« 冬季うつ病についてテレビでやっていた | トップページ | 大峰・弥山川・・・その4 »

2007年11月10日 (土)

夕日を追って自転車で走る

Img_8966 Img_8967 Img_8968

/

/

あ!!

夕日が赤い。

休みだ・・・夕飯もほぼ作った・・後は秋刀魚を焼くのみ・・

行っちゃえ行っちゃえ!!

・・・・・・・・・・・・・・

トコロが

自転車・・・丁度いいのが無い。

車に積める折りたたみ自転車(折りたたまなくても積める大きさだから折りたたんだ事もない)

だーさん用にサドルを上げた異常に軽い自転車

この2台しかない。

あんなに有ったのに・・・何処か遠くに配置しているようだ・・・。

仕方が無いから・・・だーさんの自転車に乗ってみた。

座るとペダルへは、足の指しか付かない。

地面にどうやっても届かない。

飛び降りるしかない。

漕ぐにもまるで腕立て伏せして居る様だ。

降りるときも・・・なだぎ武さんのディランの様な降り方しないと足を引っ掛け、ひっくり返りそうです。

背に腹は変えられないと・・・根性出す。

Img_8969 Img_8970

Img_8971 Img_8972 Img_8974 Img_8973

夕陽を追っかけて・・自転車で走る走る。

あー!!

あー!

沈んじゃった・・・。

Img_8975 Img_8976

あ・・・橋の下からまだ見えた。

ご苦労ご苦労。

ようやくこの自転車にも慣れました。

軽い早い・・・風切って・・・家に帰るとするか・・・・。

おばちゃん、いいとしこいて、こんな所まで・・・・来てしまいました。

帰って夕飯つくろーっと・・・・・。

Img_8978 家に向かって漕ぎ出した。

あれまあ、まだ工事しているよ。

Img_8979 Img_8980

お!!片手で写真取りながら自転車で走れるまで上達した。

サドル下げられないのよ・・・・特殊な工具がないと・・・・。

だーさん、この自転車御尻痛い。

そういえば・・・彼は座布団付いたパンツを履いているなあ・・・・。

この自転車は、とっても快調だが・・・おけつがいたいのが難点だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 冬季うつ病についてテレビでやっていた | トップページ | 大峰・弥山川・・・その4 »

コメント

 この前お別れした自転車は、買ったときはスポーツ車のかっこいいサドルが付いていたけど、たまにしか乗らなかったためかなじめず、乗る度にオシリが擦りむけてました。
 でママチャリ用のサドルを買ってきて付け替えて乗ってましたよ。
 今度のヤツはちょっとソフトな感触で大丈夫そうです。

 しかしサイズの合わない自転車はアブナイですよ。せめてサドルは下げないと。。。

投稿: Flugel GT | 2007年11月10日 (土) 23:28

Flugel GT様へ  デナリ

こんにちは。

GTさんは皮剥けましたか。
辛い。
それは、辛いです。

夕陽が沈むほんの少しの時間に工具探してきっと、結局丁度いい物を見つけられなかったり、
下げられなかったりして、
あーあ、暗くなってきた・・・てな具合になりそうだったので、無理やり乗りました。

1キロぐらい走って、国道の歩道で一枚目の夕陽を撮るために、走り出して初めて止まろうと思って
足を降ろす時、そう言う状況をすっかり忘れていたので・・・あわや・・・自転車ごと上半身から倒れてしまいそうになりました。

信号でそんなになったのではなかったのと、
車が1台通れるくらいの歩道でなおかつ、その横が街路樹だって、下には植え込みの花壇がある所だったので、倒れる途中で飛びました。
誰にも見つからず、怪我なしで良かったです。
しかし、ほんと危ないのでもうしません。
低くしてくれるつもりも無さそうで
降ろし方を教えてくれるつもりも無さそうで
貸してくれるつもりの無さそうなので
もうアレには乗りません。
同じ様なの買って来ようと密かに思っています。

しかし、買ってくれるつもりも無さそうで、
どこかに放置している我が家のママチャリを
回収してきてくれると言っていましたわ。

やれやれです。
ほんと、無茶します・・・・。

投稿: Flugel GT様へ | 2007年11月11日 (日) 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕日を追って自転車で走る:

« 冬季うつ病についてテレビでやっていた | トップページ | 大峰・弥山川・・・その4 »