« 心の癖・その3 | トップページ | 一昨日真っ赤だったよ »

2008年11月20日 (木)

森と林の間で

Img_5076 ←自分の撮って来たこの写真を見ながら、

だーさんに質問した。

「森」と「林」って、何処が違うのかな~あ?

なんだか木がまばらだから・・・・まあねえ。

自分なりに、この写真は、「林」ではないかなあと思っていた。

森と林の違い・・・・と検索してみた。

Img_5077

分かり易かった。

世界の急所をグリグリ極める 知の関節技

http://homepage3.nifty.com/tak-shonai/intelvt/intelvt_015.htm

冒頭から私は、「バカ~ァ」って言われた気がして大笑い

・・・・

「森」 と 「林」 の違いというと、いい年をして、「森の方が木が多い」 などという人もいる。

その正しい答えを知る人は案外少ない。

・・・・

いい歳をしてすみません

Img_5079_2 

人の手の入っているのが 「林」

自然に生えているのが 「森」 ・・・・なんだって。

・・・・

|

« 心の癖・その3 | トップページ | 一昨日真っ赤だったよ »

コメント

こんばんは~
いや~ わたしも勉強になりました~
今まで気分でむりやり何かにつけ森の表現を多用して
ました^^ヾ
でも、きっとこれからも気分で言っちゃうと思います。
実際は違ってても、自分が森って思ったら森なもので^^
まあ、知らないで言ってるのと、知った上で言うのとで
は、少しはマシかもしれません(^-^v

投稿: Angel | 2008年11月20日 (木) 20:22

この解釈(分類)は賛成しかねますね。。。
 小学校か中学か忘れたけど僕に教えてくれた先生は、「林は同種の木がたくさん生えているところ、森はいろいろな木が・・・」と。 これも少し違いそうですが。

 クヌギ林や白樺林があちこちにありますが、人の手が入っているとは思えません。
 辞書で見ると林にはやはり「同種の」と言う言葉が書いてあります。そして「森は遠くから見ると青く盛り上がっているところ、近くでは陽が射さないくらいに木が茂っているところ。(鎮守の森など)」と。 森という言葉の語源は「“盛り”上がる」の様な気がしますね。

投稿: flugel GT | 2008年11月20日 (木) 21:42

Angelさまへ   デナリ

こんばんは。
かもかわいいね。

同感です。
感じたままに森と林を勝手に使いこなす。

だって、自分の文章だもの
だって、自分の写真だもの

ね~

投稿: Angelさまへ | 2008年11月20日 (木) 23:55

flugel GT |さまへ   デナリ

こんばんは。
漢字って面白いですよね。
言葉や文章で遊べたり、感じたり。
そういう遊びや学びが楽しくって仕方が無いです。

横着ものの私なんか・・・
全てを・・・なんでもいいじゃん・・・
      別にいいじゃん・・・
      どうでもいいし~

この三文で片付けてしまい
      次 いってみよ~
                
これでは、学びないと思いつつ・・・
お構い梨のこだわり梨

投稿: flugel GT |さまへ | 2008年11月20日 (木) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森と林の間で:

« 心の癖・その3 | トップページ | 一昨日真っ赤だったよ »