« 小さくておかしい「SAINT ☆おにいさん」 | トップページ | 紫式部が本当に枯れた »

2009年1月20日 (火)

自分を思い知る

人間の構造。

近頃、人によく驚かれることがある。

何を?

「まあ、デナリらしい。」

ってこと・・・・。

・・・・

人を構造するものは何なんだろうね。

「一つのことに対処する方法」を取り上げてみても、驚いた。

Img_6158_2 先日、

←写真の中の

雪だるまのシールを貼ったメモリーチップを郵送した。

デナリは雑だから、メモリーチップのプラスチックのケースは

封筒の重量の軽量化のために使わず省いて、裸で送った。

返信を依頼していたので、送り返されてきた。

それが、キッチリしているのでびっくり。

だって、

デナリだったら、「そうしろと言われても ここまでは出来ないな~」と思う位にちゃんとしたものだった。

ケースを作って、ゴトゴト動かないように緩衝用のシートまで入れてくれて。

Img_6157 おまけに切手まで入れてくれた。

相手の人に対する思いやり、物に対する心使い。

真似しろと言われても思いも及ばない。

無理。 絶対無理。

「デナリがデナリらしい」と言うことが、ここにあるんだろう。

出来ない。

デナリには逆立ちしても出来ない・・・・キッチリ対処すること

自分はザルで雑なんだと身に染みた。

一生、几帳面な人間にはなれないな~と、実感した。

年令を重ねるごとに、ますますテキトーになって行く自分。

別に返信してくれた方が私に苛立つのを感じた事は無いと先にことわっておくが。

私の側にいる人が私に苛立つとすれば、ここだろう。

私のテキトーさ

まあ、そう思っても何とも出来ないのは知っているから

無駄な努力はしない。

あがいても焦っても仕方が無い。

私は私なのだから・・・と、納得させる。

「届いたお礼メール」もしないでこんな事をヌケヌケ書いている所も・・・

あきれるほどに私らしい。

グスン

こう・

|

« 小さくておかしい「SAINT ☆おにいさん」 | トップページ | 紫式部が本当に枯れた »

コメント

私は「about」といわれいています。
でも、そのきっちりした人たちが私のアバウトさにどれほど救われているか!と自負しています。
きっちりしている人たちだけじゃ息苦しくて、疲れて
きっと遊びの部分がなくて潤いも楽しさも半減しますよ。デナリさんバンザイ♪
・・・でも、このたぐいを送るときはやっぱり気をつけますね。緩衝材いれます。お礼の切っても入れます。
たぶん職業柄です。後はいたってabout。

投稿: ふぁん | 2009年1月21日 (水) 23:10

ふぁんさまへ  デナリ

こんにちは。
ふぁんさまが「about」?
まあ、人はいろんな部分を兼ね備えていますからね。
お花とか見てたらふぁんさまの「about」わかんな~い。
そこがあなたらしいのかもしれませんね。

「about」は、許されます。
私は、ちょっと違う。
「雑」と「抜けてる」をミキサーでかくはんした奴です。
ふ~!!

投稿: ふぁんさまへ | 2009年1月22日 (木) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を思い知る:

« 小さくておかしい「SAINT ☆おにいさん」 | トップページ | 紫式部が本当に枯れた »