« 沢のすぐれもの | トップページ | 昨日薊岳に突き上げた赤とんぼがいっぱい飛んでいた »

2008年7月13日 (日)

しなる心

創価学会員の知人にある話をした時、聖教新聞で彼女が読んだ話をしてくれた。

・・・・・・

聞いた話。

人には、第一次・二次性徴って言うのがあるが、三次の性徴(成長)って言うものがあるって言う話。

その成長を乗り越える事が人を、成熟させると言うことだった。

上手に素直に乗り越える事が出来る人もいれば、越えてきていない人もいると言った。

乗り越えている真っ最中の人もいるし、乗り越えられずにあがいているばかりの人もいる。

中高年の成長真っ只中。

そういう風に思うとき、人生も楽しい。

人と付き合うとき、乗り越えて来た人かどうか見てみると面白い。

自分は、両手を広げて、感じるままに生きていきたいと思う。

自分が乗り越えて来たかどうかはどうでもいい。

結構自信アル・・・乗り越えないと行けないものが迫れば乗り越える事が出来る私。

乗り越えた私。これからも乗り越えて行ける私。

ゆるぎない強さは無いけれど、ゆれてしなる強さを身につけたい。

・・・・・・

リズムが楽しい。

Img_3205

・・・・・・

|

« 沢のすぐれもの | トップページ | 昨日薊岳に突き上げた赤とんぼがいっぱい飛んでいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しなる心:

« 沢のすぐれもの | トップページ | 昨日薊岳に突き上げた赤とんぼがいっぱい飛んでいた »