« 山にどんな救急薬品もって行く? | トップページ | 山の仲間のお葬式のこと思い出した。 »

2007年6月26日 (火)

ダントツ一位の彼

0622002 子供の頃、どっちがすき?

と聞かれたら、決まって好きでない方を選んだ。

理由は、私が欲しがったら、4歳年下の妹が

それを、欲しがった。

子供ナリの知恵と姉の余裕とデナリのずる賢さで

必ず欲しい方をとっておく。

そして、欲しがる妹に譲ってやる。

妙な習性が身に着いて・・・好きなものをとって置く。

とっておき。

そんな生き方が好きだ。

好きなことはかくし切れない。

好きで好きで仕方が無い。

しかし、この人のどんな所を好きなのか・・・・誰にも教えてあげない。

だって・・・・・・。

私が好きなんですもの。

しかし、溢れてしまうこの気持ち・・・・言わなくても何故だか周りが気づく。

三年寝太郎から、メールが来た。

母のためにと・・・写真送ってきた。

そう、誰もが知ってる・・・・デナリの大好きな彼。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さい頃から分かりやすい子だったと、真知母が言う。

学校から帰って来たら、好きな男の子は、好きと言わなくても良く分かったらしい。

だって、登場回数がダントツだった・・・らしい。

だから、会わなくてもどんな子の事を思っているかわかったらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そりゃそうだ・・・・・・。

|

« 山にどんな救急薬品もって行く? | トップページ | 山の仲間のお葬式のこと思い出した。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダントツ一位の彼:

« 山にどんな救急薬品もって行く? | トップページ | 山の仲間のお葬式のこと思い出した。 »