« イルミネーションツアー | トップページ | ふくつくしをたべた »

2008年1月 2日 (水)

吉田松陰の心

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

萩有料道路入口に松蔭記念館があって、吉田松陰・高杉晋作・久坂玄随の銅像があった。

Photo_5 Photo_6 萩往還道は、国道262号線に沿って

昔をしのんで歩くことができる。

私もね、ちょっと松陰先生や高杉晋作が踏んだ土を踏んでみたくて降りてみようとした。

しかし、マムシ注意の看板に気持ちが折れて・・・すごすごと引き下がった。

・・・・・・・・・・・・・・・

萩往還道を今度は歩きに行こう。

きっと、全部を歩きに行こう。

1泊2日かかるか?

行きたい行きたい。

いつの日にか・・・・。

・・・・・・・・・・

この界隈の瓦屋根は独特だなあとだーさん言う。

確かに・・・黒いかわらは少々あるものの・・大半は茶色?

写真に撮ってみたが分かるだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田松陰の心

松蔭をはじめとする幕末の志士たちは、外国の圧力にどう対処するか、外国の使勅に

・・・・・・・・・・・

それがさあ・・・いつもの様に写真を撮ってきてゆっくり家で読んで見ようとした。

が~あ。

全く読めません。

何となく書いていることは理解できる。

しかし、解読できる人は、全文をお知らせください。

くー!!

松陰先生がなげいているだろう・・・。

いやいや、先生はちいせー事は言わないな。

・・・・・・・・・・・・・・

だーさんが・・・結婚間もない頃、萩に職員旅行で行った。

その時、萩焼の湯のみを作った。

坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・桂小五郎・勝海舟・デナリんちのだーさん

と・・・・漢字を羅列した湯のみをカレコレ19年近く使い続けてきた。

今年割れてしまった。

だから、今回の旅でロクロ体験して、2代目を作りたかった。

予約しようとした。

1人5000円

4人で2万円。ちょっと腰引けた。

二万円で4個の湯のみを買うか?

だーさんは、しないと言う。

さすがのデナリも・・・涙を飲んであきらめた。

・・・・・

三年寝太郎に聞かれた・・・・・

お母さんなら・・・・湯のみに何て書く??

デ:そうねえ・・・・デナリジョニー・デップ、吉田松陰、三歩さん、播隆上人、藤原佐為、って書くかな。

全員分かる人は、デナリ通。

ほほほ~♡

好きな男に囲まれてなんて幸せなんでしょう。

お~っと、だーさんは?って?????

はて~え??

湯のみには勘弁してください。

・・・・・・・・・・

話は脱線に次ぐ脱線。

|

« イルミネーションツアー | トップページ | ふくつくしをたべた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田松陰の心:

« イルミネーションツアー | トップページ | ふくつくしをたべた »