« 槍沢ロッジのヘリポート | トップページ | 12月何処の山に行こうか? »

2007年10月11日 (木)

帝王切開・Vバック

Img_7794 里帰り分娩・・・も、異常分娩のリスクが上がる。

それで、妊娠前からかかっていたとか特別の場合を除いて、断わる事が多いと聞く。

そして、Vバックと言って、前回の妊娠が帝王切開だって、次の妊娠で帝王切開をせずに

自然分娩する事を言うが・・・私の勤めている病院では受けていない。

前回他院で帝王切開だった方も、受けていない。

それ位、リスクが高い人は、総合病院への紹介しているようだ。

それでも、一ヶ月の分娩件数を制限している。

・・

なんで、前回帝王切開の方が、今回も帝王切開を勧められるか・・・・

それはね・・・・

体が傷つくと・・・治癒すると傷が残る・・・・。

その傷は・・・、間違いなく、その周りの組織と比べて伸びにくく裂け易い。

おなかの傷だけでなく子宮の傷も、妊娠に伴って胎児の成長に伴って、引き伸ばされる。

そして、時に子宮が裂けてしまいかねない。

陣痛は、そんな傷が無くても、子宮がきつく引っ張られたりする。

胎児を押し出すために、何度も何度も収縮する。

そんなときに、傷があるとそこから裂けてしまい、大変なことになるんだ。

帝王切開すると、陣痛が起こっていない状態でも薄くなった子宮を透けて赤ちゃんが見えることがあると言う。

そんな状態の子宮に陣痛が起こると・・・その部分から子宮が裂けて大出血したり

胎児に胎盤から血液が届かず生まれるまでに間に合わ無い事が起こりうる。

だから、Vバックは、余程でないとしない。

もしするとしたら・・・何人か経膣分娩した後、何かの理由(逆子とか)・・で前回当院で帝王切開して今回妊娠を・・と言うようなときは・・・・・・今回が何も異常なければリスク覚悟で

したからの分娩にトライする事があるが・・・本当に滅多に無い。

・・・・・・・・・

同僚の娘さんが2人目を妊娠した。

前回は胎盤が赤ちゃん生まれる前にはがれて帝王切開になった。

今回は、同僚が全責任を覚悟というドクターとの約束した上で・・・あえて、Vバックに挑戦すると言う。

トライする価値は・・・・・?

私だったら・・・・?

トライさせないかもしれない。

孫と娘と私のために・・・・・。

なーんて、ふっと思ったデでありました。

|

« 槍沢ロッジのヘリポート | トップページ | 12月何処の山に行こうか? »

コメント

さすがデナリさんのご判断は冷静で正しいと思います。
でも状況次第のときもあるのかな~?

投稿: | 2007年10月11日 (木) 20:42

まったく私には知らぬ世界ですね。デナリさん。
とってもよくわかりました。
私もそこまで説明していただいたら、
vバックは勧めません。でも、きかなかったらやっぱり選んじゃいそうです。

投稿: ふぁん | 2007年10月11日 (木) 22:58

花様へ   デナリ

こんにちは。

子宮破裂・・・は、恐ろしいよ。
一瞬で、2人の状態が一変する。
万一、助かっても・・子宮摘出は、免れない。

怖い。

大病院に行けば、可能なのかな・・・
行っても駄目なのかな・・・・。

投稿: 花様へ | 2007年10月12日 (金) 12:19

ふぁん様へ   デナリ

こんにちは。

一人目が帝王切開で出産した場合の話を書いているのです。
こうしないと駄目なことは無い。
それでも下から産んでみたいと強く望んで、覚悟すれば
捜せばVバックを受けてくれる病院は、有るかもしれません。
しかし、なかなか見つけられないのが現状だと思います。
前に勤めていた病院は、・・・出来ないと言わないのね。
下から生めるかもしれない・・そうでないかもしれない・・
って、うまいこと合わして置いて妊婦さんをGETしておく・・・いよいよ予定日近づき37週が迫ってきたら・・
帝王切開の予定を話し始めて・・・強行する。
強行と言うには、少々人聞き悪いが・・ドクターに勧められたら・・・それでもあえてVバックを望む事が出来る腹の据わった妊婦さんは100パーセントいない。
・・・・・
しかし、帝王切開の日が決まっているにも関わらず
あれよあれよと、進んで来て・・手術する間もなく、あっさり生まれてしまったって事もあったりして・・・世の中摩訶不思議です。
ママも赤ちゃんも・・・どう言う方法であれ元気なら
みんなそれでいいんです。
どちらが欠けても、一生後悔するようなことだけは、避けたいよね。

投稿: ふぁん様へ | 2007年10月12日 (金) 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝王切開・Vバック:

« 槍沢ロッジのヘリポート | トップページ | 12月何処の山に行こうか? »