« 東平を「とうなる」と読む。 | トップページ | 駄目だ三角点には意欲が湧かない。 »

2007年5月 5日 (土)

怒っても何にも変わらない。

Img_6613 あちらに見えるのは、ちち山別れ。

長い長いルートのひとまずの目標は、ちち山別れでした。

ちち山別れの分岐で

もう一つのコースと分かれる。

もう一つとは、

平家平から三ツ森山から大座礼山

いつか行って見たいなあ、このコースも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふつふつと、マニアックな山が好きな私が、行きたがってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地図上に

小屋マーク水場マーク天場マークもないなあ、手ごわそう。

平家平ってどんな所?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_6614 Img_6615 Img_6616 Img_6617 ここは、ちち山別れ。

だーさんは、ちち山別れで待っているという。

「こいつぁー!!!」

ブチきれてしまいそうだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「山で怒っても何も変わらないでしょ・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前あけもどろの誰かさんが私に言った言葉を思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ、そうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

私もそう思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「前向きな私」と「怒り出しそうな私の心」が語り合った。

外に向けて気持ちを発しないで、ウチの自分に目を向けた。

・・・・・・・・・・・・

私は、どうしたいか、問うてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・

「私は、笹ヶ峰のピークを踏んで、日没までに安全にテントの所に戻りたい。」

「すると、どうしたら1番近道?」

「一歩一歩。歩きツズケルことかな。」

「そうだ、一緒に歩くことに努めよう。」

「今日は、天気が抜群にいい。万一、スピード落ちても、日没まで歩き続けられる。」

「大丈夫。だーさんとなら、ぼれぼれ行ける。」

「笹ヶ峰まで、一緒に行こう。」

腹が決まったら、何も焦りも無くなった。

嫌そうなだーさんを見ても、何も感じなくなった。

必ず行けると確信があった。

長い長い行動時間の末、テントに無事帰ってきました。

お茶して、

夕飯自炊して、

テントで横になっても、明るかったよ。

やれやれ・・・・であった。

|

« 東平を「とうなる」と読む。 | トップページ | 駄目だ三角点には意欲が湧かない。 »

コメント

ガンガン山登り進んでますね。
わたしも昨日小山を登ろうと向ったのですが、途中渋滞
してたので、結局植物園に行っちゃった。
山登ると気持ち良いんですけど、残念
デナリさんがうらやましい!

投稿: | 2007年5月 5日 (土) 18:55

花様へ    デナリ

こんばんは。
山でも北アルプスなんかで人気な山では、渋滞あるよ。

ありがとう。
山にぼちぼち行けてます。
なかなか、行けないこともあるけれど、
まあいいか、まあいいか。

植物園いいな。
青い空青い花素敵でしたよあの写真。
刺激的。

投稿: 花様へ      | 2007年5月 6日 (日) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東平を「とうなる」と読む。 | トップページ | 駄目だ三角点には意欲が湧かない。 »