« アルゴリズム体操、大声で歌う | トップページ | ガールファイトを思う »

2007年1月19日 (金)

小論文と面接

_237 今日は、三年寝太郎は、

先生と面談があるとかで、

のんびり学校に出かけていった。

のんびりしてた昨日、

ゆっくり話ができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思い出した。

私は、共通一次試験・・・

当時はそう呼んでいた・・・を、

受ける必要が無かった。

入試は二段階で最終は小論文と面接だった。

小論文のテーマ

何だったかなあ・・・と、話をしていて・・・・。

脳死について・・・てと言うテーマがあった。

私の祖父が、肺気腫から脳死状態になり病院に搬送して、ちょっと遠方にいた叔母が到着するのを待って、昇圧剤を切ったら、眠るように死んで行ったことを思い出して     心の中を書いた。

面接で、「小論文は書けましたか?」と聞かれた。

「思ってることを書いてみました・・・」と答えると、

面接官の人が、「良くかけてると思います・・・・」そう言ってくれたのを覚えている。

合格した。

そんな話を三年寝太郎にした。

いつに無く真面目に聞いていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、別の学校で面接官に、「新聞は読みますか?」って聞かれた事もあったな。

もちろん、「ハイ。」と答えたら、

「印象に残っている記事は何ですか?」と聞かれた。

私は、考えた末、

最も印象に残っている記事は・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地面に大きな穴を掘ってあり

ブルドーザーで材木をゴロゴロ転がすような感じで

たくさんの死体を一度に埋めている写真が載ってあった。

それを見て、涙がぼろぼろこぼれてきた時の事を話した。

当時は、ベトナム戦争だったのでしょう。

新聞紙、半分位の大きな報道写真だったと思う。

紺と白のいでたちの面接官のシスターが、うんうん・・と、うなずいてくれていたのを覚えている。

もちろん、合格した。

そんな話を三年寝太郎と話をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どうして、この道を目指すのですか?」と聞かれたこともあった。

「助産師になりたいと思っている」と答えた。

すると、「なぜなりたいのですか?」と聞き返された。

「小さい子の世話がしたい」と答えた。

言葉足らずだった。

「小さい子の世話をしたいのなら、他の道もあるでしょう、」

「特に、この道を目指す意味があるのですか?」

と、聞かれた。

求められている事に、高校3年の未熟なデナリは答える事が出来なかった。

そんな話も三年寝太郎にした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても、その時の試験官の底意地の悪さを垣間見た事を

今でも覚えている。

万一その学校に行っていたとしても、その人の事、絶対に忘れない。

面接した方は忘れるだろうが、

される人の中に残ることを、覚えておいた方がいいよ・・・・ね。

だーさん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま。

センター試験には関係ないんだから

やるっきゃないさ!

昨年のセンター試験は相当やさしかったらしく。

その反動で、今年は厳しいものになるのが予想されているらしい。

どーなることでしょう。

いずれにしても、明日とあさって。

|

« アルゴリズム体操、大声で歌う | トップページ | ガールファイトを思う »

コメント

面接で思い出しました。
当時、公務員試験を受け、本命を含め何箇所か一次を合格し二次の面接でのこと。
「第一希望は○○県なんですよねぇ?うちと両方受かられたらどうします?」
「えー…どうしましょう。。。でも…○○県ですかねぇー?」って笑いながらお気楽に答えたら
面接官も「そうですよねー」

結果は… 合格したんだな、これが!
いかないって言ったのに。。。
私はこのとき 幼いながらも
思ってることをありのままに
言うのって大事なんだと思いました。
子供があれこれ頭で考えて言ったことなんて
百戦錬磨の面接官はお見通しだもんね。
つたない言葉でもいいから
自分の思いを伝えるってことが大事なんだよね。
あれれ…
それって今のほうがかなり下手かも~

投稿: いなほ | 2007年1月19日 (金) 21:37

いなほ様へ    デナリ

自分の思いを伝えるって
難しいよね。
ストレートに伝わるって事が難しいよね。

何か伝わらなくてももうイイやなーんてね。

投稿: いなほ様へ | 2007年1月19日 (金) 22:46

デナリ様

私が行きたかった短大・・・
小論文と面接さえあれば絶対に
受かっていた!などと
アノ頃ずっと思っていました。

でも、受からなかったのは
受からなくてよかった理由があったのだと
んーーー十年たった今、そう思えるのです。

今だったら、
何さ!入れてくれないの?
そんな学校、こっちから願い下げ!って
言えるのにネ。(笑)

投稿: JUDY | 2007年1月20日 (土) 09:22

JUDY様へ     デナリ

何事も何かの意味がある。
そうだよね。

歳を重ねるごとに
強くなっていく
いいのやら、悪いのやら
さっぱり分からないけれど。

凹まないようになってきますわ。
懲りないというか
進歩が無いと言うか
学びが無いといいましょうか
私。

投稿: JUDY様へ | 2007年1月20日 (土) 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルゴリズム体操、大声で歌う | トップページ | ガールファイトを思う »