« 山での自己責任・・・我が家の場合 | トップページ | ひたすら眠りたい。 »

2006年10月 6日 (金)

今時の親

Img_4166 Img_4167

今どきのお母さん。

子供の高校生・中学生の文化祭・体育祭に・・・まめに登校する。

写真は、子供達の学校の文化祭・体育祭のパンフレットだ。

後ろには、車で来る父兄の為にお知らせが。

みんな車で乗りつける。

母さまは、とっても、楽しみにしているようだ。

話は変わるが、・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車で登校と言えば、

学校周辺の道は、雨でも降ろうものなら、子供を学校に送迎の車で、渋滞になり近所の人達は迷惑するという。

ですから、校門の前での乗り降りはダメだとか、この道を通って送って来ないでと、

お手紙が来る。

最寄り駅も同じだ。

雨ともなると、駅前は送迎車でひしめいている。

三年寝太郎といい、とっとこ太郎といい、親の送迎の恩恵にあずかったことは

ない。

で、羨ましい反面・・・・ちょっと批判的。

何たることか

軟弱者。

過保護。

それは、それは、・・・・羨ましい。送迎して欲しい。車いいな。

の、裏返し?

頑張れ!我が子。

負けるな!我が子。

|

« 山での自己責任・・・我が家の場合 | トップページ | ひたすら眠りたい。 »

コメント

足跡は残さずとも、毎日訪問させていただいています。
なぜか、デナリさんのページはあたたかくなります。

私も小学生の頃、雨が降りそうだから傘を持っていけといわれたのに持っていかず、雨が降ってきても決して母は傘を持って迎えにきてはくれませんでした。
仕事もしていないし、ひとりっこなのに・・・
忘れ物も絶対に届けてくれることもありませんでした。
自己責任を教えたかったのでしょうか?
冷たい母親だと思ったこともありますが、
おかげである意味、強い子(?)に育ちました。(笑)

投稿: JUDY | 2006年10月 6日 (金) 22:56

いい!とってもいい!
親というのはそんなに甘くないんだ!
理不尽で勝手なんだ!
子供のことばかり考えて生きてないぞ!
それが当たり前! デナリ家の子供たち すばらしい!!
そのまま大人になってね~!
え?
親にもなってないお前が何を言うって?
だって 姪っ子に対する姉の姿を見てるとこうもいいたくなるのよ なんていうのか 甘~い親なんだもの…
その分私がきびし~く躾けておりまする…

投稿: タロウの母 | 2006年10月 7日 (土) 10:33

JUDY様へ      デナリ

ありがとう。

足跡残してもらわなくても大歓迎です。
コメントもらって、その方の所お訪ねしたり
コメント交わしたりするの楽しいけれど
サラッと出来ない私には、ぼちぼちが丁度いい。
ですから、
「そうだ!一言書き込んでやろう。」
と、思ったときにいただいたら

・・・・・最高にうれしい。・・・・・・・


ココログのアクセス解析

忍者ツールズさんのアクセス解析

コレだけの人が
私の記事を読んでくれてるんだ。

この日この時間・・・
じっくりクリックして読んでくれた人がいるんだ・・・とか、
顔は、書き込んでくれた人だけしか、顔は見えないですが
何だか・・、側に感じる事が出来ます。

そんなに感じる事が楽しみです。

感じる・・・・私の五感を刺激する。

また、書きたくなる。

おかげで、自分の心の健康の為に、おおいに役立っています。

感謝!!!


親のありがたみ。
大人になって、
親元を離れて、
初めて気が付きました。

優しくされる事が
どんなに幸せな事か
飢えていればそれだけ、感じる事が出来るかも。

JUDYさま。
母さまに、忘れ物届けて欲しかった?
私は、・・・欲しいよ。
優しくされると、うれしい。
大事に思われてるんだな・・・と、感じてしまう。
わがままな生き物です。

母さまから、あふれる愛を感じてください。

私も心を鬼に?する事あります。
家庭それぞれ、育て方が違う・・・
だから、みんな違ってみんないい。
また、機会があれば母さまの事も、教えて下さいね。
JUDYの母さまの気持ちが知りたい。
とっても、よく分かるかもしれないから。

投稿: JUDY様へ | 2006年10月 7日 (土) 20:28

タロウの母様へ     デナリ


おばちゃま、
おいっこさんには、
実はメロメロなんではないですか?

メロメロは、それはそれでとっても幸せな事だと思うよ。

何がいいか分からない。
この頃感じる今日この頃。

人に優しくする。

優しいって、曖昧な事だもの。

でも、大事な事は、
側に居る誰かが本当に助けを求めている時に
見返りも何も期待せず力を注ぐ覚悟が有ればいいんじゃないかな。
どの親もそれさえあれば。

我が家は、
いつも注いでやれなくても、
感じてくれるんではないかと、プラス思考。

四六時中
注いでもらっているのは
とっても贅沢で幸せな事。

どれも、いいんだよね。
子供の幸せを願わない親は居ませんから。
子供の幸せを祈らない親は居ませんから。


投稿: タロウの母様へ | 2006年10月 7日 (土) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山での自己責任・・・我が家の場合 | トップページ | ひたすら眠りたい。 »