« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

ただいま・・・・。

Img_7043 ただいま。

ちょっと、南アルプスの山に行って来ました。

写真を見て書こうと思ったけれど

ちょっと胸が悪くなる。

ひとまず、無事下山しました。

熊は、嫌いです。

緊張の連続で吐き気がしてるだけです。

落ち着いたらおいおい整理して書きます。

私の妄想も多分に織り込んで・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金糞岳中津尾根

Img_7009 Img_7011 Img_7005 Img_7004

林道に二回出る。

下りに使った。

途中に駐車場あるし。

ココから歩く人も居るんだね。

堰堤ある。

沢沿いに歩く所もあったよ。

地図を時々見る。

コンパスも時々出す。

方向を時々確認しつつ・・・頭の中で地図を書く。

マア、いいんじゃない・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

浅井町の熊出没

Img_7024 熊は、人里に降りてくるのか、

私達が、熊の生活の場にお邪魔してしまうのか・・・・。

熊の看板は、ほとんど見かける。

浅井町の熊の看板。

熊の鈴買って来ようと思うの・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

鉄塔の真下を登山道通過する

Img_6955 Img_6956 Img_6954

鉄塔の真下を花房尾根登山道が通る。

この度登った湖北・金糞岳へは、

近江高山から入った。

滋賀県だって、ここは、だから

関西電力でした。

岐阜県に行ったら中部電力だよね。

鉄塔の下。

デナリは、鉄塔がお好き。

変な奴だと言わないで。

見たこと無い人は、鉄塔のカテゴリークリックして見て、何だか面白いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

金糞岳頂上吐き気する。

Img_6996 Img_6997 Img_6998 Img_6999 /

/

/

10:15 金糞岳頂上。

日陰が無い。

早い早い昼食を食べる。

暑くって、ちょっと、胸悪い。

「食べたくない」と言ったら、「流し込んどきなあ」と言われた。

仕方が無いから、鯖寿司を一つ食べてみた。

噛み砕こうとしたら、吐きそうになる。

仕方が無いから、野菜ジュースを飲んだ。

おすしが口の中で、バラバラになったので噛まずに飲み込んだ。

かろうじて、陽を避けていたら、元に戻った。

今日は調子が悪いのかしら・・辛くは無いが、暑くって仕方が無い。

そんなに思っていたら、下山後、最高気温が29度と聞いた。

納得して、安心した。

暑いのは、体調悪いのかなと、気になっていた。

暑かったね。

風の無い気温の高い日は、苦手だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頂上は雲が綺麗な青い空。虫が写ってしまった。

北の遥か向うに、特徴のある山が・・・あれは、何処?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

鼻がムズムズする

Img_7031 Img_7032 またまた黄砂が飛んできた。

黄砂の夕陽はぼんやりぼんやり。

ほら、鼻がムズムズする。

黄砂に私が反応する。

杉花粉並みの、痒みです。

黄砂対策はどうしようか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴボウ

Img_7012 金糞岳でごぼうの葉

種が飛んできたのかしら。

私が葉を見ても分かるはずもなく、聞いたままにゴボウと言っているが

本当かどうか、調べる意欲も無く・・・・・。

ゴボウは好きだ。

美味しいよね。

近頃タイムリーに職場でこんなものを買ってしまった。

FAXで職場でまとめて、買った。

いつも、調子に乗って何袋も頼んでしまう。

Img_7033 Img_7034 ゴボウ味のあられ。

本当にゴボウの味がする。

美味しいよ。

誰が食っちまうのか分からないが、一袋ぺろりと無くなった。

一度ご賞味あれ。

http://www.takasagoarare.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白倉・金糞・伊吹

Img_7025 降りて見上げる遥かな山は、あまりになだらかで。

高く険しくを求める人には、少々寂しい。

金糞岳山頂は、綺麗に刈り込まれてちょっとした広場になっていた。

それでも、遠くを見渡せません。

白倉岳からは、琵琶湖が見えた。

嘘・・・かすかに見えた気がする。

ガスッテた。

Img_6990 遥か向うに

伊吹山が見えた。

伊吹山を裏側から見る。

私が、裏とか表とか言うから

何処から見るのが表なのかと聞かれた。

私的には、関が原側からが、表でしょう・・。

ま、どっちでもいいけれど。

人は居ないと思ったが、平日でも

男の人とすれ違った。

男女の人ともすれ違った。

おそらく、皆、林道途中の登山道から登って来たに違いない。

林道途中の駐車場には、車が2台あった。

林道の途中には、車が1台あった。

私達は、延々尾根を下った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

白いシート

Img_7030_1 工事の為にこんなものが道沿いに。

はじめは、違和感があったが毎日見てる間に慣れてきた。

そして、白いシートが新鮮。

シートの向うでは、着々と行程が進んでいく。

ホコリがすごいだろうという事だ。

家の外まわりの写真を撮って保管してもらう、事になった。

私達の並びの4軒はそれだけの事前撮影ですが、

向かいの並びの7軒は、家の中も写真を撮るそうです。

工事のせいでひびや異常が起こったかソウでないかを証拠に残す為だそうです。

いちゃもんつけられない様に、証拠を残しておくという事でしょう。

こんなことも、あんなことも、初めての事ばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の下酒を飲む

Img_6951 平日登山隊。

今日も今日とてメンバーは、経様クロトのハゲ様です。

それがね、早朝出発より前夜発で行って、早く行動し始めて

早く下山する為に、テント泊で行った。

ワゴン車の中で寝ることも出来るといえば言えるのだがテントで熟睡した。

私は、新しいマイテント・・・・。

軽いから気に入っています。

到着後、お酒を少々飲んで語り合う。

それも外で月の下

楽しかったね。

山の話がいいね。

こんな山行きたいとか、

こんな風に山に行きたいとか、

次の平日登山隊は何処へ行こうか?

楽しいね。

美味しかったよ。

お酒お変わりしたかったけど、無くなってはいけないと遠慮した。

お酒って意外と美味しいんだね。

到着して真っ暗な中で、訳分からなかったが、明るくなって見てみたら、

広い所とはいえ、こんな道端に寝たんだね。

まあ、私は、いつでも、何処でもどれだけでも寝られるのが、自慢なんだけど。

あけもどろは、日祭日が山行日だから、なかなか私は行けないことも多くて、

2人のお陰です。

感謝!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけもどろ写真館・金糞岳・クロトのハゲ様

湖北・金糞岳に行って来ました。

下の写真は、あけもどろ・クロトのハゲさまがくれたもの。

ありがとうございました。

自分が写っているのは、ただただ、げー!!!っとくるよ。

近頃、平日登山隊に行く。

土日しか、あけもどろ登山隊の山行は、無い。

しかし、平日登山隊のお陰で山にいける。

楽しかったよ。

今日も今日とてメンバーは、経様とクロトのハゲ様でした。

おーっと、デナリまたまた登場です。

やれやれ。

20070524_006 20070524_009 20070524_003

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

薬草の湯

Img_7026 Img_7027 Img_7028 山の帰り道。

温泉に入る。

さっぱりしたいから

温泉に入ってから帰りたい。

霊山に行った時も行ったが、今回も寄ってくれた。

薬草の湯・・・独特の香りがする。

玄関は、伊吹山がまともに見え建物の一部に見える。

待ってもらって写真撮ってきた。

ごらんあれ。

すごいよ。屋根の下に伊吹山。

カラスの行水

私は、家風呂には入る時は、ぬるい湯に入る。

温泉の湯に入ると、肩までつかると5分も入っていられない。

息が苦しくなるから、スグ出る。

雪の頃に露天風呂に胸より下くらいまでつかってると、長時間はいってられる。

それ以外は、すぐに出る。

だから、早い。

周りの人は、気ぜわしいらしい。

私のせいじゃないよ。

気にせずゆっくりつかってください。

お風呂上りぼーっとするのが好きだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼちぼち、見に行きましょう。

Img_6949 パイレーツ・オブ・カリビアン

明日見ること出来ます。

Img_6950 しかし、行けません。

ま。ぼちぼち、見に行きましょう。

前売り券かいました。

7月7日のハリポも買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から心配

Img_6963 おはよう。

湖北・金糞岳の朝日

木の下でみる太陽は

何処の山でも区別無い。

撮る私が同じだから

写真も同じだなあ。

そりゃそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やだよう。

膝が痛い。

膝じゃない。

久しく忘れていた痛み。

膝を曲げ伸ばしすると痛いわけじゃないの。

帰って、布団に寝たが寝てるとき足を手前に引き寄せるとかすかに痛い。

イスに座って曲げてた足を延ばすと痛い。

登りで、痛くならない。

平地で痛くならない。

下りの左足での着地・・・それも、毎回ではないし、

何かが違うって感じの痛みで、毎回そうと言うわけじゃない。

いつもなら、気にしないで休めるだけなんだけど。

次に、荷物を持って長く歩きたい山が待ってるの

何か嫌だな。

シップ(そんなものだと思わないけど、)貼ってみた。

何も変わらない感じ。

歩いても痛いわけじゃない。

手で膝を押さえてる姿テレビで見るけど、そんなところじゃないのよね。

嫌だな。

行って大丈夫かなあ。

休める時間が要るのかなあ。

いやだわ・・・。

軌道修正した方がいいのかしら。

荷物を軽くした方がいいのかしら。

行動時間短くした方がイイのかしら。

ヤダワ・・・・時間が無いと言うのに・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

君の名は

Img_6946 出生証明書

きみきみが生まれる。

初めての書類。

まずは、名前が決まる。

出生証明書は、生まれた日から数えて14日以内に提出しなければなりません。

ようこそ、きみきみ。

素敵なきみきみの名前。

君の名は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖北・金糞岳

Img_6975 Img_6976 Img_6977 Img_6978 Img_6979                                      

・・・・・・・・・・・・・・・・・

花房尾根を登り、白倉岳~金糞岳、中津尾根を下った。

登山道登り口に車を置き6時出発、車に13時45分もどった。

気温が高く天気良すぎ・・・暑すぎ。

金糞と言えば、

私達は、比良・金糞峠が馴染み深い。

白倉岳と聞けば、

比良山系北部に位置する、白倉連峰の最高峰が馴染み深い。

しかし。

金糞岳とは・・・・・・

妙な名前ですが、これは古代タタラ製鉄のカナグソ(鉄のカス)を意味しているらしく、この地には古代製鉄を思わせる地名が多く残っています。また実際に、高時川沿いの古橋遺跡からは、我が国最古(6世紀)ともいわれるタタラ製鉄炉の跡も発見されました。琵琶湖周辺は弥生時代、出雲にも劣らないくらいの鉄の産地であったともいわれています。

ちょっと、下記より拝借しました。

http://www.kinki.maff.go.jp/introduction/seibi/jigyou/kohoku/trivia/nature01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金糞岳の帰り道

Img_7029 ただいま。

昨夜から、湖北・金糞岳に行って来ました。

帰りの車の中から見えた夕陽

今日は、とても良い天気でした。

暑くて暑くて、えらかったー!!!

疲れたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

それが問題だ。

Img_6940 失敗。失敗。

夕陽を部屋の中から撮りたかったのに

今まで取れたのに、

いけない・・・・・。

夕陽が撮れない。

どうしよう。

付けとくべきか・・・。

取っとくべきか・・・。

それが問題だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜から・・・テントを持って山に行きます。

うーわっほーい!

わっほーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クネクネの可愛い登山道

Img_6720_2  面白いの。

可愛いよね。

不思議だよね。

この辺は、やっぱり雨少ないのかなあ。

大台・大峰なんかの登山道では

V字に掘れ込んでいくし、割と真っ直ぐになる。

こんなクネクネ曲がって、

こんなに散歩道みたいな

程良い幅の登山道見たこと無いよ。

2人手をつないで歩いたりも出来そうな幅だよ・・・。

結構長いこと続くんだ。

あんまり可愛いから・・・・写真に撮りました。

四国・東山~西明石山までの間に見つけましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

がんばれカエル

Img_6941 軽く頭が痛い。

理由は分かっている。

朝からバベの木をスミチオンで消毒した。

午後になって、2回目の消毒下からだと思うの。

軽い化学薬品アレルギーかな。

水しっかり飲んで尿に排泄しよう。

のた打ち回る大きくなった毛虫をコレでもかと消毒液がかかる。

消毒液の雨を雨宿りするように、アマガエルがいた。

ツボカビを聞いてから、妙にいたわしい。

ケロケロ鳴き始めると、雨が降るんだなと分かる。

もっとも、家にいるときはその前に独特な風が吹き始めるから分かる。

家にいて雨が降る前に気が付かないことは、寝込んでいない限り無い。

別に、どーでもいいことだけど。

がんばれカエル。

ついでに、頭痛いけれど、そろそろ仕事に行く用意をしよう。

頭痛のデナリもがんばれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かすかに違う何だか違う。

Img_6939 あのね、あのね。

ユウさんのブログで見かけたから

真似して

アスパラ、なすび、トマトのパスタを作った。

何だか違う。

写真のせい?

盛付けのせい?

わずかに違う。

いや、相当違う。

なんかオシャレじゃない。

WHY??????

でもね、これでも美味しかったんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貧血予防に鳥のレバー串。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そうかなあ、微妙かなあ

Img_6923 誕生日のプレゼント。

ちなみに、ガラスに貼ったのは、私。

三年寝太郎ととっとこ太郎に・・・・・

「うーん。微妙・・・。」と言われた。

もちろん、貼り方が微妙なんだってことなんだが・・・・。

そう?ほんとに微妙?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

笹ヶ峰は笹だった

Img_6618 笹ヶ峰はやはり笹だった。

こんな笹の斜面を結構な時間、トラバースが続く。

冬は雪がついたらどうなるんだろう。

ちょっと怖い。

・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても、とっても気持ちがいい。

山はいい。

ここも悪くは無いけれど・・・居心地悪くないけれど・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

関係ないけど、いよいよ25日です。

楽しみで仕方が無い。

もうすぐ会えますね。

ふふふ・・・誰にって?

決まっています。

| | コメント (0)

山の向う・・いきとしいけるもの

Img_6608 生きとし生けるもの。

観音様は33の姿に変化するという。

人はなんて罪深い。

ニュースを聞いて悲しくなった。

仏そのものから人外の魑魅魍魎(化け物)まで、教えをうけるものに合わせて教えるレベルも変えるそうである。

仕事の最中に弾に当たって亡くなられた。

可愛いお子とママがのこされて。

拡大解釈すると泥棒や殺人者を含んだ全ての人、ゴキブリなどの害虫まで、いきとしいけるもの全てがありがたい教えを授けてくれる観音様の化身ともいえるのだと。

生きとし生けるもの

ありがたい言葉もおばかなデナリには、届かない。

許せない。

パパは、おウチに居て欲しい・・・そんな時期のお子から盗ってしまうなんて。

撃たれちゃえばいいのは、どっちなの。

いきとしいけるもの。

| | コメント (2)

私の勝負服

Img_6898 Img_6889 Img_6549 Img_6850 Img_6937_1

/

/

/

今年のニューバージョンの勝負服が支給された。

サウナのような暑い部屋で着るものだから、寒い部屋に出てきてからも

真冬でも半袖シャツを着る。

仕事で勝負、真剣モード。

よっしゃー!!

お産の神様。お守りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

枯れた花が咲いた。

Img_6537 枯れたと思った花が咲いた。

ういやつだ。

刈り込んでそれでもなお、水を上げた。

根は生きていたんだね。

ウイ奴、ウイ奴。

長くたのしめているなあ・・・この花。

| | コメント (0)

かばいい。

妹達が泊まった。

2週間こっちにいる。

我が家へは、1泊。

真知母の所に迎えに行った。

可愛いのが去ってしまうので、半泣きだった。

おばあちゃんと言うのは、そんなものなのかねえImg_6918 Img_6922 ・・・。

確かに孫じゃなくても可愛い。

泣くとギャングだが・・・確かに可愛い。

寝ると更に可愛い。

ムチムチしていて可愛い。

誰にもこんな時代があったんだよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

歳を1つとった。

Img_6905 誕生日であった。

また、歳をとった。

なかなかいい年であった。Img_6897

今年もいい年に決めている。

振り回しすぎて苺が転がった。

妹夫婦が3人で泊まりに来ている。

で、自分の誕生日だったが、一から十まで自分で用意する。

お名前はどうしますか?と聞かれて・・・・いいですと答えた。

デナリちゃん・・・と書いてもらおうとか思ったが止めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欲しい物は、軽いテント。

ほんとに軽くて扱いやすい。

かさばらず・・・いい。

さっそく、お試しで使ってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の抱負。

いつも同じ。

あえて言うなら・・・・こだわらない・・・かな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大和葛城さんのつつじ・・あけもどろ経様

あけもどろの経様・・・・大和葛城山に行って来られた。

去年は、母の日に私も行って来ました。

こんなに綺麗に咲いては、いませんでした。0717_001 0717_011

0717_060_1

満開ですね。        写真撮影:あけもどろ経様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血が成せる業?

Img_6679 フローリングの床の上

左足のふくらはぎが攣った。

唸り声を上げながら、目が覚めた。

あ!!!

寝過ごした。

夜勤から帰ってきた。

ご飯を食べた。

床に寝転がって、携帯の目覚ましを仕掛けてる最中に意識が無くなった様だ。

携帯は開いたまま床に何気に転がっていた。

時計を見ると1:55.

えー!!!2:00に迎えに行くと約束してあったのに・・・・。

すぐTELしないと駄目だが・・・・

足がまだ攣っている。

余韻が痛すぎて動けない。

現地集合でよろしくと、TEL.

岩盤浴予約10分遅刻でなんとか行けた。

うつ伏せ5分→上向き10分→休憩10分を2回したら、疲労感ピーク。

14:40~17:40のコースだったのに・・・・・。

一睡もせずやっぱりキツイや。

しかし、すがすがしく、花梨茶を飲んで帰ってきた。

べちゃべちゃ喋って、何も考えず何も気も使わず・・・・話題を探すこともなく

親子女3人・・・・で喋るの・・・・・何十年ブり?なのに、なーんにも違和感無いのは

血が成せる業?

駐車場で、じゃ!!と何気なく分かれてきた。

今度は、いつ?

もう無いかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

アナタは、何派?

Img_6892 ねえ、子供の頃。

学校のプール。

泳いだ後に着替える時、新しいパンツを履きたい?

岩盤浴で、真知母と妹とそんな話になった。

無料体験券が職場で貰ったから、3人で行った。

サービスで、櫛か髪をまとめるゴムか紙パンツ好きなのを選べた。

紙パンツを選んだ妹は、それを岩盤浴中にはかずに、帰りにはいて帰った。

妹は、子供の頃、新しいパンツを持って行かない派だった。

真知母は、嫌なんだって。

デナリは妹と同じだ。

そんなこと、どーでもいい派だった。

さて、あなたは、どっち派?

私は、たまに、男の子のパンツが出てきたりする時、いったいそのパンツの持ち主は、

今、何を履いているんだろうと・・・・・。

そ奴は、新しいパンツ派なんだな。

読めたぞ!!

そんな奴が存在するなんて、私の常識の範囲には、無かったもんなあ。

パンツを忘れるお間抜けさん。

使用済みショーツは、お捨てください。

岩盤浴で、面白いゴミ箱を見つけたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルドーザーが来た。

Img_6895 Img_6896 いよいよ、本当に始まった。

野菜を作っていた。

花が咲いていた。

梅の木があった。

何にもなくなった。

ブルドーザーがガガー!!!

朝、通った時は、始まったなって感じだった。

夕方は、もう駄目だ。

真平らになってしまった。

いよいよだ。

悲しいがいよいよです。

きっと、刻々と変わり行くのでしょう。

遠くあの山を見渡せるこの景色も、見納めでしょう。

淡々と写真に撮ってみよう。

寂しいけれど。

おたまちゃんだーさんが散歩していたこの空間。

おたまちゃんがいなくなった途端にコレだもんな。

心の隅がシクシク痛む。

アガナウコト無かれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ますます広くますます深く

Img_6893 天気予報が晴れなんでしょう。

夕刻と言うのに

発掘調査の人びとが引き上げた後と言うのに

いつものシートがかかっていない。

昨夜からの雨でぬかるみを

乾燥させるつもりなんだね。

Img_6894 発掘はますます深く

ますます広く。

だーさんが先日の説明会で聞いてきたことには、いよいよ工事進み始めるそうだ。

ねえねえ、地面のマーカー見れば見るほど、気持ち悪くない?

何か人が横たわっていそうだぜ。

////////

//////////////////////////////////////////

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

エアーメールが届いた。

Img_6880 Img_6886 海外からエアーメールが届いた。

ホームシックになることも無く、楽しくやっているようだ。

ホームシックって、どれ位でなるものだろう。

はじめは、懸命に新しい環境に慣れようとするし、

目新しくて嬉しいからはじめは、大丈夫でしょう。

2~3ヶ月かしら・・・・。

ずっと、ならずに通せる人もいるのかしら・・・・・。

私は、故郷から離れたことが無い。

1人で暮らした経験も無い・・・前にも言ったが・・・・だから、わからない、知らない。

そんなとき、どんなにしたら、心が復活できるのでしょうか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とっとこ太郎、ウォンカを見る。

Img_6876 Img_6887 あれ・・・・チョコレート工場だ。

誰が借りて来たの?

とっとこだった。

記憶と言うのは無責任なものだ。

私は確かに見に行った。

だから、家族皆見に行ったものだと思っていた。

しかし、だーさんもとっとこ太郎も見て居なかった。

どうやら、三年寝太郎と観に行ったようだ。

記憶に無い。

ウォンカのチョコレート。

観ましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日の夕陽07

Img_6854

母の日の夕陽はこんなもの。

Img_6853

ほんわり

優しい夕日です。

低い山並みは、穏やかで。

・・・・・・・・・・・

幸せは、普通の日常にある。

Img_6855_1 Img_6856

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

町の夕方は早い。

Img_6869_1 お産を取れた。

何だかすがすがしく。

うれしく。

長時間のサウナ室での仕事のせいで、手持ちの水筒はからっぽだった。

ご褒美に、病院の自販機で紅茶を買って車に行く。

Img_6868_1 取れなかったお産も、夜勤の分娩を少し手伝って帰る駐車場。

空を見上げたら夕陽が傾いていた。

町の夕方は早い。

車を走らせる。

紅茶を飲み飲み、楽しげな曲を聞く。

Img_6870

空を見ると飛行機雲。

それも、「遊んだな・・・・」と

思われる平行3本の飛行機雲。

堤防の道では、停まれなかった。

写真はあきらめた。

道を外れて、スーパーに寄った。

おー!!まだ行けるぞ!

写真を撮った。

今日頑張ったご褒美だぜ。

Img_6874 Img_6871

Img_6872 Img_6873

岩橋耳鼻科が写っちまった。

まだまだ空は青いし周りは明るい。

夕方って気がしないよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買い物どっさりして、ノタノタ出てきたら・・・

街灯は灯り、外は暗くなっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべきお馬鹿さん

Img_6783 また、買って来た。

そうすると、そんな予感がしていました。

「形から入らないで、実績を積み重ねその上で

ランクUPする為に、自転車を買いなさい」

と言ったのに

聞く耳を持たないだーサン。

我が家のぼくちゃん、そう、だーさんのことです。

また、写真の自転車買って来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の山を歩きながら、何かそんなことを匂わせていた。

嫌な予感がしてたんじゃい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電車で通勤しているんだが、

「何駅か手前で降りて自転車通勤したい」 と言う。

いつものことだから、行動パターンはお見通し。

「サイクリング自転車買う前に、1年ぐらいそれを、今ある自転車で実行してから

改めて買ってきてね。続くかどうだか分からないからね。」

だーさんは、3日坊主だから・・・・。

3日ではない、だいたい過去の経験から言うと、サイクルは1年。

ともかく1年~2年で状況は変わる。

何でもしかり・・・。

指摘しても、自覚が無い。

歴代を羅列したら、きっと人びとは、驚くでしょう。

私と正反対だ。

なかなか、物は欲しいと思わない。

来年の母の日に、忘れなかったら、だーさんが手前の駅で降りて自転車通勤しているか

聞いてみて・・・・・。

・・・・・・・・・・

私の予想。

・・・・・・・・・・・・

きっと、してないと思うよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

なのに、もう早速、山から帰ってきた次の日私が仕事に行ってる隙に

買って来た。

ずっと、車に隠していたようだった。

まるで子供だ。

今、職場の最寄り駅に駐輪場を借りて置き自転車しているのに、

あの自転車は我が家に戻ってくるな。

我が家は

だーさん、自転車2台 単車1台 折り畳み自転車1台

三年寝太郎、自転車2台

とっとこ太郎、自転車2台

デナリ、自転車1台

だれのものでもない、折り畳み自転車1台

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何なのよ・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言いたいこと・・・・・そんなめんどくさいことしなくても、家から最寄り駅まで単車で走ってるんだが自転車にしたらいいんじゃない?

時々「この人・・・?」そう思ってしまう。

もっと、合理的にものを考えられないかなあ・・・。

うちは、この界隈の自転車店より自転車の保有台数が多いんじゃない?

それもこれも、だーさんのなせる業です。

やれやれ・・・・・。

ちなみに、処分しないで、置いておいて欲しかった2人の「セロー」125ccの単車は、私に無断で同僚の人に上げちゃうし。

おまえは・・・・!・・・・言ってやりたや。

プンプン。

そんなことしても、痩せないよ。

「自転車よりダラダラ食べるの止めなさい。」

「月一で山に行きなさい。」 と言ってるでしょう。

そんな簡単なこと、分からないなんてやっぱり・・・?

フンフン鼻息の荒いデナリでありました。

ねえねえどう思う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

ミニゴーフル。

Img_6241 小さいの本当に小さくて可愛いの。

ゴーフルも病院によくいただきますね。

私はあんまし。

おじいちゃんがたんさんせんべい好きだった。

その頃でも、何でコレがいいとおじいちゃんが好きと言っているのか子供心にわからなかったくらいだから、大人の今では分かるはずもなく。

クリームはさんでるものの・・・かわんないや。

あれあれ、ごめんなさい。

天国で食べてるだろうか?

父の事は書かないけれど、祖父の事は細かいことで思い出す。

不思議なものだ。

| | コメント (0)

山の向う空が本当に赤かったんだってば。

Img_6598 写真は、四国遠く何処の山を撮ろうとしたか

もう忘れた。

地図とカメラの履歴と見たら分かるんだけれど

そこまでイヨクナク。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再放送見ました。

御巣鷹山の飛行機事故テレビ

本当は、山道具屋さんにテントを買いに行くつもりだった。

見始めたら、行きそびれた。

最後まで見てしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御巣鷹山が燃えた夜。

私は、だーさんとあけもどろの雪さんと北アルプス・朝日岳どの辺りだったろうか、ひょっとして白馬に向っていたんだろうか、テント張っていた。

地図と記録を見たら思い出すかもしれないけれど忘れた。

もう時効だからいいよね。

あのあたりは、幕営禁止だったよね。

天気は悪くなかったよね、でも満天の星と言うわけでもなかったような気がする。

その夜、何も知らない私でしたが、夜中に寝苦しくテントから顔だけ出して外を見た時

南東の一部分だけが赤かった。

そんなに言ったらだーさんに見えるはずが無いと当時言われたが

遠くの赤い空を夜に見た。

本当に見たんだってバア。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ、だーさんと付き合ってもいなかった頃の昔々の事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その山から下りてきた私は、別に意識した訳でもないし、好きだった訳でもない(失礼)が

妹に、「私が結婚することがあるとしたら、だーさんのようなタイプの人とひょっとしたら、結婚するかも知れ無いと思う」・・・・と言った。何処で言ったかまで恐ろしく鮮明に覚えている。

理由なんて無い。

何だかそんな風に思った。

だーさんのこと好きだと思った訳でもなかった。

その時まで、はっきり名前も認識してないくらいだった。(姓くらいは知ってたが)

もちろん、一緒に山に行ったから、それからは、覚えたけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

半年後、私が他府県に行ってしまう事にになるかも知れないという事になった。

その時だーさんが引き止めなかたら、

私は、今、間違いなくこの地に住んでいなかったでしょう。

人生。いろんな分岐で選択して今に至っているんだなーと、つくづく思う。

その始まりは、御巣鷹山が赤かったその夏の山行からだった。

あの夏の縦走に行かなかったら、私はどんな人生を歩んでいただろう。

静岡に住んで、静岡の山岳会に入って静岡の病院に勤めていたかもしれない。多分。

| | コメント (10)

関西限定宇治茶ガム

Img_6842 関西限定宇治茶ガム

どんな味だと思う?

だーさんが、開けたガムをくれた。

まだ、私も食べてない。

一度買って食べてみて・・・・。

うっふん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

そらまめ・豆・豆ご飯

Img_6839 Img_6840 そらまめ。

えんどう豆。

ありがとう。

豆ご飯が大好き。

若い子の中には、グリンピースが苦手と聞く子が多い。

とっとこ太郎が不思議がる。

何の特徴も無いのにと・・・・・・。

なぜ、こんなに美味しいのにね。

我が家は、豆ご飯好きよ。

Img_6852 日曜日お昼に4人でいただいた。

写真を忘れてたから、残ったご飯を夜撮ってみた。

その夜は、オムライスであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の母の母の日

Img_6782 昨日は、母様に何か感謝の気持ちを伝えましたか?

私の母の母の日は、今週にする事にした。

去年、岩盤浴行くつもりだったが、予約がいっぱいだった。

去年に学んだから、今年は混んでいる時に何も行かなくても・・・と、

今年は少しずらして、母と妹と行ってみようと思うの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3人だけで出かけるなんて、そんな事もなかなか無くて・・・・・。

私が結婚してからは、私が欠けて、

妹が遠くに行ってからは、妹が欠ける。

もう、こんなことも無いかも知れない。

そのうち、いつか母が欠ける日が来ないとはいえない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日と同じ明日が、明日に来ると疑っていないから、何気に夜を寝る。

ひょっとしたら、これは最期かも知れないと思えば思い残すことが無いように、

有意義に過ごしたいと思うよね。

毎日それくらいの気持ちで、だーさんにも、三年にもとっとこにも丁寧に接していれば

いいんですけれど・・・・・毎日の中で流してしまってますね。

文句は言うし。

怒るし。

えらそうにも言うし。

ぽんぽん言うし。

腹立つし。

ふくれるし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切に生きよう!

・・・・・・・・・・・・・・

そんなに思った。

丁寧に思い残すことが無いように・・・・・。

おー!!!悟ってしまった。

大丈夫か?デナリ~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の母の日

Img_6844 Img_6845

母の日。

花束貰った。

三年寝太郎が、ボソリ・・・・「ヒマワリの花は高い。値段聞かんといて。」

2人がいそいそと、出かけて行ったと思ったら、帰ってきて、くれた。

食べたいものは、あるか?と聞く。

「たまご2つ使ったオムライス」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、昔三年寝太郎が作った冷やし中華があんまりひどかったので、

盛付けのセンスを疑った記事を写真とともにUPした事があるが

あの子の名誉の為に、訂正します。

実は、あれは、もうこれから食べようと混ぜたものだそうです。

やれやれ、そんな写真を撮るかなあ。

まあいいや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オムライスは、ご覧あれ。

愛のこもったオムライス。

Img_6857 /

/

/

////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

シフト表は35×31のパズル。

Img_6843 「6月の勤務希望は、17日夕方までにお願いします。」

近頃毎朝、引継ぎの時言われている。

一ヶ月前までに希望を出さないといけないんだと、人には説明する。

正しくは、前月の20日には、すでに次の月のシフトが全部出来上がっている。

35人のシフト。

ちなみに、勤務表は、暗号のようです。

勤務表は、永遠のベストセラーです。

どんだけ見ていても飽きない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、一度出来てしまうと、精密なパズルですから、動かすのが至難の業です。

たて35段横31段のパズル。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっと、昼も夜も無い、パズルできっちりすることが決まった生活してみないと

普通の人には分からないでしょうね。

大変なことも、気楽なことも、不思議なことも、決まり事も、楽しみも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月のはじめに、東京に研修に行くことになった。

3万5千円の研修費と行き帰りの交通費と前日の宿泊費が公費で出る。

一日だけ公休になるようだ。

前日は夜勤明けで出発する予定。

さて、昼ぐらいに東京に着く。

何しようか。

会場はお茶の水。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白そうなことあったら、教えてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デナリの不安・風見鶏は・・素敵

Img_5778 デナリの不安。

いまちょっと、不安に思っていることがある。

・・・・・・・・・・・・・

1人山に行く。

谷でにあったらどうしよう。

あー!!辛い。

・・・・・・・・・・

1人山に行く。

人の少ない山に、人の少ない時期に行く。

テントに足の無い誰かが訪ねてきて、見えたらどうしよう。

あー!!怖い、声も出ない。

・・・・・・・・・・・・・・・

1人山に行く。

転んで動けなくなったらどうしよう。

あー!!悲しい。

・・・・・・・・・・・

でも、山に行きたい。

・・・・・・・・・・・

風見鶏のように、心は、「行く」「行かない」の間を、あっちにむいたり、こっちむいたり。

私の心は、日によってあっちに向いたりこっちに向いたり。

こんな心も楽しい。

・・・・・・・・・・・・・

でもね。いきたいんだ。

| | コメント (4)

2007年5月12日 (土)

明日は母の日だね

Img_6610 キノコのような貝殻のような。

貝殻のようなキノコのような。

ふじつぼのような。

・・・・・・

乾燥しているから、耐えているって感じなんだけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、近所に来る商業施設は、何かが出たので工事が遅くなっていて

毎日発掘しているんでしょう・・・と言ったが、

この5月にようやく認可下りただけで、何も問題はないようです。

そんな風にだーさんは、聞いてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なーんだあ。

ま、いいか。

あれ?何を楽しみにしてたんだろね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何だか面白そうなこと考えてワクワクしていたんだけれど・・・

わくわくしよう!

どきどきしよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう言えば、明日は母の日だね。

おかあさんに、プレゼント買った?

明日お母さんと、どこかに行く?

お母さんの顔を見に行く?

・・・・・・・・・・・・・・

去年は、真知母と葛城山に、ツツジを見に行った。

はじめて、2人で山を歩いて、何だか幸せだった。

・・・・・・・・・・・・・

何だか幸せ。

・・・・・・・・・・・・・・・

理由はないけど、何だかしあわせ。

いい言葉だね。

| | コメント (2)

イメージ湧いてくる?

Img_6593 イメージする心

山のむこう、その又向う。

いつも思う。

写真が趣味じゃないから

カメラで写してくるものの。

帰ってきてから、自分に向って

「どうして、何を撮りたかったのこれ???」

と言っている写真が、ある。

でも、後で見たら、まあいいかこんな写真でも・・・と思う。

きっと、この写真も、何かを撮っているんだね私。

・・・・・・・・・・・・・・・イメージする・・・・・・・・・

凡河内躬恒(おうしこうちのみつね)

古今集で和歌を残している。

雪とのみ

   ふるだにあるを

     桜花

   いかにちれとか

   風のふくらむ

この歌いい感じとデナリは思った。

身分は低いが、いい歌を残していると、シゲ様の写真をみつつ、読ませてもらったら、

このおっさん、どんな人か興味が湧いた。

このおっつさん、どんなにか、いい感じの人かなあーと、期待した。

おっと!言葉が悪い。

凡河内躬恒のおじさま・・・・といっても、今の私より若いに違いない。

きっと、

「お前におっさんなんて言われたか無いやい。」

と思っているに違いない。

私の興味は、こんなもの。

ところが、おかしいの。

数々のだけ見ても、イメージ湧いてこない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理由がわかった。

シゲさまが、側につけてくれてる写真で、イマジネーションをかき立てられ読みやすくなっているので

歌がスンナリ、心に染みこんで来たのだね。

まだ、ピンと来ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この人を知ろうと、何首も噛んでるところです。

そういえば、我が家の百人一首何処にいったかな。

解説本も何処にいったかな。

・・・・・・・・・・

Img_6828 カットに行きたかった人は、行ったかな?

朝起きた、鏡見た。

カットに行ったが、私は、何だか何も変わってないや。

・・・・・・・・・・・・

妙に前髪だけが短くなって、こうちゃん前髪になってまった。←(どうでもいいことだけど、なってしまったをなってまったって、表現する地方あるよね。)

| | コメント (2)

2007年5月11日 (金)

今日は寒いね

Img_6829 昨日から寒いね。

寒くなるから、止めときなと言っているのに

私のいう事なんか聞きゃしないとっとこ太郎は、衣替えして夏服着て行った。

バカな奴だ。

虫たちも、寒そうに避難して来た。

てんとう虫がほら、ココに。

Img_6835 ちょっと、ベランダに洗濯物干しに上がっただけなのにカメムシが付いてきた。

おかしいなと思ったら、隣の空き地の草が刈られていた。

いよいよ、田に水が入るんだな。

Img_6831 毛虫を今年も撮ろうと思ったのだが

何だかピンボケ。Img_6832

| | コメント (2) | トラックバック (0)

罰当たりなボルシチ

Img_6781「 油断してたら、ボルシチ作られてしまったあ。」

こんな罰当たりなことをほざいたのは、近頃登場すること頻回のだーさんです。

トマトの水煮缶業務用を買って来た。

恐ろしく大きな缶詰には、ぎっしり詰まっていた。

開封して瓶やタッパーに小分けして冷蔵庫に入れた。

それを、見た時だーさんは、思ったのでしょう。

近じかボルシチ作るな・・と思ったのでしょう。

だーさんは、ボルシチもチーズフォンデューは、あまりお好きでない。

阻止しようと思っていたらしいが、チャッカりさっさと作ってしまった。

美味いのに・・・贅沢な。

栄養満点なのに・・・罰当たりな。

文句言わないし、何でも食べるそんな所もいいところだったのに

良いとこなくなっていく。

加齢と言うのはヤダねー。

ジジイにますますなっていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛しい愛しい三歩様

Img_6818 愛しい愛しい三歩様。

新刊読みました。

いつも、あなたは素敵です♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・

病院のドクターに、

「先生、5月に 岳の新刊出るって、インターネットで見たんです。買ったら貸してくださいね。」とおねだりした。

その気も無かった人にまんまと買ってもらいました。

うしししし・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そのドクターを師と仰ぎ・・・・もう1人の同僚を部長に、私は新入部員です。

キヨポン漫画塾などと、主任に笑われながら・・日夜マンガを読む。

Img_6820 ・・・・・・

昨日は、あけもどろの集会があった。

仕事が5時に終わったのに、家に帰らなかった。

7時に会場に行くまで、車の中で読みふけるオバサンであった。

Img_6821 見上げれば陽が傾いていた。

お!!!7時だ。

春山合宿の報告があった。

いいな、雪の山は・・・・。

私は、いや私も・・と言うほうがいいかしら、春のアルプスが好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6823 集会が終わった。

速攻帰った。

三年寝太郎がカレーを作ってくれていた。

だーさんは、前のお宅で近所の寄り合い。

・・・例の進まなくなった、発掘地の説明会が行われているので、まだ帰っていません。

うーん、微妙なお味。

でも嬉しいよ。

頼りにしてるぞ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

お腹が張る

Img_6589 銅山峰の朝陽

おはよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝陽とも

銅山峰とも全く関係ない話だが。

・・・・・・・・・・・・・・・・

職場から電話があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年・今年は出産ラッシュ。

・・・・・・・・・・・・・・・

先日も同僚が分娩した。

4月になってお祝いにプレゼントする可愛いTシャツを4枚買った。

しかし、もう、手元に一枚も無い。

そして、7月の予定日の同僚が控えている。

また買っておかねば・・・と思っていた矢先。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その子が先日からお腹が張るとよく言うようになった。

皆が診察受けよ受けよと言っていたのに頑張った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

案の定、家までTELかかって来た。

19日の夜勤を出勤せよと・・・・・・。

2週間の診断書が出たようだった。

いいよ。

いいよ。

喜んで・・・・。

私も20年前、仕事しながら無意識にお腹をさすっている所を同僚に見られていた。

お腹張るの?と聞かれた。

張るのが分からなかった。

しかし、胎児心拍モニターを着けたら、お腹の張りと胎児の心臓の音をグラフにとって

判断する。

それをつけたら、張っていた。

2週間休業した。

おそらく、その頃も急遽私のシフトを誰かかれかが取ってくれたのでしょう。

そして、安静の後、仕事に復帰した。

産前休業に入るまで、無事仕事が出来た。

そして、三年寝太郎が生まれ、今に至る。

人はみな、持ちまわりだ。

| | コメント (4)

秋刀魚の骨とおたまちゃん

Img_6770 吐き出しの戸口、朝起きてくると秋刀魚の骨がお皿に乗せて置いてあった。

見慣れた状態ではあるが、何か違和感があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、今までこれを、片付けてくれていたおたまちゃんがいないこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さんまを食べた。

おたまちゃんがいたら、残りの骨を食べてくれるのにね。

「家族にそんな話をした記事」を書いた翌朝の事であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近頃だーさんは、お酒が弱くなったと思う。

別に騒ぐわけでなく、陽気になるわけでなく、泣き上戸になるわけでなく、いつもと変わらず静かなお酒ではありますが、何だか弱くなったと思う。

おそらく酔って、訳わからなくなって、おたまちゃんがいなくなった事も忘れて

長年の癖でこんなにしてしまったのでしょう。

それが、妙に侘びしく、悲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴミ袋にいれて生ゴミに出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、我が家に生ゴミ処理機あるんだが、中の攪拌機械が壊れて

うんうん唸っているが回らなくなってコンセントを抜いている。

修理に出そうか・・・・・・。

なんとかならないものかと思ったが、無理みたいです。

・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり、もういないんだね。

| | コメント (2)

コロナの様な私の頭

Img_6787 でたー。

おいおい、こんな写真を見たかないやい。

コロナが吹き出る太陽のような私の頭。

嫌だ!!

カットに行って来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近所の田んぼは、恐ろしく掘り込んで発掘は続いている。

もう、這い上がれないくらいに深くなっていく。

横にテントが建てられた。

日陰を作って熱射病を予防しようとしているんですね。

横を通って出かける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月に一度の楽しみの一つ。

カットに行く。

そこでの楽しみは、

1.家庭画報今月号を端から端まで読む。面白いんだあ。

2.頭のつぼをマッサージしてくれて肩こりが無くなる。

   自覚は全然無いんだが気持いいし、こってるらしい。

高い。

何だか高い。

カラーとカットでこんなものなのかなあ。

よく分からないや・・・でもいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・帰ってきた。

花に蝶がとまっていた。Img_6800

よほど美味しいんでしょうか、一度逃げても戻ってきた。

段々慣れたのかしまいには、逃げなくなった。

あげくの果てに、私が飽きて、その場を離れた。

Img_6790 Img_6791 Img_6793 Img_6799 Img_6801_1 Img_6807 Img_6812

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

雨が降っている訳じゃないのに

Img_6672 Img_6673

Img_6675 おはようございます。

こんな雲行きですが

銅山峰の朝陽です。

天気予報では

この日は雨でした。

前夜、夕食食べながら

朝から雨降っていたら、下山して(道後)温泉に行こうかと話していた。

おそらくだーさんは、湯治モードに入っていたんだとおもいます。

まったり生きて行きたいだーさんは、せっせと、あくせくが苦手です。

Img_6664_1

しかし、前夜は

新居浜の町は宝石のようにキラキラきれいでした。

腕が無いので写せませんでしたが・・・。

テントの外では、小屋からしょっちゅう、誰かかれかが出てきて

わあー!!とか、綺麗!!とか、感嘆を発していましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

空には、月がキレイでした。

星もキラキラでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私達がこんな夫婦でなくて、仲良し恋人同士であったなら、

とってもムーディーな夜空であったでしょうなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝は、稜線に出たら陽が上がっていそうでしたがご覧のありさま。

午後には、天気が落ちてくるんだろうか?

そんな事を感じながら歩きました。

だーさんは、気が弱い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だ:「Img_6674 西赤石山で引き返して、温泉に入りに行こう!」

で:「答えは、西赤石山で出せばいい。」

  「まずは、頂上まで。」

  「降ったらふったでいいじゃない。」

  「引き返したかったら、そこから引き返したらいい。」

  「行こう!行こう!」

こんな空だけれど、西を見たら雨雲は追って来ていない。

Img_6680_1 空は、思いのほか青い。

日も高くなってきた。

心の中で

「これは、最後まで行くぞ。」

と思ってた。

Img_6681 Img_6682

まずは、西赤石山

次は、物住頭

そして小屋

そして、東赤石山

ちょっとずつ、先へ、先へ、折り返し点を、延ばして、引っ張って行くぞ!

行き切ってやる!

ほら・・・・空がこんなに青い。

雨が追っかけてきているのなら、逃げ切ってやる。

そして、引き返してからは、雨に挑んでやる!

そんな風に思いながら歩いたら、結局、雨には会わなかった。

ほらね。

ほらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親ばかならぬ叔母バカ

Img_6775 Img_6776 Img_6778 ねえねえ。

可愛いでしょう。

ムチムチの手と足。

私の息子です。

うそ。

私の孫です。

それも、うそ。

孫でも通りそうですが、私の甥っ子です。

この子の顔を見ると、何処かで見た事のあるような・・・誰に似てるんだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抱っこしていると飽きないね。

忘れてしまっていた感触。

も1人我が子?・・・・ブルブル・・・・ブル。

まさか。

やっぱ、孫だね。

楽しみだね・・・・いつか、抱っこするのか・・・・ふふふ。

| | コメント (2)

2007年5月 8日 (火)

Flugel GT様のツガザクラ

Photo_18_1 おー!!!!

おー!!!!

可愛い。

可愛い。

白い。

白い。

・・・・・・・・・・・・・・

白い小さい可愛い花に妙にそそられるデナリであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、Flugel  GTさまのところで、私の「ツガザクラってどんな花?」に

答えてくださった・・・なんとかツガザクラの写真です。

http://fogel-flugel.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_0254.html#comments

お伺いのコメント残してきましたが・・・・使っちゃ駄目ーと言われたら

そっこー、削除しますから、もしどなたか、この記事よんだら、まぼろしの記事になるかもしれません。

よくよくご覧あそばせ。

| | コメント (2)

キュウリの苗

Img_6780 キュウリの苗を貰った。

酔ったあけもどろの仲間が持って来てくれた。

ありがとう。

しかし、私に育てることができるでしょうか?

収穫までに至れるでしょうか?

しーさーとタヌキがなんとも面白かったので撮ってみた。

あ!報告

古いユリネを野菜室で見つけた。

食べるに食べられず、捨てるに捨てられずどうしょうか?と言って土に埋めた。

そんな事を書いたことが過去にあったが、あれ・・・どうなったと思う?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

埋めたあたりに目を凝らしてみた。

なーんにもありゃしない。

駄目だったか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナメクジも見る。

そろそろ、毛虫も見かけるようになってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消毒せねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツボカビ病が、ひしひし恐怖を感じさせる。

カエルは、蛇ほど苦手じゃない。

カエルがいなくなって消毒したおさないと駄目な時代が来たら、ますますアレルギーがひどくなるでしょう。

カエルがんばれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

燕が低くとんでいるなと思った日があった。

雨の前には、カエルが鳴いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も毎年と変わらない。

どうぞ、来年も再来年もいつまでも変わらない平和な自然な環境で生きてゆけますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供達の為に。

孫達の為に。

| | コメント (2)

ピーちゃんのお土産

Img_6764 Img_6766 Img_6768ぴーちゃんのお土産

三年寝太郎のぴーちゃんが

鳥取・島根の家族旅行。

お土産に貰った。

ひよこ饅頭・・・うさぎ版とかなんとか、罰当たりなことを言いつつ、

家族でいただいた。

ご馳走様です。

ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前、ちょっとした事、すったもんだがあったのだ。

書けば長く、話せば長い話がありますのよ。

又書くことにしよう。

くー!!!

| | コメント (0)

馬酔木だ。

Img_6732 Img_6733 Img_6579それは、それは、白い可愛い花だった。

白い小さい花は

私のつぼをくすぐる。

結構しっかりした大きな木になっていた。

釣鐘状の白い可憐な花は、うつむき加減にたくさん寄り添って咲いていた。

日本中何処の山でも見られるんだよね。

そんな普通のこの花が好きです。

四国・銅山峰フュッテの近道にも咲いていました。

このあたりは、伐採と煙害ではげ山になっていたのでしょう?

植えたのかなあ。

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

旅亭紅葉の夕陽

Img_6080 夕陽の写真 

たまって来た。

どんな時に

載せようかなと

思っている間に

貯まってしまった。

夕焼けには

なかなかこの時期は

ならないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ。

もうすぐ、母の日だね。

       私は、娘であり、

       私は、母である。

母になったが、この日はピンと来ないね。

感謝してくれなくていいんだよ。

懸命に健康に生きてくれたらそれだけでいいんだよ。

////////////

そう思って居ても、言っちゃーいかんよ。

言ったら途端に・・・・

「あっそう・・・じゃあ、お言葉に甘えて・・・・」なーんて言って

あっさり、知らん振り、これからずっと忘れられそうな母の日。

やれやれ・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GWが終わり、今日から仕事の方も多いかな。

・・・・・・・・・・・・

よっしゃー。

私の楽しみはこれからだよ。

待ってろよー!!

| | コメント (0)

ツガザクラを守りましょう。

Img_6584 Img_6582 Img_6661 Img_6585 Img_6586

ツガザクラを守りましょう。

四国・銅山越で看板を見た。

ドウザンツツジがこれから旬で、その後にこの辺り一帯がツガザクラの花盛りになるのでしょう。

乾燥して踏み荒らされたら、はかなく折れてしまいそうな小木を守る為に

登山道には、ロープが張られていました。

Img_6658 帰り道にも通ったが、この山は、何も変わらない。

・・・・・・・・・・・・

そりゃそーだ。

・・・・・・・・・・・・・

私達は、ヘロヘロになっていたけれど。本当は全然へろへろじゃないよ・・へへへ(●^-^●)

後は、下るばかりなり・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・

ところで、

ツガザクラって、どんな花?

| | コメント (2)

今日の一本

Img_6645 Img_6646 今日の一本

四国縦走で

見つけた一本だった。

・・・・・・・・・・・・・・・

あのね。

昨日ね。

赤ちゃん達をお風呂に入れていたら、同僚が私に声かけた。

「おたまちゃん、腹水どれくらいの間、湧いた?」

あれ?おたまちゃんの死んだこと伝え忘れてた???

「たまねえ。死んだんよ。」

知ってるよって顔でうなずいてる。

「一年ぐらいかなあ。」

「・・・・・・・・・・・・・・」

この同僚は、前に書いたと思うけれど、道で鳴いている子猫ちゃんを助けて、今も可愛がって、ワンちゃんたちと一緒に飼ってくれてる人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールデンレトリバー犬を家の中で飼っている。

その子がどうやら、腹水湧き出したようであった。

そんな話していた。

返す言葉が無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試験開腹手術したそうで、癌が見つかったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろんな情報を収集して、ワンちゃんの予後を知ろうと言うのでしょうか。

言葉無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと一年?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

涙が出そうになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても、

おたまちゃんは、私達に何も手を煩わす事が無かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の夕飯は、秋刀魚の塩焼きだった。

魚の骨、頭見て・・・

で:「おたまちゃんがいたら、こんな生ゴミ出無くって、お掃除してくれてたのにねえ。」

で:「おたまちゃん、今頃何処で何しているんやろね。

とっとこ:「何してるって・・・何にもしてないでしょう・・・・。」

そりゃそうですが・・・・・。

だーさん、三年、とっとこの反応は、意外にも、あっさりしたものでした。

ぐすん・・・・・。

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

連休は終わった。そして。

Img_6760 Img_6761 連休最終日は、こちらも雨が降った。

乾いた地上に雨が浸み込んだ。

発掘場所はそれはそれは、深くなる。

シートは引くが水がたまって、水溜まりになった。

白い紐で囲って、スゴイ模様になっていたが・・・今日は閑散としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わるが、いよいよ。

石垣のモンツキカエルウオこと、私の妹夫婦が甥っ子を連れて帰ってくる。

空港へ迎えに行くのは、私の役目になっている。

まずは、だんなの実家まで行く。

・・・・・・・・・・・・・・・・

夜勤明けで、迎えに行くことにした。

空港まで行って車の中で到着を待つことにスル。

寝袋を持って何処かで昼寝をして待とう。

そしたら、寝過ごすことも無いだろう。

| | コメント (0)

瀬戸内海

Img_6583 新居浜の町。

何だかぼやけて、よく分からないけれど、その向うは瀬戸内海。

通過したことは、何度もあるが写真に撮って見ると大きな町だね。

後ろに山が迫って。

山を歩いていると、やたら口が渇いた。

喉が渇く・・・って、言う時は飲み物を飲みたくなるが、違うんだ。

口の中がカラカラになって、しゃべれない。

くっ付いてるんだ。

あとで知ったが、その日はフェーン現象で気温が上がり、乾いた。

この一帯は、瀬戸内海気候。

そうだそうだ、湿度が低いんだ・・・・そんな風に歩きながら、勝手に妙に納得しつつ歩いていた。

乾く乾く。

そんなに真夏程も気温が高くないのに、夏山より口が渇いた。

鼻水がダラダラ流れた。

四国に渡った途端に、鼻水が止まらなくなった。

休憩毎に、鼻水かんだ。

鼻で息できず、口呼吸した。

だから、口が渇いたのかもしれない。

Img_6592

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

♪辛い時

Img_6759 ブレイブ・ストーリー見た?

見たいと思っていた。

♪♪辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ    僕達は強がって笑う弱虫だ
   淋しいのに平気な振りをしているのは                                崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ

・・・・・・・・・・・・・・・・

日勤二日続いただけなのに、ちょっと眠い。

早く寝たいところだが、どうしても見たかった。

扉の奥に踏み込む。

物語の始まりは・・・・・。

呼んでも呼んでも、三年寝太郎は、降りてこなかった。

レポートの宿題を済ませていたから。

呼んでも呼んでも、とっとこ太郎は、降りてこなかった。

最後のほうになって、来て見ていた。

それでいいんだと。

・・・・・・・・・・・・・・・

いい話であった。

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

駄目だ三角点には意欲が湧かない。

Img_6595 Img_6596 駄目だ

三角点には意欲が湧かない。

四国・西山・・・の三角点

そうそう、一等三角点は、今回の山では

見かけなかったかなあ。

Img_6611 Img_6612

東赤石山にも三角点があったでしょうか、無かったでしょうか。

三角点ビギナーだから、見てくるのをすぐ忘れてしまう。

おー!!!

ピークハンターではないけれど、撮ってみようと思ったのも束の間

もう、忘れてしまっていた。

残念。

そうでもないか・・・・。

何か代わり映えの無い写真になってしまうなあ。

番号が違うものの、何だろね・・・撮影意欲が全く湧きません。

この企画は、私が早々にギブアップしそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日あたり、岳沢BCであけもどろの皆は穂高に行っていたが、早い人は下山してくる頃でしょうか・・・・。

天気良くって良かったね。

あけもどろ写真館に載せて良ければ、春山の写真送ってね。

| | コメント (0)

怒っても何にも変わらない。

Img_6613 あちらに見えるのは、ちち山別れ。

長い長いルートのひとまずの目標は、ちち山別れでした。

ちち山別れの分岐で

もう一つのコースと分かれる。

もう一つとは、

平家平から三ツ森山から大座礼山

いつか行って見たいなあ、このコースも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふつふつと、マニアックな山が好きな私が、行きたがってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地図上に

小屋マーク水場マーク天場マークもないなあ、手ごわそう。

平家平ってどんな所?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6614 Img_6615 Img_6616 Img_6617 ここは、ちち山別れ。

だーさんは、ちち山別れで待っているという。

「こいつぁー!!!」

ブチきれてしまいそうだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「山で怒っても何も変わらないでしょ・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前あけもどろの誰かさんが私に言った言葉を思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ、そうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

私もそう思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「前向きな私」と「怒り出しそうな私の心」が語り合った。

外に向けて気持ちを発しないで、ウチの自分に目を向けた。

・・・・・・・・・・・・

私は、どうしたいか、問うてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・

「私は、笹ヶ峰のピークを踏んで、日没までに安全にテントの所に戻りたい。」

「すると、どうしたら1番近道?」

「一歩一歩。歩きツズケルことかな。」

「そうだ、一緒に歩くことに努めよう。」

「今日は、天気が抜群にいい。万一、スピード落ちても、日没まで歩き続けられる。」

「大丈夫。だーさんとなら、ぼれぼれ行ける。」

「笹ヶ峰まで、一緒に行こう。」

腹が決まったら、何も焦りも無くなった。

嫌そうなだーさんを見ても、何も感じなくなった。

必ず行けると確信があった。

長い長い行動時間の末、テントに無事帰ってきました。

お茶して、

夕飯自炊して、

テントで横になっても、明るかったよ。

やれやれ・・・・であった。

| | コメント (2)

東平を「とうなる」と読む。

Img_6719 東平から銅山越に登る。

馬の背を登る。

帰りも何故だかこの尾根を下ることになった。

眼下に自分の車が見える。

東平「とおなる」と読む。

何も知らずに、

タダ山に登りたいだけだった。

しかし、帰ってきてから、数々の事を学んだ。

行ってる間、絶えず山のただならぬ雰囲気を感じていた。

帰ってきてから、納得した。

事前勉強を徹底的にせずに山に行ってきてよかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、あかんたれだから、何か私のセンサーが、びんびん響いた。

何となく、想像はついていたが、考えて追求したくは無かった。

センサーを切りたかったがそうも行かなかった、勝手に、胸はドキドキしっぱなしだった。

山は何も変わらず、いつもと同じだった。

ただただ、笹ヶ峰と西赤石山~東赤石山を歩きたかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心から地元を愛するお方のHPを見た。

よく分かったので紹介するね。

勉強してみて。

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/page064.html

| | コメント (2)

2007年5月 4日 (金)

だーさん山小屋で昼寝する。デナリ蛇を見て叫ぶ。

Img_6689 Img_6710 Img_6692_1 Img_6690 Img_6691

四国・赤石山荘

泊まらなかったが、水を頂いた。

小屋の管理人さんが、「お早いですね」と声かけてくれた。

銅山から来た。

銅山に戻ると伝えた。

この小屋は、素泊まり可だそうで、昨夜(29日夜)は、たくさんの人が泊まったみたいでした。

だーさんは、ココで昼寝をしていると言う。

付き合ってられないと、私は一人東赤石山に行ってくることにした。

所要時間を聞くと、2時間くらいという事だった。

だーさんに、お昼の「お茶ずけセット」と「熱湯入れた水筒」を渡し出発した。

9時半に出発、東赤石山頂上で野菜ジュースとパンを食べた。

360度くるりと写真を撮った。

知らない人に私の写真を記念に撮ってもらった。

小屋への帰りは、たらたらと気を抜いて下っていた。

天気がやたらといい。

目の前を、何かが動いた。

周りに誰も居なかったが、恥ずかしいほど大声で、うめいた。

地獄の底から・・・断末魔。

うおーお!!!!!

蛇が逃げただけだった。

面目ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポカポカ陽気で日向ぼっこにでてきただけで

大声で叫ばれては、たったものではないでしょうが

私は、心拍MAX!!!

蛇を嫌がる私には、次のもう一蛇も、なんなく目の端に入って来た。

今度は、最高に高い叫び声を上げて走り出した。

こんな所でこけて怪我したくは無かったが、スピード落として、蛇を再び見たくは無かった。

用心して走らないようにしましたが、死に物狂いで小屋に逃げ帰った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だーさんの姿は小屋周辺には無かった。

・・・・・・・・・・・・・・・

まさか、ちゃっかり、小屋の中で寝させて貰ってんじゃー無いよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人さんに声かけた。

私が出発してから姿を見てない。

蒸発したんじゃないですか・・・と笑ってた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕方が無いから、

「ちちーい!!!ちちーい!!!」と、何度も何度も叫んだ。

私が、一時間で小屋まで戻って来たものだから、姿がなかった。

だーさん所要時間を2時間と油断して、幕営地で1人昼寝していたんだって。

小屋のほうから何だか、ギャーギャー声が聞こえるものだから目が覚めた。

よく通る声が、私だとすぐ分かったらしい。

小屋のほうへ荷物を持って、のこのこ戻ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさか、こんなに早く戻って来るとは思っていなかったそうだ。

「帰ってくるまでに、ロイヤルミルクティーを作ってね」と頼んで行ったのに。

もう!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

四国・前赤石山をまく

Img_6685 Img_6683 Img_6686

西赤石山~物住頭~石室越~赤石山荘

前赤石山を南に巻く

面白そう・・・・

と思ったが、行ってみたらしっかりした縦走路であった。

好きなコースだな、あんな感じ。

登山者の人と何人もすれ違った。

ちょっと、怖がっている人もいた。

危なっかしいなあ。

怖い所・・・と表現した奥さん。

奥さんを叱咤していたご主人。

慣れない人には、さぞかし肝が縮んでしまったことでしょう。

| | コメント (0)

東と西を見る

Img_6626 /

/

/

/

/

/

/

四国・笹ヶ峰から東を見る。

歩いてきた尾根が見える、戻っていく山が見えた。

Img_6632_2

笹ヶ峰から、西を見る。

一番奥が,石鎚山

中間が、瓶が森

手前は、伊予富士かなあ。

| | コメント (0)

2007年5月 3日 (木)

デナリの怒り心頭!!!!!!

Img_6558 フェリーは、いっぱい。

行きは、時間が遅かったので

割と空いていた。

帰りは、予約時間より

一便前の船をキャンセル待ちして、

最終の所に滑り込めた。

しかし、客室に行った時には

座る所も無かった。

ふてくされて、デッキで座っていた。

寒い寒い。

だーさんは、いいよね。

新居浜の道の駅・マイントピア別子で温泉に入って

Img_6755 ビール買って、揚げたてのジャコ天食べて、ワゴン車の後ろで寝っ転がって

グーグー眠って、そりゃ、あんたは、よーござんすよ。

船に乗ったとたんに、またビール片手ですか。

そして、私には、ジュースの一本も無しですか。

こちトラ、ジャコテン一枚運転しながら、食べただけで、

もう一枚食べたいと言ったら、徳島着いたらご飯と食べるのに置いておきなあと

お預け食った。

着いたらスグに乗船だった。

SAによって、セット食べようかと、話し合った時も、「要らない」

そりゃ、食って飲んで寝てるから要らないわな。

ファミレスでもいいんだっつーの。

何一つ食べさせてもらえない私の身にもなれ!!

山では、トロトロして遅いことこの上ないくせに、

山下りたら、トド並みのぐーたら度MAX。

ちったあー、ストイックに鍛えようと、日々の食生活を改心する気にはならないんだろか。

私の怒りとイライラ度も帰りのフェリーでMAXであった。

| | コメント (2)

四国、八巻山の微妙

Img_6692 四国・赤石山荘

東赤石岳の麓。

立ち寄った。

尾根伝いに悪路を東赤石岳まで行くのも

ワクワクして面白いでしょうが、

小屋もいい感じでしたよ。

何と言っても小屋から八巻山への登りは、いい眺めでした。

Img_6693 八巻山

Img_6694 Img_6695 Img_6696 微妙なバランス

登って行く。

この岩・・微妙じゃない?

後ろに回って見るとますます微妙。

地震できっと、転がり落ちるな・・・きっと。

この大岩、いかがなりますかしら。

Img_6697 八巻山の頂上には、祠。

頑丈そうなピッカピカ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

笹ヶ峰までの花

Img_6567 syoujoubakama

Img_6570 hikagetutuji

Img_6571_1 Img_6575

/

/

Img_6572 syakunage

Img_6597 Img_6599 Img_6647 Img_6650 Img_6652 Img_6653 Img_6654

07.4.29  

東平~銅山フュッテ~銅山峰~笹ヶ峰~銅山峰~銅山フュッテ

・・・・・・・・花たち・・・・・

29・30と晴天が続き花がたくさん咲いたのでしょう。

しかし、写真を撮り撮りあるいたのは、時間が早かったので

まだ、これからって感じでした。

往路より復路がたくさん咲いていましたが、帰りは先を急いでいましたから

さっさと通過しました。

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

あけぼのつつじは、これから。

Img_6656 Img_6655 あけぼのつつじは、これからです。

「もう咲いていましたか?」

反対方向にすれ違う登山者の人(2パーティだけだった)

結構、みんなに聞かれました。

そうなんです。

Img_6574 Img_6604 Img_6605 まだじゃないんかなあ。

山の斜面は

一面色づき

それは、それは、観光客が押しかけ、何万と言う人が花を楽しむと聞きます。

今年は、遅いそうですよ。

Img_6722

Img_6750 Img_6749 Img_6659

あけぼのつつじ・ミツバツツジ・ツガザクラ・シャクナゲ・アカモノ

シロドウダン・ウツボザクラが順に咲いていく。

高山植物の宝庫と呼ばれるほど花の種類は多彩で

豊富。

西山の一面のツガザクラは、まだまだ影も形もありません。

も少しすると一面、見事な花盛り・・・・・。

楽しみだね。

でも、私は、混みこみの山は、ごめんだよ。

| | コメント (2)

銅山峰に鉄塔あったよ。

Img_6569 Img_6573

四国の鉄塔も、可愛くって。Img_6587 Img_6591

鉄塔なんて、

どこも

変わらないといわれそう。

四国電力って書いてあるのかと思ったら、違ったよ。

住友共同電力とか・・・・って書いてあった。

別子銅山。

過去に住友が何らかの形で関ってきたそうだ。

愛媛県新居浜市から別子山村に至る広大な銅山の多くの遺跡は、いまゆっくりと自然に還りつつある。

確かに、レンガで出来たそこここは、何だったか分からないようになっていくんでしょうね。

世界遺産に登録されるように申請されているようですね。

| | コメント (2)

2007年5月 1日 (火)

銅山峰フュッテにテントはる。

Img_6576 Img_6577

銅山峰フュッテにテントを張らせていただいた。

こちらは、公共のテント場ではありません。

小屋にお願いして使わせてもらう。

水場の沢は枯れているから、小屋のお水を分けてもらった。

小屋が開いてなかったら、水持参だね。

早朝に着いたから、写真はひっそりだけどテントを張って、再び出発する時は

女性二人が、西赤石岳に向って出発した。

夕刻帰って来たら、たくさんの人がいた。

Img_6578 テントは、私達の1張りだけだった。

台帳に記帳すると、一昨年の3月媛大医学部13人?の次だったと言って

だーさん驚いていた。

天場代は、「頂かない事にしています」とおっしゃっていたそうです。

登山口の東平でも駐車料金要らないし、

夜中に走ってきたせいで、徳島IC~新居浜ICまで2300円の高速代にも驚いた。

やーん、我が家にとっては、非常にエコノミー。

新居浜の夜景はそれは、それは、美しい。

キラキラキラキラ。

写真に撮ったけれど目に映ったようには写らない。

残念。

Img_6662 Img_6666

30日、

テントを撤収してデポしていく、

朝出発時には、こいのぼり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6742_1 Img_6743

Img_6744 Img_6745

早朝に、出たからImg_6746 、13時過ぎに戻ってきた。

小屋は、再び静かになって、

小屋前の木の下で、休ませて貰った。

それは、それは、心地よい達成感と疲労感。

寝転がって空を見た。

荷物をパッキングして、お礼を言って下りました。

| | コメント (5)

四国・笹ヶ峰と東赤石岳

Img_6631

4月29日 笹ヶ峰Img_6632 Img_6633  行って来ました。Img_6634 Img_6635 Img_6636

/

/

Img_6699

4月30日 西赤石岳~東赤石岳 行って来ました。

  Img_6702

Img_6701_2 Img_6708 Img_6707 Img_6706 Img_6705 Img_6704 Img_6703

歩きましたよ。

よく歩きました。

四国の山は、一つ一つの山を繋いで縦走したかったの。

しかし、仕事が終わってから、時間が無かったの。

四国に渡り、麓まで高速道路を走り

車の中で仮眠して、山に入った。

車をデポして、タクシーで登山口に移動する時間も無く。

ピークだけ踏むのなら、登って降りて車で移動して仮眠

次の日も登って降りて帰ってくること出来たんですが

稜線ずーっと、歩きたかったの。

で、テント泊で、往復して、往復してきました。

ほんと、歩いた歩いた。

一日は雨降ると、覚悟して行ったんですが、2日ともすごい天気。

雨に会うことも無く帰宅しました。

今朝、だーさんは、足を引きずって仕事に行きました。

私は、何ともありません。

初日は、入山1時間テント張って、それから笹ヶ峰往復11時間。

下山日は、東赤石岳往復8時間、下山1時間ってとこかな。

感想・・・・よーく歩いたーあ。

| | コメント (6)

ミントとローズマリーと

Img_6533 おはよう。

ミントとローズマリーと

今日は、爽やかにハーブで、おはよう。

スグ根っこが出ますよね。

強い。イイ香り。

/////////////////////

28日の夜、家を出発して、船に乗る。

高速道路を走って四国に入る。

山の駐車場に仮眠を取る。

そして、テントを張ってBC?

二日間、四国の山を歩く。

こんな計画書を出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忙しいから、先の先まで・・・この回まで記事UPした。

どうだったか、・・・・なあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼には、報告できるから、良かったらみてね。(今日は4月26日)

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »