« 木蓮の寂しさ | トップページ | それでも、ご飯は美味しい。 »

2007年3月12日 (月)

♪3月9日

Img_5930  ♪砂ぼこり運ぶ つむじ風
  洗濯物に 絡まりますが
  昼前の空の白い月は
  何だかきれいで 見とれました

  上手くはいかぬこともあるけれど
  天を仰げば それさえ小さくて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

涙がまだ出ました。

来年もこの曲を聴いて泣くと思います。

去年卒業と言えば・・「♪3月9日」だね・・・って書いたんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が「おたまちゃんの事が気になるから、どうせ通知が来るのなら、見に行かなくても待って居ればいい。」と言って、「合格発表見に行かなくてもいい。」と言っていた。

なのに、おたまちゃんの横で昼寝しているうちに三年寝太郎がぴーちゃんについって行ってもらって、夕方に合格発表を結局見に行ったらしかった。

三年寝太郎には、合格通知が土曜日に届いた。

おたまちゃんが居ない意外は何も変わった事がない日常です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おたまちゃんを横目に、とっとこ太郎と2人で夕飯を食べ始めた。

おたまちゃんが、鼻をくんくんした。

鯛カマボコを小さく切った。

水を鼻先に近付けても横を向いた。

かまぼこの小さいかけらを鼻先に持っていくと3切れ食べた。

嬉しかった。

しかし、4切れめを持って行くと向こうを向いてしまった。

諦めた。

しかし、ハムのかけらを持っていくと嫌がった。

食事した。

食後にだーさんのお土産のチーズケーキを食べた。

とっとこ太郎が、ケーキの欠片をおたまちゃんの鼻の前に置いた。

ペロッと食べた。

嬉しくなった。

だーさんと、三年寝太郎の分を取り分けて有ったので、少し削っておたまちゃんにあげた。

食べた。

うれしかった。

喜んでいたのも、束の間。

おたまちゃんは、すくっと立ち上がった。

怖かった。

暴れだすのかと思った。

首輪もリードも外したから、どうなるかとビックリした。

しかし、すぐ力尽きて座りこんだ。

そしたら、目をむいた。

怖かった。

後ろに頭を反った。

口をいー!!ってして、手足をつっぱった。

そして、動かなくなった。

息は、していた。

とっとこ太郎が、会合に出かけているだーさんと、友達と食事に行っている三年寝太郎に電話した。

「すぐ帰ってきて!お母さんが怖がってる」って。

目開いていた。

閉じてあげようと、まぶたを押さえたら余計びくびく動いた。

涙が出てきた。

わんわん泣いた。

たま。たま。と名を呼んだ。

とっとこも泣いていた。

ゆっくり動かなくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が帰って来た。

だーさんが帰って来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人に無性に腹が立った。

訳も無く腹がったってしょうがなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

風呂に入って寝た。

1時間もわんわん泣いていたから頭が痛くて、目が開いてられなかった。

泣きつかれて寝てしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泣きつかれて眠ってしまった。

|

« 木蓮の寂しさ | トップページ | それでも、ご飯は美味しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木蓮の寂しさ | トップページ | それでも、ご飯は美味しい。 »