« 心の癖・その2 | トップページ | 森と林の間で »

2008年11月20日 (木)

心の癖・その3

Img_2060_2 「心の癖・その3」

たいした文ではないけれど、

訳分からなくなるからその①・その②読んでから読んでね。

・・・

閃光のように悲しみが襲う

彼女のオリジナルな表現だろうか?

ごっつい頭のいい人だ。

人の取り上げたお産の産婦さんまで関った人は忘れない。

インプットしていて

自分の関っ妊婦さんのデーターがスッスと出てくるのよ。

どんな人でどんなお産してどんなに退院したか

過去にさかのぼって記憶から出してこれるのよ。

・・・・・

そう言う彼女にとって私のような人間はありえないようです。

私にとっても彼女の頭の中は、ありえない。

思い出そうともしない私にとってありえないことだ。

悲しいくらい覚えてないし忘れちゃうのよ私。

きみきみを手帳に書いて、写真に撮っても、その瞬間に忘れてしまう。

そういう私は、不可思議のようです。

彼女が言う。

私はデナリちゃんみたいになれないし・・・

あたり前のようなことを言葉に出して言う。

・・・・

「自分がいい」と言うには、私はお粗末だけど、人を羨ましく思った事は無いし

その人のようになりたいと思ったことも無い。

みんな違ってみんないい・・・・

これでいいのだ

いろんな人が言っているもん。

関西のおかあちゃんはみんな言う。

よそはよそ、うちはうち。

あれ?意味が違うか?だらだら、次々書きすぎた。

・・・・

|

« 心の癖・その2 | トップページ | 森と林の間で »

コメント

関西のおかあちゃんでなくても言いますよ~
うちは「○○家にはそういう人間はいない!」と
よく断言されてました・・・
(できの悪い娘だったの~)
そういった母が同じ口で「名前なんて記号!」と言ったので ものすご~く驚いたと同時にほっとした覚えがあります
あ まったく違う話になってる?

昨日の夜から朝まで 雪が降りました
初雪
今は晴れ渡ってすこ~し残った雪がキラキラしています
これを伝えたかったの~

投稿: タロウの母 | 2008年11月20日 (木) 14:16

タロウの母さまへ  デナリ
こんばんは。
教えてくれてありがとう。
初雪ですか。
趣ある便りうれしかったです。

記事読んでます。
胸が苦しい。

心に棘が刺さる。
泣けない心で涙も流れない。
グッと、歯をくいしばる。

投稿: タロウの母さまへ | 2008年11月20日 (木) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の癖・その3:

« 心の癖・その2 | トップページ | 森と林の間で »