« 東京ドーム | トップページ | 最後の桃 »

2007年8月14日 (火)

堤防に上がる道

Img_7877 Img_7878 堤防へ上がる道。

青い空

飛び立てそうな

加速度つけて

堤防の道に

合流した。

わが町のこの川は、豊かな流れ。

昔、昔から変わらずに、私たちの親を、そしてその親をその又親を育んでくれてきた。

そして、私の子供達も・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だーさんが、とっとこ太郎に・・・話しかけた。

広島に原爆

長崎に原爆

たくさんの命が亡くなって、たくさんの人にひどい目にあったが、

この地も、大空襲で1000人の人が亡くなり多くの人が大変なことになったのを

知っているか?

そう問いかけた。

知っているよ。

何度も聞いた。

そうです。

しつこいまでに、何度も話して聞かしてきた。

この地が、初めて空襲に見舞われたのは1942年4月、隣町へ向けての機銃掃射だった。45年1月、この地の市駅付近が爆撃されてから8月14日まで10数回、標的にされた。
 最大の被害を受けたのが、7月9日午後11時半から3時間半にわたる大空襲。B29約50機(100機とも250機とも)がこの川の北部の地区から市街中心部にかけ爆撃を加え、市民の7割が被災し、死者は1200人にのぼったといわれる。
 特に中心部は、城の天守閣が焼け落ちたのを始め、あたり一面が火の海と化し、避難場所となっていた県庁跡(現・公園付近)、また、市街地中心を流れる小さな川の周辺で多くの人が亡くなった。

真知母(私の母は小さかった)大空襲があった次の日

危険を感じた母の両親は、幼い真知母を疎開させる為に、川の上流の桃の里の山奥のおばあちゃんの実家に一日かけて歩いて行ったそうだ。

私が通勤に使うこの道を、幼い子を連れた私の祖母は、娘の為に幼い手を引いて歩いて逃げたんだと思うと、涙が出る。

そうして守ってくれた命のおかげで、私が生まれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その幼い真知母の記憶。

暑い暑い炎天下、母に手を引かれ堤防を歩く。

右手には、川が流れ堤防の下に並んでいたものは、たくさんの死体であった。

幼い真知母には、分からなかったそうだが、その時の光景は今も

目に焼きついているそうだ。

物心のついていない少女の目に焼きつくそんな光景。

恐ろしい事だ。

悲しい事だ。

あってはならないことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

戦争が終わり、真知母には、歳の離れた妹が生まれた。

もちろん私の叔母だ。

・・・・・・・・・・・・・・

私の叔母ですら、戦争を知らない。

戦争は、嫌だ。

・・・・・・・・・・・・・・

私が、子供の手を引いて堤防の道を歩いて、疎開する母で無くてよかった。

そして、そんな役目を負ってくれたトキエ祖母に、感謝!!!

こんないい時代に産んでくれてありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・

今の世の中には、いろいろあるが、私は思う。

子供を守るためとは言え、遺体の並んだ横を歩くそんな怖いことせずに

済む母は、幸せです。

ちなみに、その時も怖くは無かったと、トキエ祖母か真知母に聞いた記憶がある。

どんな時代でも、人はみな懸命に生きているってことなんでしょう。

怖い怖いと言う私でさえも、その時代に生きていたら

必死で我が子を守る事を考えて生きていくんだと思う。

そんなこと思うと、ちょっとしたイザコザモ、ちょっとした失敗も

思うようにならないことも・・・もしも私に降り注ぐことが起こることがあったとしても

負けてられないなと思うのであります。

おー!!!

|

« 東京ドーム | トップページ | 最後の桃 »

コメント

うちの母実家も空襲にあったそうです。
今でも母はドライブ中、いい感じのしかし古い街並みを見ると「この辺は空襲にあってないねんなぁ・・・」と言います。
当時、母はまだ赤ちゃんでしたが屋根を突き破り、目の前に爆弾が落ちたそうです。
そして幸い家族がいた反対側に倒れたので命からがら逃げ出せたのだとか…
戦争で何もかも焼けてしまった。。。
戦後、不衛生極まりない状態で予防接種なんて受けられなかった。。。
何度も何度も繰り返しきく話。
冷静に聞くとすごい話なんだけど身近すぎて逆に現実逃避してしまう私。。。
だめじゃん!
今日この日に記事にしなきゃね…

投稿: いなほ | 2007年8月15日 (水) 18:26

いなほ様へ    デナリ
読みました。
こんばんは。
ホントに紙一重で生きてこれたんですね。
爆弾の倒れる方向で生死を分けるんですね。
お母様が助かってよかったですね。
怖いですね。

客観的に考えて
田舎の町にばんばん敵の飛行機が飛んできて
ボコボコにされておおぜいの人が死んでいくのを
おかしい。
負けている。
と何故に分からなかったんでしょうね。
バカみたい。
ありえない。
変よ。
ほんとにへん。

助かってくれたお母様をどうぞ大事にして差し上げて♡

投稿: いなほ様へ | 2007年8月16日 (木) 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堤防に上がる道:

« 東京ドーム | トップページ | 最後の桃 »