森・西の川は花盛り

行って来ました。

ただいま・・・・。

Dscf0046_3 Dscf0052_24月28.29.30日

本当は、中央アルプス・宝剣岳の予定でした。

しかし、急に中止になり、かねてより行きたかった

に、さんと2人で行って来ました。

西の川から瓶が森に登りました。  Dscf0023_4 Dscf0025_6 Dscf0026_3 Dscf0027_4 Dscf0040_1 Dscf0041_4 Dscf0042_1 Dscf0044

西の川は花盛り、花が次々迎えてくれました。

も少しすると、もっと花盛りになるかも。

人に会うことなく・・・私達2人のプライベート登山道でした。

Dscf0028_3 Dscf0045

Dscf0053_1 Dscf0054_2 Dscf0055_2 Dscf0060 Dscf0061_1 Dscf0062_2 Dscf0065_1 Dscf0069 Dscf0070

予報では28日午後から雨。30日は晴れと言うことでしたが・・・・・。

予報通り?瓶が森を下りテン場に向かう尾根を下る頃から雨。

30日はかんかん照りの夏日でした。

Dscf0073_3 Dscf0077 Dscf0081 Dscf0112_1 Dscf0119 Dscf0191

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »