« 赤信号 | トップページ | 川がすきなあなた、いかがお過ごしですか。 »

2007年10月14日 (日)

揺れない心を・・・・

Img_7569 ←「まんがまるごと小倉百人一首」の本の挿絵

大峰山の歌があってその挿絵だったので思わず写した。

まんがは、魚住則子さん

私もお坊様が山を登る時は、こんな感じで登るんだと思っていた。

しかし、こんな正装で登らないみたいです。

槍ヶ岳開山を読んで知った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わるが

悟りを開けないデナリは、山でストレスを頂いてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋は、空いていた。

しかし、そのうち混んでくると思ったのでしょうか・・・同室者の嫌な姿を見てしまった。

その時

デナリにストレスが発生した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

小屋の部屋は2段になっていた。

下の段は8人分の番号がうってあった。

私達2人が貰った番号は、3連番であった。

今日は空いているんだな・・とわかった。

番号の所を見てみると、大きな布団一枚であった。

混んでいる時は、この一枚の大きな布団に3人寝るんだね。

もっと混んでいる時はもっと大勢でくっ付いて寝るんだね。

同じ大きさ同じ模様の布団が向こうに一枚ひいていた。

そして、これらの布団と布団にはさまれた所に違う布団がひいてあって、そこには2つの番号がうってあった。

女性2人が入ってきた。

今日は双六小屋から来たそうです。

若い・・といってもソコソコな年みたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

退室して部屋に戻ったら・・・あれ?

何か変?

よく観察すると・・・私が寝ていた布団がわずかに折り返されている。

WAY?

誰がした???

気にはなったが・・・・問題ではない。

・・・・・・・・・・・・・

お隣さんは若く綺麗・・誰かにひどく迷惑かけるわけでないが何だかいい感じでない。

・・・・・・・・・・・・・

消灯頃になって・・間の布団に誰も来ないとわかった頃、

「誰かくると思って用心したのに」と言って笑っていた。

どうやら、折り返したのは彼女みたいだった。

気付かないと思ったのか?

なんだか同じ仲間だと思うと、嫌な気がした。

姑息な自己中。

自分が狭くなった事が嫌なのではなく

こういう人も居るんだと思うことで・・・私にストレスがかかる。

山に来てこれか・・・と、幻滅する。

少し傷付いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

経でも唱えて・・・精神修行したら・・・そんな事でも揺れない心を得られるだろうか。

悟りを開きたかああああ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 赤信号 | トップページ | 川がすきなあなた、いかがお過ごしですか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揺れない心を・・・・:

« 赤信号 | トップページ | 川がすきなあなた、いかがお過ごしですか。 »