« 心に2発 | トップページ | 山の夕方母からメール »

2008年4月24日 (木)

回り込んでも風雨だった

Img_1559 Img_1560 Img_1561_2 Img_1562

奈良県大峰へ

4月19日

行者還りのトンネルから車に乗って山々を回りこんで南に走った。

国道169号線を走っていると、雨はほとんど止み、山も天気いいんじゃないかと思った。

しかし、いざ旭登山口まで行くと、行者還りトンネル側と何ら変わりはなかった。

移動に2時間ほどかかった。

昼前になっていた。

強い風と雨。

車の外はやっぱり真っ白だった。

・・・・・・

写真に見える小屋はトイレです。

綺麗にしてくれています。

手洗いの水は出ません。

雨を集めているのでしょうか?

・・・・・

駐車場には、先行の2人の車のみだった。

楊枝の宿で合流できない時は、引き返してきてくれる約束になっている。

しかし、合流できないんだと、判断するのは日没頃でしょうか?

そして、明日ここから、戻ってくるんだなあとしみじみ。

「それでも、行っちゃわないでしょうか?」

私は、何気に聞いてみた。

無いの分かっていたけれど・・・何となく聞く。

・・・・・・・

Img_1565 風を避けて、トイレの前で暖かい飲み物を頂いた。

いい香りのコーヒーおいしゅうございました。

ご馳走様でした。

・・・・・・・

何でトイレの前なのさ?って聞かれるかもしれないけれど

風が凄いのよ。

雨は降っているし。

・・・・・・・

待っても仕方が無いから・・・夜まで半日・・・明日まで一晩・・・・どんなにして時間を過ごそうか・・・?

思いのほか・・・あっという間に過ぎて楽しかったですよ。

こんな山の日も有るさ・・・それも、いとおかし。

・・・・・

|

« 心に2発 | トップページ | 山の夕方母からメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回り込んでも風雨だった:

« 心に2発 | トップページ | 山の夕方母からメール »