« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

ピンクの花が満開だ。

硬い硬い蕾だった。

ようやく、満開になった。Img_6197_2 Img_6545

左は、1か月くらい前の写真。

右は、2階から見た花。

月桂樹の木で見えないな・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

物の本質は、こんなものかもしれない。

たくさんの花。横から見たら、咲き競いすごい。

2階から撮ったら、どんなにかもっと綺麗かも知れないと撮っては見たがこんなもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表と

裏と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くー!!!

下へ行って、靴はいて撮りに行くほどの事も無いや・・・・。

「メンドクサイ。」

「どーでもいいや」と、この写真を載せて見る。

| | コメント (0)

Img_6309 Img_6348 Img_6354 Img_6355 苔むして

いい感じ。

水の少ないこの時期

乾いた岩を

すっ、すっと登る。

・・・・・・・・・・・・・・

モデルは、あけもどろ樟様・その前は槙様・その前は紫さん。勝手に載せてごめん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここは、霊仙山へのアプローチ。

苔は、少々カサカサ

・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃

私の祖父が、庭にミニ庭園を作るのに凝っていた。

岩場に苔むさせていた。

どぶのみぞっこのコンクリートに生えていた栄養満点の艶々な苔を剥がして

おじいちゃんにあげたら、喜んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今から思うと、本当にありがたいと思ってくれていたとは思えないが

デナリちゃんは、うれしかった。

山で苔を見ると、

「おじいちゃんに持って行ってあげよう・・・・」と

私の中のデナリ幼女が、私にささやく。

・・・・・・・・・・・・・・・・

おじいちゃんは、天国で元気だろうか。

| | コメント (8)

2007年4月29日 (日)

お香で家族を想う

Img_6536 Img_6525  土曜の朝は、お香から?

うん?????

仏壇?

今朝線香立てたっけ?

・・・・・・・・・・・・・・・・

これまた、だーさんが、この春職場を替わって行った職員さんからいただいてきた物だ。

聞くところによると、芦屋の何とかのお香だそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家の面々は、

私のする事や,いう事よりも、他所の人のいう事をありがたがり信じる傾向にある。

もし、私が買って来てきゃっきゃ・・・喜んでいて、

例えば

お香を焚いたとしても、こうはありがたがらないでしょう。

朝から焚いて・・・・コレはもう信仰のようです。やれやれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、癒されるわあ。

うんうん。

得意の妄想ではなく、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・瞑想。

| | コメント (2)

薬草の湯

Img_6446 Img_6447 霊仙山の帰り道。

JOYいぶき

伊吹薬草の里文化センター

薬草の湯に入ってきました.

こんな本を頂いて来たから・・・・そうだった、そうだったと、思い出した。

300円だよ。

超良心的…な湯だよ。

それがね、残念だったんだ。

下山したら、車に乗り込む前に、荷物を整理する。

もう要らないだろうとカメラを車に残して来た。

ここの正面玄関を入っていくと、なんと真正面に息吹が迫って来るんだよ。

カメラ持っていたら撮っているところだね。

撮っておきたかったよ。

一度行って見て見て!

| | コメント (0)

山ノ神を祀る

Img_6459 Img_6460 半作嶺へのアプローチ

林道歩きも

なかなかだね。

・・・・・・・・・・・・

山の神を祀っているんだと

教わった。

・・・・・・・・・・・・・・

山の神は、山の安全を祈るために、祀られているんだよ。

どっちかというと、山仕事の安全でありましょうが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山の安全。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休に、山に入る皆々様。

どうぞ、いい天気で

よき山行を!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山の神様にお祈りしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついでに、私たちの山行も無事で楽しいものでありますように・・・・。

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

あけもどろ写真館

Photo_62 Photo_63 あけもどろ・紀様からダイアモンドヘッドの写真を貰った。

ダイアモンドヘッドですと。

青い海。少々雲多くない?

来年は、職員旅行がハワイと聞く。

去年の職員旅行では、流されて北海道で普通の観光した。

よーし、今度は、きっとトレッキングするぞー!!

で、縦走するような山あるのかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・07312_015

07312_018

あけもどろ・経様に可愛い花の写真を

貰った。

何度も何度も、この花の名前聞いたんだがなあ・・・

忘れちまったあ・・・・・やれやれと言われてしまいそう。

何と言ったっけ?えーっとねえ。そのですねえ。頭を逆さに振ってもかけらも出てきそうにない。

くー!!!

| | コメント (0)

通勤の路肩

Img_6529 通勤の路肩には、

つつじ?

さつき?・・・・・の花が満開です。

白だったりピンクだったり、オレンジだったり。

その合間にケシの花?もいっぱい咲いている。

とりわけ、ど根性なのは、・・・。

何の花でしょう。

柔らかい葉と真ん中が空洞のジク・・・

いずれタンポポの様に綿毛が出来る小さな黄色い花。

| | コメント (2)

報告書を書く

Img_6539 山に行って、帰るとすること。

1.車から、ともかくスグに全ての荷物を降ろす。

2.靴をまず干す。

3.温泉セットから、脱いだ服を出して洗濯機にかける。

4.濡れたカッパは、ハンガーにかけて屋根のあるところに干しておく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでしたら、後は今日、出なくてもいい。

出さない方が散らからない。

山の次の日はたいてい日勤だから・・・・時間が無い。

次の山までまた、家でも職場でも、しっかり働く。

山来い!山来い!帰って来たしりから・・こい!来い!思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、記録になったら、サッサとタイムとかコメントとか費用の計算とかしてから寝る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PCに原紙があって、コピーして書き込んでいくが、

どうしたことか、ご機嫌悪い。

分かっています・・・使いこなせないだけなんですが・・・。

地図にオートシェイプで書き込めない。

いつもなら、こうして、ああしたら、鉛筆マークがでてくるんだけれどなあ・・・。

止めた。

無駄なあがきは、時間の無駄。

そんな時は、あけもどろの紫さんに助けを求める。

たまに、クロトのハゲ様にも要請する。

今回は、頼んでコースを書き込んで貰ってしまった。

ラッキー。

嫌だ嫌だよ・・・私ったら向上心が全く無い。

根本的に解決する気がない。

ま!いいか。

これから、計画書3つ作らないと駄目だし・・・・。

過去は振り返るまい??????  都合ー良すぎるかしら?

感謝!!

書き込んでもらった報告書が返って来た。

あれ・・・・空白がある・・・・。

誰か埋めてくれないかなあ・・・・。

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

今日の夕陽

Img_6553 Img_6555 Img_6554 今日の夕陽

いよいよ連休突入だね。

みんなは、お休みでしょう。

何処かへ行く。

私は、明日は仕事だよ。Img_6557

夜から山に行きます。

天気はどうだろう?

荷物詰めないと、食料買いに行かないと。

| | コメント (4)

マウスツーマウス。

Img_6546 Img_6547 いまどきの自動車学校の教習は

救命救急の研修があるが、

こんなものをいただいてきた。

ほーほー。

若者は、いいよねえ。

きちんと教わっているもの。

私位の年代は、受けてないと思うよ。

受ける機会も無かったし。

みんなみんな、マウスツーマウスに心マッサージおちゃん・おばちゃんは出来るかな??

| | コメント (0)

母が元気で留守

・・・・・・・・・・・・・・・綿向Img_6444 山に行った。

とっとこ太郎の友達が泊まりにきた。

幼い頃からの友達だったから、気心が知れている。

自分たちでカレーを作って食べるように言い渡して山に行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故だか、霊仙山に行った日も、とっとこ太郎の友達が来た。

今度は、中学校以来の友達が泊まりにくるという。

土曜と言うのにクラブが遅くまであり、一度帰宅して制服脱いでから来るという。

えーい。面倒だ。

カレーにしてやれ!

作って、先に食べて勝手に風呂に入って、そやつが来るのが遅かったし、

翌朝が4時半に家を出るから・・・8時に寝た。

いや9時だったかな?

だから、その子と会っていない。

だーさんは、隣の部屋でいたけど。

三年寝太郎がせっせと世話焼いた。

あのきょうだいは、妙だ。

仲が悪いようだが、すぐ力を合わせて助け合う。

互いの友達ともスグ仲良く馴染んでいたり、懐いていたり。

で私は、朝は朝で、寝ている間に家を出た。

私が、遅くに帰宅したら、お母さんがわざわざお礼に来てくれていたらしい。

その時間も母は、留守。

「この家の母は、どないなってんだろう・・・・」と、かの家では、噂されているかもしれない。

「山行ったから・・・て、ちゃんと言っといてよ!!」

しつこく、とっとこ太郎に申し渡した。

「ちゃんと、言っといたよ」と言って、つきはなされた。

我が家の合言葉・・・・。

母は元気で留守がいい・・・・ってか?

何もしない母も御礼に持って来てくれたお土産をいただいた。

| | コメント (0)

くるっと

Img_6548 くるっと、くるっと、毛が抜ける。

面白い。

大きい円を描いてこすっても駄目だよ。

小さい円でこするんだよ。

お手入れお手入れ。

私の腕は森のくまさん。

ちょっとやってみようかねえ。

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

もんじゃ焼きのテレビを見た時、私は。

おとといの夜、和田アキ子さんが特殊メイクして外国人男性に変装、その姿で浅草を歩いてショッピングした。

はなやしきで、メリーゴーランドに乗って、幼い頃にご両親と弟サンと遊園地に行ったことを思い出して涙した。

そして、もんじゃ焼きのお店に行った。

割烹着のもんじゃ焼きの店のおかあさんが、もんじゃのせんべいをアッコさんにすすめていた。

そして、ふーふーして食べるんだとすすめていた。

世話やいてもらい、アッコさんがまたおかあさんにお好み焼きを焼いてもらった時の事思い出して泣けてきた。

アッコさんが泣いていたので、もらい泣きしても良さそうなものだったが・・・・

その時のデナリは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「このおばちゃんだ!!!!」

「私達に、お好み焼きを愚弄したおばちゃんだ!!!」

「お化粧して、よそ行きの割烹着着てるし・・・・、アポ無しのようだけど実は違うなあ!!」

「お好み焼きなんかと比べるな!!!!って、アッコさんに言ってみな!!」

とか・・・・・・・、つのる思いを、ッブツブツ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうなんです。

私の昨年初め頃に書いた記事を読んでくれたことある人はいるでしょうか?

あの女将さんだった。

忘れもしない。

あの人だった。

また、お店に写真を飾るんだろうか?

| | コメント (0)

三年寝太郎テレビに映る?

Photo_64 いつも、写真を山で写しながら言うんですが・・・・

「いったいコレ何を撮りたかったのかなあ・・・と思う写真がチョコチョコある」

言うような写真がある。

この写真もそれだ。

マドンナの家に、忘れ物をして行ったジェリーくんに届け物があった。

安受けあいして、「届けてあげる」と、言ったもののTELしたら、あっさり「届けなくてもいいよ。デナリが食べといて。」と言われた。

えー!!!

それは困るよ・・・・

留守なのわかっていたが無理やり家に届けに行った。

その帰り道、信号待ちで遠くの白い花を撮ったものだ・・・この写真。

・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*: ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ

話は変わるが、

三年寝太郎の親睦合宿も兼ねたへき地地域研修は、今日で終わりの予定。

今夜かえって来る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎のグループに地元のテレビ局が取材に付くらしい。

で、情熱大陸みたいな想像して・・・聞いてみた。

何分テレビに映るの?

いつテレビに流れるの?

先に。

5分。

だそうだ・・・・・・。

ミーハーな母は・・・・・・・。

で:なーんだ!!!

やはり、愚かな母であった。

| | コメント (4)

朝の太陽

Img_6283 Img_6284

おはよう。

・・・・・・・・・・・・・

霊仙山の朝

・・・・

ひがのぼる。

雨でも、晴れでも。

・・・・・・・・・・・・・・

私も毎日変わらない。

今日も元気だ。

喉は相変わらず痛いが。

鼻汁をかみかみ、行ってきます。

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

今年の桜も終わったな。

Img_6418 Img_6419

/

/

/

/

/

/

鈴鹿・霊仙山

4月15日

10日前の桜。

山の帰り道。

桜の花を見ました。

もう、桜も終わりだね。

今年の花見は、どちらにお出かけでしたか?

Img_6420 Img_6421

| | コメント (2)

今夜は、癒されよう。

Img_6240 だーさんが、お風呂ソープセットを貰った。

可愛い。

花びらのように湯船に浮かべ、鮮やかに花びらが浮かぶようなお風呂を楽しむ。

うーん。今夜は、癒されよう。

うしろのこぶくろは、入浴剤。

使ったがあんまり記憶にない。

このかえるちゃん石鹸は何処で使おうか、迷っている。

このまま洗面所なんかにおいて置くと、きっとだーさんに髭剃りに使われちまう。

しかし、迷ってしまう。

Img_6541 オレンジの入浴剤だと思っていたら

お湯に入れると、溶け出した。

あれ???

ヌメヌメスル。

こすると泡立つ。

あれー!!!石鹸だったんだ。

マズイ・・・と思ったが、まあ。死にゃせんだろ・・・知らん振りしておくことにした。

花びらのようで可愛いがスグに無くなってしまったし、お湯全体が泡立つほどでもないし。

なんなのよ、これ。

・・・・・・

| | コメント (0)

おはよう。

Img_6454 おはよう。

さわやかな写真でなくてごめん。

川の向う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

田舎といえど、川の向うは、まあまあ家がある。

もっと激しい所もある。

こっちもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の朝から、三年寝太郎は、へき地の人口○○人という村に、なんとか交流とか言って2泊3日の学校行事に出かけて行った。

「チャラチャラした格好でなく、ちょっとは賢そうに見える服を着て行きなあよ!!」

と言っておいた・・・・が、母がチェックする間もなく、姿は消えていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奴も

近頃、母をかわす術をマスターしたようだ・・・・やれやれ。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

可愛いしるし

Img_6543 Img_6544 もう、何処がかわいいんや・・・・。

きっと、三年寝太郎が突っこみいれてくるに違いないが、

トイレのカレンダーに可愛い印を見つけた。

テニスボールの印。

便座に座りながら・・・・・デナリはツボにいった。

かわいいー!!!!

私がクラブのある日を理解してなくて、とっとこ太郎が玄関のインターフォンを押して私が開ける時、

で:「遅い。何してたん。」

と:「クラブ」

で:「・・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・

仕方がない。

覚える気がないんだから。

すみませんねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・

あきれた、とっとこ太郎は、印をつけたんでしょう。

うんうん。

かわいい。

| | コメント (2)

最高標高一等三角点

118 114 115

最高標高一等三角点  赤石岳

写真を探してみた。

一等三角点が写っていないか・・・・・・。

集合写真の奥の足元にそれらしいのが一つ。

しかし、残念ながら写していません。

だって、三角点なんか何処にもココにもあるから、注意していなかったんだもん。

しかし、確かに赤石の山頂で三角点を写していた人を知っている。

「この人、三角点を写してるよ・・・」って、その時思ったもの。

今度会ったら聞いてみよう。

| | コメント (2)

紀南・三ツ森山の木

Img_6472 おはよう。

・・・・・・・・・・・

紀南

三ツ森山

大きな木。

風。

雨。

陽。

雪。

そして、この地は台風の通り道。

台風に耐えていい味出していますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も一日、健やかに♡

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

三角点

Img_6458 Img_6468 Img_6473

四等三角点

三ツ森山を過ぎて途中にありました。

Img_6482_1 Img_6486 三等三角点

半作嶺の途中にありました。

三角点は、頂上にあるとは限らないし、よく分からないんです。

一等から四等まであります。

昔のものは、石であったりするし。

国土地理院発行の2万5千分の一の地図には、お世話になっている。

三角点と三角点と三角点で計測するんですよね。

山頂とは、関係ないんですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんさー:

見晴らしいい山頂に三角点がある。

でも、三角点は、山頂をしめすしるしではありません。

地図をつくるために、地図上の場所の正確な位置を測量するために三角点が必要なのです。

高さを決めるのは、水準点です。

三角点の高さは、この水準点をもとにして、きめられている。

日本中に969点?ある一等三角点は、いちばん精密に位置が測られていて地図づくりの土台になる。

一等三角点をもとにして、二等三角点がつくられ、一等二等の三角点を利用して、三等三角点というぐあいに、こまかく測量されるんだって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日行った半作嶺一帯は、測量すんだ所だったようだ。

無数のピンクのテープが張られ、踏査しやすいように登山道を刈り込み、テープを貼り、

測量する人を迎え入れる準備をしてあるのでしょう。

いのししと。

人と。

GPSでちょちょちょいと、出来ちゃうんだと思っていました。

今でも伊能忠敬の世界だね。

・・・・・・・・・・・・

日本最高標高の三角点は富士山じゃないんだよ。

もちろん人のうけうりなんだけれど。

・・・・・・・・・・・・・

最高標高の一等三角点「赤石岳」長野県下伊那郡大鹿村

          北緯 35度 27分 29秒

          東経 138度 9分 38秒

          標高 3120m

最低標高の一等三角点「大詫間」佐賀県佐賀郡川副町

         北緯 33度 10分 16秒

         東経 130度 20分 29秒

         標高 2.28m

三角点の素材は、現地で調達したことにより同じものでないし、測量技術者の遊び心からか、中には変わったものもあるそうです。

嫌だあ。

ますます、山がマニアックなものになっていく。

鉄塔をじーっと凝視しているだけでも、変わった奴だと周りの人に思われてるでしょうに、

遂に、三角点を写真を撮り倒しそうです。

おいおい!デナリ、鉄塔や三角点の写真より山の技術を磨いておくれ!!!

おいおい!デナリ、み んなと一緒にさっさと歩いておくれ!

あんまり、マニアックなことばかりしていたら、あけもどろ登山隊からドロップアウトしてしまいそうですね。とほほほ・・・・。

でもね。

でもね。

人生は、知らないことばかり。

だから、

面白いことばかり・・・毎日毎日いとおかし。

| | コメント (2)

発掘が進む。

Img_6530 Img_6531 Img_6532

雨がふる。

・・・・

ますます、深く

ますます、広く

発掘が進み、どうなるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、休みなので発掘していたら見に行こうと思っていたんだけれど

あいにく雨です。

こんな日は、決まってやっていない。

残念。

| | コメント (0)

朝日が湖面に反射する。

Img_6110

朝日が光る。

湖面に反射する。

//////

おはよう。

今日も一日がんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

こうもりの巣とほーほけきょ

Img_6295

あれは、こうもりの巣だって。

霊仙山のこうもりの巣。

大普賢にもあるって菜様が言っていましたが本当に,こうもりがぶら下がっているのでしょうかねえ。

昔、手に落ちてきた感触は、柔らかい黒いハンドタオルだった。

映像でよく見る画像は、胸の前で腕?をクロスと言うか折りたたんで逆さに天井につかまった姿でしょうか。

のぞいてみたいと思ったが止めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下りの笹原では、ほーほけきょと・・・鳴いていました。

のどかなものだねと思っていましたが、あまりに鳴く。

木がないので、笹の中であっちもこっちも鳴いている。

あれは、警戒して、「変な奴らが歩いてるよ」と鳴いているんだとさ。

すまないね。

ほーほけきょ。

| | コメント (0)

お地蔵さまのよだれかけをぺろっとめくると。

Img_6456_1 あら・・・・お地蔵さんの足元に

見ざる・・・聞かざる・・・言わざる・・・・。

写真でわかるかなあ。

そんな細かい所・・・・普通だったら気が付きません。

ここは、和歌山県田辺市・・・・下川上・・・かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あけもどろの椰ス様は、いろんな事を教えてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お地蔵様のよだれかけ・・・なんて言うのかしらねえ。

そのよだれかけをぺろりとめくると3体の猿がいた。

| | コメント (0)

熊出没注意

Img_6286 霊仙山にも熊出るんだね。

看板見たのは今回のコースでは、此処だけだったけれど。

結構下だったよ。 

いやーん。

また、カテゴリー増やしてしまったよ。くー!!

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

コーヒー飲んでる場合じゃない

Img_6349

髪の毛は

ますます短くなり。

カットの予約を入れた。

前日に

10時に押さえてあった。

オーナーのお母様が

高齢で

お亡くなりになる様な事が

ありましたら、営業中止になると言う・・・それでもいいですかと聞かれた。

OKと答えた。

さて、お休みの朝。

爽やかな朝。

洗濯物を干して、コーヒーを飲む。

爽やかだが・・・・何か肝心なことを忘れてないかい?

はて?

あ!!!カットに行くのすっかり忘れてた。

慌ててお詫びのTELする。

平謝り。

いいですよ・・・と担当の人。

いいですよ・・・そりゃ言うわなあ・・・・・。

コーヒー飲んでる場合じゃないですよ・・・・・。

くー!!!

やはり前日ですら忘れてしまう。

ヤレヤレすぎるよ自分が怖い。

| | コメント (0)

ヒトリシズカ

Img_6300_1 ヒトリシズカ。

可愛いね。

艶々の葉っぱが引き立ててくれるね。

いかん、花の名前も覚えられない私が

続けて花の写真をアップしてしまった。

くー!!!

| | コメント (4)

ハシリドコロ

Img_6324_1 柚ちゃんからのコメントを紹介します。

Img_6325_1

外側が紫で内側が黄色。

おいしそうな?葉っぱの花は

”ハシリドコロ”といいます。

葉っぱは猛毒らしいです。

| | コメント (6)

幸せなひととき

Img_6503_2

青い空

青い空

白い雲

2時にもなっていないが

下山してしまった。

・・・・・・・・

デポした車を取りに歩く。

心の中で・・・鳴っていた音楽は・・・・

・・・・・・・・・・・・・

ユーミンの♪飛行機雲

・・・・・・・・・・・・・・・

全然飛行機雲じゃないけれど。

Img_6505_1

空にあこがれて、

空を駆けてゆく。

3人は、さっそうと、並んで歩いた。

私は、後ろを付いて歩いた。

長いアスファルトも道も苦にならなかった。

・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2007年4月20日 (金)

工事が進んでいない。

Img_6281 近所の工事が始まった。

そう言って書いては見たが・・・・

どうやら、工事じゃないようだ。

嘘!!

って言うくらいの人が何かうごめいている時が有るが、他の時は全く誰も居ない。

その人びとはつるはしやシャベルすら持っていないもん。

こうしてブルーシートがかけられているだけだ。

横には一つ運動会の時のようなテントが建てられていて訳わかんない。

何か出たな。

前に聞いたことがある。

土器とか何か出たら調査済むまで工事できないそうだが、それか?

古墳も近くにあったもんなあ。

今年の12月オープンじゃなかったっけ?

| | コメント (2)

過大な期待と報告書

Img_6487 Img_6488 Img_6489 Img_6490

/

/

/

紀南・田辺・三ツ森山の頂上の

Img_6491 Img_6492 Img_6493 Img_6494

展望。

天気が良くって

良かった。

私は、すぐ期待してしまう。

キツケレバきつい程、「行ったーあ!!」と喜ぶ。

急登大好き。

藪漕ぎ大好き。

迷うほどの複雑な地形大好き。

過大な期待をしすぎた。

うんうん唸らせるほどのキツサも無く・・・。

藪漕ぐことも少なくサクサク登る。

ワクワクして根性すえて2万5千の地図を買って頭に入れていった。

描いたマンマの山だったどー!!

くー!!

私のワクワク度の期待はMAXだった。

それが、いけなかった。

ショネ入れすぎた。

記録を進んで買って出た。

書けない・・・どうしょう。

Img_6495

| | コメント (3)

乙女の寝顔・半作嶺を歩いてきたよ。

Img_6512 ただいま。

今日は

熊野・三ツ森山~半作嶺

行って来ました。

あけもどろ

平日山行・メンバー

CL:経様

  クロトのハゲ様

そして、ひさかたぶりの椰ス様(少々無理やりのネーミングではありますが)

Img_6519 別名

乙女の寝顔

乙女の鼻で弁当を

食べてきたぞ。

下山後

ビューポイントに車で行き

写真を撮った。

・・・・・・

乙女の胸は少々アンダーバスト。

顔はおもなが鼻は高い。

| | コメント (4)

2007年4月19日 (木)

霊仙山の花続き

Img_6323 Img_6324 Img_6325 Img_6326 Img_6342 Img_6343 Img_6405 Img_6406 Img_6408 Img_6414 霊仙山の花続き

・・・・・・・・・・・

可愛いよ。

何なのかなあ。

山竜胆。

菫。

| | コメント (2)

とうせんぼの鉄塔

Img_6434 霊仙山の帰り道

向かいのお山は伊吹山。

伊吹山のふもとの

薬草の湯

に、入ってきた。

300円でいい湯でした。

Img_6429

今日の鉄塔は、とうせんぼしているみたいでしょ。

ぶどう狩りの看板がどうしてもさけられなくて、写っちゃいましたが地域らしさがあっていいかもね。

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

たらの芽

Img_6439 たらの芽をもらった。

山に行ってる間に調理して食べておいてくれたらよかったんだが・・

いそいで食べた。

あんまり良くたらの芽らしさがわからない。

たらの芽って、どんな味?

調理方法を誤ったかな?

| | コメント (4)

2007年4月17日 (火)

みんなは大丈夫だっただろうか?

Img_6442 Img_6443 お見苦しいものをご覧に入れています。

山から帰った。

薬草の湯に入ったし、

帰りのサービスエリアで、ご飯も食べた。

帰宅して間もなく眠った。

2時だった。

ぼりぼり掻いた。

掻いた為の痛みと猛烈な痒みで目が覚めた。

痒くって眠れず、ぐだぐだ寝てるの好きじゃない。

眠れなかったら、儲かったと思って

起きて動くことにした。

仕事に行くまでの5時間半有意義に過ごした。

そして、そんな早起きのお陰で昨夜は、帰宅して夕飯食べ風呂に入ったら、

又スグネタ。

今朝も又2時になったら、痒みでぼりぼり掻いたら、あまりの痛さで目が覚めた。

そして、こうして今朝も起きている。

霊仙山当日は、5時集合だったから前夜早く寝た。

目が2時に覚めた。

ですから、15・16・17と連日2時起きで生活しています。はい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シオカラ虫?

それにしちゃ早い?

みんなは、なんともないだろうか?

3箇所赤く腫れている。

| | コメント (2)

自転車を担いで霊仙山に登る人

Img_6389 Img_6390

///////////////////////////////

山に荷物を持って私達はぞろぞろと登る。

そして、下る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あけもどろの紫さんもブログに感心して書いていたお兄さん達。

ほんにやるなー。

写真を見ての通りです。

すごいでしょ。

山の上まで担いで登る。

頂上まで担いで登る。

絵になってますよ。カッコいいですよ。

お兄さんブログなんか見ないかなあ・・・・・・。

| | コメント (2)

滋賀県・霊仙山・谷山谷コース

Img_6282 滋賀県多賀町霊仙山に登ってきた。

入山の登山道は谷山谷を登る。

丹生川の橋を渡り奥の駐車場まで車は入るが

車を止めて歩き出す。

一台は下山する林道の途中にデポする。

Img_6285 登山口には桜の木がキレイに咲いていた。

広い駐車場があった。

私のブログでは、コースタイムも書かないし、コースガイドにもならないし、

真面目に報告しないし、ホントいつもテキトーなのよね。Img_6288

だらだらっと、順番に書いてみようか。

急になるから此処から先は来るまで行かないでね・・

って、書いてあったよ。

ちょっとくらい歩こうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6290 屏風岩。

屏風岩ってあるよねチョコチョコ。

桜の花がまだちょっぴり咲いていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6291 丸岩

ピンがうってあった。

ここで、誰かトレーニングするんだね。

記念に写真を撮ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6292 河原は伏流で石灰岩の白い岩がゴロゴロ。

歩きにくいったら・・・・。

沢登りのアプローチのよう。

撮りたい所まで離れていくのを待つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6293 丁寧に看板を整備してくれてある。

西出商店様ありがとうございマス。

で、帰り道きっとお店を見るぞと思っていたのに忘れてた。

・・・・・・・・・・・

Img_6297

Img_6296 一の谷出合。

・・

・・

Img_6306 Img_6307

二の谷出合

こんな写真撮ってるから

置いてってくれる。

ホントは、みんな心の中で私の事を叱ってる?

・・・

Img_6315 Img_6316

廊下岩

水が無いからローカを歩けました。

・・

・・・

Img_6317_1 Img_6318 くぐり岩.

私たちもくぐりましたよ。

・・

・・・

Img_6319 Img_6320 三の谷出合。

見ていて読んでいて嫌になってきたでしょ。

書いてる私もたってきた。

たってきた・・・って解る?

・・

Img_6321 Img_6322

たってきたって、飽きて嫌になってくることかな。

しかし、

書くのを辞められません、此処まで来たら。

尾根に出るまでは・・・。

・・・

Img_6327 Img_6331 漆ヶ滝

Img_6330 Img_6329

//

//

//

//

・・・・・・・・・・・・・・・・

漆ヶ滝の上部はS字グネグネ・・・・・。

Img_6335 Img_6336

雪の時はちょっと怖いね。

この高巻き

このトラバース。

・・・・

・・・

Img_6337 木の橋を渡る。Img_6338_1 Img_6339

Img_6340

・・・

Img_6346 谷とお別れして

尾根に向って登りはじめる。

・・・

・・・

Img_6352 Img_6351

Img_6353 ・・

・・

・・・

Img_6356 今日はコレで終わり。

私はマメじゃないから大変疲れました。

ヤレヤレ。

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

京都・清滝のトンネル

Img_6159 トンネル苦手な私ですが、

調子に乗って

撮ってみました。

表に信号があって

一方通行なんです。

歩道の区別もないし。

歩行者も歩くようだ。

トンネルの上に山越えの道もあるようだ。

オレンジのライトが何とも優艶。

| | コメント (0)

花がいっぱい

北霊仙山Img_6299(経塚山)へ Img_6287 Img_6300谷を忠実に登っていく登山道は、花がいっぱいでした。

谷山谷 Img_6301

こらから

もっと

咲き始めるでしょう。 Img_6302 Img_6303 Img_6304 Img_6305 Img_6308 Img_6310 Img_6311 Img_6312 Img_6314

| | コメント (2)

鈴鹿北端、霊仙山に行って来ました。

Img_6386 おはようございます。

昨日、鈴鹿北端、霊仙山行って来ました。

あけもどろ7人で歩いてきました。

  頂上で昼食を食べてましたが、地震があったのですね。

山頂では、たくさんの人が四方の登山道から登って来ていましたが気が付いた人がいたでしょうか。

おそらくゆれていたのでしょうが私たちは全く気が付きませんでした。

この地震で被災された方に、お見舞い申し上げます。

Img_6381 Img_6382 Img_6383 Img_6384

| | コメント (2)

2007年4月15日 (日)

高速道路からの夕陽

Img_6178 Img_6160 Img_6161 Img_6170 Img_6171

これは、山の帰り道の高速道路の夕陽だよ。

こんなに早くに帰路に着くことは無いんだが、家族で行った、何と言ってもちょちょちょいのハイキングだったから下山が早かった。

京都で豆腐懐石でも食べようかと誘ったが、彼らは車の中でマグロのように横たわり

バクスイした。

Img_6187 Img_6188_1

Img_6189 Img_6190

Img_6178_1 Img_6180 Img_6181

  だーさんは、家でゆっくり食べようと車を走らせた。

もうすぐ家だ夕陽が綺麗。

| | コメント (0)

あら・・・我が家のようじゃないの。

Img_6082 四羽仲良く泳いでいた。

あれ、まあ、

我が家のようじゃないの。

でも、何でまた、3:1なんでしょう。

やれやれ。

そっくり、うりうり。

そないに、ひっついて泳がなくても良さそうなものを・・・・・・。

| | コメント (2)

琵琶湖のヨット

Img_6077 Img_6066 びわ湖のヨット。

春の日に。

ひねもすのたり、

のたりかな。Img_6111

昼のヨットと

朝のヨットと。

そうそう、三年寝太郎のクラブ探し・・・・

ヨット部もボート部も有ると聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、山の上から琵琶湖が見えるでしょうか。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

わらじか草履、それとも下駄?

Img_6072 そろそろ、ぺディキュアしようか・・・・・・。

それとも、このまま放っておこうか・・・・・。

サンダル履こうか、まだ早いか。

下半身を冷やすのは、いかがなものでしょう?

靴も衣替えか?

ちなみに、車で行き帰り、駐車場から更衣室に直行。

そんな私がオシャレをしても、出会いがあるじゃなし・・・・。

いっそ、健康の為にわらじとか草履とか下駄で通勤してやろうか・・・・・。

くつばこの私の下駄などを見つけた日には、職場の面々は、大騒ぎ・・・

とまでは行かなくても・・・・きっと、コレ何?と物議をかもすでしょうね・・・・。

止めた!

変な想像するの・・・・。

| | コメント (0)

暖かくなったね。

Img_6276 暖かくなったね。

コタツをかたずけた。

買って来た夏座布団・・・いや、敷物。

まだ、床にコレじゃ寒々しい?

え??まだ出していたの・・・と、あきれられてる?

それとも、もう片付けたの・・・と、思われてる?

暖かい季節に向けて衣替え。

連休明けから、とっとこ太郎は、夏服OKだったっつけ?

テキトーな母・・・・・。

ま。なるようになるでしょう。

風鈴も出しそうな勢いです。

長くて風にそよぐものも、大好きです。

Img_6280 ちなみに、今夜は、だーさんは、○ペケ△会の役員会とか何とか。

三年寝太郎は、軽音部の新入勧誘会で、またまた夕飯要らないと言う。

おまえは、いったい何部に入るんじゃい!!!

来る日も来る日も・・・・。

とっとこ太郎の友達も遊びに来て泊まりに来るという。

やれやれ、私も明日は山に行くぞ・・・・。

みんなバラバラ。

これでいいのか?

まあ、大人の家族ってな者は、こんなものなんだろうか?

母は、ちっと寂しかろう・・・・・。(←何故か他人事のよう・・・・・。)

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

卒業式の花束は赤赤赤の花。

Img_6033_1 だーさんが、謝恩会で花束を貰ってくる。

今年は、驚いた。

赤、赤、赤。

注文する花屋さんのセンスなのか、買って来てくれるプロの人のセンスなのか。

驚いたー!!

インパクト強い。

年によったらミモザの大きな枝だったり。

年によったらスイートピーだったり。

花もそれぞれ。

NO1にならないくてもいい、もともと特別なオンリー1

| | コメント (0)

三井寺のお団子

Img_6191 Img_6192

美味しいよ。

旅のお土産は、抹茶きな粉の御餅だった。

美味しかったよ。

柔らかくて、甘くて・・・。

だんごやの団子も美味しかったが、コレは同じ感じでした。

三年寝太郎がお世話になった方々にも配った。

おいしいものはお早めに・・・・。

| | コメント (0)

中国語

どの授業を取ろうかと、プリントを前にして考えている三年寝太郎。

毎日、クラブ主催で新入生勧誘のお食事会に参加するから夕飯は要らないとメールが来る。                                                  Img_6259 昨夜は、水泳部主催でたこ焼きパーティだった。

気楽なもんだね。

今日からようやく勉強だそうだ。

中国語は、いかがと言っている。

理由は、私が先日、真珠さんから発音を教わったからだ。

まるで日本語だなあと、思われていたに違いない。

区別がつかないのよ。

dとt・・・そうそうと言ってもらえなくて・・・・・・。

聴講生行けないかなあ・・・・などと言うと・・・・駄目だと先に言われてしまった。

分かってるわよ。

昨夜の出来事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弁当作るとするか・・・・・。それでも私が1番先に家を出る。

| | コメント (2)

2007年4月12日 (木)

折りたたみ自転車が届いた

Img_6266_3我が家に折り畳み自転車が届いた。

ポイントが溜まり

何かに変えないと駄目だと言う。

選択肢が

あまり無い。

それで、これだそうだ。

夜勤に行く前に届いた。

重いので玄関に置いてもらった。

朝帰って来たら、組み立てられていた。

家の中心に鎮座していた。

2台になった。

丁度いい。

山のアプローチに使えるね・・・・と言ったら、新しいから無くなる。ですと・・・。

ほんと、しみったれてるんだから・・・・。

ケチスギル。

使わなくてどうする。

ロックチェーン何本もかけておけばいいでしょう。

世の中信用できないんだから・・・・・。

無くなったらなくなったで仕方が無い。

そんなに思うんだけれど・・・。

自転車なんか、盗む人いると思う?

| | コメント (6)

工事中

Img_6228 Img_6229

川の鉄橋が

立て替えられている。

一年近くかかっただろうか。

地震に強い橋脚に

変えたらしい。

ようやく、作り変えて。

橋がビクともしなかったら、心強いよね。

川にかかる橋がも一本開通する。

車線が増えて対面じゃなくなる。

いつも朝は、この橋を渡るところで、車線が減少するから渋滞するよ。

何とかなるだろうか。

私は、その橋を渡らないからいいけどね。

そして、我が家の近くの工事が、まだ始まらない。

理由がわかった。

何でブルドーザー来ないのかなあ。

そのかわり、おそろしくおおぜいの人が何かをしている。

テントを立てて、ブルーシートひいて。

理由がわかった。

何かがでてくるのだろう。

発掘してるな。

あれって、調査終わらないと駄目なんだよね。

工事再開出来ないんだよね。

どうなるんだろうね。

| | コメント (0)

よかったね。安心した。

Img_6042_2 /

/

/

/

/

/

/

/

/

いやだよー。

他所にコメント書いていた。

電話が鳴った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎の幼なじみの女の子。

失恋がきっかけで、脱毛が始まった。

ゆっくり時間をかけてひどくなった。

夏の最中にママさんから相談聞いた。

新学期が憂鬱がっているそうだ。

新学期が始まる前に、ウイックを作ることをすすめた。

さっそく、いいのを作った。

今の技術が進んでいるんだね。

違和感無いもので自然。

大きな病院の皮膚科にかかっていた。

しかし、どんどん脱毛がすすんでいった。

私が、心療内科か、婦人科的なホルモン異常かそんな関係を受診してみた方がいいのかもと言った。

さっそく、優しい婦人科の先生ところを受診した。

話を聞いてくれたとママは喜んだ。

そして、大学病院を受診した。

今もフォロー受けている。

体中の毛が抜けた。

一つ段階が進んだ治療が効を奏したのか、毛が伸びてきた。

そして、進学した。

元気に学校に行っていると喜びの報告とお礼の電話だった。

よかったね。

よかったね。

ママよくがんばったね。

よく、辛抱したね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話切った。

昼食べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント欄つけっぱなしで画面が消えていたから、気が付かなかった。

あちゃー。

ごめんなさい。居座ってしまって。

書かずに逃げ帰った。

あちらでの記録は、どうなっているのでしょうね。

万一、本日11時台に長ーいアクセスがあったら犯人は私です。

くー!!

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

白い小さな花

ぼんやりボケボケの写真ですが琵琶湖ののんびりの一日が現れているようです。Img_6048_1 Img_6046

旅の途中は

のんびり過ごした。

穏やかでそれは、

ほのぼので。

白い小さな花は私の心をくすぐります。

いつも言いますが

白い花が好きです。 

| | コメント (0)

モーニング・アフター・ピル

知ってる。

モーニング・アフター・ピルって知ってる?

いやーあ。

何故、この話書こうと思ったか・・・・・。

赤ちゃんポストの関係でつらつら思う。

ポストに預ける親は、その子を望んで産んだが育てられなかったのだろうか?

ここで、その是非を語るつもりも無い。

ただ、産まれるまでに避ける方法もあるんだがなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

避妊を知ってるかい?

男の人にも、女の人にも言いたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中絶も職場に来るよ。

来るよ。

未婚も既婚も、未産者も既産者も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知っている?

ピル飲んで、避妊に気をつけている人もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供がたくさんいてもう出産を望まない人は、卵管を結札する人もいるよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モーニング・アフター・ピルを知っている?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妊娠する可能性が出た。

さて、どうする?

神様、どうぞ妊娠していませんように・・・・

神様・・・にお願いして生理が来るのをドキドキしながら待つ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな時は、モーニング・アフター・ピルって言う方法があるよ。

お祈りしても妊娠はする。

アフターピルは、緊急時避妊の確立は、100パーセントではない。

だから、妊娠してしまうこともあるけれど、

75パーセントくらいは、効果があり妊娠の可能性を下げてくれる。

夜勤してたら、職場に相談のTELがかかってくる事がある。

「そちらの病院では処方してくれますか?」って・・・・。

濃度の高いピルをスグに飲むんです。

何時間後にももう1回。

性交後できるだけはやい時期に薬を飲む方が効果があるそうだ。

72時間以内に飲む。

どうしようもない時の非常時の手段。

レイプされたとか、同意の上でも失敗してしまったとか、

ともかく女性は自分の身を守る術を学ばねば。

普段の避妊には、この方法は使えないよ。

病院で処方してもらうよ。

副作用がある。

濃度の濃い薬だから、吐き気が強かったり色々体が反応する。

それに、万一、既に先に妊娠してたらその赤ちゃんに悪い影響(奇形)が起こるよ。

Img_6145

モーニング・アフター・ピル

いつか、市販で手に入るようになるらしいが・・・・・。

中絶も、コレもお金がいるから、経済的に負担かかるってことだ。

お金が惜しいから、産んだ後、ポストにお願いする方が安くつく?

お産を必死で迎える人もいる。

反対に人知れず家で産んでしまうことも出来る人も居る。

神様は平等じゃない。

大人にも。

子供にも。

生まれてくる胎児にも。

| | コメント (4)

琵琶湖の朝日

Img_6100 Img_6101 琵琶湖に

Img_6102_1

朝日が昇った。

日の出の時間に起きようと思ったのに寝過ごしたのは書いたでしょうか。

障子を開けたら眩しい朝日。

なのにだーれも起きやしない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝たら朝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自慢じゃないが、いつものことだが、寝つきがいいし寝起きがいい。

これは、財産だね。

ジャージ着て寝たら、すぐにでも走り出せそうだよ。

地震から日が経ちましたね。

地震は、近いうちに立て続けて起きるという。

今度は、どこかでおきませんように。

| | コメント (2)

2007年4月10日 (火)

入学式のぞいて見た。

Img_6269 Img_6272 入学式。

講堂のどん帳が

地元をあまりにも

意識したものだったから

写真を撮ってみた。

山脈と太陽と海と橋。

親なんか行かないのかと思ったが

送って行ったついでに、のぞいて見た。

結構いっぱい来ていた。

修士課程の人や、博士課程の人もいたり、編入の人もいたりなんかして

学部の新入生ばかりじゃないんだね。

海外の人もいたし・・・。

地域地域という言葉が出る度に、隣の席のお母さんがため息ついていました。

他府県からの入学の方で・・・「それがどうした。」と言いたかったのでしょう。

はぐくみ育てる。

まったりした風土を上手く表現したらそうなるんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さーて、毎日タダでクラブの勧誘の食事会が次々あるそうだ。

入りたいのは、テニス部か、スキー部らしい。

やれやれ・・・。

バイトも面接受けてきて、行き始めたようだ。

勉強してくださいね・・・・母より。

| | コメント (0)

「掌中の珠」が切れた。

髪を切りに行った。

「家庭画報」を手に取った。

「掌中の珠」特集で方々がコメント書いておられた。

瀬戸内寂聴さんの手記。

「掌中の珠」

寂聴さんの掌中の珠は、清僧からいただいた素敵なものでした。

新しいものを用意して贈って下さったそうだが、あえてその方が使ってられるものをおねだりしたと書いていた。

おねだり・・・・可愛い言葉だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、おねだり出来ない人間だ。

可愛くないと思う。

ひっくりこけても、私に手を差し出すのを、ためらわせてしまうそんな奴なんです。

おねだりなんか・・・ガラじゃない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は、掌中の珠に戻るが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その写真を見た時、

私の頭の中に浮かんだものは、

結婚して間もない頃に和子母から貰った数珠だった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の掌中の珠。

本当に掌中の珠だと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は数珠を持たずに結婚した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紀三井寺にお参りしたから、買ってきたと言ってくれた。

いただいた・・・と表現するべきでしょうが。

Photo_59 真珠の数珠だった。

貰った頃は、真っ白だった。

白いところが好きだった。

真珠とは知らなかった。

長い年月の間に、独特の色の変化が・・・珠は真珠だと私に教えてくれた。

数珠が気持ちいいから、珠の一つ一つをつまむ癖がある。

お通夜やお葬式の待ち時間に無言でそんな事に集中してしまう。

和子母のお葬式だったと思うが、いつものようにしていたら、ポロンポロンと珠がこぼれた。

真珠が切れた。

お参りの最中でなく、畳の控え室であったので、失くす事もなかった。

Photo_60 友達がインドのお土産にくれた袋がこれまた気に入って数珠とセットで持ち歩いているからそれに入れたので、よかった。

後日仏具屋さんに持って行った。

私、仏具屋さん行くの好きです。

いい匂いするし、ホッとする。

可愛いローソクが売っていたり、様々な香りの線香。

仏壇の素敵なこと。

灰の入れ物から、おっぱん入れとか、

数珠もぴんからキリまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

修理に出した。

房の色もリメイクで、選べた。

一つ買えるほどの手間賃と材料費。

でも、とても満たされた気持ちになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の掌中の珠 を思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が死んだら、

お棺に一緒に入れて欲しい物は、

この数珠かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掌中の珠

| | コメント (0)

虐待を減らすという

Img_6010_1 母乳保育は虐待を減らすという。

母乳保育をしない母は、虐待するっと言っているのでは有りません。

最初に断わっておきます。

しかし、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虐待する母親の母乳率は10パーセント以下で、ほとんどがミルクだそうです。

プロラクチンという母乳のホルモンは、お母さんの大脳を刺激して愛情を高めます。

精神的にも健康の面でも母乳に比べミルクが良いと言う事はありません。

こんな風に、母親学級でも話されています。

親と共に暮らせないで養護施設に入所しているお子達の中には、

親から虐待されて、その親から引き離される為に入所しているお子もいると聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母乳が何でもかんでも絶対で・・・といっているんではない。

盲目的に母乳を信仰しているわけでもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一才を前にしたとっとこ太郎があんまり泣き続ける。

右のおっぱいを吸わせて、まだ泣く。

左のおっぱいを吸わせおわってもまだ泣く。

添い寝して吸わせていたが泣き続けるから、胸の上に乗せてカンガルーした。

それでも、泣き続けた。

苛立ったとっとこ太郎は、私のおっぱいを咬んだ。

ようやく生えた前下の2本の・・ホンカンさんのような歯がたまらなく痛かった。

無性に腹が立った。

抱いていたとっとこ太郎を、冬のドンスの掛け布団の私のひざの上に放り投げた。

「知らない」と言って布団をかぶってふて寝した。

だーさんがとっとこ太郎を抱きあげて何も言わず部屋を出て行った。

私は、眠かった。

三年寝太郎とそのまま、眠り込んだ。

その後、だーさんととっとこ太郎がどーなったか何にも知らないし、

今でも、とっとこ太郎を放り投げた記憶は残っているが、そのことをだーさんと話した事も無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後にも先にも、とっとこ太郎に手をやいたことも無い。

無理言って困らせたことも無いほんとに、しやすい奴だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虐待を想うとき、

私は

いつも

その夜中のとっとこ太郎を放り投げたその瞬間を思い出す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抱いて連れて行ってくれた人間が側にいる。

疲れた母に力を貸してくれる誰かが助けてくれる。

タダそれだけで、その出来事が何でもない日常のひとコマで終わる。

虐待の一歩目を誰かが救うことが出来たなら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かわいそうと言ってしまうのには、抵抗がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母乳の事も

母の気持ちも

周りの人間も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2007年4月 9日 (月)

わさびの葉とのれそれ

Img_6085 Img_6089 Img_6091 Img_6092 Img_6096 Img_6090 わさびの葉

上げ膳据え膳は、価値がある

この上なく極楽極楽。

外食は好きじゃない。

でも、これは違うよ。

嬉しくて初めはバチバチ写真撮っていた。

お部屋ではないけれど、お庭が見える個室だから家族水入らずで、気兼ねない。

カメラも写したい放題。

3人のやれやれ・・モードは慣れっこですし。

しかし、何かひと目をはばかって、パチリと撮る。

そんなストレスが私の楽しみだったのかもしれない。

撮りたいだけ撮れるのに、途中で飽きてきたらしく、まだまだお料理出たのに

写す気うせ、いつしか撮らずに食べ始めたらまた3人はあきれていた。

「もう、いいんかい?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮り飽きたら関心ごとは他に移った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この葉も食べられますか?」

聞いてみた。

黙って食べてみればよかった。

「たいていの方は、残されていますね。」

「何の葉ですか?」

「聞いてきます」

きっと思ってるな・・・へんなオバサンだって。

くー!!!

わさびの葉なんだって。

たけのこ焼いて食べささてくれた。

たけのこの焼いたのは、焼き芋の味がした。

「のれそれ」って知ってる?

食べたことある?

世の中知らないことばかり。

いとおかし。いとおかし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

のれそれ

アナゴの稚魚
東方ではノレソレ。
西方ではベラタと呼ばれ。
生のままショウガ醤油で。

淡い甘味と旨味、春の珍味。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

最後の便りを待っている

Img_6254 少し楽しみにしている。

今年も来るだろうか。

毎年、葉書が来る。

毎年、おたまちゃんと宛名がなっている。

今年も来るのを、何故だか待っている。

狂犬病の予防接種の案内状。

調べれば、

「我が家のおたまちゃんは、もういません。」

そう言ってTELする先も分かります。

でもしないで、来るのを待っている。

今年で、終わりにするから・・・葉書届けてね。

最後にするから・・・・・・。

Img_6252 Img_6253

ちゃんと

届け出するから。

| | コメント (0)

王様の耳はロバの耳

Img_6227_1 Img_6224_2

///////面白くて、お間抜けで、

ヒヤヒヤのドキドキの失敗した事ってある?

それは、それは、楽しすぎて。

どうしようもない失敗なんでしょうが。

そのことを面白おかしく書きたいところですが、止めときます。

「そんなに書きたいか? 」 ((笑´∀`))

コメントくださる皆様にそんなにあきれられそうですので、止めときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ならば、記事にするなって?

そうなんだけど、書きたくって仕方が無い。

裏山に穴を掘って、「王様の耳はロバの耳だ」・・・と、埋めたいデナリであった。

「あのね。あのね。・・・くっ!くっ!!く。

毎日泣いたり笑ったり大忙し。

| | コメント (0)

2007年4月 8日 (日)

土砂降りもおつなもの

Img_6047_3 雨が

降って当たり前だと

覚悟の旅でした。

土砂降りの

雨も

オツナモノと

楽しみにしていました。

・・

それだから、雲また雲でも

青い空が、ありがたかった。

Img_6045_2 白い花は、

琵琶湖のほとりに

可愛かった。

別に

なんてこと

無いんだけれど

大丈夫だよ

今日は

天気だと

迎えてくれて

ぼんびり、ほっこり、何をする訳でもなく。

先を急ぐわけでもなく。

| | コメント (8)

鉄塔が好きになったきっかけ。

Photo_52 旅の帰り道

高速道路から見上げた鉄塔は

夕陽を背に立っていました。

・・・・

子供たちは、眠り

だーさんは、黙って運転する。

私は、何かの歌を歌いながら

夕陽があんまりきれいだったから

Photo_53 写真を撮った。

どうして、鉄塔なのと聞かれる。

鉄塔は、好きなんです。

NHKでやっていたの。

夜の野原

鉄塔たちに生命が宿り

一本一本に個性があって

隣の鉄塔と話をする。

Photo_55 そして、電線でつながっているので

決して進みすぎることも

遅れすぎることも出来ないが

みんな左右に揺らしながら

進んでいく。

朝日が昇るまでのつかの間を

旅する。

日が昇るその時に元の位置に戻って何も無かった一日。

そのテレビ見た時、ジワーッと来たんです。

ちゃんと覚えてないんですが、それは、確か宮沢賢治のお話だったと思うんだけれども。

デナリちゃんは、「鉄塔」がお好き。

| | コメント (0)

デナリ110番する。

Img_6182 昨日朝、仕事が忙しかった。

一時間残業して帰って来た。

車でいつもの道を帰って来た。

堤防の道に出る交差点を曲がろうとしたら、側道をパジャマにベストにつっかけ履きで川の道に向って歩いている女性を見かけた。

パジャマじゃなくて、せめて外歩くときは可愛いジャージか、Tシャツとかを、真知母が年老いた時は着せてあげたいものだと・・・フッと思った。

あれ・・・待てよ・・・・小雨降ってる。

おかしい・・・・・・。

そうよね、パジャマ姿はおかしいよね。

車を路肩に止めた。

すたすた、私が渡ってきた橋の歩道に向っている。

ヤダ・・・認知症の人?

ヤダ・・・心身症の人?

ヤダ・・・死のうと思っていない?

怖くなった。

車を降りないと逆方向だし付いて行けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さもしいデナリは、真っ先に考えた。

駐車禁止違反で罰金はゴメンだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心:タダ散歩しているだけだよね・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心: んな訳ないだろう!!!

自分でつっこんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だいぶ離れた所に病院あるし、、老健施設も有るし、そこに連絡しようか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話番号知らないし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だーさんんは、福祉のエキスパートだ・・・。

そうだ!だーさんに、電話する。

家も携帯も、出ないときたもんだ。

「習い事に行ってるな・・・駄目だ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近くに駐在所が無いか考えた。

わからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ!!!

姿が見えなくなった。

思いのほか歩くの早い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕方が無い!!!

携帯から・・・・・110番した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

110番です。

どーしましたか?

男の人の声。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの、事故や事件じゃないんですが何処に届けたらいいのか分からなかったので

電話させてもらったのですが、お年寄りの方がパジャマ姿で道を歩いてられるので

気になって。

つっかけバキですし、雨が降っているのに傘も差してないし。

それに、川の堤防に上がって行かれてますので、危ないかなと思って・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在地を聞かれた。

橋の歩道を南に渡って行ったことを伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に聞いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どうしたらいいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰っていいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜勤明けで、精魂尽き果てて、パタンと倒れて意識なくなるくらいに眠かった。

出来ることなら、居眠り運転してしまう前に 家に帰り着きたかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こちらで、確認しますからどうぞ。」と言われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

帰れて、助かったと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前を聞かれた。

フルネーム答えたが、適当だった。

「私の名前を聞いときながら、どーでもいいんかい!」

独り言で、突っこみいれながら車を発車した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

車を運転していると電話が鳴った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「110番です。

先程の方を保護しました。

その方のパジャマは何色でしたか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心:覚えてないし・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベスト着ていたことと、髪はまっ黒で肩まで長い、黄色のツッカケ履いていたことを伝えた。

どうやらその人だったようだ。

「要らぬお世話で、もしその方にご迷惑かけたならお詫びしておいて下さい。」

とこちらから言った。

・・・・・・・・・・・・・・・

「それでいいんです。

通報することで警察が保護する。

帰り道方法も分からない人もおられますから。」と言ってくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どう見ても保護が必要な方だったでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、

そういう人だったのか、そうでない人なのかなんて私にとってはどちらでもいいことだと思った。

もしそうだったときは、後悔する。

万一川で死体が出たら、一生、目の裏にパジャマ姿の女の人が焼きついて離れない。

夢に出てきてうなされる。

そんな自分を救いたかっただけです。

自分が1番大事と思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰って携帯の着歴を見た。

市外局番に230と110になってる。

10:54

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発歴は、ただの110番。

10:40

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通話時間は何分だったのでしょうか。

3分くらい差し引いても10分ほどで行ってくれたんだ。

警察もやるじゃん!

見直した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっと、橋は渡りきってなかったと思うな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうぞ、ご無事で・・・・健やかに。

|

2007年4月 7日 (土)

デジャブー?

Img_6006 あれ。

これって、デジャブー?

私、この本読んだ事あるのか?

笹が開花するそれを予知してか鼠が異常繁殖する。

あれ、こんな映画観たのかな?

何でこのくだり・・・・知ってるんだろう。

前に借りて読んだの?

「滅びの笛」を読みはじめたとき、そんな風に感じた。

やっている映画はちょっと違うらしいが。

私のデジャブーは、よくある。

あれ、前に、こんな日過ごしたよね。

あれ、ここへ来たことあるよね、いつだったんだろう?

あれ、この人と前から知り合いだった?って思うほど、自然な感じがする人がいたりする。

あれ、この話、前にしたよね。

しばしば。

それを、デジャブーとは言わないんだと思うのですが・・・・私のでじゃぶう。

不思議な記憶。

| | コメント (0)

シャングリラの思い出

Img_6445 今年夏に、ユーミンシャングリラⅢが有ると聞きます。

テレビで宣伝してますね。

何年か前に、行ったなあと思い出します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛行服着たユーミンが空にこぶしを突き上げて、歌っていた姿が目の裏に焼きついています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーミンの歌をカラオケで歌う子は、ブサイクな子が多い・・・なんて、何かの雑誌で読んでから、何曲も歌わないようにしてたけど・・・素敵な曲が多いよね。

普段別に好きだった曲では無かったのに、シャングリラで、涙が流れた。

マドンナジェニーくんがとなりにいるから涙を拭かない。

頬を涙がつたう。

つたってもぬぐわない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしてどうして僕達は離れてしまったんだろう

あんなに愛してたのに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしてどうして僕達は出遭ってしまったんだろう

こわれるほど抱きしめた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪リフレインが叫んでいる

昔昔、逢いたくて逢いたくて仕方が無かったがなかなか逢えなくて別れた人じゃなくて

・・・・・・・・・・・・私の心に浮かんだのは、

・・・・・・・・・・・死んだ祖父だった。・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

| | コメント (2)

見事な不味い実

Photo_61 葉もなく

まっ赤な実の大きな木

見事です。

職場の駐車場に車を置く

低いブロック塀の境界の真際にこの木があるんです。

こんなに、まっ赤になる前は、どんな木だったっけ?

記憶にないんだな。

実がなるってことは、花が咲いていたってことなんですが、その記憶すらない。

はて?

これだけの花が咲いたら、さぞかし凄かったであろうに。

ところで、こんなにたくさん実がなっているんだったら、小鳥がきて啄ばんでも良さそうなものなのに、一羽も見られないということは、よっぽど不味い実なんでしょう。

美しいが不味い実か・・・・。

微妙なり・・・・・・。

| | コメント (2)

2007年4月 6日 (金)

又見てしまった。

Img_6194 昨夜は、あけもどろの集会であった。

こんなこと言っちゃ、怒られそうだが気がすすまなかった。

WHY?

・・・・・・・・・・・・

昨夜「1Lの涙」があったから。

みんなと雑談もせず、猛ダッシュで帰って来た。

どうしても、見たかったから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも、最終回は見逃す。

どんなに毎週見ていても、見てないドラマばかりです。

私は、ビデオを録画できない。

見たいのあるときは、誰かに撮っておいてと頼む。

半分ぐらい忘れられて見られない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、頼むの止めて早く帰って来ることにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビデオに撮ってくれていた。

なあーんだと、バッチリテレビ見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素直に何度見ても泣けるね。

見ないぞと思っても見てしまう。

・・・・・・・・・・・・・

どうして自分が・・・そう言う気持ち。

大なり小なりピンチの時に思うかもしれないね。

ピンチの時がチャンスの時。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

強く真っ直ぐ生きてる人を見たら・・・みんな、ピンチをチャンスにしてますもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

心に贅肉つけないで。

スレンダーな私♡

| | コメント (0)

可愛い小さいもの

Img_6239 可愛い小さいものに、意外と弱い。

荒削りで雑なしごとしか出来ないデナリでありますが

反対だからか、小さければ小さいほどソソラレル。

お土産に貰った。

可愛いね、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話があるから逢いたいと言ってくれたので、ひき散らかった家をそのままに

今日も夜勤入りにもかかわらず出かけて行く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰って来た時の3人の呆れ顔を想像しながら・・・・・・・

ちょっと、いって来まーす。

え???そんな事書いている間に、かたずけろって?

ごもっとも。

| | コメント (0)

夜も眠れないほど悩む。

昨夜は、朝2時間しか寝ていない。

夜勤だった訳でない。

悩んで眠れなかった。

黄泉の犬の表紙の写真。

死んだら死後硬直来るよね。

死んだ人の腕や足って持ったことある?

重いんよ。

野たれ死んで本当に犬がこんなにくわえて膝から下がこんなに上がるものだろうか?

考えていたんよ。

それで、眠れなかったの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウソ!!

ほんの冗談。

真っ赤な嘘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当は、夕食後久々に床で爆睡してしまった。

目が覚めた。

あ、あけもどろの会費の領収書を作らなくっちゃ・・・と

パソコンさわり始める。

夜中にグログを訪問した。

自分でもやれやれと思いながら・・・・・。

あ!!!お風呂に入るの忘れた。

3時半に風呂入る。

家族にしめしがつかないから、内緒だよー。

あ!!!6時半に三年寝太郎がバイトに行くと言う。

お弁当を作る。

あ!!!朝出勤する前にレンタルDVDを返却ポストに入れに行かないと駄目だ。

今日はプラゴミの日だ。

何が何でも出してから出勤せねば。

寝る時間が無い。

仕方が無いから、寝そびれた。

おバカなデナリであった。

くー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・Img_6257

そんなことするから、眠いのよ。

運転してたら眠い眠い。

しまいに、死ぬな。

野たれ死ぬ前に居眠り運転で堤防から車で転落事故死になるな。

ちゃんと寝よう。

若くないんだから・・・・・。

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

河原の桜

Img_6230_1 河原のこの木は、寒々しいなと思っていた。

この木に花が咲いたら春が来たんだなと思うことにする。

そんな風に感じていた。

桜の花が咲いた。

Img_6255_1

お花見していた。

桜の木の下に集う。

楽しく幸せな平和な光景。

この国にこの時代に生きてよかった。

Img_6256 三枚ともこの頃撮った。

それぞれ違う日に撮った。

同じ桜の木を撮った。

車の中から撮った。

ガラス越しに撮った。

桜の木の下に私も行きたいと思いながら。

遠目に見ながら仕事の行き来に急ぎながら。

大きな桜の木の下で、真っ青な空を見上げながら

健康で幸せだと思いながら

きっと写真を撮るだろうなと思いながら

今年も、まだ、行けていない。

すぐそこにあるのに、行けない桜の木。

今年も行けなさそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日寒いね。

コレを花冷えという。

寒いね。暖かくなったね。

そんなこんなを言いながら四季を感じて毎日を過ごす。

なんて豊かなんでしょう。

| | コメント (0)

黄泉の犬

Img_6258_1 TELがかかってきた。

予約していた本が届いた。

10日までに借りに来ること・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この手に取って見る。

写真を見て、予測はしていたがさすがに、吐き気がした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本を開いてみた。

前に読んだ人が、きっとタバコを吸っていたんでしょう。

一ページ一ページ開く毎にタバコの臭いがする。

好きではない。

・・・・・・・・・・・・・・・

ま。嫌なら自分で買えば済むこと。

自分に言い聞かせる。

側に置いておくには、読んで好きになってからにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃から、読んでイメージするだけでその本が気になって仕方が無い。

その本があるだけで、怖いオーラを感じてしまう。

幼い頃にそんなことがあったなあと、思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな昔を表紙を見た時ふっと思った。

思い出したことを、又の時に書いてみようか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「黄泉の犬」   藤原新也氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、読もう。

私は、犬に食われるほどに自由に成れるでしょうか。

| | コメント (2)

人間は犬に食われる?

Img_6226 Img_6225_1

・・

随分前に図書館に予約したのに、まだ電話かかってこないね。

人間は、犬に食われるほど自由だ。

「黄泉の犬」

・・・・野たれ死ぬに・・・憧れる、タロウの母様のコメントを読んでちょっと、読んで見たくなった。

私も、野たれ死ぬのか・・・いいかもしれない。

一ヶ月ほど前、そんな事を書いていた。

ちょっと、精神に変調を来たしていましたから・・・・・・こんなことを書いていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。ヾ(*´ω`*)ノ

近頃の私・・・どうかしている・・・・。

日曜日、山にもいけず、「本を借りてきて」とだーさんに言ったが、無視された。

されど、自分で借りに行くには、

「昨夜ドライヤーかけずに寝てしまったから、

河童の様なヘアースタイルになっているし、

頭も痛いし、

鼻もかみ続けているし、・・・・・・・・・・・・」

と言ってみたが・・・・

「河童の頭でも自分で図書館へは行ける」・・・と言い放って2階に上がってしまった。

くー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまらんつまらんと言ってマンゴープリンを食べた。

味が分からない。

香りも不明。

冷たいだけだ。

耳の下が痛い。

何を食べても何を飲んでも全く分からない。

自由でも面白くない。

仕事も嫌だ。

家事もしたくない。

別に食べたくないのに、食べればいくらでも食べられる。

眠いのに何度も苦しくて目が覚める。

寒気がするので、暖かいお風呂に入る。

暖かいのに、鳥肌が立つ・・いつもなら緩んで温まってくるのに、いつまでも寒気がする。

体調が最悪。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬に食われてしまいたいよ。

人間は、犬に食われるほど自由だ。

。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。ヾ(*´ω`*)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忘れられタカ、TELあったのに留守電にしてなかったか。

借りてきて読んだら、感想と共に本を写して記事にするつもりだったが

こまいぬで、犬つながりってことで、勘弁してやるか。

くー!!!

この記事書いたとたんに、TELかかってきた。

| | コメント (2)

2007年4月 4日 (水)

湖へ日帰りでも行けるけど

Img_6064_1 旅亭 紅葉 に泊まった。

比良の山に行く時は、帰りに通る。

琵琶湖へは、日帰りで楽に行ける。Img_6075_2

ワザワザ、泊まらなくてもいいのにねえと、そんな気がするけれど。

そんなら、地元の旅館使ってよと言われそうですが。

Img_6084_1 そこは、やっぱりちょっとね。

あんまり近いのもと、気分を変えた

お抹茶のサービスがあったのは、いいけれど。Img_6097_1

その係りの人が、はじめっから、終わりまで無言だった。

何か気に入らない事があったのか、怒っていたのか

Img_6088_1   低めのテーブルの上に茶碗とお干菓子を4人に出す時、

作法の知らない子供達もさすがに気が付くくらいに、

なーんにも、うるさいこと言わないだーさんが、「あんまりだなあ」

と、思ったくらいに。

ボンボンと、音を立てて置いて行った。

教育受けてないアルバイトのウェイトレスさんでも、そんな置き方しないよ・・・・と

喉まで出てきた。

それを除けば、満点でしたよ。

お世話になりました

浴衣は、鮮やかなのよ。

| | コメント (0)

月桂樹の蕾膨らんで

月桂樹の蕾が膨らんだ。 Img_6196_1

そして、見て見て花が咲いた。

Img_6250_2  Img_6251_2

近寄るとボケボケ。

| | コメント (8)

わが衣手は

Img_6087_2  秋の田の

かりほの庵のとまをあらみ

わが衣手は露にぬれつつ

・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、泊まった所で夕食の膳にそっと置かれていた。

天智天皇って・・・・・・中大兄皇子。

天武天皇(大海人皇子)と兄弟で

彼の奥さんの額田王のこと、好きなんだっけ?

事実かどうかは分からないけれど、昔々のLOVEストーリーだね。

「貴女にかかっちゃ、何でも何て俗っぽいの」と言う声が聞こえてきそうだ。

| | コメント (2)

2007年4月 3日 (火)

ハチミツとクローバーは、らしくない?

ハチミツとクローバー。

DVD見ました。

どうして、おばさんデナリが?

翔さまの隠れファン?

スピッツの曲が聞きたかったから?

違います。間違いです。

それは、言いません。

どこかで、この下の写真を見たことがある人は、ラッキーです。

ご想像にお任せします。

いい事ありますよ。

ふふふ。070331_00100001_1 万一、気付いた事があっても黙っていてね。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

透明なこんな感じいいよね。

透き通る生き方が好きだな。

好きだな。

こんな頃もあったんだよね私にも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の処理について、紫さん所に聞きに、行こうと思ったが忙しいんだって。

仕方が無い、三年とっとこにでも聞くとするか。

とっとこ太郎は、友達の家にお泊まりに行って今日帰ってくる。

機嫌が良かったら、奴に聞くとしよう。

駄目だったら、三年寝太郎に聞くしかないか・・・・・。

くー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が道を走ることがいよいよ出来るようになった。

いと危なげ・・・・・。

地元の皆様、若葉マークをご覧になったら、離れてはしってくださいまし♡

三年寝太郎のリクルート靴買いに一緒に行かないと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春アルプスに行くのは、又今度になりそうだ。

だーさんが、山に行くと言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さては、このブログでの攻撃を読んだな。

まあ、どっちでもいいか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃあ、アルプスは、5月末に行くとする。

自分で行くと決めたら、怖いもの無くなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行けないんじゃなくって行かなかっただけなんだと気が付いたら

面白くて仕方が無くなった。

合わせられないんなら合わさなくていいんだと思ったら

ますます行きたいところが湧いてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選択肢は一本じゃないんだ。

登りも下りも、いくらもあったんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よっしゃー!!!

がんがんかせぐぞー!!!

そして、どっかへ行くぞー!!

| | コメント (2)

黄砂が吹き飛んだ

Img_6249_3   昨日の黄砂が晴れた。

黄砂かったが、

今日はご覧の通りだ。

すがすがしい青空。

昨夜はすごい風が吹いたから。

西からの風が一掃しました。

雲はぼちぼち

山並みはいつも変わらず

ぼんやりまったり、ぬくぬくでのんびり。

ボケボケの私をますます、ボケボケにする。

また、しでかしたよ。

後日、懺悔します。

ほほほほ・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、妹の誕生日です。

おめでとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、オーストラリアへ留学するうっちゃが関空から出発する。

贈りに行こうかと聞いたら自分で行くと言う。

友達が送ってくれるんでしょう。

ご両親に送ってもらうんでしょう。

それ以上立ち入らなかった。

いよいよですね、頑張って!

一週間何も記事が更新されてなかったら、マジに心配して動きますから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日から、喉がイガイガして何か今喉を通したくても我慢して又体重落としますわ。

マスクして紫さん所へ写真を丁度いいようにする術を教えて貰いに行こうと思うの。

じゃ!!途中の桜を撮ってきます。

マスク、めがね、帽子。

行ってきます。

| | コメント (0)

関西に黄砂

Photo_56 朝から

喉に何かが絡む。

あ。

クラリチンが切れた。

貰いに行くの忘れてる。

まだ

スギ花粉飛んでいる?

私は、ヒノキには反応しない。

なのに、まだ・・ってことは何?

そんな風に思いながら、引き継ぎを済ませた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けで帰る。

車に乗って、川を渡っていると正面の山並みが見事にかすんで見えなかった。

黄砂だ。

中国からの贈り物。

私の体には、駄目なようだ。

咳が出ると思ったら、案の定。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、我が家から見た西の景色。

あんまり煙るから、写真撮って家に入った。

この空気吸いすぎると、頭が痛くなって来るんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_57 中国から

はるばる

飛んでくる。

そんなに思えば

ロマンなのにね。

私の体は、

嫌だ嫌だと言っている。

・・・・・・・・・・・・・

夜のニュースでやっていた。

ほらね、黄砂って言っていた。

明日まで続くらしいよ。

おーら、おーら、どっからでもかかって来い!!!

・・・・・・

頭が重い

・・・・

これだから、春は苦手だ。

くー!!!

| | コメント (8)

2007年4月 2日 (月)

お土産

Img_6024_1 そうそう、三年寝太郎のお土産は、チョコを挟んだお菓子だった。

一つ食べたが、その後の姿を見ていないし味わっていない。

記念に一枚撮ったがコレは最後の一枚になった。

誰が食べてしまったのかぁ。

おみやげ物やさんは、恐ろしく混雑していたと言う。

みんな、たくさん買っていたと言う。

春休みだもんね。

| | コメント (0)

大人の夫婦の思いやり?

Img_6197_1 つぼみがもうすぐ開きそう。

ジパングネタの続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜遅くに、だーさん「六甲おろし」の楽譜が欲しいと、買いに行くのについて行った。

私は「ジパング23・26・27・28」を買った。

結局、だーさんは、楽譜を見つけられなかったようだ。

書いたら怒られるであろうが、職場の送別会で何かするようだ。

「余興するのか?」と聞いているのに、無視しやがる。プン。

本屋さんから帰ったら部屋で

ギターで特訓していたが、一夜ずけで楽譜無しの為に、上手くいかないようであった。

要塞に、引きこもりギターの音が響いていた。

が、いつしか音色はウクレレになっていた。

あきらめたなあ・・・・・(人*´∀`)+゜:。*

うずうずしてくる。

茶化しに行きたかったが・・・機嫌が悪くなるの分かっているから

触らぬ神にたたり無しと・・・・無視した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どーでもいいや、知ったこっちゃないよ。

近頃こんな風に、自分を守るようになった。

あんな、へんこなオヤジは知らない。

確かに、ウクレレであろうが、ギターであろうが、知ったこっちゃ無い。

子離れのついでに、だーさん離れだ。

何かが変わった

CMにあるよね。

♪大人の夫婦の思いやり付かず離れず大人のリビング・・・・

| | コメント (0)

東へ西へ北へ?

Img_6221_2 Img_6223_2

桜並木

花は、白く美しい。

シャンとしていて美しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連休は、1人で長めに知らない山を歩いてきたいと思う。

何処へ行こうか。

楽しみになってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テント持って縦走したいかな。

むむむ・・・何処に行きたいのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北に行こうか、

西に行こうか、

東に行こうか、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オススメは?

・・・・・・・・・・・・・

本当は、

自分の中では、

アプローチも

コースも

日程も決めてるんだ。

・・・・・・・・・・・・・・

だーさんに、山へ行こうと誘ったが駄目だ。

彼は、若くして寝たきりになる先祖代々のDNAの歴史を

変えて生きる気は、無いようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛宕山歩きで、

もちろん、筋肉痛など無い。

だーさんが、とっとこ太郎に「足痛くないか?」と聞いていた。

へっ!!の一言だった。

三年寝太郎も、何とも無いようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分はまだ若いのにこのままで、いいのか?」と疑問を持たない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

又行くよ・・・・。

又するよ・・・。

私の働きかけに対して、

そう言うセリフを言いながら、

寝たきりになって、亡くなった義母の事を思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言っても仕方が無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・

神様は不公平なものなんだよ。

自分はひいきされていると思う?

神様に特別扱いされると思う?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠い将来が見えた。

きっと、この人は寝たきりになるなと思った。

その通りになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、あなたも。

・・・・・・・・・・・・・

間違いなく・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

私の持論。

今、できる事をしようと出来ないものは、

先でも、出来ないよ。

・・・・・・・・・・・・・・

少なくとも、そうありたいと望むことが大事だよ。

・・・・・・・・・・・・・・

回転寿司は、取らないと。

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

ジパング買う

Img_6198_1 「ジパング」は、知らないウチに

新刊が出ていて

また、かためて買ってきた。

今の世の中の自衛隊の

イージス護衛艦「みらい」が

第二次世界大戦のミッドウェイ海戦の真ん中にタイムスリップする。

そして、海に沈んでいく撃墜されたゼロ戦の中から1人の海軍将校を助け出す。

草加という海軍将校がその戦争の行く末と21世紀の日本のことを、その船中で知ってしまう。

長い長い話が続き・・・日本が今は、原子爆弾を開発し保有している。

戦艦大和に積み込み・・・・。

何処に向かっていくのか・・・・・・。

歴史が変わっていく。

だから、とっとこ太郎は、訳わかんないと言うのだろうが、目が離せない。

・・・・・・・・・・・・・・

もちろん、大人買いするんだが、本屋さんで、時に、何巻まで買ったか分からなくなって

ビニールでラッピングしてるからストーリーを確認する方法も無くって、ダブルのも嫌なんで、とばして買って来てしまう。

23巻も前後したけれど買ってきた。

デナリは、三年寝太郎とっとこ太郎

影響でこんなの読むのでしょうと思われるかもしれませんが、

三年寝太郎は、手にも取らない。

とっとこ太郎は、「ジパング」読んでは見たものの・・・「好みに合わない」と言うし、

「近頃訳分からない」という始末。

しかし、28巻出たといって、他の本の買い物をしたついでに買ってきてくれた。

26も27も買ってなかったんだ。

前は、本と名の付くものは、無条件でいとめなく買ってやっていた。

しかし、近頃、待てよと思っている。

買って読むのはいいけれど、それを売って現金を手に入れているようだ。

そのお金で本を又買うのなら、惜しくないんだが奴らは違う。

だめだ!!!ダメダメ。

          (明日に続く・・・・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

今年の桜が満開です。

Img_6220_1 Img_6222_1

今年の桜が満開です。

雨が降るって、聞いたから金曜日の出勤前に寄ってみた。

我が家は、神社の裏。

正面の鳥居は、ぐるりと回った南側。

子供達が小さい時は、毎春此処で写真を撮って成長を記録した。

おたまちゃんが、居た頃は、散歩の振りして写真取りに行ったっけ。

今年は、1人でカメラを向けた。

仕事に行くぞと、カメラのこっちの私が言った。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »