« 冬のぬか床に何入れる | トップページ | 救いようも無い妻 »

2008年1月27日 (日)

恐るべし

Img_0492 凄い生命力だ。

子宝の木

大きく育った葉の端がギザギザになり、そのうちに双葉三つ葉になって

根っ子がチョロリと出る。

すると、勝手に無数の小さい株は、パラシュートのように落下する。

落ちた下に土さえあれば、そこで育つ。

何だかこれを、ネットで通販で売っているのを見たが・・・ありえない。

何でも商売にするんだね。

話は戻るが・・・・母なる元になった木は、玄関に置いてあるが・・・

家族の誰だか特定できないが・・・カバンや持ち物で引っ掛けて・・へし折られて

可愛そうな事になっている1枚の葉を見つけた。

このままでは、この葉は枯れるに違いない。

いっそと、元の木から折った。

小さい一輪挿しの花瓶にさした。

すると、折れた葉がつながって再生した。

驚いていたら、水中には根が無数に出てきた。

このまま置いておいて、春になったら土に埋めてあげよう。

ひょっとしなくても、このオソルベシ生命力は、外来種に違いない。

何だか可愛いと思いつつも、怖い感じがした。

これも、日本の野山を脅かす日が来るかもしれないと思った。

|

« 冬のぬか床に何入れる | トップページ | 救いようも無い妻 »

コメント

デナリさん~
こんにちは、子宝の木ですか!凄いですね
少子化の時代に、大変ありがたいことですね!(^^)!

投稿: 安曇野 | 2008年1月27日 (日) 12:01

安曇野様へ   デナリ

こんばんは。
凄いです。
少子化ねえ・・・。

投稿: 安曇野様へ | 2008年1月28日 (月) 18:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし:

« 冬のぬか床に何入れる | トップページ | 救いようも無い妻 »