« 真っ赤な玄関 | トップページ | 明日香村からの帰り道・鉄塔の夕日 »

2008年12月10日 (水)

エンバーミングの話

Photo_2 納棺師「おくりびと」

の映画を見に行った人達が

口を揃えて良い映画だったと褒める。

見たいなあと思っていた。

遂に見逃した。

・・・・

三年寝太郎

友達に借りて読んだ本の話をしていた。

今度ネットカフェ行ったら、本借りて読んでみようと思うの。

「エンバーミング」の話

「死化粧士」と言って、テレビ東京でドラマ化されて放送は終わっているらしいが、関西のこちらでは見られなかった。

エンバーミングと言う話は、初耳。

・・・・

病院で患者さんが亡くなられたら死後の処置をする。

それとは、同じようでまた違うようだ。

私も一般病棟で3年勤務した事あるから、死後の処置なら経験した事ある。

死化粧もした。

心停止→心マッサージ→死亡宣告→家族のお別れ→死後の処置。

排泄物を出して、穴と言う穴に綿詰めて体液が流れ出てこないようにした。

死後硬直始まる前に手を組ませて型が残らないようにしばらくくくっておく。

そして、白い布も「死後の処置セット」に入っていて、お顔にかけさせてもらう。

エンゼルセットと言って、昔はそう言うキットがあったものだが、今はどうだろう?

産婦人科に勤めこの仕事をはじめて、成人でそういう経験をする事も無くなった。

・・・・

更にその後、よく知らないがエンバーミング・・・・そういうお仕事があるんだね。

時代も変わっていくんだね。

一度読んでみようと思います。

・・・

また今度カフェに行ってアイス食べつつ読んで見ねば・・・・。

・・・・

・・・

|

« 真っ赤な玄関 | トップページ | 明日香村からの帰り道・鉄塔の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンバーミングの話:

« 真っ赤な玄関 | トップページ | 明日香村からの帰り道・鉄塔の夕日 »