« 千枚小屋は、お花畑の真ん中。 | トップページ | 山の帰り道 »

2006年8月18日 (金)

象さんの足

_169 足を沢の流れの中に浸してみた。

気持ちいい。

すんだ水に、

冷たい水に癒される。

2週間前から右足が何だか腫れている。

踝が埋もれるくらいに腫れて、象さんの足のよう。

テニスで踏み込んでズキンと来ることはある。

長丁場、不安だから足首のサポーターを増やした。

もしもの、テーピングも稽古して行った。

下りは、どんなに楽しくなって来ても跳ねない、走らない。

左足を着地側にする時は、思いっきり飛ばない。

そーっと、そーっと歩く。

気を使いながら、歩いたら、無事行ってこれました。

無くなった足首は、いただけませんが痛みはない。

サポーターは優れものです。

いい加減、整形外科へ行った方がいいのかな。

しかし、レントゲン、マイクロトロン?、湿布・・・・そして、足首の安静・・・酷使の禁止。

そんなところでしょうか。

痛いと、庇って、すきな事を制限するか、

それでも、不安抱えて無茶するか、

何だか痛いのは、気のせい気のせいと言い聞かせる。

大事にするから、山に行きながら、良くなってくださいね。

象足さん。

|

« 千枚小屋は、お花畑の真ん中。 | トップページ | 山の帰り道 »

コメント

無理せずに、過ぎない程度に使ってください。
湿布くらいは毎日貼っておけば?
足首でも膝でも絶対安静にできないからなかなか治らない
のでしょうか。

リハビリメニューとか事細かく指示してくれるトレーナー
みたいな人がいればいのにね。
スポーツドクターってちょっと講習に行けば資格とれるので
それだけではあてにならないよ。

投稿: 柚ちゃん | 2006年8月18日 (金) 13:39

柚ちゃんへ     デナリ

ありがとう。
大事にします。
柚ちゃんも大事にしてね。

ありがとう。
スポーツドクターは、そうなのか。

投稿: 柚ちゃんへ | 2006年8月18日 (金) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千枚小屋は、お花畑の真ん中。 | トップページ | 山の帰り道 »