« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

血液浴びる、羊水浴びる

P2240055 羊水浴びる。

血液も浴びる。

浴びたくないのに時にドヒャ~っと吹き出る。

避けられないのよね。

ワザとじゃないけれど、

蹴り飛ばされることもあるのよね。

ワザとじゃないけれど、

つめたてられることもあるのよね。

・・

体力いるのよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何処から見ても武奈ヶ岳

P2220001

P2220005 P2220018

P2220025

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

白倉岳に登った。

安曇川をはさんで、武奈ヶ岳。

どこから見ても武奈ヶ岳です。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

杉と鉄塔

P2220038

鉄塔。

白倉岳を降りたら鉄塔

手の数がとっても少なかった。

線がとっても細かった。

向こうの杉がとっても印象的だった。

だからって、どうということ無いんだけど、たったそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草もちの美味しさ

P2200007 だーさんが帰って来ると・・・・玄関を開けに迎えに出る。

お目当ては・・・お土産。

お茶とお餅と・・・・コタツとパソコン

いいね~。

今日も幸せ・・・・。

だーさんも私も・・・出かけることが多いから、珍しくも無いと思うけれど

私は悪くないと思うんだ・・・お土産

旅行に行って近所にとどっさりお土産買って交換しまくる・・・それはそれでいいと思うの。

でも私は、面倒だからしないけれど・・・・

家族のお土産は買うことにしている。

無理に買いに寄りたいと言わないけれど、

ちょちょちょと買えるなら買いたいと思っている。

だって、逆に・・・・・こうしてお餅1つで、美味しいんだもの・・・・。

そういう幸せが家族なんだと思う。

そういう経験を三年寝太郎にもとっとこ太郎にも味わい続けて欲しいと思うから、

必ず「お土産だよ」・・・・と声かける。

幸せな顔して、美味しいと食べる。

それが良いと・・・・我が家の面々が思っている。

いつか2人は出て行くだろうけど・・・・そこでも2人が新しい家族と、そうしていってくれたらどんなにいいかなと思って・・・想像する。

家族を大事にするって・・・・人それぞれなんだよね。

じっと、家を守るのも愛

いつも一緒にいることを大事に思うのも愛

どこへでも自由にのびのびしていいよと言うのも愛

愛し方も人それぞれなんだとこの頃思う。

自由にさせてくれるから、自由にしてくれる姿を見るのがすきなんだ。

その副産物が・・お土産ってことで・・・・・。

そういうこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めきゃべつ

P2240054 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

シチュー食べたくなった。

使ったこと無いんだけどね。

春は、旅立ちの季節。

春は、別れの季節。

職場を退職する。

送別会。

おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

中央分水嶺・高島トレイル

P2230049 先日、朽木温泉てんくう

白倉岳の帰り道、温泉に入った。

売店で、中央分水嶺

高島トレイルの地図を買った。

1冊800円

滋賀県高島市

琵琶湖の北の西

去年近江駒が岳に行ったが

高島トレイル

分水嶺は、日本海側の若狭湾

そして太平洋側は、その先の下流の川に流れ込み、琵琶湖に。

そして、太平洋に・・・・。

高島トレイルも、のんびり新緑に木漏れ日浴びながら・・歩きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふろよもぎ

滋賀県・P2230046 白倉岳の山の帰り道

朽木温泉・てんくうの売店で買った。

よもぎふろ

ふろよもぎと読むのだろか?

滋賀県高島市朽木村

針畑名産なんだ~あ。

針畑ルネッサンスセンターだって。

るねっさ~んす

とっとこ太郎がよく言うよ・・・。

P2240059 1袋4~5回を目安に分けてください。

沸騰した1Lのお湯に1回分を布袋に入れて沸騰させたあと、

布袋共おふろに入れてください。

沸騰させた後に布袋へ入れた見た。

蓬を干して使うんだ。

合点だ!!!

意外とうちの回りにもたくさんある・・・今度まねして作ってみよう・・・。

おふろはどうだったか??って・・・・

ケチケチして、6つに分けてみたせいだろうか??

沸騰させているときは、家の中に草の香りが立ち込めて

薬草風呂だ~と喜んだ。

しかし、とっとこ太郎が入った頃には、浴室の香りも分からなくて・・・

どうにも我慢できなかったとっとこ太郎が布袋をもみもみしてみたが、

煮汁も出なかったとほざいとった・・・・・。

でも、何だか身体によさげ・・・・ひとまず、あと5回やって見ますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さきさき考えない

No1

コメント返していて、自分の書いている文章に、自分で反応した。

あれ???

これって、自分が自分に言っている??

そう言う気がした。

さきさき、いろいろ考えない
考えたって仕方が無いことは感じる程度に止めといて
考えない考えない。

だよね~え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

にいの手術

P2210010 にい(我が家の犬)の手術

にいの手術は、3月の中ごろに行く予定です。

にいの行きつけの動物病院では、日帰りです。

年中無休の病院です。

毎日、1時に連れて行って、4時半~7時半までの間にお迎えに行く。

立てるようになったのを確認したら、連れて帰らせてくれるそうです。

散歩もOK。

にいは、生まれた日がわかりません。

だけどうちに来た時、保護した人も2ヶ月くらいと言っていたし、

動物病院の先生も2ヶ月くらいと言っていた。

すると、逆算して8月生まれと思っている。

それから推定して、春には生理が来るだろうといっていた。

そして、2月に来た。

終了してから、2週間後くらいがいいそうだから、それを待つことにした。

三年寝太郎が可愛がる。

だーさんは、毎朝散歩に連れて行く。

休みの朝、三年寝太郎はだーさんより早起きだった。

いつもすみませんと・・・散歩に行ってきた。

するとだーさん寂しそうだね・・・と三年寝太郎が・・・言った。

たしかに、しきりとにいに語りかけて頭を撫でている。

だーさんの散歩は取り上げない方が良さそうだ・・と言う結論に達した。

にいの手術の日は、我が家では、またひともんちゃくありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月・1月・2月と、もちました。

P2200006_3 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

年末買うと高いから、11月の終わりか12月スグに買った万両の枝が遂にダメになってきた。

先だけ切って一輪挿しにさして家の中のあっちこっちに置いてみた。

すると、疲れ果てていた葉がよみがえった。

12月・1月・2月・・・よくもちました。

コタツに入ってパソコン触っていると

ときおり、ポトン・・・・ポトン・・・と音がする。

見ると赤い実が落ちていた。

艶々の葉が残って、赤い実が全て落ちた葉もある。

根でも出ているのかしら?と思って、引き抜いてみるがそうでもない。

ただの葉だけ・・・だけれど、だからと言って命がみなぎってその葉を捨てる気にはならない。

そのまま、いえのあっちこっちに置いてある。

これから、どうなるのか楽しみです。

私に課せられた課題・・・・水を切らさないこと、ときどき関心を持ってみること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修繕もむなしく

P2220042 山行けて幸せ。

雪を避けてスパッツをつける。

山から下りてきたら修繕していたところが又破れていた。

P2210008 ほら、修繕シールで完璧に修理できていると思ったんだが・・・・

まあ、じゅうぶん元取るくらい・・・一緒に山に付いてきてもらった。

ご苦労さまと言ってあげてもいいかもね。

やっぱり、いい加減山道具屋さんに行かないとダメかなあ~。

修繕もむなしく・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

1ぺんさせてやってと言われても

その人が悪いと言う気も、サラサラ無い。

「にいの生理」で、昔、腹が立ったことを思い出した。

そんなこと書いて・・・また~あ・・・・と言われそうだが、そういう人がいるということを書いてみるのも悪くないと思って・・・・・。

プンプン。

P2180001

可愛いワンちゃんと、とっても人のいい奥さん

どちらも私のへそ曲がりの心の分類でも・・・いい感じの◎な飼い主とわんこです。

我が家の窓から見渡して田んぼ2枚分向こうのおうちのわんこ。

むくチャンといった。

むくチャンは、雑種の中型犬

おたまちゃんも嫌いでない感じだった。

むくチャンもおたまちゃんも健在だった頃の話。

散歩の途中、むくチャンの飼い主さんが、言いおった。

◎:おたまちゃん避妊手術しているんでしょう。

   一回さっせてやってくれないかな?

デナリ:???

ピンと来なかったので、普通にその後も話していたが、

家に帰って気がついた。

そう言う意味だったのか?・・・・・

ちょっと、口惜しい気がした。

その時の気持ちは・・・・

デナリ:むくチャンのために手術しているんではありません!!!

しかし、今から思えばそんなこと言い返さなくてもいいんだ。

鈍く生きるのも意外といいんだと近頃思う。

頭が良くて回転速い、ツーと言えばカーと返す人を「痛い」と感じる。

そんなに急がなくていいんだよ。

もう一ペン同じこと言われても・・・どうぞイッペン・・・と言う気は無いが・・・。

その飼い主さんは、ストレートなだけでとってもいい人だと思う。

だって、さかって手に負えなくて、煩わしかったのでしょうか・・・

その頃、オスのハスキーが逃げ出したといってはこの界隈をフリーで走り回っていたことがありました。(街中では考えられない環境でしょうが・・・)

いつも、うちの行き止まりの敷地内に走り込んで来ては、

私にぎゃ~!!」と叫ばれて飼い主さんが連れ戻しに来ていましたが・・・・

私は、よそのフリーのハスキーくんを制する程、犬が、いや動物が好きじゃないんです。

近所の2軒から2頭のハスキーがやんちゃしていた。

で、多分・・・おたまちゃんは、どの子もOKじゃなかったんでしょう・・・・・

おたまちゃんが、頭から血を流す怪我をして、我慢できなくなった時、

いい加減にせんかい!!!いくらなんでも・・・・・と別のお宅に言いに行った。

それから、フリーのワンちゃんを見なくなった。

今度、にいも手術する。

にいは、自由に長い紐で表から裏まで走り回っている。

外には出られないが、外からは自由に出入りできる。

にいが妊娠したら、子犬を産ませて、貰い先を探す自信が無い。

だから、我が家は、私たちの選択肢として、にいに手術を受けてもらうことにした。

にいは、手術しても手術していると今度は公言するつもりない。

もしも、誰かに・・・「いっぺんさせてやって」と言われたら・・・

「生まれた子犬は、半分引き取って必ず飼ってやってくださいね。」

ワンちゃんに向かって大きな声で言ってやろう・・・と思うの。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝が来ないと思った

朝が来ないと思った。

P2180004 それでも、

朝が来る。

気が付けば

病棟には

今日の日勤者がパラパラ。

思わず「出勤してくれて

ありがとう」と言って

抱きついた。

朝が来ていたことすら気が付かなかった。

睡魔と闘って家に帰りつく。

意識が無くなって眠る。

今日も無事お産がすんだ。

2月24日生まれの可愛い子は3人。

今頃もう一人のきみきみが生まれているだろう、そして一つの帝王切開。

そして、更にもう一人のきみきみにトライするだろう。

きみきみ元気で大きくなあれ。

どんな夜も必ず明ける。

あきらめなければ必ず朝が来る。

P2180005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

昨日滋賀県・白倉岳行ってきました。

Dscf0021_2 P2220022

こんなマイナーな山に同じ季節に2回行くことも少ないと思うので

比較してUPしてみるね。

上は2007・2月19日

下は2009・2月22日

今年の雪は

穏やかで優しい

感じがした。

みんなの配慮でか・・

逆コースを歩かせてもらった。

下に写っている標識は埋まっているね。

Dscf0022 P2220019

意識したわけではないのに

どうしたものでしょう

あきれるほど同じ写真を

撮っているので笑っちゃいます。

Dscf0028_2 

Photo

白倉中岳の大杉

今年の大杉は裏から撮った物だけど

今年は正面?にまわって

みんなで集合写真を撮った。

多分2006年ではあのアングルではズボズボもぐってしまって撮れなかったかもね。

今回は快適だったよ。

大勢だったし、天気も良かったし、気温も高かった。

今年くらいが楽しくていい。

それに、烏帽子岳からの今年の下りにはかんじきでつけたトレースが登山口まで続いていた。

Dscf0039

Photo_4 朽木栃生登山口

Dscf0006 ←2006・2P2220033

←↓2009・2

P2220034

朽木村井登山口

風無しの暖かい冬の山を歩いてきました。

デナリは、かんじき持ってないのか?

持ってんのなら何で使わない?

足首や膝関節に負担かけたくなかったんです。

六甲全山縦走にアスファルト歩きが待っている。

15時間(私は15時間ゴールを目標に覚悟しています)

雪のアイゼンも雪のかんじきも、今年はあえて遊ばないのはひとえにそのためです。

なめているのではありません。

学ぶ姿勢を忘れているのでもありません。

人はそれぞれ、それぞれの思惑があって行動しているのです。

かあ~???

↓2006白倉岳山頂  この写真何回使うんじゃ~い。よっぽど気に入っているんだね私

Dscf0025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

3月9日に思い出してまた涙

にいが来てくれて、おたまちゃんのこと思い出して泣くことも無くなった。

そう思っていたが、今年も3月9日がまた来る。

♪流れる季節の真ん中で

歌って涙が出た。

先日見たDVD  犬と私の10の約束

2階へ上がってしまったとっとこ太郎が、いつの間にか降りていて隣で見ていた。

職場会で夕飯要らないと言っただーさんが、DVDを見終わらない間に帰ってきた。

ソックスが天寿を全うしたとき・・・とっとこ太郎ももちろん私も泣いていた。

三年寝太郎も、土曜日一人で見て号泣したと言っていた。

♪ふと日の長さを感じます

三年寝太郎にっとって、3月9日は大学合格発表の日でした。

そこしか受験していない三年寝太郎は、大学まで合格発表を見に行った。

その日の夜、おたまちゃんを看取ったのは、とっとこ太郎と私だった。

♪瞳を閉じればあなたが瞼のうらにいるようで

悲しいというより、条件反射で涙が湧いてくる。

忘れかけていたそう言う気持ち、DVD見て呼び起こされた。

もうスグまた今年も3月9日が来るんだな。

♪どれほど強くなれたでしょう

にいの生理が終わった。

2週間程したら、手術に動物病院に連れていくだろう。

胸がキュッとなる。

人間は何てエゴイスト

人間は何て罪深い

おたまちゃんは、大きくなってからうちに来たので、そう言う葛藤も無かった。

何だかこっちも考えると涙。

近頃泣いてばかりだ。

P2180002

・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

奈良・大峰・奥駈道・五番関所・女人結界

Img_6235 女人結界門

凄いネーミングだ。

原始女性は太陽だった。

大塚雷鳥さんは言った。

Img_6236

その後、女性は不浄な生き物とされた。

身体能力の差を配慮してのこととか。

修行の山である山上ヶ岳には

女性がここから登れない掟

結界が今も存在する。

Img_6237 ここは、奈良県吉野郡天川村

大峰・奥駈道・五番関所

私は、山上ヶ岳には、登ったことが無い。

これから先も登るつもりも無い。

結界があるのなら、それをあえて犯すつもりも無い。

Img_6280 好奇心旺盛で

とんでもない

はねっかえりではありますが

そう言う

山上ヶ岳に登りたいとも思わない。

さて、これだけ前置きしておいて

女人結界について、書いてみる。

Img_6281 Img_6279_2

こんな看板が

五番関所にあります。

女人禁制

この霊山大峯山の掟は宗教的

○○に従って女性がこの門より向こうへ登ることを禁止します。

大峰山寺

お知らせ

平成9年10月に一部の報道機関等により大峯山の女人禁制制が然も解禁のごとく報道されましたが、この件につきましては、これら報道関係の一方的な報道によるものであり、大峯山としては決定も発表もしておりません。大峯山は今まで通り女人禁制でございますのでこの事を厳守されまして参拝されますようお願いを申し上げます。大峯山寺

五番関所

山上ヶ岳には、こういう関所が何箇所かある。

関所には写真のような結界が張られている。

五番関所と言う限り・・・1番から4番もあるんだろうなと思ったら・・・・

あるある。でも4箇所だね。

①大峯大橋の女人結界門

②阿弥陀が森の女人結界門

③レンゲ辻の女人結界門

④五番関の女人結界門

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲しい物み~つけた、行きたいところも・・。

P2210009 何だろうね~。

近頃、欲しいと思う物も無く。

そういえば食べたいと思う物も無く。

行きたいところは山って???

困ったものだね~と思っていたら、

欲しい物見~つけた。

通販のカタログで・・・・500

隣に座っていた三年寝太郎に話したら・・・・

[おかあさんは、届いたら喜んでどこかに片付けてしまって、何処へ行ったか分からなくなって、使わずじまいで終わってしまうんとちゃう。]

と言われてしまいました。

そうかもしれない。

それにしても、欲しいな。

欲しいな。

/

あ!!!

昨日テレビ見ました。

「おもしろ落語散歩」

面白い・・・・また、大阪の町をプラプラ歩きたくなりました。

落語聞いて・・・・

美味しいもの食べて。

桂吉弥さんを聞きに「動楽亭」に平日に行きたか~あ

な~んだ、欲の塊ジャ~あ・・・私・・・結局・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

がつがつ遊ぶ

Img_6246

がつがつ遊ぶ。

夢中になって遊ぶ。

我を忘れて遊ぶ。

時間を忘れて遊ぶ。

疲れを知らずに遊ぶ。

また、こんな山に登りたいねと心の中で自分に言った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

継続は力なり

Img_6264 Img_6265_2

Img_6266

Img_6267 Img_6268_2Img_6269   

ちょっと、頂上まで大急ぎで往復して、みんなに合流しようと早く歩いた。

ちょっと、しんどかったから、先に行った2人が頂上にタッチして

引き返して来てくれたら、その地点で終了して、一緒に引き返していいと思っていた。

何故なんだろう?

歩くの辞めなかったんだろう。

座って待っていようと思わなかったのは・・・・。

写真でも撮って休憩していようか?

カメラを出して、写真撮ったのは・・・ちょっと立ち止まりたかったから?

前のピーク撮って、空を撮って。

こんなところで待つ位なら、足を止めないで、歩き続けようと思った。

そしたら、山の頂上に着いた。

継続は力なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

レモンとオレンジ

Img_6293

/

無農薬のレモン

だーさんの南の知人にいただいてきた。

となりは「きよみオレンジ」

/

自然の恵みに感謝して

健康に感謝して

毎日の幸せに感謝して

しっかりいただきます。

/・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さざんか

Img_6296

山茶花。

うちのさざんか。

10センチにもならない山茶花の苗がポット苗の黒い容器に入ったのを

和子母に貰った。

お城で秋にやっていた毎日園芸フェアーで買って来てくれた。

17年経てばこんなに大きい。

伸びよ。

育てよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいの「待て」

Img_6298 Img_6299 Img_6300 Img_6301 Img_6302 Img_6305 Img_6306

にいは、元気です。

毎朝、だーさんとお散歩しています。

夕方は、三年寝太郎が餌をあげます。

誰も帰って来ていない家に、仕事が終わって1番に帰り着く私に

車をバックさせる時から、シャンと首を伸ばしてお座りして迎えてくれます。

餌をあげても「よし、どうぞ!!」って言わない限り、ブルブルしながらでも決して餌を食べようとしない。

「待て」が出来るようになりました。

「お座り」が、遂には「伏せ」になって身をよじらす。

偉いぞ!あんたは、本当に賢いな。を連発する私。

意地悪して・・・よしって、言わずに背を向けて離れると、我慢しきれなくなって私を追っかけてくる。

それでも、食べないで我慢できる子になりました。

落ち着き無いのは相変わらず。

親ばかですが、

押さえつけて撮ってみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

もう治った

もう治った
帰ったら留守電。

パソコンもう取りに来たらいいとさ。

修理出来てるとさ。

部品替えたとさ。

一泊二日。

七時半までなら店にいるって言われた。

帰宅でした地点で、お出かけスイッチ切っちゃってて、

閉店までにまだ一時間半あるけど「明日に伺います」と返事してしまった。

明日まで待つことにしよう。

今日はDVDを見よう

「キノの旅4」「犬と私の10の約束」見るかな〜。

わが家の大学生は、今日は飲み会だと。

だーさんは職場会だと。

わが家の高校生と二人ご飯を食べた。

豪華に食後のおやつを食べようと言ったのにお腹大きいと行っちまった。

まあいいかあ〜。

/・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八尾のヤッタくん

Img_6206八尾警察のヤッタくん

こんなの見つけました。

「キノに旅」キノは、世界中を旅している。

一つ国に3日以上留まらないと決めている。

理由は、それ以上長居すると旅立ちにくくなるから。

そして、3日いればどういう街なのか国なのか理解できるからと言う。

どこの町にも「ヤッタくん」みたいなのいるんだよね。

うちの町にも●●くんいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良県・洞川温泉

Img_6285 Img_6286 奈良県・吉野郡

大峯千年湯洞川温泉

大峰の帰りは洞川温泉。

大峰行ったことないわけじゃないけれど、何故だろうね、来たこと無かった。

冬なので日曜日とっても空いていた。

いいお湯でした。

面白い無料パンフを貰ってきた。

その中に三湯めぐり 

耳寄り情報・・・・洞川温泉・天の川温泉・みずはの湯

天川村では修験者たちが身を癒してきた温泉や天川の自然の恵みを活かした薬湯など、3つの温泉を楽しむことが出来ます。

村営日帰り湯・・・3施設まわると「三湯制覇湯札」(非売品)をくれるんだって。

Img_6307 半券をお忘れなく。

だって~。

頼んでこんどは、残りの2湯に連れって貰おう。

それを、本当に欲しい?って聞かれそうだけど・・・

話の種に・・・是非、大峰の山に行って湯に入ろう!!

・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

結局デジカメ買いました

結局デジカメ買いました

結局デジカメ買いました

/
修理したくてカメラ屋さんに行ったが結局買いました。

水中3m防水・1.5m対衝撃構造・マイナス10度耐温度・防塵設計だと。

だーさんに、もう僕は知らん!と言われたので自分で選んだ。

公衆トイレの前に置き忘れて、後で取に戻ったけれどもう無くなっていて1回。

水にカメラごと私が落ちて一回。

雨にたたかれ一回。

ガツンとぶつけて一回。

もう1回くらい何かあったかな~。

どれもこれも、このカメラで、これから何とかクリア出来るだろうか。

パソコンメンテナンスに出した。

しばらく適当にしか更新出来ないからよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い梅の花

Img_6294 Img_6295

だーさんが

南の梅林で

お土産に買ってきてくれた。

家の中で

お花見だ。

白い梅の花2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

本気でカメラが壊れて

Img_0490 Img_0495 やれやれ・・・・カメラが本気で壊れた。

ちょちょちょ・・と、代わりのカメラ買うべきか・・・

はたまた、対衝・防水・防塵の10万ほどする工事現場用とか言うの買った方が

賢いかなあ~。

だって、またスグ壊れそうだもの・・・・。

カメラ屋さんに修理に持っていかなくては・・・・・。

/

輪ゴムで止めて使っていたんだけれども、遂に接写機能やフラッシュしないように操作できなくなってしまった・・・やれやれ。

メモリーを表示しなくなった。

三年寝太郎にカメラを又借りた。

しかし、慣れていないせいで・・・困った。

写真もちゃんと撮れていない。

何だか暗い画面。

こんなに天気悪かったかな?

これから修理に出してこよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソテツに雪

Img_6290 ソテツに積もった雪

暖かかった先週とは裏腹に

昨日から寒の戻りで、寒い風が吹く。

2月13日金曜日の夜遅く

2月14日土曜日の朝早く

春一番が吹きました。Img_6291

さあ、春が来るのね。

日曜日ぽかぽかの山に行き、解けた雪を見てそう思ったのもつかの間。

春一番の風の後は・・・間の戻りが定番とか。

今年は戻りに少し時間かかったらしい。

冬景色

車の屋根やフロントガラスに雪を乗せて走っていた。

私は、常夏の職場で・・きみきみを取り上げていた。

花粉症でずくずくの同僚に、今朝クラリチンをあげた。

この春から、何年かぶりに花粉症だと言う彼女は、耳鼻科に行って一番ゆるい薬を希望したらクラリチンを貰ったと言っていた。

仕事に忘れてきたんだって。

そうか~、一番ゆるい薬でいけているんだ・・・私・・・・。

確かに外に行かなくて・・・山に行かなくて・・・

洗濯物を外に干さなければやっぱり・・・普通に生活できるんだな~。

日曜はあんなに辛かったのに、なんともないや・・・・・ぐすん。

喜んでいいのやら、悪いのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

「キノの旅Ⅲ」と「Heroes5」

Img_6219_2 DVDを借りた。

「キノの旅Ⅲ」

「Heroes5」

キノの旅は、1枚づつ見てきていますが、趣深い。

毎回考えてしまうことばかり。

いい国って何だろうね。

考えてしまうことばかり。

今日まで気が付かなかったけれど、別の作業していて気が付いた。

キノって私に似てる??

ちょっといただき~。

「Heroes5」は、ココまで見てきたんだから最後まで見ないと思って・・・。

ケンセイタケゾウが又出てきて何だかがっくし。

彼のせいではないけれど、あの役者さんの顔を見るだけで、何だか嫌な感じが条件反射。

マシ・オカ見慣れてきた。

不思議だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインの夜

Img_6227 Img_6228

バレンタインの夜

フルーツ・チョコフォンデューした。

バナナも林檎もあったけれど・・・・面倒だったので。

苺だけ。

前夜のチョコケーキは、美味しいと好評だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも山に行きたいんだもの

Img_6230 昨日山に行ってきた。

いつもの2月なら雪でいけないだろう山に行ってきた。

先日からの暖かい毎日。

異例の暖かい冬の様子で

例年なら入れないこの道に車で乗り入れられました。

ココから先には車を乗り入れで行けなかったのですが15分ほど歩いて山に入りました。

道は凍っていました。

つるつる滑る。

つるつる滑る。

カンジキは車に置いて行く。

アイゼンは持って行ったけれど使わずじまい。

Img_6283 帰ってきたら道はこんなに解けていた。

ありがたいことなんですがね。

おかげで無防備なデナリは、

花粉の洗礼を受けた。

薬を飲んでいたんですがね・・・

意外と軽い症状の毎日なので

油断して薬を1日1錠しか飲んでなかったのでまずかった。

血中濃度の下がる午後から・・・・軽く咳が出ていた。

夕方から咳がとんでもなく続きだした。

喀痰は続々と沸いてきた。

切っても切っても湧き上がってきた。

帰宅した頃が最悪だった。

喉の奥が腫れ上がって、ヒューヒュー言い出した。

気持ちのいい咳が出る。

咳けば喀痰がどくどく排出できる。

汚い話だけれど・・・カスタードクリームみたいなものがポコポコ・コロンと出る。

頭が痛い。

目も痛い。

・・・

薬を飲んで寝たら。

咳が止まった。

でも、おかげで頭が重いや。

寒い山に行くからと油断していた。

杉のある山に行くとこうなるんだと、思い知った。

やっぱりマスク要るな!!!

暖かい毎日、普通なら雪で閉ざされて入れない山に行ってこられた嬉しさ。

そして、自分の身体を再確認した。

花粉症仲間の同僚に言われたことがある。

山に行くから症状ひどく反応するだけと違うん???

それでも山に行きたいんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

手と線がいっぱい。

Img_6211 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

何気に見上げた鉄塔は、何処で撮ったものだか分からないが大阪府であった。

高速道路を見下ろして普通に立っていた。

何が凄いって・・・・。

手の数。

詳しいことは、何も知らないけれど、太い線は無いけれど、数が凄いと思わない?

何気に手の数数えてみたけれど、10本?12本?

凄い。

ムカデのようだね。

足も踏ん張ってないみたいだし・・・・。

よくわかんないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいの生理①

Img_6221 初めて気がついたのは先週のことだった。

夜勤明けだったから、昨夜は家族に会っていないと言うようなそんな朝。

我が家の犬走りのコンクリートの上に血液がついていた。

はじめに私が気がついた。

家族の誰かが血液をポタポタ落としながら帰宅したさまを、想像して・・・・

鼻血??

転倒?

交通事故?

それとも喧嘩?

とっとこ太郎がいじめにあった??

不安が思えば思うほど増幅して・・・・・・。

三年寝太郎が、昼前に帰ってきた。

三年寝太郎じゃないと言う。

昨夜のとっとこ太郎の様子をねほりはホリ聞きだす。

はじめは、「知らんよ~ぉ」と言っていたが・・・・血痕を見て、真面目に心配してくれた。

だーさんだったら、なんて心配はしていない。

次に帰ってきただーさんは、知らないと言う。

そこで、「にいの初めての生理」に気がついた。

そうだ、そろそろだ。

はじめての生理を見たら連れておいでと動物病院の先生に言われていたんだ。

それで、現象が理解できた。

/・

知識の無い飼い主は、生理と言ってしまいますが、

正式には、犬の場合ヒートと呼びます・・・・だって。

とっとこ太郎が、殴られて流血しながら自転車をとめていたのでなくて良かった。

昨日書いたとっとこ太郎の怪我より前の出来事だった。

心配ばかりしているんですけれど・・・・。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空港周囲には

Img_6201_2 張り紙を見た時、想像もしないいろんな事情があるんだと知った。

・・・

空港周辺には、空港法により

高さ制限が設けられています。

新築・増改築・工事の際は必ず空港事務所へご一報ください。

相当な飛行音・・・・。

うちの真上も、どうやら自衛隊のヘリコプター飛びます。

飛行ルートになっているんだろうね。

パタパタ昼間に洗濯物をベランダに干していたら見たものだが

近頃洗濯物をベランダまで行って干さないからな~横着横着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

カーナビ買った

Img_6212 これぞカーナビ

山にも持って行けると言うけれど、

何だかおかしいね。

真っ直ぐだとか、右だとか・・・・言われて走るのつまらない。

あれば使うよ・・・もちろん。

でもね、調べることすらしなくなってそんなのちょっと味気なし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

螺旋階段から転がり落ちる

Img_6223 ←こんな写真もいつか思い出になるかもしれないと思って撮った。

写真撮らせて・・と言って撮った。

とっとこ太郎のテーピングした足。

・・・・・

先日、とっとこ太郎は、高校生活最後のマラソン大会だった。

昨年は、メダルを頂いて来た。

が、

6位だった・・・・トロフィーはもう少しのところで貰えなかった。(5位から貰える)

で、

今年、デナリ母は心の中でひっそり・・・・「メダルを貰っといで~!!」と思っていた。

だからと言っても、わざわざ当日に現地に応援に行く訳でもなく。

そのために美味しい物を作って励ます訳でも無い。

だから、これは、

ただの母の勝手な期待だけなんだが・・・・・。

今年は、何と11位だった。

その順位は、それで、デナリの高校生活では考えられないような早い順位なんですが

ちょっと、残念だった事があった。

いや、考えようによっては、良かった本当に何も無くて良かったと感謝しないと駄目なのかも。

とっとこ太郎の学校は、地元の競技場を借りる。

更衣及びスタートとゴールをその競技場で行う。

1学年も半端無いくらいの人数だし、中1~高2までの5学年の全校生徒が大勢走る。

その競技場に螺旋階段がある。

競技の前にその階段を下りてグラウンドに集合する。

その螺旋階段を、太った男子が踏み外した。

上から転がり落ちた。

そして、4~5人を巻き込んで転落した。

その中に、とっとこ太郎も入っていた。

とっとこ太郎は、変色して少し腫れた腕に切り傷。

そして、足首に捻挫。

しかし、マラソン競技には出られたそうだ。

が、はじめから調子を上げなかったらしい。

みんな最後のマラソン大会なので気合が入っていたのでしょう・・・早かったそうです。

コースの途中でクラブの顧問の先生が居て、

「とっとこ頑張れ!!」と声かけられた。

そこから、スピードを上げて走ったと言っていた。

足首痛かったそうだが・・・・テーピングと言うものは凄い効果だと

帰宅して感心していた。

痛いが走れる。

自転車も漕いで1時間半かけて自宅まで自分で帰ってきた。

残念がる母。

話をよくよく聞くと、最上部からこけて落ちてきた子が一番ひどい怪我だったそうであった。

しかし、その子も無事だった。

とっとこ太郎が走り通せた事に感謝しないと!!!

後でしみじみ反省した。

何も無くて良かった。

とっとこ太郎が走れる程度の怪我ですんで本当に良かった。

他の子も、痛い目にあったけど・・・良かったんだ・・・たいした怪我でなくて。

一緒に、巻き込まれた友は、学年1位だった。

それを聞いて、どひゃ~!!!と母は羨ましがった。

「●●が1位だったら、言い訳できないな・・・条件一緒だし」

と言いつつ比べてしまった愚かな母・・・・

●●さんは、腕に傷だけだっだんだって、スマナイ・・つまらない事言って。

ともかく、6人が生死に関わるようなケガではなくて本当に良かった。

まかり間違えば・・・どんなことになっていたのかと思うと・・・無事で良かった。

元気が一番と

涙がわいてきてウルウルした母であった。

それにしても、トロフィーほしかったな~。←まだ言うか!!!

クラブのチームメイトの☆☆さん5位だった。

順位なんて問題じゃない・・とかいいながら・・・根掘り葉掘り聞く聞く。

いつもなら、「うるさいなあ~」とか

「なんでそんなこと聞くん???」とか言って、ウザガルけれど・・・

足が痛むからテンション低く。

それでも機嫌悪くなくて・・・答えてくれた。

良かったと言いながら、母は欲深し。

とほほなデナリであった。

チョコケーキ焼いて、ちょっとだけ、優しくなった母であった。

今年になって、とっとこ太郎は怪我が多すぎる。

お守りどこかで買って来ようかな~あ。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はバレンタインデー

Img_6220 世の中の女の子は、チョコに夢中だろうか。

ラム酒もオレンジキュラソーもまだあるや。

ラム酒に至っては、何年前のものだ????

まあいい。

まあいい、こんなもの腐るわけじゃなし。

それにしても、こんなたぐいも今時はラベルからして可愛いね。

女の子の心をくすぐるね。

買い物ついでに売り場を見たら、ラッピングもいろいろあるんだね。

チョコ入れるお洒落な箱とか袋とか・・・びっくり。

ハートハートしていなくて、

ピンクピンクしていない

いいなと思う箱を見つけたので

値段を見てびっくり。

箱だけで700円

デナリおばさんは、回りも気にせず声出してしまった。

「高か~!!!これでブランドチョコ買える~う。」

そういう問題じゃないな・・・・本命チョコは手作りで、ラッピングも手を抜かない。

そうそう、女の心意気・・・なんだろうか?

思い出した。

高1のとき、チョコを作った。

そのチョコを渡したいのに渡せなくて・・・・・・・。

厳重に包んで冷凍室に1年入れておいた。

何でそうしたのか今でもその真意は理解できないが・・・・・。

そのチョコどうしたと思う?

次の年。

高2のバレンタインに、その頃、既に付き合っていた男の子に、

他のプレゼント(手つくりの小物)を渡すついでにおまけに付けてあげた。

真実は告げなかった。

あれは、食べられたのだろうか??

その後、長い間、付き合ったが、そのことを1度も聞いたことが無かった。

食べたのかどうだか・・・わからない。

しかし、具合悪くなったとか言っていなかったから・・大丈夫だったのかもしれないね。

私の本気って・・・何だったのかなあ~?と、おばさんになって思う。

あの若さにして、デナリは既に、適当な女だったのかもしれない。く~!!!

今年のチョコは、

テレビでやっていた熱々焼きたてチョコケーキにした

今日は日勤だから、仕事から帰ってきてからだったら

作りたてチョコケーキを時間無くて作っていられないかも知れないから

昨日の夕飯で、作って食べたんだ。

先手必勝。

あれれ?

自分で食べたいだけなんだけど・・・・・。

今日は、時間があったら、チョコフォンデューセットを使って

フルーツチョコフォンデューしようと思うのだけれど・・・・。

苺とバナナと林檎しかないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

黄砂が飛んできた。

Img_6217 黄砂が飛び始めた。

近頃思う。

私は、ひょっとして

スギ花粉症もそんなにひどいんじゃないのかも。

だって、こんなに暖かい今日。

風がこんなに吹いている。

なのに今日はましだ。

風は南風。

私の花粉症の症状は、鼻の粘膜が痒い。

それと、咳が出る。

そんな日は、ニュースで黄砂がが話題になっていたりする。

スギ花粉の終わる頃でも症状がましにならない。

私はてっきりヒノキもそうなんだと思っていたけど、むかし出した検査の結果は、ヒノキは杉に比べると全く話にならないほどの低い抗体価だった。

なのに、杉が終わる頃にひどいなんておかしいと思ってきた。

空がうすらぼけた色に曇る日ほどそんな気がしてきた。

日本で黄砂が飛んでこないところがあるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲全山縦走・市街地歩き②・・・・丸山の市街地

Img_5965_2 ←ほらそこに青いトイレのマーク

・・・・・・・・六甲全山縦走・市街地歩き②・・・・・・

高取神社表参道を下ると今度は丸山の市街地に降りていく。

ここは、真っ直ぐ行かないで、左にある公衆トイレに左折する。

Img_5968_2坂を下って振り返るとこんな感じ・・・・・・・・・・・・・・→

Img_5969

ここから更に坂を下る。

ココまで来たら相当疲れてきた。

この坂で何だかとっても膝が疲れたような。

痛いような・・・きますよ~。

Img_5971_3 Img_5970_2 右の2枚も振り返った写真・・・・・・・・→

/

/

/

/

Img_5973_4 Img_5972_2 妙法寺の石柱のある交差点で

信号を直進

その後、石垣を左に曲がる。

Img_5976_3 Img_5974_2 Img_5975_2

住宅の中を歩く

坂を上る

角を曲がる。

写真白くなっちゃった。

大勢でぞろぞろとか

みんなでわいわいとか

ご迷惑かけそうだから静かにコンパクトに歩こうね。

Img_5980_2 ガソリンスタンドまで来たら

ここは注意だよ。

Img_5979_2 道なりに右に行っちゃいたくなるけれどここは、右折でも左折でもなくて

左斜め前の細い道に入っていくんだよ。

幼稚園の前を通っていくんだよ。

Img_5982_2 Img_5981_3 更に進むとバス停

バスが来た。

乗って駅まで行って帰れるよ。

そろそろ、足も疲れてくる。

せめて鵯越駅まで見ておきたいから先へ進む。

Img_5987_2

Img_5984_3 橋を渡る

Img_5988_2 角を曲がったり

普通の街中を進む進むのみ

Img_5989_2 Img_5990 

神戸電鉄有馬線のトンネルくぐったり

キョロキョロしつつ進む進むImg_5991_2

Img_5994 西神戸有料道路の高架をくぐったり

Img_5996_2 Img_5995細い道だったり

駅に近づけば

下っていくことが多くなる。

ほんと足疲れてくる。

そしたら、鵯越駅。

・・・

六甲全山縦走・・・丸山市街地・・・東向き明るい時に歩けば間違うことも無い。

確かに曲がること多し。

撮ってきている写真を並べてUPすると何だか整理されている感じがするけれど、

結構しんどい。

気分的に雑木林をぼ~っとトボトボ歩くのと訳が違う。

綺麗ないい街だけど通過は、身体にきびしい。

先を急ぐとなおさらだ。

しかし、どなたかのHPで読んだが、須磨浦公園からの前半に時間を取りすぎたって書いてあった。

確かに飛ばしすぎると、後がつらい。

でも、無駄な長時間の休憩や、道迷いにかける時間は、完走目指すなら省略したいね。

などと、本番に向けて、対策を考える今日この頃でありました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「深夜食堂」

Img_6216

「深夜食堂 1・2」

         安部夜朗

借りてきた。

何だか面白い。

がはは・・・と、お腹を抱えて笑うような面白いのとは、訳が違うがこんな感じがいい。

どんな本が好きなのか?と問われた。

リクエストしたら買って読んだのまた貸してもらえるのだろう。

「怪談・お化け・幽霊・怨霊ものは、苦手です。」と答えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月12日 (木)

20年たったらだーさん

「メイちゃんの執事」を楽しみに見ている。

ある日、三年寝太郎がぼそりと言った。

「生まれ変わったら、水嶋ヒロになりたい・・・」と。

聞いていたとっとこ太郎が・・・

「あれ???小池哲平じゃなかったっけ???」

そこでデナリが言った。

「今は見る影も無いが・・・・若い頃のお父ちゃんにそっくりだ!!!」

2人・・・・「え~!!!!!!?」

そんなこと、水嶋ヒロのファンサイトなんかに書き込んだら、えらい事になると言いました。

そうかな・・・・・・。

近頃、たくさんのCMでお目にかかれますよね。

CM見て・・・・「やっぱり若い頃のお父ちゃん」と言うと・・・・。

「偉けりゃ・・・母のブログにほざいてみ~い。母のブログが炎上するぞ。」…と2人は言った。

Img_6218 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

水嶋ヒロも20年経てばどうなるかわかんないって・・・・・。

とかなんとか、家族の話題はもっぱらイケメン。

バレンタインはあさってか。

今日明日に近畿では春一番の風が吹くと聞く。

2009・春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ帰る・・・置き去りおわり

Img_6207 八尾の川は

流れていなかったかな。

私が近頃続けて借りているDVD

「キノの旅」のキノは、一つの国に

3日しかいない。

それ以上いると旅立ちたくなくなるからと言っていたし、3日いるとどんなところか分かってくるからだって。

青い空が映っていたけれど

少し悲しそうな印象を受けた。

1時間でその町を理解できるはずも無く。

そろそろ元の所に戻りましょう。

でないと、本気で自分で家まで帰らないとだめになるなあ・・・・。

ところで、八尾って本当に何処?

そう思いつつ・・・いっそ各駅停車で帰ってみようか???とも思った。

Img_6210_2

知らない街で、ふりだしに戻った。

カフェラテを頼んで席に着いた。

yom yom  でも読んでいようと出したとたんに携帯鳴った。

ゆっくり読む間も、飲む間も無かった。

ほんと、間が悪い奴だ。

車に乗って、ご機嫌で飛行機見てきたこと話していたが

そのうち、須磨浦公園のことを思い出して、それから又腹が立ったので無言になった。

そして、帰宅した。

やれやれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲全山縦走の市街地歩き①

Img_5876兵庫県・六甲山系・須磨アルプス

六甲全山縦走の始まりは、須磨浦公園駅

駅舎を出たらすぐ右手に向かってまっすぐ坂へ歩道を上がっていく。

Img_5877 右に公衆トイレがあり左に瀬戸内海を見ながら上がっていく。

道はくるりと向きを変えると右にお茶屋さんそこから左にようやく山道に入っていく。

Img_5886 振り返ると海が見える。

 ・・・・・・・・・・・振り返って撮った写真は右に載せるね→

Img_5894 ロープーウェイ駅も通過して、鉢伏山は頂上の公園を通過するかピークを巻いて時間短縮するといい。

←旗振山で一服。

Img_5895 鉄拐山の頂上は注意

このベンチの向かって左の階段を下りるんだよ

/

Img_5897_2 おらが茶屋の建物は大きいから良く分かる。

Img_5898_2 まっすぐずっと進む。

高倉山の石

Img_5899 道を下に見ながら橋を渡る。     Img_5900

/

/

/

/

Img_5901

栂尾山頂

/

Img_5902_2

Img_5903_3Img_5904   横尾山頂

Img_5905 Img_5906

Img_5911 ←あれが東山

あれが横尾山→

階段をタカタカ降りてくる→

Img_5912 馬の背へおりて東山に上り返す。

Img_5916

東山山頂

Img_5917 Img_5918

Img_5919 Img_5920

 

/

Img_5924 Img_5926 東山降りるとこんな感じ

Img_5923_14

/

Img_5927_2

Img_5928 Img_5929 Img_5930

Img_5931 Img_5932

妙法寺

Img_5934_2 Img_5935 Img_5936

Img_5938 Img_5941 Img_5944

Img_5943 Img_5950 驚き。野路山公園のそばに、マムシに注意の看板。いるんだね。Img_5959

高取山山頂碑

ここは飛ばそうね。

行きたい人は行けばいいと思うけど

そしたら、結構疲れるかも。

Img_5962 Img_5963

Img_5964 前にも書いたが

公衆トイレ

               振り返って高取神社の表参道入り口鳥居→

Img_5965_2  ←丸山を経て菊水山(全山縦走)

そして青いトイレのマーク

ココでまっすぐ行ってはダメだよ。

トイレの方に行くんだよ。

最大の難関?

丸山の市街地歩きに続く

だって、だって、

普通の人がいっぱいいるんだよ。

立ち止まって、六甲全山縦走の地図出して大きく広げて何処だ何処だ?って

結構毎回出すの億劫なんだよ。

だって、確認しないとダメだけど・・・いっぱいあるんだよ、そんなところ。

ココまではそれほどではないな。

日没以降にこのあたりを知らずに歩くと迷うだろうなと思うのが、ココから先の丸山市街地

だから、東向きのコースが一般的な理由なんだと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

「博多はたおと」

Img_4851_2 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

決めた道なら

進むしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「博多はたおと」   見ました。

「だんだん」 見た後消さずにテレビつけっ放しにしていたから、見てしまいました。

博多織の若い後継者の女性の話。

見ていて見入ってしまいました。

ちょっとね、へこんでいた心に元気が出ました。

仕事していたらいろんな事あるよね。

私のせいじゃないよと言いつつも、少し空気の抜けた風船を胸に抱えてたけど

結果良ければ、全てよし。

何度言いきかせても心が張って来ない昨日だった。

おかげで。

何かでささくれが抜けて・・・ふさがったみたい。

どうでも良くなった。

また、シューシュー空気が入って、パンパンに膨らみそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いもよらず八尾空港

Img_6198 置き去りで得をした。

生駒山に向かって歩いていたらブルンブルンと飛行機飛んだ。

何があるのだろうと横道に入ったら其処には飛行場があった。

八尾には飛行場があるようだ。

小型の飛行機がプロペラプルンプルン言わせて、滑走路を走って飛び立っていった。

Img_6202 来た来た~とカメラを向けて撮ってみたら見事に失敗。

何だろうね・・・・何を撮りたかったんだろうね。

やれやれ、まじかで飛行機の腹を撮るチャンスだったのに。

Img_6199 Img_6200

Img_6203

Img_6205 やぱり撮れなかった。

で、あきらめて帰ることにした。

用が済んだだろう。

1時間したら探しているかもしれない。

まだまだココで飛び立つ飛行機見ていたい。

生駒山まで歩きたい。

生駒山まで歩いたらどれくらいかかったであろうか?

八尾空港は、第二種空港。

第二種空港は、「主要な国内航空路線に必要な飛行場」とされ、国内航空路の主要な路線で結ばれる。第二種空港のほとんどに国際定期便が就航されている。2005年時点で24ヶ所が指定されている。ほとんどの空港はジェット化されているが八尾空港のみされていない。(ふ~ん。だからプルプル言っていたんだね。ふんふん。)

新千歳空港(関西国際空港~新千歳)

旭川空港

稚内空港

釧路空港(釧路空港~伊丹空港)

帯広空港

函館空港

仙台空港

秋田空港

山形空港

新潟空港

八尾空港

広島空港

山口宇部空港

高松空港

松山空港

高知空港(伊丹空港~高知空港)

福岡空港

新北九州空港

長崎空港

熊本空港(熊本空港~伊丹空港)

大分空港(伊丹空港~大分空港)

宮崎空港

鹿児島空港(鹿児島空港~屋久島空港)

那覇空港

結構第二種飛行場から飛行機乗って行っているじゃん。

全部降り立つか飛び立つ旅も面白そうジャン。

それにしても、第二種空港にも入ってない空港もあるんだね。

知らないことばかり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

置き去り②

Img_6208_3 ああ無常。

だーさんは、置き去りにしても、私はモスに入って本でも読んでいると思ったんだろう。

Img_6209 前には

ミキハウスの建物。

キョロキョロしているうちに

じっとしていられなくなって

駅前に置き去りにされたデナリは、天気がいいので歩いて探検に行くことにした。

帽子かぶって大きな黒いザックかついで、運動靴に丈の短いズボン姿にスニーカー・・・胡散臭いおばさん。

前には水色の制服着た女子学生がぞろぞろ歩いていた。

女性でよかった。

これ、おじさんだったらますます気を使うだろうなと思いながら歩いていった。

Img_6193 いつまでもついて歩いていたら怪しまれるので、違う道に曲がって見た。

八尾って何処???

だーさんは、何処へ行ったのだろう?

普通、奥さん知らない街に放り出すかなあ???とか思っていたのはホンノ一瞬だった。

Img_6194_2  ウロウロしていると看板。

左・東大阪

この看板見て大喜び

東大阪と聞けば、何でもかんでも

「まいど1号」

ともかくパブロフの犬状態でして、

近頃デナリは、「まいど1号?」

だれかれナシに聞きまくる。

誰かに聞きたかったけれど・・・一人だった。

まいど1号だけで、ご機嫌になってきて、更に正面に見えるのは、じゃあ生駒山?

Img_6197

生駒山?まで歩いていこうと思った。

国道170号線って何処へ行くのだったっけ?

八尾の町も山があるから迷わない。

この知らない街でも生きていけそうだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよクラリチン

Img_6192 雪と花が混在するこの時期。

いよいよ薬を飲み始めた。

といっても猛烈に飲まなくてもたいしたことは無いが・・・。

別に製薬会社の回し者ではないが、

私にはアレグラよりもクラリチンが合っている。

さあ来い、スギ花粉そして、ヒノキ花粉。

毎日朝夕に、紅茶にティツリーのアロマオイルを2~3滴垂らして飲むと良くなると本で読んだ。

本当だろうか?

私、あのアロマの香り好きだな。

ラベンダーの香りは、分娩室でよく使うが、私は正直のところ、あの香りをかぐと頭が痒くなる。

どうして?

私って相当にイカレテル?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

私の手帳

Img_6187 私の手帳はパンパン。

メモ帳としてとんでもないことを書いていたり、

千代紙メモ紙挟んでいたり

へそくり1万円を特別の封筒に入れて隠しこんでいたり。

プリクラ・・びっしり貼っていたり。

借りたいDVD書いていたり。

デップの写真挟んでいたり

友達のウエディング姿の写真も持ち歩いていたり

意味も無く整理できない手帳です。

パンパンにいろんなものを持ち歩いていたりしても何も良かった、助かったということも無いんだけどね。

でも、スケジュール帳の欄を色鉛筆で塗りつぶすのが楽しい。

山の日はオレンジ、もちろん休みに決まっている。

夜勤入りと明けが緑色。

間の日勤は、お産の係りの日とおっぱいの係りの日と母乳外来の係りの日と

マザークラスの係りの日と・・・・病棟のお手伝いの係りの日と

書いてもすっかり忘れて・・・私の今日の係りは何だったっけ???って

人に聞くんだけれどね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の朝、知らない街に置き去りにされた①

今日も今日とて愛が無い。

昨日・・・日曜日。

神様と約束したのに・・・・一人で六甲に残りの下見へ行こうと思っていた。

そもそも、それがいけなかった。

とっとこ太郎「六甲に行ってもいい」と言ってくれたが、雪の山道を歩く適当な靴が無い。

それに私一人の方が早く下山して来られる。

だから、「一人で大丈夫」と言った。

痛い母を労わってか・・・「駅まで自転車の後ろに乗せて4時半に行ってもいい」と言う。

うれしかった。

目覚ましを4時にかけて、寝た。

が・・・寝る前から、

「明日は止めとこうかな???」

「寝たいなあ~」・・・・・と思ったのがいけなかった。

5重6重の目覚ましが鳴ったのに・・・・・消して寝てしまった。

多分はじめから行く気が無かったんだと思う。

誰かと約束している訳じゃないし

絶対に今日行かないとだめなわけでもないし。

そんな心が・・・全てを消して寝るに至らしめた原因だったと反省する。

朝、大阪の施設に出かけると言うだーさんに、

「スグ済む用なら車の中で待っているから乗せてって!!」と頼んだ。

ぶつぶつ文句を言いながら・・・「忙しいから嫌だ」と言う。

「帰りに、須磨浦公園駅にスグ帰ってくるから乗せて」と言った。

しつこく言うと、だーさん「それじゃあ行くだけだぞ!」と言ったので、あわてて車に飛び乗った。

いつもの出勤リュックを引っつかみ寝癖は帽子で隠すとして・・・。

車に乗って走り出したら、約束の時間にギリギリという。

もっと、早くに出れば良いものを・・・・・・。

・・・須磨浦公園駅は、全然方向違いだし・・・・

・・・今日は忙しいから、ぴゅ―っと行ってピューっと帰るつもりだったんだと言う。

ぶつぶつ・・・・それでも連れっていってやるんだと言っているような恩着せがましく上からものを言う態度。

よく見ると、カーナビ。

うそ??

何でこの時期に来て買ったのか?????

胡散臭い。

今頃買うのなら・・・早よ~に買ってくれたら、一人で南アルプス行った時、

一宮から(尾張)小牧の町をさまよわなくてもすんだものを・・・と思いながら、

「カーナビあったら、須磨浦公園駅も一人で行けるワイ」と言ってやったら、

「そうしてくれ」と言う。

車に乗る前に言えよ!!!!!!!!

「もういいよ!!死ぬまで今日のこと覚えて置くから・・・。」

そう言ってず~っと黙っていた。

帰るまで一言も喋らないと決めて黙っていたら、いつの間にか寝てしまった。

Img_6208_2

八尾南駅

何時間寝ただろうか?

起されて目が覚めたら、知らない街のモスバーガーの前だった。

「八尾南駅前。喫茶店にでも入って時間つぶしておきな」と言って車は去って行った。

そもそも、何処に行くかも聞いていなかったので・・・・。

ここは、何処???

八尾って何処???

大阪へ行くと聞いたから乗ってきたのに、八尾って大阪?

寝ぼけた頭は、まだ働かない。(まだまだ続く・・・・明日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

2009春の始まり

Img_6195 春だね。

もうすぐ春だね。

うららかな春がそこに来ているんだね。

何だかけだるく

何だか眠いのは

春がそこまで来ているから?

何でもホンワカ許せちゃう

そんな感じがするのは

薬のせい?

花粉症を持っている同志たちの話を聞くと

みんな眠いと言っているけれど

Img_6196 それは、

花粉のせいでしょうか?

花を見るとうっとりするのは

DNAに何かインプットされているせいでしょうか?

今日

夫に

知らない街の知らない道に置き去りにされた。

聞くも涙

話すも涙

一人ぼっちの知らない街で

可愛いピンクの花を見つけた。

思わず吸い寄せられるように

近づいて写真を撮ってしまいました。

空には、飛行機がブンブン飛んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都・北山・白倉岳06・2月・昨日の続き

Dscf0007 Dscf0008 Dscf0010 Dscf0013

Dscf0015_2 

Dscf0017 Dscf0016 Dscf0018 Dscf0019

/

/

ひたすらこんな感じ。

気持ち良いたらありゃしない。

Dscf0020

Dscf0021 Dscf0022

Dscf0023 Dscf0024

Dscf0025_4

←昨日もUPした頂上。

これで大人の腰から胸くらいの雪の深さだね。

Dscf0028_2 Dscf0031 Dscf0030

Dscf0031_2

Dscf0032 白倉・南岳頂上

Dscf0033 Dscf0035

Dscf0036 Dscf0037

Dscf0039_2 ←栃生登山口 16時50分下山終了

Dscf0040_2 Dscf0041 Dscf0042 Dscf0044

車に戻ったのは17時でありました。

今年も雪いっぱいあって、天気いいといいのにね。

かんじきかスノーシューと、コンパス・2万5千の地図持っておこうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「インザプール」と「キノの旅2」

Img_6189 DVDを見た。

「イン ザ プール」

「キノの旅2」

「インザプール」を面白いというと変に誤解されそうだが三年寝太郎

借りてきてとっとこ太郎も読んだという。

オダギリジョーさんあらまあ、コミカル・・・でも1番まともに見えて。

治療する精神科医の伊良部一郎ドクターが変。

一番変。

強迫神経症の女の子が折りたたみの傘持ち歩いていること、かばんが異様に大きい。

あれ???

私?????

ガス消し忘れて無いか心配して無いけれど、

カギなんて裏口閉めて、玄関全開で買い物行ったこともありますし・・・。

インザプール

キノは「大人の国」見てまた、涙した。

子どもは親の私有物

きまりを守れないで大人になれない子は失敗作。

包丁で刺して殺してしまえ。

旅人のキノのような男が素敵だね。

でも、死んじゃおしまいだね。

生きてください・・・どんな素敵な男でも。

最後に、インザプールより

「ドクロ」を漢字で書けますか?

三年寝太郎ととっとこ太郎も私も書けるよ。

四の釣り針に虫と書いて、田中を串刺しにして、女に食わす、ああ、ホネホネ

     「髑髏」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

凍てつく夜もさだまさし

Dscf0040

いよいよ、2月14日夜といいましょうか、

2月15日深夜といいましょうか・・・・・

「凍てつく夜もさだまさし」

遂にNHKでさださんのはがき募集の告示をみました。

いつも読まれている葉書や会場生見学って・・・どうしているんだろう?って思っていました。

だから思わず書き留めた。

でも、多分出せないな・・・今回も。

そうか、バレンタインなのか・・・・。

でもダメだ・・・次の日、4時起き・山行き集合5時30分だ。

寝ておかないとね。

でも見ちまいそうだね。

盛岡だって・・・・。

「凍てつく夜もさだまさし」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度白倉岳に行く

今度、白倉岳に行く。

Dscf0025_3

2006年2月19日(日)に行った。

白倉岳のことは、鮮明に覚えている。

面白かった。

雪多かった。

天気が良くて

ちゃんと地図見てルートを歩けば、

きわどいところも無く、別にコース的には何も問題は無い。

滋賀・比良山系・武奈が岳から西を見たらお向かいさんに見える山が白倉岳です。

場所はどこかと言えば、京都北山です。

2006年どんな記事UPしているかなあと思って見て見たら・・・驚く無かれ・・・

私の記事はいつもこんなのなんだねと・・・改めて思い知る。

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/__2f1a.html

何も書いてない。

そりゃ~山行きの参考になんないや。

小学生の絵日記でももっとよくわかる。

でも、私らしい。・・・・・

Dscf0006_2

でも、よくわからないのでちょっと書いてみよう。

・・

登り始めの杉林からこれだけ雪がありました。

今年の雪はどうだろう?

写真は、白倉岳の頂上の立て札はご覧の通り埋まっていた。

HPなどで見るとこれだけ埋まるというのは相当な雪のようですね。

夏道で5時間のコースでも、これだけの雪があると、全行程は9時間かかりました。

3人で交代しつつひたすらラッセルし続けた記憶。

頂上は展望も無くかすかに木の間から武奈ガ岳が見えたのだっただろうか。

6時半登山口と下山口の中間くらいに車を置いて歩き始めた.

頂上12時。

引き返すタイムリミットを確か12時と決めていた。

ぎりぎりセーフ。

進むことになって、うれしかったのを覚えている。

その先に進まないと、トナカイの頭に似た杉の木に逢えない。

その木に逢いたかったから、頂上で引き返したくは無かった。

しかし、あとは下るだけと思ったら大間違い。

雪は深い。

Dscf0028

トナカイさんも首までスッポリ。

トナカイさん逢えてうれしかったが、杉がこのように湾曲するのは比良の山の中では

珍しいことではないと後で知った。

思い出せないが、どこかの山でも、又違う山でも・・・トナカイさんだと思ったことがそれ以降の山で2回あったから。

有り難味が半減した。

稜線を反れて下る。

それが最後の赤テープだった。

尾根は間違わなかったが、雪が多く登山道は埋まっていた。

植林と雑木林の境目を下っていくのだが、この年はその道を下れなかった。

杉の木立の下限がぎりぎり雪から出ている状態で、目印の赤テープすら雪の中に埋まって無くなっていた。

杉の枝で進めないから、植林の中を下る。

前を阻まれて、方向は間違っていないが微妙に尾根をそれて行く。

左に左に植林の中を下るのが正解だと思う。

言葉で言えば簡単だが結構これが厄介。

かんじきつけても、とんでもなく埋まる。

普通は杉の木立の間を下る筈。

難なく下れるそのコースを確認しながら、登り返したりしながら下ってどんぴしゃ登山口に下りた。Dscf0039

16時50分

登り始めから終わりまで、ずっとかんじき使用の山歩きは、そうそう経験できない。

(北へ行けば当たり前なんだろうけれど。)

1回行ったらいいだろう。

そんな風に思った。

もう1度雪の白倉岳

招かれるとは思わなかった。

何処でも下れる雪の尾根ほど

難しい。

見渡し効かない植林の中ほど

下りにくいものは無い。

いっそもっと雪が多いか、無い方が迷うことは無かったと思う。

更に密集した植林に行く手を阻まれたとき、経様が「今何処?」と聞いた。

下れる尾根が、するっと延びていると思っていたが進めなくなったとき、右にそれるか左にそれるかを選択する。

そのとき、「さあ?」と心の中で思った。

このあたりで何故に先に何で下れないかわからない。

今なら言える。

雪が多いから杉の木立が邪魔しているだけだと。

下界に下りても雪があった。

この年は雪が多かったのだと思う。

今年は案外雪が少ない。

多分、雪と杉の木立で行く手を阻まれることも無いだろう。

トナカイさん待っててね。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶屋さんが店を閉める

Img_6191 先日、いただいて帰ってきたものを写真に撮った。

粉末煎茶、インスタントコーヒーがあるように粉末の煎茶もあるんだよ。

お茶屋さんが店を閉められることになった。

本当に閉店だが、閉店セールしないんだって。

みんなにくれた。

昆布茶も美味しいよね。

閉店セールしてくれたら、買占めに伺ったものを・・・・。

私もさびしい。

意味も無くさびしい。

これを「諸行無常」というのだろうか?

人は、その手にしたものを年齢を重ねるごとに手放していくと、本で読んだ。

出来ていたことが出来なくなったり、覚えていたことを忘れていったり。

その歳で今頃から何を言うと、言われそうだが、

家業が無くなったり、

子どもの頃住んでいた家が無くなったり、

子どもの頃駆け回っていた野や山が無くなり変わっていたり、

祖父、父、義兄、義母と他界したり、

山の仲間が若くして亡くなったり、

可愛がっていた犬が死んでしまったり。

そういうときに感じた寂しさで、予行練習、模擬体験しつつこの歳になった。

だから、この先も例えば出来ていたことが出来なくなったりして寂しさを重ねていくんだと想像する。

生理が来なくなって閉経する。

この家を子どもたちが巣立っていく。

運転していた車を危ないといって運転しなくなる。

登っていた山に行けなくなる。

お産の仕事を辞める日が来る。

そういう風に跡形もなく、もう心の中にしか残っていないものが増えるばかりで

失くしてしまう喪失感が、やりきれない寂しさを連れてきて、胸がしめつけられる。

きっとそんな感じなんだろうなと、想像する。

その何倍も楽しいこといっぱいある。

でも失くす寂しさわかるよね。

何だか寂しくなって涙流しながら昆布茶をいただいた。

いつの間にか泣いていた。

そして、自分の気持ちをもてあました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

意味も無くマイ箸のすすめ

Img_6188 マイ箸を持参する。

真実は知らないが、木製の使い捨て箸にはものによると、防腐剤が染み込ませてあると聞いた。

別にだからという訳ではないが、私はマイ箸をいつも持ち歩いている。

時には、かばんに2膳分のマイ箸・マイ箸箱が入ってあることがあり、いつもその荷物に何が入ってあるの??と聞かれる。

夜勤の時は、夕飯を2回に分けて食べるので、分けておく用のカラ弁当箱から、水筒・アキ時間に読む山の本、歯磨きセット・タオル・・・そりゃもう・・・いつでも何処でもお泊りOKの荷物ばかり。

マイ箸も慣れれば当たり前になって、違和感ないよ。

・・

ついでに、

全然関係ないけれど、マイブームがひとつ増えた

「メイちゃんの執事」

原作は、マーガレット(少女雑誌)連載の漫画

原作の設定では、中学生らしいが・・・・ドラマのヒロインは新倉奈々ちゃん

ストーリーがうんぬんではなく、おばさん的には・・私もパーフェクトなイケメン執事に24時間世話してもらいた~いだけの願望に尽きる。

なぜだろうね・・・心がくすぐられるのは・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

図書館で本を借りる林語堂さん~

Img_3107 本を借りに行くにあたり、その本の著者を調べてみたりした。

知らない世界がそこにあった。

翻訳

林語堂さん・・・・・

はじめは本屋の屋号だと勘違いしていたデであった。

翻訳は、忠実さは『信』、

     読みやすさは『達』

     美しさ『雅』

信達雅

デナリにとって唯一理解できる母国語すら、もてあましているのに・・翻訳が何たるかなんて読んでも理解できるはずも無い。

だから・・どうこう言うのもおこがましいが、

翻訳に限らず・・・何にでも信達雅は言えるような感じがしたな。

信頼できる中味であること、熟した心(内容)を分かりやすく伝えること、何か1つスジがと通っていて気持ちがいい(美しい)こと・・・・信達雅な~んて風に理解した。

生き方もこうありたいね。

負けない事投げ出さない事逃げだない事信じる事・・・・マッキ~ィ

・gw出さないこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸電鉄菊水山駅

昔、六甲全山縦走をしたことがあったが、ほんに大昔のこと。

今の全山縦走は、須磨浦公園駅がスタートだが、私が歩き始めたスタートは、菊水山駅でした。

それはそれは、うんと短いコースだったのだ・・・・と今のコースを考えると思う。

菊水山駅は、山の中。

駅を降りたらがが~!!!と登る。

そんな記憶しかない。

・・・・

知っているだろうか?

・・

神戸電鉄菊水山駅は、もう無いことを・・・・。

2005年(H17年)3月26日・・・廃止になったんだよ。

鵯越駅ー(菊水山駅)-鈴蘭台駅

こんどどこかの休みに鵯越駅~菊水山~摩耶山を歩いてこようと思ってんだ。

だれか付き合ってくれる人探さないとな~あ

菊水山駅をのぞけるだろうか?ワクワク

駅への昇降口は閉まっているそうだ。

大丈夫・・無断に進入したりしないから・・・・・。

押し入れ探して、山の昔のアルバム探して菊水山駅の写真見つけてこようと思ったが

忙しいので止めた。

わたしゃ~あ、本当に忙しいのです。何故だかココのトコロ・・・・。

(心が)不細工だから忙しいを連発して、アピールする人にはなりたくない。

私の美学に反する。

しかし、ちょっとね~不細工なデナリ。

Img_0478 ←全然関係ないけれど

   比良・大山口の橋

お気の毒にもうちょっとで壊れちゃうね。

こんな事なら書けるけど・・・

まじめに山記事かけないな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比良・イン谷口の登山ポスト

Img_0480 滋賀県・比良山系・堂満岳

登山届けも・・・イン谷口の登山ポストに出す。

でも、東稜を登るなら、ココの登山届けのポストまで行かないで曲がるから

何処でみんな出しているんでしょうね。

ココまで登って来るのかな?

・・・

2月の比良にまた行くようだ。

楽しみだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ケロイドな私?

Img_6186 昨日ね、背中が痛かったんです。

もうすぐ、手術してから半年が経つ。

意外と、いろんな出来事がすぐ昔に感じてしまっていることが多いし、

どんな事もあっという間に忘却の域に行ってしまうのに

この件に関しては、なかなか消え去ってしまわない。

不思議なものです。

傷もね、ちっとも落ち着かないのです。

薄くなるどころか、どんどん濃くなってクッキリしてきた。

先日更衣室で同僚に、「デナリさんケロイド体質??」と聞かれた。

「私は、傷の治りが早いのよ」とかなんとか言いながら、

実は、こっちの傷はケロイド状態になっている?

へんなの~、ちっとも治り早くないじゃない。

何かの拍子に、背中の奥の背骨の右側が痛い感じがするのは、いわゆる幻肢痛みたいなもの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

季節限定

Img_6182 季節限定「ゆずと抹茶」

ローソンで売ってるよ。

ゆずと言うにはゆず。

お茶というにはお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔦の葉っぱ

Img_6178 蔦の葉っぱの縁の色が変わってきた。

紫に色づいた。

寒さのためか?

何でだろうね。

何の考えがあって自然はこんなに変化させるんだろうなんて思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所さんの工事

Img_6183

ご近所さんにまたまた工事が始まった。

18年にして大きく環境が動き始めた。

Img_6184

出かける予定の無い休みの朝は、決まってにいを連れて毛糸の帽子をかぶって

ポケットにツタヤのDVDを入れて散歩に出かける。

ポストに返却する。

にいは散歩が好きくないようだ。

ポストまでが精一杯。

家に帰りたがる。

用は済んだから、私も帰る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

結露の窓ガラス

Img_6177 結露の窓ガラス

夜勤を終えて帰ってきた朝。

家の窓ガラスが白く曇っていた。

/

今日は、休みだった。

窓を開けて空気を入れ替える。

この冬、最後の開窓かもしれない。

シーツを干した。

今年は、関西では2倍のスギ花粉と聞く。

先日からクラリチンを飲み始めた。

しかし、すぐ症状無くなった。

ひょっとして、ただの風邪だったのかもしれない。

だって、鼻痒くないし、くしゃみも出ないから。

2日飲むのを止めてみた。

そしたら、昨日は咳き込んで、心なしか鼻の奥がコロコロする・・・・。

しぶしぶ、夕べは又1錠飲んだら、今日は治まった。

やっぱりダメなのかな~。

一生のみ続けるのかな~。

新しい特効薬を~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな人なんだろう「蘇東坡」

「私、木食応其には、惚れないね。」

と、ことさらに言う私に対して、

だーさんは言った。

「はじめから、分かっている。」

「そう??何で???」

「・・・・・・・・・・」

どうやら私の好みではないらしい。

・・・・・・・

確かに、一瞬、興味は抱くがそこ止まり・・・って事、多いかも。

自分でも分かっている・・・デナリが惚れちゃう傾向

さて、今は・・・

「蘇東坡」

一昨日まで知らなかったこの人は、中国・宋の時代の詩人のようです。

先日書いた文に、惹かれる何かを「蘇東坡」という人に感じた。

脚力尽くる時山更に好し      蘇東坡

どんな人なんだろう。ちょっと

勝手に紹介↓

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/cozy-p/sosyoku.html

蘇東坡の詩は徹底して肯定的に物事を捉え、悲観や絶望がみられない。

僅かな俸禄を得ることをかたじけないと詠んでいるが、生活は非常に苦しいものであった筈である。しかし、蘇東坡は決して挫けず、魚や筍が美味しいこと等をささやかな楽しみとして、この逆境を乗り越えようとしている

現状を受け入れ、逆境も人生の一局面であると楽観している様子が伺える。

「蘇東坡 」    林語堂著   講談社

Img_4826 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

・・・ちょっと、図書館に行ってみようか?

私には手に負えないだろうけれど・・・。

こんな時、そばに真珠さんがいてくれたら聞けて教えてもらえて質問いっぱい出来るのにまだ中国から戻って来ていない。

中国はお正月。

帰って来ると表現するといいのかな?それとも逆なのかな?

それもそうとして、↓こんなに書いてくれていたから「蘇東坡の哲学」 文中から拝借しました。

「これらの文章を通して、私の思考の一端を知っていただければ幸いです。」

HPの作者さん・・・・太っ腹~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいの写真

Img_6180

おはようございます。

にいは、元気に大きくなっています。

やんちゃで、噛む事もなくなりました。

ウンチ・おしっこも決まったところにします。

可愛いかぎりです。

しかし、カメラは嫌いじゃないけれどじっとしていません。

ぷいっと、向こうを向いてしまうが決して写真に納まらないことがなかったおたまちゃんとは大違いです。

せめてしっぽなりとも・・・・とりましょう。

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

「キノの旅Ⅰ」と「ビルと動物園」

Img_6181 夜勤明け

コタツに入って、まったりDVD

本で読んだ「キノの旅Ⅰ」を見た。

想像を膨らませて本を読むとは違い比べてしまいました。

綺麗な画像は惹かれます。

なんだかアッサリして見えた。

でも、シリーズ借りてみたくなった。

雪のため足止めされて餓死寸前のおっちゃん3人をキノは、冬眠から覚めたばかりのウサギを1日1匹づつ狩って3日間食べさせた。

3人のおちゃんたちを助けるために、複雑な気持ちを抱いてキノは口にしない3匹のウサギの命を絶った。

回復したおっちゃんたちは、雪の中で動けなくなったトラックを

キノエルメスの力を借りて脱出した。

おっちゃんたちはキノに銃口を向ける。

「よくある事さ!!!」

一緒に観ていたとっとこ太郎がぼそりと言った。

「キノの旅」にちょくちょく描かれるこの展開。

人の強欲さと醜さ

「ビルと動物園」も見た。

「ベストクラッシック100」・・・・そういえば少し昔、山の行き帰り乗せて貰った車の中で聞いたなあ。

あのころ話題になったなあ・・と、観ながら思い出した。

韃靼海峡・・なんだったっけ・・・どんな曲だったっけ?

あ~。

だ~さん帰ってきた。

ご飯作んなくては

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必殺技

Img_0495 買おうか?

どうしようか?

修理に出そうか?

迷った挙句・・・・機能に問題ないから使い続けることにした。

ガムテープをはって見た。

バネの力で次第に隙間が開いて、いつしか作動しなくなってしまう。

そこで強力輪ゴムで留めてみた。

いいじゃん、いいじゃん。

カメラが問題なく作動する。

だから、この路線で行ってみることにした。

ビジュアルは気にしない。

カメラくんがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »