« 携帯電話可 | トップページ | 子宝の木 »

2008年7月29日 (火)

聖から降りたら「かぐらの湯」

Img_3561 南アルプス

聖岳登った後に便が島に下山した。

シアンパパが重いザックを背負ったまま

易老渡まで車を取りに入ってくれた。

ありがたい・・・と、紫さんは絶賛した。

・・・・・

帰りに温泉に寄った。

・・・・・・

かぐらの湯

中央道

飯田ICから乗って関西に帰る私たち

松川ICから乗って関東に帰るおふたり

いずれにしても、逆方向なんだけど、浜松にR152を南下するには遠すぎるが

ところどころ細くなった道を行きました。

山も暑かったが・・・下界も輪をかけて暑かった。

低温湯にも1分も入っていられなくて、ちゃぽんと浸かるのみ。

つぎつぎ、浴びる程度に渡り歩き・・・・我慢ならずに・・露天風呂に飛び出した。

そうだ、今日は夏日・・・外の風呂は一層暑かった。

そのまんまでサウナのようだった。

我慢ができず風呂を上がった。

更衣室で旋風器の前で仁王立ち。

あわてて着替えて、ロビーに飛び出した。

喉が渇いて仕方が無かったので、ヘルシアウォーターを買った。

マズイ。

しかし、殆ど飲んだ。

今回はじめて会ったシアン様・・私の姿を1度も見ない間に・・風呂を上がってしまっていたとアキれておられましたが・・・そうです、いつでもカラスの行水です。

ともかく暑い。

近頃、私の心拍がとっても少ない事に気がついた。

仕事中に経皮酸素モニターをふざけて付けてみたら、心拍48・・・同僚達が驚いた。

酸素は97パーセント

欠代なし・不整なし

・・・・・・

風呂は入ると心臓バクバクする。

私は長湯ができないのさ~あ。

|

« 携帯電話可 | トップページ | 子宝の木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖から降りたら「かぐらの湯」:

« 携帯電話可 | トップページ | 子宝の木 »