« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

これで終わり、これから新しい始まり

Img_3449 呆れられそうだが

ブログを実家の母も読んでくれる。

特に、入院してOPすると決まってから

更に読んでくれると聞いて、

心配かけないように書かなければなあと

ツラツラ思う。

・・・・・

8月も、もう終わり。

これで治療も終わり・・・・10月24日に単純CTで、確認済んだら本当の終わり。

はじめ、1ヵ月後のCTと言われていたんですが・・・完全に落ち着いたときに診ましょうと言うことで・・・2ヵ月後になった。

OP前から、そうだったが、最小限の受診に配慮がありがたい。

仕事を休む事とか気にしてくれて先に決めてくれるから希望も出しやすい。

・・・良く分かってくれているのでありがたい。

・・・・・・・・

今まで書かなかったことがある。

神様は私を試しているとしか思えないって思うことがあったのよ。

・・・・・・・

この2ヶ月の出来事を経時的に整理してみると

6月29日~

7月2日台湾旅行

  4日職場から健康診断行く。

  6日映画「西の魔女が死んだ」見に行く。

  12日台高・沢のぼり行く

  14日健診結果届く

             胸部レントゲン・右縦隔に陰影あり

      再検査必要

  17日再検査単純CT撮りに行く

  18日~

  21日南アルプス・光岳~聖岳縦走

  22日再検査結果届く

       後縦隔腫瘍

       精密検査のため紹介状書いてもらう

     大学病院予約する

  23日紹介受診時に持参CTを取りに検査した施設に行く途中、

      施設前で交通事故。(生れて初めて)

     シートベルトで胸骨強打の打撲痛

  24日   根性で出勤、勤務する

  25日大学病院受診  検査

     検査予約と手術日確定

           ↓

8月1日生理コントロールのためプラノバール9日間経口開始

           ↓

  6日造影CTスパイロ検査

           ↓

  13日仕事休み入る

  14日入院  造影MRI  ・・・大部屋から花火見る 

  15日 麻酔科受診  胸部外科主治医から家族にOP説明

      外泊(2泊)

  17日  18時病院戻る    プルセニド2錠(便の薬)飲んで寝る

  18日 朝~絶食  経口水分9時まで

      午前中  昼前~点滴開始  個室へ転室

      15時30分車椅子でOP場へ  OP開始

      18時   帰室

  19日 朝食から開始

      午前中  尿の管抜く・清拭着替え・大部屋へ転室

      午後   胸腔ドレーンを持って胸部レントゲンに

              10階から2階まで一人で歩いて行く。

  20日  朝  胸腔ドレーン抜く

  21日  朝  硬膜外麻酔チューブ抜く   退院許可出る

       15時  退院

////                   

  29日  午後  胸部レントゲン

            胸部外科外来受診  抜鈎(ホッギス抜く)

             ↓

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントに、めまぐるしい毎日だった。

OP日が決まってから、めまぐるしさのスピードが少し落ちた。

・・・・・・

事故で胸を強打した。

この2ヶ月の中で、もっともキツイ何日かが、ピークだった。

「胸痛」が今年のキーワードだと思う。

・・・・・・

私の毎日を心配する三年寝太郎に話した。

その事故で、私の感想

「縦隔腫瘍で私は死なない。

だって、事故で死ななかったんだ。

この事故で死な無かったと言うことは、この病気では死なない。

死ぬような病なら、この事故でとっくに死んでいる。

死なないよって、言われている気がした。

だから、大丈夫、心配要らないよ」

・・・・

何にもはじめっから、不安に思っていなかった。

・・・・

この2ヶ月で予定されていた事は全て辞退した。

しかし、この事故に会っていなかったら、全てを実行していたと思うし

実際、山も旅行も行けていた。

家族が止めておけと言っても行っちゃっていたから、見えない誰かが止めたんでしょう。

・・・・・・

事故の方もOPまでにはすっかりかたずいた。

車もすぐに治った。

胸の痛みも、入院頃には落ち着いた。

・・・・・・

唸りながらも仕事した。

そのお陰で、手術後の痛みも似たか寄ったかで・・波に乗るように、越えてこれた。

本当に良かった。

・・・・・

何があっても怖くない。

・・・・・

時間がかかっても当たり前だと

腹をくくって・・行きましょう。

写真は、朝陽だよ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南アルプス・アザミ畑の雲海

Img_3457 私のブログに来てくれてありがとう。

私の手術記事から読み始めてくれた方がもしいたら

山の写真に驚いちゃうかもしれないけれど

本来の私の記事は

こんな写真が、いっぱいの

山が大好きなデナリ

でありました。

こんな記事ばかりUP出来る日が早く来ます様に  

Img_3459 Img_3458

Img_3461_2

Img_3465_2

Img_3469

Img_3470

Img_3471

Img_3472

Img_3473

Img_3474

Img_3475

Img_3476 アザミ畑から聖岳に上る。

振り返ると、一面の雲海

背中に朝陽を浴びて

振り返ると、富士山

・・・・

こんなに素敵な所に来て

こんな素敵な景色を見て

・・・・・

「どんなことが待っていても、勝ち抜いて行ける」

人にべらべら話すわけじゃないけれど、自信すごくあったんだ。  

・・・・

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

烏がいなくなった

Img_3724 丁度良かった、ゴミ当番が回ってきて、任務完了した。

お決まりの当番は、休暇中だったのでありがたい。

さて、次は11月・・すぐ忘れちゃうんだよな。

希望出さないで近頃横着しているけれど、いつも何とかなっています。

近頃、烏を見かけなくなった。

どうした事でしょう。

鳴き声も聞かなくなった。

何処へいったのでしょうね。

環境は、烏には悪くなったって事でしょうか?

微かに聞こえる鳴き声もまた愛しい。

我儘な私たち。

・・

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OP後初めてのお酒

Img_3757 Img_3758

Img_3759 Img_3760

/

/

昨日の夕日だよ。

なんだかボケボケで大きく出来ないが微妙な形で面白い。

・・・・

仕事に戻る日が決まった。

9月8日だ。

夜勤は今月はしないよ。

そうと決まったら、残り1週間何しよう。

・・・・

三年寝太郎は、夏フェスで今日帰ってくる。

とっとこ太郎も、友達の家に泊まりに行かせてもらった。

2人ともいないなんて珍しい。

だーさんに、買い物連れって貰った。

「虎の尾」の株分け用のテラコッタと土を買って

紫式部の株を買って来た。

シリーズもののDVD借りてきた。

夕飯食材買って来た。

で、だーさんと2人で夕食食べた。

どこかに外食しようかと言ったが、何だか気が進まない。

外食も悪くも無いが

家ご飯のほうが私は好きだ。

・・・・

健康診断で発覚して以来、初めて少しチューハイ飲んだ。

美味しかった。

ひさびさのお酒は

なんだかとっても美味しかった。

ルネッサ~ンス 

・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

南アルプス・アザミ畑を登った

Img_3452 南アルプス

アザミ畑

私にとっては、因縁のアザミ畑。

上って下って

上って下ってを繰り返した前回。

こんなに、素敵な所だったのね。

とっても、とっても綺麗でした。

Img_3453 保護してくれているんで

可愛い白い花

いっぱい咲いていた。

朝陽が間もなく昇ってくると言うのに

月は白く

なんだか妖艶で

少し悲しく写った。

Img_3451 Img_3426 Img_3450

Img_3454 好きだな。

やっぱり山がいいな。

やっぱり山に行っている私がいいな。

・・・・・

この日は、

聖岳に登って

便が島に下って易老渡に行くことになっていた。

気持ち的には、この上りから・・・心は下っていた。

帰って待っている私の人生がとんでもない方に行くのじゃないかと覚悟していた。

・・・・・・

CTも受ける前だから、私は、肺癌を疑っていた。

良くって、肺結核あたりと思っていた。

・・・・・・・

仕事は、心の何処かで、あきらめないとダメになるかもしれないと想像していた。。

結構、過酷な2ヶ月だったな。

スペシャルな最も過酷なおまけもついていて・・・・。

どれも、クリアできて・・・幸せです。

なんだか、前よりますます、パワー身についた気がするの。

・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホウ酸団子を作る

ゴキブリなんかウチには居ないよ。と言いたいところなんですが

そうなんだけどね・・・

我が家で成虫を見つけてしまった。

ホウ酸団子を作った。

市販のお手頃なケースに入った物もあるのに、何だか好き好んで、ホウ酸から作る。

・・・・・

Img_3719 ホウ酸500g(我が家は250gを使う)

玉ねぎのすりおろした物・・・小さじ1杯

それを少量の牛乳で練り、耳たぶくらいの硬さまでにして団子状に分ける。

・・・・・

ところがどっこい・・・・団子作るって言っているのに

だーさんに薬局で買ってきてくれるように頼んだら 

何を思ったのか眼科用3g分封パックを買ってきてくれた。

割高だし、3gで団子1個しか作れないじゃないの10袋も入ってないし・・・文句ぶりぶり。

使っかえね~な~あ。

もったいないから・・1つ1つ袋を破って手間かかるけれど練ってみた

くたばっちまえ!!!!ごき~い。

台所に置きまわした。

ごきぶりめ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このマーク何?

 ← このマーク何のしるし??

    トラックバックにこんなマークついてたら、どうしょうか迷いながら

    削除しちゃうんだけど・・・それで、いいのかなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北喜來登大飯店・ホテルシェラトン台湾

Img_3113_2 台湾では、私達はホテルシェラトンに泊めていただきました。

3泊しましたが・・・気持ちよくって、居心地良かったですよ。

現地では、シェラトンと言っても通じません。

台北喜來登大飯店

迷子になったら、タクシーに乗ってこれを見せればいいと

貰った名刺には・・・台北喜來登大飯店と書いてくれてありました。Img_3101

もちろん、お世話になりませんでしたよ。

・・・・

地下鉄の駅から近くて、中山周辺に歩いていけるし便利でしたよ。

Img_3099 Img_3114_2

Img_3121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OP後12日・退院後9日目

Img_3448_2  OP後12日

退院後9日目

・・・・

昨夜は、初めてシャワーを浴びた。

・・・・

止められていた訳でもなく

OKだったんだけど、

頭もシャワーで洗えるし、

身体も石けんで泡立てて擦る→絞りタオルで3回拭くとさっぱりした。

シャワーで温まると、私は猛烈に痒かったから止めただけで、

本当は胸から下はシャワー浴びたんだけど・・・・普通のシャワーは初。

・・・・・・・

気持ちいい。

でも、やっぱり痒い。

早速、外来で電子カルテ記入している先生に背を向けて隠しつつゴリゴリ掻いた。

「綺麗に治っていますがあんまりまだキツク掻くと傷口が・・・」と見つかってしまった。

こりゃ、しばらく痒みと戦わねば・・・・掻き毟ってしまいそうです。

ガーゼもテープもフィルムも貼っていない。極楽極楽

・・・・

帰って見たら・・3箇所のうち1箇所はまだ閉じてない・・・最後までフィルム剥がさなかったところだ。

空気に触れたほうが乾燥するのかな?

・・・・

さて、仕事は、

既に勤務シフトが出来上がっている。

手うすな日だけ補充って事で・・・軽労働から開始で夜勤無し・・・1週間後からボチボチ入りはじめる・・・・。

私が希望した。

・・・・・

今回の事で、はっきり分かった事がある。

・・・・・

は、もしも、2度と行けなくなったとしてもあきらめるしかないと思った。

でも、仕事は、嫌だと思った。

今まで思っても見なかった私の中の優先順位。

歴然としていた

(別にデナリは猛烈仕事人では無いですよ。)・・・

・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

前腸って腸なんですかね?

Img_3720 ただいま。

退院後の外来診察へ行って来ました。

傷は綺麗になって、座ったままでホッチキス取ってもらった。

ビビリのデナリでも痛くなかった。

痒みも痛みも無くなった。

細胞診の結果は

言われていた通りのものでした。

はっきりした病名を、聞き返すと

前腸のう胞

前腸って分かる?

・・・

・・・

家に帰ってきて、三年寝太郎を最寄り駅まで送ってきた。

三年寝太郎は、河口湖?山中湖?明日明後日と2日間ある野外ライブに行くために

夜行バスツアーに出かけて行った。

東の方は天候悪く・・・・・・(お見舞い申し上げます。)

集中豪雨。

洪水・浸水。

親の心配をよそに、強行して行っちまった。

山用のゴアテックスのかっぱまで持って行った。

大丈夫だろうか?

・・・・・

・・・・

話は戻って・・・・・

話す相手が、とっとこ太郎しかいないから・・・・奴でもまあいいかと話しかけた。

「前腸って分かる???」って聞いた。

あっさり・・・「習った。」

カエルとウニは、原肛って言って肛門から出来てくる・・・・云々・・・・奴は、うんちく垂れる。

桑実胚・・・・・うんぬん。

お~!!!高校生もレベル高い。

精子と卵子が受精する。

細胞分割を繰り返し、分裂していく。

人間は、口から作られる。

そして、食道と気管の元が出来ていく・・・って話。

・・・・・・

助産学生には・・・胎生学っていう授業がある。

看護学生の時は解剖学の中で軽くしか学ばないものなんだが・・・・ちゃんと受けた。

確かに受けた。

学んだはずなのに・・・・忘れちまってら~い。

とっとこ太郎に・・・ドクターとのやり取りを話したら、笑われた。

・・・・・・

胎生が分かっているものと、ドクターが私に説明した。

説明が一通り終わった後に・・・・・

大馬鹿デナリは、やっちまった。

先生に向かって・・・・・

「前腸って・・・腸なんですかね????」

きっと、先生・・・

どっひゃ~!!!となって、

心の中で

だ・か・ら~あ・・・・・

と思いながら・・・・

原口から進化して、分裂が進んで、気管食道に分離する。

その一つ手前の分裂の状態を、前腸と言って

その前腸が・・・食道気管に分かれる時、そのどちらにもならなかった細胞が、デナリにはたまたま出来てしまった。

それが、長い年月(イや~ん・・・私の年令を紹介できないのが残念ですわ~)かけて大きくなった。

その袋は、出来ない人がほとんどで、

出来ても大きくならない人もいれば、

気がつかない人もいるし、

そのまま様子をみて死ぬまで放っておく人もいる

(職場の病理専門の先生もそんな事を言っていました)

大きくなって、はじけてしまう人もいるようだ。

と、再び忙しい外来で親切丁寧に・・・話してくれた。

・・

外来待合では、どっさり患者さんが待っていた。

気が早いデナリは、レントゲンもめちゃくちゃ早くに受けて済ませていたし、

2時と言われていたのに・・・・1時15分に行って・・・本読んでいたものだから・・・

早くに診察してくれました。

1時50分には、清算して、2時には車に乗って駐車場を出るところだった。

・・・・・

「まあ、良性だし問題ない。」と外来で言われた。

次回受診も無く。

ただ、

取った跡がどうなっているか確認のため

2ヵ月後に単純CTを取って外来受診ですと。

・・・・・・

仕事は??と聞くと・・・痛くなかったらいつからでも・・・。

・・・・・・

やだ~。

御馬鹿丸出しのデナリでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術場で勤務した事が無いけれど

Img_3428 OP場で勤務したこと無いけれど・・・・・

前の前の勤務していた個人病院は、

不妊治療の為に、

腹腔鏡を毎日2人ずつしていたから、挿管の一部始終からリバースまで想像つく。

その病院のお産は、無痛分娩をバンバンしていたから、硬膜外チューブ留置と抜くまでの経過が手に取るように分かる。

今は、自然分娩目指しているから、帝王切開率は今・前・前の前の施設とは全然違う。

それでも避けられないものは、今でも手術に全くタッチしない訳では無い無いから

OPは、何となく分かる。

だからOP場は怖くなかった。

が、想像したより更に一層・・・受けた印象はとってもやさしいものだった。

20年前に消化器外科のOPの患者さんを送って迎えていた頃のOP場とは、全く違うものだった。(そりゃそうだよね)

だーさんと、三年寝太郎がエレベーターまで送ってくれた。

担当看護師さんと

主治医(3番目に名前を書かれている先生)と

主治研修医の先生が   部屋から手術室の入口まで送って貰った。

同行してもらって、なんだか心強かった。

その時、私を担当してくれる周りの人をみんな好きになった。

・・・・・・

車椅子で送られた私は、向こうの車椅子に乗り換えた。

その時、膝にかけてくれた緑のオイ布生地で作られたひざ掛けは、用意してあらかじめ暖めた暖かい物だった。

凄く嬉しかった。

まるでシネマの部屋に行くような感覚。

冷えるからひざ掛け借りるんだいつも。

車椅子だしひざ掛けは緑だし・・・ライトはギンギン壁は白いイヤ・・水色だったかな。

なんだかワクワクした。

10番だったかな17番だったかななんかそんな感じだった。

宇宙基地みたいだったよ。

入った部屋は、OP台の周りに凄い数の機器。

やっぱ、帝王切開とは、全然違うね~。

ラパロ(腹腔鏡・ラパロスコープ)みたいな・・・モニターあるし・・・促されながら歩いて・・・キョロキョロ。

・・・もしもカメラ持って来ても良かったら・・写し倒しているトコロでしたのに残念。

・・・・・

そうそう、自分のパンツはいたまま、術衣着てそのまんま

OP台に乗って何処も露出無かったので驚いた。

かつて無いカルチャーショックであった。

これは、これは、私の職場のOP・・・・検討の余地がある。

・・・・・

陣痛室でモニターしていて、胎児心音落ちて戻らなくなって・・・・・

OP場に移動して、ルートとって、バルン入れて、麻酔して、消毒して、

OP開始して児が娩出までが、・・・心音落ちてから10分

・・・・・

そんな時の私たちには、全然足りないものでありますが・・・

予定の手術ならできるよね。

もっともっと、できるよね。

落ち着いたら、話してみるね今度の体験。

・・・

今日は、2時半だたかな。

帰ってから、UPスルヨ。

何時になるか分からないけれど。

痛々しいけれど、結果ありのままに報告するよ。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根性花の傍ら

Img_3749 昨日から回ってきていた回覧板を

お隣に持って行って気がついた。

うちの前のアスファルトとコンクリートと電柱の境い目に生えている花を見てビックリした。

前から咲いていたので記事に春先にしたと思うけれど、なんとそっと脇に紫が咲いた。

なんて素敵。

今日はさい先がいい

Img_3750 かえるちゃん

あれまあ、そんな所に隠れなくてもよかろうに。

カメラ向けたら、とっても迷惑げに身じろぎしたがその後は無視を決め込んだ。

悪戯してやろうと思ったが、こっちに向かってジャンプしたら、きっと大騒ぎだわ私。

だから、すごすごと、家に入った。

外は、やっぱりいいな。

面白い事いっぱい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建設省って何?

Img_3587 堤防を走った。

信号待ちで止まった。

とっとこ太郎が、建設省って何?って聞いた。

よ~く、目を凝らすと、川の名前を書いた看板の下に「国土交通省」って書いてあるんだが、それは、白いペンキで下の字を消して書き加えた物であった。

建設省が代わって国土交通省になったの。

建設って良くわかんないでしょ・・・・・。

とっとこ太郎・・・・ふ~ん。

国土交通省でもあんまし、変わんないかな。

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・退院後8日目・OP後11日目

Img_3447 おはよう。

退院後8日目

OP後11日目

・・・・

今日は、外来へ受診します。

胸のレントゲンを撮って

胸の傷を止めてあるホッチギスを抜糸します。

・・・・・

取れた袋の組織を細胞診した結果が聞けます。

・・・・・・

よきにつけ、あしきにつけ、今日からまた違うステージに上がります。

楽しみ楽しみ・・・興味津々・・・胸ワクワク、瞳キラキラ。

ちょっと、おかしいけれど、私は、これでいいと自分を思います。

外来受診、楽しんできます。

おもろ~いネタ落ちてないかな~と、あっちもこっちもキョロキョロしながら行ってきます。

・・・・・・

いつも、一人で事足りる時は、誰にも付いて来てもらおうと思わない。

[家族と共に]とドクターから指定された時だけしか頼まないし、来るといっても「要らないよ」と断わる。

今日も、細胞診の結果は不気味だけれど、誰かが側に居ようが居まいが、

結果は一つ。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

夕飯はカボチャで夕陽撮る

近頃のデナリは、文が長い。

UP回数が多い。

そりゃそうでしょ・・・一歩も家出ないで何日経ったでしょう。

誰とも会うのお断りして・・・何日経ったでしょう。

それもこれも明日のため。

いよいよ明日の予行練習に外に連れって貰った。

三年寝太郎の運転。

文房具屋さんに連れって貰って、ミスタードナッツへ立ち寄って、買い物も行って、

記念に花と言うか植木と言うか買って来た。

疲れた。

昼寝した。

気がついたら夕方になっていた。

Img_3736 今日は、焼きナスとカボチャのクリームシチュー。

美味しそうなカボチャを写真に撮ろうとした。

夕陽が綺麗。

今日は午後から土砂降りじゃなかったっけ?

洗濯物も乾いた。

Img_3738

Img_3739

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムヒは、痛い・痒い、でも気持ちいい

・・・・・・退院後の私に最もつらかった事は・・・・・・・・

痛み・・・・咳やくしゃみで、それなりに痛かった。・・・・が、NO1Img_3721 ではない。

ダントツ・トップは、痒み

ソレも、傷の痛みや痒みではない。

・・・・・・

シャワーを浴びる事が出来るように密封してくれた。

しかし、それは辛いものがある。

退院したその日から、私の戦いは始まった。

・・・・・

私の基礎体温は恐らく高い。

多分、私の末梢は冷たくなることは滅多に無い。

・・・・・

今は、朝・晩に体温を自主的に測ってきた。

36度を下がる事は、ほとんど無い。

ほら、今も36.3℃。

・・・・・・

胸から下を洗う。

角質は、どんどんたまる。

擦れば取れる。

足はひどいものだ。

・・・・・・・

話は、戻って・・・、

髪を洗う。

顔をクレンジングする。

首胸脇と拭く。

その頃から、わき腹の傷がムズムズし始める。

濡れハンドタオルを硬く絞って、背中傷の周囲を拭いてもらう。

擦ると痛い、しかし、撫でると痒みがます。

圧のかけ方が微妙なのさ。

・・・・・・・

その後が痒みMAX

・・・・・

痒いので、密封を耐えかねて・・・夜、職場に行った。

夜勤の3人にCCレモンの炭酸の差し入れを・・・(私は忙しさと疲れが最高潮になると、マムシドリンク系の飲み物かCCレモンの炭酸を飲んで、気合い入れなおして、次の分娩に向かうので)・・・持って行った。

面会時間が過ぎていたので、出入りの制限があり、玄関は閉まり、裏口のゲートは中央管理でオートロックになっている。

ワザワザインターホン押して開けて貰って、ナースステーション行った。

お産すんで、次の分娩待ちのしばしの空き時間でみんな溜まった記録を猛烈にこなしている最中でした。

我慢しきれず・・・お願いして、

3箇所あるうちの1箇所剥がして開放してしまった。

・・・・・・

私の職場にも、皮膚かぶれしないように、いろんなパターンのテープが備えてあるが、

ほんの数時間のデガダーム固定だけで、大きなかさぶたできた私が

それらのテープで何も起こらない筈も無く・・・・

とっておき、奥の手の電気工事用の絶縁・色ビニールテープでガーゼを止めてもらった。

・・・・・・

他の2箇所も真っ赤にテープとの接着面がなっている。

透明だから良く透けて、赤いのが見えるのさ。

・・・・・・

そのまま、2箇所は、はがさずに、我慢して帰った。

・・・・・

剥がすとスッとしたが・・・・更に痒みが増した。

四角い形に真っ赤になった。

//////

毎晩・・・

1.剥がして・・・自分で消毒しちゃおう。

2、明日の昼間こそ、外来受診して、痒みを訴えて、何とかしてもらおう。

  できれば抜針してくれと・・・直訴しよう。

1と、2と、「ひたすら我慢」の3案で、私の心の中はぐちゃぐちゃ。

「理性」と「掻き毟りたくなる本能」と「冷静な状況の判断」が交錯する。

・・相当大げさ

傷のテープの周りに、ムヒを塗って貰う。←これも無茶苦茶

発赤した皮膚には刺激的、痛い痒い・・・・でも気持ちいい。

そして、扇風機で風を当てて横になって寝ると、

テープかぶれは静まって、穏やかに眠れる。

・・・・・

「明日こそ病院に行こう」と、毎晩思うのであります。

・・・・しかし、鏡で見ると、傷は、いたって綺麗、周りのテープも静かなものです。

これじゃあ、外来受診も無駄に終わる・・・きっと、何も状況は変わらないで張り替えるのみで帰ってくる事になると思って、見送る。

そして、夜に又、後悔する。

・・・・・明日こそ、外来に行くぞ!!

・・・・・・・

今朝も・・・治まった痒みと綺麗な傷を見て・・・明後日だな・・・受診日は・・明後日だな。

ここまで我慢したんだもの・・・・あと2晩何とかなるか?と・・・思ってしまった。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

こんな事書きつつ・・・遂に昨夜我慢しきれず、みんな剥がしてしまいました。

ホッチギス取るとき痛いだろうな。

ドレーン抜いた所、塞がってないし・・・テーピングで済ましてくれるかな。

再度縫ったりしないよね。

く~。ようやく、明日が来た。

待ちに待った明日が来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブタヤマさんたらブタヤマさん

先日、お一人さまの大好きなだーさん事をこぼして、とほほな我が家を書きましたが、

そっちをぶちまけたかっただけではないのです。

我が家では、イエイエ・・私が、すぐ使う言葉を紹介したくって。

私がだーさんの事を

長新太さんの「ブタヤマさんたらブタヤマさん」

なんだから~と書いた。

Img_3726 私が

長新太さんの

「ブタヤマさんたらブタヤマさん」

を知ったのは、

故 河合 隼雄先生の講演を聞いたときに、紹介されていた。

カウンセリングの本質は

「ブタヤマさんたらブタヤマさん」に要約されるって・・・・。

河合先生の好きな作家さんの一人なんだって長新太さん

・・・・・・

どんな話って???

一度読んでみて・・・みて。

・・・・・・

カウンセリングにかかわらず・・・生きる上で・・通じるものあるよね。

・・・・・・・・・・・・

なあに どうしたの

なにか ごよう

とブタヤマさんが いいました

うしろには なにもいません

ブタヤマさんは

また チョウを とりにでかけます

かぜが そよそよと 

ふいているのでした

・・・・・

見ないといけないものは見ないといけない

後ろに見ないとイケナイ世界があるときは振り返らないと分からない

大事なことは旬やタイミングがあるんだと、言いたい時、この話をする。

「ブタヤマさんたらブタヤマさん」なんだから~。

・・・・・・

我が家で「ブタヤマさん」を知らないものはない。

我が家にはブタヤマさんの本がある。

いや違う・・長新太さんの本が相当あるんです。

だって、だーさんは紺屋の白袴

・・・・・・

私、ブタヤマさんは幸せだと思うよ。

そして、ブタヤマさんはブタヤマさんのままでいいと思うよ。

読書感想文なんかにオススメ。

なーんちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がOP日1泊したリゾート部屋

私が1泊したリゾートマンションをご覧に入れましょう。

Img_3673

窓が大きくてね。

山が見えてね。

明るくてね。

広くてね。

収納多くってね。

Img_3674OPする日の朝、この部屋に案内されて、とっても嬉しかったんだ。

入院して、知り合いの師長に「ゴメンね、個室に入れてあげられなくて」

そう言われてたから・・・大部屋からOPして大部屋へ戻るんだと覚悟していましたから。

大きなスポーツバックに詰めたままの荷物をといた。

Img_3675_2 いそいそと、引き出しに、開き戸にと、荷物を収納した。

もっちょっと、持って来たいもの持って来ても良かったかな?なんて、その時に思った私が馬鹿でした。

・・・・・

緊張するんじゃないかと思ったけど、なんかとっても幸せだった。

ライラの冒険ありがとう。

OP前の私に勇気をくれた。

三年寝太郎がDVDを見終わった頃から点滴する個室の私の側にいてくれた。

・・・・・・

緊張する事は無かった。

OP台に上向きに寝て心電図の電極を貼った、血圧計を巻いた後に、左下にして横にナリ、腕でひざを抱えて背中を突き出してまあるくなった。

その時、私の意志とは関係なく、右腕がぶるぶる震えた。

表面麻酔の注射はさぞかし痛かろうと想像していた。

それが、全くわからなかった。な~んだ痛く無いじゃん。

背骨数えてる・・・数えてる・・・・いよいよだね・・・・と思った。

が、衝いた感覚するんだと想像していたが全く分からなかった。

麻酔医のふ~ってかすかな息が聞こえた。(これは、私の創作や捏造じゃないよ、本当だよ)

こやつは、入らなかったらウルサイゾ・・・と思われてた?

チューブ入れてんだ・・・・と思ったが・・・・全然分からなかった。

・・・・・・

大部屋で怖い怖いを連発している同室者がいたが・・・

怖くて検索して、これを読む機会の人がいたら、教えてあげたい。

ぜ~んぜん、痛く無かったよ。

まるで、集団予防接種を受けた昔の印象を思い出した・・・

とっても心配要らないよ・・・・・

安心してど~んと身を任せてみなよ・・・・。

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう。退院後7日目・OP後10日目

Img_3446 おはよう。

退院後7日目

OP後10日目

・・・

一応OP後退院しないと

PC触れないから

カウントするのにUPするけれど

この日は退院していて欲しいな。

うっかり、変更するの忘れていて、UPされちゃってて・・・てへへ~な~んて事になっていますように・・・。

じゃ~。

+♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫+♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫+♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨

術後10日くらいの入院って言われていましたから、予測立てて予約していました。

覚悟して予約していた私は、どんな心持ちだったのでしょうか。

・・・・

早かったな。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

子宮口が開いているのに

Img_3722_2子宮口が開いているのに

陣痛が来ない。

・・・・・・

たまにあるよ。

・・・・・・

初めてのお産のママと

2回目以降のママでは、

心持ち違うかもしれませんが、スタートラインが、子宮口が閉じている人よりも少しはゴールに近いと思います。

でも、子宮の口が、例え全部開いていても、陣痛がないと赤ちゃんは生まれません。

・・・・

なまじっか、子宮口が開いていると、今にも生まれるような錯覚に陥る。

だから、予定日過ぎても、陣痛起こってこないと、不安になるよね。

・・・・・・・

待っても待っても・・・陣痛起こってこないって事は、今は、赤ちゃんがその気になれないんだね。

どうしたんだろうね。

・・・・・

子宮の中が居心地悪くなる、

自分の生命に関る環境の悪さを感じたら、

健康な赤ちゃんは、こりゃこりゃこんな所に長居は無用・・・と思ったら、

赤ちゃんは陣痛のスイッチを入れる。

そんな感じがする時があります。

・・・

なんとも科学的根拠の無い漠然とした言い草・・・で、申し訳ない。

・・

でも、陣痛待っていたのに来なかった。

なのに、あっと言う間に陣痛起こって、開いていた子宮口を更に驚くべきスピードで開いて

生まれたって事もありましたよ。

・・・・・

ママは、考えすぎていて、無意識に陣痛が起こるのを抑制しちゃっているママも中にいることがあるな。

陣痛が起こったり強くなったりするのを抑えている・・・。

怖いんだね。

不安なんだね。

・・・・・

産み出したい、楽になりたいと・・・気張り倒すママも困るが

反対に

早く楽になりたい・・が高じて、大切な気持ち「産み出したい・赤ちゃんに会いたい」が消えちゃって、陣痛弱くなって・・・楽になる事を望んでしまう・・・・。

弱くなって楽になると、生れないんだよ・・・。

陣痛は痛くていいんだよって、励ます。

それでも、ママの心情にあわせて、赤ちゃんは陣痛を強くしたり弱めたりしながら、進んでくるし、生れてくれるよ。

・・・・・

人工的に陣痛を強めたり、陣痛を起こすこともあるよね。

・・・・・

まあ、待つことです。

赤ちゃんが苦しがったり、生命の危険に曝されない限り・・待ってもいいんじゃない。

赤ちゃんに話しかけてあげて。

生れておいで、待っているからって・・・・。

ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリングのすすめ

Img_3706 だーさんは、自転車にはまっている。

毎日相当な距離を通勤に自転車で移動するようになった、ようである。

恐ろしく手前の駅で降りて、職場まで自転車で通っているようだ。

私がOPしてからでも、自分の生活は変えない。

妻はOPでも、僕は自転車。

早く帰って、何かしてやらなくてはと言う気は、どうやらないようだ。

本人は、そうは思っていないつもりらしい。

夕飯食材を帰り道、買ってきて食べさせてくれる時も無くはないから、知らん振りでもないんだが、

彼はいつも長新太さんの「ブタヤマさんたらブタヤマさん」を地で生きているんです。

なんだかへんてこな、自転車グッヅもいっぱい揃えている。

体重も減ったようだ。

・・・・

そんな彼が

私に、自転車ライフ」を勧める。

爽やかだと言う。・・・・

こんな私に、手術を控えたある日の事・・・・

「OP後、良くなったらサイクリングに行こう」と言う。

あんぐり

・・・・・・・

また、別の日の夕刻。

晩酌して、ほろ酔い加減のだーさんに、三年寝太郎が怒った。

「母がこんな時に、よくまあお酒をのんでご機嫌になれるなあ・・・」と。

・・・・・・・

2人で言い合いする。

仲裁に入って

「こんな時でも私がシッカリしないとダメなのか?」私は、2人に問うた。

・・・・・・

しかし、普通の神経なら・・・・

OP前の妻を励ましたいなら・・・・普通は、妻の好きな事を勧めるのがだろう。

らしいと言えば、らしいが・・・・

術後の楽しみに、乗ったことも無いサイクリング車を買い、それで長距離走ると気持ちがいいと、言うかね???

ちょっと考えたら・・・私には山じゃないの???

十歩譲ったとしても・・・ハイキング。

思いっきり譲ってもウォーキングじゃろが~あ。

・・・・・

誰にでも分かると思うんだけど・・・・。

脳みそどうなっているのか見て見たいよ・・ほんと。

・・・・

OP前の外泊していたある日(お盆の最中だった)、彼はサイクリングにお一人様で出かけて行った。

そして、日がな1日釣りを楽しんで帰ってきた。

釣った食べられ無い魚を持って・・・・帰ってきた。

死んだ魚を見て、無神経さに、腹が立った。

「あさって手術受ける妻が外泊してきているのに、サイクリングですか。

お盆に殺生できる気が知れん。」

と、言ってやった。

・・・・・・

それでも、

私は、OPが無事済んで退院した。

・・・・・・

そして、彼が嬉しそうに、今日、私に言った言葉を紹介しよう。

・・・・・

だーさん:新しい自転車注文してきた。

       もうすぐ届く。

デ:私のん?

だ:僕のん。

デ:アングリ・・・・無言

・・・・・・・

デ:私のんは???

    自転車要らんから10万私に頂戴。

だ:それは、あかん。

   ○●駅に置いてあるあの自転車(サイクリング車・・・相当大事にしているようだ)

       に乗って  走りに行けばいい。

デ:・・・・・・・・・・????・・・・・・・怒りが込み上げてくる。

客観的に見て私の怒りは的外れ?なんだろうか。

立場が変われば、私が分かっていないだけなんだろうか。

一人になって、ふっと、涙があふれて来た。・・

・・・・・・・

貴方のおかげで、いつも強く生きていけるよ

そっといつもサポートしてくれて感謝しているよ。

私が喜ぶスイーツを毎日買って帰ってきてくれるのも分かっているが

なんだか無性に腹がたった。・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名誉の為にひとこと

Img_3697 OP後3日目

早朝、

「退院してもいい」と主治医に言われた。

朝、急に聞いたものだから、

大急ぎでだーさんにTELした。

「(仕事が)抜けられない」と言った。

真知母に言ったら、

「午後なら迎えに行ける」と言った。

昼ごはん食べて、迎えに来てくれるのを待っていた。

そんな病室に花束をお花屋さんが届けに来てくれた。

職場の同僚から連名で。

「OPお疲れ様。ゆっくり休んでください。」

初めての経験です。

お花屋さんにお花を届けてもらうなんて・・・生れてはじめての事ばかり。

人生いろいろあるんだね。

・・・・・・・

「痛い」思いをした事について、いろいろ書いたが、

私の名誉の為に一言書いておきます。

・・・・・

さぞかしデナリは、

「痛い」「痛い」って言って、

ナースコールを鳴らしっぱなしで、

看護師さん泣かせの患者だったんだろうなあ

・・と思われているかもしれませんが・・・・

私がナースコール鳴らしたのは、入院中、3回だけですよ。

2回は抗生物質の点滴の終了を知らせるコール・・・

ヘパリンロックしてもらわないと詰まってしまって、次回にそのルートで再び点滴してもらえなくなるから。

痛みの訴えは、残りのたった1回だけ、

OP当日22時、「痛み止めお願いします」とコールしただけだよ~。

用もないのにコールする事も無いけれど、できれば少ない方がいいかと思って最小限にするよね。

一応、鳴らしっぱなしじゃ無いってこと、書いて置こう~。

・・・・・・・

それと、麻酔科の先生は、手術の翌朝に個室にいる時に訪室してくれて、痛みの事とか聞いてくれたんだよ。

麻酔の分離肺換気のチューブは普通の物よりも全体の太さが太めになるため、チューブをOP後に抜いた後は喉の痛みや違和感が残る事があると聞いていたが、

上手に挿管してくれたんだろう・・・全く痛みも違和感も何にも無いんだよ・・・丁寧にしてくれたんだね・・感謝している。

硬膜外チューブが詰まったのは、先生がどうとか言う話じゃないんだよ・・全然違うよ。

私が運が悪かったんだよ。

でも、詰まるチューブ使っているんだって事、みんなに分かっといて欲しいな・・と思っただけだよ。・・・・・・・・

・・・・・・

花束が届いたその日、退院時に荷物になるから病棟に花を置いて帰っても良かったんだけど・・・

貰ったばかりのお花を、折角頂いたばかりなのに、すぐに手放しては申し訳なかったので持ち帰った。

・・・・・・

長持ちするように・・・何日か後に1輪ざしと小さな花瓶に水切りして分解した。

まだ咲いているよ。

ありがとう。

・・・・

今回の入院で・・・このブログとデナリをつなぐキーワードをたくさん提供したので、

職場の誰かがひょっとして、ここのブログに行きついてしまったかもしれませんね。

・・・・

縦隔腫瘍→ばっかっじゃないの?→術後のきもの

・・なんて移動して記事を読んでくれた人の履歴が2人もあったと見ると

「この人はもしや???」な~んて、思ってしまったりします。

まあ、恐れるに足りない事なんですが・・・・。

もしも、あなたが、私の職場の誰かでしたら・・・・。

いつか、こんな日も来るかもしれないと思いつつ・・・書いてきました。

・・・・・・・

ようこそ、「山が大好きなデナリ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾のポスト

Img_2898 これは、台湾のポスト

緑色のポスト。

赤色のポストと2つ並んで立ってあるところもあったんだよ。

聞くところによると・・・・

1つは、速達用で、1つは普通郵便だとか。

Img_3040 写真は、淡水で撮ったものだが

多分・・・

緑が普通郵便かな?

赤が速達??

・・・・・

あれ??

逆だったかしらん?

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・退院後6日目・OP後9日目

Img_3444 おはよう。

退院後6日目

OP後9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

猫だった

Img_2090_2 こんな看板を

栗林公園で見つけました。

てっきり、

鯉に餌を与えないで下さい

って書いてあるのかと思いました。

が~あ。 

Img_2098

Img_2097 猫でございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラッテクスアレルギー・私の手術

麻酔科の担当看護師さんが術前に訪室してくれた。

アレルギー欄に、たいてい「無し」にマルをする。

予防接種の時、色んな些細な事を説明するのがわずらわしいから。

しかし、私には、結構激しいスギ花粉アレルギー。

食べ物に激しい反応は、

マツタケ

・・・喉がイガイガする→そのうち何かが絡む→くしゃみでる→透明な鼻水流れっぱなし

ズイキ

・・・ホンのちょっと食べただけで、奥歯が噛み合わない気がするような感じがしてくる→

舌がしびれてくる→そのうち鼻水流れっぱなし。

/////

このことについては、問診表に書いた。

そかし、食べ物に関しては、些細な症状を書いていたらキリが無いし、書くところも無くなる。

・・・・・

最後の最後に・・・食べ物でキーウイとか大丈夫ですか?

あ~、食べますが反応します。

喉がイガイガして、何か絡んでエヘンエヘンします。

パイナップル・メロン・・・・たくさん食べなければイガイガ位で止まるので、少量だったら食べます。

・・・・・

ラッテクスアレルギーが疑われますから、手術中、ラッテクスを使わない方向で進めさせてもらいます。と言われた。

・・・・・

ゴムの樹からとれるミルク状の樹液には、少量のラテックスとよばれるたんぱく質が含まれています。

ラテックスが残留している天然ゴム製品に接触することでアレルギー反応が起こることがあり、これをラテックスアレルギーと呼んでいます。

ラテックスアレルギーには、アナフィラキシーを起こすことがあります。

天然ゴムはゴム手袋や医療用のカテーテルなどに多く使用されているため、ラテックスアレルギーは医療従事者に多くみられます。

ラテックス中に成分として含まれるたんぱく質のいくつかが、バナナやアボガド、キウイフルーツ、クリ等のくだものに含まれるたんぱく質と似かよっているため、ラテックスにアレルギーをもっている人がそれらの食物を摂取するとOAS(口腔アレルギー症候群)やアナフィラキシーを起こすことがあります。

それらの食物にアレルギーである人がラテックスに接触してじんましんやアナフィラキシーを起こすこともあり(交差反応といいます)、注意が必要です。

スギやシラカバ等の植物に対するアレルギーをもっている人にも起こりやすいとの報告もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アナフィラキシーフォーラム ラッテクスアレルギー」

          http://www.anaphylaxis.jp/forum/allergy_latex.html より勝手に借用したけどいいよね。

            ちいせーこといわないよね。公に知識を公示しているんだもの。

            ダメなら消すよ言って来てね。記事にさせて貰うかもしれないけれど。

どれ一つを取っても私はリスクが高い。

ラッテクスフリーの手術だったらしい。

・・・・・・

Img_3705 そういえば、術後の私・・・左腕・・・穴だらけ。

もともと、術前に1回刺し直ししていましたが、術後に目が覚めたら点滴を別の所に入れなおしていました。

でも良く見ると・・・針穴3箇所・計5個・・・・おまけにテープかぶれしていて、軽い火傷の様なあと。

OPに行く前には無かったので何なんだろうと関心もつ。

私って、ルート取りにくい、おまけにすぐかぶれる皮膚の持ち主???

いや~ん・・・意外や意外・・・・・。

血管ウキウキで皮膚は曲がっちまっても強いと思って長年生きてきたんだけどな。

ほんの3日で背中の麻酔の固定のテープの型にもかぶれています。

はがして3日になるけれど、痒くってしょうがない・・・・薄皮めくれてるし。

胸の傷には、シャワー浴びられるように、うすいラップのような透明のシール貼ってくれていますが・・・・接着面がまっかっか・・・・。

次まで貼って置くようにと言われたが・・・ダメです。

29日まで待てないで、剥がしてしまいそうです。

・・・・・・・・

術前に無かった左肩(ここって、鎖骨下のライン?)のテープ固定の跡と、針穴

これって、何なのかしら?

術中に入れた中心静脈ライン?

こんな所からルート取る?

術中に私、何かあった?

何も無いよね・・・OP1時間で終わったって聞いているんだけど。

本当にOPできたんだろうか?

・・・・・・・

興味津々。

あれこれ想像するのおもろ~い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライチの種

Img_3596 Img_3597 ライチの種

当直の夕食は中華でした。

デザートにマンゴウとライチが付いていた。

ねえ、マンゴウの種植えたら・・・・芽が出るかな?

・・・・・・・

入院前・・・8月8日・・・・北京オリンピックの日に植えてみた。

すぐ忘れちゃってうんだ。

・・・

もし間違って芽が出たとしても、だーさんすぐ、優しさなく刈り切ってしまうので、どうしようもないんだけどね。

それも、植物にとって過酷な真夏とかに。

Img_3570 だから、枯れてしまった花や木が多い。

こんな真夏に地面が丸出しになるまで根こそぎやっちゃうかなあ。

だーさんには、雑草とそうでないものの区別がつかないんだ。

愛だろ~。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・退院5日目・OP後8日目

Img_3443 おはよう。

退院5日目

OP後8日目

//////

退院して、ぐっすり眠れるようになった。

なのに、

どうしたことか、今日は身体が痛い。

3時間で目が覚めた。

だから、眠くなったら寝ればいいと思って、起きた。

雨が降っている。

新聞屋さんの単車の音。

ちょっと、早起きだけど、別に今日も何かしなければならないといいことも無いんだから

かたずけして見る。

熱でもあるかと測ってみるが35.8℃。

そういえば、OP次の日37.5℃熱あったが、すぐ下がった。

それ以来、感染のデーターとして、1日2回ほど測ってみるが、熱は下がる一方です。

手足もアツアツでしたが・・・いつものゆるゆる暖かに戻った。

・・・・

仕事に戻ろうかな。

なんだか、じっとしてるのも、寝てばかりいるのも、疲れる。

早く29日にならないかな。

とっとこ太郎も学校行っちゃって、つまんなくなるしなあと、つらつら思う。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

復習。太王四神記のDVDを見る

Img_3710 叔母がお見舞いに病院に来てくれた。

・・・・・・

おさらいに、入院前にレンタル店で

「太王四神記1巻のDVD」

借りていった。

・・・・・

分かっているようで、うやむやで流してき「2000年前の時代のストーリー」をシッカリ復習しようと、病院で見た。

叔母が復習するそんな私に、宝物を貸してくれた。

全ストーリー。

見ちまったよ。

意地になって、病み上がりなのを忘れて・・・(いや・・・上がっていないな私。)

Img_3711泣いたり、笑ったり、突っこんだり・・・

とっとこ太郎が隣にいて、DVD操作してくれて、変えてくれたり、

「こんな物くらい自分で操作できなくてはダメだ」とほとほと言われながら・・・

ヨンが17歳???

そりゃないやろ~。

無理、全然無理。

篤姫の松田翔太くんも・・・16歳???無理無理・・・・。

でもおとこまえ~えと、ねっころがってテレビ見る。

ビバ~!!!病み上がり。

何にも家事せず・・・・・パラダイス。

目が覚めたら・・・10時前だった。

極楽極楽~。

・・・・・・

トコロで、三角関係はどうなったの???と、私は家族に聞いた。

さあ???

・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

胸のホッチギス

Img_3702 肋骨ベルトを巻くと大好きなチョッパーが見えなくなるから、躊躇していたんですが、入院はご機嫌でチョッパーのTシャツ着て、療養したかったのに、チョッパー着る前に、退院してきました。

Img_3698_2 ほらね・・・胸にベルトを巻くと胸のチョッパーが見えなくなるでしょ。

ともかく、格好は言っていられません。

これ巻くと楽なの・・特に咳き込む時・・・・全然痛み違うよ。

↓セクシ~ィどころか、こんなグロイ写真要らんでよ~と言いながら、撮って見た。

Img_3701 肋骨見えるどころか、脂肪ポチャポチャ

入院で痩せるどころか、

こりゃこりゃ~

お前の胸なんか見たかね~え

大丈夫・・・腕までしか写っていませんから・・・。

Img_3712 みなみなさまゴメンなさい。

近頃、外側はホッチギスでとめとめ~。

家族と一緒に説明受けた時の絵も一緒に、載せると分かると思う。

管が入った場所は絵とちょっと違うけれど・・・・。

術前の説明では、5番目6番目の肋骨の間を切開しますって言っていました。

術後の話では、

筋肉は切断していません。

筋肉ほぐして、間から胸クウ鏡を挿入して、切除してきましたって言ってましたわ。

・・・・・

傷の上に透明なフイルムを貼って消毒も何にもしないのね。

下のガーゼは、ドレーン抜いた後にあてているだけで、出血や浸出液が出てこなかったの。

ワザワザ外に管残して吸い出さなくても、自分の体の中に沸いてきたものは、自然に吸収して処理するんだってね。

このガーゼも上にフイルム貼ってあるから剥がすのどうしようかと思っているんだけど、どうなっていますかしら。

→写真撮った日はガーゼ貼っていたけど、あんまし痒いので剥がしてガーゼを自分で貼ってみた。

やっぱり、私は、このフィルムもかぶれるみたい。

真赤だし、痒いし。

ドレーン・・・抜いた跡もホッチギスバシバシ止まっていましたわ~ん。

・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾のバス

台湾のバスはカラフル

Img_2882 Img_2964 Img_3004 Img_3024 Img_3026 Img_3025

台湾のバスはカラフルさ~。

そう思って写真をバシバシ撮ったが、日本に帰ってきて思った。

そうでもないや。

こちらも・・・いや・・・地元を走るバスも十分派手だった。

・・・・・・

OP後7日

退院後4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・退院4日目・OP後7日

Img_3437 おはよう。

退院4日目

OP後7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

退院後初・今の夕陽

退院して何日か曇っていて、雨降ったりして・・・。

夕陽に関心向ける余裕が出て、初めて夕陽に気ついただけなのか分からないけれど

今日の夕陽は格別なので・・・今の夕陽をUPするね。

Img_3713 おしろいばなの香りとともに

西の空が明るくなった。

退院できてほんとによかったよ。

Img_3714

Img_3715_2

Img_3716

Img_3717 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニキュア塗って幸せ

Img_3709 OPまで、しばし仕事も入院もなく

ほんのわずかですが、フリーな日があった。

仕事ないなら、いつもしたいマニキュアしよう~と思ったが、OP前は、除光液で取れといわれるに決まっている。

退院して今日は、待ちにまってやってみました。

白いお花のシール貼って・・・・

Img_3708 こういう事も、私の仕事では御法度です。

再び仕事に復帰する日まで、ささやかに楽しみましょう。

別に、外に出かける事も無い・・・・買い物すら行かない。

別に誰かと会う訳でもない。

でも、したいんだも~ん。

こんなお仕事している人の入院のお見舞いに、ネールケアー・ネールアートチケットなんか

持って行ったらどうだろうか?

手と足とだったら、いくらくらいになるんだろう?

元気になったら仕事復帰するまでに爪お洒落してねって。

そんなものより現金?

・・・・・

お金を頂いても行かないな・・・きっと。

・・・・・

誰か私みたいにOPしたら、1ペン試してみよう。

・・・・・

私だったら嬉しいんだけどな・・・・。

でも、今からなら遅いから要らないよ・・・だって、折角して取らないとダメになる日が目に見えているんだもん。

・・・・・

長い付け詰めはしないけれど、

爪のお洒落は、デナリの定番の夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが弾性ストッキングだよ

Img_3703_2 これが、OP後血栓予防の弾性ストッキングだよ。

上に見えるのは肋骨の周りに巻いているバンドだよ。

とっとこ太郎が肋骨折った時も巻いていたんだな。

洗いがえに探してみたんだがハテさて何処に入れたんやら。

Img_3683_2 爪の色を見るために、先が穴開いてるんだよ。

私の勤める所は、ハイソックスでSMLしかないけれど・・・・

今回履かせてもらったのは、

太ももまであってね、サイズはもう少し小刻みぽい。

私は太いから、すっこりお見通しのようだ。

3で、きつくなかったよ。GOOD

OP後、私の職場では、エアーマッサージャーを使うんだけど。

今回は使っていませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジパング35・36

Img_3591 ジパングもいつしか35・36

よくまあ、ここまで買い続けたものだ。

子供が買うから読む母がいるかもしれないが、ジパング36巻全部持っているおばさんは、日本の中でデだけかもしれない。

みらいが、丸裸になっていく。

最新鋭の機器が使えなくなって・・・わたしゃ・・・ドキドキするよ。

痛々しい。

どうなってしまうんでしょうね・・・これから。

・・・・・

三年寝太郎なんかいつの日からか、全く読まなくなった。

ついて行けないんだね・・ストーリーに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはよう・退院3日目・OP後6日目

Img_3442 おはよう。

退院3日目

OP後6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

借りてきたDVD

Img_3676 Img_3685

Img_3690 Img_3691

入院中に見たDVD

前にも書いたけれど、

ライラの冒険

太王四神記1

オリオン座からの手紙

天上の恋人

・・・・

病院で入院中はコンパクトDVDは、何だか癒されましたよ。

・・・・・・

お見舞いに来てくれるんなら、仏滅に来てねとお願いしていたのに、仏滅の日来る前に退院してしまってゴメンなさい。

家に来て見舞ってくれると言ってくれたのに、ホント友達がいない奴でゴメンなさい。

・・・・・

見舞いなんてデナリには要りません。

みんなにそう言ってます。

ソレよか、元気になったら楽しい事に一緒に行こうねって、さそっておくれ~な。

とりあえず、ホッチギスとってもらわ~ニャ・・・にっちもさっちもいきませ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の硬膜外麻酔

私の手術は、思いのほか簡単なものでありました。

生れて初めて、受ける手術に何の不安も抱かなかったのは、

硬膜外麻酔という奥の手があると聞いていたから。

・・・・・・・・

が~!!!

・・・・・・・・

私の麻酔は、効いていなかった。

事の真相を知りたかったが、遂には教えてもらえなかった。

・・・・・・・・・

Img_3686 Img_3688

Img_3692

/

/

患者名

調剤日

調剤者名

薬剤

   0.2%アナペイン200ml

   塩モヒ(塩酸モルヒネの略?)9mg

   トロレブタン5mg

使用方法

使用開始時間8月18日17時00分

・・・・・・・・・・

可愛いぺっとボトル入れに、この哺乳瓶みたいなケースと中の袋に入った薬液が収納されていた。

私の背中に入って固定された細い細い管の先にそれがつながれていた。

この袋の中身は、持続的に2日間でゆっくり痛み止めの効果を発揮してくれてなくなる予定だった。

・・・・・・・・・・

写真のものは、私がOP翌日に見た時も薬の入った袋は、こんな大きさでした。

2日目に見た時も大きさ変わっていなかったので、写真に撮りました。

OP後3日目(退院した)に抜く前に、見た時も大きさ変わっていなかった。

・・・・・・・・

OPの次の日の朝・・・・まだ個室にいた私に「痛みは無いですか?」と聞いた。

背中が痛い。左の肩と肩甲骨の辺りが痛い。

左が痛くって向けない。

右も痛いがまだ、右下にした方がましだが、それでも痛い。と訴えた。

・・・・・・・・

「傷は??」と聞かれるから・・・・「痛くない」と答えた。

そもそも、傷の部位分からないし・・・(OP後4日・退院した今でも右胸部がしびれているし。)

麻酔医のドクターは、抜きに来てくれるんだと思ったから、抜きに来てくれた時に、聞くつもりでしたが退院まで訪室はありませんでした。

(忙しいんだ分かってる。先生に会いたいとか言わないから、もう病室に来る事は無いんだと思う。)

まあ、抜いたその日に退院しちゃったから、無理も無いんだが。

・・・・・・・・・・

恐らくほとんど麻酔薬は、私の身体に入っていない。

誰に聞いてもうやむやで、(別に私からこの話題を投げたのではなく、聞かれるから答えて更に質問しただけよ)

遂に「詰まっているのなら置いておいても仕方がない」と、退院した日の朝チューブを抜く事となった。

残量から、いったい何時から入っていないのか分かるはず。

4mlで、2日かけてなくなるはずの装置に、まん丸な風船の中に薬が満水、これいかに・・・・。

痛い痛いと唸る時、だれも取り合ってくれなくて、当日の夜の22時に、耐えかねてナースコールした。

「痛み止めの薬を23時になったら飲めますが注射がいいですか?」と聞かれた。

「じゃあ後1時間頑張ります」と言って、歯をくいしばった。

・・・・・・・

23時ロキソニンと言って・・・・、頭痛でも余り効かないと言う人もいるようなマッタリシタ飲み薬を飲むために、座らないと飲ませられないと、言われた。

痛みがあってナースコールしたのに、1時間待ったあげく、薬を飲むためにう~う~と唸りながら背中を起こしてもらって座って飲ませてもらった。

・・・・・・

薬が効いたのかウトウトしたが、身体が痛くて眠りが浅く、絶えず背中が辛かったので

とっとこ太郎が右肩にクッション入れて、私が抜いて

とっとこ太郎が左肩にクッション入れて、私が抜いて

その繰り返しで朝まで辛抱した。

・・・・・・

薬は6時間は空けてくださいと念を押されたので、次の薬を待つしかなかった。

待ちに待った5時に薬を再び飲んだ。

するとまたウトウト眠れた。

・・・・・・

そして、唸りながらも座って朝ご飯たべた。

・・・・・

訴えは、「痛い」

・・・・・

Img_3693 抜いた日の薬の量をご覧あれ。

麻酔の管入れてもらっただけみたい。

全然減って無いじゃん。

・・・・

それでもいいや・・・・・と、黙っていた。

誰一人、痛みについて触れなくなった。

師長が何しているのかと思ったら

どうやら、硬膜外チューブの先端が抜けていないか

さり気なく調べているのだろう、私の背中をさすっている振りして襟首から手を突っこんでいる。

・・・・・・

直球投げればいいのに・・・・。

病院ってこんな所なのね・・・・と、我ながらがっかりした。

・・・・・・・・

背中のチューブを抜いてくれたのは、胸部外科の研修医の先生でした。

「いつのころからの痛みが、麻酔無しの生の痛みなんでしょうか?

向学の為に知りたいだけなんですが、残量から分かりませんか?」

と聞いたが答えなかった。

「少しは減っているみたいです」とか言っていたけど、

MAX300mlの容器にこの量では、

「はじめの200mlから減ってないんで無いの?」と言わないけれどいぶかしんだ。

・・・・・・・・

気の毒なのでそれ以上聞かなかったが、こういうことなんだね。

・・・・・・・・

私は文句言ったり、誰かの責任がとか言う気もサラサラも無い。

きっと、細いチューブだから詰まっちゃったんだね、しゃ~ないやん。

でも、どのあたりから、麻酔もなく薬もなく、辛抱していたのか知りたかったな~と思うのです。

そういうこと、うやむやにしないで、そんなこと無いように(詰まっていたら痛み止め欲しかったな)次に役立てたらいいのになと思った。

そして、手術38311点 麻酔16438点・・・・このどこかに、塩酸モルヒネ1A入りの廃棄されたあの一軍団の費用も、効かせても貰えずに痛がりの医療従事者と思われていたんだなあと・・・思いつつ、88090円を自動清算機で払って帰ってきた。

Img_3695 4と言う数字は、最大量が入っているということなんだ。

そりゃ、コンだけ入っているのに

あそこいたい、ここいたい、言うかなあ。

まあ、手術が簡単で筋肉切断もしていないから

痛みも軽かったのでしょう。

・・・・・

ちなみにOPした次の日

大部屋に移って午後の事、

座った状態で、きつい咳をした。

その時は、息が出来なくなった。

痛すぎて、吸うことも吐くことも出来なくて、手も動かせなくてナースコールも探せなくて

たまたま、向かいのベットに居た看護師さんが、私の息を吸いながらの「すみません」に気がついてくれてベットを寝かしてくれた。

胸のベルトを外したら、息が出来るようになった。

残念だが、そういうことがあと2回あった。

怖かった。

しかし、あらゆる痛みは、右胸に刺さっていたドレーンを抜いたら消えてなくなった。

・・・・・・

ささやかな怒りとともに・・・・・・(痛かったとき痛み止めうって貰わなかった事を選択した自分に対して)

いい経験させてもらった・・・という感覚。

この経験は無駄にはしないぞと・・・・肥しにする事にして

硬膜外チューブを抜いたその日に、とっとと退院してきた。

・・・・・・

家族の反応は?

と言うと・・・・冷静と言うか冷たいものだ。

家で夕食の食卓で3人に話したが・・・・・

だーさん:こういう事って良くあるのかもよ。僕が病院だったら、一番やりにくい患者だと思  うから、はよ帰って欲しいと思うよ。

三年寝太郎:無言

とっとこ太郎:いいやん。もう終わったんだから。

・・・・・・

そういう家族なんだ。

まあ。それくらいで丁度いいと思うけれど・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ふたつのスピカ14

Img_3590_2 次はいつ出るかな・・と、楽しみにして待っている

ふたつのスピカ

先日入院していた同僚に13巻まで貸してあげた。

同僚もパパさんも読んだって。

さて、14巻貸し忘れた。

府中野くんどうなちゃうんだろうね。

・・・・・・・・

入院中に15巻読みたいな。

読みたいな。

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・退院後2日目・OP後5日目

Img_3440 おはよう。

退院後2日目

OP後5日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

人の縁

偶然にも

今度私が入院した病棟の師長さんは、私がこの病院を20年前に退職した時の直属の上司の師長だった。

私の退職は、大勢の人に迷惑をかけるものであった。

私は仕事が好きだ。

そこの所は、幸せなことに今も昔も何一つ変わっていない。

・・・・・・・

育児休暇を1年取って、仕事に戻れるものだと信じて疑わなかった。

11月の末に三年寝太郎が生れて・・・翌年の4月末・・・・可愛くて可愛くて仕方が無かった。

何故だか可愛すぎて涙が出てきた。

11月には、誰かに預けて仕事に行くんだと思うと涙が止まらなかった。

考えたら一緒にいたいと思い始めた。

仕事を辞めれば済む事だと・・・答えは分かっていた。

何人の人に話しただろう。

話せば話すほど、整理され遂には退職を師長に話しに行った。

子育ては、ほんの短い期間だけ、そのために自分のしたい仕事を捨ててしまうのはもったいない・・・・大きくなれば子供は自分の世界を作ってそれこそ母は、寂しくて時間をもてあますようになる・・・・だから、頑張るのは今だけだよ・・・辞めちゃわないで・・・続けてみてはどうだろうか?と説得してくれた。

まさに、その通りだった。

それから10年もしないうちに三年寝太郎とっとこ太郎も学校から帰って来てもお友達と遊ぶ方が楽しくなって、夕方まで結局、私は、いつも待っていた。

・・・・・・

それでも、師長のアドバイスも聞かず退職した事を後悔した事は1度もない。

ただ、ちょこちょこ、三年寝太郎ととっとこ太郎に、文句を言う。

やれやれ。

仕事一直線の道を断念して・・全身全霊かけて育てた結晶がこの有様かよ~!!

それでも、楽しい時間を過ごせました。

そして、今でもきみきみの仕事が出来て、本当に幸せです。

・・・・・

今度の手術で、仕事に戻れないようになる事の確率も非常に低そうです。

皆無とは言い切れませんが、大丈夫そう。

・・・・・

それにしても、この師長ともよくよく縁があるんだなあと・・・・つくづく思った。

・・・・・

たまたま居合わせた三年寝太郎を紹介した。

「お母さんに良く似て~~」って言われて、嫌がっていた。

まさか、こんなことで再び再会するなんて思いませんでした。

また、お世話になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんな貼紙

Img_3638 Img_3639 この場所は、携帯電話 通話可能です。

マナーモードにて、他の方のご迷惑とならないように

お話ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

譲り合って快適にしようしましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

だって、いつ行っても・・ガラガラなんだもん。

窓小さいし、何だかくつろがさ無いぞって感じ・・・。

まあ、この写真は、デジカメで撮って、外泊時に書いているんだけど。

元気になったら病院内散歩したいと思っています。

夕日スポットと朝陽スポット無いかなあと思うけど、守衛さん飛んで来そうだね。

うろうろへんな時間に散歩なんかしたら・・・。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま。手術後3日で昨日に帰ってまいりました。

Img_3672 対岸の花火は、外泊前と外泊後に

合計2回見ることが出来た。

一度目は、電池切れで1枚も撮れることが無かった。

外泊後、再びチャンスがやってきた。

最後のフィニッシュは決まって

歌舞伎のくもの巣みたいなものでした。

毎日少しずつ違った花火。

こんな機会は、二度とないかもしれない。

OPの前夜、病室から見た花火。

・・・・・

夢のような8日間でありました。

術後の3日間は嘘のような毎日でした。

Img_3655 私、ほんと手術必要でしたか?

29日に外来で抜糸するまで何もなければ病院に行きません。

OPは、2時15分からって聞いていました。

しかし、呼ばれたのは1時間遅れでしたが、帰ってきたのは5時過ぎでした。

私は、何にも覚えていません。

それにしても早かったなあと家族の感想。

試験開腹で、どうしようもなくて閉じてくるなんて時は、早いそうですが、そうでも無さそう。

本当にどうしようもないくらい・・・・、簡単にコロッと取れたそうです。

・・・・・・

無理押して、帰ってきたと思いましょうが・・・・何だかとってもスパルタでした。

リゾートとは程遠く・・・個室にいたのは、OP日のみでした。

まあ~いろいろあったから・・・・なあ。

・・・・・・・・

前が大騒ぎの割りに、あっさり元気ですみません。

家は静かでいいや。

病院は疲れる。

マイナスの気を、ジャンジャン浴びる。

負のオ~ラがユラユラしてる。

要らぬ話を聞きすぎた。

・・・・・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

おはよう・退院1日目・OP後4日目

Img_3439 おはよう。

退院1日目

OP後4日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

新しいブルーレット

Img_3566 ブルーレットの効用は、いかがなものだか定かではない。

しかし、デナリは、新しい色を見ると買わずにはいられない。

今度は、オレンジマンゴーの香り

オレンジマンゴーって・・何!!

売場で思わず突っこんでしまったが・・・悲しい性なのね・・・。

気が付けば・・・買ってきてしまっていました。

デナリの自慢・・・・・全色使ったことあるもんね~え。

今度も違うの楽しみにしています。

・・・・・・

オレンジマンゴー

・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日退院することなりました

今日退院することなりました

麻酔の管が抜けました。それで退院することなりました。午後から帰ります。写真は患者識別バンド。バーコード・名前・ふりがな・生年月日・性別・IDが書いてある。点滴とか処置するごとに端末機械で照合する。今日退院ではずしてくれるでしょう。お見舞い来てくれると言ってくれたみなみなさま、ありがとう。おかげて帰れます。気持だけでじゅうぶんなので、罰当たりな事いうようですが家までお見舞い来ないでね。じゃあ続きは帰ってから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾・淡水の港

Img_3027 台湾・淡水では、雨だった。

スコールは、すぐに止んで・・濡れる事は無かったが

お空はご覧の有様。

風光明媚な土地として知られ台湾八景の一つ。

淡水河の落日は台北を代表する風景だそうだ。

Img_3028 港は、過去に時代時代に外国の国に占領された。Img_3029

・・

スペイン

オランダ

中国(清)

イギリス

そして、日本

Img_3030 Img_3031 Img_3032 Img_3033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・入院8日目・OP後3日目

Img_3438_2 おはよう。

入院8日目

OP後3日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

シーツ交換で

シーツ交換で
シーツ交換で部屋を追い出される。私は手術日に交換してもらったからしないようだ。左手は、点滴の針が入っている。ほんの小さい点滴が二本朝と夕に有るだけで他はヘパリンロックといって血を固めて針を詰まらしてしまわない薬を通して次の点滴を止めて置くようにして包帯を巻いてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾のカボチャ

Img_2942 毎日暑いですね。

カボチャを美味しく頂いています。

もっとも、これは入院前に

家のPCで予約UPしているんで

病院では、美味しいカボチャを頂いているのかどうだかわかりませんが・・・

女性の好きなものをたとえて

いも・たこ・なんきんって言いますが

私もポテトサラダ大好き・たこ焼き大好き・かぼちゃのポタージュ大好き。

山にもって行く、インスタントスープは、カボチャのポタージュです。

それと、ほうれん草のポタージュとか、クラムチャウダーとか・・・。

話は、戻して・・・・・

台湾のお店の入口に、表面に、グニャグニャ模様の付いたカボチャが置いてあった。

縁起がいいとか。

金運UPだとか。

何だか説明してくれていたが・・・聞きそびれた。

ともかく、よさ気なので・・写真載せてみる。

金運UPかあ~。

宝くじ買わないし・・・突然金運UPする要因が無いもんな~。

まあ、楽しいからいっか~。

・・・・・

傷病手当は、給料の何パーセント?

何にも世の中の事・・・無頓着に生きてきたんだなあと・・・思う。

いや、今月は、給料振り込まれるんだ。

来月がリゾート出来たら・・・・傷病手当なるのかな?

ちんぷんかんぷんなので、何でも人にお任せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸の管が抜けた

胸の管が抜けた

右胸の脇に刺さっていた管が抜けた。楽になった。動きやすいし痛くないのが幸せ。痛くない様に背中に麻酔の管がはいっている。長いチューブの先には写真のボトルが付いていて痛みを取る薬が絶えず流れているから痛くないの。海は曇っている。同室の三ヶ月の赤ちゃんが機嫌悪く泣いている。朝夕の点滴と今日もレントゲン。頑張って完食するぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾でも果物を美味しく頂きました

Img_2930 何処の国に行っても、果物は美味しいよね。

ドリアンは、まだ、修行が足りませんので

ダメダメだけれど・・・・それ以外は

日本でも馴染みが全く無いと言うものも

少なくなって来ましたね。

・・・・・・

台湾でも美味しく頂きましたよ。

さて、何だ?

Img_3036

Img_3037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病と闘う仲間

Img_3631 病室で花火が見られると

入院した日に、同室の人が言っていた。

・・・・

私としたことが・・・

またもやバッテリー切れ

・・・

対岸の花火は綺麗だった。

最高です。

特等席です。

・・・

ローカの向側から、女性が3人花火を見に来た。

ほんの15分ほどでしたが・・・6人の病の女が・・・一心に花火を見入っていた。

ガラスに映るそれぞれの顔を盗み見た。

・・・・・

ここは、外科。

全員OP後かこれからOPする人が入院する。

治る人、そうでない人。

明日OPと言う人は怖い怖いと言っていた。

その人は、既に髪がない。

病名聞かなくても、どんな戦いしているのか・・・想像つく。

「おたくは、軽い手術なんでしょ」と聞かれた。

「さあ?3センチの腫瘍が胸の裏側の背骨の前に出来ているんです。肋骨の間から取ると聞いています。」

話すと、一層親しげになった。

みんな、病と闘う仲間なんだ。

・・・・・・

不思議な縁で、このひととき・・・

みんな良くなりたいよね。

・・・・・・

私も良くなりたい。

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはよう・入院7日目・OP後2日目

Img_3436 おはよう。

入院7日目

OP後2日目

ガッツ出せ!!私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

台湾のお寺

台湾のお寺は、仏教のお寺がとってもカラフルで他の宗教と外観見ただけで違いが分かるらしい。Img_3046 Img_3047

Img_3048 ↓台湾のこま犬さん

Img_3049 Img_3050

↓台湾の阿吽像さんてところでしょうか。

Img_3051 Img_3053

Img_3052 お花がお皿に飾られて

Img_3054 Img_3055

Img_3056 Img_3060

賽銭箱はガラス張りImg_3059

Img_3057 Img_3058

おみくじタダだった?

それとも私、踏み倒した?

Img_3061 Img_3064

淡水に行く途中に立ち寄ったお寺さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わった。

終わった。

終わった。元気だ。神経鞘腫でもなかった。中の水を吸いだし電気メスで焼き切って来たら干しぶどうみたいだったと真知母が言っていた。大部屋に放り出された。胸に管入って機械つけられてるのにこの機械自分で引きずってレントゲン一人で取りに行った。やれやれ。あっちこっち痛い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

この部屋出ているコトでしょう。

Img_3632 私のベットから窓を見る。

へちょい、私の携帯の写真で、

携帯使用可の窓の狭いあの部屋と違い

なかなか壮観でしょ。

・・・・

ちょっと、やらせ・・・なの。

ベットに寝るとこんなに見えないよ。

どうしたかって言うと、マイベットに立ち上がった。

もちろん誰にも見つからない時にひっそり撮ったのです。

Img_3633_3 Img_3634   

Img_3635_2

4人部屋のローカ側

9日に狭心症のバイパスOP・・腕の血管を3本切リ取り、心臓に付けた女性

15日に乳癌のOPした女性

・・・・・・

この記事UPする日、私はOPでこの部屋出ているコトでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖平小屋

Img_3417 聖平小屋へは、木道が導いてくれる。

コトンコトンと登山靴を鳴らしながら、小屋まで歩く。

春は、この間はズボズボ壷足で、雪にもぐって結構きつかったな。

・・・・・

Img_3418 小屋はとっても賑わっていた。

しかし、それでも南アルプス・・・穏やかなものです。

Img_3420 Img_3421 テンバもパラパラ。

Img_3424 聖平で夜が明けた。

東の空が白んで来た。

まだ明けない暗い中出発した。

Img_3425

Img_3427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・入院6日目・OP後1日目

Img_3435 おはよう。

入院7日目

OP後1日目

一番山かな。

日にち薬で楽になるだろうが

がんばれ私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

OPが終わっているだろうか?

Img_2116 夕陽は、優しいね。

この夕陽がUPされている頃は

恐らく私のOPも終わっているコトでしょう。

まあ、こんな日まで・・・

予約してまで・・・UPするなんて、

ご苦労なこってす。

そんな、呆れた声が聞こえそうな気がしますが

結構書いたりすることで

吐き出したり

自分の中で整理したり

考えたり

考えた事を成熟させられたり

落ち着いて一呼吸出来たり

Img_2117

まあ、チョロチョロ、ガサガサ。

自分でも、よくこんなに、いろんな事が私の身に起こったりするもんだと思います。

しかし、これでも、何でもカンでも書いている訳じゃないし

お出かけした事も全て書き倒しているわけじゃないし

・・・・・・・・

「今日行ったランチは、UPしないのか???」とか、同行した友は思うでしょうが

書きたくないコトも(人に曝さないで大事にしまっておきたい事も)あるんです。

反対に、書きたいこともあるし・・・・。

オバサンの心は乙女の心より複雑なんです・・ほほほ。

Img_2119

自分でも、自覚症状ないからか、

後縦隔の多くが、良い性質の物が多いと読んだからか、

思い残すこと無いくらい毎日楽しいし幸せだと思うからか

・・・・何にも心配していない。・・・・・・・

Img_2121 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

明日は、恐らく流動食出るでしょう。

ベットの背もたれで座ったり、ひょっとしたら尿の管が抜けているでしょうか。

・・・・・

早期離床。

ADLの拡大。

とか言ってね、安静にする事が決して身体にいいとは言えないんだよ。

痛がりの私は、う~!!!う~!!!ひゃ~!!と言いながら、

こんな風に書いた手前、自分に鞭打って・・・動き始めるだろうと期待しています。

Img_2124

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライラの冒険見た

ライラの冒険見た

借りてきたDVDでライラの冒険見た。まだこれから続くんだね。個室へ入った。好きな山が見える。点滴入った。それほどひもじく辛くないんだね。2時15分からと聞いているからぎりぎりでいいよと言ったので誰も来ないから携帯室で書いてます。ここも誰もいやしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千羽鶴

千羽鶴

昨日職場のみんなが折った千羽鶴を届けてくれた。折ってる所見たことない。内緒で折ったのね。とても嬉しかった。今日は午後から手術がんばります。寝るだけだけど

| | コメント (6) | トラックバック (0)

病院初回の食事

Img_3637 入院初日の夕食

これが、噂に聴く悪名高き・・・不味い病院食

そうでもないよ。

でも「キャベツの海苔和え」「鯛の蒸し物」「卵のなんとか~」「漬け物」

ちょっと、寂しいね。

・・・・

しかし、朝は、食パン2枚、いちごジャム、牛乳、ピーマン炒め、スイカ

そして、頭痛かったので寝た。

デナリさんと呼びかけられ、飛び起きたら・・昼食が届いていた。

・・・・

お腹空いていないし。

・・・・

胸がつかえた。

辛い。

・・・・

やっぱり、無理せず残せばよかった。

一人で食べる食事は寂しいね。

不味いわけが分かった・・・味やメニューじゃないんだよきっと。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・入院5日目・手術

Img_3434 おはよう。

入院5日目

手術日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

気弱になった振りして言いたい放題2?

Img_3641 気弱になった振りして言いたい放題その2?その3?

ともかく言いたい放題OK

どうやらコンパクトDVDは病室OKらしいと、同僚に聞いてきた。

同僚が見舞金集めたら買えるだろうと勧められた。

そう言う事は・・・・おくびにも出さず。

早速、

だーさんに

「病室で見る用のコンパクトDVD買ってくれ~!」言って見た。

返事はしないが、どうやら買ってくれそうだと思っていたら、

外泊に帰って来たら、買ってくれてあった。

持って行って見るDVD無かったら仕方が無いね。

誰かレンタルで1枚持って来てくれ~。

返しやすいトコロで借りてきてくれ~と、家族に言いたい放題。

1日1枚借りてきてくれ~。

ダメでもともと・・・・・言ってみる。

今日も今日とて言いたい放題。

今日は、脇の毛自分で剃って、風呂入って、夕飯食べて

18時に病院に戻ります。

いざ、出陣なり~。

明日が過ぎればいいことまってるぞ~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻酔の事

Img_3640 入院して、造影MRIを受けた。

そして、揃ったデーターを元に、昨日説明を受けた。

ますます、状況が良くなった。

造影MRIで、腫瘍の中身は、均一の水だろうということになったらしい。

そうなってくると、神経鞘腫だけではなく違うものが考えられるらしい。

場所的には神経鞘腫が多い場所なんだけどね。

・・・・・・・

コロンとしていてまん丸。

白くて境界がはっきりしている。

何だか造影MRIの画像は・・ちょっと、可愛いかんじがするよ

・・・・・・・

心膜膿胞・・・・膿が貯まった袋で、良性だが破裂する事があるので放置しないで取る    方がいいようだ。

気管支膿腫・・・胎児期の肺胞が肺胞にならなくて残っていたところに、膿が貯まった物。これは、採らなくても大丈夫らしい。

・・・・・・・・

吸って中身が出せれば、小さくなるので・・・聞いていたような大きな切開は必要なくなるようです。

挿官して麻酔かける時、分離肺換気と言って、手術に関係ないほうの肺で呼吸させるんですが、手術する部位に近い邪魔になる方の肺は小さく萎ませて手術中は動かさないようにして切除する。

「医龍」でこれようの分離肺換気用の挿官チューブが無くてどうする・・・って、緊急時に片肺挿官して麻酔をかけるって・・テレビでやっていたアレだね。(テレビの見すぎ

心臓と肺の麻酔は特殊。

何故かと言うと、肺が手術する部分になるので,普通の方法は人工呼吸ができない。

だから、2本の細いチューブでできた分離肺換気用のチューブで,手術しない側の肺だけ人工呼吸する。

(肺は大きく左右に分かれているから、別々の肺に麻酔をかけることができるのです)

 こうすれば,開胸手術も胸腔鏡を使った手術もずっとやりやすくなります。

 しかし、この方法では,心臓から肺に行った血液の何割かは,人工呼吸されている肺に行かずに静脈血のまま心臓に戻ってくるのですから,呼吸の効率は大変悪くなります。

 それに、1本1本のチューブは細いので,痰や血液で閉塞したり,位置がずれて人工呼吸に問題が生じる危険性が,一般の手術にくらべて大きくなります。

 このため,肺の手術の麻酔には,麻酔科専門医が細心の注意を払ってあたっています

・・・・・・・・

麻酔科のドクターに説明を聞きに行った。

胸部外科のドクターの説明もそうだが、私にと言うより家族に対してのものなんだね。

・・・・・・

私に麻酔をかけてくれる別の私の担当ドクターが病室に訪ねて来て話しした。

・・・・・・・

第一声が・・・「医局の者が大勢お世話になっています。」

確かに麻酔科ドクターだとか、だんなさんが麻酔科ドクターっていうきみきみのママが続いた時期があったなあ。と思い出した。

・・・・・・

術前訪問で手術室の私の担当看護師さんも私の顔を見るなり、何か言いたげ。

言いたいこと分かったから・・・私の職場の名前を言ったら・・

案の定・・お世話になりました」と挨拶してくれた。

「大きくなられたでしょうね」・・と言うと「2歳になった」って。

・・・・・

この病院は、あっちもこっちも、何となくかかわりあったことの有る人ばかりだ。

・・・・・

「胸出したり、OP場では、真っ裸だし、

ヤレヤレ・・肛門丸出しだ・・・く~!!」って同僚に言ったら・・・

そんなのいつもアンタがしているコトだよ・・・って言われた。

そうだね・・・何の感情も湧かないね・・・そんなものだよね・・。

ま、別にどうってことも無いか・・・相手にとっても・・・。

・・・・・・・

「気まずかったら担当を代わりましょうか??」と聞いてくれた。

それこそ、デナリの名がすたるわ!!

「いえいえ、どうぞよろしくお願いします」と挨拶した。

・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはよう・入院4日目

Img_3433 おはよう。

入院4日目

外泊終わり

病院に戻る

手術準備

肋骨周辺のうぶげ剃るのかと思いきや、今どきは毛を剃ったりしないのだって。

昔は抗生物質の皮内反応なんて言うのをしたんだけど・・・そんなのもしないようです。

明日は、OPです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

手術の後はマッツサージ器・血栓予防

外来受診

初診で、今度OPする説明を軽く受ける。

酸素マスク

バルンカテーテル・・・おしっこの管が麻酔醒めて動けるようになるまで入れておく。

持続点滴

エアーマッサージャー・・・・足のむくみ取りで足に巻いて空気が入ったり抜けたりが自動に行われ・・持続的にマッツサージされる市販の製品と似ているが、あくる日までそれをつける。

・・・・・・

エコノミー症候群でおなじみの血栓

ジッとしていると血の流れが悪くなり血栓が出来やすくなる。

それが突然血管を詰まらせて、詰まる場所が肺だったり脳だったり詰まっちゃ大変な事になる所に飛んでいって詰まると生命の危険にさらされる。

OP後も同じで、麻酔で動けない足に出来易く・・・OP後初めて起き上がったりする時

塞栓症が起こりやすい。

それを予防するために、弾性ストッキングをOP前から履いて手術を受ける。

Img_3611 そして、マッサージ器で一晩中マッサージし続ける。

翌朝には、除去するが、起き上がって歩き始めるまでストッキングを履いておく。

帝王切開の後もそうなんだよ。

・・・・私もそうなんだよ。きっと。

私は、卒業後、遙か昔だが、消化器外科の病棟で3年間仕事した。

その3年間は、来る日も来る日も、OP目的で入院してOPして退院して・・・の繰り返しだった。

大学病院だから再発して戻って来られることは無く、そう言う時は関連病院に紹介される頃であったから、良くなるにしても、そうでもないにしても再びその方に会うことは無かった。

入院時の看護

OP前の看護

OP後の看護

退院前の看護

毎日こんな感じの繰り返しだったが、このたび自分がそう言う流れを体験するチャンスが・・・。

産科に行くと、全く違う。

帝王切開は、少しは似ているかもしれないが全く違うかな。

なんだか楽しみにしているんだ。

痛いのはゴメンだが・・・・興味津々

| | コメント (4) | トラックバック (0)

禁煙と携帯は使えません

Img_3627_2 病院からせっせと、送る写真は画像が最悪。

結局、新機種に替えに行く間が無かったの。

もういいか・・・優先順位下の方だし。

・・・・・

貰ったお守りをどうしようかと迷いましたが

結局携帯に吊るした。

だーさんの蜻蛉玉ととっとこ太郎の手袋と三年寝太郎のお守りと

病院の病棟内にある携帯使用室に・・・行く。

意外と遠いので、面倒です。

写真も狭い部屋で何にも撮る物無いし。

・・・・・

やはり、病棟ではつまりません。

・・・・・

午前と午後に流れるアナウンス。

・・・・・

病院敷地内は禁煙

携帯の電源は切ってください。

・・・・・

病室で面会していた向かいのベットの人(昨日OP)の息子さんの着メロが響き渡った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・入院3日目・外泊中

Img_3432 おはよう。

入院3日目

外泊中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

そういうことに、しておく・・。

Img_3622 OP前最後の仕事が終わって帰り道

夕焼けの空には

月が白く光っていた。

・・・・・・

OPする事を挨拶していなかった

最後のドクターに

「今日でしばらく休ませてもらいます」と、挨拶した。

「後縦隔の神経鞘腫を切除します」と、言っただけで

「胸くう鏡入れて、取るだけですね、たいしたこと無い」と、あっさり言い放った。

スンナリ理解したので、

「え???先生は、分かってくれるのですね。」と言うと・・・

「僕は、病理が専門ですよ。」

「婦人科専科のドクターじゃないですよ、僕の専門はそっちですよ…」と言った。

「ほとんどが良性ですね。」

「怖くない」と言いました。

「悪性は無いんですか?」と聞くと、

「ある。」

「たまに組織が壊死を起こして中がドロドロになった物が病理に回ってきましたよ。」

「大丈夫怖くない怖くない」と言って帰って行った。

・・・・・・・

妙に「怖くない」を連発したのが気になるな。

明日あたり・・デナリは、ビビッていたと噂が立つのかも知れない。

別に怖がっちゃっているわけじゃないんだけどな~あ。

まあいいか。

そういうことにしておくとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は天気いいね

今日は天気いいね
病院は思いの外暑い。寝汗かいた。寝て文庫本ずっと読んでたら朝から頭が痛い。生理痛でお腹も痛い。高い山の三日目みたいにお腹が張ってぐるぐるいっている。帰ったら家はサウナ?やっぱりズボンつきの可愛いパジャマ買うことにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぬか床を混ぜ混ぜ・・・何でもない幸せ

Img_3600 私のぬか床

意外と元気です。

家族には、臭いと言われ若者には評判悪い。

しかし、発酵進んですぐ漬かるんだよ。

Img_3601 誰のものでもない私味の糠漬け。

これも、私の個性。

この瓶・・・成功でしたわ。

混ぜ混ぜの幸せ。

手が臭くなる・・・・しかし、手がいい感じにしっとりするよ。

嫌がらないで混ぜ混ぜしてみて~ん。

・・・・・・

おはよう。

入院1日め・・・初めての朝ご飯食べていることでしょう。

今日は、午後から麻酔科受診するんだよ。

その後、家族と共に主治医からの説明を受ける。

それが終わったら、OP前日まで外泊します。

病院で撮った・・・・夕食・朝食・昼食を帰ってからUPするね。

誰も頼んでないよ~って言っている?

・・・・

帰ったら、混ぜ混ぜしようね。

何でもない幸せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・入院2日目

Img_3431 おはよう。

入院2日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

ご飯食べた

ご飯食べた
ご飯食べた
入院完了。造影MRIは長かったが済んだ。夕飯食べた。病室の窓からね、海か一面広がっていてね明るいの。夕陽が海に沈むのが病室から見えるかなと喜んだら、方向違った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南アルプス・南岳から聖平小屋

南アルプス・上河内岳を聖平小屋に向かって歩くと南岳

逆には歩きたくないなといいつつも、実際に歩いた私に言わせると

そんなにきつい感じがし無かったよ。

まあ、聖岳を見ながら聖平に下っていく方が何となく気が楽だから確かに今回行ったコースの方が一般的なんだね。

途中、南岳のピークを通過する。

小屋に下るだけと思うと何だか元気だが、南岳から結構あった。

変化がないから私には、気分的にこの下りがキツクモ無いのにしんどかった。

ガレ場があり、何年もしたらここは変わってしまうんだろうな・・・・・。

Img_3410 Img_3411 Img_3412 Img_3413

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が悔しいと涙する

Img_3603 届きましたよ限度額適用認定書。

昔。保険証がカードになる前に使っていたものに

似ています。

これを、保険証と一緒に病院受け付けにだします、

80100円+(医療費-267000円)×1%を退院時に払うことになる。

・・・・・・

お恥ずかしい事に、キャッシュカードを私は持っていない。

で、今度入院するにあたって、作ろうと思った。

長い間使っていない郵便貯金があるのでそれで、郵貯のカードを作ろうと思って行った。

・・・・

ところが・・・・その通帳には、まだ結構入っているのよ。

ちゃんと、旧姓から今の姓に書き換えてある。

住所も独身時代の住所から、結婚後の住所から、現住所に書き換えてある。

・・・・・・

なのにね、開口一番

「カード作るより前に。改姓されていませんね。」と言われた。

「データーによると・・・名前の読み仮名も違いますね」と言われた。

「通帳は、書き換えていますが、手続きされていません」と言われた。

・・・・・・・・

たかび~な、その物言いに・・・・・

「読み仮名を私が間違える訳無いじゃないですか」

「それに私が勝手に通帳に書くわけないし、データーの住所が今の住所になっていると言うことは・・・そちらの問題じゃないですか!」と言った。

そんなこと、私に言うなよ~

私は、カードが欲しいだけなんじゃい。

・・・・

なんでもいいから、カード発行する申請書類を書かさんか~い!!

・・・・・・・

待つ。

「お待たせしました。調べましたところ、他所の郵便局が通帳を書き換えた時に手続きを怠ったようで、責任の所在は10年以上前の事なので分かりません。」と説明した。

そんなこと、そっちのうちうちの問題で私に関係ないじゃ~。

おいおい。

・・・・・びっくらこいた。

・・・・

カードにいろんな機能付けるの止めた。

通帳でも暗証番号で出せるように出来ますといわれたが断わった。

そして、土曜日カードが届いた。

・・・・

郵便局に行って良かったこと・・・・

カラーボールを触ったこと。

オレンジ色の液体が入ったそのボールは、ぶつけたらどうして割れるのか理解できませんでしたが・・・・珍しいので・・さわっていいかと聞いたら、いいと言う。

面白い。

カメラ忘れた。悔しい。

すったもんだの間に・・・そのボール携帯で撮った。

確かに撮ったのに、帰って見たら、消えていた。

焦って保存し忘れたようだ。

泣きたくなるほど悔しい。

馬鹿バカバカ~携帯使い慣れていない自分が悔しい。

・・・・・

まだ、あそこに置いてあるだろうか・・・・

何か理由をかこつけて写真に撮りにいきたか~あ。

しかし、そんなあつかましさも、時間も無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂の贅沢

Img_3577退院してきたら・・・このバブルバスで・・・極楽風呂を楽しみましょう。

湯船にいっぱい散らして・・・・泡アワの中・・・・リラックスするの楽しみにしてるんだ。

何でどうしたのか分からないけれど・・・・PCの側にずっと放ってあるの。

楽しみに明日入院しますわ~。

また、すぐ外泊してくるんだけどね・・・。

・・・

本日入院

午後に造影MRIあるんだ。

だから、昼絶食とおもったが、説明読んだら意外とOKだったあれあれ。

・・・・・

OPまであと4日

ポータブルDVDを外泊中に買いに行こうかなと思っているのですが、病院で勝手に使っていいのかな?

・・・・・・

気合い入れて書けないだろう間の分をUPしたおしたら・・・・えらいこっちゃ~。

先の先まで埋まっちまった。

向こうでUPするのも楽しみにしているんだけど、隙間が無い。

どうしようか?

楽しみにしているコト、あるんだ。

内緒ナイショ・・・フフフ~楽しみ。

どんな時も楽しみ見つけるの我ながら・・・なかなかだと思うの。

さて、私が楽しみにしているコトは何でしょう?

゜+*:.♬♥゜+*:.♬♥゜+*:.♬♥゜+*:.♬♥゜+*:.♬♥゜+*:.♬♥

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう・今日は入院

Img_3430 おはよう。

今日は入院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

今の夕日だよ

Img_3624 今の夕日だよ

Img_3625 Img_3626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アルプス・上河内岳

Img_3394 Img_3391_2

Img_3392

Img_3393

/

/

/

/

南アルプス

上河内岳

・・・・・

山に行けないものだから延々書きつづける。

いつも、そろそろ次の山に行っているから、ここまで一つの山行をUPしない事が多い。

関心は、すぐ次に移っちゃって、ほんの1週間前の山も遠い昔になってしまっているのに

私としたことが・・・・く~!!!

・・・・・

上河内岳は見晴らし最高

聖は見えるし、畑薙第一ダム?は見えるし・・・・。

2803M結構高いのね。

Img_3395 Img_3396

Img_3397

Img_3398 Img_3400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術後の寝衣・・・ゲンを担ぐ

Img_3602 術後の衣類

手術する事になった。

OP後に、傷が痛くて腕をあげるのが辛かろう・・・と想像する。

消化管を触るはず無いから・・・間もなく水分飲めて、間もなくおもゆが始まって、粥になって普通食に戻るでしょう。

呼吸器系を触らないから・・・・酸素嗅ぐのもすぐ終わるでしょう。

・・・・・

術後は普通・・術衣を着るんだと思うの。

それで、その後、私服に着替える。

前空きのものになるでしょう。

上から下まで前で全開して、大きめで脱ぎ着がしやすいものがいい。

じっと寝ているから、汗吸ったりして通気性がいいものがいい。

可愛い物を買うのもいいな~とワクワクしたが考えた。

腕の上げ下ろしも辛いんじゃないかと想像するそんな時、可愛さより痛くない方を選びたい。

動いてトイレとかに行けるようになるなら・・・ローカで誰に会うか分からない。

しかし、部屋から出ない間は、こんなものでいいか~と、マタニティガウンを使ってみてはどうだろうか?

着替えた後に捨てようと考えました。

・・・・・・

マタニティガウンって、何か分かる?

・・・・・

お産の為に入院する。

お産する時は、その施設の方針にも寄りますが・・・・お産が済むまでお産着に着替える。

私の勤める施設では、分娩の為に入院したら全員に、同じものに着替えてもらう。

それが、ちょっと前まで不織布の使い捨ての物を使っていた。

それは、薄いので透けてなんだか、気恥ずかしいものであったし

分娩までの経過が長い人には、吸水性もイマイチだし、腰さすり続けていると薄くなり遂には敗れてしまっていました。

それで、最近、使い捨てなんですが、木綿100パーセントで大きめで強いものに、代わった。GOOD

丈夫な材質でお産が済んでも、ビクともしていない。

ママの私物パジャマに着がえると・・不要になる。

その寝衣は「どうしますか?」と確認する。

99パーセント処分してくださいと言う。

・・・・・

入院してから30分でお産がすんだママ・・・何一つ汚染していない。

入院してから3時間でお産すんだママのマタニティガウンも同様だった。

・・・・

これって、使える???

・・・・・

着替え易そう。

汗吸って気持ち良さそう。

・・・・・

洗って私の術後に使ってみようか???

・・・・・

病院の洗濯機で洗ってみた。

そして、一応、断わって置かないと・・・新しいものを勝手に頂いた思われてはダメだと思って・・・・・「術後に使わせて貰おうと思うんですけれど・・・・。」

周りに居た同僚全員の目が点になっている。

一瞬の沈黙・・・

・・・・・

そして、

「やめてよ~!!!」

「本当にアレ着んの???」

「人が使った物を着るの???」

「体液付いてるでしょう・・・・」

デ:羊水・血液ついてないもん・・・それに、洗ったし・・・・。

  だって、OP後洗濯物洗って貰わなくてどんどん捨てられるし・・・

  そんなに、みんなに驚かれるとは思わなかったよ~。

デ:捨てられるのがいいかな~と思うんだけど・・・・

「安いパジャマ売ってるやん」

デ:え=???それを使い捨てするの???

デ:術後痛いのに、着替え易い方が辛くないと思って・・・大きいからいいかなと思って

マタニティパジャマにすればいいやん。

デ:え~!!それ捨てんの???

人の使ったの止めなあよ・・・・

デ:洗ってあるし・・・全然気にならないけどなあ・・・・。

そしたら、新品を持って行きなあよ。

デ:え~???新品使うのなら、自分でパジャマ買うよ~・・・・

  本当の所・・・それ系のパジャマは、好きじゃないから着ないんだけどなあ・・・。

まさに病人化しているから絶対嫌なんだけどなあ。

Tシャツにジャージで過ごそうと思っているんだ。

パジャマでウロウロなんてありえな~ィ。

(私が、納得しなかったら・・・・・)

買ってあげらよ~

デナリさんお金有るのに・・・・(別に、お金ないんだけどね・・・・・)

デ:そういう問題じゃないんだけどな~あ。いい考えだと思うんだけどな~あ。

  もったいないし、私の取り上げ(きみきみ)て安産だったママのマタニティガウンは

  いいオーラであやかりたいし・・・ゲンがいいト思うんだけど・・・・。

病院の恥になるから辞めてよ・・・・(デナリ・ノックアウト)

デ:そうか~あ。ローカ歩かない時期だけ着るんだけどなあ・・・。

向こうのスタッフも見ているで・・・

デナリ・・・・渋々新品を受け取る・・・・・・

とほほ・・・・・

そんなに・・・・みみっち~かったかな???

別にお金使いたくないからじゃ~無いんだけどなあ・・・・・。

・・・・・・

トホホ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

金剛の水

Img_2199 Img_2200 大阪

金剛の水

金剛生駒紀泉国立公園

・・・・・

山の水場は、癒されますね。

手を洗うだけで、気持ちがリフレッシュしますよね。

・・・・・

山の水場もチェックしようかな。

・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貰ったお土産

Img_3612 三年寝太郎が九州から帰ってきた。

お土産は、リクエスト通り「湯のみ」。

大宰府天満宮のお守り。

あさって私は受験するの・・・な、分けないでしょう。

健康御守

やっぱり心配かけてるんだね。

・・・・・・

博多ポテト

博多紫芋ポテト

・・・・・・

乗ったフェリー会社から貰ったという

阪九フェリーチョコとバニラのクリームサンド

・・・・・・

Img_3613 三年寝太郎が選んだのは、小石原焼き

聞かないなあ。

知らないなあ。

母は幸せ者だ・・・と言う。

どうして?と聞くと、「この地元で・・・こんなマニアックな湯のみでお茶を飲んでいるのは母くらいだから」ですと・・・。

マニアックすぎて、知らないし、忘れてしまいそうだし。

でも

ありがとう。しっかり使います。

///

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

昨日の夕空

Img_3616 Img_3614 昨日の夕空

西の空

とっとこ太郎に付いて来てもらって

買い物行った帰り道

・・・・・

とっても綺麗だった。

激しく赤いわけでも

もの言いたげな茜色でもない。

・・・・・

とっても幸せな心持ち。

Img_3615

Img_3617

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みずみずしい子宝

Img_3575 ココに来て夏ばて知らずな子宝の木

霧吹いて水が鉢の下から流れ出るくらいあげたら、

元気もりもり。

子孫を増やす増やす。

水ははじくし・・・・緑は濃くなり・・・魂が宿っているようだ。

カンカン照りの窓辺がそんなに快適ですか?

へにゃ~って、なることを知らないんだね・・・・・。

昔ながらの霧吹きで・・・・霧を吹く。

これは、スズムシ飼っていた時に、使っていたもの。

スズムシケースは2つ有る。

Img_3595 スズムシの土に冬も乾燥を防ぐために、霧を吹けと言われていたのに忘れていた。

あんなにたくさん鈴虫いたんだもの・・・卵は眠っていた筈。

思い出したのは、次の鈴虫が無く頃・・去年の筈無いな~。

だって、前の職場の同僚がくれたんだもの。

軽く4年か5年前のもの????

・・外の草むらの虫の音を聞いたときだった。

すまない。

乾燥してなかったら・・・今もこの霧吹きは鈴虫用だったのにね。

あの虫ケースは、どうなったんでしょうね・・・と思って外に出た。

探すまでも無く、クーラーの室外機の上にほったらがしていました。

ヤレヤレ・・・・ものぐさな自分を目の当たりにして愕然とするデでありました。

水遣り忘れていたのに気ついてからでも、早何年????

面目ないを通り越して・・・・呆れて物も言えません。

だれか、何とかしてくれ~。

////////

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光岳の光石

Img_3283 光岳ピークから更に行くと、光石に道が続く。

そろそろ、はしゃいで、ダッシュなんかしたら

身体が反応しそうな感じがした。

そんな時は、慣れてくるまで用心用心。

ハアハア言っても大丈夫。

静かにして置くと・・・明日の朝には、絶好調になる。

頭は痛くないし、あくびも出ない。

何とも無い人は何とも無いんだが

私は、タイテイ何ともある。

Img_3282 あれが、光石

行こう行こうと行ってみたが、写真の岩は

違うよ。

尾根の影で見えないようだ。

ここから写真を撮ってくれるつもりで

スタンバイしていてくれた槙さまは、遂には見えなかっImg_3284 た。

岩の上から見ると、左下に写真の岩が見えた。

ひょっとして、あっちが光石?

どうでもいいから・・・引き返した。

明後日が入院だよ。OPまで6日だよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

茶臼岳から上河内岳へ歩く

茶臼岳から上河内岳に向かって歩く。

なだらかで穏やかなこのコース、ビックリするほどでもないけれど、お花も次々咲いていて和む。

途中にハイジの丘と言う小さな看板があってね。

寄った?って聞かれたけれど、行ってないんだけどね。

前来たとき行ったから・・・載せてみよう。

Img_3379 Img_3380 Img_3381 Img_3382

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_7100 Img_7099_4

Img_7098  何にも無いだだっ広い所でした。

何でハイジなんだ?

何のためにこの看板?

Img_7093 Img_7095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生命保険の請求書を見て思い出した事

Img_3610 生命保険会社からお手紙付きで、証明用紙が送られてきた。

・・・・・

おたまちゃんが先か・・・・

生命保険が先か・・・・・

縁はいなもの・・・私の人生も何かしら誰かしらツナガッテイルんだと思った。

・・・・・・

手紙を書いてくれたのは・・・・我が家にはいないおたまちゃんが我が家に引き取られる前に、飼い主の佐藤さんに代わって世話してくれていたさんだった。

・・・・・・

私のブログの第一回は、準備も無く何気に・・ブログを読んでいた三年寝太郎を覗き込んだ事から始まる。

ブログのブも知らないのに、設定してくれると言うから任せた。

そして、書いてみればと、書いたのがおたまちゃんの事だった。

たどたどしい、ういういしい文面。

・・・・・・

佐藤さんが入院した。

一人暮らしの佐藤さんは、家の中でおたまちゃんを飼っていた。

佐藤さんが入院した。

ほんの短い間のツモリだったのでしょう、佐藤さんはおたまちゃんを、自宅に残して

入院した。

そして、おたまちゃんの世話を、佐藤さんの友人の友さんが、毎日仕事の前に

訪ねて行っては、散歩させ、仕事終わっては訪ねて行って世話をした。

佐藤さんをお見舞いに行っただーさんが、佐藤さんに頼まれた。

おたまちゃんを預かって貰えないかと。

引き受けた。

我が家におたまちゃんを連れてきてくれたのは、友さんだった。

・・・・・・・・

そして、おたまちゃんを残して我が家におたまちゃんが来てから1ヶ月

佐藤さんは亡くなった。

・・・・・・・・

だーさんは、その頃から友さんと面識が有った。

膝関節鼠のOPと、おっさんの扁桃腺切除OPで友さんにお世話になって生命保険を請求した。

私は、違う保険会社だったので、友さんとは関り無かった。

しかし、何度かおたまちゃんを気にかけてのぞきに来てくれた。

そこで、私も友さんの会社にかわった。

それからでも、15年たった。

・・・・・・

今日、送られてきた請求書を見て・・・・おたまちゃんと佐藤さんを思い出した。

人の縁・人の生き死に・・・・・

何気なく毎日過ごしている時は気が付かないが・・・・

私も一人では生きていないんだ。

生命保険の請求書一つを取ってみても・・・縁の中で生きているんだって事を

思い出した。

・・・・・・

佐藤さんもいない、おたまちゃんもいない。

・・・・・・

こんなこと言ったら、また三年寝太郎を泣かせてしまいますが

強がりでも何でもなく

人は死ぬ時が来たら死ぬんです。

もうすぐ、入院です。

もっと、びびるのかと思っていました。

全然平気です。

この前、死ななかったのだから、今度も大丈夫と言った。

その言葉を聞いた三年寝太郎は安心しただろうか。

・・・・・

デナリちゃんヤケに気弱な発言が続いていますが、貴方の不安の現れですか?

さてさて、いかがなものでしょうか。

・・・・・

胸部外科のDrが見たら・・・おいおい~と、鼻で笑われてしまうかもしれません。

・・・・・

三年寝太郎が言う。

「母は何でも書いちゃうんだね。」

病気のをこうして書いちゃう事をそう言うのですが・・・

別にいいんじゃない??

自分の事だから・・・守秘義務もないし・・・・。

自分のブログだし・・・・。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚河岸3代目24・イトヨリ

Img_3589 魚河岸三代目24

イトヨリって関東では、余り見ないんですね。

関西に住む私でも頻繁に食卓に使うものではないけれど

知らない魚ではないです。

イトヨリ・・・・糸をよる。

・・・・・

イトヨリは独特な尾びれの形から「糸撚り」と書くこともある。

楽も苦労も辛いことも幸せなことも撚り合わさった人生こそ楽しい。

人生をただのつまらない真っ直ぐで切れやすい糸にしてしまわない。

そうだね、そうだね。

私に言われているようだ

・・・・・・

入院まであと3日

OPまであと7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

茶臼岳頂上と茶臼小屋分岐

Img_3373 茶臼岳頂上

Img_3376 Img_3377

Img_3378 ↑前ね、この分岐にさしかかったの、

まだ午前10時だったのね。

で、茶臼岳に向かって登りはじめたの。

まだ、まだ歩けるって、意欲いっぱいだったのだけどね、行きかけて、誰かに

そんなに急いで行かなくてもいいんじゃない?って、声かけられた気がしたの。

それでね、やっぱり今日はココまでにしようと思ったの。

そして、登りかけていた途中からクルリと向きを変えて、下り始めたの。

そしたら、この分岐で、石碑を見て・・・・ひぇ~と、びっくりして・・・

小屋へ大急ぎで下ったの。

そしたら、素敵な小屋で、食事用に水汲んで荷物持って階段登ったら

雨が降り出した。

それが土砂降りで・・・濡れずに済んでホッとした。

半端じゃない雨がずっとその後降り続いた。

登っていた時、そんなに急がなくていいんじゃない?って言われた気がして引き返して良かった。

おまえは、変な事言うといわれるかも知れませんが、お陰でずぶぬれになりませんでした。

不思議な気持ちになりました。

そして、ホッとして、安心して、とっても良く眠れました。

・・・・・

その時から、あのお墓(墓石みたいな御影石なものでそう思っていました)は何だろうって、気になっていたので、今回側に寄って見ました。

遭難碑でした。

男性の名前書いてありました。

名前読み上げたのに、もう忘れて思い出せません。

その人がどんな山でどんなに思ったのか知りたくなったの。

それで、検索したが、分からなかった。

名前・日にち書いてあったのに、今度も本気で見てこなかったんだね。

私。

・・・・・

誰かに「何を血迷ったこと言ってんだ~あ。」って呆れられそう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地産地消の心意気

Img_3583 夕食は、地元でとれたクチの煮付け。

大きくて白身のお魚は大好きです。

地元産なのがお気に入り。

地元産ってラベルを見ると、迷わず買うことにしている。

アメリカの原子力潜水艦が放射能を含んだ水を漏らしながら、日本近海を進んで行こうとも、お魚は我が家の全員が好きです。

魚は、スーパーでも下処理してくれるよね・・・でも、おたまちゃんが家にいた頃からの癖で

そのまんま買って来る。

しかし、クチを買って来たときだけ・・・いつも後悔する。

お腹の中に妙な幾何学模様があるんです。

その模様が、なんだか爬虫類系の表皮を連想させ・・・なんだかゾクッとさせるのです。

見ないフリ、家族のためにと歯をくいしばり、エラを引き抜くと全てが済んで、何てこと無いんだ。

・・・・・

魚河岸三代目23巻・・・・地産地消

できるなら、そう心がけたいものですが、流通のお陰で食べた事も無いものもいただけます。

ガソリン代が高騰しようとも、いろんな所のいろんな種類の美味しいお魚を食べられるなんてほんと私は幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が満ちてくるね

Img_3332 Img_3333 Img_3334 Img_3331_2

Img_3335 Img_3336

Img_3337 Img_3341

Img_3338 Img_3340 Img_3345

/////

イザルヶ岳から見た日の出。

朝陽が登る。

・・・・・

気が満ちてくるね。

これまた、南アルプス・イザルヶ岳から見た朝日

・・・・・・・・ワクワク・・・・・・・・・・・・

入院まであと4日

OPまであと8日・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

南アルプス・喜望峰から仁田岳

Img_3358 南アルプス

希望峰に荷物をデポして、仁田岳に行く。

あれが仁田岳

Img_7140 雪のピークを見る方が何だか涼しいね。

5月末の仁田岳はこんな感じ・

Img_3359_2 先に行って振り返る。

歩いて来た光岳~易老岳

これから歩く茶臼岳~上河内岳

そして、明日登る聖岳が見えた。

Img_3360 

Img_3361

Img_3362

Img_3363 Img_3364

/

/

/

/

/

/

/

Img_3366 喜望峰へ戻ると、分岐で仁田岳に行こうかスルーしようか迷っている方がおられました。

あちらのピークは気持ちがいいし、見晴らしいいし・・・。

おすすめ、おすすめ・・・・・・・。

それなんですか?と聞いたら・・・・・

見ず知らずのその方が、北海道で買って来たと言うハッカスプレーをかけてくれた。

・・・・

気持ちがリフレッシュした。

・・・・・・・・・

ところで。

チビチビ書くものだから・・・・入院までに聖岳に行き着くだろうか?

ちょっと、心配。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の三大醤油だって~

これは、築地魚河岸三代目23巻で見て・・・どれも味わったこと無いのに目覚めてしまった。

秋田のしょっつる

香川のいかなご醤油

能登のいしり

日本の三大醤油って言うんだって・・・・。

この前・・・香川へ行ったのに・・・知っていたら・・・飽くなき探求で・・・買い求めて

味わってしまいましたものを・・・・残念でなりません。

能登・・・・・石川か・・・こりゃこりゃ行かなあきませんわ。

秋田は更に遠い。

よ~し、いつかゲットして、味わって見せますわよ

//////

Img_2101 Img_2100 醤油カメかなと思ったが・・・・そうでもなかったみたい。

有田焼きだって、こんなに大きな焼き物は

技術的に難しいって・・・説明書。

栗林公園内・・・・撮影禁止って書いてなかったから

いいんだと思ってバシバシ撮らせてもらいましたが。

・・・・・

私のお気に入りの萩焼のお湯飲みが割れた。

この前に萩に行ったとき、求めたものでは有りません。

だから、相当使い込んでいたんだ。

だから、今度、佐賀に行ったら・・・・買って来ておくれな~。

と三年寝太郎に、湯のみをねだる。

頼むよ頼むよ。

結婚して10年近く使っていた湯のみは、鹿児島、「桜島の溶岩焼き」と確かいっていたものであった。

そして、その次の10年以上使っていたものは、萩焼だった。

今度は、何処の何焼きかワクワクして待っているんだ。

有田でも、伊万里でも、唐津でも、も少しマニアックなものでもいいから・・・頼むよ。

出発前に、インターネットで調べた。

三年寝太郎が以前、佐賀に行って、体験絵つけした。

白地に青い絵

焼きあがって今も使っているが、一緒に絵つけした人の物は何枚か、北九州であった地震で割れてしまったと聞いた。

そうそう、地震の日は帰宅の日だったので、母は不謹慎ながら喜んだのを覚えている。

今年も無事に帰ってきて欲しいと願っている。

頼むよ~。

・・・・

入院まであと5日

OPまであと9日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

夕日を見ただろうか

Img_2126 Img_2127 Img_2128 Img_2129 Img_2130 Img_2132 Img_2131

昨夜メールが来た。

フェリーに乗ったよ・・って。

佐賀へ三年寝太郎が行った。

私が行った事が無い佐賀に

あの歳で2回目とは、縁あるのだね。

・・・・

あんまり、忙しすぎて

返信できなかったが

貼付された船は

なかなか面白い構図であった。

←この写真達は私が撮ったものですが。

・・・・

湯のみ楽しみにしているからね。

「おあかあさん」って書いたおみやげ物屋さんのんは、ヤダよ♡

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お粗末な山ご飯

Img_3295 先日の山は、暑い夏で荷物は軽い。

シュラフは要らなかったな・・・・持って行ったから使ったけれど。

粗食なもので・・・・おめにかける程の物は何もありませんが、

1晩目・・・プチトマト食べて・梅干おにぎり1個・出し巻き卵・ホット抹茶ミルク1杯飲んで・ホットミルク紅茶1杯飲んで・とどめにホット甘酒1杯飲んで・・・寝た。

寒かったのか?と聞かれるけれど・・・・夕刻も暑かったよ。

Img_3422 2晩め・・・・・プチトマト・レトルトカレー・半分こしたビール・ソーセージ1本

きっと、夕立ち降ると思っていた。

狭いテントの中、暑いので火を焚きたくなかった。

とっとと、夕飯用意する。

意外と遅くてゆっくりした後に降り始めた。

片付けも済んだころ・・・・雨。

テントに逃げ込む。

・・・・・・

持っていたアルファ~米・・・いつもなら水を規定の倍量入れて、お粥にして流し込むメニューで1食ってことも・・・・さすがに、槙さま・紫さん・そして初対面のシアンご夫妻の前で

とんでもない食をご覧に入れるのは、ちょっと恥ずかしかった。

水・塩分・ミネラルを補給さえ出来たらそれだけで、いいなんて言ったら・・・

猛攻撃浴びそうだったので・・・ちょっとだけいい格好・・・してカレーを食べた。

まだまだ、軽くできそう。

ペットボトルに水を1・5Lと、空になればぺっちゃんこになるアルミ水筒500Lに2本。

プラス。

ミニカップ麺や粉末スープ飲めるようにミニテルモスに湯を詰めて歩いた。

野菜ジュースのブリックパックも行動食のごま豆腐も美味しかった。

暑い夏は、ますます甘いものが食べられなくなるのは、何故?

・・・・・・・

聖の頂上で、白ご飯のマツタケのお吸い物漬けでいわしの蒲焼を食べようとしたら

丸ごと・・・ひっくり返した。

反則だが・・・上に大きな石を乗っけて隠した・・・・ゴメンなさい。

半分ずつ食べようとしていたから・・・・・残りをもう1回作って食べた。

流し込む、噛んでみる・・・・・。

おいしい。

・・・・・・

テントもデジカメも入れて、医薬品とレスキューシート、ムヒからバンテリン・・

携帯予備電池と予備電池・・・予備下着・靴下・速乾性長袖Tシャツもいつも持っているよ。

総重量12・6Kgでした。

・・・・・

夏は暑いが・・・いい。

軽く出来るし・・・・小屋も空いている。

・・・・・

南のトイレは気持ちいい。

人は少ないし・・・・・。

/////

入院まであと6日

OPまであと10日

・・・・・・

・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

台高・薊岳・石ケ平谷の報告書を書く

今日は、あけもどろの集会日

何の手違いか今夜は夜勤で行けない。

いつもなら、勤務を動かしてでも行こうとするが止めた。

しかし、先日行った南アルプスの山行報告書とその前の週に行った台高・薊岳・石ケ平谷の報告書を書かなければならないのに、想定外の腫瘍騒ぎで、気にはなっていたが優先するものが多くて遂に昨日になってしまった。

石ケ平谷に至っては・・・・記憶が薄い。

呼び起こして作りはじめる。

HPで人の記録とかを参考に、自分の撮って来た写真の時間を見て見たりする。

人の記録は、古い。

今年の夏は、植林の伐採で要らない杉の倒木で谷は埋まって遡行できなくなっていた。

あれまあ~。

私のブログも出してくれているではないの?

見てみた。

ただいま。今日は台高・薊岳・石ケ平谷に行って来た。

2つ目の堰堤頃から倒木で谷は埋まり遡行できなくなっていた。眠いから寝るねと・・・

ふざけた記事であった。

私らしいと言えば私らしくてOK、なんだが

折角見てくれても、がっかりさせているんだろうなと思いつつ・・・・

谷が埋まって遡行できない・・・それだけ伝えられれば、十分な気がした。

報告書

・・・そうだ、すっかり忘れていたが・・・2つ目の堰堤から谷が埋まってしまっている・・と書き加えた。

・・・・・

あんな記事だけでは、ちょっと不本意なので、写真載せておくね。

・・・・

Img_3165 車を置いて歩く3人

沢の入口には、本谷に丸太で作った橋がかけてあった。

Img_3168 Img_3169

楽しくシャワーして登れていたが、堰堤出て来て2つめからImg_3183 谷は倒木で埋まってしまった。

はじめは、あきらめ切れなくて

ハードルみたいに乗り越えたり

障害物競走のように

ザックが引っかかりながらも

くぐったりしていたが、

すぐに泣く泣く諦めた。

Img_3184 Img_3186

仕方が無いから左の尾根の植林道を谷に沿って登って行く、倒木が無くなれば、谷にいつでも降りて遡行再開する気で、暑い道を歩くが・・・・ご覧の有様。

我慢していたら、谷ももう終わる頃、ようやく伐採なくなり

木の根から水が吹き出るトコロ辺りは、谷歩きをしていた。

石ケ平谷は、長いお休みに入りました。

20年ほどしたら、再び快適な沢歩きが出来るようになることでしょう。

・・・・・

Img_3188 Img_3189_2 ダメだ思い出せない。

お手上げになって、昨夜紫さんに報告書丸投げしてメールした。

今頃、ちょちょちょと、仕上げてくれているコトでしょう。

デナリは、お疲れモード。

夜勤にむけて、昼寝するわ。

UPは、夕方でいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイロと造影CT

Pht08061658_2  昨日、造影CT撮って来た。

スパイロ検査もして来た。

吸って~吸って~・・・フ~っと吐く!!!!

普通の息をする・・・いつもゆっくり大きな息をしているんだよ私しゃ~。

それがさあ、患者思いで親切でさあ、スパイロは14時、CTは16時半。

何でこないな・・・ことになるねん・・・間に2時間も空いてるし。

その間、絶食だからスタバで読書という訳にもいかないし・・・・。

訳分からないし~。

お陰で…清算は時間外になっちまって、

救急外来まで出向かなくちゃいけなかったじゃ~ん。

・・・・

救急車で運ばれてきたらしき人の家族が2組座っていた。

17時15分・・・・私は、軽く朝を食べて、それ以来、何も食べてない。

慣れない絶食で・・・頭がボーっとしてきた。

無理せずベンチに座った。

三列になっていた。

前にも一家族

私の後ろにも一家族

座ってしまってから・・・「こりゃ、ヤバイナ~」と思う間もなく。

「●●さんのご家族の方~???」と呼んだ。

前の家族が返事した。

突然話し始めて・・・私、逃げるにも逃げられず・・・・気まずくうつむく。

救急車で運ばれて来た女性は、病院の救急外来に搬送されたばかりのようで・・・・

本人は処置室内だろうか・・・・・。

ドクターらしき人が・・・「いつから、あんな感じでしたか?」

「昨日は普通に話してた?」

「多分、脳梗塞だが、先にお腹の出血止めましょう」と

ご主人に話していた。

吐血か下血かお腹の中に貯まっているか

脳梗塞と腹部出血か・・・意識がないんだね。

嫌だよ~聞きたくないよ~。私は家族じゃないよ~。

勘弁してよ~寝た振りした。

・・・・・

後ろの家族の女性の方は泣いている。

「○○さんのご家族の方~???」

今度は・・・みんないなくなった。

そして、ほどなく「デナリさん」~と呼んでくれた。

清算した。

11160円払った。

車に乗って家に帰る。

初めてヨード造影剤を使用した。

熱くなると・・・説明受けたとおり・・・カ~!!!!っと体の隅々が熱くなった。

血管を通って私の末梢に至るまで・・・造影剤が駆け巡った。

造影剤を入れますと言われて瞬時だった。

あんな所も???と思うようなところまで暖かくなるのが分かった。

前のセンターで再検査を受けたCTだけでは分からない事まで調べてくれる造影CT

腫瘍の側に大動脈。

腫瘍の周りにどんなに血管が絡んでいるか

どんなに映っているでしょうか??

・・・・・

ヨード造影剤

軽い副作用:

吐き気・・・なし。

動悸・・・・なし。

頭痛・・・なし。

痒み・・・なし。

発疹・・・なし。

くしゃみ・・・帰りの車の中で・・・何の脈絡もなく3連発して、心配したがそれだけで済んだ。

これから身体が痒くなって、くしゃみ止まらなくなって・・・呼吸困難なったらどうしよう。

真ん中を車を走らせているが…このラッシュの中、ハザードだしてともかく止まろう。

携帯で119番かけよう。////しかし、何も起こらなかった。

水分シッカリとって、早く体外に排泄しましょう。

・・・・・・

任務完了。

無事1つ課題クリアしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いただきますは、素敵な言葉

Img_3571 Img_3572 ぼうぼうに伸びた月桂樹の葉を切った。

香りがいい感じなんで捨てずに外に干した。

お肉とかの煮込み料理に使うローリエの葉になるかと思った。

うそ~!!!

何でローリエにならんかった?

枯れちゃった。

・・・・・・

伸びて時間が経って成長したしっかりした葉を干すしかないんですね。

新芽や新しい出来立ての葉は、まだまだなんだね。

・・・・・

昨日はパエリア・・・・美味しかった。

・・・・

鮭と烏賊とアサリで美味しかった。

そのままの鮭美味しいよね。

そのままの烏賊美味しいよね。

そのままのアサリ美味しいよね。

そして、たまにはパエリアにしても美味しいよね。

何でもカンでも美味しいよね。

・・・・・・

アンドーナツで言っていた。

命をいただく。

だから「いただきます」って言うんだって・・・。

・・・・・

「いただきます。」

いい言葉だね・・・・・自慢に思います。

入院まであと7日

OPまであと11日

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

春の南アルプス・仁田池

南アルプス・7月仁田池

Img_3372 な~んだ。

ボウフラ

ウジャウジャの何てこと無い池・と、

同行者が言ったか言わなかったか・・・・・。

確かに・・・・

夏の仁田池は・・・

ぶっぶ~!!ですね。

Img_7135 Img_7136

記憶では、カチンコチンに凍っていた気がしたんだけどなあ・・・・

写真を見たら・・・凍っていないや。

綺麗だったよ。

春の池は・・・・・・・。

・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足元のぬかるみを気に病む

Img_3574

まあ~ちょっと、この写真みてよ~。

別に、虫取り・・・蝿取り紙をつけている訳では有りません。

とっとこ太郎に・・・えぐいよ~!!って言われつつ・・・・。

えぐいって、分かる?

これって、標準語?

それは、さておき・・・・・

毎日の暑さにトロケテシマッタ。

原型はチューリップだったの。

飽きもせず・・私のダラダラ書く文章に付き合ってきてくれた方がもしいたなら・・・

1年ちょい前にUPしたのですが・・・・・

その時の写真・・・あるから見て見て~。

Img_9033

/

トロケタ上に、虫が張り付いて、おまけにその虫を狙って、小さな小さな蜘蛛がいらして、

ご丁寧に蜘蛛の巣なんか張ってくれて・・・・・・。

見ないフリしてきたが・・・・トロケ方が尋常じゃ無くなってきた。

虫の墓場と化して、確かに気色悪い・・・・えぐい!!の形容詞がピッタリくるね。

・・・・・・

ある日・・・・・

エイ!!!と気合いを入れて・・・掃除した。

大まかなジェルを取り除いて、ボロギレで拭いて

濡れボロギレで拭いて、乾いたボロギレで乾拭きして

それでもすっきりしないから、ガラスクリーナーつけては拭きつけては拭き

三年寝太郎が綺麗にしてくれました。

誰も気持ちが悪いので手をつけなかった赤字の所だけ私がした。

・・・・・・・

何の脈絡も無いですが・・・・

♪遠い明日しか見えない僕と足元のぬかるみを気に病  む君と・・・・・

私は、このフレーズがとっても好きです。(さて、誰の曲でしょう)

今の私は、遠い明日を見ているんでしょうか?

足元のぬかるみを気にやんでいるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西から東に風が通る

Img_3567 Img_3568 今日は、遠くで消毒の田んぼ。

窓を入ってくる風に乗って、稲の消毒薬の臭いがする。

・・・・・

こんなに離れていても仕方が無いね。

・・・・・・・

西から東に風が渡る。

・・・・・・・

恐ろしくうるさい蝉の声。

カウントできないくらいの蝉。

やかまし~わい!!!

・・・・・・

入院まであと8日

OPまであと12日

今日は・・・・午前中お寺さんに用事あってお経あげてもらいに行く。

14時からスパイロ検査しに病院に行く

16時半より造影CT検査を受ける。

今日も忙しいぞ~!!!・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ハードなリゾート

Img_3302 当直のドクターが、雑談の最中に切り出した。

「ところで、きみ、OPするんやて?」

「はい、OP後10日間のバカンスに行かせて頂きます。」

わざわざ、「健康診断で引っかかって、後縦隔の神経鞘腫でOPする事になりました」と

自ら話して回るのもいかがなものかと思っていましたので、

院長と

心配してOP受ける丁度いい病院を探してくれたDrと、

紹介状を書いてもらうのをお願いしたDrには、

入院日とOP日が決まってスグに報告したが、他のDrには申し出ていませんでした。

・・・そりゃそうだよね。

有名人になってしまった。

・・・・

「病名見たら良さそうだし、OP後1日めのウンウン唸っている時に、マンガ本、いっぱい持って行くわ」と言った。

借りたままのどっさりの島耕作を入院中に読みきって、借っぱなしの本を全て返せると意気込んでいた。

・・・・ウカウカしていたら、借金ならぬ借本で、帰りの荷物が凄いことになりそうです。

ありがたいことに、同僚からも・・「赤い何とか・・・・シリーズ」何十巻持って来てくれると予告された。

「テレビ嫌ほど見るぞ~」っと、気合いが入っていたのに・・・テレビは不要な様な気がします。

ほんとに読めるかな~。

よ~し!!負けてなるものか。

ハードなバカンス。

ハードなリゾートを覚悟しよう。

読むぞ~!!目指せ借金ゼロ。

・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南アルプス・光岳の水場

Img_3269 光岳の水場は、静高平のこの水場と・・・・

小屋から下った所にも有るらしいが見に行かなかったからわかりませ~ん。

Img_3271_3 とっても、見晴らしいいところ・・・・・。

最後に沢のガレを詰めるようにグングン登って行くと・・・広々開けてすぐココに至る。

我慢のしどころだけど、こんな広々いいところに着くのなら・・・

ガシガシ・・・登って来れそうだね。

Img_3270ここの水が出ている時は、こちらで水を汲んできてくださいと、立て看板があるよ。

秋になったら、ひょっとして、枯れてしまうんかもしれないね。

とっても冷たくて、生き還ります。

・・・・

2008年7月19日は 、水がありましたよ。

・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デナリ面会を断わる

Img_3349

土曜の昼は、とっとこ太郎が焼きそばを作ってくれた。

お~!!

ひっさしぶり~4人揃った。

・・・・・

焼きぞばを食べながら・・・・

いい機会だから、話しておきたい事がある。

・・・・・・・

何ごとか???? と、家族が耳を傾ける。

・・・・・・

病院に来る時、絶対に変な格好して来ないでね。

それぞれに向かって注意事項を述べた。

・・・・・・

だーさんに向かって・・・・その変な半ズボンは絶対の絶対に止めてね!!!

・・・・・・

それを、聞いたとっとこ太郎が・・・

「父に、その半ズボンを履くなと言ったら・・・

足首ゴムになったいつものジャージを履いて行くで~え。」

だ:わかった!!ちゃんとした格好して行く。

さて、さてどんな格好で来るのやら。

・・・・・

OP後に妙な格好をしただーさんに・・・面会を断わるデナリを想像した。

何だか・・・どど~っと疲れそうだ。

・・・・・・・

入院まであと9日

OPまであと13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

光小屋

Img_3276_2  ほ~ら、あそこが光小屋ですよ。

 → 矢印付けてみました。

光岳を背負って

とっても、とってもいい感じ。

Img_3277

Img_3294 小屋を挟んで、表と裏と・・・まあまあテント張れます。

朝陽も見られるし、富士山も見える。

水場は、遠い。

小屋に着く前に、静高平の水場で汲んで行く。

小屋でテンバの手続きした時、足りなかったら声かけてくださいと、言ってくれたが・・・

縦走続けるには、易老岳まで元来た道を戻るんだから・・・あさ、補充すればいい。

・・・・

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんな5歳おらんでよ

Img_3588 昨日、崖の上のポニョを見てきました。

見た人の感想は人それぞれでしょうが。

ポニョがとっても可愛いね。

宗介

5歳であんないい男はおらんでよ~お。

どうだろう・・・10歳でも15歳でも20歳でも25歳でも30歳でもあんないい男おらんでしょう。

Img_3594 それ以上になったら、恐らく皆無???

純真無垢で・・・・・。

あんな5歳おらんでよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あ~見たことある光岳のピーク

Img_3279 光小屋からあっさり近い。

あ~!!見たこと有るピークだ。

光岳ピークは意外と地味。

Img_3280 華々しさもないし

猛々しさも無いし

開放感も無い

意外と気真面目な男性って感じでしょうか。

Img_3281 ちゃんと三角点を備えて本当に正統派。

2591m

百名山に入っていたっけ?

別にどっでもいいけれど・・・・。

・・・・・

・・・・・

入院まであと10日

OPまであと14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

お別れ遠足

Img_3319 光小屋のテンバで朝を迎える。

3時半に起き、火を付け、湯を沸かし、スープを飲む。

日の出前に、テントを撤収する。

4時半出発。

好きだなこんなチャキチャキした行動パターン。

近頃のあけもどろでは、ありえない。

日の出前に出発する。

Img_3318 西の山の上には・・まだ月が。

東の空には、あけもどろ。

涼しいうちに、歩いておきたいと

シアンさまが提案してくれた。

私が言ったら・・却下されていたかも知れないな~と思いながら・・・聞いていた。

何てこと無い・・・稜線歩き。

逆も歩いた・・このコース・・・・聖平小屋までだし、みんなと一緒だし。

とっても気楽な・・・・ハイキング気分。

・・・・・

同じ山なのに、山の表情が全く違う。

楽しげなお年頃の女の子って感じな縦走

前は、言葉の通じない気難しいお年寄りって感じの縦走だった。

・・・・・・

帰ったら私に何が待っているのか分からないままで、出てきたこの山行だったから、

小学校の3月の「お別れ遠足」の様な気分だった。

もう、この2人の後ろを付いて歩く事も無いだろうと、チラチラ思いながら・・・。

シアンご夫婦について先に行けばいいと言われたが・・・・

先は見えているし、時間の期限はないし、急がないといけない理由は何一つ無い。

私の答えは、はじめから決まっていた。

・・・・・・

急いで歩いたら、違うピークをもう1つか2つ余分に踏めるか踏めないか。

その歩きにかかっていたら・・・・きっと迷いも無く、先に行ったと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーズケーキのお土産

Img_0174 Img_0175 リクロウおじさんのチーズケーキ

これは全国区のチーズケーキ屋さんなのかしら?

私の地元にはありませんから、そうなのかどうなのか分かりません。

ワンダーおばさんのチーズケーキはあるんだけどね。

・・・・・

ペットのヘッドを買いにとっとこ太郎と大阪に行った三年寝太郎がお土産に買ってきてくれた。

・・・・・

フワフワで美味しかった~あ。

・・・・・・・

お前のOPは、オリンピック並か~!

入院まであと11日

OPまであと15日

・・・・・・

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死んでる暇

死んでる暇
仕事中、誰も居ないナースステイション。

赤ちゃんとママが三時間毎にお部屋から来て授乳を手伝わせて貰う場合もある。

しかし今は居ない。

だから、パソコン触っていたら、

「忙しすぎて死んでる暇がないのだ」

って言う文章が目に入った。

私もそう言って生きていきたいな。

何の写真を撮ろうかなと考えたが適当なものが見当たらなかった。

私のシューズを撮った。

・・・・・・

赤塚さま、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

南アルプス・イザルヶ岳

Img_3272 登山道の分岐から

光小屋が見える。

イザルヶ岳まで往復15分

植物保護のためザックは台の上にお願いします。

こんな看板があってね・・・

ベンチの上にザックをデポして頂上に行った。

ピンクの花が咲いていました。

可愛いの。

頂上は、こんなにすがすがしいピークだなんて知らなかったよ。

Img_3273 Img_3274 Img_3275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカにバッタ

Img_3579 ローカにバッタ。

こんな所にWHY???

嫌だよ~昇天していまスンです。

なんで家の中に迷い込んだの?

Img_3578 不憫なり。

そんなこと言いながら・・・・ティッシュに包んでゴミ箱なり。

・・・・・

ああ無情。

・・・・・・

弱っている振りして、カメラ又壊した事を激白した。

だーさん:あのカメラあげらよ・・・(あげるよ・・・っていうこと)

デナリ:嘘???・・・・嬉しい・・・・・

デナリ:携帯買って欲しい・・・・・・。

だーさん:いいよ。

デナリ:ポニョ観に行きたい。

弱った振りをして・・・言いたい放題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラノバールを飲み始めた。

Img_0176 手術の準備。

入院したら、取り入れ忘れたら嫌なので

牛乳屋さんに宅配の配達を断わった。

・・・・・

そして、プラノバールを飲み始めた。

遅くなると入院後になる。

早まるとバッチリどんぴしゃ。

それで、薬でコントロールする事を選んだ。

これも無事にOPを無事に迎える準備です。

・・・・・・

余りにも胸が痛かったから、ウッカリしていた。

・・・・・

さて、カウントダウン始まった。

入院まであと12日

OPまであと16日

何かと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

易老岳から光岳に向かって歩く

Img_3253 Img_3255

Img_3257

Img_3258 Img_3259

Img_3263  Img_3264 Img_3265

南アルプス

易老岳から光岳に向かって歩く。

空は、容赦なく暑い。

真っ青な空と白い雲・・・・嬉しいような・・・とほほなような・・・複雑。

・・・・・・

Img_3260 ナナカマドの白い花

秋には

葉が色づくし

赤い実が可愛い。

・・・・・・

白い花は地味です。

・・・・・

山に行かない人にとって、光岳といわれても・・・「それがどうした。」

だろうな~と思いつつ。

そんな写真見ても・・・何もカンも一緒に見えるでしょうね。

かく言う私もこんな風に載せるけど、人の山の写真を見ても・・・ふ~ん・・・程度にしか感じないから・・・想像付くんですけれど・・・・はい。

山が大好きなデナリちゃんは、いつまで山に行けないのやら。

せめて、山の写真もUPさせてやってくださいな。

・・・・・・

手術済んで、退院して元気になったら・・・・山に行きたいとは・・・書く気にならない・・・。

口に出して言う気にならない・・・・。

・・・・・・

そう言って、こんな愁傷な私がいつまで続くでしょうか?

自分でも見ものです。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい小さいきのこ

Img_3262 小さい小さいキノコを見つけた。

私の指の爪より

まだ小さい笠は白い。

ほれ。

傘の縁は・・・ナミナミのふりふり。

余りの暑さにちびっ子のまんまなんだね。

・・・・・

・・昨日、髪切ってきた。

生命保険会社に診断書用紙を請求した。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

易老岳までのコブ

Img_3230南アルプス

易老渡~易老岳~光小屋~光岳

車を置いた。

逆コースで昨年5月末に行った。

Img_3238 同じように、

今度も易老渡に車を置いた。

真上には、大きな木が覆いかぶさっていた。

今回は、吊橋渡って登って行く。

前回は、アプローチも山中も帰りまでもが

誰一人にも会わなかったが、今回は

Img_3239 車を置くのも悩むほど、人と車がいっぱいだった。

ノンストップでただただ下ってきた易老岳までを登る。

今度は一人じゃないし、登山者が前にも後ろにも・・・後を絶たない。

Img_3240_2 Img_3241 Img_3242 Img_3243

Img_3244 長いのぼりも・・・暑いが快調だった。

Img_3246 苔むしていい感じ。

5月末は、寂しい感じの下りだったが

夏のこの辺りも、結構豊かな森林。

大きな大きな倒木に苔。

何とか写真に納まらないものかと

苦心するが

結局こんなもの。

Img_3248 Img_3249 今日の木。

瘤も大きい。

なんだか

おぶさりて~が

張り付いているように

見える。

Img_3250 木の根も激しい。

しかし、階段状で助かるわ~あ。

厳しい自然に耐えて根を張る。

踏ませて貰って、上に上に登って行く。

Img_3251

こんなに、長い登りだったっけ?

Img_3252 登りも・・・何とかあっさり易老岳に登りつく。

・・・・・

体調も落ち着いた。

今日から、光岳~聖岳・・・UPしましょう。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »