« ダントツ一位の彼 | トップページ | ウィンブルドンの青い芝生 »

2007年6月27日 (水)

山の仲間のお葬式のこと思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き・・・・・・・・・・・・・・

しかしそんな彼女もそれから何年もしない間に帰らぬ人になった。

突然な事だった。

彼女の友達から夜電話がかかってきた。

彼女の手帳にあるTELに悲報を知らせる電話してるといっていた。

面識の無いお友達。

若い私は、初めて友達のお葬式に行った。

友達と言うには、日が浅い山の仲間だった。

いくつ一緒に山に行ったでしょう。

後にも先にも友達のお葬式はこの歳になっても無い。

助産学科の実習中であった。

何年前の事じゃい!!!・・・・かれこれ25年くらい前かな。

大事な実習だったが、サボって大阪の教会まで行った。

賛美歌をうたい、献花を棺にした。

うっかりものの私は、ハンカチを持っていなかった。

涙が流れた。

我慢しきれないくらい泣いていた。

あけもどろの樟様がハンカチ貸してくれた。

だーさんもそこにいたなあ。

何で死んじゃったんだろう・・・若いのに。

あれ・・・お葬式行ったこと前にも書いたかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_7452 私が死んだら、誰に連絡して欲しい?

考えた事も無いが・・・今ふっと思った。

/

/

/

/

|

« ダントツ一位の彼 | トップページ | ウィンブルドンの青い芝生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の仲間のお葬式のこと思い出した。:

« ダントツ一位の彼 | トップページ | ウィンブルドンの青い芝生 »