« メガネは素敵 | トップページ | ヒヨドリの襲来と電線のケンケン »

2006年10月14日 (土)

腹痛で這ってでも登校させる母。

Img_4259 わー!!!

今週、外食に加えて、ワンホール・ケーキの1/4を食べ尽くした私。

それらしい運動を、なーんにもしなかったからな。

テニス休み・山も久しく行っていない・・・・で、体脂肪上がる。

体重は、下ったままだが、このままでは上がるのは、時間の問題だ。

だーれも家に居ないから・・・仕事までの時間で家から見える近い山に行って来よう。

見てろよー私の体脂肪。

///////////////////////////////////////////

軽い山のいでたちで、出発の用意をしましたが、

な、なんと、三年寝太郎が帰ってきた。

昨夜からお腹が痛いといって、今朝起きてきた。

それっぽっちで、休ませる我が家ではないのを知っているので、

泣きごとを言わず朝早く、弁当を持ち学校に行った。

やはり辛かったらしく、痛みの為電車には乗れなかったらしい。

最寄り駅で我慢して治まれば登校するつもりで耐えていたらしいが

ダメだと判断してから、自分で学校へ連絡して帰ってきたようだ。

寝太郎よ、あんたは偉い。

迎えに来てくれと電話せず自転車で戻ってきた。

部屋で寝ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山は、おあずけ。

山ズボンを脱いで元に戻す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原因は分かっている。

様子をみよう。

薬は飲んだが効かない様だ。

山に行ってもいいんだろうが、将来「母は、腹痛の自分を置いて山に行ってしまった。」

そんな風に言われそうだから、何もする事が無いんだが家にいるとしよう。

弁当のサンドイッチは私が食べ、うどんでも作ってやるとするか。

多分、昼には落ち着くでしょうが。

くー!!体脂肪体脂肪。

仕方が無い、水曜日に期待をかけよう。

|

« メガネは素敵 | トップページ | ヒヨドリの襲来と電線のケンケン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メガネは素敵 | トップページ | ヒヨドリの襲来と電線のケンケン »