« 朝焼けの朝 | トップページ | 薊岳の登り・・・横撮り »

2008年1月31日 (木)

やはり予防接種がいるのね

札幌大学/札幌大学女子短期大学部ではしかが流行り、試験会場がホテルに変更になったと言う。

感染症が若い子達に流行る。

予防接種に慎重になった時期の結果がこうして、些細な事に今となって現れているんだなあと、原因→結果・・・の図式を目の当たりにする。

3年寝太郎の頃は、はしかだけの予防接種かMMR(はしか・おたふくかぜ・風疹)の予防接種を選び射つようになっていた。

もちろん、予防接種なんか必要ない。

かかってもいいんだから・・・と言うママもいた。

3年寝太郎には、MMRをうってもらった。

・・・・・・・・

3歳年下のとっとこ太郎の時は、MMRが中止になっていた。

予防接種を射ったこの中から、髄膜炎を発症した子が何人かでてきた。

それはそれは、ごく少数だがゼロではない・・・で、中止。

それが、3年寝太郎の少し歳下の子たちの頃だから・・まさに、今、大学生や受験の面々でしょう。

・・・・・・

注射が大嫌いなデナリ母は、一度の痛みで3種の感染症を予防できる・・・・お願いして射って貰った。

・・・・・・

育児指導という業務が私たちにはあるが・・・予防接種を紹介して勧めている。

・・・・・・

Img_8116

ポリオ。

このワクチンは口から飲むんだ。

「飲んだ後3~6週間はワクチンウイルスが便と一緒に排泄されます。排泄されたウイルスは感染力がありますので注意して下さい。(手洗いを必ず行って下さい)」

知ってる??

ポリオも受けていない人や昭和52・53年生まれのパパ・ママは、子供が受ける時、感染する可能性があるから、手洗いをしっかりしないと駄目なんだよ。

厚生省(現厚生労働省)の調査で、昭和50年~52年生まれの方の特に1型と3型の抗体保有率が低いことがわかりました。
 「抗体を持っていない親は、子どもが経口生ポリオワクチンを接種した場合、その涎や便から排泄されるポリオウイルスの変異株(体内で増殖を繰り返すことにより、神経毒力が強くなったもの)により感染・発症する危険性がある」ため、厚生省(現厚生労働省)は平成8年頃から経口生ポリオワクチンの追加接種を奨励していますが、低抗体保有率の原因は不明としています。

↑前にも書いたかな?

|

« 朝焼けの朝 | トップページ | 薊岳の登り・・・横撮り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり予防接種がいるのね:

« 朝焼けの朝 | トップページ | 薊岳の登り・・・横撮り »