« 聖から降りたら「かぐらの湯」 | トップページ | 稲の消毒 »

2008年7月29日 (火)

子宝の木

子宝の木
山に行った。

帰ったら、病の発覚。

続いて胸部強打による日常生活に支障でた。

長い間なまけたら、子宝の木は乾燥に耐えかねて葉を閉じた。

ようやく今日水をあげた。

|

« 聖から降りたら「かぐらの湯」 | トップページ | 稲の消毒 »

コメント

デナリさん
大丈夫でしょうか
くれぐれもご自愛ください
子宝の木、我が家も葉の周りに
沢山子が出来ています

投稿: 安曇野 | 2008年7月29日 (火) 13:55

安曇野さまへ   デナリ

水あげたら、いきいき。
環境過酷で、種の保存でしょうか?
ミニ子宝が出来ては落ちて出来ては落ちて。

はじめの頃はまん丸な葉だったのに・・・形変わってきていない?

投稿: 安曇野さまへ | 2008年7月29日 (火) 14:04

デナリさん
そうです、段々とがってきたように思います

投稿: 安曇野 | 2008年7月29日 (火) 21:19

安曇野さまへ   デナリ

こんにちは。
そうなんですよ。
マザーの木は・・・葉を落としマルッパゲ。
次代の葉は、元気で恐ろしいくらい・・・根がぼうぼう出た
ミニ子宝の木を、次々に落としていくのに・・・・
その分、丸みがそぎ落とされ・・・可愛い感じがしなくなって。
グスン

投稿: 安曇野さまへ | 2008年7月30日 (水) 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宝の木:

« 聖から降りたら「かぐらの湯」 | トップページ | 稲の消毒 »