« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

ちょっと、遊んできました。

Img_9271 ただいま。

ちょっと、鳥取・山陰・大山に遊んで

来ました。

予報では、

冬型の気圧配置が緩み

曇り午後には雨。

週初めから曇天が続いていた関西では久々の晴れ間で午後から雨。

低気圧は朝鮮半島にあり、前線は太平洋に南下。

よし!行くぞと・・・・・11月になってから荒天で行くのを2回見合わせてきた大山に3度目の正直で登って来ました。

・・・・・・・・・・・・・

もっと、雪がある事を期待して、

目出し帽にゴーグル。

アイゼン。ツエルト。ガス。コッヘル。テルモス。

何だか使わないものばかり詰め込んで・・・。

だーさんと、行って来ました。

7時登り始め、頂上で9時半に記念撮影済ませ下山開始。

天気良かった。

天気のいいとき狙って行ったから予定通りなんだが、少し寂しい。

下りで避難小屋で10時半、コーヒーを作ってのんびりしていたら、

山に雲がかかり、太陽が陰り、雨が降り出しそうになってきた。

さっさと谷へ下りお寺を通って、

12時20分駐車場到着。

駐車場でお湯沸し、カップめん食べていると雨が降ってきた。

皆生温泉入って、

境港で買い物して

帰ってきました。

実家に寄っていたので遅くなったが8時30分には、帰ってきました。

以外と近い大山でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三々九度とは違う

Img_8118 お通夜で、とっとこ太郎が小声で聞いた。

どんなにするの?

周りに一般参列者が焼香を待って大勢座って

僧侶の方が入場されるのを待っている。

別に焼香は初めてじゃない。

幸か不幸か、とっとこ太郎も何度も焼香している。

教える程の事も無い。

焼香順まで、まだまだ時間あるし、丁度焼香しているのが見える。

「人のする事を見てなあ・・・」

母にあるまじき発言であろうか・・・・・?

もう、何も聞かなくなった。

じっと焼香している人を見ていた。

それでいい、それでいい

人の振り見て我が振りなおせ・・・。

なにげに間違っていたりしたら、教えてやろうと、後ろでとっとこ太郎の焼香を見ていたが、ちゃんと出来ていたよ。

・・

帰宅したとっとこ太郎が塩を捜していた。

付いていなかった。

そうなんだ・・・要らないと言えば要らないよね。

しつこく塩と言うから、台所から取ってきて清めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日

三年寝太郎が同じイスで、また聞いた。

おいおい、

きょうだい同じ事聞くか?と思わず笑えて来た。

思わず三々九度・・・とか、ふざけて言ってやろうと思った。

・・・間に受けてとんでもない事をしでかしたら、近所の有名人になってしまう。

可哀想だし、私が付いていながらと笑われるから、ふざけるのは止めた。

・・・・・・・・・・・・・

「前の人のすること、見ておきなぁ」

また、教えてやらずに・・・母にあるまじき発言。

しかし、見ていた。

正装の君達を見ていて・・・・・・故人を想わず・・

しみじみと、我が子も大きくなったなあと別の事を思った。

・・・・・・・・・・

さすがの私も、

棺の中に献花した時、

近所の奥さんがボロボロ泣いたのを見た時

込み上げるものがあった。

涙はこぼれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あなたにとって職に就く」とは

Img_9178 冬にこんなトロピカルな花が咲いているとは。

叔母の家で咲いていた。

で、思わず写真。

・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が・・・アンケートを持ち帰った。

・・・・・・・・・・・

あなたにとって職に就くとは・・・と言う問いであった。

・・・・・・・・・・・・

自由に書いてくれと言う。

・・・・・・・・・・・・・

私にとって職に就くと言うことは、一生の一部である。

生活でもある。

うまく表現できないが、

手と足、目と耳・・・・・

どれが一番大切か・・・と聞かれて、究極に突き詰めていけばたった一つを選んでしまう事になるだろうが、どれも捨てられないもの。

そんなものに似ている。

そのうちの一つとでも言うべきものかな。

家族と健康(命)は両天秤。

仕事と山も両天秤。

そんな感じかな。

誰かと競うそんなものでもなく。

誰かのために続けるものでもなく。

突き詰めたら、自分のために続けていけるもの・・・そんな感じがします。

・・・・・・・・・・・・

とっても、抽象的。

それでも何でもいいと言うから、こんな風に書いて・・・書き直さないで出してやった。

アンケートを集めた人は、さぞかし・・・・

こいつ、訳分からないし・・・と思っているコトだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバーの髪

Img_9176 しるばーのおぐしは、

素敵だね。

大正生まれのおばあちゃん。

何が幸せかって・・・問うてみたい。

・・・・・・・・・・

私は、どんな90歳になれるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

クリスマスソングを聞いて

Img_9182 Img_9184 並べただけじゃ物足りない。

まだ12月になっていないのに

コンセントさしてみた。

ついでにクリスマスソングかけてみた。

うるさいと、とっとこ太郎にお叱りを受けた。

まだ、そんな気分じゃないんだね。

そりゃそうだ、銀杏並木は、これからだ。

・・・・・・・・

まだ、ジーンとこないなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビームゲン2回目

Img_9185_2 こんな仕事しているのに

今まで抗体も無く、ワクチンも射ったこと無いなんて・・・と

あきれられたが、子供たちが小さい時は、体調崩す気がして

射つのを避けていた。

・・・・・・・・・・

しかし、それでは危険すぎると言われ慌ててうちはじめた。

・・・・・・・・・・・・・・

もたもたしていたら月末になってしまった。

インフルエンザを撃てるのは、12月の末に遅れてしまった。

・・・・・・・・・・・・

また、眠い眠いと言うかもしれない。

また、言い出したと・・・あきれて付き合ってくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつのスピカは大好きです。

Img_9036 ふたつのスピカは、大好きです。

12巻も出てるんだけど、まだ買いに行けずにいる。

宇宙に宇宙飛行士が必要ないんじゃないかって

ロボットと作業で競うんだね。

小さいあすみちゃんが、幼い子供の頃から毎日毎日走る事でゆるぎない体力を

身につけていく。

ライオンさんは、素敵です。

早く続きを買わねば・・・ねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

公衆電話ボックス

Img_9138 近頃見なくなった、公衆電話。

無いと困るけれど、あんな所にあったら、怖いじゃないのと言うところの公衆電話を見ない?

Img_9139 写真は、和歌浦の公衆電話のボックス。

屋根が可愛いのよ。

可愛いかぁ?と、だーさんは言っていましたが・・・・。

・・・・・・・・

ところで、山の峠にある公衆電話ボックス・・・怖くない?

ここもか・・・と、先日夜通りかかった所で見かけたが・・・・

可愛いものではなく、妙に緑がかったライトが不気味。

・・・・・・・・・・・・

携帯が使えない所なんでしょうし、事故でも多いのでしょう。

背に腹は変えられない時、使うのでしょうが・・・・夜見ると怖すぎます。

前の職場に、そういう勘が鋭くて、見える見えると言う(決して彼女は私達には言わないんだけれど、見えるんだそうです)同僚がいた。

彼女が○○峠の公衆電話ボックスに誰か立っている、そこは怖いと言っていたっけ。

怖すぎです。

我が家に街から訪ねてきた友が、我が家にたどり着けなくて、携帯家におまけに忘れていたので、公衆電話を捜しながら車を走らせていたら・・・遂には自宅に帰り着いてしまったという事があった。

それ位、公衆電話ボックスは見なくなったね。

だから、あると助かるね。

でも、峠で車を止めて公衆電話をかけにボックスに入る勇気は無いなあ・・・。

・・・・・・・・・・・・

しかし、災害時は公衆電話は一番かかりやすいとか・・・。

ほんとかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繊細な銀杏の木

Img_9177 銀杏の木

今日の銀杏の木は

すでに金色

それがね

細かく繊細なシルエット

何だか大雑把な感じじゃないんで

銀杏の様な気がしない。

・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、お城の外堀の道沿いの銀杏並木です。

・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋って言うのかなあ

Img_9180 ありがとう。

ありがとう。

大きなおいも。

里芋って言うのかなあ。

Img_9181 こんなおいも、初めてだよ。

横に普通のお芋を置いてみた。

驚きもののき山椒の木

さて、どんなにお料理しようかなあ。

/////////////////

美味しく炊けた。

一口つまんだ・・・・GOOD!!

しかし、夕食時、バクバク食べたら、何だか変だ。

あ。そうだ、お芋の茎はズイキと言って炊いたものは、私の大好物。

でも、一口も食べられない。

そうだった。

同じものだった。

はじめ喉の奥に違和感を感じて・・・そのうち気管に違和感。

食べるの止めた。

お茶を飲めと家族が言った。

喉が詰まったわけじゃないから、飲んでも何にもならないんだが

勘違いしている。

しかし、飲んだ。

口の周りが痒い。

しかし、時間をかけたら治まって来た。

・・・・・・・・・

駄目だ。

ここにも食べられないものを見つけてしまった。

・・・・・・・・・・・

だーさんも、三年寝太郎は、あきれている。

母は、食べられないもの多いなあ。

・・・・・・・・・・・

私は、君達を産むまで何一つ食べられないものが無かったんだぞ。

しかし、歳を重ねる毎に分かってきた。

最も激しく反応するのは、芋系だと近頃分かってきた。

恐らく気管に狭窄来るくらい反応する。

残念だなあ・・・・・大きい芋も駄目なんだ。

悲しい・・・。

くー!!!

・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

一日は早い

Img_9170_2 Img_9171 夕陽はかわりなく。

・・・・・・・・・

昨日は、身内の病状について、ドクターから説明があると言うことであったから、

病院に聞きに行った。

・・・・・・・・・・・

昼過ぎに、祖母に会いに行った。

写真を撮った。

滅多に会わないから、会うごとに写真を撮るくせになっている。

・・・・・・・・・・・・

そして、自宅で骨折の養生をしている叔母に差し入れ持って行って夕刻までおしゃべりしてきた。

1日は早い。

もう夕方だった。

・・・・・・・・・・・

休みの日、朝から晩までのんびりダラダラ・・・夕方だあ・・・と言う日も驚きだが

今日みたいな日も・・驚きだ。

いったい私は何していたの?

・・・・・・・・・・・・・

加速度付いて1日が飛んでいった。

・・・・・・・・・・・・・・

一日も早いが・・・

一週間が早い・・・

勤務表を貰って、すぐまた貰う。

一ヶ月も早い。

・・・・・・・・・・

そして、もう年末・・・1年なんてあっという間だと・・・しみじみみんなで話している。

ほんと、忘年会の出し物を練りに練っている。

お色気あり・・・だって。

チーム対抗で・・・。

院長賞は、片手出るとか、出ないとか。

女先生賞は、ちょっと、少ないらしい。

4人1組だから、1人う~ん万ですか・・・・いいなあいいなあ。

思わず力が入りますね。

ブログに書きたかったのは、そっちかい。

私はお留守番で、関係ないですが・・・・くー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもいっきりごぼう

Img_9140 和歌浦・丸濱のおもいっきりごぼう。

和歌浦行ったら買ってみて。

中のゴボウがおいしいの。

皮巻きも買ってくれと言ったけど

却下された・・好きなんだけれどなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

銀杏が散り始め

Img_9166 銀杏の木

まだまだ、場所によっては青い青い。

写真は、堤防の南のとある所。

Img_9169 職場の前の銀杏並木は

ようやく、散り始めた。

黄色いような

まだまだ、青いような。

黄緑色の黄色い鳥がハラハラ落ちる。

もっと、黄色くてもいいと思うんだけれど

散り始め・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

いつかどこかで

Img_9167  川の堤。

桜の木の下を犬を連れて散歩している。

・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が家に帰ってきた。

そして、お葬式に一緒に行った。

賢いぞと褒める。

隣のおばちゃんには、よく叱られただろう。

やれ、ボール遊びしていたら、公園へ行け!と言われたり・・・・した。

それでも人の縁。

この世の中で、袖刷りあうも他生の縁。

・・・・・・・・・・・・

定期演奏会の後、打ち上げ、1次会2次会3次会で、始発を待つ。

時間があるので先輩の下宿に大勢で仮眠させてもらって、着替えに帰ってきた。

お葬式に行って出棺まで付き合った。

・・・・・・・・・・・

送り迎えは、よっぽどの事が無い限りしないんだが、ここは一肌脱いでやるかと、

集合時間に、間に合うように

演奏会場あとかたずけに送って行く。

・・・・・・・・・・・

Img_9168_2 帰りは、駅まで迎えに行く。

この連休は、仕事とお通夜とお葬式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

待っている間の夕陽が写真の桜の木。

・・・・・・・いつか。

どこかでまた会いましょうとお別れした。

ご冥福をお祈りします。・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさもよし。

あさもよし 紀へゆく君が
        信土山 越ゆらむ今日そ 雨な降りそね
 

・・・・・・・・・・・・・

「あさもよし」紀の国にかかる枕詞。

Img_9122 あさもよし、昔から好きな言葉です。

♪あさもよし

・・・・・・・・・・・・・・

万葉の世

赤人くんをはじめ 、聖武天皇に仕える宮廷人は、若の浦へ天皇に随行した。

単身赴任の人びとを送る家の人も

家族を残して出発する人も、歌を詠って互いに想ったんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

都のいい人を想う歌をいっぱい歌ったんだね。

なんだよ、なんだよ、早く家に帰りたかったのかあ。

和歌山の海より奈良の都がいいんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤人くんは、ラブリーな人は、いなかったんだろうか?

まるで週刊誌でも読むような感想を述べるデナリであった。

だって、だって・・・・。

藤白峠で、亡くなった有馬皇子ありまのみこ)を想った歌を詠ってみたりしているし

真面目なんだね赤人くん。

Img_9123

あの山の真ん中辺りが藤白坂でしょうか。

万葉歌人として知られる悲劇の王子・有馬皇子(ありまのみこ)が処刑されたとされる場所なんだが・・・・2ヶ月もいたら・・いろいろ考えてくるものなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪女ふなむし

Img_9097 発想の貧困

いやいや・・・パターンの一元化

そんな風に言うと

気の毒なだーさんと

誰もに・・デナリが批難ごうごう・・受けるんだが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あ!!フナムシ・・・」とか言うと・・・

彼の口から付いて出るフレーズは決まっている。

・・・・・・・・・

悪女ふなむし。

・・・・・・・・・・

何の事か分かるあなたは、相当なマニアックな、相当な年齢のお方。

・・・・・・・・・・・

私とは、あまり子供の頃のテレビの話題で、話が合わないだーさんとだが・・・。

悪女ふなむは、私も分かった。

・・・・・・・・・

ちなみに、写真はふじつぼですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

和歌の浦・不老橋とあしべ橋

Img_9132 Img_9133

和歌の浦・不老橋

Img_8680

Img_8682 Img_8679

東照宮御旅所の移築に際して

紀州徳川家

第十代藩主・

徳川治寶の命により嘉永3(1850)年に着工し,翌4(1851)年に完成したアーチ型の石橋である。

(架橋当時は,十三代藩主徳川慶福の治世中)

・・・・・・・・・・

むかし、その海側に車が通る為のあしべ橋を架けなければならなくなった。

その為、この不老橋の景観が損なわれると、物議をかもした。

結局、かすかに写っているあしべ橋がかけられたのよ。

Img_8669 Img_8671 あしべ橋を渡ると片男波ビーチから万葉館へ続く道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一度帰っておいでと母は怒る

Img_9165_2 三年寝太郎の青春

定期演奏会があった。

スイング・スイング。

だーさんは、聞きに行った。

好きだと言っていたよ。

成功良かったね。

残念だ聞きに行けずに。

来年こそは・・・と。

家族で聞きに行くはずだった。

しかし、優先する事が起こったのでそちらに行った。

打ち上げ・2次会・3次会・・・帰らないと言う。

そして、後かたずけして、解散して、その足でバイトに行くと言う。

そんな時代もあったのかねえ・・・私にも。

理解を示してやりたいが・・・・親としてはピリリと一言。

言っていいのか悪いのか・・・・。

しかし、私が言わずに誰が言う。

身体を壊しては、楽しい事もゼロになる。

美味しいご馳走も腹八分目。

インフルエンザにかかりませんように・・・・。

文句が言ったら・・・、朝一度帰ってくると言う。

・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テキトーなこと言っている

Img_9159 夕陽は赤く、北の空の雲も赤く。

我が家の北の眺めは、なかなかのもの。

ほらね、ほらね。

暖かい秋は、冬は激しくやってくる。

観天望気は、すこぶる趣がある。

今年は、しかし、カメムシ少ないと思わない?

テキトーな事いってやらあ・・・・。

・・・・・・・・・・

さて、12月はどうでしょうね。

今降っている雪は、根雪になって更に降り積もるでしょうか?

年末に向けて・・一度解けてしまうのでしょうか。

さてさて。

また、来週末は、また天気は落ちるんだなあ。

そうそう、スタットレスタイヤに早く履き替えてね。

12月の勤務のシフトが出来上がった。

楽しみ楽しみ。

・・・・・・・・・・・・

その前に、「ミットナイトイーグル」見に行かないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

鳥葬

Img_9090  ゆうべ、お通夜に行って来た。

お別れはそれは、それは、おごそかに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が死んだら、お葬式はしないで欲しい。

要らない。

ケジメが要るんだろうけどね。

Img_9091 でも、私のお葬式は要らない。

・・・・・・・・・・・・・・・

そんな気がした。

・・・・・・・・・・・・・・・

一晩この家に寝かしてくれて、次の日は、斎場で焼却してください。

・・・・・・・・・・・・・・

Img_9092 夫・・・無言。

・・・・・・・・・・・・・・・

聞いているのか、いないのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

新婚旅行は、何処へ行った?

って、聞いたけど・・・・。

そうそう、私は、「結婚式は要らない」と、昔言った。

2人だけの話で済まないから・・・と、結局、私が折れた。

仕方が無いんだね。

・・・・・・・・・・・・・

私のお葬式も私が決めるんではないから、折れるんだろうね。

折れるも折れないも無いか・・・しんじゃっているんだから仕方が無いか。

・・・・・・・・・・・・・・

いいじゃん。

いつか、人は死ぬんだから。

私が死んだって・・・それまでよく頑張った。

そう言って・・・・どんちゃん騒ぎしてくれたら大いに喜ばしい。

・・・・・・・・・・・・

鳥葬

・・・・・・・・・・・・

昨日の朝、出勤の堤防に動物の死体

車にひかれて出血がおびただしい。

烏が寄ってたかって・・にぎやかな事にぎやかな事。

烏は車をよける。

車は、死体を避ける。

私は、スピード落として、見ない振りして左に避けた。

後ろのトラックは、そのまんま、またいで通った。

・・・・・・・・・・・・・・・・

帰り道、堤防の道には、血痕のみ残し・・・跡形も無く。

烏が、道路標識に何羽か残っていた。

あの血の染みは、あの動物があそこで死んだ証だが、

一雨降れば、消えて流れる。

跡形も無い。

・・・・・・・・・・・

私もそんな感じでいいんだけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌の浦・万葉館

Img_9163_2 和歌の浦・万葉館。

入場料

大人200円・大学・高校生150円・小中学生無料・75歳以上無料

Img_9116 シアターで映像見て

展示を見ながら回ってImg_9115

万葉の若の浦・万葉集・歴史を学ぶ事ができる。Img_9114

私は、

「教えて赤人くん」で遊んだ。

館内のパソコンで、万葉の世の事を問題5問を解いて、万葉を学ぶものだ。

だーさんは、万葉集の句を上の句がつってあって、下の句を選んでかけていく物を一人で完成していた。

私達2人で貸切だった。

赤人くんは、言わずと知れた山部赤人です。

聖武天皇の時代の宮廷歌人

725年、聖武天皇が紀伊行幸の際、赤人くん随行して、若の浦に2ヶ月滞在した。

Img_9117_4 海の無い都人は、海に惹かれて、平城京からは、4日だったか、(8日だったか?聞き逃したが)大勢でやってきた。

里中満智子さんの絵で紹介されてあった。

そうそう、「あさきゆめみし」読みました。額田王の話。

この地の「わかのはま」という名を改めて、明光浦「あかのうら」とせよ。そして番人を置いて、この浦が荒れ果ててしまわないようにさせよ。さらに、春と秋には、都から役人を遣わして、玉津島の神、明光浦の霊を祭らせよ。

聖武天皇の詔で有名になった。そして、若の浦が今の世では和歌浦となったんだって。

・・・・・・・・・・・・・

Img_9131_2 赤人くんの歌

若の浦に潮満ち来れば

潟を無み

葦辺をさして鶴鳴き渡る

(

)

(

)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌の浦・蓬莱岩

Img_9098 和歌の浦・蓬莱岩

今も昔も変わり無く。

私には子供の頃の記憶も写真も無いが、先日参加したハイキングのImg_9099

時、お年寄りの方が昔の絵葉書を持って来ていて

皆に見せてられた。

確かにこの岩だ。

大昔、私の子供の頃よりまだもっと昔は

和歌浦は、新婚旅行のメッカだったと、言っていた。

何だかピンと来ないなあ。

トコロで、新婚旅行は何処行った?

Img_9100 この丸いの見た時

おー!!!

一等三角点か???

小躍りして喜んだ。

しかし、残念。

漁業基点Img_9102 Img_9104

今も昔も変わりなく

万葉の昔にも歌われた

この地は

時の天皇が平城京からやってきて

2ヶ月も滞在したと言う。

・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

松くい虫か?

Img_9066 昨日歩いた潮騒の小道。

松ノ木に番号がうってある。

黄色いテープも巻いてある。

気が付いたのは・・・随分遅くなってから・・・・。

だんだん、数が減ってくる。

Img_9064 Img_9062

どう見ても枯れてるね。

残念だね。

////

Img_9063 松くい虫か?

たぶんね。

切り倒しの対象がこの番号だね。

悲しいね。

松のみが対象になるんだね。

次ぎ来た時は、この木たちは・・無いんだね。

もののあわれ・・・。

形あるものは全て無くなる・・。

だーさんの口癖。

いや・・・そこまで・・しつこく言ってはいないが・・・・

固執しない・・・。

こだわらない。

/////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり見て行って下さい。

和歌の浦・潮騒の小道・・・・。

10月に来た時は、こんな立て札あったっけ?

木の名前や特徴を書きました。

ゆっくり見ていってください。Img_9065 Img_9060 Img_9061Img_9068

校区の中学生徒さんの手作りで・・・木にいろいろ札がかかっていた。

ごくろうさま。

そして、ありがとう。

Img_9067

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩は苦手だ

Img_9095 鳩は、平和の象徴と聞くけれど。

私は、苦手なんです。

昔、ちょっと昔。

職場のスチールロッカーの引越があった。

昔昔の、戦後の野戦病院の名残とか聞いたことも有るほどの古い古い建物であった。

窓の外には、おっそろしいくらいの鳩鳩鳩。

ガードが甘い窓から・・・鳩が入り込み・・・。

ロッカーと壁の間に入り込み、挟まって身動き出来なくなって、ミイラになっていた。

動けなくなって、挟まって死んでしまった鳩が2羽。

ロッカーを動かしても壁に張り付いたまま落ちもしなかった。

それを見た時・・・体中の毛が逆立った。

Img_9096 それから、駄目なんよ。

たまりません。

背筋が・・ブルブルとなる。

頼みもしないのに、背中に何か電気が走る。

何ででしょうね。

ぶるぶる・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔より減ったよね・・・鳩。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

滅入るわ・・ここのところ

Img_9136 普段、非協力的なデナリが、

夫の付き合いの準備に

協力してみる気になった理由は・・・

小ジャレたレストラン

一番高いランチ美味しい飲み物

ご馳走させて

「万葉館」の入場料金をおごらせて

それから、今度、大山に付いて来てもらって、そっちでも美味しいものおごって貰って・・・と、下心見え見え・・・です。

小ジャレたレストラン・・・

10月に、ここを通った時は、営業していた。

しかし・・・・

昨日ね、楽しみにして通ったのに・・・閉まっていた。

「万葉館」で、だーさんが・・・・「コーヒー飲もう!」と言ったけれど、

「いいや!」

「小ジャレタお店へ行くのだ!!」・・・と・・・我慢した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ありえない。

・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら・・・・と、閉店の張り紙をだーさんが見つけた。

・・・・・・・・・・・・・

遠目に見て・・・閉まっていたから・・・てっきり定休日だと思っていたよ。

・・・・・・・・・・・・

楽しみにしていただけあって・・・・何だかすごーく寂しかった。

いつか、来たいと思っていたお店だったのに、1回も来ない間に・・・・それは、ないでしょ。

何年も何年も昔から営業していたから、さっさと来ない自分が悪いんだけれど・・・っ残念。

グスン。

寂しい事ばかり近頃続いて・・・滅入るココロ

・・・・・・・・・・・・・・

くそー!!!

テンション上げるぜ!!!

カラ元気。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はお通夜。

何もしでかしませんように・・・・心して・・・行ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬のでんでんむし

Img_9081 冬のでんでんむし。

どうもピントが合わなくて。

カリカリに乾燥して、しっかりくっ付いていたものですから・・・本当は、ひっぺがして中を覗いて見たかったのだけど、せっかくの眠りを邪魔したくなくって・・・そっと写真を撮ってみた。

かたつむりを、どうして、でんでんむしって言うの?

聞くところによると・・・・・

「出ろ、出ろ、むし」・・・・だそうです。

でんでんむしむし、かたつむり。

おまえのめだまは、何処にある。

角出せ、やりだせ、目玉出せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも陽はのぼります。

Img_9075 昨日。

三年寝太郎バイトで遅い。

とっとこ太郎部活で遅い。

で、2人で夕飯食べていた。

・・・・・・・・・・・

救急車が近づいた。

止まった。

あれっと、思ったが・・・・もう、鳴らなかった。

忘れた頃に、また、鳴って走り去った。

・・・・・・・・・・・・・・

随分遅く、お風呂入って、寝ようとしたら、玄関に誰か来た。

前の奥さんが知らせに来てくれた。

隣の奥さんが亡くなった。

病院から戻って来られたらお見舞いに行こうと言う。

享年63歳。

間もなく誕生日だったと言う。

突然心停止で、救急車で病院行ったが再び戻る事も無かった。

隣近所が誘い合わせて、顔をおがみに行った。

安らかなお顔をされていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

人の生き死にに、鈍感な私。

恐らくわんわん泣かないだろう。

Img_9076 ・・・・・・・・・・・・・・・

それでも、陽は昇る。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

電線入るし建物写るし

帰りの車の中・・・・

夕日綺麗・・・・。

でも天気悪い。

雲は暗い。

時間は、日没までまだまだだ。

なのに暗い。

あまりの輝く海を見た時、山に行かなかったのはミスしたかなと思ったが

黒い雲、昼なお寒い風が吹いたら、まあ良かったかなと・・・思ったりした。

やれ・・・電線写っちゃった・・・

ほれ、橋脚が写っちゃった・・・

文句言い倒す。

・・・・・・・・・・・・・・

それではと・・・・番所の鼻に連れってくれた。

寒い。

確かにいい所だね。

しかし、寂しい。

でも、見渡す限り・・・夕刻の海

Img_9148 Img_9149 Img_9151 Img_9152 Img_9155

・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑賀崎の夕日

Img_9141 Img_9146 西高東低の冬型の気圧配置

縦縞の雲

日本海側は

寒い雨

高い山は

雪が降るでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

日本海側の山に行くつもりでしたが、見通し悪し、気温低し、冷たい雨は嫌だったし、

又、気圧配置が緩んだ時に行けるでしょう・・・と、見送る事にした。

・・・・・・・・・・・・・

それで、かねてより、だーさんが今度、案内して行くつもりと言うから・・・下見に案内した。

先日行った・・・和歌浦・・・潮騒の小道・・・・に、また行ってきた。

のんびり、だらだら・・・・。

季節も違えば、平日だし・・・人も少ない。

Img_9142 Img_9144 Img_9145 Img_9147

雑賀崎・・・・・夕日が沈む。

太陽が雲から出るまで待てないし、

陽が海に沈むまで待てないし、

もう帰るよ。

1日は早い・・・・・あっという間だなあと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと、行って来ます。

Img_9034 コタツに寝転び空を見る。

写真は一昨日の昼前。

木枯らし1号が吹いた。

コタツに電気を入れた。

Img_9033 うたた寝をはじめた。

コタツから出られない。

・・・・・・・・・・・・・・

今日は、今頃はちょっと、行って来ます。

お尻の重いだーさんを引っ張り出して

行って来ます。

冬型天気も明後日には良くなると聞いていますが

さて、どうなりますやら。

・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

早々とクリスマス

Img_9056 Img_9041 Img_9045 Img_9048 Img_9051 Img_9058 Img_9057 Img_9052 Img_9054 Img_9053 /

/

早々と出しました。

クリスマスの用意。

我ながらアキレタ。

てっきり捨てたとばかり思っていた・・・物まで置いていた。

去年も捨てなかったのか・・・・とほほだ。

Img_9047_2 Img_9046_2

Img_9055

Img_9059 これは、誰かに組み立てて貰おう。

きっと、え=!!!と言うに違いないが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年もまた貼りかえる

Img_9032 もうすぐ12月。

11月のカレンダーと12月のカレンダーに

毎年必ず貼っておくものがある。

H20年になったら、とっとこ太郎に心エコーを受けに連れて行くこと。

そのことを忘れないようにと、説明の紙を失くさないように

カレンダーを新年のものに替える時・・・・貼りかえる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

万一私に何かあったとしても、必ず誰かが必ず思い出して欲しいから・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

万一私が忘れてしまったとしても、誰かが気づいて検査受けて欲しいから。

・・・・・・・・・・・・・・

とっとこ太郎は、生後3ヵ月の時、心臓に雑音が聞こえると指摘を受けた。

おっぱいもよく出たよく飲んだ。

とってもよく太っていた。

機嫌もよく、本当に健康だった。

チアノーゼ(顔色悪くなったり、唇の色が紫色になったり、爪の色が悪かったり)する事も無く。

だから、晴天の霹靂だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

大学病院で心エコーを受けた。

異常ないといわれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

機能性心雑音と言われた。

受診の必要はないといわれた。

・・・・・・・・・・・・・・

しかし、保育所入った時も中学入った時も、説明しても大丈夫と診断書を貰ってくるようにと言われた。

三歳の時、大学病院に行くと、何も症状も無いのに何故来た?と、批難口調で聞き返された。

仕方が無いから、事情を説明した。

3ヵ月の時診て貰った先生の開業した小児科に、中学の時は連れて行った。

・・・・・・・・・・・・・・・

その先生が心臓の紙に説明してくれた。

その紙がカレンダーに貼ってあるものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

心臓専門医を受診する予定だ。

今も聞こえるんだろうか・・・・心雑音。

・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎より頭1つ大きいとっとこ太郎が、

テニスをガンガンしているとっとこ太郎が、

どうだと言うのだろうか・・・・・。

念の為に・・・忘れないように。

・・・・・・・・・・・・・・

今年もまた貼りかえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

為替を貰った。

Img_9029 ソフトバンクで、とっとこ太郎の携帯を家族割で契約した。

小5で訳あって早いと思いながら、携帯を持っていた。

しかし、訳あって中1でだーさんの逆鱗に触れ没収された。

無くても困らないとずっと、持って居なかった。

持たせていないことを担任の先生は、凄いと・・・褒めてくれた。

そうじゃ無いんだと・・・たびたび説明した。

何かめまぐるしくとっとこ太郎が、成長したり素敵な奴に変身した訳ではないんだが

ここにきて、だーさんは、買い与えた。

私に言わせると・・・「まだ早い!!!」んだが・・・・・・・。

PCで、メールしたりするのも変わらないと・・・・・今はバリバリ使っている。

無くても生きていけるのに、あればドップリである。

・・・・・・・・・・・・・・・

抽選で5000円あたったと、為替が送られてきた。

見慣れない為替。

気が付かず・・・ダイレクトメール扱いで放っておいた。

捨ててしまわずに良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プン!!!

Img_8218 寒波が寒波がやってきた。

・・・・・・・・・・・・・・

山も寒波も関係ない話。

・・・・・・・・・・・・

昨日の夕飯

全員揃った。

・・・・・・・・・・・・・・・・

デナリが言った。

クリスマス・プレゼント・・・・に、

超ブサイク顔の笑える小型毛なし座敷犬・・・・を飼いたいなあ。

と言った。

だーさん:駄目だ。誰が世話するんだ。

デ:ちゃんと私がするからさあ。

三年寝太郎:おたまちゃんが死んだ時一番にもう生き物は飼わないと言ったのはおかあ   さんやのに・・・・・。

とっとこ太郎:犬は嫌いや。

デ:自分ちの犬は怖くないんやろ・・・・?そしたら、大丈夫やん。

デ:いいよ、いいよ、自分で買って来るから・・・・。

だーさん:あかんで!あかんで!絶対あかんで!

三年寝太郎:旅行行く時どうするんよ・・・・・。

デ:ブサイク顔で愛されて誰か面倒見てくれるよ。

だーさん:あかん!あかん!

デ:なんよ、小学生みたいな事言って・・・・・

だーさん:どっちが小学生よ・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

デ:プン!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでいいのだ

Img_9030 冬支度・・・その4

マフラーを洗った。

仕事は車。

買い物も車。おたまちゃんもいない。

・・

使うことが無いが段々増えてくる。

しかし、たまに使うとホッコリする。

今年のマイブームはマフラーです。

今日、家に訪ねてきた真知母は、家の中でピンクの割烹着を着てマフラーを巻いた我が娘を見て・・・・絶句して・・何か言いたげでしたが・・・さらりと、右から左に流した。

横着した。

毛糸のマフラーもウールのマフラーもファーのマフラーもみんな一緒くた・・・に洗濯機のおしゃれ洗い水流で洗った。

一斉に洗って干した。

あれあれ・・・2階に行ったらまだまだ有りそうだ。

しかし、みんな一緒に、それも洗濯機で洗うかなあ・・・・と言われそう。

イイ香りするから・・・コレでいいのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

だーさんは、ホワイトソースがお嫌い

Img_9005 冷凍アスパラたっぷりある。

アスパラをクリーム煮にしてみた。

美味しいと思うんだけどなあ。

・・・・・・・・・・・・

だーさんは、クリーム煮は苦手だろうと思う。

一言も言わないから賢いと思うが・・・知っている。

ホワイトソースがあんまし好きでないのを知っている。

シチューもホワイトシチューは・・・わーいわーいと言う心持ちで食べていないのが分かる。

でも、そんなの関係ない。

嫌なら食べるな・・・・と私は言われては無いが・・・そんな風に育てられた。

どちらかと言うと好きでないものは、有るが・・・好き嫌いは無い。

小学校の給食で困った事も無い。

だーさんも同じ程度だから・・・食べないものは無い。

だから、三年寝太郎もとっとこ太郎も自分の前に並べられた食事は、決して残さない。

何でも食べる子に育った。

ありがたい。

苦手も食べる・・・・そんな生き方したいよね。

・・・・・・・・・・・・

しかし、そんな事言いながら、職場の中華の時のクラゲの酢の物?

見たくも無い・・・スグ包んで捨ててしまう。

面目ない。

くー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手にすれば。

Img_8136 勝手にしやがれ。

知ったこっちゃ無いよ。

好きにすれば。

確かに、病んでるよ。

大丈夫?

子育ては、これから先は長いよ。

と・・・・・

心で何だか言ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・

産後4日目

明日は退院だと言うのに、まだBabyの体重が減っている。

・・・・・・・・・・・・・・

替えた病院4軒目のこちらでお産になった。

パニック障害のママ。

・・・・・・・・・・・・・・

ロシアンルーレットを、デナリが引いたと、誰かに言われた。

・・・・・・・・・・・・・・

ありえない・・・・話。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の中でマフラーですか・・・・

Img_9021 冬支度・・・・その3

暖房はまだ、何一つ使っていない。

コタツも通電しない。

Img_9022 さて、みんな文句も言わないから・・・暖房しない。

一人で居ると寒い時がある。

そんな時は、我が家のウォームビズ。

ピンクの割烹着。ただ1枚着るだけで・・・とても温かいのよ。

それともう一つ。

お年寄りのおばあちゃんがよく首にスカーフ巻いていたのを見たが・・・

あれはホントに理に叶っている。

スースーする首筋から体温が逃げていくのを防いでいたのね・・・・。

だーさんは、私の姿を見るたびに・・・家ん中でマフラー?って言いますが

これが体が冷えるの防いでくれていいんです。

じゃあ、外に行く時何巻くの?・・・って、聞かれそうですが

外では巻かないよ・・・さすがの私でも・・・まだ早いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

黄色い光が好きなんです

Img_9015_2 うちの電気はこんなもの。

リビングも、こんな電気いくつも、くっ付いていた。

しかし、地震・・地震が来る・・と、私が言い出した頃から変えて行った。

落ちてもひどい怪我しない物に・・・

割れないものに・・・

重くないものに・・・変えた。

しかし、玄関だけ替えられずにまだ吊っている。

ダウンライトでもいいくらいなんだけれど・・・・まあいいか。

この下は気をつけないとね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黄色い光が好きなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼は幸せだろうか・・・・

Img_9016 私達の結婚のお祝いに写真の絵本を貰った。

三年寝太郎の小さい時にも

違う人から日本語訳のこの絵本を

又貰った。

・・・・・・・・・・・・・・

前にも書いたことはあると思うが、

結婚前・・・真知母は、嫌ならいつでも帰って来たらいいから、一遍行っておいでと、私を送り出した。

だ-さんは、幸せだろうか?

ふっと、夕食作っていて思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年、同窓会で・・・・なつかしい面々に会った。

二次会に行ったとき・・・・・ある男性がテーブルの私達に聞いた。

夫がこの歳になって・・・夢を求めて

・・・・東京に行くと言い出したら・・・どうする?

ジェリー:「行ったら・・・・って言う。」

マドンナ:「慰謝料貰って、別れる・・・・」

デナリ:「行ったらいいと思う。」

ジェりーは、夫だけ行くらしい。

私は、私も行くかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・

例え話で話していたが・・・何だか流れで・・・誰の事を言っているのか分かった。

東京に行ったんだ。

・・・・・・・・・・・・・・

あなただったら・・・・・どうする?

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

書きたいことは・・・その事じゃないんだ。

・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎は・・・言った。

母は、幸せそうだし、楽しそうだし、したいようにしている・・・から。

・・・・・・・・・

デナリは、思った。

じゃあ、だーさんは、幸せなんだろうか?

・・・・・・・・・・

こんな極論吐いたら・・・又誤解されるかもしれないけれど

人は、誰かに幸せにしてもらうんじゃないんだよね。

自分が幸せかどうかなんだよね。

私は、私が幸せにしているんだよね。

そんな風に思っているんだよ。

周りの人に対する感謝と今の環境の幸せを感じて生きて行かないといけないとは思うけれど・・・・・ね。・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度

Img_9017 寒々しいんだよ。

晩秋の風鈴。

いい加減に片付けないとね。

・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎が・・・・お母さんの事だから、今頃からクリスマスグッズ出そうと思っているだろう・・・と言われた。

図星である。

今、風鈴の所に吊るすものがあるから・・・・夏から一機に・・・冬支度の予定なのだが。

毎年・・・出す・・・ケチケチ・クリスマスブーツ・・・まだ、捨てずに置いてたんだったかなあ。

去年捨てたのであったか?

それすら思い出せない。

2階の奥の戸棚を見てこないとね・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

世が世なら

Img_9019 チャイ・・・・は、マイブーム。

ミルク紅茶。

カフェオレも好きだから・・・・

休みの日は・・・・チャイ飲んで、ブログ書いて。カフェオレ飲んで本読んで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いじめ白書・・・ニュースで取り上げられていますね。

イジメじゃないけれど・・・大昔を思い出した。

先日・・・テレビで見た光景。

ドラマかコントか記憶に無いが・・・・小学生の男の子が女の子のスカートを茶化してめくっていた、それを見ていた別の女の子が・・・つかつかと男の子の側に寄って行って・・・無言でズボンを下げた。

ズボンの下のパンツまで脱げてしまった。

この男の子は・・・泣きながら部屋を飛び出す・・・・。

次の日女の子は「そんなつもりではなかった」と、男の子の元へ誤りに行く・・・というほのぼのナものであった。

・・・・・・・・・・・・・

それを見ていた私にも同じような経験がある。

・・・・・・・・・・・・・

つっちゃんとは、小1から小6までずっと同じクラスであった。

・・・・・・・・・・・・・

小1の三学期に転校してきた男の子2人とつっちゃんと私の4人は小6まで、同じクラスであった。

・・・・・・・・・・・・

その衝撃的な場にその2人もいたような気がするから・・・小2の出来事だったのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・

つっちゃんが私のスカートをめくって去って行く後ろ姿に・・・腹が立った私は、追いかけてお返しに、ズボンを下げた。

全部脱げた。

私の意図する展開ではなかった。

つっちゃんの顔と言うより首が真っ赤になったのを覚えている。

・・・・・・・・・・・・・・・

あまりに昔の事なので・・・覚えていないが・・・・

謝った覚えも無い。

その事について・・叱られた覚えも無い。

・・・・・・・・・・・・・

スカートめくられて仕返したら脱げたことと、真っ赤になった事だけ記憶にある。

・・・・・・・・・・・・・

つっちゃんは、泣かなかったし・・・その後に、その時の事について話題になった事がない。

・・・・・・・・・・

イジメ話題で、思い出した私の出来事だが・・・・

つっちゃんは、覚えているだろうか・・・ひどいことした出来事を・・・。

・・・・・・・・・・・・

きっと、世が世なら・・・問題になっていたかもしれないね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ当番

Img_9001 ゴミ当番が回ってきた。

ホントは来週なんだけど、今週の方が都合がいいから

代わって貰った。

しかし、今週、札が回ってきませんでした。

だから、すっかり忘れてしまっていました。

週はじめの昼前、お隣さんがやってきて・・ゴミ当番・・・言われて初めて思い出して

ネットを片付けた。

その後札に判を押してくれと言われたので

「今週は、札を預からせてください札が目に付いたら忘れないで済みますから・・・」

と言って、今・・・家にある。

確かにこの札は・・・意味があったんだと・・・改めてわかった。

ゴミ当番のこの札は、奉仕の心のバトンなんだ。

今日で今週は終わり・・・・札をお隣さんに回そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOUR BIRTHDAY

Img_8999 ホントかいな・・・と読んで見る。

[YOUR  BIRTYDAY]

だーさんが何処かで見つけて、私にくれました。

私の誕生日の本

当たっている・・・・。

私を書いている。

そんな風に、私だと思う。

私の職場に、同じ誕生日の同僚がいる。

会ったことが無いがかつて、この職場に同じ誕生日の人がもう一人いたと聞く。

知人の娘さんも同じ日だ。

同じなんだ・・・・。

嫉妬深いこの星座の中では、ライト感覚の人。

お互いに束縛しあわないライトな関係を望む。

・・・・・・・・・・・・・・

そうなんだあ。

親子でも夫婦でも友達でも恋人でもただの知り合いでも同僚でも

関る人との関係がドロドロなのはゴメンだ。

自分が嫉妬深いの知っている。

でもそれ以上にドロドロになるくらいなら、ライトで居たいなあとそう思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ。誤解なきように・・・・。

私のこんな他愛無い文章を読んで、私を理解したと思わないでね。

誰でもそうだと思うけど、人は思いの他、複雑な生き物なんですから。

別に、夫に悩む様なことも無いし、子供に手を焼いている訳ではないし、

・・・・・・・・・・・・・・・・。

しかし、1日違いの人の本に書いてある事とどこがどのように違うのか読んでみたいと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

届いた冬装備

Img_8998 玄関に置いておく。

私が居ない時に届いたら、払っておいてねと言っておいた。

着払い。

別に後払いでもいいんだけれど、振り込むのすぐ忘れるんです。

・・・・・・・・・・・・

届きました。

楽しみにしていた目出し帽。

かぶって家の中で生活してみた。

怪しい変な奴。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

接触皮膚炎・・・とまでは行かないが・・・誰でも多かれ少なかれ・・・痒くなるよね。

目出し帽に加えて、マスクを買った。

両方したら痒い・・・・

取ったら、帽子を脱いだ後の開放感・・・人間は自由だ(大げさな)・・・実感する。

Img_9003 この上、ゴーグルかあ・・・ますます辛い。

ゴムが痒い。

頭をボリボリ掻く。

髪が逆立って空気が通る。

・・・・寒い冬がやってきた。

私は、ますます元気になる。

・・・・・・・・・・・・・・

インフルエンザが流行りだした。

予防接種は、まだしない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり私も

Img_9000 漸く、タオルのリネンをボアシーツに交換した。

私は、シーツ、カバー類を買うのが好きなんです。

・・・・・・・・・・・・

寒くなっったから総入れ替えしたら、まだ少し早いと言われたが

思い立ったらしておかないとね。

・・・・・・・・・・・・・・・

もこもこなのが恋しい。

早くないよね。

・・・・・・・・・・・・・・・

暑がりの私でも、大丈夫。

やっぱり冬が来た。

布団に入ると幸せな今日この頃・・・・・。

大丈夫。

冬が好きな理由がここにもある。

冬になると三年寝太郎の口癖・・・・布団LOVE

私もLOVEだが、きままに寝ていられたらどんなに幸せだろう・・・

そんなに恋しいこの時期がやっぱり好きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

何故だか・・・・職場でも・・・驚かれる。

寝起きの良さは確かに自信がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・

熟睡から旗を取るゲームを競わせたら・・・・いい線いけるよきっと。

そんな競技無いけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・

ともかく、ボアシーツは・・・侮れない。

心地よい睡眠心がけていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

近頃、フローリングでごろ寝しないようになったなあ。

やっぱり、私も布団LOVEだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金糞岳に雪は降るか

Img_6966 湖北・金糞岳いったのは、暑い日だった。

夏のはじめのことだと思ったのは、間違いで5月でした。

その時、雪の金糞岳にも登れたらイイナと思いました。

Img_6975 Img_6976 Img_6977 Img_6978 Img_6979

山陰・大山にも初冠雪

兵庫・氷ノ山にも初冠雪

四国・剣岳にも初冠雪

もう少ししたら、写真の尾根にも初冠雪

関西でも雪深いこの地域は、トレースも無くそれはそれは、ラッセルてこずって、

頂上に着けないかも知れませんね。

長い林道を歩いた記憶はあるが・・・・雪のあの道はきついかなあ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

もう師が走り出した。

Img_8950 赤い実。

何だか好きなんだなあ。

・・・・・・・・・・

関係ない話。

そうそう、

萩に行きたい

松下村塾

吉田松陰先生

高杉晋作

久坂玄瑞・・・・

ふぐ食べたいと言ったから・・・・・行ける事になった。

毎年家族の忘年会。

・・・・・・・・・・・

そういえば、同窓会のHPに、夏にあった今年の同窓会の写真がUPされていた。

自分の写真を見た。

複雑~う。

我が姿・・・・・

いつもこんな顔してるんだなあ・・・と・・げ!!っとくる。

同窓会の忘年会もあるんだって。

お~ぅ・・・・・。

行けないかナ?

12月8日(土)ですと・・・・・。

多分仕事です。

おそらく、夜勤です。

・・・・・・・・・・・・・

山にも行くし萩にも行くし、休み希望しすぎ・・・と、

きっと、仕事だなだな。

クリスマスイブも仕事かぁ?

・・・・・・・・・・・・・

クリスマスイブに、ケーキを職場からくれる。

生チョコケーキか生クリームか・・・希望注文取っている。

そうだそうだ・・・思いだした。

クリスマスケーキを何処のケーキ屋さんに頼もうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

今年のお正月・・・ひょっとして、とっとこ太郎がいないかもしれない。

とっとこ太郎・・・・東京へ行ってしまいそうです。

みんな、忙しいんだなあと・・しみじみ・・・。

・・・・・・・・・・・・

もう、師が走り出した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家で痴漢に憤る

Img_7829 先日、家に駐在所の警察官が名刺をもって回ってきた。

おまわりさんて、言っちゃ行けないのかな。

警察官って呼び捨て?

じゃあ、警察官さんと言うのかなあ。

それじゃあ、バカボンの本官さんみたいで間抜けっぽい。

・・・・・・・・・・・

話は、元に戻って・・・・。

名刺には

お待ちしています、あなたの声を

名前を書いてある。

裏には、

お気軽にお電話ください。

☆あなたの悩み

☆暴力団の事なら

☆免許手続きのことなら

☆現場はそのまま、見たら聞いたら    110

・・・・・・・・・・・・

私も今年になってから・・・勇気を振り絞って110したな・・・いつだったかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、住民台帳開いて、確認してた。

よろしかったらと言って、三年寝太郎のこと、とっとこ太郎のこと、聞いてメモしてた。

昔の台帳は、中学と小学生になっていたから、何年前のんじゃい・・・・。

最低でも4年前なんだ・・・・。

そうそう、痴漢の話を聞いた。

私が興味があるから、聞いた。

冬場になると、服の上から通りザマに触るんだそうな。

ここと、あそこと、ポイントがあって・・・・・

張り込みしたけど・・・検挙に至ってないで申し訳ないんですけれど・・・と

話していた。

うー!!ムカムカスル。

オトリになってその界隈ウロウロしてアゲマショウカ???

だいたいこんなこと言って・・・家族の反応は想像つく。

「おとりになってない!!」でしょ。

・・・・すみませんねえ・・・ぷん

暗かったら見分けつかないんじゃない・・・・・。

殺気立ってるオーラが出てる???

大騒ぎしてやるのに・・・

追い掛け回してやるのに・・・・。

110もかけたおしてやるのに・・・・。

・・・・・・・・・・・・・

触るくらいなら・・・減るものじゃなし・・・・。

いやいや・・・・「割れ窓理論」

Broken Windows Theory

建物やビルの窓ガラスが割られてそのまま放置して置くと、外部から、その建物は管理されていないと認識され、割られる窓ガラスが増える。建物やビル全体が荒廃し、さらに地域全体が荒れていく・・という理論。  環境犯罪学上の理論で、治安の悪化の原因がはじめは些細な軽犯罪から始まると言う理論。

落書きの事で私ははじめてその言葉を聞いた。

そういう、変態な奴はエスカレートしていくと怖いもんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本官さんは、「すぐ110してくださいね」・・・・と念を押して帰った。

・・・・・・・・・・・・・

パトロールするつもりも無いが・・・・なんかホントに腹が立つ。

自分が触られた訳でもないし・・・まあ、私より触りたくなるような女の子がいっぱい通る道だから・・・・。

テレビで言っているよね・・・そう言う性癖は普通じゃ治らないって・・・。

そんな奴はとっとと、捕まっちまえ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川の真ん中で真っ直ぐ

Img_8779 弥山川の真ん中で

種の特徴でしょうか

それとも流れに耐えて抵抗を最小限にしたいのか

ただただ細く

それはそれは、真っ直ぐに伸びた木があった。

どういう風に、あなたを理解したらいいんでしょうね。

大雨の増水にも耐えて育ち続けるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、こたつを出した.

コタツは、お洒落じゃないが何だか居心地がいい。

しかし、収納した時期が悪いのか・・・たちまちくしゃみを連発。

続いて鼻水、鼻づまり・・・・まるで3月~4月。

そうか、そうか外に干したのがまずかったんだ。

それ以来、具合が悪い・・・・グスン。

気が向かなかったので、休みの昨日、勉強会があったが・・・ズル休みしてしまった。

気も向かない・・・のも、花粉症の時期の特徴だ・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットで目出し帽を注文した。

冬山グッズも注文した。

ついでに、衝動買いで小さなザックを頼んでしまった。

小さすぎたな・・・・・後悔した。

さて、どんなの届くでしょうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

大峰・狼平から熊渡へ下る

Img_8933 Img_8934 Img_8935 Img_8936 Img_8938

大峰・弥山山頂を踏んで狼平に下り

荷物を担いで下山開始。

Img_8939 弥山尾根を下る途中、北に折れ、熊渡へ降りる道がある。

分岐は分かりにくく見落としてしまいそう。

下る下るが、分岐からルートは登りにかかる。

Img_8940 登りはじめる前に、この看板。

この看板を、見たら北に下り始める。

この看板、見落としそうです。

この下山道を使えば、弥山川を登り下山すると、日帰りが簡単に出来る。

Img_8942 Img_8943 Img_8944 Img_8945 Img_8946

金引橋を渡り、Img_8947 Img_8950 Img_8951 車に戻る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分の影を見る

Img_8922 Img_8925 Img_8923 奥駈け道・八経ヶ岳・・・・朝の散歩の途中。

Img_8926 Img_8927 Img_8930 今日も自分の影を見る。

/

/

/

/

Img_8931 山で、

自分の影を見られる日は

天気がいい。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の朝

Img_8987 日曜日三年寝太郎は、大学のある地区の早朝清掃に行った。

電車に乗って自転車に乗って・・・行った。

学校から誰かが何人か出ないといけないと言う。

三年寝太郎は、バイト先のお手伝いで出かける予定であった。

しかし、ボランティアは、なかなか集まらず最後は、ババ抜きならずくじ引きと言うことになった。

何だか、気が向いたらしく・・・くじ引きひかず・・・行くと立候補したらしい。

それでも、大勢参加を決めないと駄目ならしく・・・たくさんのくじ引き組みも選抜されたらしい。

行けばスグ終了・・・さっさと帰ってきた。

参加賞に写真のタオルを貰ってきた。

タオルにしては、凄い色だったので・・・写真に撮って見た。

日曜の昼は、三年寝太郎としみじみ食べた。

・・・・・・・・・・・・・・・

どんな所も敬遠せず

行ってみるのもいいかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

昨日と今日と

Img_8988 昨日の家の花

よく見かける家の花。

寒いのに元気に咲いている。

Img_8989_2 昨日の河原

傾いた秋の太陽の日差しが何だか

眩しく目を細める

ススキが満開

河原に降りてみたいけど

仕事に行かなくちゃ・・・。

Img_8990 昨日のあさがお

まあ。

いつまで咲く気なんでしょうね。

Img_8991 昨日の夕日

銀杏の木の向こう

街に陽が沈む

私は、「行ってくるわ・・・」と挨拶した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、今日の夕日

Img_8996 あいもかわらず

同じ景色だけれど

同じ色だけれど

何も変わらないことが

いい。

なにか特別でないところがいい。

Img_8997_2  寒波がおこしになりました。

温かい秋も終わり

ちゃんと、忘れず冬がやってくる。

やっぱり、

アイゼンとピッケルを

持って行こう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじわい生き生き昆布にはまる

Img_8964 昆布

カチカチのただの昆布と思う無かれ。

癖になる。

止められない・・・止まらない。

二日で駆逐した。

後悔する。

口に入れた途端に・・・舌に激痛。

カチカチに乾燥した昆布を口に入れる・・・・

さっと、乾燥した昆布は唾液を吸収するのでしょう・・・すぐ普通の昆布の食感になる。

そして、美味しい美味しいと食べる。

これを繰り返すうち・・・舌に昆布が当たるだけで・・・激痛。

それでも懲りずに、コレでもかコレでもかと食べてしまった。

つくづく自分のよく深さに辟易した。

辛抱足り無い私。

いや・・・・言い換えれば辛抱いいのかも・・・。

やれやれ・・・・・当分昆布は要らないよ。

いや~又買うかもしれないなあ・・・・・。

節操なし!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光る海光る大空光る大地か?

Img_8891_2 残り鍋を食べて朝出発する。

つり橋渡る。

本日カラ荷で・・奥駈け道・・・明星ヶ岳~八経ヶ岳~弥山・・・・

Img_8893_2 Img_8894_2

散歩気分で荷物も心も軽い。

Img_8897 Img_8896 Img_8895

Img_8902 Img_8901 Img_8900 Img_8899 Img_8898

Img_8903 鹿に食べられ。

酸性雨にいたぶられ。

山の木は・・・悲鳴を上げる。

そして、次は私達が悲鳴を上げる?

悲しいね。

真冬な訳じゃないのに・・・

寒々しいね。

・・・・・・

Img_8909

Img_8908 Img_8907 Img_8906

空は青い。

Img_8910 Img_8911 明星ヶ岳の頂上に寄る。

Img_8913 それは、それは綺麗です。

光る伊勢湾。

光る雲海。

何だか幸せ感じます。

♪光る海光る大空光る大地・・・てか?

あれ????

何処かで聞いたような・・・あ。

Img_8920

Img_8914 Img_8915 Img_8916 Img_8917 Img_8918

Img_8921 Img_8919

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

まあいい。まあいい。

Img_8965_2  子宝の木

まあ、本当に強い。

折れてもOK.花瓶にさしても根を出し、葉からジュニアがポロポロ落ちる。

何だか必死すぎて悲しい気がする。

この寒くなった季節にまだ繁栄を求めて根を張るかなあ・・・・。

あんまり小さいものだから・・・大量に水をやると浮き草みたいに漂う。

可愛そうだから霧吹きで水をやる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

狼平の帰り道・・・・落ち葉と共に折れて落ちた赤い実を貰った。

一輪挿しには・・意外とかわいいね。

・・・・・・・・・・・・・・・

また・・・・妊娠初期も初期・・・予定日も確定していなかった、違う同僚が出血した。

診断書で安静。

みんなに勤務が振り分けられた。

私には、ささやかに1日だけ回ってきた。

2連休が消えた。

まあいいか、まあいいか。

お互い様・・・お互い様。

慌てない慌てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふふふと笑う

Img_8983 ふふふ・・・と笑ってしまった。

何を???

・・・・・・

私の大好きなもの・・・こかぶのお漬物

自慢のお手製だよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

いやはや・・・フフフと笑ったのは・・・・こかぶのお漬物じゃないよ。

・・・・・・・・・・・・・・・

お正月勤務は・・・二転三転して、コレで確定か?と思ったのも束の間・・・

又、練り直すという。

段々熱も冷め・・・どーでもいいなあと思って来た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先を見越して・・・・

年末仕事、年始も仕事・・・のパターンを考えて・・・・おせち料理を・・料亭のものを予約しようかと思って・・・ツラツラ気合い入れずに物色していた。

おー!!!

マクロビ風おせち

おい!おい!

マクロビおせちなら・・・拍手ものだが・・・

とは、なんじゃい。

しかし、そそられるネーミング。

予約しようかと思った.

しかし、・・・だーさん。三年寝太郎。とっとこ太郎。

3人から・・・・正月早々・・大ブーイング来そうだからあきらめる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

好奇心とブログネタに・・・頼みたかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大峰・弥山川・・・その4

Img_8854 秋の弥山川・・・その4

河原小屋を過ぎると

あと少し。

Img_8859

Img_8868_2 鉄の釣り梯子を上る。

Img_8869_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・

抜いてもらった先行パーティが釣り梯子を上る。

その間パンを食べ飲み物を飲む。

前が空いたので・・・順番に取り付く。

なんなく・・・通過。

Img_8870 Img_8871↓楽しみにしていた空中散歩

このネーミングでさぞかし怖かろうと、ワクワクしていたんだ。

しかし、高度なし、スリルなし。

期待しすぎていただけに・・・・肩透かし・・・グスン。

少し高いところの岩に・・・鉄筋が突き出ている。

それを渡っていく・・・・・。

途中で、足元の写真を撮ってみたら・・・と言われた・・・・。

仕方がないから・・・ファスナー空けてカメラを出して・・・片手で足元の写真を撮った。

カメラを元に戻そうと思ったが、ここでカメラを落としたら

いくら怖くないとは言え・・・相当な高さが有るから・・・カメラは無事では済むまい。

元に戻してもファスナーを片手で閉められないかも知れない。

閉め損ねたら・・・カメラ落としてしまうかもしれない・・・・

カメラは泣く泣く諦めるとしても・・ここまでの写真は諦められない。

仕方がないから・・・・ストラップに噛み付いた。

何があっても喰いついたこの歯は緩めないぞと・・・歯をくいしばった。

そうまでして撮った写真が・・・

これかい!!!

がっかりした!!!

Img_8876ここから上がって来る。

Img_8875登山道に出る。

Img_8877

そしたらスグそこに狼平小屋が見えた。

Img_8874 別コースの荷揚げしてくれた・・・縁の下の力持ちの面々が待っていた。

つり橋渡って・・・小屋に着いた。

めでたし・・・・。

天気が良くって何よりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

夕日を追って自転車で走る

Img_8966 Img_8967 Img_8968

/

/

あ!!

夕日が赤い。

休みだ・・・夕飯もほぼ作った・・後は秋刀魚を焼くのみ・・

行っちゃえ行っちゃえ!!

・・・・・・・・・・・・・・

トコロが

自転車・・・丁度いいのが無い。

車に積める折りたたみ自転車(折りたたまなくても積める大きさだから折りたたんだ事もない)

だーさん用にサドルを上げた異常に軽い自転車

この2台しかない。

あんなに有ったのに・・・何処か遠くに配置しているようだ・・・。

仕方が無いから・・・だーさんの自転車に乗ってみた。

座るとペダルへは、足の指しか付かない。

地面にどうやっても届かない。

飛び降りるしかない。

漕ぐにもまるで腕立て伏せして居る様だ。

降りるときも・・・なだぎ武さんのディランの様な降り方しないと足を引っ掛け、ひっくり返りそうです。

背に腹は変えられないと・・・根性出す。

Img_8969 Img_8970

Img_8971 Img_8972 Img_8974 Img_8973

夕陽を追っかけて・・自転車で走る走る。

あー!!

あー!

沈んじゃった・・・。

Img_8975 Img_8976

あ・・・橋の下からまだ見えた。

ご苦労ご苦労。

ようやくこの自転車にも慣れました。

軽い早い・・・風切って・・・家に帰るとするか・・・・。

おばちゃん、いいとしこいて、こんな所まで・・・・来てしまいました。

帰って夕飯つくろーっと・・・・・。

Img_8978 家に向かって漕ぎ出した。

あれまあ、まだ工事しているよ。

Img_8979 Img_8980

お!!片手で写真取りながら自転車で走れるまで上達した。

サドル下げられないのよ・・・・特殊な工具がないと・・・・。

だーさん、この自転車御尻痛い。

そういえば・・・彼は座布団付いたパンツを履いているなあ・・・・。

この自転車は、とっても快調だが・・・おけつがいたいのが難点だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬季うつ病についてテレビでやっていた

冬季うつ病について、朝のテレビでやっていた。

うつ病の原因ははっきりしていない。

だから冬季うつ病もはっきり原因は分からないが。

セロトニンと言う物質が・・・・・が不足して脳の働きが低下して起こるのではないかと言っていた。

冬になり、日照不足によりセロとニンの生成が低下して起こる。

うつ病は不眠・食欲不振が症状にあるが、冬季うつ病は症状がなるっきり反対。

冬眠に入る前の動物のように・・・セロトニンが低下して、眠くなる・食欲が亢進するそうだ

春になると自然に治るが放置しておくと年々症状がひどくなっていく事が多いそうだ。

普段の生活の見直し。

日照時間の短縮によるセロトニンの低下が原因だから、治療法は

普段の生活の見直し(規則正しい生活をして朝陽を浴びるようにする。

高照度光療法

予防・・・・・冬はなるべく日光浴をして光不足にならないようにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8846 私・・・・冬の夕方になるとせつなくなるのが・・・・好きなんだ。

寒い季節の夕日のもの悲しさが・・・好きなんだ。

そして、眠くなるし、食欲が増すし・・・・分かるわぁ・・・・その感じ。

セロとニンが減っているんだ・・・フムフム。

了解!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

あっちは、駄目だよ。

Img_8823 Img_8825 弥山川

通行禁止

確かに、朽ち果てて残った様子を見ると

再整備されて、梯子や歩道が出来ないうちは

通行不可能だったのでしょうね。

しかし、通行禁止の看板も読めないほどに古いものでした。

違うルートに梯子はかけられましたが、まだ、あんな鉄の道が昔のままに使い続けている所が残ってありました。

真ん中が錆びて、踏み抜くと落っこちそうなそんな所が一箇所。

それと、谷側にゆがんで全体が傾斜して怖がりの人だったら・・・腰が引けちゃうだろうね・・って所が一箇所。

大丈夫・・・・用心したら落ちないから。

しかし、雨の日は危険だね・・・迷うことなく中止しましょう。

・・・・・・・・・

雨の次の日は、このコースは危険だね・・・・登山靴を濡らすことなくその日は行けましたがちょっと、水位が増せば渡渉は必須。

岩は飛んじゃ駄目といわれて石から石に飛ぶの好きな私でさえも

雨の後の流れが急だと、勝ち目の無い無茶はしません。

多分渡れないトコロもたくさん現れそうです。

危険だから行かないな・・・雨の後。

雨で濡れた鉄ほど嫌いなものは無いものねえ。

それでも、冬は、アイゼンつけて登る人もいるんでしょうね。

昔、ピッケル持ってアイゼンつけて、こんな所を何も記憶に残らないほど

無頓着に登った時代が私にあったんだと思うと

ほんと、デンジャラス・・・危なっかしい20代でした。

どうして弥山川が私の分類で「普通の登山道」に長い間、入れていたのか訳わからない。

山が変わったのか私が変わったのかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

大峰・弥山川続き3

Img_8832 Img_8831 Img_8830大峰・弥山川・・・続き

Img_8835

エアリアマップで見ると大峰・弥山川は、地図上では点線で

貼付本には、上級コース。

危険と言う事か・・・・バリエーションルートじゃあないよ。

でも、紫さんも言っていたが・・四国・石鎚山東稜よりは、うんと危険だね。

Img_8839 Img_8840 Img_8842 Img_8844

なめ床だあ・・・テッキリこの中を遡行出きるものだと思ったら・・・ルートは巻いていた。グスン・・・・。

行ってもいいよね・・・・とか言ったら・・・行ってみたら、つきあたりは糞つまりで、結局巻かないと駄目だからここから巻いているんだよ・・・・。

確かにそうだが・・・・弥山川は沢登りじゃないんだ。

だから、登山靴で行って来れるんだね。

20年前に来た時は、靴を脱いで渡渉した。

雪解けの川の水が痛かった事は思い出せる。

/Img_8848 Img_8850 Img_8851 河原小屋

のんびり出来そうな小屋でした。

Img_8855 Img_8856

・・

Img_8857 みーつけた。

世界遺産の山道にある・・・入山者カウンター。

きっと、この日は11月最高の入山者だったでしょうね。

のんびり登り、チョコチョコ止まり、のんびり休憩する。

楽しみながらに歩いて行くから・・・色んなパーティーに楽しげに先を譲る。

Img_8858_2

水は澄み。

深い底に沈んだ落ち葉が

まじかに見える。

高いところから淵が見えたり。Img_8864

秋が身体に

染み込んでくる。

Img_8867 大きな沢の分岐を右に行き・・・

いよいよ、最後のご馳走か?

面白い所幾つも、ずっと続けと心の中で楽しむものの

ナーンだぁ・・・とか・・うひょーィ・・・とか、心の中で繰り返し楽しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年の予定を考えた

Img_8802_2  弥山川の苔

山で歩いてくる、ただそれだけで癒されていく。

いつもの事だが、

何故だか疲れを知らない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正月が日勤する事に決まった。

去年は夜勤入りであった。

正月早々から・・・・仕事かぁ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、私達は来年の事を考えている。

山へ来年も行けるかなあ・・・。

12月も希望出した。

1月も希望出したよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも生き残る

Img_8847 絶滅危惧の続き

・・・長くなったので切ってみた。

それでも、生き残るものは生き残る。

それでも滅びるものは滅びるんだね。

生命力は・・・・お産に携わっていて思う所がある。

何がこの子を助ける方に運を向けてくれて・・・・

何がこの子を天に召したのか・・・・

私達があがいても、なにものにも変え難い・・・ものが存在しているんではないかと

思ってしまう事がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・

病院に来て心音を確認したら・・・・既に心拍は無く

予定日まじかのきみきみは、既に亡くなっていた・・・って事は、時にある。

しかし、検診に来て心音聞いたら、たまたま・・・トコ・・・トコ・・・トコ・・と、落ちていく瞬間に

ぶち当たった・・・・緊急帝王切開され無事生まれた。

既に羊水はドロドロになり・・・胎盤は汚い羊水の色に染まり

きみきみの苦しさを物語っていた。

間一髪のタイミングで助かった。

きみきみの運の強さ。

しかし、回復して元気に育つ。

それを左右するのは、運としか言いようが無い。

・・・・・・・・・・・・・・・

絶滅危惧種は、どうして絶滅に向かって進んでいっているのか・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

がめつい外来種を思う時、昔母が言っていたことを思い出す。

子供の頃血統書つきの紀州犬みすぎを飼っていた。

みすぎが死んだ時、母は言った。

雑種は強い。

血統書付きの犬は弱い・・・・・と。

そして、チリを飼った。

そして、チリの子のアキを飼った。

確かにみすぎより強かったと思う。

強いものが生き残る・・・・強いから生き残れると言うのだろうか・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャッチ&リリースと言うが・・・・

いわなは、私達の手で触れただけで・・・もう駄目なんだって・・・。

KIさまの受け売り・・・・。

いわなの皮膚が私達の手の雑菌で焼けちゃうんだって・・・・。

確かに弱い。

大事にしてもいずれ絶える運命に思えてならない・・・・。

いわなよ・・・強くなれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

大峰・弥山川は禁漁区

Img_8852 Img_8853 弥山川は、禁漁区

弥山川のいわなは、絶滅危惧種

Img_8879 下流は伏流と言って

岩に埋まってしまい流れが地上に出ていない。

下を堰き止められ、

下流から他の種が上がって来られないから

純血種なんだね。

今は産卵の時期なんだね。

狼平には、テントを張って、邪魔をしないようにと保護と協力と啓蒙している方がいた。

ご苦労様です。

それでも平気で釣りたい人がいるんでしょうね。

私なんか止めてね・・・と言われたら・・・絶対守る。

ならぬものはならぬ!なんだけどね・・・・・。

そないまでして、吊りたいか・・・・。

そんなの食べて美味しいか・・・・。

人の剛を・・人の我が侭がちょっと、嫌になるね。

・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋07

Img_8883 Img_8884 今年も山で観月で鍋をした。

私も食材を持って行った。

寒い秋の夕刻

温かい鍋は美味しいね。

Img_8885 Img_8889

みんな何かしら、食材を持って来てくれた。

食材かぶったから、出さずに持って帰ってきた物もあった。

以外と少食?

次の日の朝、みんな食べた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大峰・弥山川2

Img_8789 木の間から一の滝・二の滝が見えてくる。Img_8791

更に行くと真近で滝が見える。

記念写真を撮る。

Img_8790

Img_8795 吊橋渡って

Img_8798 Img_8799 Img_8800 滝を見つつ岩をくぐったりImg_8803

Img_8804 Img_8813 Img_8817

Img_8819 Img_8820

Img_8826

Img_8827_2 Img_8828_2 遥か北に金剛の嶺

Img_8835 Img_8837 Img_8838_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

山で貰った柿の葉寿司

Img_8807 柿の葉寿司

弥山川で、行動食に紫さんから貰った。

柿の葉が綺麗で・・・秋の恩恵って感じです。

鯖寿司は好きです。

しかし、ようやく良くなって山には行けましたが・・・顔が変形するようなおたふくかぜではありませんが、前の日曜日の山行きをパスしてから、日に日に良くなって来たとは言うものの耳の下が痛く・・・・この日も辛い。

美味しかった。

なのに食べられず。

グスン。グスン。

・・・・・・・・・・・・

誰が柿の葉で包む事を思いついたんでしょうね。

ナイスアイデア。

・・・・・・・・・・・・・

B型肝炎ワクチンのウィールスの血中濃度はガー!!と上がりそして半分にまで下がる。

それを半減期と言うんだが、

半減期の目安は接種後2週間と聞く。

そうそう、ようやく全然元気になりました。

ほっ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋は、ただ眠い

Img_8712 課長島耕作

こんなに、一度に貸してくれても読めません。

必ず読んでから、返します。

でも、いつになるか分かりません。

読み始めたら、さっと読めるんでしょうが、なかなか難しい。

1日一冊でも半月かかる。

近頃気温が下がったせいだろうか・・・やたらと眠い。

寝転がって読んでたら、寝てしまうから、1日一冊も読めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

私の苦手な山の鉄もの

Img_8860 Img_8815 Img_8829 Img_8861 Img_8862 大峰・Img_8866弥山川

/

/

私の苦手な鉄物

垂直の梯子登りが続いた。

それも短調で、それはそれは長くて、幾つも幾つも、延々と続く。

嫌だよ嫌だよと思いつつ・・・いつものように飽きただの・・つまらないだの・・

言わせてくれない本当に辛抱の梯子登り。

面白いもの見つけた。

もっと、はじめから気が付いていたら・・・・とてもとても更に楽しめましたのに・・。

それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梯子の端に、必ず数字が書いてある。

番号と思いきや・・・・違う違う。

梯子の傾斜角だ。

面白い・・・・・。

気が付いたのが遅すぎた。

前には70°もあったと聞く。

写真は、40°30°10°・・・・・・・。

最大は90°が有ったのだろうか?

残念でならない。

90°・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

山に何しに行ったの???

そう聞かれる程・・・変なものを見つけたがっている。

困ったものです。

面白いものが見つけると・・・更に元気になれます。

今度、どなたか梯子を見つけたら・・・・番号チェックしてみて見て!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真っ赤な木 07、秋

Img_8833 Img_8834 ♪秋の夕日に照る山紅葉

しかし、赤い葉は

ちょっと、気おくれする。

真っ赤は苦手だが、単色なら見られるな。

秋も終わり・・・・色んな木が散っている。

枯れた木もあったりする。

赤くても葉の周りが茶色く縮んで季候の変化を教えてくれるものも今年は多いが

この木は伸びやかに紅葉できたみたいですね。

さあ、トリを飾って散りましょうと言っているみたいでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ミッドナイトイーグル・・取らぬ狸の皮算用。

Img_8229 先日、弥山川に向かう車の中で、

Ki様が、みんなに「ミッドナイトイーグル」

11月23日公開の映画を話題にしていた。

知っている!知っている!

北アルプスだもんね。

大阪で試写会が先駆けてあってね・・・

それに応募しようかどうしようか迷ってたんだ。

知ってるー!!とはいったものの・・・。

実は、試写会は11月14日(水)であった。

で、その日は・・・仕事で夜に大阪に間に合いません。

で、仕事代わってもらおうか・・・迷っていたの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもね・・・・・。

実は・・・試写会のペアーチケット当たった訳じゃないの。

なのに・・・代わってもらう調整するなんておかしいでしょ。

だから、断念した次第でして・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

言うなれば・・・知ってるー!!って言う前に・・・・そんなイキサツあったから

言っては見たが・・・ボロッとこんな、取らぬ狸の皮算用を、映画のストーリーの話題とは別に横道反らしてしまいそうで・・・・。

それから・・・・。

そんな自分がおかしくて・・・私は貝になっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

あなたは、誰と映画館に見に行く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

大峰・弥山川1

Img_8755 Img_8756 大峰・熊渡・・・橋の上にテントを張って夜寝た。

その夜は「とっても冷えるでしょう」と天気予報を、聞いてありました。

星は、満天。

綺麗な夜空。

夜が明けて、川の写真はボケていますが・・・紅葉。

Img_8759 空は真っ青。

秋の雲。

雲が速いスピードで流れている。

Img_8761 Img_8762 Img_8763 Img_8764 弥山川の河原は伏流です。

Img_8765 ←小屋があったのかトタン屋根の残骸。

Img_8766 岩に矢印。

まだ水が無い。

Img_8767_2 Img_8769_2 ボケボケの写真ですが、釜滝。

ようやく伏流も終わりここから水とお付き合い。

Img_8770 旧登山道は長い年月を経て朽ち果てて落ちた。

ところどころに落ちた鉄の道が残っているが、

そもそも、ルート自体が変わってしまって

昔は真っ直ぐ川に平行にズット歩いていけたんだろうなあと思う所がたくさんあった。

Img_8771 Img_8772 小さなダムがあった。

関西電力。

Img_8773 あれは、

頂仙岳

巻いたり、梯子登ったり、川を渡ったり、歩く歩く。

Img_8774

Img_8776_2 Img_8778

(柚ちゃん、ki様 ・・モデル)

Img_8783

Img_8784 難しい岩場がある訳ではなく、大抵ちゃんと

何かしらサポートがある。

しかし、私の嫌いな鉄物は、いたるところにある。

梯子嫌い。鉄筋の足場嫌い。鎖嫌い。手すり嫌い。

苔の生えたの上なら、滑るとわかっていても、無防備に足を載せてこけても

全然平気なんですが、乾いてしっかりして滑らない所でも鉄の上では、怖いのは何故?

Img_8785_2 (槙様・紫さん・・モデル)

Img_8786

Img_8787 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイプルシロップ

Img_8412 カナダのお土産。

このビンの中にメイプルシロップ入っていました。

メイプルシロップのイイ香りを期待して

開けて見ました。

しかし、何だか香りが違うような・・・。

ま・・・そんな事もあるよね。

と思って、ホットケーキにかけて見た。

食べた・・・甘い。

しかし、ちょっと酸っぱい匂い。

でも、お腹こわさなかったよ。

いたんでいたのか・・・・もともと、バッタ物が入っていたのか?

もらい物だし、もう食べちゃったし、相手はカナダだし・・・。

クレーム言うのに英語話せないし・・・・。

それ以来、捨てられずにいます。

メイプルシロップの苦ーい思い出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の霜柱

Img_8905 11月4日

朝の霜柱。

大峰・明星ヶ岳へ登って行く。

登山道には、サクサクの霜柱。

誰かが靴で踏んでしまった。

そして、間もなく融けてしまう。

何だか長い霜柱。

Img_8924 水溜りには、薄氷。

陽が高く上がっても融けていない。

秋と言いますが寒い冬が来るよと山にサインを残していった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

小さい小さい苗木も

Img_8777 弥山川は、

25年昔、

弥山頂上にどっさり雪があり、

頂上から行者還のトンネルまでトレースがないくらい

雪深い3月

一度行ったっきりでした。

行った行った確かに行った。

断片的に記憶があるが

全く覚えていない。

記憶にないと言う時は、大抵難なくスルーっとさらりと行った証拠。

しかし、この度行ってみて・・・ほんと行ったかなあと、思う始末でした。

恐らく将来、又忘れてしまうのでしょうね。

この木も・・・昔からここにあったのでしょうか?

小さい小さい苗木だったのかもね。

川も様変わり・・・していますね。

記憶にない。

滝も梯子も鎖も・・・・・・忘れっぽいおばかさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま弥山川行って狼平で観月してきました。

Img_8794_2 ただいま。

大峰・弥山川行って来ました。

Img_8757_2 Img_8760_2

初日・熊渡テント泊

2日め・弥山川~狼平・・・観月会

3日め・狼平~明星ヶ岳~Img_8928 八経ヶ岳~弥山~狼平

狼平~熊渡

天気がよく満天の星。

真っ青の空。

光る伊勢湾

温泉入って帰って来ました。

・・・・・・・

鼻つまってしましました。グスン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不公平と文句を言う

Img_7832 Img_7834 あ!こんな写真あった、撮ったと、捜してみた。

人が写したいと思う風景は、同じなんですね。

まあ、腕と技は全然違いますが・・・・。

・・・・・・・・・・・・

既に、先月末から、お正月勤務の調整に入っている。

30・31・1・2・3の5日間を誰が勤務するかそれを、ああでもない、こうでもないと言っている。

前の職場は、なんか民主的ではなかった。

その前の職場はくじ引きであった。

今の職場は、調整して決めていこうとしている。

それが・・・12月31日と1月1日の日勤者が誰もいない。

調整と言うものの・・・・なんか公平ではない。

しかし、誰かが引き受けないと駄目なんですね。

しかし、ほんと不公平。

去年も思った。

そんなに言うなら・・・作ってくださいと言った。

文句を言わさず・・・私だったら・・・公平を頭に置いた勤務作って、有無を言わさずくじ引きするけれど。

その後は、個人交渉すればいいことだし・・・・・。

もう一回「作ってください」と言われたら・・・「作ります」って言ってしまいそうですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

今年も闇鍋の食材に悩む。

Img_7714 今年も来ました観月会。

さて、今年も闇鍋するですと・・・・。

くれぐれもグロイ物は、勘弁してくださいですと・・・・。

つまらないの・・・・つまらないの・・・・・。

何もって行きましょうか?

しかし、前夜発です。

テントに泊めていただきます。

軽くするために乾物かなあ・・・・

昆布巻きと、干ししいたけと、春雨と、豚肉あたりはいかがかなあ?

冷凍焼き鳥串あたりがいいかしら・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

荷物は軽いのがいいな。

体調本調子になってない。

何だか・・まだ、HBウィルスが半減期になっていないから・・・・身体がだるいや。

そうそう半分になるのが2週間かかるようだ。

調子に乗って頑張らないぞ。

・・・・・・・・・・・・・・

写真が虫だからって・・まさか・・・・。

大丈夫ですよそんなに、ビビら無くても・・・・。

鍋の具材は・・・・・。

ぎょっと、驚かせたい衝動にかられる・・・デであります。

オススメギョッとする食材があればいいんだけれど・・・。

いくら、コラーゲンがいっぱいだけど豚足は嫌よ・・・。

こかぶ葉付きで丸ままとか、・・・。

もっと、ギョッとするもの・・・・何がいいかなあ。

しかし、行けるかなあ・・・と思っています・・今日は10月31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ、同じ仕事を目指す仲間

Img_8514 幽玄な世界。

向こうに見えるのは瓶が森。

雲海が凄いです。

秋の早朝は雲海が発生し易いとか。

去年の春に、あっちからあの尾根回って、

ぐるっと、こっちまでだーさんと歩いたんだった。

早いね。

こんなに早く再び石鎚山に来るとは思っていませんでした。

近頃ちょこちょこ山に行くけれど・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・

私が会った事も無い人の話を聞いた。

その人は、私と入れ替わりのように私の仕事を辞めていった人のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・

その人も、山が好きだった。

私が真夜中の休憩で、山の本や地図を見ていると・・・

同僚が「○○さんもそんな風に(山の本を)見ていた」・・と言う。

その方は、仕事嫌になって辞めちゃった・・・らしい

理由は本人にしか判らない思う。

しかし、客観的に見ると、原因になったお産があったと聞いた。

お産も産婦さんもこの職場もこの病院が嫌になる出来事があったのだ。

そう言うことを聞くとため息が出る。

重くなる。

好きと言ってられない心が濁る。

いつか、わが身に起こりうる事。

自分がした事でなくても、その勤務のお産と産婦さんと赤ちゃんと、それは自分に全責任がかかってくる。

その人はそんな責めを自分に課して辞めて行ったのだろうと言うことらしかった。

私もこりごりだと思う日が来るだろう。

多分来る。

自分が特別だとか

自分が完璧だとか

ちっとも思っていない。

ロシアンルーレットをくるくる回しているようなものだ。

避けられないからって、逃げられないからって、仕方がないからって、

それでも、私はきみきみにあえるこの仕事が好きです。

もしも、きみきみに合えるこの仕事を目指す人がいたら・・・それでも、すすめるよ。

素敵な仕事だよ・・・と言うと思うよ。

ようこそ。きみきみにあえるこの仕事を共に目指す仲間さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の梅

Img_8750 とらやのようかん。

だーさんがくれた。

また、食べてしまった。

温かい(熱いのは苦手です)お茶に羊羹。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

羊羹とは、全然関係ない話だけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、休憩室で、話していました。

赤福ファンが多いのね。

そこから話が飛躍して・・・賞味期限が切れてたってねえ・・・

家族に指摘されるが世の母君たちは・・・切れても食っちまう・・・

お子達でも大丈夫な子には食わせてしまう・・・って、

しかし、見つかったら「お母さん・・キレテル・・」って、注意されるんだって。

わかってたけど・・・・へへへと・・・その時の事、ここだけの話で笑ってた。

切れてたってねえ・・・とみんな言う。

しかし、そう言っても・・・売る側がそれをしちゃイヤーよ。

・・・・・・・・・・・・・

それもこれも、内部告発でしょうか。

そんな話もしていたなあ・・・

きっと、告発した人は、会社から大事にされない人なんだね。

告発するより内部で改善できなかったんでしょうかねえ。

とか、そんな話。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ジパングをセブンイレブンで受け取る

Img_8751 PCでコミック本を注文した。

はじめて、注文した。

セブンイレブンで受け取りしたら、送料無料。

Img_8752 こりゃいい。

注文したら次の日メール来た・・・・「明日届きますよと・・・」

面白い。

今度、山の地図なんか出来ないかやってみようと思います。

だって、本屋さんへ行ってもいいんだが

外に出かけたくない私にはありがたい。

それに、買いに行って・・「あれ?何巻からだったっけ?」って事も無い。

いつも、ダブルの嫌で用心したら1巻飛ばしていたりもする。

そこまでしなくても・・・と言われそうだが・・・・・。

ふたりのスピカも2巻たまったのでそろそろ買いたいの。

だーさんに、取りに行ってもらったら・・・おごってもらった。

しめしめ・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月最後のあさがお

Img_8748 10月最後のあさがお。

まだまだ、満開です。

咲いては散り、咲いては散る。

みごとに、青ばっかりですが、殺風景な駐車場にいて、

目の保養です。

Img_8749 温かい秋ももうすぐ・・涼しくなるが

12月くらいまでは咲き続けるでしょうなあ・・。

いっこうに種を作る気配はありません。

虫が来ないからでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

さあ

Img_8741 光に向かって出勤する。

川面が光るから、眩しい。

いつもの事だがこの時期一層まぶしい。

キラキラと言うより、優しそうだが激しい。

ぼんやりしているようだがキツイ。

秋はいい。

Img_8742 この勤務が終われば

山が待っている。

いつもの事だが

いつも同じだが

山へいくゾー!!!

さあ。

仕事へ行くのに、心は飛び越えて山に行くようだ。

さあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春に向けて

Img_8733 Img_8736 フリージアの芽が出た。

今頃出ていいモノだろうか?

植えろと言う時期に植えたんだけどなあ。

来年の春まで雪降らないかなあ。

屋根の下に入れたほうがイイのかなあ。

Img_8734 Img_8739 ここには何を植えたのかなあ。

ここにも芽がでた。

多分スノードロップなんだろうな。

ちゃんと、咲くのかなあ。

コレでいいのかなあ。

まあ、駄目だよと言われてもどうしようもないんだが。

Img_8737 さすがにチューリップは芽がでていないんだ。

来年の春が楽しみ楽しみ。

ここに来て、寒くなってきたのに草ぼうぼう。

どれが雑草なのか新芽なのかわかりません。

でも、緑がいいから放ってある。

Img_8740

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またも播隆

Img_8592_2  「播隆」 穂 三寿雄 穂 貞雄著

借りてきた。

・・・・・・・・・・・・・

新田次郎さんが、「先にその人が播隆上人の事を書いた本があったから、助かったとか書いてあった・・その本を借りてきたつもりだった。

それがこの本だと思ったが違った。

参考文献に、「槍が岳開山」が入っていたから、後で書かれたものなんだね。

じゃあ・・・私が借りたかった物は何?

また、1冊借りてこないと駄目だね。

・・・・・・・・・・・・・

播隆上人の事を、日本の登山者で幾人が彼の名前を知っているか・・・・

ウェストンの碑があり登山者で「日本アルプス」という名著を残した彼の名を知らぬ人がいないが・・・・と・・・・、

播隆上人の事を・・・序にかえて・・・で読んだ。

柳宗悦著・「宗教随想」からの引用を書いていたけれど・・

はい!私知らなかったです。・・・お恥ずかしい。

槍界隈をウロウロしてますが、学びは今年でした。

西洋をありがたがって日本にも素晴らしい事忘れているのを不服と表現されてましたのに

耳が痛い。

何でか・・播隆上人にまだ、こだわっている自分が不思議でならない。

何にそんなに惹かれるのかなあ・・・

ツラツラ思いつつ又この本読んでます。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »