« 私の罪 | トップページ | 久々の靴擦れ »

2007年9月 5日 (水)

幾つまで山に行けるかなあ。

Img_8018 ツエルトで寝た朝は、雨で煙っていた。

6時だと起きた。

小雨で雨が上がった。

撤収して早々と下山した。

/////////////

こんな日にこんな朝早く、下山の一時間で誰かに会う筈もないと思っていた。

降りはじめて、ばったり・・・あけもどろ縫様が上がって来た。

あれえ・・・遅いよ遅いよ。

先に、下りてくる。

・・・・・・・・・・・・・

更に下山すると、年配の方が登ってこられた。

こんなに朝早く下山だなんて・・・と思われたのでしょう・・・私達に関心もたれたみたいです。

同行の皆より少し遅れて降りた私には、

「楽しいことして来たんですね・・・」と、話しかけられた。

ビバーク体験を楽しい事と言うのだろうか。

まあ、爽やかで町の夜景がとても綺麗で最高でしたから、楽しい事と言えなくも無いかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・

山で出会うご高齢な方が増えた。

一人で70台の方が登っておられるのに会うと、すごいなあと思う。

能面を彫る君は、そんな方にすれ違い「幾つまで登りつつけないと駄目なのかなあ」

と言った。

日々修行のお方にはその様に響くのですか?

・・・・・・・・・・・・・・・

「登り続けないと駄目・・・・・ですか?」と私は言った。

私的には・登り続けられるかなあ・・(いつまでも登りたい)なんだけど・・・。

高齢者の方ほどツエルトお持ちになった方がいいでしょう・・オススメしますわ。

|

« 私の罪 | トップページ | 久々の靴擦れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幾つまで山に行けるかなあ。:

« 私の罪 | トップページ | 久々の靴擦れ »