« 名誉の為にひとこと | トップページ | 子宮口が開いているのに »

2008年8月27日 (水)

サイクリングのすすめ

Img_3706 だーさんは、自転車にはまっている。

毎日相当な距離を通勤に自転車で移動するようになった、ようである。

恐ろしく手前の駅で降りて、職場まで自転車で通っているようだ。

私がOPしてからでも、自分の生活は変えない。

妻はOPでも、僕は自転車。

早く帰って、何かしてやらなくてはと言う気は、どうやらないようだ。

本人は、そうは思っていないつもりらしい。

夕飯食材を帰り道、買ってきて食べさせてくれる時も無くはないから、知らん振りでもないんだが、

彼はいつも長新太さんの「ブタヤマさんたらブタヤマさん」を地で生きているんです。

なんだかへんてこな、自転車グッヅもいっぱい揃えている。

体重も減ったようだ。

・・・・

そんな彼が

私に、自転車ライフ」を勧める。

爽やかだと言う。・・・・

こんな私に、手術を控えたある日の事・・・・

「OP後、良くなったらサイクリングに行こう」と言う。

あんぐり

・・・・・・・

また、別の日の夕刻。

晩酌して、ほろ酔い加減のだーさんに、三年寝太郎が怒った。

「母がこんな時に、よくまあお酒をのんでご機嫌になれるなあ・・・」と。

・・・・・・・

2人で言い合いする。

仲裁に入って

「こんな時でも私がシッカリしないとダメなのか?」私は、2人に問うた。

・・・・・・

しかし、普通の神経なら・・・・

OP前の妻を励ましたいなら・・・・普通は、妻の好きな事を勧めるのがだろう。

らしいと言えば、らしいが・・・・

術後の楽しみに、乗ったことも無いサイクリング車を買い、それで長距離走ると気持ちがいいと、言うかね???

ちょっと考えたら・・・私には山じゃないの???

十歩譲ったとしても・・・ハイキング。

思いっきり譲ってもウォーキングじゃろが~あ。

・・・・・

誰にでも分かると思うんだけど・・・・。

脳みそどうなっているのか見て見たいよ・・ほんと。

・・・・

OP前の外泊していたある日(お盆の最中だった)、彼はサイクリングにお一人様で出かけて行った。

そして、日がな1日釣りを楽しんで帰ってきた。

釣った食べられ無い魚を持って・・・・帰ってきた。

死んだ魚を見て、無神経さに、腹が立った。

「あさって手術受ける妻が外泊してきているのに、サイクリングですか。

お盆に殺生できる気が知れん。」

と、言ってやった。

・・・・・・

それでも、

私は、OPが無事済んで退院した。

・・・・・・

そして、彼が嬉しそうに、今日、私に言った言葉を紹介しよう。

・・・・・

だーさん:新しい自転車注文してきた。

       もうすぐ届く。

デ:私のん?

だ:僕のん。

デ:アングリ・・・・無言

・・・・・・・

デ:私のんは???

    自転車要らんから10万私に頂戴。

だ:それは、あかん。

   ○●駅に置いてあるあの自転車(サイクリング車・・・相当大事にしているようだ)

       に乗って  走りに行けばいい。

デ:・・・・・・・・・・????・・・・・・・怒りが込み上げてくる。

客観的に見て私の怒りは的外れ?なんだろうか。

立場が変われば、私が分かっていないだけなんだろうか。

一人になって、ふっと、涙があふれて来た。・・

・・・・・・・

貴方のおかげで、いつも強く生きていけるよ

そっといつもサポートしてくれて感謝しているよ。

私が喜ぶスイーツを毎日買って帰ってきてくれるのも分かっているが

なんだか無性に腹がたった。・・・・・

|

« 名誉の為にひとこと | トップページ | 子宮口が開いているのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクリングのすすめ:

« 名誉の為にひとこと | トップページ | 子宮口が開いているのに »