« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

インセクト

Img_8710 松本零士が好きだと言う本を貸してくれるその先生は

一番好きなのは、西岸良平と言う。

今秋・・2作目「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が公開されますね。

知らないや・・・・とは、言えない。

DVDは、見たことあるけれどなあ。

・・・・・・・・・・・・

松本零士も読んだこと無いから・・・・知らない・読まないとか言わず読んで見る。

・・・・・・・・・・・・

インセクト

虫のお話ではないけれど、虫がテーマに出てくるのよ。

・・・・・・・・・・・・・

デナリは、コミック本しか読まないのか?と、聞かれそうですが・・借りるから仕方が無い。

まあ、貸して貰うのに罰当たりな・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

時間があれば、

機会があれば、折角なので読んで見たら、やっぱりいいと思うよ。

興味ないとか、そんなこと言わないで・・・。

知るは楽しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

竹輪

Img_8578 Img_8566 四国のお土産はこれだった。

冷たいままだと竹から離れないが

少し暖めると綺麗に食べられた。

ワイルドな食べ方・・・これがまたいいんだよ。

こりゃこりゃ、とってもいい。

いつもニコニコ・・・。

ちくわは、地元でもおいしいの売っている。

何処も一緒と・・・違いの分からない我が家ではあるがまあいい。

行った先の旨い物を持ち帰る。

帰る家が、楽しんできた幸せを一層楽しくさせる。

・・・・・・・・・・

今度は何処で帰るだろうか?

楽しみ楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体が辛いと食欲増す。

Img_8639 体調が悪い。

そのバロメーターが・・・私の食欲。

体が辛いと・・・食欲が増す。

そして、抑制効かない。

美味しい、何でもおいしい。

食べたい・・・・。

寝る→食べる→寝る→食べる→寝る

それって、体調悪いって言わないんじゃない?

しかし、体調いいときは、食べたいと思わないから・・・・。

耳の下がボワーっと痛いし、肩凝っている感じがするが、

頭は日曜の夕刻から既に痛くはないし・・・。

下痢日曜の夕刻1回した・・・こりゃー風邪だなと思ったのも束の間

ガンガン回復するする・・・それにしても、よく眠れる。

寝ても寝ても眠い。

そんな時は、寝るに限る。

こんな時私は幸せものだ・・・・・いちでも・どこでも・どれだけでも眠れる。

5分でも熟睡する。

超寝つきがいい。

食欲は・・・困ったものだが・・・手っ取り早い回復の早道だから・・。

また、増えるな・・・。

肉が付くな・・・・。

昼ごはんは、完食。

朝寝に引き続いてこれから、昼寝するわ。

・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の頂上は・・・最高の日の出・日の入りの写真が撮れそうです。

Img_8616 尾根を歩き

海に降りて出発地点に戻る。

いいコースだと思うよ。

参加した人が

いいところですねと言っていた。

確かに・・・・。

天気が良くって見晴らし最高だったせいもありますがなかなか、誰かを案内したくなりました。

Img_8684 あの尾根をぐるりと歩く。

山の頂上は、ビューポイントです。

朝陽に

夕陽に

素敵な写真を撮れそうです。

しかし、一人ではちょっと、寂しいな。Img_8678

寂しいと言うか不気味と言いましょうか怖いな。

恐らく、大晦日から元旦は・・・凄い人かもしれないけれど・・・。

さぞかし、ダイナミックな写真になるな。

そうだ・・・来年は、ここで観月してもらおう!

いやいや・・・言い出しべーが担当者になるから・・・言わなーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

丸々なほっぺたになって・・・。

Img_8726 夕方、白い壁がスクリーンのようになって

私の影を映した。

あ。

今日も夕日が綺麗だ。

急いでカメラを出してみた。

曇るな曇るな。

Img_8727 写真に撮るまで消えてしまわないで・・・。

お願いお願い。

逆光が素敵です。

Img_8728 何も変わらない写真だが

徐々に夕陽が赤味を出して

大きくなり始めた。

Img_8729 こんな感じ気に入ったから・・・

もう少しこのまま・・・夕陽を見ていましょう。

電気もつけないで

ぼんやりしていましょうね。

誰もいない家。

何も考えないで、何もしないで。

Img_8730 自分の影を眺めていた。

ハッと我に返る。

今日もよく生きました。

Img_8731 夕陽を見ても涙も出ない。

元気なのか

そうでないのか・・・・。

自分の影に聞いてみた。

・・・・・・・・・・・・・・

ボサボサの髪を何とかせねば・・・。

・・・・・・・・・・・

Img_8732 そうそう、先日・・・またもや・・・20年来の知り合いに・・両頬を両手で挟まれて

いいおかあちゃんになったなあ・・・と、目を細められた・・・。

褒められてんのか、けなされてんのか・・・・。

ありがたいような、そうでないような。

「そんなに言われて・・・ウレしか無いわ・・・」と言ってみた。

・・・・・・・・

私って・・・・挟みたくなるほど・・そんなに丸々してる???

10月27日の夕陽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い木

Img_8530 Img_8531 一週間はあっという間に経つ。

石鎚山でこの木の写真を撮ってから

今日で2週間経つ。

ともかくあっという間に日が過ぎた。

秋だねえ。

秋の紅葉の中で・・・黄色い落ち葉が

私は大好きだ。

見て良し・・・撮って良し。

何だか黄色い葉は・・・ホッとする。

職場の前の銀杏の木は、まだ色付いてもいません。

早くヒラヒラ舞っておくれーな。

そう言えば・・・明神平で闇鍋して観月したのが1年前。

早いものでまた観月会の時期がやって来ましたね。

今年は、大峰・弥山・狼平でするそうです。

弥山川をテントを持って登り・・・・自分用にキンモクセイのお酒を持って行きましょう。

そうそう、職場の忘年会は12月初め・・・私が留守番に決まりました。

夜食は・・・・何食べてもいいそうで・・・・相当豪華な食べたいものを好きなところに注文していいんだと・・・・・・。

ほかの2人と相談して、豪華な夕飯と夜食をGETせねば・・・・。

何処がいいでしょうね・・・・・・。

それより、どこが配達してくれるでしょうね・・・・。

ふふふ・・・・楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじさんもメールの交換を

一週間はあっと言う間だ。

先週、市民ハイキングに行ったばかりなんだが・・・もう日曜日。

先週、写真の光景をImg_8597目撃。

おじさんも、メールの交換をすなる。

「アドレス教えて!」

「使い方わからない・・・・。」

さり気なくかたほうは、さささと・・・登録して・・・着信した着メロに対して・・・

「それ、こっちのアドレス」と、言っていた。

おじさんもアドレスの交換する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

バイトで学びジャズを吹く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

集中力の限界が15分。

癒しを求めているような気がする。

横柄な態度だが絶えず顔をみていて、時に寂しげな表情をする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな精神的に幼い生徒さんに三年寝太郎がバイトで接していると言う。

たまらなくなって「キレソウニナル」と言いつつも話す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

前の先生が逃げたのか、

前の先生をその子が蹴ったのか

その先生に代わり三年寝太郎が最近になって受け持つようになった。

そんな話をボソッとしている。

Img_8657 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バイトとはいえ・・・いい勉強をさせてもらっているようだ。

色んな子と接して、学ぶのだぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、トランペットを吹く三年寝太郎は

今日は、JAZZを吹きにこの界隈に出かけていった。

マラソンのイベントがある。

走る選手の沿道でJAZZを演奏する。

ジャズマラソンと言うイベントだ。

正式には

ジャズの生演奏が流れる海沿いの道をマラソンする。

演奏する者達も、応援や見学するもの達も、もちろん走る選手も

潮風を感じて、スイングする。

・・・・・・・・・・・・・・

私も

一度ジャズマラソンも覗いて見たいよ・・・一度も行った事が無い。

でも、休みあったら山に行くな・・・当分は・・・・。

三年寝太郎・・・ご機嫌な演奏を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィブリノーゲン使った事があるなあ

おはよう。

私は頭が痛いや。

・・・・・・・・・・

私が消化器外科病棟で勤務していた25年前、確かにフィブリノーゲンを使った事があるなあ。

おや?

今問題になっているフィブリノゲンは、違うのか?と思ったら、

一度認可しなおしたから、名前がちょこっと違うだけで全く同じものだとわかった。

その頃のウィルス性肝炎は、A型・B型のみはっきり治療の対象になっていた。

私が学生の頃は、今からは考えられないが、食器まで使い捨てで別に区別されていたんだよ。

しかし、nonA・nonBとか言って

恐らくそれ以外の肝炎のタイプがいくつかある・・・とわかってきた頃であった。

・・・・・・が、チェックされる事はなかった。

今問題になっているのも、その頃に治療を医療機関で受けた人なんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

医療は刻々と変わる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

C型肝炎ウィルス(+)の方がお産される時は、血液がお産のときに周囲に付着しないように使い捨てのシーツを周りに敷き込む。

お産の時は使い捨ての術衣と二重手袋で介助する。

使い捨ての器械が無いものは、特別な消毒液につけて消毒して、そのあと滅菌にかけて

再生する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

器械の後かたずけは、私達の忙しさを緩和するために、助手さんがしてくれる。

このたび、若い入りたての新人助手さんが2人いた。

勤務が終わりの時間だった。

彼女達にC型肝炎に対する知識がしっかりあるかないか、私は教育係ではないから知らない。

しかし、この機械類は私が消毒液に漬けるから触らないでと言った。

ついていて教えてあげるような余裕は無かった。

しかし、放って置いたら感染のリスクにさらされる。

「私が後はかたずけるから」と言ったものだから、

仕事が終わりの時間が済んだ彼女達がサッサと帰った。

それで、彼女達は、批判された。

かたずけて帰るべきだったと。

もちろん「リスクある後かたずけだから、私がする」と私が言った事が発端だったから

彼女達には何も罪はない・・・事を言ったが・・・・

仕事をきちっと、させないのは、親切でも何でもないと叱られた。グスン。

・・・・・・・・・・・・

言い返す・・・・・

デ:「B肝だったら、そんなこと言わないけれど、C肝だったし。もしも、ミスしたら・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

B型肝炎は、ワクチンもあれば・・・・治療法もはっきりしている。

C型肝炎はワクチン無し。

なにもC肝症例でで、学ばせなくても・・・・と言い返したが

上司:「それは、彼女達の問題で・・・(彼女たちの責任でしょ)」

悲しすぎませんか?

ちょっと、無情を感じた。

グスン・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛だろ!!!

患者さんに使ったかどうか・・・その人がそのせいでC型肝炎ウィルスに感染していないか?

認可した薬でC型肝炎ウィルスに感染した人がいないか?

売った薬でC型肝炎ウィルスを世の中に広げてしまってはいまいか?

そういうことを気にするのも。

・・・・・・・・・・・・・

Img_8717 広くいえば・・彼女達に感染させない事に配慮する事も・・・・。

関係ないといえば関係ない。

しかし、それも・・・・。

愛だろ!!!!

・・・・・・・・・・

関係ないけれど・・・・・

私は・・・・・・・・・・・・

C型肝炎の産婦さんのお産介助した。

B型肝炎ウィルスのワクチンをうった。

風邪引いて咳しているママに付き添ってお産介助した。

・・・・・・・・・・・

何がどうだかわからないが

昨日の夜勤明けから体がしんどい。

昼寝もどっさりした。

あったかい夕飯鍋もガツガツ食べてお風呂に入った。

だーさん、三年寝太郎の帰宅も知らない時間に寝た。

しかし、今朝・・・・5時半集合の為に4時に起床。

起き上がれなかった。

頭痛い・喉痛い・耳の下痛い。

首の後ろ痛い。

明日も夜勤だ・・・穴を開けるわけにはいかない。

山行きは、泣く泣く・・・パスした。

さっき、温かいうどんを食べた。

また、寝るわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャクナゲの花芽

Img_8468 シャクナゲの葉は、

こんな付き方がするんです。

木には、その種特有の葉の付き方があるのを

ご存知か?

みっしり、ぐるりと葉が可愛いね。

中央は、花芽でしょうか?

今年は花芽が少なそうだと、石鎚山東稜であった方が言ってられた。

そうだね・・・・この尾根は・・・笹がしっかり茂る今の時期はなかなか登り易いかもしてないが・・・シャクナゲが咲くころは可愛い花にたくさん会えるかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

10月27日のあさがお

Img_8724 10月27日のあさがお。

秋の冷たい雨を昨日浴びた。

寒かろな、辛かろうな、

Img_8725 がんばれよ。

・・・・・・・・・・

・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌の浦・塩竃神社

Img_8681 和歌の浦・塩竃神社

しおがまと読む。

他所の土地にもあるんですね。

ここは、地味です。

地元のものでも知らない人も多いのではないでしょうか。

安産祈願。

我が家は、ここに来なかったなあ。

私の場合、陣痛が弱くて時間はかかるものの安産でした。

山部赤人の歌碑がありますの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐ろしく高いクレーンで

工事はじわじわと進んでいる。Img_8697_2  Img_8698

恐ろしく高いクレーンで

何を何処に吊り下げようと言うのか

恐らく見えないが地中深く掘り込んで

物をそちらに下ろそうとしているのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

海からの潮風にさらされて。

Img_8634 和歌の浦・潮騒の小道

古くなった建物がなかなか朽ちる事も無く

海からの潮風が錆させて、

凄い姿になってしまっている。

何の建物になっていたのか?

怖い。

不気味。

Img_8647 その傍らでは

新しいリゾートマンション?建っている。

長いクレーンで海辺の斜面に出来ている。

それもこれも全部ひっくるめて、ここなのだから。

クレーンの向こう山の頂上から先ほど見下ろした

この海は、青かったが

Img_8650 下から見上げた空はもっと青かった。

多分マンション建ち上がったら・・・山の頂上は、この遊歩道からは見えなくなるな・・・・。

可も無く不可もなく。

・・・・・・・・・・・・・

わたしゃ、古い建物は、好きじゃない。

ここは何だったのかなあ。

レトロと言うにはちょっと不気味。

Img_8644 Img_8645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターヘリが降りた

Img_8672

ドクターヘリが飛んできた。

病院の屋上に降り立った。

ハイキングの最中、南の方からパタパタと飛んできて、あっという間に降りた。

日曜と言うのに、生死を分け一刻を争う患者さんが搬送されているんだねと・・思っていた

ポカンと・・・・誰も何も言わず無言で見上げた。

誰かに聞いたな・・・白衣ではない・・・黒?だったか・・・腕に色んな証書?のワッペンが付いた制服を着た搭乗スタッフが、院内を風を切って、歩いていると・・・。

私が見たわけじゃないから・・・本当の所は・・知らないよ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天気予報は大当たり。

Img_8703 変わんない夕陽だなあ。

しかし、撮影日が違うから許してね。

夕陽は、10月23日

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、外では土砂降り。

雷ゴロゴロ鳴っている。

Img_8704 ・・・・・・・・・・・・・・・・

叔母が骨折した。

家で養生していると聞いた。

見舞いに押しかけて行こうと思ったが

又にする事にした。

ゆっくり寝ていたいよね。

大事にしてね♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワクチンの影響は切れて来た。

眠けも覚めてきた。

腕のだるさも無くなった。

若干は、耳下腺が腫れている気がする。

腫れてると言う程でもないが、指で触るとわかる程度です。

食欲変わりなし・・・・別に食欲なんか無くなっても全然かまわないのにね。

ふー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おー!!!

近頃では珍しい、土砂降りだ。

天気予報は、大当たり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔓が延びる

Img_8407_2 蔓が延びた。

ブロック塀に沿って伸びる。

夏に延びた蔓は、緑色。

何故だかここに来てつるが延びた。

それがね、おかしいの。

見てわかるように、同じ株なのに

色も違えば大きさも違う。

どういうことなのでしょうね・・・・。

雑草のように空き地とかにも伸びる蔓紫。

紫色の花が咲く。

ブロック塀に沿って、犬走りの所に見ずも無いのに先を伸ばす。

何だかけなげなので応援の意味で土をまぶしてあげた。

気が向いたのでしょうか・・黄色い5本目が伸びた訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

草刈の堤防から・・・感謝はいずこに

Img_8383 堤防に止まっているゴミ清掃車が・・・まるでカメレオンのような色で

何だか下から見ると・・・トカゲ系の生き物のようでおかしかった。

堤防に生える雑草を刈る。

道との境界は・・・草刈り機を首から吊るして・・・大勢の人が作業している。

堤防の斜面は、虫のような不思議な形した機械が、自動で刈っているのを見たことがあるが、今日は、使っていないみたいです。

刈った草を収集車に集めて処分場に持って行くんでしょう。

いつも、さっぱりしてくれてありがとう。

世の中、いろんな人がいろんな仕事で支えてくれているんです。

私の好きなこの道をこの景色をいつもこんな風にあるのは、当たり前なんだと思わないで

感謝しよう。

私が夢中でお産に関れる仕事が出来ると言うことが、どれだけの人に支えられて出来ているのだとよく分かった。

先日、私のサポート係に上司の助産師がついた。

確かに助産はすばらしい。

しかし、サポートは慣れていない。

どんなに、入れ替わって動いた方がスムーズに行けるかと思う程・・・サポートの仕事が進まなかった。

気が付けば私の業務をその人がしていたりして・・・・・。

いつも、周りで支えてくれている同僚が私がスムーズに助産業務を進めるように周りを

支えてくれているんだとよく分かった。

私がサポートに回った時、同じように・・・「して欲しい事しないで、それは私が後でしても大丈夫だから・・それより、こっちをしてよ・・・」と・・・思わせてしまうのだろう。

そちらに回る事が無いから、たまに回った時にそうなる。

そこで学んだ。

そして、感謝した。

夢中でお産とっているときも・・・そんな私を支えてくれているスタッフがいるから出来ているんだと・・・。

更にも1つ考えた。

私がこうして、仕事できるのは・・・・・。

だーさんが理解と協力してくれているから。

そして、三年寝太郎ととっとこ太郎がしっかりしているから。

そして、母・祖母がそれぞれに、自由にイキナと・・SOSも出さず自分で懸命に生きててくれるから・・・。

何か1つでも変われば、違ってくるだろうなと思う。

感謝しよう。

・・・・・・・・・・・・

自分に甘いとっとこ太郎に怒鳴ってしまった。

少し悲しい。

叱るより褒めて育てたいのに、褒めれば頭に乗る、羽目を外す、当たり前の日常生活をなまける。

感謝はいずこに・・・・・。

「ゴメン怒りすぎた。」

とも言えなくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は一度で胸に焼き付ける

Img_8591 テレビで見たよ。

色んな知り合いが絶賛するから。

うん。よかった。

見たっつーのに・・・貸してくれる人がいた。

何度も何度も映画館に通いつめ、気に入った映画を見る人がいる。

私はありえない。

どんなに難解な映画であっても・・

どんなに大好きな人が出てる映画であっても・・・

どんなに感動した映画であっても・・・

どんなに・・も一度見たいと思う映画であっても・・・

私は・・・一度の感動を胸に焼き付ける・・・・オーバーな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫鍋じゃなくて百均の土鍋

Img_8700 猫鍋がブームと聞く。

本が出ましたね。

全然関係ない話だが・・・・

私は一人用の土なべが使いやすくて好きです。

だから、100均で見つけたときは大喜びでたくさん買った。

Img_8702 三年寝太郎ととっとこ太郎は同時受験だった。

それぞれに忙しく・・・夕食の時間がバラバラであったし、

それに加えて、だーさんも忙しい。

付き合ってられないから、冬場はこの土なべが大活躍であった。

そういえば・・・・5年ほど前の話だから・・・それ以来

使い続けて来たことを思えば、十分元取ったと言えなくも無い。

しかし、ここにきて、軒並み底にひび入って駄目だ。

100均が悪いのか・・・はたまた、土なべの宿命なのか・・・・。

見た目は何とも無いが・・・ひびは土鍋を左右に引っ張ると・・更に広がり・・・明らかに

水がもれるだろう。

今度は、ちゃんとした所で買うべきなのか・・・。

この土鍋・・・水は漏るが何かに使えないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月24日 (水)

眠い・・・・戦え、我が体。

Img_8649_2 眠い

だるい。

・・・・・・

いつもの事だが

パソコンでこうして

書き込んでいると座ったまんまで寝てしまう。

パソコンキーボードに指を乗せたまま、目を開いたまま眠ってしまっているコトがある。

しかし、いつも以上に・・・眠いのは・・・ワクチンのせい?

寝るわ・・・。

肩も凝る。

戦え!!我が体!!!

オヤスミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいやん、自転車で集金する

Img_8640 そう言えば、昔の知り合いが

日本海側の土地に就職した。

生まれも育ちもこちらでしたから、

冬の休みの日に、こちらに帰省して来た時・・・海を見ては、

「太平洋側の海は真冬でも真っ青でキラキラ光っているんだなあ・・」と言った。

Img_8641 海をぼーっと眺めては、ため息ついていたのを思い出した。

雪が深い僻地に赴任したその人は、空が灰色で一日中雪の中の生活に戸惑っているようでした。

秋の海は、のんびりしていていいよね。

春ほど、ぼんやりしていなくて・・・。

・・・・・・・・・・・・

Img_8646 Img_8651

湾の中は、穏やかで波も無く。

あまりに光が強いから、

さすがのぼんやり・・MYカメラでも・・

ちょっとは、キラキラ光っているみたいに写ります。

Img_8627 Img_8654

Img_8629 漁港を歩く。

漁港の駐車場は

1日400円。

Img_8655_2 それがおかしいの。

入口には、料金支払機がなくてね・・・・。

その400円をどんなにして徴収していると思う?

朝、駐車場に駐車した。

管理人いなかった。

仕方が無いなあ・・・・と思っていたら

自転車に乗ったその人が遠くの車の料金徴収を終えて、こちらに向かって走ってきた。

駐車場は、恐ろしく広いから・・・・必死に自転車を漕いで走ってくる。

私を無視して通り過ぎた。

財布を振って・駐車料金を払おうとした。

・・・「お金!!」と声かけたら・・・・・

・・・・「待ってて!」・・・と言って走り去った。

行った先は・・・

おー!!!

アレに見えるは、あけもどろのお方ではありませんか・・・。

駐車終わっておっちゃんが自転車走らせ向かっているのを、知らずに去って行く・・・・・・。

おっちゃん必死で漕いで行った・・・。

かろうじてセーフ。

無事に集金終えて・・・・今度はこっちにこいで来た。

ともかく、相当の時間、待っていたんですけれど・・・・・。

・・・・・・・

効率悪すぎ・・・・入口で常駐して集金すればいいのにねえ。

日曜日8時45分集合だった・・・着いたのはも少し早い時間だった。

何処かから駐車する車を見つけては・・・自転車で走ってきているんだろうか?

ご苦労様です。

帰りに駐車場の車を見たが・・車の台数は朝と全然変わっていなかった。

おっちゃんは、やはり居なかった。

おらぁ・・おらぁ・・何処へ行ったんだあ~

・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらでは、おじさんの事を「おいやん」と呼ぶ。

さすがの私でも、これは方言だとわかります・・はい。

でもおいやんとは、何だか嫌だ。呼びたくない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋のあさがお。

Img_8687 秋のあさがお。

まだまだ咲きそうです。

植えてるわけでもないのに

咲いています。

近寄ってアップしようと思ったが忘れた。

トタンの錆とあさがおの青が妙な取り合わせで

不思議な感じがします。

南向きの窓なのに・・塞いでいる所があさがおさんにはお気に入りなんでしょうね。

はてさて、いつまで咲くでしょうか・・・お楽しみ。Img_8688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温かいお茶が美味しい季節になりましたね

Img_8408 Img_8411 今度鳥取大山に行こうと思います。

天気が悪いと、山頂まで行けないかも知れないけれど、

雪の山に行けそうな気がします。

何とタイムリーな先日こんなお土産を食べた。

出雲温泉って何処だ?

私達は、帰りに皆生温泉に行けるかなあ。

あ!!かじってしまってから・・・写真を撮り忘れていました。

お茶とお菓子はピッタリだ。

あったか茶はうまい。

冬が近づく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

曇り空の太陽・正常化の偏見。

Img_8413 空は曇り

太陽は、眩しいような、そうでない様な。

・・・・・・・・・・・・・・・

地震を感じたらすぐ避難しましょう。

しかし、なかなかみんな避難しないそうです。

そのうち、「揺れはおさまるでしょう」と、

Img_8419 止まるのを待ってしまうそうです。

正常化の偏見

自分は大丈夫・・・と思ってしまう。

自分は大変な事にはならない・・と思いたい。

そう言う事をそんな風に呼ぶそうです。

・・・・・・・・・・・・

だから、危機感無く・・なかなか避難しない。

何は無くともすぐ避難・・・って言うのも

何だか自分だけかよ・・・って、なってしまいそうですね。

しかし、地震来るな。

ひところ、地震は静かになっているような気がしていた。

ところがここに来て、この頃軽くよく揺れていますね。

来るな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしろいばな07

去年も書いたが、ウチの裏には・・・私が1つぶの種から増やしたおしろいばなが

道に沿って満開です。

その土地は、ずっと空き地です。

セイタカアワダチソウがみっしり育つ。

持ち主はマメな方らしく、年に何回も機械で刈り取る。

除草剤もまくらしい。

しかし、強い。

刈られてもすぐ育ってきて大きくなる。

そして花を咲かせる。

道に沿って満開だが、少しずつ広がっていかないかなと落ちた種を

遠くへ遠くへ飛ばしている。

暗くなった自宅に帰る。

車を降りる。

おしろいばなが満開で香りが一帯に漂っている。

今日も家に帰ってきたんだなあと・・・しみじみ。

五感に応える。

Img_8420 Img_8421 Img_8422 Img_8423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮騒の小道・・・海に出る・・あれもこれも書いてみる

Img_8598 Img_8603 Img_8604 山の木陰は寒い。

どんぐり可愛い。

色とりどりの落ち葉は目に鮮やか。

ひらった落ち葉は・・・夜勤に行って明けで昼寝して、カバンに忘れていたら綺麗じゃなくなってしまった。やっぱ、写真に残しておくべきでした。

海は澄んでいた。

子供の頃は、ゴミが落ちていたりしていたような気がするが綺麗な浜辺が

長く続き・・・割といいんじゃない?って気になった。Img_8626 Img_8618 Img_8643

Img_8616_2

Img_8628 Img_8636 観光客のほとんどは、向かいのテーマパークに行っちゃうんだろうな。

この界隈は

大昔は新婚旅行のメッカ?だった。

そして、山にはロープーウェイもあった。

ほんとに昔、山の上から下までの長い長い滑り台があった。

どちらも廃止になった。

ロープーウェイに乗ってスライダーを滑ってみたかったね。

Img_8637 Img_8630 Img_8596

東照宮の側には、

御手洗池がありますが・・・この池は海水です。

Img_8686 海の魚が泳いでいます。

写真を見ながら

あれもこれも思い出した。

書き続けたら終わりが無い。

ここらで、おしまい・・・・又書こう。

・・・・・・・・

せっかくの休み・・左腕は重だるく何となく痛い。

しかし、このままいたら夕日撮って終わりになりそうだ。

自転車乗って・・・通勤できるか・・・試してみるわ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日ワクチンうつ

Img_8699 長いこと、こんな仕事している。

血液がべとべと付く事がある。

しかし、B型肝炎の抗体(抵抗力とでも言いましょうか・・・)が私には出来ていない。

もちろん感染した形跡もない。

感染しても発症しないで抵抗力があれば、風邪くらいの症状で済んでしまう。

仕事中にB型肝炎の患者さんを採血した針で自分をさしてしまう事故が仕事中あったりして、針刺し事故で発症しないために、ワクチンをうったりする事もある。

しかし、幸か不幸か・・・そういう経験も無い。

で、この度、ワクチンをうつ事になった。

ビームゲン・・・・組み換え沈降B型肝炎ワクチン・・・を昨日うった。

うつ時は全く痛くはなかった。

しかし、左腕がだるい。

今日は休みだ。

ゆっくりしよう。

1ヵ月後に採血する。

抗体が出来ているか・・・・・・。

肝臓が反応する。

何とも無い人も居れば、体がだるかったりする人もいると聞く。

どうなる事でしょう・・・・。

・・・・・・・・・・・・

そうそう、インフルエンザの予防接種が始まりました。

人混みでインフルエンザを貰ってしまう可能性のある人

インフルエンザをうつしたくない人が居る人は・・・自分がかからないようにするためにも

予防接種をうってもいいんじゃない?

効果が出るのに1ヶ月かかると聞く・・・・

効果は2~3ヶ月くらいだと聞く・・・・

11月にうつと、12月には効果ではじめ、2月くらいでうすくなってくる。

そんなものでいかがでしょう・・・。

値段は病院によって違うらしい。

3000~5000円くらいでしょうか・・・・。

今年はどんな型が流行るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

参加者80人

Img_8617 Img_8605 Img_8606 Img_8614

ここが私の大好きな町です。

Img_8620

Img_8621 そこここで釣りしてる。

山を歩き、海を歩く。

青い空に白い雲と木の緑と土の香り。

キラキラ光る陽の光。

Img_8622

特別でも何でもなく

小さな子から

お年寄りの方まで

ぼれぼれ

つれもて歩く秋の日。Img_8619 Img_8623

Img_8624 Img_8625,

のんびり歩く。

昼休憩。

県山岳連盟の青い帽子をかぶった面々。

トイレから出てきたら

まるで子供の様に

ぞろりと並んで弁当を食べていた。

おかしかった。

可愛かったので写真を撮ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日ハイキング行きました。

Img_8611 Img_8612

ただいま。

昨日

・・・ハイキングのお手伝いに行きました。Img_8599_3 Img_8602 Img_8607 Img_8608 Img_8609 Img_8610   Img_8600 Img_8601

あれが、徳川の別荘であった養翠園

あれが、名草山

そして、手前の浜が、片男波

Img_8613 Img_8615_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛いもの

Img_8386 近頃寒くなりましたね。

あったかいお茶が、おいしいね。

美味しい饅頭たまりません。

先日だーさんが、可愛いお茶を貰ってきました。

その茶筒は、私の湯のみより小さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

可愛~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

お気の毒なお地蔵様

Img_8505 Img_8497 Img_8503四国・石鎚山の山頂で、神社がある。

その前には・・・

天狗岳に向かう降り口がある。

天狗岳に向かわない人は

こちらの山頂でみんな休憩する。

お弁当を食べたり・・・。

写真を撮ったり。

しかし、丁度カメラをセットするあたりの足元には・・・お地蔵様があった。

私は三角点かと思って近寄った。

どうやら違うようだ。

風化した花崗岩はお地蔵様であった。

おいおい、ザックをみんな置いているよ。

赤い布をかけているじゃないか・・・・・。

お顔をよく見た・・・よく分からなかった。

お気の毒な・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・天狗岳の頂上には石塔があった。

Img_8493 Img_8488 Img_8489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトはおいしい

Img_8502 山にプチトマトを持って行く事をあみだした。

いい考えだと思っていた。

でも、固めのトマトの方が私は好きだ。

それで、無傷で山頂に持っていく方法をあみだした。

軽い、美味しい、ゴミが出ない、そして、何より無傷で持って上がりたい。

だって、汁が出るし、割れた所が変な味しだすし。

それで、スコーン、カップケーキと一緒にマーガリンの空きケースに入れてみた。

トマトに傷無し、ランチ入れには軽いし割れない強いし。

同じメーカーのもので揃えると・・何枚も綺麗に重なりコンパクト。

しばらく型崩れして欲しくないものは・・・コレで行ってみようと思います。

さあ・・・このマイブームいつまで続くやら・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の花と秋の花

Img_8389 夏の花と秋の花と混ざり合って・・・

青と薄紫のコントラスト。

アメリカンブルーって言うんですか・・

可愛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

蟻も姿を消した

Img_8320 Img_8319 が玄関を行列を作って横断した。

古い薬だが、こんなひどいものがあったので

開いてみた。

顆粒状の薬だったものだが・・・飴状に変質してしまっている。

気にせず袋ゴトに開いて置いておいた。

可愛そうだ。

イソップ物語・・・ありとキリギリス。

寒い冬が来る前に、最後の貯えの為に・・みんなで頑張っていたのに、

何もわるいことしていないのに・・・。

アルゼンチン蟻なんかに負けるんじゃない!そう言っているのに一番の敵は

私だ!!!

自分でも自己嫌悪。

袋内の飴状の薬は、いつの間にか無くなって・・・・・蟻もいつしか姿を消した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐古的洋食事情

Img_8394 「懐古的洋食事情」・・市川ジュン

・・読みました。

新しい事に向けて世の中が変わっていく、そんな時には、様々な混乱や人びとの戸惑いがあるんですね。

人の中でも、好奇心の塊の方もいるって事ですね。

古いものを守るも大事。

新しい事にチャレンジするも大事。

ようやく返せます。

後1冊借りているのを読んだら・・・ほんとに完壁。

読まずに返しちゃうのは・・・不誠実。

感想聞かれて・・・適当な事言うのも嫌だし・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山バスの楽しみ方

Img_8548 OB会のバスツアー。

最後の乗り込み地からバスに乗り込んだ。

空いた席が一番後ろであった。

このバスは、向かい合って座れるように座席が電車のように背もたれが動かせた。

しかし、集合が20時半だから、朝に向かってバス内で眠る。

その為、みんな一定方向に席を向ける。

しかし、このバス向かい合わせ機能の為、みんな前向くと、広い席、狭い席と交互になる。

仮眠のために背もたれを倒すと私の膝にピッタリ突いた。

広い席だとくっ付かないんだが・・・

MAXかよ!!!

しかし、それでも朝まで熟睡した自分が怖い。

おそらくイビキに前2人お隣のトンちゃんは辟易したでしょう・・・

ごめんなさい。

Img_8553_2 一番後ろは、トイレのまん前。

休憩多いから、誰もトイレは使わなかった。

快適なバスの旅。

帰りはお風呂のあと・・・・いいやいいや・・・やっちゃえ・・・。

透明ジェルだから・・いいよね・・・目元パックして寝てやった。

隣のトンちゃんは、あきれているだろうと思いつつ、気がつけば乾く程、帰り道も熟睡した。

Img_8554 まえのだんなにみつかった。

ぎょっとして、一瞬視線が止まったが、

見なかったように・・・座った。

おー!!!記憶から消去してくれたんでしょうか・・・。

チョコありがとうございました。

感謝!!

山バスは、眠る・パックする・食べるに限るね・・・♡

・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みの出勤とOFFの過ごし方

Img_8396 陽は高い。

ご機嫌で夜勤に出勤する。

私は、前にも書いたが、世の中の休みの日の仕事も、そんな日の夜勤も嫌いじゃない。

世の中の多数決の原理で、大勢の人に合わせない事を批難されたこともあるが、誰かがしなければならない仕事もあるよね・・・・と、近頃自慢に思っている。

休みの日は、道が空いていていい。

帰り道も空いている。

同僚は、夜勤に出る日は、朝から憂鬱になると言う。

おまけに休みの日の仕事は、嫌だそうだ。

子供が小さいと後ろ髪ひかれるのでしょうか。

人のOFFに仕事して、人の寝る時起きている、因果な仕事だね・・長生き出来ないよ・・

って、若い頃は思っていた。

ところが、この歳になると、モノは考えよう・・・・。

混んだ道を早くに出勤して大変。(それも楽しみながら・・・行けるんだけど)

そんな事も少なくて、空いた道をすいすい、空いた時間をのんびり過ごす。

悪くは無いよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

洗剤を吹き付ける。

たらりと・・・油汚れが垂れ落ちる。

今、OFFで凝っているコトがある・・・。

Img_8397 今頃したら、年末にもう一回しないと駄目だよって、言われそうだが・・・何だか大掃除気分なの。

ドヒャー!!と言うほど、汚い。

あっちもこっちも、手抜きのツケがどっさり貯まっている。

1つ綺麗にしたら・・隣との差が明らかになり・・・

次の日に隣に移る。

一機に頑張らない所が私らしい。

ほんの一区画のみ掃除する。

又明日、又今度・・・・・・。

隣を綺麗にしたら・・・と・・綺麗がどんどん移っていく。

余程目に余っていたのでしょう・・・

初日に、だーさんと、三年寝太郎がそれぞれ・・・掃除したん?っと気が付いた。

髪型にもうといだーさんまでもを唸らせた・・・。

オソルベシ!!!我が家のダーティー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

天使のはしご

Img_8594 今日は5時半に起きた。

雨が降っていた。

////

午後には本降りになると聞く。

少し早く家を出る事にする。

出発時間は・・・・・

勤務。曜日。季節。夏休み冬休み春休み。天候。

それぞれのデーターを頭で分析して

Img_8595微妙に出発時間を調整する。

今日は、分析はずれ。

道は空いている。

おや・・・

車が前にも後ろにも走っていない。

・・・・・・・

バックミラーで東の空を眺める。

天気が悪いのに、遥か東に

天使のはしご

が見える。

車を止めて写真撮る。

こんな朝陽もあるんだね・・・・。

本日曇りのち雨。

しかし、こちらは朝から雨。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山でタバコを吸うなかれ

Img_8538 歩行中禁煙

四国・石鎚山

歩いて無い時は吸っていいのね。

タバコポイ捨てするからでしょうか。

マナー悪い人がいるのね。

山に、こんな看板置かないと駄目だなんて・・・・やれやれ。

Img_8450 自分のゴミは自分で持ち帰りましょう。

頂上でチーズのゴミを

見つけました。

丁度自分の食べたゴミをビニール袋に入れていたから、足元のゴミをひらって見ました。

多分捨てるつもりでここにあるのじゃないのはわかるから・・・。

ポロット落ちちゃうこともあるんですよね。

綺麗に登山道にはゴミ1つ落ちていない。

おそらく、拾って掃除してくれている方々がいるんでしょうね。

ご苦労様です。

タバコ吸いながら山を歩く人なんて、さいてーです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ星の元生まれた

Img_8431 同じ星の下に生まれた・・・・。

自分と同じ誕生日の人を何人知っている?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は、だーさんの誕生日だった。

この誕生日生まれの人は、みんなこうなのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな日なのに・・・なんとかなんとか会の役員会ですか。

断わればいいのにな・・・・とか、デナリは思う。

帰宅が遅い。

しかし、

20時30分にお店の予約を入れた。

結局21時前であった。

・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8437 家族で食事する。

キャンドルが優しい。

ささやかだがBDプレゼント。

・・・・・・・・・・・・・

だーさんのいいところ・・・・・・・

結婚してこのかた

1、家でも外でも、人の悪口を言ったのを聞いた事が無い。

  だから、ケンカしているのも聞いた事が無い。

2、家で寝込んだことは無い。

  小さな手術をして入院した事もあるが、その時もその後も・・我慢強い。

・・・・・・・・・・・・・・・

だーさんのような人になるように・・

いい手本が身近にいるんだから・・・・・。

・・・・・・・・・・・・

反面教師も身近にいるんだから・・・・。

・・・・・・・・・・・・

見習うんだぞ!!!!

と、三年とっとこに言いたい。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の果て

風の果て 尚 たるをしらず

昨日NHKでドラマはじまりましたね。

子供の頃、父が阪神のナイターと時代劇が好きで、だからどちらも私は嫌いだった。

しかし、藤沢周平氏  蝉時雨・・・好きです。

亡くなったお父さんを大八車にのせて坂を登る・・・一人では登れないで苦労するのを見かねてふくが車の後を押すところが、せつなくて。

三年寝太郎がなんとか模試を受けた時、蝉時雨の抜粋から現代国語の問題でこのシーン出てた・・・と言っていた。

指を怪我したふくの指の血液を口に含む所だ・・・・。

Img_8129 風の果て  尚 足るをしらず

ドラマは、センセーションな所から始まっていた。

雪の中で死んでいる父を幼い主人公が

引きずって行くというところだ。

またもや切なそうですね。

5人の人生それぞれ。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年10月18日 (木)

土小屋の焼餅

Img_8549 下山の後はオフロに入る。

バスの運転手さんの紹介で土小屋でお風呂に入る。

入浴の後は焼餅。

焼きたてほかほかで美味しかったよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土の匂いがした

Img_8587今夜は何を食べようか。

小芋を剥いてみた。

同じ量の生ゴミが出た。

私が大好きなImg_8589 土の匂いがした。

もう一度匂いを嗅ぎたくて・・・

期待しつつ、もう一個剥いてみた。

あれ・・・感動が無い。

人間の脳みそは贅沢だ。

2度目は感動しないのか・・・私の脳みそがゆすぶられなかった。

・・・・・・・・・・・・・

大好きなスピッツの曲に

私の心の柔らかいところ・・・をくすぐる・・・・そんな感じ。

・・・・・・・・・・・

オーバーな・・・・。へへへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの書きすぎはあかんで

Img_8329 Img_8331 パソコンの待機画面が

知らない間に、こんなのに変わっていた。

とっとこ太郎が、

私の名前を、妙に変換して・・・すぐ呼び捨てにする。

あろうことか・・・・

「でなり。ブログの書きすぎはあかんで。」

ですと・・・・・。

目で追うのも疲れるほどのスピードでこの文字がパソコンの画面を駆け抜けていく。

母を何と心得る・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェアトレード

Img_8390 とっとこ太郎を乗せて、平湯温泉まで高速道路を走らせる。

早々と、とっとこ太郎は寝てしまった。

ラジオをかける。

フェアトレードについて、話していた。

誰だったっけ・・・・。

有名な人の娘さんの番組。

アレーそれすら忘れた・・・誰だったっけ?

そうか、そんな事もあるのねと・・・運転しながら・・・左手で空き箱にメモした。

フェアトレード。

帰ってきてから忘れてた。

空箱も捨ててメモした事すら忘れていた。

近頃、ひょんな所でこの言葉見かけた。

そうそう、フェアレード・・・そうそうこれこれ。

知らないで生きてくより、わかっていていたいよね。

クリックしてみると・・・何処かにはこんなに書いてあった。

フェアトレードとは、貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップ。フェアトレードは、アジアやアフリカ、中南米などの農村地域や都市のスラムなどに暮らす人々に仕事の機会を提供することで、貧しい人々が自らの力で暮らしを向上させることを支援しています。小規模農家や手工芸職人に継続的な仕事をつくり、農薬や化学肥料に頼らない自然農法や、生産地で採れる自然素材と伝統技術を活かした生産によって、持続可能な社会を目指しています。

それと、ここも。

http://www.geocities.jp/tunas1206/fairtrade.htm

ロハスともフェアとも無縁の我が家。

三年寝太郎へ・・とっとこ太郎へ・・・・

知ってみてみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

なぜ目に映るとおりに

Img_8579 見渡すかぎり、セイタカアワダチソウ。

黄色のナミナミ。

私は、秋の花粉症は無い。

アワダチソウも大丈夫だ。

日本在来種のきりんそうと

外来種のセイタカアワダチソウは

Img_8580 全然違うんだよ。

ところどころにススキが

可愛いコントラスト。

今日は、昼から仕事に出かけた。

Img_8582 Img_8584

Img_8586 太陽を浴びて

川がキラキラ光った。

あんまり綺麗だから

写真に撮りたかった。

どうして、私の目に映ったとおりに

写真に納まらないんだろう。

何だか寂しいナリ・・・・いとかなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎は大事だね

Img_8391 仕事の帰り道

吸い込まれるように帰宅につく。

ここを降りて、また堤防に登って、どんどん走って帰る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8392 工事は、進んでいるようで

何にも建たない。

しかし、昼間はせっせと大勢の人が工事をしている。

道との境界に、張っていた仕切りが外された。

進む進む工事は進む。

見渡す限り・・・・・工事は進む。

もっともっと・・・時間がかかります。

ショベルカーとか、1日のぞいていたらあきないけれど、

お仕事中の御姿は、カメラ向けるのもはばかられて・・・・・・・。

まだ、建物が建つ前の地面の準備なんだねえ。

・・・・・・・・・・・・・・

何事も基礎が大事だ。

我が家の自慢も基礎だ。

家自体はこれと言ってなにも特徴が無い。

おいおいそんな所が特徴か?

だーれも見えないし、住んでいる私達も実感が無いんだけどね。

・・・・・・・・・・・・・

床下に無料に診断に入ってくれる人に・・よく言われる。

しっかりしている基礎だと。

ちょっと、こだわってもらっています。

・・・・・・・・・・・・・・・

それでも、大地震きたら、木造・・ひとたまりも無いんだがね。

おそらく再び建てる事も無いが・・・

耐震の今流行の工事ってどんなんだろうと興味がある。

阪神淡路の地震の前に建った家は、次の地震で耐えられないのではないか・・

なんて言われている。

私もそう思う。

少しでも長くこの家に住み続けたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鎚山の紅葉

Img_8443 木の実は可愛い。

しかし、下はまだ紅葉もせず。

登るにつれて色付いてくる。Img_8506 Img_8508 Img_8513

Img_8465 天気が良くないからガスで見えにくいのと

光が足りないのとで

枯れている様な・・紅葉のような。

山にあたって、お世話してくれた方々がおられた。

山頂小屋に紅葉はいかが?と問い合わせた。

見頃だと言ったそうだ。

Img_8466 Img_8471 Img_8479 Img_8504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砥部焼き

Img_8565 四国・石鎚山のお土産は、砥部焼きの徳利とお猪口。

砥部焼き観光センター…炎の里・・・に、バスは寄った。

安いのしかよう買わないけれど・・・。

フルーティーな地酒をコレに入れてお燗してお鍋を

4人で食べたいね。

砥部焼きって・・・・・・↓

http://www.tobeyaki.org/kotei.html

http://www.town.tobe.ehime.jp/5/33/162/000443.html

http://www.tobeyaki.co.jp/history.html

・・・・・・・・・・・

そう言うと・・・・・。

きょうだいでも、アルコール分解酵素は・・・生まれ持って三年寝太郎はあるようで

とっとこ太郎は無い様で・・・・。

未成年ではありますが・・・だーさんが飲んでいると・・・ちょっと飲みたがるのと、見向きもしないのと・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

今の夕陽

Img_8572 今日の夕日は優しいよ。

淡いピンクと

薄い水色。

夕陽の光が穏やかで

ほっこりしている。

Img_8576 Img_8575

| | コメント (4) | トラックバック (0)

借りてた本も・・・

Img_7467 どっさり借りていた本もこれで終わり。

ホッとした。

読まずに返すって、ダメダメ。

ようやく読めた。

肩の荷も下りそうだ。

よく見たら・・・一条ゆかりさんだった。

そういえば、先日夜勤・・・有閑倶楽部・・・ドラマ化されるね。

随分歳の離れた同僚と同い年の同僚と・・・・昔の漫画の話ができるんだね。

ずっと、ドラマ化されなかったのにね・・・・。

と、話してた。

私は、お産のことで頭いっぱいだったが・・・耳の端で聞いていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、野菜ジュースの一日分の野菜の1日必要量を取れるとかうたい文句は実際は

ほとんどは足りないんだって。

野菜好きは・・・ジュースごときでとりきろうとおもっていませんよー。

まあいいや。

野菜ジュースでも飲みましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大騒ぎにならずによかったね。

Img_8442 Img_8441四国・土小屋から見る石鎚山

あいにく朝から天気が悪く,かすかに見える山頂は

見えたり隠れたりしていました。

Img_8447 OB会の面々と途中の東稜基部まで同行する。

大勢で登る。

Img_8449 あの尾根の根元から登りはじめる。

Img_8533 ←登り口はインターネットでよく紹介されている。

Img_8454 尾根に取り付くとすぐに

入山禁止の新しい小さな立て札が足元にある。

枝には赤いテープがくくってある。

この山は,一般登山者が、いっぱいいる。

とっても軽装備。

そんな人達が興味本位で、ふらーと立ち入らないように、入山禁止の立て札も登山道から見えないところに立ててあるのは、よく考えて取り付きが分からない場所にあえて設置してあるんだね。

Img_8455 ひたすら笹の中を登る。

写真撮る撮る。

なかなか前に進まない。

私も撮る撮る。

先行の知らない単独の男性に追いついては、・・・また後続の同行パーティーを待つ。

OB会で行ったモノだから、同行者も初対面の人もいる。

Img_8461

そのうち、前の人が単独の方だという事を忘れて、誰と一緒に来たのかわからない錯覚になる。

もっとゆっくり登れといわれてもねえ・・。

ゆっくり登っているよ。Img_8463

それにずっと、立ち止まって待っているんだけれどなあ・・・・

・・・まだ早いと言う。

ピッタリ合わせて登る事、出来ないわけでもないが、バテテル訳じゃないし・・写真撮っているだけだから、確認できる範囲で上り続ける。

ほとんど笹こぎ。

岩場なんかほとんどないし・・。

稜線を忠実に歩く。

Img_8464_2 途中別の3人パーティに休憩中に抜いてもらう。

そのパーティーの女性が岩場でてこずっている。

「(岩場は)・・・こだけ。」・・・と言ってられた。

・・・・・・・・・・・・

なんてこと無い岩場だが

OB会と言うもののOBでない

知り合いの人をゲストしているから念のためテープを出すと言う。

Img_8480 聞いた通りそこだけだった。

南峰は、その岩を登った所で・・その先の天狗岳はすぐそこだった。

頂上から降りてきた人がいっぱいいた。

Img_8491 Img_8498 頂上の仲間が見えた。

「呼んで来よう」と

知らせに走る。

別行動で頂上に登り、頂上から降りてきた仲間と合流。

「同行の1人の人がいないで捜している」と聞いた。

その人だったら、はじめから私達と一緒に登っていたよ。

頂上では、その人の自宅まで電話かけるところまで心配していると言う。

Img_8495 仕方が無いから、知らせに頂上に上り返し・・・知らせに行く。

ありえない・・・・。

そうそう、登り始めたとき違和感あったんだ。

5人と聞いて居たのに6人いるじゃない?

・・・・・・・・・・・・・

本当の事故だったら、場所すら特定できないじゃない。

知らない人と集団で登るって事はこういうことなのねと・・・学んでしまった。

大騒ぎにならずによかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

石鎚山東稜の白骨樹

Img_8470_3 白骨樹。

石鎚山東稜のこの木は・・・印象的でした。

間もなくパックリ割れてしまいそうな・・・。

しかし、しっかり目印になりそうですね。

この木の左側を登っていくんだね。

白骨化するのは、なぜでしょう。

枯れても腐らず倒れず・・・。

まだまだ、シンボルツリーで頑張り続けそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリーブの香り

Img_8393 今度の香りは、オリーブ。

お風呂のお楽しみ。

ささやかな贅沢。

それが、ココナツ。マンゴウ。のうちのどれが良い?

ミスチョイス・・・なりー。

薬草のような香り・・・・・。

私は、ともかく柑橘系が好きなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今度は・・・・好きな香りで・・・癒されたいわ♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国石鎚山東稜

Img_8494 ただいま。

四国・石鎚山・土小屋~東稜

あけもどろのOB会主催で

バスツアーがありました。

バスの中で眠り、朝から歩き。

Img_8475 短い登りの末、天狗岳を経て石鎚山は、

ご機嫌な稜線でした。

ただただ、笹漕ぎで・・岩場は・・少しでした。

天気は、イマイチで雨は降っていませんでした。

しかし、ガスが晴れて、

又湧いて。

はっきりした踏み跡は、真っ直ぐ一本道で頂上に繋がっていました。

Img_8482 上へ行くと紅葉は満開でした。

満開っていわないんだね。

赤黄青・・・。

・・・

・・・

・・・

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

高いブロック塀が出来て

Img_8369 Img_8370 工事は進む。

高いブロック塀が出来て・・・見通し悪くなった。

更に大きなコンクリートの壁。

たぬきは、いずこに行ったでしょうね。

思ったより、遅いんだね・・・・来春オープン。

買いもの怠けな母は、更に輪をかけて出不精になり、仕事と山と近所の店で事足りるようになって、いいのか悪いのか・・・・買い置きもしなくなり・・・・・。

なくなれば歩いて買いに行く・・・・そんな毎日になりそうな予感。

近頃楽しみになってきた。

仕事帰り、買いものに寄って帰ってくる。

いやーん、毎日いいもの食べられそうだ・・・期待してるよ!!!

こうなったら、早く開店しておくれ。

期待大!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川がすきなあなた、いかがお過ごしですか。

Img_8384_2 秋の日に雨が降る。

・・・・・・・・・・・

気になっている事があった。

ブログのアクセスのワードを

アクセス解析で見た時・・・

気になっているコトがあったのだ。

遊雲くん。

この一年忘れていた。

私は新聞の記事を読んで、涙が出た時の事をすっかり忘れていた。

誰かが遊雲くんで検索して・・・何かの拍子にデナリの記事の所へ訪ねてきてくれたみたいでした。

あれは、確か寒い頃だったよなあ・・・・。

思い出せないが・・・日時・・・・。

そろそろ、一周忌になるのでしょうか・・・・・・。

調べてみた。

あの記事読んだ方が他にも・・・いたんだね。

そりゃそうでしょう・・・・私が読んだくらいだものね。

また、縁あって四国に山に登りに行く事になっている。

この記事UPする頃には、石鎚頂上から下山していることでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8382_2 石碑あるのは、

確か四国でしたよね。

・・・・・・・・・・

川がすき

そう言ったあなたは、いかがお過ごしですか?

誰かが訪ねてくれた。

それで、思い出した。

・・・・・・・・・・・・

去年は、しょっちゅう泣いていた。

新聞読んでも涙が出てきた。

訳も無く・・・よく泣いた。

今年は、あまり泣いていないなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

極楽浄土・・・・で・・・詩読んでられましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揺れない心を・・・・

Img_7569 ←「まんがまるごと小倉百人一首」の本の挿絵

大峰山の歌があってその挿絵だったので思わず写した。

まんがは、魚住則子さん

私もお坊様が山を登る時は、こんな感じで登るんだと思っていた。

しかし、こんな正装で登らないみたいです。

槍ヶ岳開山を読んで知った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わるが

悟りを開けないデナリは、山でストレスを頂いてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋は、空いていた。

しかし、そのうち混んでくると思ったのでしょうか・・・同室者の嫌な姿を見てしまった。

その時

デナリにストレスが発生した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋の部屋は2段になっていた。

下の段は8人分の番号がうってあった。

私達2人が貰った番号は、3連番であった。

今日は空いているんだな・・とわかった。

番号の所を見てみると、大きな布団一枚であった。

混んでいる時は、この一枚の大きな布団に3人寝るんだね。

もっと混んでいる時はもっと大勢でくっ付いて寝るんだね。

同じ大きさ同じ模様の布団が向こうに一枚ひいていた。

そして、これらの布団と布団にはさまれた所に違う布団がひいてあって、そこには2つの番号がうってあった。

女性2人が入ってきた。

今日は双六小屋から来たそうです。

若い・・といってもソコソコな年みたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

退室して部屋に戻ったら・・・あれ?

何か変?

よく観察すると・・・私が寝ていた布団がわずかに折り返されている。

WAY?

誰がした???

気にはなったが・・・・問題ではない。

・・・・・・・・・・・・・

お隣さんは若く綺麗・・誰かにひどく迷惑かけるわけでないが何だかいい感じでない。

・・・・・・・・・・・・・

消灯頃になって・・間の布団に誰も来ないとわかった頃、

「誰かくると思って用心したのに」と言って笑っていた。

どうやら、折り返したのは彼女みたいだった。

気付かないと思ったのか?

なんだか同じ仲間だと思うと、嫌な気がした。

姑息な自己中。

自分が狭くなった事が嫌なのではなく

こういう人も居るんだと思うことで・・・私にストレスがかかる。

山に来てこれか・・・と、幻滅する。

少し傷付いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

経でも唱えて・・・精神修行したら・・・そんな事でも揺れない心を得られるだろうか。

悟りを開きたかああああ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

赤信号

Img_8368 曇り空そして、

赤信号。

泣き出しそうな空模様。

家路を急ぐ。

・・・・・・・

何だか曇った空に赤がとっても印象的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私を国道で柚ちゃんがひらってくれるから、大急ぎで帰って、カレー食べて

お風呂入って・・・・・山へGO!

・・・・・・・・・・・・

早く青になれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンキの印

Img_8232 天気のいい帰り道。

振り返ると、

登山道の岩には上り用にペンキのマーキング。

確かに無ければ何処でも登れる。

がががーっと、真っ直ぐ直登なんか・・・私の好きなパターン。

ペンキなんか興ざめと思うが・・・・そんなに思うのは、天気のいいときだ。

昨日登った時は、先が見えなかった。

いくつか先のペンキは見えても、その先は見えなかった。

槍が岳山荘はこのまま真っ直ぐ登るしかない。

だから迷う事もないし・・・しかし、訳わからなくなる人も居るんだろうね。

昨日はこんなに印あるなんて・・・と、違和感感じなかったのは・・・先が見えなかったから。

↓写真は関係ない。先が見えなかった上りの日の写真。雨もまだ降っていなかったし朝だったから、空は暗くない。明るい方だから・・先のかすかな影は見えるし。

Img_8161 ・・・・・・・・・・・・・・・・

風雨の中、槍の頂上から下った。

小屋の屋根の感じで方向はわかる・・・

道を少しそれてしまった。

ガレてても真っ直ぐ降りればすぐだ。

ががーっと降り始めて、初めて気が付いた。

後ろのためらった気配。

そうだ、とっとこ太郎と歩いているんだ・・・・。

降りてきた所を少し引き返し・・・登った道を降りた。

自分にとっては、何ともないところも・・はじめてのとっとこ太郎には、ためらわせてしまうんだと、知った。

山に行くと言うことは、こういうことなんだ。

知らないうちに、どんなところも平気になって行く・・・・・。

それまで、あわせて歩くのが育てる事なんだね。

早く下りも、そんな所も追い抜くようになっておくれ。

そうして、

私も育てて貰ってきたのかも知れないね。

・・・・・・・・・・・・

感覚が鈍いのか・・・山でためらったのは・・・・今までに、1度だけだ。

怖いところに登らない私は、そう言う経験がない。

怖い怖いと言っているときは、全然怖くない時と知っている。

本当に怖いときは、心臓の音が耳に響く。

そんな山に、とっとこ太郎にも行ってもらわなくていい。

行きたいと言い出せば止めはしないが・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく頑張ったね

Img_8433 愛しの三歩様。

今日もあなたは素敵でした。

近頃、よく頑張ったねって、なかなか読めない。

今回は、もうお目にかかれないのかななどと思いつつ読み始めると

三歩さん・・・よく頑張ったねって、言っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたの、よくがんばたね・・・を読むたびに

最高に胸がドキドキします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうでもいいんですが・・・近頃記事がいつもにワオかけて・・・UPできずに余ってきた。

こまった。こまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

雲のいくまま水の流れるまま

Img_8126 雲の行くまま

水の流れるまま

槍が岳開山の中に出てきた一節だが、

気に入って書き留めた。

・・・・・・・・・・・・

先日友が、[来年娘さんのお産無事すんだら、

退職する]と言う。

訳は、いよいよ将来に向けて違うステージに踏み出すと、決心したんだと言った。

「いいな。」と言った私に・・・「一緒にする?」と私に問うた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心がチクッと痛んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

子育てして、動けなかった頃・・・とっとこ太郎が中学卒業する頃には・・・と漠然と考えていた。

その頃には自分は開業に向けて動いていよう・・・・と思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、そうすると山も行けない。

最後に行きたい山に行って・・・辞めちゃおうと思っていた。

きっぱり、思いきれると思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな風に、きちきち心にケジメ付くものだと思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

何も変えていないのは何故

・・・・・・・・・・・・・・・・・

どれも

何も

線引いて、あきらめられない自分。

次のステージに行きたいと思わないんだなあ・・・今が居心地よいから・・・・。

家も、

職場も。

そして、山もまだ行ってない。

行けない山じゃないと思うのに、いまだに行ってきてないから、あきらめるにあきらめられない。

しかし、行ったからって・・決められるものじゃないってわかっているけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・

腹が決まらないのは、機が熟してないんだろうと思いつつ。

このまま一生、このまま幸せでいいんじゃないと・・・思いつつ。

・・・・・・・・・・・・・・・

雲のいくまま水の流れるまま・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

このままいくと、多分このまんま。

それでもいいかと・・・つらつら思う。

でも、心が何だかチリチリする。

友の奮起に、心惑うデナリでありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

悠々と羽ばたく

Img_8429 仕事の帰り道。

短調な道ではあるが

その日その日で、風景が違う。

今日は・・・

道の真ん中が騒がしい。

おー????

鳥達が騒がしい。

朝陽を反射する川面が・・キラキラ綺麗だから・・・・写真を撮ろうと思っていたところであった。

Img_8430_2 道に野生動物の死体が

転がっているのでしょう。

案の定

車に轢かれた死体が

路肩に転がっていた。

おー!!!車の私達をからかうように

車の前で悠々と羽ばたく。

あんまり、接近するものだから・・・・写真を撮るのを忘れてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日天気になれ!!

・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月何処の山に行こうか?

Img_8302 写真は、大正池。

今月は、ちょこっと、ちょこっと山行きが目白押し。

連休はどこかに行く事も出来たが・・・・それ以外の日曜日は毎週企画がある。

どれを選んでどれを捨てるかチョイスできなかった。

出来ないわけじゃないが考えるのが面倒だった。

あちらを立てれば、こちらが立たず。

こちらを立てれば、あちらが立たず。

えーい、面倒だ。

それで、みんなに顔出す事にした。

連休は捨てて、仕事する。

10月14・21・24・・・・・そして11月3・4・・・・・。

何とかなるさ・・・・・・。

笑う角には福来る。

書く事に事欠かない・・・・ますます、色んな出来事に会いそうです。

ワクワクして・・・楽しみましょうね。

自分がリーダーじゃないから・・・気楽なものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう言えば・・・私、12月も担当でしたっけ?

雪の上でビバーク体験したいんだけど・・・・・・

雪あるかなあ?

ないない。

1月は遠くに行くようだ・・・12月は、近場だな。

雪の所に行きたかったが・・・気をもむのは面倒だから、はじめから雪ないと思って行きましょう。

すると、行きたいところないや。

困った。

つまんない。

どうしよう。

いっそ、鏡平から双六往復は、無理だろうか。

誰も来ないだろうな。

ところで、上高地まで12月って入られますの?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

帝王切開・Vバック

Img_7794 里帰り分娩・・・も、異常分娩のリスクが上がる。

それで、妊娠前からかかっていたとか特別の場合を除いて、断わる事が多いと聞く。

そして、Vバックと言って、前回の妊娠が帝王切開だって、次の妊娠で帝王切開をせずに

自然分娩する事を言うが・・・私の勤めている病院では受けていない。

前回他院で帝王切開だった方も、受けていない。

それ位、リスクが高い人は、総合病院への紹介しているようだ。

それでも、一ヶ月の分娩件数を制限している。

・・

なんで、前回帝王切開の方が、今回も帝王切開を勧められるか・・・・

それはね・・・・

体が傷つくと・・・治癒すると傷が残る・・・・。

その傷は・・・、間違いなく、その周りの組織と比べて伸びにくく裂け易い。

おなかの傷だけでなく子宮の傷も、妊娠に伴って胎児の成長に伴って、引き伸ばされる。

そして、時に子宮が裂けてしまいかねない。

陣痛は、そんな傷が無くても、子宮がきつく引っ張られたりする。

胎児を押し出すために、何度も何度も収縮する。

そんなときに、傷があるとそこから裂けてしまい、大変なことになるんだ。

帝王切開すると、陣痛が起こっていない状態でも薄くなった子宮を透けて赤ちゃんが見えることがあると言う。

そんな状態の子宮に陣痛が起こると・・・その部分から子宮が裂けて大出血したり

胎児に胎盤から血液が届かず生まれるまでに間に合わ無い事が起こりうる。

だから、Vバックは、余程でないとしない。

もしするとしたら・・・何人か経膣分娩した後、何かの理由(逆子とか)・・で前回当院で帝王切開して今回妊娠を・・と言うようなときは・・・・・・今回が何も異常なければリスク覚悟で

したからの分娩にトライする事があるが・・・本当に滅多に無い。

・・・・・・・・・

同僚の娘さんが2人目を妊娠した。

前回は胎盤が赤ちゃん生まれる前にはがれて帝王切開になった。

今回は、同僚が全責任を覚悟というドクターとの約束した上で・・・あえて、Vバックに挑戦すると言う。

トライする価値は・・・・・?

私だったら・・・・?

トライさせないかもしれない。

孫と娘と私のために・・・・・。

なーんて、ふっと思ったデでありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

槍沢ロッジのヘリポート

Img_8260 ←槍沢ロッジのヘリポート。

病院やビルの屋上に、Hのマーク見ますよね。

槍沢一の俣の沢の真ん中の河原にもHが書いてあった。

しかし、岩に書かれたHは、岩が動き見難くなっていた。

それに、平らじゃないんだね。

本当にあんな所にヘリコプターが着地できるのかなあって言うくらいに凸凹になっていた。

増水で凸凹なったんだろうか?

しかし、ここにヘリが下りるってよっぽどの事があった時なんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘酒おいしい。

Img_8168 Img_8169 寒い寒い9月中旬の槍が岳であった。

温まったのは・・・・乾燥甘酒であった。

いつも軽いから荷物に入れている。

体が温まるよ。

即効性にエネルギー摂れそうだよ。

お湯がないと持っていても仕方がないものだが・・・・・

カボチャのポタージュ。

ほうれん草とキノコのクリームスープ。

ココア。

ロイヤルミルクティー。

抹茶ミルク。

カプチーノ。

後、緑茶のティーバック。

マッチとライターと軍手とスプーンと軽いコップと、トイペが1つの袋にセットして

持ち歩いている。

美味しかったよ・・・この時ほど温かいものが幸せと思ったのは・・・。

マジで・・・ビバーク訓練するのならこんな所でこんな日にすると、本気で体感できたでしょうね・・・・。

半月違いで大違い。

標高が違うし、天気も違う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

ジュンク堂の飲み物券

Img_8374_2 本屋さん

・・・大阪・ジュンク堂難波喫茶室の飲み物券。

面白いんだよ。

ジュンク堂で本を買うといただけるらしい。

だーさんは、使わずに、ごっそり束で持っている。

ここまで、来るのに電車で来ても車で来ても交通費使っているし、本もごっそり買うから

これくらい貰っても・・・得したなあと言う気にはならないんだが・・・・。

それが、面白いんだよ・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

表・・・・・・・・・・・・・

このカードで公衆電話はかかりません。

電車の切符も買えません。

裏・・・・・・・・・・・・・・

コレはプリペイドカードではありません。

たんなるコーヒーチケットです。

そないに何度も念おさんでもわかってます・・・笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスの次は徳沢でリンゴ

Img_8281 Img_8282 Img_8283 徳沢でリンゴを食べる。

さっきアイスを食べたばかりでしょうが・・

しかし、スイッチが切れた母は

またまた、座り込んだ。

甘くて美味しい。

皮も剥かずに、ばりばりかじる。

美味しいいんだあ。

・・・・・・・・・・・・・・

次は明神・・・何を食べようか?

そんな事言っていると・・・次は、休まないで行こうと・・・釘をさされる。

長らく担いで歩いた・・・ミネラルウォータを飲む。

荷物は、今頃になってようやく軽くなる。

カラ荷はやっぱりいいなあ。

・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳沢ロッジに迷い込む

上高地Img_8119 徳沢ロッジに迷い込む。

いつもは道からすこし奥にみえるこの建物を見ながら

通り過ぎるものなんですが・・・・

何処で間違ったのか・・・迷い込んでしまった。

後ろを歩いていた男性2人はズット向こうの道をサッサカ歩いている。

あちゃーあ。

はよはよ・・・正面の道を行って・・・正規のルートに合流する。

いいトコだね。

雪がフル頃来て見たいね家族で泊りに・・・・・。

http://www.m-kamikouchi.jp/yoyaku_lodge/index.cgi?year=2008&month=1

何だかほっこり、のんびり出来そうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

夏子の酒

Img_8380 これも、面白いと言われ随分前に借りた。

いい加減、読まないとと思いながら今日になってしまった。

読み出せば面白い。

夏子の頑張りは、頭が下がります。

昔、ドラマになったと聞くが私は知らない。

だから、新鮮。

頑張れ頑張れと応援しながら読んでいる。

今ようやくみんなに理解されて流行ってきた

有機栽培・・

無農薬・・。

米を作ると言う事は・・・・。

知る・学ぶ・・・・・・・。

まだ、借りたままの本がある。

本気で読みきり・・・・きっと明日には全部返そう・・そして、借りよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07.9.上高地のキノコ

Img_8289 Img_8280 ボケボケピンボケだが・・・

一応キノコも載せてみる。

向こうに見えるモコモコは・・・

食器洗うスポンジのようだ。

誰かが取ってきて道端にかけらを捨てていた。

先にこの木を見ていたら・・・よーく観察したんだが・・・・

スポンジ捨ててると言うくらいにしか思っていなかったので見ただけだった。

きっと、あれは、あそこから採ってきた物だろう。

「近くまで行っておいでよ」と、とっとこ太郎が言ったが・・・まだまだ先は長い。

だらけて帰り道・・ほとほと嫌になっていたから・・・その気が起きなかった。

写真だけ撮ったが・・・私の気合いのなさが…如術に物語っている写真となった。

ますます、何を撮ったのか分からないでしょ・・・ほほほ

Img_8286 Img_8288 コロコロなキノコは・・・いつ見ても可愛い。

雨はたった2日。

だからだろうか・・・こちらには、キノコが

ボコボコ生えていない。

きっと、秋はこれからなんだね・・・・・。

今年の冬は遅いんだろうか・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

小屋の炊事場

1ヶ月前の連休。地元ではまだまだ連日夏日だった。

Img_8137 Img_8138 槍沢ロッジの炊事場。

水は、屋根の無い外の蛇口で汲める。

その真横、屋根の下のL字に棚がある。

待てど暮らせど・・・雨は止まず・・・仕方がないから・・・。

お腹空いた、何か食べたい・・・を連発するから・・・まずは、温かい飲み物を作り飲んだ後、持参のカップめんを食べた。

夕食も、小屋の美味しい食べ物を食べたいが、そんなことしていたらいつまでたっても

軽くならないと、乾燥ご飯をお湯でふやかした・・・・。

私は、いつもご飯にしないで2倍のお湯を注いで粥にして食べる。

一食分のご飯は、たくさんある。

それを、たくさんのお湯で作るものだから・・・更に量は多くなり・・半分過ぎると食べられなくなって来る。しかし、捨てるとゴミになる・・・仕方がないから・・・無理やり胃袋に捨てる。

ソーセージやプチトマトや・・・・何だか粗食だが量だけ食べる。

とっとこ太郎は、レトルトカレーを更に食べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8172 槍が岳山荘の自炊室は・・・なんだかうんと、廊下を奥に奥に行って、

階段上がって・・・?下がって?突き当たりにあった。

外へ戸を開けたら出て行けそうな所であった。

その部屋に行き着くまでは・・・素足で歩いて行くのだが、

炊事場は・・・小屋の履物を履かないと駄目な土間であった。

雨水は、雨がジャジャブリ2日目であったから・・・蛇口からじょろじょろ出た。

知らないものだから・・・・小屋の入口でセルフサービスで売っている1L200円の雨水を空いたペットボトルにお金を払って買ってきていた。

しかし、お金は宿泊者は要らなかったみたいだった。

200円返して!!と言い出そうかと思ったが・・・何だか「ショボイ!」

とっとこ太郎に言われそうで涙を呑んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その部屋も、気温が低く風が吹き込むそんな天気だったので、とっても寒かった。

私は、比較的体温は、いつも高い様で寒くもなかったが、それでも雨に叩かれて帰って

来たので、温かい飲み物飲むまでは指先は何だかしびれていた。

まあ・・・何これ!!・・・・って言われそうですが・・・・またも、余っているカップめんを食べた。

何が美味しいかと言うと・・・・絶えず温かいものであった。

9月と言えど・・・雨と風と・・・真昼と言うのに薄暗く・・・気温低い低い。

小屋の中といえども・・・温かいもの食べてホッとするまで・・・・時間がかかった。

しかし、小屋のおかげで・・・寒さに震える事も無く、・・・時間が経つにつれて体温は回復していた。

小屋の中で一番温かい所は、乾燥室であった。

次は談話室。

ストーブは何処にもなかった。

テントを張った人はいたのだろうか?

結露と寒さと濡れと・・・果たしてはじめてのとっとこ太郎は平気でテントで眠れただろうか?

過保護?親馬鹿?

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務上過失傷害

Img_8278 関西で

体育の授業中に生徒が投げた砲丸が他の生徒さんに当たり頭蓋骨陥没。

命に別状がないと言うニュースを聞いた。

状況によっては、業務上過失傷害。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

またか・・・。

そんな話を聞いたの2回目だよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

状況はよく分からないけれど・・・・・・

友の息子が昔、体育の授業中に砲丸投げの球が当たり、病院に運ばれ

入院した話を聞いた。

あってはならない事。

命に別状ないとは言え・・・入院したし、おそらく吐いたり辛い思いしているでしょう。

しかし、この2件にとどまらないんじゃないかなあ・・・・・。

危険なんだと・・・何か手を打たないと・・・また起こるよ。

きっと・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

ケガをされた方が早く回復されますように。

・・・・・・・・・・・・・

ちなみに・・・何年も前の事だし、友の息子も元気だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキを見に

Img_8284上高地のススキ。

真知母が、ススキを見に行きたいから・・・・。

「デナリに行きたいって言っていたと、言って置いて」と伝言を残して、帰って行ったと聞いた。

じゃあ、真知母と、ススキを見に行こうと思い立った。

水曜日休みだったから、行く気満々だった。

しかし、まだ早い。

今年は更に気温が高い。

行けばそれなりに綺麗だろうが・・・聞くところによる銀色に輝く一面ススキの原を

見せてあげたい。

欲深く・・狙っていくと・・・きっとハズレになるだろう。

しかし、穂も出てないとき行ってもね・・・ますます見られないから少し先に延ばした。

見たい見たい・・・・。

出来れば日が傾きだした3時以降の原を見て見たい。

神様・・・・見させて下さい。

おー!!!ますます、欲深き事この上なし。

自分の欲のために願うなどとは・・・もってのほかなり・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

荒涼とした槍ケ岳

Img_8216 写真は書きたいことと関係ないのよ。

でもね槍が岳ネタが続きイヤンなりましたでしょう。

でも、関係ないと書き続ける・・・・。

・・・・・・・・・・・・・

朝陽が高くなって夜明け前から見ていた私達は

これから小屋で朝食を食べる面々を尻目に下山にかかる。

小屋で日の出を待ちながら、最後に残っていたパンを食べた。

下山途中で、降りてきた道を振り返ると、昨夜までの雨は何処に行ったか・・・

そこには、荒涼とした槍が岳が見えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

帰って撮って来た写真を見た。

槍が岳はこんな山だったっけ?

//////////////////

山の記録を書くとする。

・・・・・・・・・・・・・・・

コースの紹介やコースタイムや色々書いてもいいんだけど・・・

そんな記事は他の人に任せておけばいいなと思う。

で、こんな、どうでもいい事ばかり書いている。

検索してこんな記事しか出てこなかったら「知りたいことはコンなんじゃないやい」と思うだろう。

まあ、いいんじゃない。

これからも同じような山に登るに違いない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

東鎌尾根~西鎌尾根・・・・大槍ヒュッテ泊まってカラ荷で・・・三俣山荘そして野口五郎小屋から烏帽子小屋、南沢岳往復・・・七倉山荘・・・・・駆け抜けてみたいな。亀の様に。

これは、一人で出来そうだ。

5泊6日要るだろう。

もっと歳とってからでも行けそうだけど、行きたいと思うときが行き時・・・ってね。

車はどうしたらいい?

もう10月は仕事決まっているし、11月の連休は観月だし、もっと遅くなったら、小屋は閉まるし雪が降るし。

そんなの関係ないと・・・テントと食料とアイゼン持って・・・行きたいところだが・・・

懲りたデナリは・・・・「いくぞ!!」と何だか言えない位・・・今年は、山に釘さされた気がしている。

行きたいような、行きたくないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当作らなくていいのに

Img_8387 Img_8388 おはよう。

今日の朝陽は、ちょっと赤い。

朝6時。

前の家と家の間のわずかな隙間から・・・・差し込んでくる光。

我が家の植木を通り抜けて・・・更にきつく。

玄関のガラスに赤く長く光が染めて、ステンドグラスじゃないけれど色付いた。

こんな朝陽も、大きな建物に遮られて、朝陽が映らなくなるんでしょうね。

今日は、天気がいい。

連休で、 誰も必要としていない・・・弁当も作らなくていい。

なのに、朝目が覚める。

あと1時間寝てられたのにな。

コレも歳のせいだろうか・・・くー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・

今年は、雪が降るのは遅いだろうか?

きっと、12月になっても雪積もる所ないだろうなと・・・・だーさんと話した。

この界隈の天候を・・・考えた。

行きたい山が手軽な所にない・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南の温泉に行きたいととっとこ太郎は言う。

ひるがのに、スキーに三年寝太郎は行きたいと言う。

年末年始でも無理だろう雪がない。

降雪機で何とかするんだろうか・・・・・。

あんがい、あっという間に寒くなって降るのだろうか?

やっぱり、どうかしている。

更に拍車をかけて、全部が半月おくれて暖かくなった気がしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くに出勤したのに

Img_8332 育児指導・・・と言う仕事内容がある。

集団で話するから、決まった時間に決まった場所で話を始める。

予防接種の事、赤ちゃんの体の事、赤ちゃんの検査の事、

赤ちゃんの健康診断の事、・・・・・などなど。

お産の感想やその後大変だった事をみんなに聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間の設定が大変で・・・時間を朝・・・状況を見て決めたら・・私は対象のママに予告する。

いちいち、口で言ってもいいんだが、のんびりサンは、意外と聞いているようで聞いていない。

待てど暮らせど・・・来ない時がある。

面倒だから、メモ作ったんだ。

・・・・・・・・・・・・・

今月は2回ほど担当がある。

先月に渡す用のメモを作った次の日・・・ちょっと早く行ってコピーして用紙を用意しようとした。

原紙を 朝、PCからプリントして・・・・。

早くに出勤したのに・・・更衣室で・・・・また、やっちまったよ!!!

家に忘れてきた!!!

イヤンなる。

ばかばかばか!!!

・・・・・・・・・・・・・・

そう言いながら・・・ロッカーで着替える。

そして、時間が余ったから・・・指導する時使うファイルを開いてみた。

お~!!!???

昨夜作ったお知らせメモより、親切に・・・・お部屋におウチの方がどなたもいない時はBABY室でお預かりします、おっぱいを吸わせた後で5分前に預けてください。

なーんて・・・事までかいた物が・・・・用意してあった。

そうだった。

そうだった。

作ったんだった。

作った後、何回も指導していたが作った事を忘れて、一度使ったきりで忘れてしまっていたが・・・確かに作ったんだった。

私としたことが・・・・・・。

とほほ・・・・。

なんでいつもこうなのかねえ。

用意良い様で・・・ぬけている。

やれやれ・・・・。

若い頃からこうだった。

そして今もこうだ。

とんでもないお年寄りになるに違いない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃんと、何枚も用意してあった・・・・ものを、使ったのはもちろんです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

いつもと違う道

Img_8371 朝、いつもの堤防の道、先を見渡した。

道は、混雑・・詰まっていて全く動いていない。

ふっと、判を押したように毎日決まって通る通勤道を変えてみたくなった。

ガソリンのメーターがEになってから、既に職場まで2往復しているから、いい加減給油しないとえらいことになる。

駄目だ。もう限界だ。

少し早く家を出た。

ガソリンも、そこで入れないと駄目だと決めている訳ではないが、いつも何が何でも入れている所がある。

たが、発想の転換。

別に何処で入れても良いじゃない・・・・違う所で給油した。

なーんだ、何処でもいいじゃない。(当たり前なんだが・・)

そして、詰まった道を避けて、2つ手前の橋を渡ってみた。

すると信号待ち。

川の上流の様子が、のどかでほっこり良かった。

橋の上から・・・写真撮った。

たまにはいいモノだね。

Img_8372 帰り道。

何をしていて遅くなったか分からないが・・・

外は真っ暗になった。

秋の日は釣瓶落とし。

工事は既に終わり、真っ直ぐな道は、ただただ寂しく。

それでも、誰も帰っていない家に鍵を開け入る。

みんな、早く帰っておいで、今日はお鍋だよ・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨風がひどいから小屋に泊まりましょ

Img_8133 Img_8134

/

10時50分

槍沢ロッジ到着。

前にも書いたが・・・小屋に着く頃、雨が降り出した。

雨足が見る見るひどくなり・・・遂には、ジャジャブリになった。

30分程上がった所に、ババ平がある。

ババ平にテント場があるが、そこで泊まるつもりであった。

しかし、仮設トイレが1つあるのみ・・・・。

紫さんが・・トイレがネックで・・ババ平では泊まれないと・・・言っているよと、教えてやると

とっとこ太郎も・・迷っていた。

そこにきて、この土砂降り。

迷いもなく・・・小屋泊まりに変更した。

ギュウギュウな混み具合だとしたら、強行にテント泊にするんだが、

1日違いで大違い・・・まあまあ空いていると読んだ。

混んではなかった。

さっと、汗を流させてくれるお風呂があり、入った。

体が温まった。

かけ布団が5つ・・・・。

人は6人。

遂に私は、一度も布団を着なかった。

と言うより・・・他の4人は・・・一人1枚・・・・・。

私は、暑がり・・・おまけに、体はポカポカ・・・・。

最悪・・・とっとこ太郎の布団に入れてもらうつもりだった。

布団は一人一枚ないとねえ・・・といっている人がいた。

布団が1枚ないと寝られないのなら、山小屋泊まりの山行きは、出来ないぞ!!!

と、説教垂れそうになった。

小屋泊まりは、空いている時に使うに限る・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8162 Img_8170

槍ヶ岳山荘。

到着9:25

雨降り出す。

午後に天気が崩れるでしょう。

雨だが強行して・・・槍の頂上に立つ。

10時半小屋に戻って来た。

更に雨足強くなって風がビュンビュン吹き始めた。

小屋に到着する人が増えてきた。

この人達は、槍の頂上に・・今から行くのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・

テント場へ行くか・・又小屋泊まりにするか・・・決断のときだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋は今日更に空いているでしょう。

テント持ってきたのだから・・・使いたい。

しかし、風と雨。

マイテント・・・ポール折れたり曲がったりしたくないな・・・・。

泣くなく・・・・小屋泊まりを決断する。

・・・・・・・・・・・・・・・

外国の人が寒さのために・・シュラフを出して肩にかぶっている。

寒い・・・・部屋に入っても寒い。

本当に寒い。

とっとこ太郎は、寒がっている。

布団をかぶって寝た。

お昼を起きて自炊した。

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後から夜まで雨は降り続き・・・

この日は風が強く。

小屋が浮くような強い風がずっと続いた。

吹き上がる風はトイレからアンモニアを舞い上げて、ローカは臭っていた。

さらにキツイ風が吹くと、閉めてるドアから部屋の中まで臭ってくる。

小屋は、風に鳴った。

ガタガタ・・・キシンだ。

それでも快適な布団で・・・よく眠れた。

しかし、何時か知らないんだが・・・・・夜中に・・・風でもなく雨でもない・・・凄い音がガリガリグワ~ングワ~ン鳴り響いていた。

その音聞きつつ寝ぼけながら・・・・「小屋に泊まっておいて良かった」

「こんな風・・で、外で寝ていたらどうなっていただろう・・くわばらくわばら・・」

夢うつつで・・・思いながら・・・深い眠りに入っていったらしく・・何にも知らずに

電気が4時半・・・?付くまで知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不二家のケーキ

Img_8360_2 よっ!!!

三年寝太郎、ついに自立。

口を開けば「お金ない」と言っていたが

ここに来て、落ち着いてきた。

先日お土産にケーキを買って来てくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が去年受験で頑張っていたころ、不二家の一件があった。

その頃、通学路にある不二家で夜に冷たい風が吹く中、店の外にペコちゃんが立ち、

そんな事件があったにもかかわらず・・頑張っているお店の姿を見た。

心の中でペコちゃんに・・「がんばれ!」って思ったんだと。

その時、

「受験が終わったら、バイトしてきっとこのお店にケーキを買いにこよう!!!」と心に決めていたそうである。

「いつか行きたいと思っていたん。」と言ってお土産に不二家のケーキを買ってきてくれた。

美味しかったよ。

成長した君の心意気・・・・・母は、嬉しかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

長生きしそうと言われ・・・

Img_8140 昼休み・・・リンゴ一個の皮を剥かずに丸かじりした。

同僚は驚いていた。

・・・・・・・・・・・・・・

朝お弁当はちゃんと作った。

自分の梅干おにぎりも作ったんだが・・・シンクの台に忘れてきた。

食パン野菜ジュースとリンゴ一個もカバンにぶち込んできた。

モクモクと食べる。

感心している同僚を尻目に・・・・・・ガブガブかじる・・・おいしい。

「皮には農薬バリバリです・・・この先知れてますから・・・思い残す事もありません。」

そう言って・・・丸かじりした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

すると、

「デナリさんは、長生きすると思うわ・・・」

他の同僚もうんうんうなずいている。

私:「そうそう、夫も・・・・生きる生きる100まで生きる・・・って言われてる」笑・・・。

  「ポックリ楽になれれば・・・もう思い残す事は無い。」

何だかトキエ祖母が言っていたような事を・・既に私も言っている・・・のが面白い。

私は、おっとりしていて長生きしそうだと言う。

決して私に「おっとり」と言う形容詞は適切でないのは知っている。

きっと、最大限に気を使った変換であっただろう・・・ほんとのところ・・・

「ぼーっとして抜けている」

と表現したかったに違いない。

長生きしそう・・・・と聞いて・・・複雑なり・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

槍見河原の槍

Img_8123 槍見河原・・・・上り

何も見えず。

この後、何時間かして雨降り出す。

播隆上人は、ここから槍の穂先を見たのでしょうか。

私にとって、槍が岳は、これまでそんなに興味ない所でした。

しいて言うなら、北鎌尾根の終点。

しかし、播隆上人を知ってから・・・本を読んで、出てくるポイントは、ただの道だったのが

書かれてある所をたどって行くようで・・・・

もしも、この道歩くようなことがあれば、ほんの一文一文が浮かんできて楽しいものになるような気がします♡

・・・・・

Img_8271 下りの槍見河原・槍の穂先

この道を何往復する事になるのだろう。

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴天の霹靂

わたしゃ・・・・・やんなっちゃうよ。

Img_8302 何でコメント残してきたのか分からないけれど、

おそらく何かの写真に惹かれたのでしょう。

大抵そうなんだが・・・・

ふらーと、出かけて行く。

そして、何処かのブログで

私のアンテナをくすぐられると

よしゃーいいのに、書き残してくる。

・・・・・・・・・・・・・・

別に男性であろうと、女性であろうと、関係ないと言えば関係ないんだが・・・

そんなこと関係なく・・・しょっちゅう訪ねて行っていたのに、イマサラながらに驚いた。

noboさんは、男性であった。

私が疎いんだ。

こう言う事・・・初めてじゃない。

ホント言うと・・・・気が付けば・・・・この方もこの方もこの方もそうであった。

うそー!!!!今度もかぁ~!!!と、イマサラながらにビックリ。

晴天の霹靂!!!

コメント残したら・・・「こっちの方が晴天の霹靂だよ」って・・・・・

読んだ時、笑ってしまいました。

わかって書いていると思ってましたか?

じゃあ、へんなおばさんだなあ・・・なんて思われていたんでしょうか?

うっ・・・ひょ~ぉ。

選ってる訳じゃないのに・・・どうしてかねえ・・・・。

わたしゃ・・・・へんなのかねえ。

↑こんな時だけ 「わたしゃ言葉」 になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

ババ平

Img_8257 槍沢ロッジを過ぎ少し行くと

ババ平がある。

先日、入山一泊目は、ババ平にテントを張る予定でした。

槍沢ロッジにつく頃、雨が降り始めた。

あと少しで、テント場だから、止むのを小屋で待つことにした。

待てば待つほど・・・雨足が強くなるばかりであった。

仕方がないから、早いけれど、小屋の屋根の下でお昼を食べた。

持って行ったカップめんをフーフー食べた。

雨はやまなかった。

更に強く降り始めた。

決断した・・・・小屋に泊ろう。

とっとこ太郎は、ヒマ暇だから・・・先へ行こうと言いました。

しかし、ババ平の話を何気にしましたら・・・トイレのちゃんとあるところがいいと言いだした。

・・・・・・・・・・・・・・

何の話をしたかと言うと・・

あけもどろの紫さんは、仮設トイレのあるババ平には、泊まれないと言っていた・・と言う話をしただけなのだが・・・共感したとっとこ太郎は・・・そそくさと・・小屋泊まりに同意した。

雨は降り続き・・・・

小屋に泊まって、お風呂で汗を流した。

ジャボンとつかるだけで・・・石鹸使用だめ歯磨きだめ・・・もちろんシャンプーもだめだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュンク堂にお茶しに行く

Img_8373_2 なんばグランド花月

その前にジュンク堂。

・・・・・・・・・・・・・・

一昨日、ススキ見に山に行かない?とだーさんにメールした。

返事は・・図書館めぐりしないと駄目だから

行かないと言うものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真知母が、三年寝太郎に、「ススキを見に行きたい」と言った。

それを聞いて私に伝えた。

それで・・・昨日に「行こう」と誘った。

しかし、よくよく調べたら・・・まだ早い。

どうせ行くのなら・・・キラキラ輝くススキの原を・・・真知母と歩きたかった。

まだ早い。

も少ししたら行こうと・・・計画変更した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、朝・・・だーさんは、これから難波のジュンク堂に行くと言う。

「付いてくるか? 」

いつも・・・・

「今日の予定は?」

「何処行くの?」と聞く。

それに対して返事の後に・・・・決まって・・・「付いてくるか?」と聞く。

したいことも、しなければならない事もある。

三年寝太郎かとっとこ太郎がいたら、出かけたくない。

だから・・・「行かない・・」と言う。

しかし、行き先が難波ジュンク堂・・・ススキも延期になった。

行く事にした。

いつもの癖で・・・てっきり来ないだろうと高をくくっていて、だーさんは電車で行くつもりであった。

電車は嫌だなあと思っていたら・・・・車でOKになった・・・。

ラッキー。

Img_8375_2  ジュンク堂でお茶を飲む。

Img_8376_2

鏡に学生さんが整列しているのが写っている。

そうそう、私、学生生活で・・・一列に並ばされてじっと長時間待っているって言う風な時が最も苦痛であった事を思い出した。

Img_8377 疲れちゃうのよね・・・・・。

その先の何かの行事なんかどうでも良くなってきちゃう。

楽しいことでも、目減りしちゃう。

・・・・・・・・・・・・・・・

吉本・・・見るんだね今日は彼女達は・・・・。

大阪に遠足?修学旅行?私達には・・・ありえない・・・。

しかし、私も行ったこと無いんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8378 海鮮丼定食を食べた。

それがねえ・・・・。

付いてたお味噌汁から金タワシの破片が出てきた。

既に全て食べ終えてあった。

今文句言ったら・・・クレーマーと思われるのもシャクダッタ。

右隣の・・・ビジネスマン3人も

左隣の・・・仕事をしつつ食べている女性も・・同じ海鮮丼だ。

聞いたら・・美味しくなくなるだろうね。

で・・・・・

清算すんだ後・・・レジで言った。

「私的には、どうでもいいことなんですが・・・・これ・・・お味噌汁から出てきました。」

と言って・・・アルミタワシのカールした破片を手渡した。

謝っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

私でよかったね・・・・

味噌汁から金タワシ・・・出てきたとき・・・変なお客だったら・・・。

Img_8379 大阪パーキングは60分300円。

それ以上は、駐車違反なんだったの?

追加の300円入れようとしたが入らなかった。

困った。

どうしましょう。

あれあれ・・・・・大阪のシステムは分からないよ。

どうしようもなくて・・・そのまま帰ってきた。

知らない事とは言え・・・・ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形の桃ゼリー

Img_8354 山形の桃ゼリー。

お土産に貰った。

それがゼリーというには、果実そのまんまで美味しいの。

Img_8358 桃の里は、わが町にもある。

真知母がまさか山形に行っていたなんて知らなかったよ。

・・・・・・・・・・・・・

Img_8359 山形と言えば・・・・・

とっとこ太郎と2泊した。

そこで、山形のご夫婦と一緒になった。

それはそれは、仲良しでうらやましいかぎりでした。

○○さんと奥さんが名前で呼ぶのを聞いて・・・新鮮だったのでしょう。

とっとこ太郎は・・・「○○さんだって。」と言っていた。

私も「だーさん」と呼んでみようか?

・・・・・・・・・・・・・・

桃ゼリーを食べる。

案の定美味しい・・・・。

美味しい・・・・。

//////////////

真知母が、我が家にまた来たようだ。

しかし、私は夏前から会っていない・・・親不孝。

三年寝太郎とは、メル友。

三年寝太郎に会いに先日も来た様だが、私は来た事すら知らないで夜勤明けで眠り込んでいた。

真知母三年寝太郎は、世代を超えて仲良しだ。

真知母は、私の母ではあるが心配かけている私に比べ安心感を与え三年寝太郎の安定感が真知母を癒し

真知母に癒されるのでしょう。

すまないねえ・・・・娘がこんなんで。

すまないねえ・・・母がこんなんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

笠ヶ岳の見える温泉

Img_8305  高山・平湯・アカンダナ駐車場に車を預けて行く。

私達が入山した日は、普通連休入山日より1日遅かった。

その為・・・駐車場から上高地までの5時20分始発のバスは、空いていた。

一日前なら・・この時間100人だったと言っていた。

アカンダナ駐車場は、私達には馴染みだが・・・山で出会った人たちには・・・分かってもらえない事が多い。

沢渡の駐車場の方に関東方面からは、おなじみなのでしょうね。

今回山小屋で知り合った山形からおこしになっていたご夫婦も沢渡と言ってられました。

・・・・・・・・・・・・・・

山から下りてきたら、温泉。

なんだか、いつも車の中でウトウトしていますが・・えらい物ですね・・・自分で運転してもちゃんとお風呂に行ける。

いつもの

平湯バスターミナル(アルプス街道平湯)でお風呂に入る。

Img_8310 平日だし、時間が早いし・・・それでも人がまあまあいる。

しかし、バスターミナルの温泉は、貸切であった。

浴場からは、はるか遠くに笠が岳が見えた。

何だか温泉ぬるい。

でも、気持ち良い。

2人でお昼を食べた。

とっとこ太郎は、珍しいご当地の定食ものをよばれていた。

楽しいね。

バクバク美味しいものを頂く子を見ていて、飽きる事はない。

「きっと、また行こうね。」と言うと

「小屋泊まりだったら・・・いつでも行くよ」と言った。

空いた小屋2泊だった。

君は、連休の小屋泊まりの大変さを知らないから・・・母がテントをずっと持って歩いた意味が分からないんだよ・・・・マア良いが・・・・。

母はテント泊が好きだ。

そのうち君にも分かるかもしれないね♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝通勤道・・・

Img_8322 朝。

通勤道。

何故だか今日は、こんなトコロで信号待ち。

連休明け・・・・・火曜日。

午後から雨が降るという。

だから、私も一足先に出発した。

時間は早いが・・・混んでいるのね。

見上げれば鉄塔。

電線注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網戸を張り替えてくれる

Img_8356 網戸・・・。

なんだかねー。

冬が来るぞと・・・予告編の予告編の風が吹く今日この頃。

休日に勤務したその日、だーさんが網戸を張り替えてくれた。

この家に越してきて一度張り替えてくれた。

そして、この夏は、その張り替えた網戸が劣化して切れて破れていた。

蚊や虫がいた頃は破れていて・・・寒くなった途端に・・張替え?

確かに、近いうちに頼もうと思っていたんだ。

大掃除までに張り替えておいてね・・・って。

それにしても、11月なったら木枯らし吹くよ。

なんだいなんだい・・・・・、

しかし、新しい網戸は・・・気持ちいい。

窓もあらってくれてありがとう♡

ありがとうと・・・礼を言う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

読んでみなよと勧めてみる

槍が岳開山した播隆上人の話を新田次郎氏「槍ケ岳開山」を読み終えた。

播隆上人は、槍が岳を開山する前に、笠が岳を再興した。

・・その時の事を、「登山と宗教について」みんなに、こんなに語った・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度の笠が岳再興で私は山に登る事が瞑想に(精神統一に)近づく事のできる、もっとも容易な道のように思われました。山の頂に向かって汗を流しながら一歩一歩を踏みしめていく時には、ただ山に登る事意外は考えなくなります。心が澄み切ってまいります。登山と禅定とは同じ様なものです。それは高い山に登ってみれば自然にわかってくる事です。なにかしら自分と言うものが山の気の中に解けこんで行って、自分が何であるか、人間が何であるか、なぜ人間は死なねばならぬか、そういうむずかしい問題さえ、自然に山の気が教えてくれるようにさえ思われてくるのです。そのような境地は登山によって身を苦しめて得られるのではありません、けっして苦行ではなく、それは悟りへの道程だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言っているコト何となく良く分かる。

これは、新田次郎氏のお言葉でしょうが・・・本当に播隆上人に話を聞いて

そうだそうだと・・・思っている私が居る。

・・・・・・・・・・・・・

面白かったよ。

読んでみなと・・・読書が好きなとっとこ太郎に勧めてみる。

気がむかないようだ・・・・。

Img_8221

「岳」の新刊が出た。

また、三歩さんに会えるなあ。

楽しみ♡楽しみ♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学びがないデナリ、灼熱感に堪える

近頃おいしい、固いみかん。

この時期の固いみかんを食べると、運動会を思い出す。

Img_8321 ・・・・・・・・・

運動会の話は、置いておいて・・・・・。

今私は、鼻が焼けるように痛い。

つくづく学習能力の低さに、自分が嫌になる。

固いみかんの皮を、香り漬けにぬか床に入れた。

先日は、スダチを入れてみたし・・・変わった香りをかもしている。

混ぜた・・・・手を洗ったが、その後無意識に鼻を擦ったようだ。

じわじわ・・・効いてきた。

そして、焼ける様に痛い。

灼熱感。

辛い。

・・・・・・・・・・・・・

もう自分が嫌だ・・・・。

またやってしまった。

くー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国体道路

国体道路・・・わが町にそう呼ばれている道がある。

・・・・・・・・・・・・・

何年か先に・・・再び国体がこちらで開催されると聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・

その昔、私が子供の頃国体がやってきた。

その時・・・開会式をするメインの会場になった競技場がある。

そちらに、駅からスルーと行くために真っ直ぐな道を作ったのでしょう。

今も限られたその道のその区間を国体道路と呼んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・

全国各地にあるのかと思いきや・・・・調べてみたらそうそう無いんだね。

しかし、あっちこっちにあるんだね。

都会じゃ・・・そんなに言わないが田舎は・・国体が来たら大騒ぎって事なのかなあ。

さて・・・国体道路のあるところは・・・幾つだと思う?

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) ... を覗いてみたら、まだ編集中であった。

何だか間違っていたので、初めて編集で修正させてもらった。

驚きー・・・勝手に直せるんだね。Img_7707

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

ドクター謝る

職場で話し合いがあるって、

それに山に行くから参加出来ないって、

そしたら、白紙の紙に、何か書き残して行けって言われたって、

で、出発前のぎりぎりの夜勤明けにあった事を例に挙げて

意思の疎通をはかれない事で、悲しい思いしたと書いた。

まとめには、自分はそんな事もこんな事も、いい事も悪い事も、大事な事もそうでない事も

すぐ忘れてしまう。

私は、心も体も健康です。

仕事も好きで・・いいお産にあって元気な子に出会えるだけで、ただそれだけで、幸せだ。

そんな感じなことを書いた。

参加しても意見は無かった。

みんなに渦巻いているほどの激しさも無く・・・苦痛に思っているっことも無く。

人が辞めて行くことによって・・・今一人当たりの夜勤回数が7回~8回になっている事に対する不満も無い。

管理職の師長、主任が大変で・・・ここで何とかしなければ、残っている子も潰れてしまうと

意を決したらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が山から帰ってきて、すぐ夜勤であった。

忙しいから誰からもその事について、聞くことも無かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日勤・・・遅刻ギリギリにタイムカードを押した。セーフ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、待たれていた。

師長からも、ドクターからも・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人は、朝言い合いになっていた。

思い余って・・・「こういう意見は、一部の人だけじゃありません。デナリさんからも報告受けてます。」って言ったら・・・思い当たるらしい様子だったと・・・後で聞いた。

その場で、「デナリさんに謝る」と言い出したらしい。

で、2人に私の出勤を待たれていたらしい・・・が運悪くギリギリの出勤であった。

仕事にさっさとかかり、何故か訳分からないが

「デナリさん、意見ありがとう」礼を言われた。

「先生に、言って置いたから・・・。謝るって言っていたから・・。」

????

えー!!言っちゃったんですか?

言っても何も変わらない。不毛だ・・・って書いたのに。

言うんだったら自分でもっと直球を投げるのにと思ったが、師長は機嫌が良さ気。

まあ、間違った事も言っていないし・・・なるようになるさと・・・開き直った。

確かに、「次からそう言うことが無いように気をつけるから・・・」と謝ってくれた。

潔い。

見直した。

みんなは・・・肯定的ではないが・・・私は「分かり易いからいい」と思う。

変化球を投げる人より、直球投げる人の方がいい。

根深い、執念深いのは、男でも女でも、ごめんだ。

・・ともかく、直球を投げるのはいい。

・・・・・・・・・・・・・

それとは別にその後も、会談は続いているようだ。

・・・・・・・・・・・・

なんだか、毎日仕事しやすい。

人が温かく感じる。

・・・・・・・・・・・・

山はいい。

癒されて楽しくて・・・・。

おまけに、行っている間に変っていた。

・・・・・・・・・・・・

きっと状況は何もさして変わっていないんだろう。

変わったとしたら・・・更に私の心が癒されてきたんだと思う。

とっとこ太郎と槍に立てた事も、播隆上人に会ったことも・・・・。

・・・・・・・・・・・・・

何か楽しい。

・・・・・・・・・・・・

おっと・・・・少々ハイですな・・・・。

気を引き締めて行ってみよう!!!!

Img_8347_2 ・・・・・・・・

・・・・・・・・

昨日夜から建った家に電気がつく様になった。

いよいよ遠くのお隣さんが来たんだね。

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩くの嫌だ・・アイス

Img_8279 「休憩せずに行ききっちゃおう」

・・と言うとっとこ太郎の意思に反して

上高地・・・横尾で、座り込んだ。

しょっちゅう、「何か食べたい」・・・と言っていたのに

最終日は・・・全く言わない。

それにしても、ぼったくり・・・だなあ・・・・。

アイス一個300円なり・・・・・。

地元で100円のアイスだから・・・・200円のマージン。

環境の整備に使われているんでしょうか。

車の通わぬ所なら・・・まだしも、ブンブン車と通った後がある道。

それはないでしょう・・・・といいながら・・・・・それでも

まるで、子供に帰ってしまったデナリは・・・・

食べたかったので、買ってしまいました。

嫌なら買わなきゃいいのにね。

とほほ・・・・。

控えおろう・・・・・このアイスが、目に入らぬか!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我が家のコノテヒバ

Img_8343_2  涼しい風が吹き始めましたね。

それでも、天気いい日は・・・暑いよね。

我が家のコノテヒバは、ますます育つ。

この木の根元には、チーズが眠っている。

我が家に来て何日も経たないうちに死んでしまったミニウサギ・・・あまりに不憫でこの木の根元に埋めてあげた。

どんどんこの木は成長した。

まもなく2階の軒に到達するでしょう。

ぐんぐん伸びる。

去年までも育つなあ・・・と感心したが・・・今年も更に大きくなった。

水をやる訳でなく・・・肥しをあげる訳でなく・・・なのに・・・・。

青い空があんまり綺麗だったので、思わずパチリ。

我が家の1本。

/////////////////

今は、我が家には、可愛い動物達は誰もいない。

おたまちゃんに至るまで・・・たくさんの命を私達を癒すために提供してくれた。

彼らを通して、子供達はいろんな事を学ばせてもらった。

チーズが死んだ時も、ワンワン泣いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大事な命が消える時、・・・人は嘆き悲しむ。

でも不思議だね。

おたまちゃんの事忘れたわけじゃないけど、癒されて心が苦しくない。

すぐ死んでしまったチーズにいたっては、何も無い。

少しの寂しさと少しの後悔と・・・・・たくさんの幸せな思い出と。

・・・・・・・・・・・・・・

朝から重かった・・・ごめん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »