« 年賀状 | トップページ | 雲のはしご »

2007年1月 1日 (月)

デナリ正面から写真に写る。

A_11 元旦のこの日

いかがお過ごしですか?

今年は暖冬と聞く。

冬の景色をご覧に入れましょう。

相当へっぴり腰のデナリ

耐風姿勢。

強い風が吹き

吹き飛ばされそうになると

ピッケルを突き立ててひどい風をやり過ごす。

これは、相当やらせですが・・・。

正面からご挨拶。

私がデナリでございます。

謹賀新年。

|

« 年賀状 | トップページ | 雲のはしご »

コメント

新年おめでとうございます。
昨年はいろいろありがとうございました。


「かふぇRAY」を開設したレイです。
驚かせてごめんなさい。
ココログを開く前から、Gooのブログ「風と空と花と」を開設していたのですが、つい言いそびれてしまいました。
同じハンドルネームにすればよかったと反省しています。
気まぐれで、レイ(好きな名前なんです)にしてしまいました。変身願望もあったのかもしれませんが、結局のところ変身不可能でした。そのままでしか書けませんでした。
どうぞ、お許しくださいね。

これに懲りずにお付き合いいただけると、とても嬉しいです。いつでも結構ですから、よかったら「風と空と花と」にも是非いらしてください。
これからは、ユウで伺わせていただきたいと思うのですが、いかがですか?どうかよろしくお願いいたします。

投稿: ユウ | 2007年1月 8日 (月) 20:23

デナリさんの登山姿、素敵ですね!
雪山登山だなんて、あこがれてしまいます。
すごいです!!

投稿: ユウ | 2007年1月 8日 (月) 20:29

ユウ様へ     デナリ

明けましておめでとうございマス。

ようこそ、山が好きなデナリへ。

レイ様であろうと、ユウ様であろうとも、
きっと分かると思います。

どっちでも、何でもいいです。
私にとっては、貴女は貴女です。

よろしく。
さっそく、伺います。

私の山は、人に憧れられる程のものでなく。
ただ、山に行くと何だか幸せになるのです。
山に何かがある訳でなく。
ただただ、行って登って下って帰ってくるだけなんですが。
ただ、それだけで幸せで。

人と人とのつながりも幸せなことですが
許されるならタダ1人でも行きたいくらいの幸せ度なんです。
決して無茶はしませんが。

すごくなんか無いですが
行ってきたら又見てね。

投稿: ユウ様へ | 2007年1月 8日 (月) 20:42

ユウ様へ   デナリ

伺ったよ。
しかし、駄目だ・・・しつこく数字を書き込んでいて
止めて帰ってきてしまった。
すみません。

投稿: ユウさまへ   デナリ | 2007年1月 8日 (月) 21:00

ただ、山に行くと何だか幸せになるのです。

その気持ち、少しは分かります。
私も登山の経験が少しはあるので…でも夏山ばかりです。
一時は、新田次郎の小説「単独行」を夢中で読んだことがあります。
かなりの経験がないと単独行は難しいのでしょうね。
冬山だと危険度がさらに増すでしょうし…。

デナリさん
あたたかいコメントありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
デナリさんがデナリさんだから、惹かれるのだと思います。
ユウさまはやめて下さいね。さんでお願いします。

いつでも気軽に遊びに来てください。
ひと言だけでも言葉を残していただけるとなお嬉しいけれど…。
無理強いはしません。
書きたい時に書いてくださいね。
お出でいただけるだけで幸せです。
デナリさんに出会えたことはとても嬉しいことなのです。

投稿: ユウ | 2007年1月 9日 (火) 00:38

「単独行」がタイトルではなく、「孤高の人」でした。 
失礼しました。
実在した、単独行の加藤文太郎と呼ばれた社会人登山家の生涯を描いた小説です。
デナリさんはご存知かのしれませんね。

投稿: ユウ | 2007年1月 9日 (火) 00:56

ユウさんへ     デナリ

そうだった。
様はやめておきます。
気のせいかなレイさまと感じ違う?

伺います。

「孤高の人」読んだ事あります。

投稿: ユウさんへ | 2007年1月 9日 (火) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 | トップページ | 雲のはしご »