« 南の島からのお土産 | トップページ | 稜線歩きの楽しみ方 »

2008年1月17日 (木)

萩一輪

Img_9896 Img_9894 Img_9895 Img_9893

年末に泊めて貰った萩の宿は、萩一輪」 じゃらんで検索した。

夕日の宿とネーミングと、海に向かった個室に露天風呂があったから。

惹かれました。

ウロウロしないでのんびりしたかった。

だから、天気が悪くてもへっちゃらだ。

綺麗なロビーから海が見えて、足湯があって・・・

ヘッドホンで癒しの音楽が聞けた。

・・・・・・・

旅をいそがない我々は、朝食ものんびり、その後も宿からバスが出て宿の会長さんのガイドのもと、武家屋敷に連れって貰った。

宿泊した人のアンケートでもこの企画はとっても人気だそうだ。

萩の町は、その昔・・・修学旅行の学生さんがたくさん訪れたそうだ。

私たちの時代から旅先は多様化していったが、だーさんたちは確かに萩津和野に修学旅行に行ったようだ。

その頃から、会長さんがガイドして案内してくれていたんだって。

よどみなく流れるようなガイドであった。

帰ってきてから・・・三年寝太郎はとっとと、部屋に戻ってしまった。

3人でロビーでのんびりした。

コーヒーを頼んで待つ間、音楽聴きながら海を眺めていた。

贅沢な時間だった。

生きているんだなあ・・・。

Img_9821お香をたいてくれたり。

いくつか置いてくれていたので、勝手に火をつけた。

くゆる香は・・・心を落ち着かせてくれました。

お香好きな女性多いよね。

Img_9822 Img_9826 小物も置いてあってね。

可愛いの。

癒されるわ~。

Img_9827 Img_9858 Img_9859

・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 南の島からのお土産 | トップページ | 稜線歩きの楽しみ方 »

コメント

とても贅沢な感じが伝わってきました
あぁ 羨ましい~!
萩でなくてもいい!
どこかに優雅に行ってみた~い!
(犬猫連れは優雅とはかけ離れた旅になります・涙)

投稿: タロウの母 | 2008年1月17日 (木) 13:58

タロウの母さまへ   デナリ

こんにちは。
タロウチャンとさっちゃんと、彼らがいる旅はそれはそれはとっても贅沢じゃん。
のんびり出来たら、とっても幸せ。

ノルディック・・いやいや・・・スキーを教えて欲しい。
私も雪の街に生まれていたら、滑れるような大人に成長したのだろうか?

北の町にいってみた~い。

投稿: タロウの母さまへ | 2008年1月17日 (木) 17:10

デナリさん
至福の時でしたね

投稿: 安曇野 | 2008年1月17日 (木) 23:31

安曇野さまへ   デナリ

こんばんは。
そうです、至福の時でした。

ところで、安曇野さまは、安曇野はお好きなんですか?
それとも、安曇野に縁やゆかりがあるのかな・・・
きっと、深く読んだら書いてあるのかも知れませんね。

う~ん、まだまだだな。

投稿: 安曇野さまへ | 2008年1月18日 (金) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩一輪:

« 南の島からのお土産 | トップページ | 稜線歩きの楽しみ方 »