« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

捨てない自信

Img_6172 蟹の鍋は、おいしゅうございました。

次の日には、殻でだしをとった。

お鍋の為にできた昆布は、

Img_6173 古代米と一緒に炊き込んでみた。

無駄がなくて、意外と美味しいし、エコだね。

我が家は、食材は捨てないし、残飯も出さない、ちょっと自信ある。

冷蔵庫の中で傷んでしまって捨てることも皆無です。

食べつくす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分娩室にカラビナ・虎視眈々とチャンスを狙う

Img_6175 分娩は、分娩台で両足固定したスタイルでお産するって思っていない?

ドラマでは、まあ、描かれている映像はそうだよね。

ドキュメンタリーなんかで見る映像もみんなそうだよね。

でも、違う施設もあるんだよ。

フリースタイルと言ってね・・・分娩台を使わないお産なんだよ。

足も固定しない。

向きも姿勢も何でもOK.

お産されるママが主体の自由な姿勢でのお産。

上向き(仰臥位)・横向き(側臥位)右下も左下でも・四つ這い・マックロバーツ・座位

そして、立位

立ったままでお産も出来る。

地球上・・・重力の助けを得て・・・お産をする。

なかなか体力がいる。

分娩室には握り綱が天井から下がっている。

決して切れたり固定が外れることの無いように、頑丈なことこの上なし。

母親学級でママたちに、是非トライしてみてください・・と、お話しする。

分娩室を見学にママたちに案内するときに、余談なんだけどと言って話するときは、

「分娩室に行ったら天井を見てみてね・・・・大奥みたいに・・・天井から握り綱が下がっているから・・・・。」と言う。

しかし、まだ立位で介助したことがない。

フリースタイルで立位分娩が多い他所の施設では、この握り綱に安産のお守りがたくさんくくりつけられていると聞いたことがある。

(実際にそれを見たことが無いから噂の域を脱しないが・・・。)

綱を固定にカラビナ。

お~!!!

使わないこと多いから・・・・綱まとめ上げているんだけど・・・・内緒でいつかぶら下がってやろうと思っているんだが・・・・いまだトライしたことが無いのよ。

虎視眈々とチャンスを狙う。

Img_6176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一層素敵な山に

Img_4852

脚力尽くる時山更に好し      蘇東坡

テレビのうけうりなんだけどね。

今の私には、心に響く言葉だったから・・・・。

思いっきり歩ききった時に見上げた山は、一層素敵な山に見えるでしょう。


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

器の大きさ

Photo_2

「言うべきでない事実があるように、言うべきでない本音もある」

・・・

先日訪ねたどちらかのブログで読んだ1文がとても印象深かった。

子どもの頃から、正直が一番。

真実は一つ。

それが正義。

そんなに思って生きてきた。

しかし、それだけではない大人の世界を学ぶことも必要なんだと知る。

年齢は関係ない。

男女も関係ない。

成熟度・到達レベルは、人によって個々違うのだと学ぶ。

年齢を重ねても幼いなあと言う感想を抱く人もいるし、

逆に若いのに老いているなあと感想を抱いてしまう人もいる。

人は微妙。

「器の大きさ・・・・。」

先日そういう話題になったことがある。

うんと年下の独身の人からそういう言葉を聞くとは思わなかったから、

ドキッとしたが・・・・うんうんうなずいた。

練れてないな~あ、いくつになっても甘えんぼ。

人のふり見てわが降りなおせ・・・。

目指すは、

練れている女

器の大きな女

会話の内容は、そういう結論に達した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたばかりなのに山に行きたい

集中して1回で「山行き」を長く書ききる根気が無いから、

途切れ途切れで書きつづる。

・・

Img_0426_2

Img_0425_2 滋賀県比良山系・堂満岳への登り

ノタノホリ過ぎたら、尾根に取り付き、谷沿いに上る。

夏道を知らないんだけれど、するする登る。

Img_0424_2 

Img_0436 Img_0437

Img_0438 Img_0439

Img_0440

Img_0443 Img_0441_2

「山のこと」を書こうと思ったのに書けないや。

帰ってきたばかりなのに、

もう山に行きたい。

何にも話さないで思いっきり歩きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デナリ母・・・コアラのマーチを食べる

Img_0494 三年寝太郎が、

バイト先の生徒さんに、受験生なので渡すんだと言って買って置いてあったコアラのマーチ

そうとは知らず・・・置いてあったから・・・こりゃいいこりゃいいと言って、母はパックリ食っちまった。

どうしよう・・・・。

合格なんて書いてあるから・・なんだか怪しいなと思っていたんだけど・・・

パソコンしながら・・・なんだか美味しそうだったので・・・。

帰ってくるまでに買って元に戻しておかないと・・・・たいへん怒られるなあ~。

・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

朝からWord

Img_0423_2

今日はさあ~。

朝からWordで格闘しています。

「双胎妊娠妊婦の看護」

職場でね看護計画を整理している。

それぞれスタッフが分担してね1月31日までに提出しないと駄目なんだ。

打ち込んだり削除したりそういうことはオチャノコサイサイナンダケド。

内容の整理。

羅列してみたが、分かりにくく・・・・。

まとめ方だね。

いいか、まとまって無くても・・・提出してしまおうよ~と悪魔がささやく。

昼寝もちゃっかりしてしまった。

夕飯作って食べて、お風呂入って・・・残りはそのあとで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界はときどき美しい」・「イノセント ワールド」

Img_0493 DVD見た。

「世界はときどき美しい」

       「イノセント ワールド」

よく分からなかった。

ストーリーが無いものは、いつもちょっと苦手です。

「世界はときどき美しい」

「イノセント ワールド」  ー 天下無賊 ー

なんだか分かるその気持ち。

生まれ来る我が子の為に、罪を重ねてきた男女も功徳を重ねて救いを求める?

彼が死んだと聞いても力強く食べ続けるたくましさ。

母はそうでなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

うまい。韓国海苔

Img_0492 うまい。

人気の韓国海苔。

職場で貰ったんだけどね。

お寿司の海苔巻きもおにぎりの海苔巻きも好きだけどね。

韓国海苔もおいしいよね~。

おいしいよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガツンガツンとカメラ

Img_0490 しでかしたなんて、

あんまりしでかし過ぎて日常茶飯事になって

ことさら、書くのもトピックスでもない私。

・・・・

さて、カメラが壊れた。

何代目???

・・・

子どもは叱って育てるよりも、褒めて育てよ・・・・とは言うけれど

デナリは身をもって体験する。

いい歳こいて何を言う。

またカメラが壊れた。

きっと、デナリに長らく付き合ってくれている身近な人、そして長らくブログに付き合ってくれている人はご存知のことと思いますが、前回はどうしたんだったか忘れたが数々のカメラが壊れた。

「もう買ってあげません!!」と言われつつ買ってもらったカメラも、先日また壊れた。

形あるものはみんな無くなる・・・・

若い頃からいつもそう言って来ただーさんが、豹変した。

男の更年期?それとも痴呆症の前段階?などと・・・すぐ怒ることを茶化してきたが

今日と言う今日は・・・自分でも・・・なんとなくわかるようになってきた・・(ちょっと謙遜。)

また、怒られる~の心持ち。

テンション下がると言うよりも・・・・・

なんて言い出そうか?

それとも、同じの買ってこようか?

修理した方が賢いかな?

あれこれ思い巡らせ・・・うまくすり抜ける事しか頭が回らない。

こんな思いを・・・とっとこ太郎には、させているのか????

今度から考えねば・・・・。

自戒の念。

悲しい。

三年寝太郎が自分のデジカメ貸してくれた。

Img_0489 リュックの肩紐にケースをセットしてカメラを入れていましたが、

肩にかけずにブルンブルン職場で振り回したら、壁にガツンと当たりおった。

いつしか、バッテリーの蓋が閉まらなくなっていた。

手で閉めて開かないようにしつつシャッター押せば電源入るがダメだ・・止まらない。

よく見たら無数の傷が・・・・

今までも、知らない間にガツンガツンぶち当てて・・・カメラ君に我慢させてきたのかも

もう我慢ならんと・・・怒っちゃったんだね。

どーしよう??

デナリを明日から正直太郎と呼んでくれ・・・。

そんな日本昔話なんか無い????

むかし、正直太郎ありき・・・・正直太郎はそれからどうした?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

ノタノホリ

Img_0414 Img_0415 滋賀県・比良山系堂満岳へ登る。

大山口から正面谷・金糞峠に

まっすぐ登る道を左に入る。

Img_0416 Img_0417

橋を渡る。

Photo 25分でノタノホリについた。

池は凍っていた。

集合写真をみんなで撮った。

後ろに立つ。

はじめから、嫌な予感していたんだ。

ほら、言わんこっちゃ無い、踏み抜いた。

2009,1,25(日)ノタノホリ

Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5

池は凍っていた。

光が葉を透けてキラキラしていた。

Photo_7 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古代米

Img_0484 Img_0487 古代米というものを買った。

赤い痩せたお米だ。

見た目は黒いが明らかに赤くなるだろうなと思った。

黒米って書いてある。

先日山の帰りに入浴した比良トピアで買ったんだが。

炊き方は、白米3合に50gって書いてある。

1袋200円 (230円って表示されてましたが)で150g入り

でもカレースプーンに1杯って説明されたからそんなにして炊いたらごらんの通りになった。

たまに赤飯じゃなく小豆入れてご飯炊くこともあるから・・・そういう感じだね。

味?

わかんないや、普通のご飯

香り?

わかんないや、無臭

見た目がほんのり可愛い色しているよ。

そういえば雑穀米テレビでCMして宣伝しているね。

うちも10年以上昔・・・まだ前の前の職場で勤務している頃、健康志向の強い同僚がいて

通販でいろんなものを取り寄せてついでに頼んで毎食食べていたことあったなあ。

あれは17穀だったかな?15穀だったかな。

粟稗小豆・・・・なんだかごちゃごちゃ入っていましたわ。

そんなご飯を毎日炊いて出しても3人は何にも文句を言いませんでしたが

知り合いのお宅のパパさんは、雑穀米を炊くと鳥みたいだといって嫌がるのよって言ってましたね。

今でもそうなんだろうか・・・。

時代がますます健康志向になっているから、案外文句言わず毎食食べていたりして・・。

うちは、取り寄せてくれていた同僚がマッサージのプロになるべく退職して遠方に行ってしまって、私も職場変わって・・・取り寄せなくなった。

スーパーでも売っているからしばらくは買っていたが・・元来ものぐさなものですっかり忘れた習慣だった。

あのCMが流れると、

子どもたちは「小さい頃、うちは毎日このご飯食べていたわな~」と言う。

そして、当時のマイブームは・・・・

買い物袋を持参してスーパー袋を貰わないことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いなほさんと「チャレンジド」

「チャレンジド」

障害がある人のことを”ハンディキャップ”というマイナス面からの捉え方をするのではなく、課題に向き合える力がある、チャレンジする力がある人のことをそう呼ぶ。

そういう意味では障害者だけでなく、

        みんな「チャレンジド」なんだ。

こんな風にいなほさんが書いてあった。

お~!!!

貴方らしい素敵な文章を見つけた。

いつもならここでURL張るところなんですが・・・今ねちょっと気になることがあるので気を使う。

Img_0428

マイナス面からの捉え方をするのではなく、

課題に向き合える力がある、

チャレンジする力がある人のことをそう呼ぶ。

「チャレンジド」

いいぞ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

御福餅

Img_0482 Img_0483

お土産を岸和田SAで買った。

「御福餅」を買った。

赤福によく似ている。

伊勢の名物。

何で大阪で買えるのかは分からないけれど、食べたかったので買っちまいました。

当たり前のようにビリビリむいていただこうとするとっとこ太郎に、

「ちょっと待って!!!」と言って写真を撮った。

「やいやい言わないの!!」・・・といいながら・・・・・。

おもむろに写真を撮った。

みんなぺろりといただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂満岳の頂上直下にて

Img_0433_3

昨日の滋賀県・比良山系・堂満岳

頂上直下は、急登と聞く。

来る~ぞ~来るぞ~急登。

こんな位の急登じゃない・・・・まだこれからだ・・あの向こうに待っている。

Img_0434_2 こんなのじゃない・・・・。

急登は何処だ~あ。

そう思っていた。

横を見ると桜さまがステップきって遊びながら登っている。

あれまあ、これから急登が待っているというのに

遊んで疲れちゃうのにねえ。

ここで一息・・さあ来い急登・・・まずは写真を1枚。

よし・・・と登り始めたら・・あそこが頂上だった。

じゃ~私もここで遊んどくのであった・・・く~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんなんでしょう

Img_0485 山から下りてきたら、パソコンの待ち受け画面がとっとこ太郎によって

変えられていた。

ムーミンのおうちだった。

可愛いので許しました。

聞いたんですが、ここのブログを見ようとした人が職場で開こうとしたら、警告の画面表示が出て読めなかったそうです。

詳しいことは分かりませんが、誰かが私のデーターを盗もうとしているんじゃないかって言っていました。

あら、目的は何でしょう???

私がよそのパソコンで見るときは、そういうこと無かったんですが・・・。

さて、どうしましょう?

| | コメント (2)

2009年1月25日 (日)

今日の堂満岳

Img_0435_2

寒気がやってきて、山に行ってきた。

滋賀県・比良山系堂満岳

灰色の雪雲・ちらつく雪・新雪のラッセルそう言う山行きを期待して参加しました。

昨日今日の降っている筈の雪は無く、琵琶湖はキラキラ輝いて空は真っ青

風も無く歩くと暑い今日の山でした。

Img_0469_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の太陽と昨日の夕焼け

Img_6168_2

昨日は仕事だった。

ちょっと怠けて車で行った。

朝の太陽はキラキラしていた。

眩しい。

川面に光って。

出勤と言うのに、まったりまったりしている私にパンチパンチ

Img_6169_3 Img_6170 Img_6171

仕事が終わって帰り道

夕焼け小焼けで日が暮れて・・・・。

ますます、まったりしてしまうデナリであります。

なんだかトロトロしてしまう。

やたらと眠い。

去年もこんなだっただろうか。

昨日の夕焼け。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬場は花が長持ち

Img_6165 切花。

蘭は長持ちするんだよね。

意外と鮮やかなクリーム色は華やかなんです。

夏より花が長持ちだから家中花だらけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

台湾は単車が多い

ちょっと、近頃ネタ切れなんではなく、創作意欲(たいそうなものではないんだけれど)が

沸かなくてね。

書いてみようと思うことが偏っててね。

ワクワクしないというか・・・・セロトニンが足りないのかな?

ちょっと、台湾ネタなら書けそうだ。

Img_2970 台湾は単車がいっぱい。

驚くほどの信号待ち。

さすがに正面から待っている人人を撮れなかったんですが、

凄いんだよ。

Img_3119 二人乗り三人乗りもあるとかないとか。

単車置き場も結構有ってね。

車の脇をひょいひょいと走っているんだ。

Img_3104 ともかく凄い台数なんだ。

スクーター式のデザインが流行なんだね。

Img_3120 ホテルの前の警察。

警察と聞いたけれど、ここは何処?

何するところなのかな?

さすがに、単車をどっさりとめていることはないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタツでうたた寝

Img_6163 エリカの花。

白いのはエリカの花だよね。

赤いのは何?

可愛い。

先日出産祝いした。

私が手術を受けた病院。

彼女は特別の事情で職場では出産できない。

母児の安全第一そういうこともあるんだよね。

そういえば私が縦隔腫瘍の手術受けてから5ヶ月経つんだね。

まだ5ヶ月しか経ってないんだね。

全然過去の記憶にしか感じないんだけど・・・・。

どういうわけか、今頃になって傷跡が痒かったり、奥のどこかがピリピリしたり。

手術の傷跡のおかげで気がつくことがある。

自分の癖。

コタツでうたた寝する時は決まって傷を下にして横向いて寝る。

本気で夜寝るときは、必ず左を下にして横向いて寝始めるんだと。

いつからだろう?

多分手術の前は、上向きで大の字寝が定番だったのに、摩訶不思議。

写真傷跡撮ってupしようとしたが、それは止めておいた方がいいと三年寝太郎ととっとこ太郎に止められた。

それにしても、傷は薄まることもなく色くっきり跡はケロイド状に盛り上がっている。

癒えてないなあと思う今日この頃。

それにしても、本当に異常なくて良かった。

痒いぐらいなら許せるな。

コタツでうたた寝する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻耶山での鉄塔

Img_6128

兵庫県・六甲・麻耶山での鉄塔。

久々に鉄塔。

いや、この前にupしたなあ。

私だけかもしれないが・・・何処でもいつでも鉄塔は絵になる。

そうそう、鉄塔また撮ってこないとね。

しかし、明日は山に行き着くでしょうか?

雪雪雪だろうな?

それより前に、中止にならないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

鈴虫の水槽

Img_5786 プラスチックの水槽に鈴虫を飼っていた。

ある年怠けて鈴虫を絶やしてしまった。

中の土を捨てた。

ケースも捨てると良かったんだが、また何か飼うんじゃないかと取って置いた。

そもそもそれが間違いだ。

高校生のとっとこ太郎が何かを飼いたいと言う筈もなく・・・。

・・・

宜しかったら貰ってくださいと職場に持っていった。

誰も貰い手がなかった。

今どきの子育ては虫や生き物飼わないのかな~。

それとも、鈴虫飼っていたケースは、気味悪いのかなあ。

確かに・・・・・。

・・・

その前は、ジャンガリアンハムスターを木屑に紛れてこのケースに入れていたかも。

それにしても、そうとういろんな生き物を飼いました。

なのにあんな奴に育ちました

命を慈しむ。

そういうことを学んで育ってくれたのでしょうか?

くー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな本買って見ました

[Img_5261セルフレスキュー]

去年秋こんな本を買ってみました。

昨年も北アルプスで雪崩の事故のニュースしてましたね。

明日から今年一番の寒気。

明日はMAX雪が降る?

読んだからってレスキューできる技量もないんだけれどね。

読んでみるのは悪くないよね。

今どきは山道具屋さんにも本がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠けたコーヒーカップ

Img_6162 欠けたコーヒーカップ

このカップ17年使ってきた。

色違いのペアーカップなんで、少しの欠けも気にせず使ってきたんだが、

欠けた食器は、危険を避けるための先人たちの知恵なのか

欠けた食器を使い続けると運気が下がるとか・・・

思い切って使わないことにした。

愛着あるカップは、土を入れてパセリを植えた。

底に穴がないから水やりは気をつけないとね。

ちょっと、調子上がってきたかな?

熱なし仕事も快調・食欲旺盛・快便、

しかし眠いし背中が痛かった若干の頭重感・・・インフルエンザの予兆かといぶかしんだが

何ともなかった・・・・。

なんだったんでしょうね?

疲れ?

それとも私、ウィ-ルスと戦ってた?

買い物行けば、お花も鉢植えの花も買いたくなって買ってきた。

寒い冬

乾いた部屋は適度に加湿。

手洗いうがいも大事だけれど

栄養と睡眠だぜ!!

近年、我が家のみんなは風邪引かないな~。

引いているのかもしれないけれど放ったらがしだから気がつかないのかな?

がんばろーぜー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

花粉症の薬、ネットで頼めないかなあ~。

Img_6160とっとこ太郎、負傷する。

テニスで??

違うんだ。

自転車で乗っていてガードレールにこすってきたらしい。

「たかが風呂ごときで、そんなご大層なガードは必要ない!」と言えないくらいのダメージ。

ほんとドンぐさい。

まあ、怪我した当日は、これ位のガードをして、風呂の中の雑菌から守ってあげるのもいいかもね。

心なしか・・いや明らかに腫れてるよね。

・・・

昨日、とっとこ太郎は卒業式だった。

在校生です。

それでも帰ってきたのは4時だったか?

困ったものです、お弁当も食べずに・・・。

帰ってきたと思ったら、昼も食べずに昼寝タイム。

夜勤明けのデナリも気がつけば夜だった。

寝かせてくれてありがとう。

しかし、自分で作って食ってもいいんだよ。

やれやれ。

・・・

近頃、UPが遅くてごめんなさい。

やたら眠くって・・・・。

インフルエンザにかかっているわけではないんだが・・・

咳軽度(+)鼻水(+)鼻粘膜ムズムズ・眼しょぼしょぼ・・・

そろそろですか?

クラリチンはもうない。

そろそろ処方してもらわないとね。

職場で処方してもらって院外調剤薬局で受け取るか。(職場には置いてないのです)

院外で開業している職場のドクターの病院に貰いに行くか。

かかりつけの他院の耳鼻科に行くか。

・・・・

どれも面倒だな~。

ネットで頼んで自宅に届くな~んて、DVD並みのサービスないかなあ。

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平日登山隊じゃないじゃん。

Img_6161 勤務表

2月の勤務も確定した。

人はどうだか知らないが、デナリは色塗りする。

だからって、どうということもないんだが。

・・・・

確定すると近頃決まってすることがある。

平日登山隊の方々に休みの日を知らせるメールする。

・・

職場に近頃、新しい人が何人も来てくれることになった。

いろんな条件の人がいて、例えば他の施設で仕事していて、お産の多いこちらへ分娩の勉強に来られていたりする人も何人かいる。

おかげで意外と余裕ある勤務をさせてもらえるようになった。

・・・

希望もしてないけれど何故だか分からないが、毎週日曜日も休みが続く。

平日登山隊なのになんと・・・・2月の平日登山隊は、どうやら日曜日に決まりそうだ。

平日登山隊じゃないじゃん。ね~え。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

台湾・忠烈祠

Img_2974 Img_2975 Img_2976

昨年。

台湾へ行って、

帰ってきたら、縦隔腫瘍で台湾行ったことなんか飛んじゃってしまって、いろいろあったなあと思い出した。

Img_2977 Img_2979

ぴくっとも動かない衛兵さんの事を記事に書きたかったんだ。

台湾・忠烈祠。

暑い中、じっと立っている仕事があった。

ありえない位、ぴくっとも動かないんだよ。

大勢の観光客が周りを取り囲みシャッターの嵐。

Img_2984 Img_2985 Img_2986 交代の時間がおかしい。

変わった歩きで奥から出て来て、交代する方と独特の儀式で入れ替わる。

チャカチャカ歩いてくるんじゃなくってね、ま~あ暇かかること。

Img_2978 Img_2983 Img_2987

忠烈祠

革命、戦争で亡くなった志士、軍人、霊が祀られており、位牌・遺品などが並んでいる。
軍人や革命家以外に、著名な政治家や、SARSの治療で命を落とした医師など、国家に貢献した人々の霊も祀られているんだと。

陸、空、海軍から選ばれた衛兵が、交代で大門と大殿の守護を担当。青い制服は空軍、白い制服は海軍、グリーンは陸軍にそれぞれ属している。1時間は微動もできず、まばたきも控えるんだって。各軍から選抜されたエリートなんだって。

私は、こんな制服姿の人を見ると怖い感じがしてちょっと苦手なんよ。

セットになっていたから連れってもらったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな時間がとっても嬉しい

Img_5998 寒い真冬に・・・・アイス。

この前ね、駅から歩いて帰った。

だーさんと、三年寝太郎と3人で15分。

夜だし、寒い真冬だし、昼もちょっちょっと山歩きの途中で食べただけだし。

お腹空いていたんだ。

とっとこ太郎が車運転できる歳になっていて免許持っててくれたら迎えに来てもらうのにな~あ・・・と、ぶつぶつ、疲れた足を動かす。

駅前にあるケーキ屋さんで、何か甘いのも買ってよ~!!と言ってケーキ屋さんに入った。

真っ暗闇を甘いものでも食べながらおしゃべりして帰る魂胆。

寒いのに、ソフトクリーム買ってもらった。

・・・

誰も会わない田んぼ道をアイス食べ食べながら・・・・とっても幸せだった。

こんな時間がとっても嬉しい。

・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

紫式部が本当に枯れた

Img_6159_2 デナリの期待

・・

私の期待がMAX.

3度目の正直で気合い入れて

植えた紫式部

あやしいな~と思っていたら

案の定

枯れきってしまった。

残念でならない。

哀しい。

いとさびし。

そう言えば、はいいろととろさまが言っていたな。

いくら植えても合わない物は合わないんだから、無理やリ植えても育つはずが無いのだ。

残念でならないが・・・・そこは、いいヒント貰った。

「和願施(わがんせ)」っていう「にっこり笑って、こんにちは」ってことです。

人に対してのお話みたいですが、紫式部が枯れた出来事も、受け入れて

にっこり笑って、こんにちはで~い。(おいおい、勝手な解釈 

・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自分を思い知る

人間の構造。

近頃、人によく驚かれることがある。

何を?

「まあ、デナリらしい。」

ってこと・・・・。

・・・・

人を構造するものは何なんだろうね。

「一つのことに対処する方法」を取り上げてみても、驚いた。

Img_6158_2 先日、

←写真の中の

雪だるまのシールを貼ったメモリーチップを郵送した。

デナリは雑だから、メモリーチップのプラスチックのケースは

封筒の重量の軽量化のために使わず省いて、裸で送った。

返信を依頼していたので、送り返されてきた。

それが、キッチリしているのでびっくり。

だって、

デナリだったら、「そうしろと言われても ここまでは出来ないな~」と思う位にちゃんとしたものだった。

ケースを作って、ゴトゴト動かないように緩衝用のシートまで入れてくれて。

Img_6157 おまけに切手まで入れてくれた。

相手の人に対する思いやり、物に対する心使い。

真似しろと言われても思いも及ばない。

無理。 絶対無理。

「デナリがデナリらしい」と言うことが、ここにあるんだろう。

出来ない。

デナリには逆立ちしても出来ない・・・・キッチリ対処すること

自分はザルで雑なんだと身に染みた。

一生、几帳面な人間にはなれないな~と、実感した。

年令を重ねるごとに、ますますテキトーになって行く自分。

別に返信してくれた方が私に苛立つのを感じた事は無いと先にことわっておくが。

私の側にいる人が私に苛立つとすれば、ここだろう。

私のテキトーさ

まあ、そう思っても何とも出来ないのは知っているから

無駄な努力はしない。

あがいても焦っても仕方が無い。

私は私なのだから・・・と、納得させる。

「届いたお礼メール」もしないでこんな事をヌケヌケ書いている所も・・・

あきれるほどに私らしい。

グスン

こう・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さくておかしい「SAINT ☆おにいさん」

Img_6156 「SAINT ☆おにいさん」

あんたの話題は、いつも三年寝太郎かい?

誰かにそう言われそうですが、またもやあの子ネタ。

「SAINT ☆おにいさん」と言う本が今、面白いと言うから読んでみた。

おかしい。

ゲラゲラ笑っておかしい。

買って来た2冊。

オススメの本らしい。

キリストブッダがルームシェアしての日常を描いていると言う何とも奇抜なお話。

ともかくおかしい。

さ・・・・

三年寝太郎が買う本よりもとっとこ太郎のほうがはるかに本を読む。

しかし、「お母さんには絶対に貸さない。」と言われている。

理由は明白。

開きすぎ。

端っこ傷めてしまう。(折り曲げたりしないのにな~あ)

返すの遅い。

・・・・

ともかくガチャガチャ小うるさい。

ちいせ~のよ。

ほんと。

・・・・

コンビニで買って来たパピコと雪見大福をどちらにしようか迷う。

どちらも2つに分けられるアイスだから半分づつにしたら?と

キリストとブッタが話す。

なんとも小さい話。

ささやか過ぎてその感性がおかしい。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

イノシシ

Img_5990 危険

この付近にイノシシが出没します。

エサを与えないようにしましょう。

兵庫県・神戸市

里山では何処もここも猪さんですね。

私達の地元も結構出没。

土を掘り返した跡を見つけるのには困らない。

それにしても、ここは住宅地。

野生と人工と紙一重、一発触発。

Img_5989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「にい」がうっとり

Img_0411 久々の「にい」

昨夜、多分「鉄腕ダッシュ」で、TOKIOの山口くん

Img_0410

ワンちゃんたちをトレーニング紹介していたのを見た。

早速、にいを家に引っ張り込み、じたばたするのを押さえ込んだ。

見た通りして見たら、本当だ。

私の膝の上でにいは、じっとされるままだった。

Img_0412 にいは、落ち着きが無い。

育ちのせいだと思っていた。

なんだか落ち着いた。

はじめは、足を自転車こぐように右左と動かしていたが、おとなしいものだ。

膝に乗せて両腕を私の腕に乗せさせて胸に引き寄せる。

はじめは、ジャレ咬みしようとしていたが、それもせず。

なんだか、その後非常に落ち着いた。

にいは、なかなか頭を撫でさせない。

撫でてもガサガサしている子だったが、じっと撫でさせる。

目はキラキラしていたが、うっとりした。

撫でながら、「こんな方法知っていたら、おたまちゃんの最期にしてあげたかった。こんなにして看取ってあげれば良かった」

そう口に出して言ったら何だか涙が流れてきた。

そうだねと言った三年寝太郎もウルウル来ていた。

おたまちゃんは、本当にレディーだった。

穏やかでつつましく、可愛かった。

近所の人に可愛がられた。

にいは、やんちゃで元気で無邪気で愛想よし・・・。

「かまってかまって」と、いつも落ち着き無い。

その分、誰からも可愛がられ、デナリがこの18年間挨拶くらいしか話したことがない近隣のご主人にまで、「にいちゃんは元気で可愛いね」と話しかけられるようになった。

みんなに、

「良かったな、良かったな。」

「貰ってもらえて助かったな」と言ってもらえる。

・・・

だーさんは、毎朝早朝散歩の日課が復活した。

・・・

得なにいです。

プロのアドバイスは目からウロコ。

いい事教えて貰いました。

・・・・

・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

「あかね空」DVDみた

Img_6065 今日ね

「あかね空」

DVD見ました。

なんだか爽やかな気持ちになりました。

・・・・

何も予備知識も

キャストも

邦画なのか

洋画なのかすら知らなくて。

だって、DVDの装丁も真っ白で・・・・。

・・・

素直に生きること。

・・・・

真っ直ぐであること

真面目であること

ひたむきであること

・・・・

涙が湧いた

心がスッとした。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーマミ豆腐

Img_0405 石垣島から送ってきてくれた

ジーマミ豆腐

「琉の月」の箱の裏に・・・・・

ジーマミとは、沖縄の方言で地豆、つまりピーナッツのことをいいます。

ピーナッツの絞り汁を固めて作るジーマミ豆腐は、沖縄で惣菜やデザートとして広く親しまれています。

・・・・

石垣にいる甥っ子は大きくなっていた。

・・・・

「石垣島にいきた~い。」と三年寝太郎が言った。

それを聞いたとっとこ太郎も、「行きた~い。」と言った。

だーさんも「いいなあ~」と言った。

「また、石垣でダイビングしたいね。」とデナリも言った。

4人の気持ちが一致した。

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

「長州ファイブ」と「あかね空」DVD

Img_0404 DVDみました。

かねがね見ようと思っていた「長州ファイブ」

別に話題の松田龍平さんを見たかったわけではありません。

長州ファイブとは、前にも書いたことあるけれど、

   遠藤謹助

   井上馨

   井上勝

   伊藤博文

   山尾庸三

幕末の長州から禁制を破って、イギリスに渡航した5人

日本最後の夜に断髪して武士を捨てる覚悟は、当時すごい事だったんだと思うな~。

それにしても、この時代はなんて野蛮な感じがするのでしょう。

焼き討ち、殺傷、ほんとうに野蛮。

そうでもないか?今も変わんないか??

靴脱いで、床に正座。

5人で一つのバスタブに入るシーンは、笑っちゃいました。

・・・・

隣で見ていた三年寝太郎に・・・見ながら何気に・・・

「森鴎外の舞姫みたいだね~」って言ったら、

以前から主人公の太田豊太朗の事をとても許せないらしく、

彼の事を「クソ」と呼ぶ。

それで、

「ヨーゾーを「クソ」と一緒にしたら松田龍平が可哀想だ」

と訳のわからないことを言っていました。

三年寝太郎が人間性を疑われるからそんなこと書くなと言っています~。

・・・・

太田豊太朗に対する感想は、二分する所でしょうが

私も、許せない男だと思います。はいあれ?脱線??

・・

明日は「あかね空」を見よう。

・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪2009/1/14(水)/兵庫県六甲最高峰~

Img_6084 Img_6085 Img_6086 Img_6087

六甲最高峰はこんなだったかなあ。

40年ぶりのクロトのハゲさまと

25年ぶりのデナリですから

そりゃ、いくら記憶を呼び起こしても、話にならないのはあたりまえ。

Img_6091_2 あずまやに先客が2名おられて昼食されていました。

地面に雪があり汚れそうなのでベンチに座らせて頂きました。

Img_6092 階段登って下りてそれの繰り返し。

道を歩いたり

道を横切ったり

なかなかだねえ。

階段は滑りやすかったり大変だけど

雪があるとワクワクするし

私は好きだな~。

Img_6093 Img_6094 Img_6095 Img_6096

Img_6103_2 Img_6104 Img_6105 Img_6106 Img_6107

Img_6105 Img_6110 Img_6111

Img_6112_2 Img_6113_3

Img_6114_2 Img_6115_2

六甲山上の日本初のゴルフ場は雪。

Img_6116 Img_6118 Img_6119 Img_6120

Img_6121 堡塁岩も

見えた。

Img_6123 丁字ヶ辻から

山道に入った方がいいんだけど真っ直ぐ歩道を歩き続けた。

Img_6124 Img_6125 Img_6126

それでもいいんだけど、

ここのポイントで

摩耶山に向かって道路から左に山道にないらないとだめなんです。

見落として牧場のほうへ歩いてしまった。

早く気が付いてくれたので引き返せた。

Img_6132

Img_6131 Img_6133 摩耶山に向かって歩く。

階段を登って「星の駅」に着いた。

Img_6134 今回は

ここで終了。

ロープーウェイに乗って下界に下りた。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風よ吹け

夜勤入りの朝

一人になって家中の窓を全開した。

空気が通る。

気持ちがいい。

先日歩いた六甲山で、杉の葉の先に可愛い?花芽が葉にたわわに付いて葉が垂れ下がっていた。

もう日によっては、鼻の粘膜から血が付くほどに何かが飛んでいるのを自覚する。

本気で飛び始めるまでのほんの束の間。

気持ちいい。

・・

坂本冬美さんの歌きいて、胸がわくわくした。

♪ 風よ 吹け わが人生に

だって・・・・なんだかワクワクする。

そう言って、挑めたら素敵 

Img_6130

わが人生に悔いは無し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの曲「アジアの海賊」って言うんだ~あ。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

明日で14年

Img_6139_3 Img_6140_3

Img_6141_4

Img_6144 Img_6145 Img_6146 Img_6147

明日で阪神淡路大震災から明日で14年経ったんですね。

・・

先日六甲へ行って来ました。

山を休憩もせず、よく歩いてきました。

9時から宝塚を登り始め、山頂につき六甲全山縦走路を西に行ける所まで行こうと

歩きました。

Img_6135_2 Img_6136

4時歩き終了。

ロープーウェイに乗って下りました。

下の町を歩きましたが綺麗な住宅地になっていました。

この辺りも大変なことになっていたんだろうなと思いながら歩きました。

Img_6137 Img_6138

14年経っても変わらない計り知れない傷もあるんですね。

テレビ見ていて知りました。

胸がギュッとなりました。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚の鉄塔

Img_6051 宝塚より六甲山

山の鉄塔。

登りはじめに鉄塔のお迎え。

そりゃそりゃ撮らないとね。

・・・・

いつもの鉄塔と違って

とっても華奢。

パイプ状の足

手も華奢。

電線じゃない様な気がする。

違う。

家に帰ってきて写真を見たらそう思った。

・・・

鉄の塔を鉄塔と呼ぶのなら

鉄塔だけれど、電気を運んでいないんだとちょっとシケシケ~え。

高圧電線じゃないとね~え。

な=んて、何にも知識無いんだけどね。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

叱られた

Img_5864_2 

Img_58632009年元旦の夕刻

あいにくの天気だった。

しかし、寒い風も

暗い空も

いとおかし。

雨もあられもふるふる。

嫌いじゃないな。

運も悪くないと思うよ。

・・・・・

でもね、私は、ともかくよくしでかす。

・・・・

先日も、六甲に行って帰ってきた。

最寄り駅、電車を降りた。

そこで、ちょっとあってね。

だーさんに駅に迎えに来てもらってすったもんだ。

めちゃくちゃ怒られた。

近頃だーさんは怒りっぽい。

人と比べたら、本当に怒らない人だった。

しかし、近頃しでかすから悪いのはジュウジュウ承知しているが、

ともかくとっても怒る。

口をチョんがらせて怒る。

でも、何にも言わない。

「穏やかな人だったんだけどな~」と、ウォッチングする。

怒りを爆発させる事はないが怒っているのがよく分かる。

そんな時、人はどうするのだろう。

と思いつつ・・・・・。

まあ、しでかしたから仕方が無いんだが・・・・

・・・・

駅員さんに叱られた。

だーさんを巻き込んでだーさんの逆鱗に触れる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポロポロ落ちた子宝の木

Img_5800 子宝の木

ポロポロ落ちるからはじめの頃は珍しくて植えていたが

代を重ねるごとに適当になった。

昨年にいたっては、私が焼いた備前焼きの茶碗に受けて水を入れてプカプカ浮き草の様に浮かべていた。

それでも競って大きくなった。

Img_6155 かけた小鉢に移して土を入れてみた。

強い。

さすがだ。

水あげなくて乾いているのにビクともしないよ。

我が家で育とうと思ったらこれくらいのつわものでないとね。

・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兵庫県宝塚から六甲山・最高峰

鵯越駅から菊水山から六甲へ先日の続きを行こうかなと思っていた。

平日登山隊が、経さまが登山靴の修理で不参加になった。

柿さまが足首の不調で不参加になった。

比良山系細川尾根~武奈ヶ岳に行こうと計画しましたが、さすがに年始の降雪に加えて最近の冬型のお陰で再び降雪、2人のラッセルでは無理でしょうと計画変更した。

で、クロトのハゲさまに付き合ってもらって、六甲全山縦走のクライマックス、六甲山から宝塚の逆コースを行って来ました。

Img_6046 宝塚までが大変でした。

京橋で1回の乗換えで8時の予定が、線路を歩いている人がいたとかで

確認のために京橋に電車が到着しなかった。

Img_6047 臨時の各駅停車に乗って1時間遅れで宝塚

9時から歩き始めた。

既にImg_6048 塩尾寺に至るまでに道は白くなっていた。

お寺でお参りする。

先行の男女の2人が歩いておられたが、ここで挨拶したっきりそれから一ども会うことはなかた。

スピード速いのかと思ったがコースが違ったのでしょう。

鳥居もお参りして進む。

Img_6050 Img_6052

Img_6053 岩原山山頂

縦走路から入り込んでいるので

本番は日没して入るでしょうし寄らないでしょう。

Img_6054 岩原山山頂からは来た道帰るのもいいと思うが

尾根を下って縦走路に戻る道があった。

←こんな所でひょっこり合流した。

Img_6055 Img_6056 Img_6057

Img_6058_2

Img_6060 Img_6062

Img_6063_2 

Img_6064_2 Img_6067

Img_6068 Img_6069

Img_6072_2 Img_6073

Img_6074 Img_6078

Img_6079

六甲最高峰が見えてきた。

Img_6081一軒茶屋は閉まっていた。

Img_6082 Img_6083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

夕刻の木を見上げて

Img_5862

夕刻の木を見上げて写真を撮った。

今日は平日登山隊で雪深い比良に行きたかったんだけど。

参加者不足で遂に断念した。

六甲全山縦走の西向き宝塚から歩きに行っていることでしょう。

さて、何処まで歩いたでしょう。

油こぶし道を下りる程度でしょうか?

報告は明日でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレのカレンダー

Photo

雨の和歌山県・生石高原

この写真、昨年秋に撮ったんだけど、タイトルつけて保存した。

「この写真、葉祥明さんの絵のように撮りたかったんだけど」

あれまあ。長いタイトルですこと・・・・。

葉祥明さんは、思春期のデナリ少女は大好きだった。

便箋好んで使っていた。

・・・・

こんな事思いながら、今年のトイレに吊っているカレンダーは、葉祥明さん。

そのカレンダーにいい事書いているの。

・・・

愛するということは

ひと言で言えば

相手の人のことを自分よりも

大切に思うこと

自分を大切に思うのと同じように

大切に思うこと

どちらにしても

素晴らしいことです

・・・・

ですって・「CALENDAR2009 YOH SHOMEI」・・に書いてあった。

トイレで正月・・・こころをあらたに・・・用をたしながら・・感心したデであった。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうもろこしの砂糖

Img_5822_2 とうもろこしの砂糖

こんなものを見つけたから

とうもろこしって、バイオで需要が増えて足りないんだったよね。

Img_5823 ここに来て何ゆえ?砂糖に??

そう思って検索してみて、書いてみようと思っていたが

意外とデーターが見つからない。

さとうもろこし・・・って出てきたけど、違うみたいだし。

何なんでしょうね。

コーヒーに入れて飲んでみたが、三温糖にたいな感じ。

味は?敏感でないデナリの味覚は、特徴を識別できませんでした。

・・・とうもろこしの砂糖?

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

土石流危険渓流

Img_5967 私どもの地元の山では見かけない

こんな看板見ました。

土石流危険渓流

こんな普通の民家に近い道沿いの小川が土石流とは?と思ったら民家が近いから危険と言われているんだ。

山が崩れて土が堆積しているんだね。

こんな看板見たらどんな風に判断したら良いのでしょうかねえ。

馴染みのない看板にピンと来なくて戸惑った。

・・・・

土石流危険箇所等とは

 土石流の発生する危険性があり、人家5戸以上等に被害を及ぼす恐れのある渓流に加え、人家戸数5戸未満も含めた渓流。

・・・・

三年寝太郎が言った。

この辺はいいね。

山がすぐそこで海がすぐそこで便利で家も多くて・・・。

しかし、それって急な地形にたくさんの住宅だってことなんだね。

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日香村ジンジャーケーキ

Img_5407 昨年、寒い冬がやってきた頃

だーさんと自転車で明日香村を走ってきた。

その後、職場の人達と再び明日香村へだーさん行って来た。

その時のお土産が、駅前で買ったといっていたジンジャーケーキ

ケーキの中に生姜が入っていてね美味しかったよ。

真似してみようかなと思ういいヒントを貰いました。

寒い毎日が続いていますが、風邪などひいておられませんか?

あったかい飲み物飲んで、ほっこり暖かいおうちの中で、細胞のお休み。

神様がくれたご褒美のお休みだと思って、今年一番の寒気を楽しみましょう。

・・・・

そういいつつ、山に行く事を相談しているんですけれど・・・・・。

ほほほ~

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暴暴茶

Img_6007 とっとこ太郎に貰った横浜中華街のお土産

暴暴茶(ぼうぼうちゃ)

普通の烏龍茶なんだと思って何気に置いといた。

よく見ると不思議な感じ。

Img_6006 暴飲

暴食した後に飲むように・・・暴暴茶

驚くなかれ・・・薔薇の花が入っているのです。

薔薇の香りは、お好きですか?

・・・・

ジャスミンティにしようかと思ったらしいが、これにしたといった訳がようやく分かった。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

宅配ピザ屋に断わられる

デナリ、へんぴなところに住んでいる。

別に生活に困る事もないし、ちょっと便利でいいところと思っていたんだ。

かねがね宅配ピザ頼んでみたいねって言っていたんだ。

楽しみにしていたんだ。

年末に新聞チラシが入った。

キャ~!!!嬉しい

そのチラシ、今度楽しみに取っておいて・・・頼んでみた~ィってワクワクしていたんだ。

なのに、だーさん年末に捨てちまった。

お正月とか頼みたいと思っていたのに、頼めない~。

文句言いつつ、今度はチラシ入ったらきっときっと頼もうと心に決めていた。

そしたらね、今日昨日朝刊に入ってたんだ。

で、だーさんが見つけてくれた。

今日は、三年寝太郎ととっとこ太郎が居るのヨねえ。

4人で食事食べた。

変でしょ、4人で食事ってことさら書くところ。

近頃一緒に食べたい人は家にいない。

子供達が小さい頃は、だーさんいなくても3人でとっても楽しかった。

なのに、なんだか近頃だーさんと2人でばっかり食べている。

なんだかいいんだか。

話は元に戻って、

チラシを大事にとってコルクボードにとめてたら、三年寝太郎が見つけて

おやつに頼んでみようと言うことになった・・・・。

楽しみにしていた宅配ピザ・・・デナリのテンションはUPした。

・・・・

店の中間にある。

2箇所の電話のどっちしようかと思った。

1箇所目・・・・・・・住所言ったら地域エリア外ですと断わられた。

なんだ、あっちが配達担当だったか・・・・・。

2箇所目・・・・・・先に住所言った。なんだか三年寝太郎話している。

         ありえないのよ~

         あんなに私楽しみにしていたのに、

         中継地まで取りに来いと言われたらしい。

・・・・

なんなよ~なんなよ~。

Img_6041 取りに行くんだったら宅配の意味ないし~い。

中継地に取りに行くくらいなら、歩いて3分ほどで・・・若者に人気の有名イタメシ店へ行けるし~い。

・・・・

ありえな~い。

ありえな~い。

何でやねん。

・・・・

あほあほ~。

もう絶対たのんでやんないんだから~あ!!!!

もっとも・・・頼んでも来てくれないんだけどね・・・・

・・・・・

そんなにピザ食べたいなら、店に行けば良いと言われそうだが・・・そういうものじゃないんだな~あ。

家でグダグダしたのさ・・・はい

家族の誰一人「それじゃあ、ピザを食べに行こう」とも言い出さないし

           ・・・別に行く機会無い訳ではないんで・・・はい

お腹も減っている訳でもないんで・・・はい

焼き芋やさんの軽トラが速度早すぎで走り去った・・・焼き芋の気分じゃないんだな~あ・・・はい

血糖値がMAX・・・「何も食べたくない」と脳から指令がクルクル。

馬鹿にすんなよ~お!!

○○○○を!!!地元名

悪態つくつく!!!

へんぴな所に住んでやんの・・・・く~

仕方が無いんだけどね。

・・・・

デナリ:欲求不満の休日の午後であった。

・・・・

  

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンシジューム・イエローキャブ

Img_6017 Img_6019 オンシジューム

イエローキャブ

室内の10~20℃くらいの所に置きますと花を長く楽しむ事が出来ます。

新芽が出たらひとまわり大き目の鉢に植え替え手ください。

5月中旬くらいに日の当たる所に置き、

夏は涼しい所で保管してください。

Img_6018秋は室内の日の当たる所で管理してください。

・・・

品種登録出願中だって・・・・。

昨日花を買いに花屋さんに行った。

黄色に誘われて・・・買っちゃいました。

品種登録制度

植物新品種育成者の権利を保護することにより、多様な新品種の育成を活発にするための制度です。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/

読んでみたけどよく分からなかった。

難しい~い。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水洗だった

Img_5963 六甲全山縦走路

所々にトイレがある。

全山縦走マップに載ってある。

神戸市の市民トイレのマーク

ありがたいよね。

綺麗だし。

水洗でした。

てっきり、ボットン便所だと思っていましたが・・・・。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

支持する?支持しない?

今日は、成人式だった。

三年寝太郎は、成人式が済んでちょろっと帰宅しただけで、

あっと言う間に同窓会があるとか言って出かけていった。

他府県に行っている友がたくさん帰ってきているとかいって・・・・・。

私的には・・・家でお祝いご飯食べるつもりだったんだけど・・・・。

主役のいない夕飯を食べた。

里芋の味噌汁のせいで、口角の周囲が痒い痒い。

駄目だ・・・・・・くそ~!!不快なり~い。

アレルギ~万歳!!!

Img_6012_7

  ↑2009年1月11日(日)・・・今日の地元

今日は、成人式会場の外で、アンケートに協力したそうです。

・・・・

麻生内閣をどう思いますか?の問い。

支持する・支持しない・わからない

三年寝太郎は・・・・・・?(ここには書かない。)

・・

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒の帯締め

         ・・・・・欲しかったImg_5222 黒の帯締め

この帯締め・・・・・・・大半がまっ黒なのよ。

なのにしめて見たら赤かった

不思議なのもですね。

わっから無いものですね。

表に見えているカラーは、意外と本体のカラーではないんだねえ。

氷山の一角。

物の本質もこんなものかもしれないね~などと、思ったりする。

・・・・・・

本日地元の成人式。

明日は近隣の自治体の成人式と聞く。

おめでとうございます。

・・・

成人式。

・・・

だーさんは・・、はるか昔昔その昔・・・行かなかった。

彼の実家の地元の神社の神主さんが、神社で彼の幼馴染の友と成人式のお払いをしてくれたそうだ。

・・・

私は、だーさんと歳が離れている。

私は、同い年の友達に迎えに来てもらって成人式に参加した。

帰りも送ってもらって帰った記憶があるが、

だからと言って式の内容については何ら記憶が無い。

その時貰ったアルバムが今もある程度です。

・・・

成人式の写真が残ってあるが、今までに何回その写真を見ただろうか?

お見合いもしたことが無いから、その写真は家族以外の誰かに大々的に見てもらったこともないし・・・。

この歳になってしまっては、わざわざ引っ張り出してみる事もないしなあ。

あの写真も何のために撮ったんだろう?

要ると言えばいる、要らないといえば要らない。

・・・・

成人式って何なんだろうね。

 幸せの儀式 

・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の写真

Img_5305 ほら谷の先に見える左手の

イグアナの背中の

タテガミみたいな所・・・あそこが

三重県・鈴鹿・

御在所岳・

藤内壁前尾根

↑撮影:デナリ↓↓↓↓↓↓↓

Img_5306

Img_5317 Img_5318

Img_5319 Img_5320

Img_5338 Img_5331

←伊勢湾が見える。

雪が舞った。

強い風が吹いた。

鈴鹿も冬。

(08年12月初旬)

Photo ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

チョロッと登る私。

この写真  撮影:あけもどろ紀様◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

通販で

Img_6005 ←これ、何と思う?

先日通販でだーさんが買ったものなんですが。

正月早々からだーさん、日曜大工ならぬ、正月大工。

自転車増えた。

大事な自転車を大事に保管するために、壁にこの金具を取り付けて

自転車を引っ掛けるらしい。

あと2つ買いたいらしい。

いったい何台自転車???と、問いたい。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車を止めた・・おほほ

兵庫県・神戸電鉄・・・・・・Img_5997 鵯越駅でしでかした

「電鉄会社の相互乗り入れ」の無い地域で生活しているので

券売機での切符を買う時に戸惑う事しきり・・・・・・。

そもそも、電車に乗らない生活してますもので・・・・・。

・・・・

鵯越駅~梅田行き

神戸電鉄~阪神電車なのね。

・・・・

山の帰り道、電車に乗った。

私が駅舎に着いていないのに、ホームに電車が到着した。

「この電車を逃しても後に何本もあるよ・・・・・。」と私は言った。

駆け込み乗車なんて、デナリのポリシーが許さない。

しかし。

フッと気がつくと、だーさんは電車に無理やり乗る気。

電車止めている。

三年寝太郎に切符を買うようにだーさん言いつけた。

それを聞いてデナリも買った。

「だーさんは切符を買う時間無かったんじゃないかな?」っと思って、

もう1枚買ってたら、改札の向こうで

だーさん三年寝太郎が電車の乗り口に立って、「何してんのよ!!」と叫んでる。

開いたままの改札を無理やり通ろうとしたら、ゲートが閉まりかけた。

突っ切ろうとしたデナリに運転手さんが、「待ってあげるから切符を改札に通しなあ」と言ったらしいが、デナリには全く聞こえない。

電車中のみんなが私を見ているし・・・。

舞い上がったデナリは、改札を突っ切って電車に飛び乗った。

ほほほ~。

電車を止めて乗り込んだのであった・・・・・。

ふ~

・・・・

だーさん、ICOCAを持っている。

だから、切符買わなくてもいいんだったんだって。

だって~え、神戸電鉄がICOCA使えるって知らなかったんだも~ん。

電車止めて何故悪い!!!

待っちくりと言った覚えはにゃ~あ。プン

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷら~ん。ぷら~ん。

Img_5985_2

ぷら~ん。

Img_5986ら~ん。

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

ぷら~ん。

ぷら~ん。

・・・

正月明けた

おめでとう。

・・・

年のはじめの

外歩きで

見つけた。

・・・

ぷら~ん。

ぷら~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

打合わせしたのかな~あと、話してたんだ。

Img_5922

三年寝太郎と山で話してたんだよ。

・・

この町並み。

・・・

なんだか・・・みんなで相談して、打合わせしたのだろうか?

瓦の波を演出したのだろうか?

・・・

萩へ行った時だっただろうか?

みんな同一色の屋根の色を見た町があったが、それはそれで素敵。

これはこれで素敵。

これも、おもしろス。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hibワクチンって知っている?

可愛い実赤いヒラヒラ

まあ、なんて写真撮るの下手なんでしょう。

とっても可愛かったので、ボケていても使いたかったの?

Img_4702_3 Img_4703   

/

/

/

/

/

/

新年、昨日は七草粥食べましたか?

うちは、食べず。

Hibワクチンって知っている?

インフルエンザ菌による細菌性髄膜炎を予防するワクチンです。

現在は世界100カ国以上の国で公費で接種されています。

日本では、昨年12月19日に発売され、自費で接種が出来るようになりました。

4歳を過ぎると、かかる子が激減するのでそれまでの小さい子に必要なのです。

生後2ヶ月過ぎるとうてます。

・・・

発売その日に、たまたま小児科の手伝いに行った。

予約しますか?って、受診に連れて来た来たママ達に、聞いていたから知りましたが、

あんまり知られていないかもしれないね。

・・・インフルエンザ菌って、冬になって流行する、インフルエンザウィルスで大流行するあのインフルエンザとは違うのよ。

紛らわしいよね~。

昔・・・ウイルスの検査ができなかった頃の事。

インフルエンザの患者さんからHibが見つかり、当時はインフルエンザの原因菌と考えられたためこのような名前が付いたんだって。

・・・

三種混合ワクチン(破傷風・百日咳・ジフテリア)が生後3ヶ月か注射できるんだけど

そのワクチンと同時にうてるんだ。

いいかもしれない。

・・・・

細菌性髄膜炎になんか、うちの子がなって欲しくないもんね。

予防接種やワクチン好きなデナリ的にはGOOD!

・・・・

インフルエンザバリバリの高熱の酷い症状の妊婦のママが

年末年始の急患で、勤務中に診察に来た。

夜に何人も来たよ。

予防接種をうっていたら、こんな辛い目に正月そうそう遭わなかったのにね。

そういうママのパパは、マスクなんかして付き添って来ているけれど、

時間の問題だろうね・・・ママからインフルエンザ貰うのは・・・・。

夫婦揃って予防接種うってないんだもん。

「「今うつるんならうつればいいや・・・・山の予定も無いし、受験生がいるわけじゃないし、幼い子がいるわけではないし、免疫も獲得できそうだし・・・」そう思った。

だから、すすんで診察についた。

さすが~あ、予防接種。

うつらなかったよ。

診察のみならず、脱水予防で点滴うったママのお世話したけど。

・・・

まんざら、無駄じゃないんだよ。

健康な調子のよいときにうっとく事は・・・。

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝陽をますます浴びる

Img_6008

Img_6009

/

/

/

/

/

/

/

/

/

昨日の朝陽

朝一番早いのは・・・・。

近頃、朝陽をますます浴びる。

Img_6010

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

母子健康手帳35・・・大阪府吹田市・・水玉(ピンク黄緑青)

Img_5867_2  母子健康手帳35

   ・・・水玉(ピンク黄緑青)

この母子健康手帳は

大阪府吹田市からの

里帰りのママのものです。

・・

何だか見たことあるなあと思った。

でも、もしかして

・・・と思ったら色違いが既にUPしたことがあった。

Photo ←ほらね。

  うっかり、撮り損ねる所だった。

  それにしても、この母子健康手帳どこの母子健康手帳だったかな~。

そのころ、まだこんなにたくさんのバージョンが全国にあるなんて知らなかったから

何処からの里帰りのママの母子健康手帳なのか記録が無い。

今度チェックせねば。

・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒熊神社に初詣する

Img_5941_2 Img_5943_2  神戸六甲全山縦走の下見

須磨アルプスを下りて市街地を歩く。

やがて、野路山公園を左に見つつ山道を登る。

瀬戸内海がキラキラ輝く。

Img_5944_2 

Img_5946 荒熊神社

春日神社

六甲全山縦走本番は。

時間短縮、次はこの2社、巻いて飛ばすしかないね。

Img_5947 Img_5948 Img_5949

初詣

荒熊神社にする

今年三社目~ェ。

Img_5950 Img_5951 Img_5952

Img_5954 Img_5955 Img_5956 Img_5957

Img_5958 Img_5959

高取山山頂

ここも、山頂巻き道あるんだけど

時間短縮・・飛ばすしかないね。

Img_5962 Img_5965

公衆トイレが要所にあって助かるね。

写真も撮りたいよね。

神社なんかもお参りしたいよね。

でも全山縦走するには、

いろんな所でそんな時間費やすと、ちょこちょこ短時間でもトータル1時間~2時間、飛んでしまいそう。

やっぱり、当日は先へ先へ進むしかないな~と考える次第であります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」と「レミーのおいしいレストラン」を見た。

Img_5842ユー・キャン・カウント・オン・ミー」

「レミーのおいしいレストラン」

さ~て、おもしろいDVD見てます。

心に浸み込む、潤う。

身も心も頭も柔らかくなる。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムズムズ

Img_6001 六甲全山縦走マップ 400円

この地図を手に行って来ました。

分かりやすい。

住宅地の中を高倉台・横尾・丸山と市街地歩くが、お陰で・・私は迷う事なかった。

山に行って、市街地を歩くのが嫌だと感じる人もいるだろうし、

勝手が分からず、迷う人もいるだろうが・・・・

私には、意外と面白かった。

何だかオリエンテーリングといいましょうか、よく行われるチェックポイントを探して街中を回るゲーム感覚でスッスと進めましたよ。

丸山のガソリンスタンドの所は、地図も見ないで何となく右折したけど、すぐ違う気がして確認して難なかった。

次ぎ行く時は、確認しなくても全コース覚えたから問題ないな~。

ワクワクしながら歩ける初回が、ある意味楽しかった。

下見なんかするものじゃないな。

・・・・

六甲全山は、

はるか25年ほど昔に、

菊水山から宝塚までと、

宝塚から逆コース行った記憶がある。

先日歩いた須磨浦公園駅から菊水山駅までは、未知だったので嬉しかった。

綺麗だった。

東向きの縦走の記憶

「菊水山の登りがしんどかった。」

ザックに1キロの砂袋を詰めて登った。

集合時間が間に合ったので、夜勤明けで参加した。

そんなことするからしんどかっただけなんだが。

夕刻になると、さすがに疲れてきて、もう一歩で保養所の頃にくたくただった記憶がある。

座り込んだデナリに、あけもどろの槙様が付き合ってくれた。

木の隙間から差し込むオレンジ色の夕日は記憶に残っている。

疲れて蹴りこみながら歩く私に、そっとそっと着地するように歩くことを勧められた。

その日から、誰よりもそっと着地するように、上りも下りも歩くようにしてきた。

この甲斐あって、今も華麗な歩を武器に日々山に行く

六甲の夜景を見ながら当時のあけもどろのみんなとすき焼きを食べた。

予定通り、六甲山上にある保養所に泊めてもらって、残りを次の日に歩いた。

・・・・・

西向きの縦走の記憶

その時の記憶は、「楽だった。」

夜に宝塚に着いた。

電気を照らして鉄塔の麓まで歩いた。

テントを張って寝た。

次の日は、朝から歩いた。

こっちは、記憶あんまりない。

だーさんは、こちらの頃から参加したらしい。

だーさんが参加していた記憶無いし、一緒に歩いた記憶もない。ハテ?

・・・

また、行きたくなってきた。ムズムズ

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しかったよ寂しかったよ

Img_6000 私が須磨アルプスに行った4日

とっとこ太郎は帰ってきた。

「早く帰って来い来~い」と待っていたのに、

肝心な帰宅時に家にいなかったのは、何とした事か!!!

寂しかったよ。寂しかったよと・・・帰宅を喜びたかったのに・・・・。

12/30・31・1/1・2・3・と5晩を留守にしてようやく4日に帰ってきた。

お土産は、

ディズニー「タワー・オブ・テラー」チョコ菓子と、

中華街で買った「暴暴茶」

まだ、飲んでないんだけどね。

・・・・

いっぱい土産話を聞きたいのに、つれないなあ~。

・・・

「感想は?」

・・・

「面白かった。」

・・・

それだけかい!!!!

・・・

山の帰り・・・

阪神百貨店デパ地下で買って来たお惣菜を今年初めて家族全員揃って食べた。

デパ地下好きじゃ~あ。

・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

きちきち残す気もないが忘れそうなので・・須磨アルプス

Img_5886 下見に行った。

家族とぼれぼれ登った。

途中休憩ポイントがいくつかある。

Img_5887_2

Img_5888 Img_5889_4

Img_5890_4西

Img_5889_5 Img_5890_5 Img_5891_3 Img_5892_2

/

どなたかおられた。

何してんだろう。

/

鉢伏山までは、ロープーウェイと観光リフトがあって、頂上には公園があってね。

もちろん使わないけれど・・・。

そこで家族連れが遊んでいたから写真撮らなんだ。

この山頂は巻いてスルーする道を行った方がわずかだけれどいいかもね。

Img_5893

Img_5894 旗振山(253m)は、休憩できる所があってね。

明石海峡大橋がそこに見えるんだね。

旗が本当にはためいていた。

Img_5895 鉄拐山(234m)だーさん三年寝太郎が頂上の標識前で

「ウィッシュ」して、写真を撮った。

しかし、「ウィッシュ」を知らないだーさんDAIGOを説明していたら

注意力散漫になったらしく、ウッカリ下山方向を誤った。

写真の右にいかにも全山縦走路らしき方に道があるけど、だめだめ。

ベンチの左に階段あってね・・そこへ下ってね。

うっかり下っても頂上を巻いて合流する道があるから、引き返さなくても縦走路へ戻れるよ。

Img_5897 おらが茶屋

真っ直ぐ進むすすむ。

/

Img_5898_2 高倉山

地図上で何処なのかわかりましぇ~ん。

写真撮っているので一応載せときます。

階段下りて団地中を真っ直ぐ抜けて、だーさんスーパーに入って買い物したそうだったけど却下して、郵便局・交番前を通って真っ直ぐ真っ直ぐ。

Img_5899 橋を渡ってようやく左折。

急な階段をがんがん登るとImg_5900

Img_5901 Img_5902

須磨アルプス

栂尾山(274m)

横尾山(312.1m)

Img_5903 Img_5904 二等三角点があった。

須磨アルプス

馬の背にいよいよ近付いたらこんな看板

/Img_5905

Img_5906 Img_5907 Img_5908 Img_5909

Img_5912 馬の背の看板

Img_5911 ♪かえりみすれば遠ざかる

栂尾山横尾山

Img_5916 東山

/

/

Img_5915 振り返れば

栂尾山と横尾山

Img_5917 Img_5918

Img_5919 Img_5920

:

東山の何処かから西を見る・・・・海から街まで見渡せる。

ツラツラ思うに・・・六甲全山縦走西行きは、夕方に此処までのUPダウンを繰り返すとな?

ちょっときつ過ぎるね。

参加者を2つに分けて、お互いクロスして、それぞれの車を回収しようと思ったけれど。

嫌だな~西向き班になるの。

街中の表示は、全て東向き用になっているから、西向きでは、確認しにくい。

夕刻や夜では、きっと見つけられないね。

覚えて通るしかないね。

・・・・

何故だろう?

近年・・・山に行って、筋肉痛になった事なんてないのに、

たった5時間の200~300mの低山をアップ・ダウン7回繰り返しただけで、

朝から筋肉痛。

心地良い筋肉痛。

かすかな痛みが山の余韻を私に伝える。

階段のせいかなあ?

・・・

確かに普通の山行きじゃないね。

いつもの筋肉と使うところが違うようだ。

・・・

プレ全山縦走を計画して体験してもらわないと、無理だな。だな。

計画するの止めようかな~。

揺れるデナリでありまする。

まだまだ、2009六甲全山縦走ネタで、ああでもないこうでもないと書き続けないと駄目なようだ。

どうなることやら・・・。

それにしても久々の筋肉痛・・・ひらめ張りせねば・・・・。

//

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小あじのおそうじ

Img_5782

昨年末、真知母から「魚を取りにおいで」とメールが来た。

・・・

仕事が終わってこれから取りに行こうと思っていた。

職場から外に出ると表の道に真知母が車で待っていた。

・・・・

なんだか子供の頃を思い出して、ホッコリした。

この歳になっても、母恋し。

・・

一年間に数える程も会わないけれど、元気でいてくれるただそれだけで、

私は幸せな気持ちになる。

娘って幾つになっても、こういうものなんだね。

私も元気で楽しく長生きを目指そう。

干された小あじ・太刀魚の切り身・・・・どっさりありがとう。

おいしく食べました。

・・・・

今年も元気で幸せにいてください。

・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

母子健康手帳34・・・京都府木津川市・・・ミッキーとミニー

Img_5830 母子健康手帳34・・ミッキーとミニー

・・

今日から2009年母子健康手帳

・・

この母子健康手帳は、

京都府木津川市からの里帰りのママのものです。

可愛いね。

抑え目のバックの色がいいね。

・・・

そう言えば、母子健康手帳のキャラクターたちも著作権あるんだろうな。

写真撮ってもいいのかしら?

今年も見つけたら写真に撮るよ~。

楽しみに撮るよ~。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のそのそ起きて

Img_5869 Img_5870

Img_5872_3

/

/

Img_5872_2 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

だーさんは、1月4日(日)朝・・・こう言った。

今から出れば6時40分の電車に乗れるぞ!!!

そう言って、私達を6時過ぎに起こした。

起こすの遅すぎ~。

だーさんだけ、早起きしてにいの散歩に連れて行って用意完了していた。

のそのそ起き、用意をしてようやく出発したのは、7時を過ぎていた。

正月休み最終日朝は誰にも会わない。

駅に向かって歩く歩く。

Img_5873年末から6日間、東京に行ったままのとっとこ太郎

負けた選手団と共に帰ってくる。

そんな日に山にワザワザ行かなくてもいいものを~と

思いながら、のそのそ出発した。

出発が遅くなったがそのお陰で、大阪駅まで乗り換え無しの電車に乗れた。

Img_5875 阪神電車で山陽須磨駅で乗り変えて各駅停車に乗り換えて1駅

須磨浦海岸駅に着いた。

駅舎を出たらすぐ前は瀬戸内海がキラキラ光っていた。

Img_5874

Img_5877  登れば登るほど、海が広がり嬉しくて写真撮り。

そりゃ、こんなトコで写真撮っていたら時間使うわな~。

ともかく、写真撮り倒すだろうな~。

こりゃ、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南天の赤い実

Img_5802 南天の赤い実

何だか幸せな感じがするね。

・・・・

家の鬼門に植える。

難を転じる。

南天。

・・・・・

我が家に降りかかる難を今年も転じてもらって・・・・・・。

お~っと、他力本願。

・・・・今年も他力本願~。

・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

六甲全山縦走

ただいま。

今日は、家族で2009年初山歩き行って来ました。

山のスタートは

瀬戸内海・兵庫県・須磨浦海岸の海

Img_5878 Img_5879

Img_5880 Img_5881

右端の写真には、明石海峡大橋が見えています。↑

・・・・

あけもどろの山行きの担当がまわってきます。

何処行こうかなと思っていますが、

新田次郎「孤高の人」のモデル加藤文太郎がトレーニングに歩いたという

六甲全山縦走を考えています。

Img_5882 Img_5883

Img_5884 Img_5885

でもね。

・・・

既存の11月に行われる六甲全山縦走は、

大勢の人が参加して

大勢のサポートがあって

大勢の 足に体力に自信があって、それなりのトレーニングを積み重ねた人が

自分試しに自分の意思で申し込んで自分の意思で歩き通したり、リタイアしたりする。

・・・・

そういうところが、ネックになる。

みんなで団子になって歩く団体の山行きにするには、調整が要る。

1日で、全行程(兵庫県須磨浦駅~兵庫県宝塚駅)全50キロの山の道を歩き通す。

12~14時間とか言われるけれど、果たしてそれだけ費やしても行けるかな~。

・・・

ハイキング気分で行くと楽しい訳が無い。

それまでのプロセスとそれまでの体力作りを楽しんで

自分のモチベーションを「完走するぞ!!」とそんな風にUP出来ると楽しくなってくるものかもしれない。

無理かもしれないね。

・・・・・

企画だけでは成り立たないかもね。

考えてみた。

もしも、全員参加したとしても、果たしてあけもどろの何人が完走できるだろう。

・・・

この企画を私でない誰かが計画してくれたら、私は完走するかどうだか自信がないが、即、参加するんだけど。

計画する段階から「無理かもな~あ」と、今日はちょっと思ったりして・・。

・・

帰宅して風呂入ってご飯食べたら・・・弱気なデナリが強気に変わって

再び・・・行けそうな気がしたり・・・・。

・・・

山は、企画と天候と・・・といつも思っているけど

こればかりは、それだけでも無さそう。

・・・・

さて、どうしよう。

しかし、一般の人が参加して完走するものを、

山岳会「あけもどろ」という名の元に山に行く団体なのに、完走を目指さないなんて寂しすぎるよね。

・・・・

どちらにしても、

私は今年中に

六甲全山縦走

(東行き)2回に分けて、(西行き)2回に分けてした後、

全山縦走トライしますわ。

・・・

時期が早すぎるのかな~。

しかし、5時出発で、17時か~あ。

・・・・

12時間で済めばいいけど。

・・・・

これは、難しい。

そもそも、こんな計画に何人が参加するだろうか???疑問。

・・・・

階段多い。

膝痛い?

・・・・

あ。今日の山は楽しかったよ。

だーさんと、三年寝太郎と3人で。

半分を。

半分のつもりが、実は・・・。

朝起きたのは、遅くって・・・家出たのも遅くって・・・

須磨浦海岸駅を歩き始めたのが10時だったの・・。

で、ヒヨドリ駅・・・日も高いうちに終了しましたの。

軟弱一家ですわ。

・・・・

まあ、それはそれで・・・・。

・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金手帳

Img_5821 年末も差し迫り、

三年寝太郎の年金手帳が送られてきた。

いよいよ大人の仲間入り。

掛け金意外と高いのね。

学生で収入も無いのに驚いた。

だーさんが、払うという。

あと何年払い続けてやらねばならないのだろうね。

払えるのは幸せなのかもしれません。

無事によくぞここまで成長してくれたと、その事に感謝して、これから先も

健康で幸多かれと祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も元気に行きましょう。

Img_5617_2

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

おはようございます。

すがすがしい朝をお迎えの事と思います。

今年も幸せな毎朝が迎えられますように。

今日も元気に行きましょう。

・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

鎮守の森の神社にお参りする

Img_5857 Img_5858

Img_5859 2人と

にいとで

初詣する。

ワンコの散歩はお断り

だから外の田んぼで待ってもらって、初詣した。

夕刻は、闇にかわり、影はとっても素敵に見えた。

ちょうちんは、幻想的だった。

Img_5863

Img_5864_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツナガルココロとパンズ・ラビリンス

Img_5824 「ツナガルココロ」

見ました。

高校生の女の子があっちで頭打ち、こっちで頭打って、いろんな人とココロをつなげて成長していくって感じでしょうか。

この歳になると・・・少々幼すぎて・・・はい

「パンズ・ラビリンス」

微妙。

何なんでしょうね・・・死んだお母さん。

何なんでしょうね・・・主人公の女の子。

簡単な話のようで、そうでない様で訳わかんない。

寝ぼけた頭と目で見たからな~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただそれだけ

Img_5668 /

/

/

/

/

/

/

/

/

丹波・白髪岳の頂上

・・・

可愛い。

羽子板の羽根のような。

・・・

感じしない?

コツン、コツンと

羽根つきしているような。

音が響いてくるような気がしない?

今年も

心身共に健康で家族みんな一年過ごせますように   ・・・・ただそれだけが、私の願いです。

それ以上のものは、欲張りません。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

綱渡りな夜

Img_5866 今年のエプロンを買ってもらった。

何だか自分で買うよりプレゼントしてもらった方が御利益あるような気がした。

そして、エプロン持って氏神様にお参りに行きました。

♪村の鎮守の神様の今日はめでたい

・・・

エプロンUPは、今年で3回目。

毎年ラッキーカラーに選択基準を置いて年始一回目のお産から使い始める事にしている。

一昨年は、ライトグリーンがラッキーカラーと聞けば、緑系

昨年は、赤と聞けば、赤系

今年はオレンジと聞けば、オレンジ系を探した。

・・・

まあ、この色がいいと思えば、いわしの頭も信心。

・・・

おそろしい綱渡り。

薄い氷を踏むような怖いお産でありました。

・・・

VBAC(Vaginal Birth After Cesarean )ブイバックと読みます。

帝王切開後の経膣出産・・

・・・

先日は7人のママが1晩にお産をした。

その中にVBACのママがいた。

・・・

地元の産科医院の相次ぐ閉院の影響を受けて、私の勤務する職場の分娩件数が増えた。

それに伴って、

①前回他院で帝王切開を受けた妊婦さんはリスクが高いので大きな病院での管理をオススメしている為、予約を受けない。

②前回当院で帝王切開を受けた妊婦さんでもリスクが高いので次の妊娠は必ず帝王切開を受けるようになる。

③・・・②でオススメしても経膣分娩(VBAC)をどうしても希望される方は大きな病院へ紹介する。

そんな風に、病院の方針が表明された。

・・・・

ところが、比較的リスクが少なかったのは分かるが、

何の特例なのか前回帝王切開のママが当院でのVBACの許可が出た。

・・・

そして、そのママは、37週から陣痛始まったと言っては、入院をしてきた。

しかし、お産が進んでこなかったので何度も自宅に帰る。

そう言うフライングを繰り返し、分娩になりそうに陣痛が起こってきた。

・・・

よりにもよって、31日の7人生まれた夜だった。

夜じゃなくて昼間に陣痛おこってこなくてもいいのにね。

よりにもよって、帝王切開2件あった夜に陣痛起こらなくていいのにね。

・・・

分かっている。

VBACのママは、注意に注意を重ねて、子宮破裂が起こらないかに細心の注意を払う。

そんなこと出来る筈も無い夜だった。

・・・・

3人のチームでケアーする。

しかし、

・・・・

31日の昼間に帝王切開が2件あった。

帝王切開で生まれた赤ちゃんは翌日まで保育器に入る。

だから、その子達の看護にNSは1人取られる。

・・・

術後直後のママが2人抱えたもう1人がママたちのケアーをする。

そして、次々生まれていく。

おまけに、産後のママは、そのスタッフがケアーしてくれる。

・・・・

みんな、自分の任務に精一杯。

分かっている、誰もが許容量以上の仕事を精一杯している。

何かを削って、何かを選択して、咄嗟の判断を瞬時に右!左!と決断して

一晩中働いた。

・・・

しかし、VBACも無事に普通分娩としてお産が済んだ。

生まれてみれば普通分娩。

・・・

しかし、怖かった。

他のお産も次々あって・・・・この人につきっきりで居られない。

・・・

何でこんな夜にこのVBACのお産を私が一人で看きらないと駄目なのか。

生まれて朝が来て思い返して怖かった。

・・・

麻酔医がいて、産科医がいて、帝王切開がいつ必要になってもいい状態において

お産するそんな状態が望ましいVBACなのに・・・・7分の1の紛れたお産でありました。

・・・

思い起こせば幸運でありました。

しかし、怖いお産でありました。

・・・

当事者の助産師は、薄氷を踏んで池を渡リ切った心持ち。

苦渋の選択でお産がいよいよ進んでくるまで、分娩室に入室させて上げられなかったのは、進む順番があったから・・・。

いよいよママにきばりたいと言う感じになって来た時、入れてあげる分娩室が無かった。

・・・

スタッフのフォローの介あって、

ともかく何事も無くて本当にデナリは命拾いした。

・・・・

こんな事もあるから、神頼み。

いくら守られていると言って、自分を信じていても、他の事していたら急変も分からない。

そんな綱渡りの夜もある。

・・・・

だから、エプロンに願をかけて

げんをかつぐ。

・・・・

そうして、運がいいと自分に言い聞かせる。

私は守られていると自分を信じる。

・・・・

今年もそうしてお産が大好きなデナリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の黒豆もぐ~!!

Img_5841 今年の黒豆は、いつにも増して美味しくたけた。

うちの黒豆は自慢だよ。

大粒・艶艶。

やっぱ丹波の黒豆だね。

・・・

今年の12月も丹波の山に行こうか。

だって、黒豆買えそうだし。

とっとこ太郎がいなくって、3人だったのに、350gの黒豆は元旦の夜にすっかり食べちゃいました。

黒豆好きなうち。

美味しい黒豆食ったから、マメに1年過ごせそうです。

。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A HAPPY NEW YEAR !

Img_5805 A HAPPY NEW YEAR!

プリンターが具合悪くてね。

カートリッジを交換するんですけれど、

それに注ぐインクを買ってみた。

ちゃんと、説明書を読めばいいものを、

テキトーに注いでみた。

慎重にソコソコ注いでいたんですが

最後のインクを注いだら何だか気が大きくなって

どんどん大胆に注ぎ始めた。

そしたらね、底の小さい空気穴?からインクがドバドバ溢れ始めた。

あわてて、拭き取った。

がまあ何てことないと思い、プリンターにセットした。

それ以来、プリンターがおかしいの。

こんな色に設定してないのに~思わぬ色に印刷される・・・・・。

で~え、年賀状をあきらめた。

出したのにデナリから年賀状が届かないと思った方はゴメンなさい。

ね。

残念・・・元旦に来た年賀状に返事を書きましょうね。

そういえば、だーさんの部屋のプリンターは健在です。

しかし、面倒だし貸してというのもうるさいし・・・。

さ~て、いかがいたしましょう。

これが今年のんじゃないんだけれど・・・とりあえず・・・おめでとうさん。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

今年初の初詣も自転車で

Img_5847 Img_5846

あけましておめでとう。

今日は、朝から霰が降る。

地面に落ちたアラレはすぐ解けた。

2人自転車で走る。

Img_5849 Img_5851

こんな天気だし、朝早かったので

境内には人がまばら。

端から端までお参りする。

こま犬さんは3対

Img_5850 Img_5852

三年寝太郎は、お神酒をオススメしていました。

親ばかは、袴姿が嬉しくて写真撮る。

お隣の人は、このオバサン何!!って顔していた。

ごめんなさい、驚かせて。

Img_5856Img_5845  真冬の風が吹くが自転車こいで身はポカポカ。

冷たい手洗いも気持ちがよかった。

ドラム缶で燃やすたき火にもあたる気がしなかった。

Img_5853 Img_5854

Img_5855 Img_5844

Img_5848

今年は丑年

こんなに見たら牛のいる神社も

意外と多いのね。

牛の頭撫でさせてもらった。

今年も幸せな脳みそ

・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「年のはじめもさだまさし」

「年の初めもさだまさし」見ています。

眠い目をこすりつつ、こればっかりは見逃せません。

楽しく見せてもらっています。

Img_5840_3

だーさん、おめでとうさんと言いつつ二階へ行って寝ちまった。

三年寝太郎、神社のバイトが終わって深夜2時に帰ってきて仮眠して朝8時から再び

神社にバイトに行く・・・コスプレ姿を見に私達も行こう!!!

とっとこ太郎は、今年もまた、母校の応援に東京へ行っている。

1回戦が勝ち抜いた。

3日の朝まで帰らない。

私、NHK見てる。

Img_5839_2 

写真は、大晦日の川辺。

自転車で夜勤明けを自転車で帰宅途中。

Img_5838_2 次は

2月14日だって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。白髪岳の赤い実

Img_5651

Img_5028

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »