« パッション・フルーツの香り | トップページ | アイツは、容赦ないんだ。 »

2007年3月20日 (火)

紅芋ケーキ

Img_5998 紅芋のケーキ

職場で貰ったんだ。

美味しそうでしょう。

体重減らすどころか、こんなものばかり欲しがるから、

どうしようもありません。

なんだか、寂しくて、おたまちゃんが、と言い訳するわけではありませんが

あの頃から、食べたくって、心がイガイガする時は、無性に食べている。

でも、美味しいから幸せな気分になる。

これって、何かの代償?

そろそろ、摂生しないとね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜は、あけもどろの役員会。

くー!!

急いで帰ってきたけれど、泣きたかったのに泣けなかった。

家に着いたら、すぐテレビの前に行った。

とっとこ太郎が、ゲームするのに占領してる。

「代わって。代わって。」と、連発するが、代わってくれるつもりは、毛頭無さそうです。

仕方が無いから、猛ダッシュで2階のだーさんの部屋のテレビを見に行く。

まーくんは、手紙を握り締めて泣いていた。

おかんは、すでに亡くなっていた。

訳分からず、泣くに泣けず、「東京タワー」を見逃した。

とっとこ太郎に、降りてって、「あんたのせいで、泣けやんかったよ」そう言ってやった。

「前にドラマで見てたから、いいやん。」と冷たい返事。

それに、だーさんの部屋のテレビは、イヤホーンで聞かないとダメだし。

彼の要塞のような部屋は、とんでもない所にテレビを置いてある。

首をありえない角度に回転させないと、イスに座ってテレビを見ることができない。

肩凝った。

首の筋を違えそうです。

|

« パッション・フルーツの香り | トップページ | アイツは、容赦ないんだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パッション・フルーツの香り | トップページ | アイツは、容赦ないんだ。 »