« 虫刺されすら薄れていく。 | トップページ | ふふふ、飲める日楽しみ。 »

2006年9月20日 (水)

大天井ヒュッテ

Img_4010 Img_4012 Img_4013 Img_4014 Img_4015

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑大天井ヒュッテ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食5時からでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事前、「台風でキャンセルが続いているのに、この雨の中、ようこそおいでくださいました。」そう、挨拶ありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一塊、8人のテーブルが4箇所。

一つの塊は、まるまる空いているし、私の隣も空席だった。

23人のお客さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビでは、台風の渦巻きの雲の付いた天気図。

北鎌中止を表明するパーティーがあった。

私達は、保留でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日以降は、今日より悪くなる。

日を重ねる毎に最悪になる・・・・・誰もがそう判断していました。

小屋は、空いていたせいか、寝るところも広く、個室状態でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋から、20分Img_4020 で、貧乏沢入口Img_4021

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_4028 ここへ、午前3時起き、4時位に来ていれば、行っていたでしょうか?

恐らく真っ暗な中、4時では、ずっと、雨が降っていて、

誰一人、それから何時間後に、ガスが切れて来るとは予測立たなかったでしょう。

こんな景色を見ることもなく、やはり中止が確定して

ランプをつけ周りの景色も見えぬまま下山していたのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風のスピードが遅くなる事は・・・・・判断してくれていました。

しかし、ここまで影響ないとは。

しつこいようだが、台風の根性悪。

あきらめるも何も、選択の余地が無い位、荒れてくれれば良かったのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題の私が、もっと、強気で本当に信頼に値する人であったなら、

「たとえ、雨の中でも、日没までに上りきって見せます」と言える自分であったなら、

どこからでも、軌道修正することも、可能であったでしょう。

14時間。暴風雨。雨の中ビバーク。寒い。・・・・・・嫌だな。

そんな弱気な私がそこにはいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

分かっているよ。

無事故無違反?が何よりだって事。

|

« 虫刺されすら薄れていく。 | トップページ | ふふふ、飲める日楽しみ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虫刺されすら薄れていく。 | トップページ | ふふふ、飲める日楽しみ。 »