« 大峰・弥山川続き3 | トップページ | 冬季うつ病についてテレビでやっていた »

2007年11月10日 (土)

あっちは、駄目だよ。

Img_8823 Img_8825 弥山川

通行禁止

確かに、朽ち果てて残った様子を見ると

再整備されて、梯子や歩道が出来ないうちは

通行不可能だったのでしょうね。

しかし、通行禁止の看板も読めないほどに古いものでした。

違うルートに梯子はかけられましたが、まだ、あんな鉄の道が昔のままに使い続けている所が残ってありました。

真ん中が錆びて、踏み抜くと落っこちそうなそんな所が一箇所。

それと、谷側にゆがんで全体が傾斜して怖がりの人だったら・・・腰が引けちゃうだろうね・・って所が一箇所。

大丈夫・・・・用心したら落ちないから。

しかし、雨の日は危険だね・・・迷うことなく中止しましょう。

・・・・・・・・・

雨の次の日は、このコースは危険だね・・・・登山靴を濡らすことなくその日は行けましたがちょっと、水位が増せば渡渉は必須。

岩は飛んじゃ駄目といわれて石から石に飛ぶの好きな私でさえも

雨の後の流れが急だと、勝ち目の無い無茶はしません。

多分渡れないトコロもたくさん現れそうです。

危険だから行かないな・・・雨の後。

雨で濡れた鉄ほど嫌いなものは無いものねえ。

それでも、冬は、アイゼンつけて登る人もいるんでしょうね。

昔、ピッケル持ってアイゼンつけて、こんな所を何も記憶に残らないほど

無頓着に登った時代が私にあったんだと思うと

ほんと、デンジャラス・・・危なっかしい20代でした。

どうして弥山川が私の分類で「普通の登山道」に長い間、入れていたのか訳わからない。

山が変わったのか私が変わったのかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 大峰・弥山川続き3 | トップページ | 冬季うつ病についてテレビでやっていた »

コメント

弥山川って面白そうですね。 この辺だと感触は奥秩父に近いのかな、甲武信岳に突き上げている東沢はその昔は一般コースだったらしいのですが、今はキチンと沢登りの格好で行かないと登れないところですが。。。
 丹沢はプレートに乗って南から日本本土にぶつかって盛り上がった山と言うことで特に表丹沢はグズグズのところが多くて、イメージが違いますね。 西丹沢は地質が違うので似た感じかも知れないけど、きちんと岩登りの装備をしていかないと越えられない滝のあるところばかりで、昔も今も沢登りコースでしかありませんね。

投稿: Flugel GT | 2007年11月10日 (土) 12:38

Flugel  GT様へ   デナリ

こんばんは。
聞くところによると・・
弥山川ルートは、関東の人には、評判いいそうですよ。
天気さえ良ければ・・・
雨の次の日でさえなければ・・・
雪深い時期でさえなければ・・・
普通?の登山です。
ザイル要らないし。

丹沢は・・・ちんぷんかんぷんで分かりません。
沢は、好きです。
沢登りは大好きです。
行けるなら北アルプスの春山縦走より好きかも。

投稿: Flugel  GT様へ | 2007年11月10日 (土) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっちは、駄目だよ。:

« 大峰・弥山川続き3 | トップページ | 冬季うつ病についてテレビでやっていた »