« やれやれなお食事券 | トップページ | 釈迦岳登山口 »

2008年4月26日 (土)

困った私の脳みそ

Img_1746_2 ちょっと、雑談。

三年寝太郎との話の中で、「夜這い」について話が出た。

「彼(誰かとは書きません)が平安時代に田舎に生まれていたらどうだっただろう?」と言う話だった。

そうじゃないでしょう。

Img_1747 私は、平安時代には、平安時代のルールがあって、それを守れない人は小さい田舎で狭い社会で村八分にされたり、やはり断罪されたでしょう・・・・と思っていた。

・・根拠も無く反論もできなかった(反論するツモリもないんですが教養として)ので、調べてみた。

さらっと読んで見たら・・さらっと、理解したが

数かず、色んな話を読んで見れば見るほど・・・頭が回らなくなって訳分からなくなった。

死刑と無期懲役の境い目って何?

頭が悪いから、頭の中で分析できない。

データーとして収められない。

困った自分です。

私の気持ちはたった一つなんですが、「集団的過剰同調」 「巨大なる凡庸」なんて文字を読んだりすると・・・ますます、訳分からなくなった。

数学も苦手だが・・・計算できない答えが自分の中で出せない・・こんな判断もとっても苦手。

・・・・・

|

« やれやれなお食事券 | トップページ | 釈迦岳登山口 »

コメント

最近読んだある小説の中で
ハムラビ法典に触れている箇所があって
「みんな やられたらやり返すということだと思っているけれど
ちがうんだ 目には目を というのは 目をやられたら 目だけををやり返しなさい それ以外はしてはいけない ということなんだ」
(正確な複写ではありませんが…)

加害者の彼がどんな事情があろうとも
していけないことをしたのは事実
そしてハムラビ法典の伝でいけば
今回はそのとおりになった…
ヒトを裁くということが身近になりましたね
どうなんだろう?
私はできるんだろうか?と自分に問いかけてみても
答は出てきません

無期懲役って名ばかりで
けっこうすぐ社会に復帰できるようですね
終身刑と言うものはこの日本には存在しないようです

投稿: タロウの母 | 2008年4月26日 (土) 09:35

タロウの母さまへ   デナリ
こんばんは。
何処にも行かず
誰とも会わず
欲を出さず
大事な人だけと会ってそんなにして
閉じこもったら・・・傷つく事も無いだろうか?

それでも何かが起こりそう。

何もカンも悲しい事ばかり。
愛する事は信じること。
何を信じて、誰を愛したら良いんでしょうね。

逃げたり閉じこもったりしたくなる。

私に回ってくるのが怖いです。
↑裁判員

投稿: タロウの母さまへ | 2008年4月26日 (土) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困った私の脳みそ:

« やれやれなお食事券 | トップページ | 釈迦岳登山口 »