« 三年寝太郎保育所年長さんの日記3・にいの名前の由来 | トップページ | 黒い帯締め »

2008年10月28日 (火)

橋の上

Img_4516

「●●さんがこう言っていた。」

そういう話を聞いた時、

私は言っているその人がそう思って自分の意見を話していると聞き取る。

前にも書いたことあったかな。

「変わんないな~あ、またそういう言い方しているよ」・・・っと思う。

だって、同じ話、これで何回目?って言う程、

「●●さんが●●と言っていた」って、話すんだもん。

恐らく●●さんの周りの人のみんなにこう言って・・・繰り返し刷り込んでいるんだな・

・・と思うから。

・・・

その人に私が話す事は、

きっと、他の人にも

「デナリさんがこう言っていた」と、話しているんだなと思う。

そんな風に理解する。

・・・

右の話を左に

左の話を右に

一見そうしているように見えるが、なかなかどうして・・・・

その最中に、そのままの内容を、人に伝えたりしていないように思う。

自分の都合のいい事だけ無意識に選んで、都合のいいように変換して伝える。

みんなそうかもしれないね。

「自分の意見は自分で相手に伝えるから」と言い返しているが

何処まで理解して貰えているか分からない。

私なら、誰かが話す事を聞いて、そうだと思ったら

「私は○○と思う」と話すようにしている。

いいことは、そのまんま伝えるようにしている。

・・・

ある人と話す時、感じる。

「この人に話すときは、気をつけて話さないと・・・」と思うけれど、

自分をガードをしない私がいる。

・・・・

たとえ

「デナリさんが・・・・こう言っていた」と言われても、

その人がそうしたいなら、

させてあげてもいいと思っている人がいる。

許してあげたい人だから、

甘んじて私の気持ちや考えを・・聞きたがっているんだからと提供する。

多分、

「デナリさんは、××」と・・・左にいる人に話すんだろうなと思いつつ。

・・・・

許してあげます、あなただから。

・・・・

|

« 三年寝太郎保育所年長さんの日記3・にいの名前の由来 | トップページ | 黒い帯締め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋の上:

« 三年寝太郎保育所年長さんの日記3・にいの名前の由来 | トップページ | 黒い帯締め »