« もみじの標本木 | トップページ | ハタキをご利用下さい »

2008年7月18日 (金)

不思議な絵

Img_2082 Img_2081 だーさんと四国・徳島・

栗林公園で見かけた。

不思議な感じがした。

撮影禁止ではなかったから撮って見た。

御椀の底からこんな絵が・・・。

これは、象でしょうか。

ぞうかん蒔絵つき・江戸中期・・どういう意味?

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・象嵌(ぞうかん)とは?
金属などの表面に模様を彫り、そのくぼみに金、銀、貝、色素など色や材質の違う
他の材料をはめ込む工芸手法のことです。一つ一つの作業がとても繊細な技術が必要とされる。

人は、出会いだと真知母は言う。

職業もしかり。

もし、私の周りにこんな細工をするところがあったなら、迷いも無くこんな仕事に就いたでしょう。

何だか素敵。

・・・・

|

« もみじの標本木 | トップページ | ハタキをご利用下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な絵:

« もみじの標本木 | トップページ | ハタキをご利用下さい »