« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

ギシギシの穂が赤かった夕陽

P4280207

P4280209 窓から外を見た。

生態系が変わったのか?

まだ、その時期じゃないからか?

セイタカアワダチソウは伸びていないで、ギシギシの穂先が赤く染まって、新鮮であった。

P4280211

雑草を可愛いと表現するのもいかがなものですが、同じ場所なのに不思議だね。

ギシギシを撮りたくてカメラを持って飛び出たら、夕陽が意外と綺麗だった。

P4280208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊半島  大塔山のポスト

P4270060_2 紀伊半島

和歌山県田辺市

大塔山

山頂にポストがある。

登山届けを出す登山ポストじゃないんだ。

ポストの中には

素敵なあなたが登頂を記念して

毎日、時間と天気と登ってきたコースと

登頂回数を記録するノートが入っている。

表紙にはビニールが貼ってあって

どんなに大切に思っておられるか

伝わってきました。

P4270059 そのノートは、

ジップロックの保存袋に入れられてあってね。

開閉頻度が高いのでしょう、

右に引いても、

左に引いても、

開いたままでした。

もしも

近じか、和歌山県田辺市大塔山に行かれる方がおられましたら、

大学ノートが入るジップロックのビニール袋に交換してきてくださいな。

飯野さまがこの文を読まれたら、

要らんお世話だ・・ほっといてくれ!

とおっしゃられるでしょうか?

ふふ・・・・

お邪魔させてもらってどなたさんも、真似して書き込んでおられました。

同行のあけもどろの柿様が書かせてもらっていました。

驚きました。

平日のこんな日に・・・私たち以外に、他の方がいたなんて・・・・。

頂上には、先行者が2パーティーもいたなんてね・・・・・。

それを知ることが出来たのもこのノートのお陰でした。

800回

次は900回目前です。

頑張って毎日登ってください。

元気を貰ったデナリより    飯野さまへ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

大塔山から足郷山のなんだったっけ?

P4270145

P4270146

大塔山から足郷山

春の花のにぎやかを通過して、新緑の楽しみもすんで、

なんだか楽な下りが続き始めた。

そんな頃、落ち葉に紛れて可愛い純白を見つける。

何て幸せ。

豊かな山を思い知る。

暖かい、雨多い。

白い白い銀嶺草・・・じゃなかった・・・なんだったっけ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

大塔山の登山口

P4270003 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

和歌山県 田辺市 大塔山 

大塔山を検索すると、二山出てくる。

まあ、そんなことどうでもいいけれど。

大塔山ハイキングコースって言うようだ。

大塔橋~沢分岐・・・弓矢谷~古座川源流点~稜線~大塔山~足郷山~舟見峠~足郷トンネル~大塔橋

P4270001 阪和高速終わりで降りて

国道42号周参見まで南下する。

色んなルートあるかもしれないけれど

県道38を走り佐本を目指す

国道371号 今津橋」を左折して走る

県道229表示あれば右折P4270004

走る、走る松根まで走る

松根を過ぎても走る走る。

「先は行き止まり」とか看板あって、見落としたか???

って気になるけれど、「大塔橋」まで走り続ける。

見落とすことも無いと思うけれど万一通りすぎても

これから行くルートの下山口足郷トンネルまで行けばいくらなんでも気がつくから心配なしの一本道だよ。

大塔橋を渡った所に標識があり左岸からハイキングコースの沢に入る。

登山ポスト無いんだよ。

本当のところどうしたらいいのか?分からないんだけれどね。

熊の看板もあるよ。

それについては、次に・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大塔山のコガネムシ

Photo_2 また見つけた。

鮮やかなコガネムシ。

和歌山県田辺市

大塔山山頂

視覚で食欲の減退を計る青いカレーの取材をテレビで見ました。

食いたく無いな~と思いましたが

自然界にも

ほんと、食べたら健康を害しそうな

食欲湧かない自然界の青色

なかなかやりますね。

進化?

こんな枯葉の上に

おもいっきり目立っているんですけれど。

神様は

何を考えているんでしょうね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大塔山のあけぼのつつじ

P4270041_3P4270093_3 2009年  4月末

ピンクのトンネル

P4270045

P4270097

P4270046_3 P4270099

P4270098

和歌山県新宮市と田辺市の境

紀南・大塔山から足郷山

いくら鈍いデナリでも違いは分かる。

しかし、どっちも花盛り。

あかやしお・・・・・あけぼのつつじ、ごようつつじ

じゃあ、ピンク左は?

P4270100

P4270102

P4270107

P4270101_2 P4270120

P4270123

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

今日からしばらく、大塔山ネタ続きます。

付き合ってね。

それなりに、面白いから.

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

夜のママチャリ

P4020002 P4020003

P4020004 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

意外といいものだね。

夜自転車。

お年頃のお嬢さんならお奨めは出来ませんが、きちっとライトがついた自転車に乗って

遠くの会合に参加する。

さすがにマイチャリは、電気がついていない。

点滅灯をセットして、頭にはライトをつけて日没後は走る。

それと、明るい街灯のあるコースで歩道と車道と分離しているコースで帰ってくる。

そういうのも、面倒なのではじめっから、ママチャリで出かけた。

世の中意外と明るいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンドルと埃

P4230012 P4230013 P4230014 P4230015 P4230016

まさかの時は、ローソクでと思ってあちこちに・・・。

まさかの時が無い。

幸せな世の中です。

停電も1年1回もない。

何を不服そうに言うのだ?

罰当たり。

ものぐさ物には、キャンドルは不適です。

だって、だって、埃がたかる。

お恥ずかしい。

く~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山県紀南地方最高峰 大塔山

P4270007 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

和歌山県紀南地方最高峰 大塔山

深い豊かな紀南の山を堪能してきました。

大塔橋から入渓し古座川源流をめざします。

紀伊半島の絶滅危惧種のツキノワグマの息使いを感じつつ美しい水に感動します。
何度も渡渉しますが、土日に雨が降ったのでしょう水が多く濡れずに済ませられません。                            私はパンツまで水の中、少々寒く足が重かった。
尾根に取り付き頂上をめざししっかり歩く。

頂上では、本州最南端のブナ林の保護を勉強できます。
毎日足郷から登頂される方のノートがポストにあって、のぞかせていただけ、書き込んだり、楽しませてもらえます。
太平洋の海が見える。
東西南北どっちをみても深い山並みが幾重にも重なり山頂の確認に忙しい。

P4270181


足郷山までの長い尾根は写真左端の頂上から写真に納まらない。

尾根にはアカヤシオが多く、この時期、満開もうすぐ、まだ散り始めていない。                   そのほか、花花花。

自然林

新緑がキラキラしていい感じのたくさんの大木に癒されます。

長いコースですが、くるっと回ってしっかり歩くあっと言う間の楽しい1日が過ごせました。

この時期のこのコースのこの山・・・・・・私の山ランキング、上のほうに入ったかな。

・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

海の傍で・・・・古い灯台

P4180018   

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

古い灯台

何だか今にも倒れそうだね。

始まったね。

パンデミックのクリスマスイブってところでしょうか。

大晦日までもう少し。

パンデミックのお正月が来なければいいね

豚インフルエンザ。

メキシコ。

抵抗力の低い人だけたくさん発症するのではなく、若い元気な人も発症している事もあるらしい。

サイトカインストームって言うんだって・・・

異物(豚インフルエンザ)が体内に入ると、元気がゆえに激しく反応するという事らしい。

元気なんだけど・・・さしずめ、私?

若くないけれどまあまあ元気。

パンデミック。

怖い怖い。

小児科の外来に手伝いに行っていつも思う。

待合でお土産貰うだろうな~とか。

どなたさんもお大事に。

予防が第一。

栄養

睡眠

人ごみ行かない

うがい、手洗い、マスク

発症者を媒介しないさせない。

結核でザワザワした先日の時もデナリの咳は気を使った。

今回も肩身が狭くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朔の夜、新月の星のもと

P4260025_2 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

昨日の夜勤明けは、すがすがしい気持ちで帰ってきた。

まあ・・言葉で表現するなら・・・・・

六甲全山縦走を完走してゴールした時の気持ちに匹敵する。

余計に訳分からないか・・・・・。

私は、サポートする役目でした。

それでも、こんなにうれしい心持ちは無い。

ことさら断るのもおかしいんだけどね。

私のきみきみじゃないんだけれどね。

長い長いマラソンのような、ママのお産だった。

結果的には無事に普通に分娩終わった。

しかし、そこにいたるには、長い長いプロセスがあった。

綱渡りと、忍耐と・・・・

私は分娩室の様子がいよいよだと察知して、外での仕事をそこそこに手伝いに入ろうとした。

もう一人同僚が外に置いている吸引分娩の時に使う機械を持ち込もうとしていた。

それまで何度も何度も胎児の心音は落ちていた。

何時間も前にも1回だけ恐ろしく心音が落ちた。

その地点にも帝王切開の可能性が懸念された。

ところが座っていたママを横になって酸素を吸ってもらうだけで回復した。

数時間しここにきていよいよ今回の心拍低下は待てないギリギリのところに来ていた。

側切開

吸引分娩

クリステル胎児圧出法

デナリはママのお腹の上からきみきみを押し出す係り

きみきみのママが大きく息を吸い込んで気張る時、呼吸を合わせて押す。

グッと子宮の上底を股間に向かって圧をかける。

ママも気張り出す。

主治医は、吸引(トイレが詰まったら便槽をコポコポするあれに似た大きい吸盤を胎児の頭に吸い付かせて)をかけて、引き出す。

ママ

主治医

デナリ

同室した全ての人間の気を合わせる。

目的はたった一つ

きみきみに会うためだけに

元気なうちにこの世に生まれてきてもらうために

ずっと、直前まで外で他のママのお世話していたものだから、そこまで状況が切羽詰っているとは思わなかった。

が・・・・・。

吸引かけて、2回押しても出なかったら・・・・帝王切開

そう言う話になっていた。

そうだ。

知らなかったのはデナリだけだった。

しかし、そのおとぼけが・・・意外とよかった。

1回押した出なかった。

2回目・・・ちょっと力を込めてみた。

児頭をぐっと下げた。

出ると判断できる所まで下がった。

手加減知らないデナリだが・・・ぐっと力をきみきみに伝えた。

きみきみの頭が出た。

何時間も心音落ち続けた割に、きみきみの状態はすこぶる良かった。

ずっとママは酸素を吸い続けた。

きみきみも少しの時間、酸素をかいだ。

それでも、きみきみ元気で普通の経過でカンガルーケアーした。

そして、1時間後にママが帰室するのに同行してきみきみ添い寝でママに同床した。

そりゃ、お産を取り上げさせてもらった同僚は達成感ひとしおだろう。

最後の最後に押しただけでデナリもうれしかった。

勤務の私たち3人は・・・・緊急帝王切開にならなくて良かったと、ホッとした。

夜勤の緊急帝王切開は、私たち3人ですることになる。

主治医とあと誰かドクターを1名呼んで。

緊急を要するから、なりふり構わず猛烈スピードで帝王切開開始まで数分~数十分でで準備する。

デナリなんか走り回る事だったろう。

よかった。

本当に良かった。

普通分娩さまさま・・・・。

お産の神様に愛されて、きみきみ元気に生まれた。

ようこそ、きみきみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

里帰りで地元の助産院で分娩の予定だった。

4○歳初産

貧血・妊娠高血圧気味

4月になってそのせいで、嘱託医である主治医のもとに紹介された。

その主治医が受けなければ、おそらく「大きな総合病院での帝王切開」でも問題にはならない症例だったかもしれない。

「運」「出会い」

きみきみとママの運命は、普通分娩に流れた。

きみきみは、そういう運をつかんで生まれてきたんだ。

朔の夜。

新月の星のもと・・・・・

3人生まれた。

●加えて3人入院したママの経過を見ている。

●1歳8ヶ月の授乳中のママの乳腺炎で発熱の相談・・・かわいそうだが物理的に無理・・時間と余裕が無い。

朝まで様子見てと改善策を伝授した。

●1人のママは、まだお産まで時間が少しかかるから家でしっかり動きな~あと帰宅する。

長いようで短い夜が明けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

夕陽と猫ちゃんとワンちゃん

P4180040 猫なら猫

犬なら犬

夕陽なら夕陽

何を自分は撮りたいのかもわからずに撮ってみるからこうなるんだが

私って、本当に欲張り。

一つの枠の中にまとめてしまおうと思うから無理が出る。

無理無理

不可能

あっさりそう言って見るのもよし。

人が何と言っても

無理やりにこうして撮ってみるのもよし。

いいんじゃな~い。

いいんじゃな~い。

話は、まったく違うけれど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日聞いた車上荒し

デナリの地元の人はお気をつけて・・・・・

車上荒しの話は、聞いていたが・・・・・

本人に聞いたから生々しい。

仕事の帰り道

買い物に寄った駐車場に短い間で出合った災難。

キーロックをして、財布だけ持って買い物

車に戻って鍵を開けて、車に乗るとカバンは無かった。

カバンには、携帯・パソコン大事なものも入っていたが丸ごと無くなっていたと言う。

ほんの数分の出来事

犯人は、きちんと車にロックかけて、立ち去るそうだ。

車を閉める電波を近くでキャッチして開けるそうだ。

その店には、車上荒しに注意と張り紙はあったそうですが・・・・

もし、本気で注意を促すなら・・・・もっと詳しく書いた紙を貼るべきだとデナリは思う。

鍵を掛け忘れた訳でもない。

ガラスを割られた訳でもない。

長時間車を置きっぱなしたわけでもない。

荷物は車に置いておかない。

それしかないのかね。

読み取る。

免許もICチップが入ったものを貰ってきたが、すれ違うだけで読み取られることがありますの注意書き。

なんですのん??????

偽造???

結局のところされちゃうんじゃん・・・意味無いじゃん。

暗証番号がわずらわしくて、銀行のキャッシュカード持たないのに・・・

何がうれしくてっ免許証まで・・・・・・

忘れてしまって何だか何かをしでかしそう・・・・・・く~!!!

いやな予感

話はそれちまったが・・・・車上荒しにご注意を!!!

情報ありがとう

しかし、デナリの車がショボすぎて、告白できなかったよ。

デナリの車は、税金安いとかで業務用車。

で、おまけに、鍵でしか開け閉めできない。

今どき・・・と思ったが・・・・読み取られる電波も何も無い・・・・く~!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

半分のカロリー・・・どんべい

P4220072 どん兵衛 昆布だしうどん  195カロリー

夜勤でデナリに同僚がくれたもの。

デナリに餌を与えないで下さい

そう言って、夜勤のおやつを辞退する。

しかし、カロリー低ければ食べても支障ないでしょうと持ってきてくれた。

いつも出してくれる前に、辞退するんだけれど、タイミングを逃してカバンに置いてくれた。

突き返すのも勇気が要った。

喜んでいただいた。

先日お昼におよばれした。

小さいから・・・と、たかをくくっていた。

食べ応えある。

満腹になった。・・・・意外だった。

お腹すかない。

いいかもしれない。

いいもの見つけた。

同僚の受け売りなんだけど・・・・

普通のカップめんは、400カロリーですと。

ですから、198だと半分。

いいかもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全然関係ないけれど5番街のマリーへ・・・だったっけ。

おじぎそうも芽を出した。

おじぎそうの種がたくさんあった。

欲深いデナリは、たくさんのポットに植えた。

マリーゴールドも植えて見たんだけれど、出てこないや。

直射日光当たる所へ場所変えてみようかな・・・。P4230017 P4230018

昨日早く家に帰れた。

1回の勤務に「6人のきみきみ」が生まれることもあるのに、ここのところ何日も生まれるきみきみの人数より退院するきみきみが多い日が何日も続いた。

すると、お産が1件や2件あっても、たくさんのスタッフが必要ない。

そんな日は、交代で有給使って半日で帰る。

昨日もそうだった。

ちょっと、図書館へ行って借りたい本が何冊もあった。

でも、無意識にいつもの帰宅道を帰り始めて走っていた。

しかし、無理やりUターンして、図書館に行った。

駐車場へ車を入れて歩いて行ったのに玄関で休館日を知った。

あんまりだ!!!

「休館」と、いつもは駐車場の入り口に書いてくれてあるのに、昨日は無かった。

ションボリ。

速攻、車を100円払って出した。

「こんな日は、ウロウロしないで帰りなさい」と、

家路に向けて車を走らせてあげていたのに、それに背いてUターンなんかするからだよ

・・・馬鹿な奴だ!と

何処かで誰かが呆れているんだろう。

ふっと、真珠さんのことを思い出した。

勝手なとき、誘ったら、付き合ってくれたよな~あと・・・・・。

先日、いなほさまがこちらへ来てくれた時に、車1台で行動したくて、

真珠さんの駐車場に車を置かせてもらいに行った。

その時も、真珠さんがいたらお散歩付き合ってくれただろうな・・・と、思い出した。

お国に帰って長い時間。

そりゃ、そりゃ、いいよなあ実家と自国は。

誰か、デナリが寂しがっていたと伝えてください。

♪友達ならそこの所うまく伝えて~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

夕陽と青い空とちょっと白い雲

P4180042 夕陽と青い空とちょっと白い雲

/

休みは、心がゆったりする。

/

この夕陽は1週間前の夕陽

今日は天気が悪いね。

さて、今夜は

いわゆる新月

今夜は夜勤です。

天気も荒れているし

だし

土曜日だし

大荒れの夜勤か?

さあ、こい!!

朔と言えば、「萩原朔太郎」と「せか中の朔」。

さあさあ、ついてきなさいね・・・・話は飛ぶし意味不明?

・/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にい宙吊りになる

P4150005 P4150006 P4150009

にい。

にいは、お馬鹿チャンです。

にいは、ひもでつながれています。

結局のところ、私が犯人なんだ。

にいがそのひもが絡まって宙吊りになった。

いきさつは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕刻に年に4回の浄化槽の管理のお兄さんが来た。

車が邪魔で移動した。

にいがスキを見つけて、お兄さんに飛びついた。

自由に行き来させないために、リードを変えて別のところにつないだ。

年間管理費1万円の集金だった。

1万円無かった。(お恥ずかしい・・・く~!!!

キャッシュコーナーへ行くから15分後に集金に来てくれるように頼んだ。

出かけてそれきり、にいのことを忘れた。

夜も更けて、にいが珍しく泣いた。

のぞくと、ねじれて短くなったリードに、片足をしめつけられて、宙吊りになっている。

「両前足」と「片方の後ろ足」で、支えているが、あがいて騒いでいるうちにますます、ねじれて短くなって、

絞まって「両後ろ足」は、地面に着けなくなっていた。

みると、ますますあがいて、くるくる同じ方向に回っている。

すると、ますます宙に浮く。

ほとんど、にい倒立した状態になって、泣いている。

足が痛いのか、ますます回る。

すると、また泣く。

解いてやろうにも暴れてまた回る。

だーさんを呼びに2階へ行った。

戻ってきてだーさんにいを抱き上げた。

それでも、絡まった足が痛いものだから、「自由な足」で解こうとしてやっている私の手をパタパタ掻く掻く。

今度は私の手が痛いのなんのって・・・・。

はんぱじゃ無いくらい巻きついているから、解けなかった。

仕方が無いから、鋏で切った。

にいの足は、折れていないか、壊死を起こしていないか?

大丈夫だった。

犬も意外と強いのね。

にいの宙吊りが目の裏に焼きついた。

後遺症も無く。

翌日元気だった。

それにしてもどうして、あんなことのになったのだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空に向かっておねだりする

いなほさまから頂いたお手紙は、それは真っ赤な葉ッぱだった。

このような放射線状に地面で精一杯葉を広げる植物形態をロゼッタと呼ぶ。

水も太陽光も、もっともっとと、空に向かっておねだりする。

P4220073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

夕焼けの灯台

P4180031 P4180032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の「春よ こい」

NHK 「SONGS」に松任谷由実さん出てました。

話しているのを聞いて聞き入ってしまった。

フォルクローレやサンバの要素も含まれていて

日本の素敵を普通に歌う

そんな風にユーミンがこの曲を表現した。

「春よ 来い」

NHKの朝ドラの曲だそうだが、デナリは子育ての真っ最中だった。

で、全く見ていないので、イメージがつながらない。

イントロの部分が素敵だよね。

デナリの「春よ 来い」は・・・・・・・・・・

三年寝太郎のピアノで弾く「春よ 来い」だ。

小さな手で弾いて聞かせてくれるたびに・・・とっても幸せな気持ちになった。

三年寝太郎が、ピアノを一日も欠かさず弾き続けた時代があった。

3歳から高校までそれはそれは毎日弾いていた。

グランドピアノが日々の練習にも必要となり、学校よりも音楽と言う生活をする覚悟はあるかと聞かれた。

どの道を志すか・・・・そこで「親の覚悟」を問われた。

母にはその覚悟は無かった。

親の覚悟の無さを、三年寝太郎自身の覚悟にすりかえて、

「どっちしたい?」と聞いた。

そして、趣味で続けていく方を選んだ。

この曲を聞くと、幸せな気持ちと共に、三年寝太郎の選択の件を思い出す。

私が(三年寝太郎が弾いた)この曲が好きだ」と言うと、P4050026_3

トランペットは吹くが、ピアノを全く弾かない三年寝太郎が言う。

「今でも弾ける」って。

♪溢るる涙の蕾から

♪愛をくれし君の懐かしき声がする

この2文に、私の胸の中の何処かを・・・ギュ~ッとしぼられる。

溢れない涙がデナリの目に湧いてくる。

ホントいい曲だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のじゃがいも

P4230022

・・

デナリのジャガイモが大きくなってきた。

だーさんが畑に植えた種芋の残りを貰ってベランダにプランターで植えたもの。

全然、育ててみたいと思っているわけでも、家計を助けられるとも、思っていないんだけどね。

チャンスがあれば、流れのままに・・・・。

P4230023 なすびも植えた。

だって、なすび好きなんだもん。

だーさん農園のジャガイモは大きくなっただろうが

私は、あれきり、畑についていった事が無いから知らないけれど、

だーさん随分前に大きくなっているって言っていたなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

よなよな、ふらふら

P4230019 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

これが、120円で買った花束

しっかり閉じていた蕾が開き始めた。

ストックはまだ開いていない。

この花が散り始めるころに、咲き始める気がする。

マドンナ(それはそれはセクシーなデナリに30年付き合える人)

ジェリー(それはそれはアートなデナリに30年付き合える人)

彼女たちのご子息が、今春、桜咲いた・・・ご入学おめでとう。

晩飯くらふ。

夜な夜な、フラフラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南の峠で買った花

P4210071 山に囲まれた私の地元

さほど高い山じゃないけれど、

先日北の峠を越えて、

遠くから訪ねてきてくれた友

(適当な代名詞が見つからなくて)

迎えに行った。

そして違う日。

今度は

南の峠を越えて、

免許の更新に出かけていった。

峠を越えたあたりに、

地元の野菜や花を売る小さな小さなお店がある。

その前を通る時、どんなに急いでいてもデナリは必ず立ち寄る。

少し趣のある食材と花が買える。

安く買える。

今はたけのこ。

たけのこと言えば・・・父を思い出す。

春になると、取りに来いとTELがきた。

皮付きたけのこ。

米ぬかでゆがく。

面倒だから要らないと罰当たりなことを言ったっけ・・・・。

ゆがいて置いてくれたら取りに行くと、言いたい放題言ったっけ。

三年寝太郎ととっとこ太郎が今くらいになるまで、もう少し長く生きていて欲しかったと思い出す。

話は戻って・・・・・

免許は、何故だか?ゴールドカード。

30分の運転免許更新講習。

私にとっては、何色であろうと関係ないし、

休みの日に行くから、何時間でも構わないんだけれど。

はて?面妖ナリ・・・・・。

峠のお店で買い物した。

セリの葉っぱ。

おひたしにした。

花束を買った。

120円のこでまりと麦の穂とストックとスイートピーとアネモネの花束。

旨く生かして生けて上げられない自分が悲しいけれど・・・・ホント、趣あるのです。

もう一つ花を買った。

それが写真。

何処かのご近所の花なんだろう。

挿し木でつかないかな~と思って。

この花欲しい。

この花の木が欲しい~。

毎年咲いて欲しい。

毎年切って家の中に生けたい。

ポロリと花びら散った。

可愛かったので写真に撮った。

折り紙で作った花のようでした。

P4210070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一昨日の夜はちゃんぽん麺

P4200068 昨夜でなくて一昨日の晩御飯は何を食べた?

我が家は、長崎ちゃんぽん。

いただいたから早速。

ちゃんぽんとか、皿うどんとか、食べに長崎行きたいな~。

しっぽく料理食べに長崎へ行きたいな~。

一袋のちゃんぽん麺を調理しながら・・・・長崎へ旅に出た。

ありがとう。

ご馳走さま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

夕陽の海を船が行く

P4180028

P4180029_2

夕陽の海を船が行った。

幻想的。

静かな海。

夜がそこまで来ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木こりのおじさん、我が家のコノテヒバを切る

P4190053 日曜日。

約束していました。

コノテヒバが、2階の屋根についたので、もったいないけれど切ろうと言う事になった。

なかなか、日が合わない。

そこで、無理やり早朝にだーさんと2人で切ることになった。

P4190054 P4190055 P4190056 P4190057

隣のおばあちゃんのお奨めで

塩で清めてから切った。

♪きこりのおじさん

今日も朝から

金色の斧で

木を切っているよ

と~んと~んとんとと~ん

と~んと~んとんとと~ん

軽やかに木を切っているよ。

倒れた木は思いのほか太くて重かった。

P4190058 切り株から新芽が伸びてくるでしょうか?

木の精が泣いていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私があなたを選びました

P4190060

P4190061面白い本を2冊

「おぼえているよ ママのおなかに いたときのこと」

「わたしが あなたを 選びました」

あかちゃんは、ママのおなかにいたときのことを覚えています。

そして、あかちゃんはこのママのところに生まれようと決めて自分でママを選んで生まれてくるんだ。

大きくないし、薄いし、読みやすいから1回読んでみるのもいいかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

よりどりみどりの夕陽

P4180041

夕陽は海に沈む。

見せてあげないよとススキがさえぎる。

まあそう言わないでと、写真撮った。

いっぱい写真を撮った。

夕陽もよりどりみどり。

太陽がのぞいていた。

家から見る今日の夕陽はどんなのだろうと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日お通夜に行った。

ご近所さんのお母さん。

会った事も無かったが、ご近所の公園に送迎バスが来た。

ちょっと遠方のセレモニーホール。

出来立ての綺麗な建物は使いやすそうで、意外とこじんまり。

職員の方がいて全て仕切ってくれるようです。

待合のお部屋でお茶も出してくれた。

誰もがいつか死ぬ

いつ死んでしまうかわからない。

「死んでしまうような事態になるか?」と覚悟した。

が・・・・・私は意外とそうは、ならなかった。

その時、私は、気にかかることが何も思い浮かばなかった。

夫は、大丈夫。

子供も、大丈夫。

母も、大丈夫・・・・・・。

一つ一つ考えてみて、私はなんて幸せなんだと思った。

遺言ならぬ、万一の時は何か言い残すことは無いか?と考えてみた。

その時思った。

今さら何も書くことは無い。

多分、毎日書きなぐったこの文を読むだろうからもういいやと思った。

いいや、いいや。

それならそうで、検査の結果が良くっても検査の結果が望むもので無くっても、

逐一毎日書き続けるぞ!と思った。

すると、

そこからの毎日が、検査も入院も手術もその後の予後も気にならなくなり、ワクワクしてきた。

不思議なもので毎日が更に楽しくなった。

そして初めての検査を受けた。

次々と検査を受けていった。

起こりうる診断がどんどん楽観できるものに流れて行った。

すると、ますます余裕が出てきて・・・いつの間にか今日になっていた。

幸運だった。

単にもともと幸運な結果に決まっていたのだろう。

単に何でもないものに健康診断で気付いて、手術して取って見ただけの物だったのかもしれないが、

職場では、一番初めの診断の頃・・・

「デナリさんは、(仕事を続けていく事に関しては)もうだめかもしれない」

囁かれていたと、良くなって随分後で聞いた。

手に痺れや障害も残りうると言われていた時期があった。

私自身は、そんな時期でも何も不安に思えわなかった。

もうダメだといわれても、自分には自覚無い。

自分がダメだと思わない限りダメじゃないんだよ。

ダメだと思わないと何処までもダメじゃないんだよ。

そんな風に学んだ。

もういいか

・・・そう思って80歳の天寿を全うされたのだろうな。

人のお通夜で最後まで参列して、不謹慎にそんなこと考えていた。

肺炎でお亡くなりになられた故人。

送迎のバスの中で、「お迎えが来る順番」の話を近所の奥さんたちと話した。

喪主のだんなさんに「次は●●さんやな~あ」と(仲がいいので)冗談で言われてしまったと言って●●さんはくすくす笑った。

お迎えの順番。

先日観た「死神の精度」金城武さんの死神さんと黒い犬の会話を思い出した。

死神さんが訪ねていく人はどうして決まっているのか?と質問した。

すると、黒い犬は、たまたまと答えた。

たまたまかよ!!!

デナリはテレビに向かって、つっこんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「死神の精度」と「白椿」

P4160002 DVD見ました。

「死神の精度」

金城武・死神さんと黒いわんこ。

人が生まれてきたのには意味がある。

その目的を果たす為に私たちは生かされている。

人はそれぞれの役目を懸命にいきる。

役目を果たしたと判断しに死神さんがやってくる。

心がほっこりした。

「白椿」

これまた考えちゃう。

意外と意外。

白い椿は、何か意味ありげ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

深夜食堂3

P4190063「深夜食堂3」

食堂は、お客さんが頼んだメニューは大抵作ってくれる。

注文するものは、ホントにひとそれぞれ。

何でも作ってくれる。

こんな食堂あったら、私は何を頼むだろうか?

う~ん。

好きなもの、焼きナスに白ご飯。

なすびの糠漬けに白ご飯かな。

貸してくれた本を読む。

仕事が終わったら、本を貸してくれると聞いて、取りに行くつもりだったが

タイムカード押したら、すっかり忘れてしまう。

いつも取りに行くの忘れていたら、届けてくださり感謝!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

夕闇と木

P4180045

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

夕焼けの空に木。

透けて見える空の色は何ともセクシーです。

両手いっぱい広げたようなこんな木が大好きです。

同じところで写真撮っても、個性が出ますね。

同じ写真は、2枚無い。

みんな違ってみんないい。

明日は休み。

免許の書き換えに行こうと思っています。

天気が良かったら自転車で行きたかったのだけどな~。

明日は雨だって。

雨の日もあるよね。

雨も楽しみにしています。

何しようか・・・・。

免許センター。

面白いこと無いかな~あ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アッサムブレンドの紅茶で

あちゃ~あ 

ま~た、やっちまったなあ。

とほほ・・・・。

夜勤のある日。

家に到着した。

車を降りようとした時、おや???

何だか何処かが濡れている。

カバンに水筒入れてたんだ。

よく見ると水筒の栓が開いていた。

おやまあ、全開。

私って、やる~う~

なんて、思っていた。

いいじゃん、いいじゃん、お茶なんだからサラサラしているし、オシボリウェッティにお茶をしみ込ませている物があるくらいだから、殺菌・除脂なんか効果あるんじゃない?程度に思っていた。

よく見たら、お気に入りのふわふわタオルも濡れていた。

真っ白いタオルが、お茶を含んで重くなっている。

面倒だから、そのまま洗濯機に放り込んだ。

出してみて驚き!!!

茶色くまだらに、端っこだけ取れずに汚い。

染まっちまった。

洗えば薄らぐかと思っていたが遂に取れなかった。

台拭きに格下げして使えばいいのかもしれないが、台拭きのタオルもたくさんある。

それに、このタオルまだ使ってばかり。

好きなぶどうの刺繍と葡萄の葉のアップリケ。

ちょっと好きなんで・・そのまだらに汚いままに使い続けた。

洗濯物が黄ばんだ話を雑談していたら、このタオルのことを思い出した。

そうだ!!

漂白剤で白く戻すことばかりを考えていた。

でも、ピンチをチャンスに!!

P4200065 紅茶で染めちゃおう。

夜勤から帰って、すぐ染めてみた。

どうしていいかわからずに、鍋に紅茶を沸かしてタオルを突っ込んでみた。

P4200066 ぐつぐつ15分どうしていいかわからずに、煮込んでみた。

ミョウバン入れてみようかと思ったが、はげたら剥げたでいいんじゃない。

ますます、煮汁が黒くなった。

馬鹿なデナリ。

普通は出がらしティーバックを使うみたい。

今、家には無い。

いいじゃん、いいじゃん、お気に入りタオルを染めるんだもん・・・・

アッサムブレンドの紅茶葉をスプーンに2杯入れてみた。

おやまあ。

飲んだら美味しい紅茶が何杯飲めたでしょう。

その後でもよかったのにおばかな奴。

P4200067

でもね。

もともと、お茶で染まっていた部分は更に濃くなりまだらです。

うちにもハンドタオル・・・貰ったものも新品でたくさんあるけれど・・・・

これがいい。

このタオルが1番のお気に入りになりました。

特別なオンリーワン

たまには、しでかすのもいいかもね。

それにしても、水筒全開でカバンに入れるかな????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何も変わらなくても・・・・鳥

P4180037

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

何にも変わらなくてもいいんだと思う。

何かを変えようとしなくてもいいんだと思う。

伸びても縮んでもいいんだと思う。

変わる時は変わる。

変えたくても変わらない時は変わらないし、

変えたく無くても変わる時は勝手に変わっていくし。

おおざっぱな、グサグサ。

それでも、良い日が過ごせました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

ありがとうの夕陽

P4180044

海が染まる。

空も染まる。

どんな時も染まる。

どんな人も染まる。

しずかに待っていようね。

あーちゃんが大好きなこーちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うれしいお土産

P4180046 P4180047

ありがとう。

とってもうれしい。

思いがけずいただいた。

とってもうれしい。

いただいたものは、大事に置いておくのではなく、使いたおすのがデナリの感謝の印。

P4180050 P4180051

P4180052 あなたの可愛い作品は、デナリの愛用のお気に入りになります。

どこまでも、いつまでも使います。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち人来る。

P4180007 P4180008

P4180009 /

/

/

最寄の高速道路のSAに行く。

驚いた。

土曜の午前中。

こんな時間に立ち寄ったのは初めてです。

そういえば、近すぎて立ち寄ることは無い。

それに、下りのSAなんてなおさらです。

・・・

ほらこんな景色見たこと無い。

いつも夜景で見えやしない。

P4180010

P4180011 SAの建物には、ツバメがいっぱい巣を作っていた。

飛ぶ飛ぶ。

かぐや姫を思い出した。

立ち上がってチャンスを伺いもせず、ぼんやり無数のツバメの乱舞を眺めたいた。

本気で写真撮れば、もっと可愛いもっとマシな写真撮らせてもらえたかもしれないが待ち人に会うまでソワソワするする。

まるで遠距離恋愛の恋人に久々に会う心持ち・・・・。

待ち人来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

大げさだが切実なこと

P4050087 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

大げさだが、切実な話

昨年はいろんな事があった。

おととしもいろんな事があった。

忘れていたが、デナリにはたいしたこと無いトラウマがある。

忘れていた。

なのに、昨日。

風呂に入って目を瞑って、

真っ白い雪の山を歩いている自分を空想してまどろんでいた。

とっても心地良かった。

なんの脈絡も無く・・・真っ黒い熊が勝手に私の前に現れた・・・・・気がした。

空想の中でも、姿は見ていないが、

心臓がドキドキして止まらなくなった。

そのうち、息がハアハアいってきた。

目を瞑っていられなくなって、目を開けた。

お風呂だった。

ほっとした。

心臓がまだ、ドキドキしていた。

P4050088

胸が苦しい。

山の打ち合わせで、「熊もいるらしいね」と雑談しただけで・・・これだもんな。

思うだけで、胸がドキドキする。

息が苦しい。

まただ・・・・・・。

どうかしている。

ちょっと苦しい。

どうしちゃったんだろう。

困っている。

やれやれ。

これってトラウマ?

茶化しているんじゃないよ・・・・・どうしたものかねえ・・・と困っているだけ。

約束したのに、また・・・「一人で行ってもいいんじゃない?」なんて、チラッと思ったばちがあたった?

P4050089

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸中華街の杏仁豆腐

P4170003 P4170004 P4170006

/

/

/

とっとこ太郎のお土産。

神戸・中華街

杏仁豆腐

振り回して帰ってくるから、入れてくれていた箱がこぼれた御つゆでべ~ろべろ。

入れてくれていたスプーンがネチャネチャです。

はじめての御使いじゃないんだから・・・・持って帰って来かたもないもんだ。

美味しくいただきました。

ボリュームあったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い花はお好き?

P4050066 私は、白い小さい山の花が好きです。

特に馬酔木の花は、すきでなりません。

前にも何気に書いた。

近頃、デナリのパソコン遊びは、

連想ゲームのように

検索して、出てきた記事を読む。

その記事を読んで出てきた単語をまた検索する。

どんどん本題からそれていくが、遠くまで行ってしまい、知らないテーマにぶち当たる。

それが面白くて仕方が無い。

遂に知らない男性の名前に行き着いた。

その人はどうやら、日本語を職業とする方らしく・・まあ、到底デナリと関わりないし興味をそそらない話ばかりだった。

なのに、その先には、新田次郎さんの「白い花は好きだ」「続・白い花が好きだ」に行き着いた。

あんまり読まない新田次郎さん。

だから、知らなかった・・・そう言う本があること。

白い花が好きだ・・・・デナリが知らずに勝手に書いた。

自分の文に戻ってきた。

面白かった。

しりとりするように、自分のブログに戻ってきた。

白い花が好きだ・・・続白い花が好きだ・・・・・どんな話なんだろう。

読んでみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

車の中から夕闇は

P4050077 P4050078_2 P4050079 P4050080

P4050083_2

車に乗せてもらってウトウトする。

申し訳ないが心地いい。

目を開けていても外の景色がまどろんで、それはそれは眠くなる。

車の中の夕闇は・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳の林道で猫柳

P4050051 P4050052 P4050053

猫柳

迷岳の林道にて

明日は、晴れます。

どうぞ優しい晴れでありますように・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

夕陽はほのぼのと

P4150003 P4150004

昨日の夕焼けは

ほのぼのしていた。

薬を飲まなくなった。

反応はしているけれど

痒い事もあるし

くしゃみもする

鼻水すすることもあるけれど

全然楽だよ。

毎年こうだ、

GWには、全く反応無くなる。

やっほ~い。

来年まで、放免だ~。

夕焼けの写真撮りに外に出ても何ともないのが嬉しい。

そんな幸せも・・・花粉症の無い人にはわかるまい。

おら~おら~あ・・・・放免で~い!!!!

夕陽も関係ないね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山のつつじ

P4050054 P4050055

山のつつじ

葉も無く何とものっぺり顔な花です。

山に行く。

ど下手な写真でも自分が撮った花はそれなりに可愛い。

珍しくも無い花も、1枚UPするだけで、何かダラダラ今の自分を書き始められる。

家族が聞いたら、さぞ、ガッカリだよ!!っていわれるかも知れないけれど。

職場を変わる時、履歴書を提出し、面接を受けるにあたり、「勤務の希望」になんて書いたと思う?

普通、主婦なら家族のこと子供のことを考慮して・・・そう言う関係のことで融通つけたいと申し出るだろう。

ところがデナリは、一貫して・・・・・・

   「山に行かせて下さい。」

何処へ行ってもこう言って来た。

独身の時も、結婚してからも、子供が生まれて大きくなってからも。

どの時期にもデナリと関わった人には、いつもこう言って来たから、誰もが知ってくれる。

・・・・好きなんだなと知ってもらう努力をする。

「いいよ、行っておいでよ・・・」と、言って貰えるまでに時間がかかる。

何年もかかる。

私は、自分の状況・家族の環境・仕事の内容に応じて・・・職場を変えてきた。

行く毎に、行った先々で、一から人間関係の構築にエネルギーが消耗される。

はじめっから、山山と主張する訳ではないが、

周りの人に「いいよ、行っておいでよ」そう言って貰いたいといつも願っている。

職場の周りの人は、どのように思っているか分からないけれど、

今の職場に変わって、初めて5月の連休に休みの希望を書き込んだ。

恐る恐る書き込んだ。

休みをあげられそうだと言ってくれた。

それに、

万一、下山が遅れても、救ってくれる同僚が「いいよ、万一の時は取ってあげるよ」と言ってくれた。

嬉しかった。

明日は、山の打ち合わせ

デナリの生きる肥やしは山です。

いつも書くけれど、山が待っていると思うだけで、ただそれだけで毎日幸せなんです。

三年寝太郎にもとっとこ太郎にも「生きる肥やし」を見つけて欲しい。

ただ、それだけで今はいいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過剰進化

P4050056 とげ棘

たらの木?

それがとっても太くって

この先に

たらの芽つくとは

思えないくらいの大木になっていた。

たらの芽取らずに大きくなると何になるの?

それとは関係ないけれど

過剰進化という、耳慣れない言葉を聞いた。

何それ???

思わず検索してみたがよく分からなかった。

環境に適応するために進化する。

それが行き過ぎてしまうことなんだろうが・・・意味も無く進化。

そんなことって自然界にあるのだろうか。

ツノゼミ。

変な奴だね彼らは・・・。

今話題になっているんだね。

だーさんは、新聞で読んだって言っていましたが・・・・。

ホントに過剰進化なんて存在するんでしょうか?

私の質問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

蕾も新芽もっ膨らんで

蕾も新芽も膨らんで・・・春が来た。P4050065 

夜勤が終わって

次の勤務者にバトンタッチした朝。

タイムカードを押した後、

遠慮も気兼ねもせずに

「趣味のタ~イム!!」

と言って・・・自分の時間。

昨夜から今朝にかけて

出会えたきみきみの写真を撮らせてもらいに訪室する

写真を撮らせてもらう説明をした時、ママは言った。

「上の子も撮って貰いましたから・・・・・」

デナリ・・・・キョトンとする。

ママの名前見たとき、何だかその漢字に覚えがあった。

確かに2回目のお産だから前回の分娩はデナリが介助させてもらっていたんでは無いかと思った。

日時を確かめてデナリの「お産の手帳」で確認した。

名前が無かった。

あれ???私じゃなかったんだ・・思い過ごし?

気のせいだったか???

ママにそう言われて、思い過ごしではなかったと気がついた。

しかし、どうしてなんだろうね????

不思議で仕方が無い。

何かの間違い??

家に帰って分娩日時の写真データーを探した。

タイトルつけていない写真がある。

これか???

翌日職場で確かめたら、確かに私だった。

きちきち、記録を写し、写真を撮ってきたつもりがどうしたんだろう???

写真は撮ったが記録は抜けていたんだ。

それも3人も抜けていた。

どうしたものか???

その頃の私は、どうかしていたのかも知れない。

入院してきた時、ママについてきていた可愛い彼女が、デナリのきみきみだった。

お姉ちゃんも弟くんも、デナリのきみきみなんだね。

私はとっても幸せな気持ちになった。

大きくなったきみきみに会える幸せ。

この仕事して、続けてこられて、良かったと本当に思った。

デナリの初めてのきみきみは、

22~23歳になっている。

何日も何日も時間かかってやっと生まれたきみきみだった。

今の私なら、もっと楽にもっと早くきみきみに会えたかもしれない。

元気で大きくなっているだろう。

当時にも、お兄ちゃんも弟くんもデナリのきみきみ・・・っていうことあったな・・・。

思い出した。

そう思うと、今までのきみきみたちに感謝!!

そして、これからのきみきみたちにも・・・・。

・・・・・・・・知らないあなたへ・・・・・・デナリより・・・・・・・・・

胸を張って言えます。

助産師は自分自身を幸せにしてくれる仕事です。

なりたいと思うなら是非志してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

可愛い花

P4050057 ねえ。

可愛いと思わない?

薄いピンク

開いていない花弁

それが何とも愛おしい。

いつものことではあるが

花の名前は知らない。

教わっても忘れてしまう。

それにしても可愛い。

それにしても愛おしい。

連日UPの迷岳・唐谷林道にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

たらの芽

P4050050 たらの芽を取るにもルールがある。

そのことについては、以前触れたけれど、

迷岳の唐谷林道で、こんなたらの芽を見た。

ルールにのっとって、たらの先っぽの芽は

残してあったのだろう。

それを取ろうとしたのか、幹がへし折られて先の芽は無くなっていた。

折れた幹はそのままに折れ曲がり

しかし、それでも自然は偉大です。

途中の新芽がほら、芽吹いていた。

今度は折られることなどありませんように。

団子三兄弟です。

がんばれ。

がんばれ。

たらの芽の記事  

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/kannkuu.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やわらかあたま

P4120120 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

蕾に少し花びらの色がさしただけで、早々と切った。

水にさした。

知らない間に咲いた。

春が来て花盛り・・・花屋さんに行かなくてもうちも花盛り。

エコーは、ドクターだけに使える権限が与えられているものだった。

確かに高価なものなので誰かれなしに使えるものではなかった。

行った研修での導入の部分の話だったけれど、面白くて記憶に残っているからメモ代わりに文にしてみる。

今、一般の人でも持っている人は持っている・・・聴診器

それも、昔は高価でドクターしか使ってはいけないものだったらしい。

さすがにデナリもそんな昔は知らないことだが・・・・

エコーも普通に助産師が使う日が来るだろうと言う。

必要に応じて、世の中の変化に応じて変わっていくもの

確かにこの25年の間にも随分変わった。

医療も看護も。

気管内吸引もその昔は、ドクターにしか許されていない医療行為だった。

それが必要に応じて看護資格持ったものが出来るようになり、今では在宅介護する家族が必要に応じて実施している。

そんな風に日々変化している。

日進月歩

面白い

今の常識が10年後の非常識

滝川先生の受け売りなんだけど。

そう言うこともあるよね。

多いよね・・・。

何でも今あることが、それが全てで

             それが真実で

             それが正しくて

             それ以外が間違っていて

             それ以外が真実ではないなんて思い込まないで行きたいね。

右往左往しないで、

自分が信じる道をブレずに少しずつ進んで行きたいね。

「やわらかあたま」

これは、小さい時から三年寝太郎とっとこ太郎に言ってきた事なんだけど・・・

やわらかあたまは、何ものにもまさる!!!

しなやかなやわらかあたま

P4120122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「雨の翼」「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」を見た

DVDを見た。

P4120123 「雨の翼」を見た。

主人公は高校生の女の子。

最近この映画みたいな高校生が登場人物な話が多いね。

いや、そう言うものを選んで借りているんだと思うんだけど。

多感なお年頃なのね。

あんな先生がいたら、好きになっちゃうかもね。

私も中高校生の頃は、こんなに心が華奢で繊細だったのかしら。

私は、先生を好きだな~と感じたことは1回も無かったな~。

いや、おじいちゃん先生か、中年の女性の先生ばかりだったな・・・・・・

「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」も見た。

寂しい話だった。

老化。

アルツハイマーの若年性の奥さんにたいする夫の愛・・・・・。

愛というのかな。

鈍い私には、理解できなかった。

複雑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

母子健康手帳36 ・・・・川崎市

P4100115 母子健康手帳36

神奈川県川崎市からの里帰りのママの母子健康手帳

今年になってはじめてのUPです。

珍しい・・・デザイン。

ピンク赤ちゃんとママと。

毎日、誰か母子健康手帳を見に来てくれる。

こつこつこつこつ・・・・ようやく36冊め。

日本にいったいどれだけのデザイン現役であるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胎内記憶

P4050049

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

胎内記憶

私の仕事について、丁寧にこまめに、残しているのは、

是非、何年か後に三年寝太郎とかとっとこ太郎に読んで欲しいから。

デナリは、ブログしているんだろ?」

「そう言うこと(文書くこと、パソコン触ること)好きなんだろ?」と問いかけられた。

何て返事したと想う?

「自分の修行だと思って続けている」

「子供たちに、いつか読んでもらえたらと思って残している」

いつか、

何か不安に思ったり、迷う日が来た時に、きっと読んでもらって、

私の感じたことや思った事が奴らに役に立つ日が来ると信じて書いているの。

胎児の記憶は、生まれて小さい頃はあるという。

皆さんの側にごく小さい子がいたら、リラックスさせた状態で心が許せる人に聞いてもらって・・・・・・。

話してくれると思うから。

聞いておきたかった。

聞いておくべきだった

私の助産観も更に変わったものになっていたかもしれない。

3歳過ぎると記憶がうすれ、生まれてから得た知識、記憶が混ざってしまうみたいだよ。

研修は、そういうものではなかった。

超音波(エコー)の研修でした。

そこで 講師の池川先生がプラスαで話しておられた内容です。

一緒に行った同僚の娘さんは、胎内記憶があるみたいです。

残念なことに、私は知識が無かった。

だから、聞きもしなかった。

残念

・///////////////////////////////////////

迷岳の唐谷林道で下山の途中に見つけた菫。

石ゴロゴロ・・・小枝落ち葉カサカサ・・こんな過酷な状況で頑張ってますな~。

いいぞ!!!すみれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう絶対に泣かせないよ

昨日。

絶対行きたかった研修に行ってきた。

半年も前から行きたいと思っていた研修だった。

何年か先もどうぞこの仕事を健康で続けてゆけますように・・・・だって、大好きだから。

そう願いつつ・・・・負けない自分のご褒美に、そしてモチベーションを更にUPさせるために行ってきた。

何だかほっとした研修でした。

先日、介助したきみきみに、泣かれた。

第一呼吸は、おぎゃ~と泣いていいんだよ。

そうじゃなくてね、泣かなくてもいいときに泣かれたんだ。

初めての経験だった。

少し心がちくっとした。

昨日の研修を聞く前からきみきみたちは、ちゃんと聞いていることは、感じていた。

しかし、自覚していなかったその事と、きみきみに泣かれた経験がつながった。

回旋異常と言って、旨く回れなくて、きみきみなかなかお産が進んで来れなかった。

内診すると、きみきみの頭がどんな風に回転してきているのか理解できます。

きみきみの回転具合で進んでくるか進んでこないか分かる。

それで、何度もきみきみの頭をツンツン触った。

きみきみが嫌がっているんだと感じた。

胎児の胎内記憶

この事については、また書くこともあると思うけれども・・・・・・ともかく生まれる前の記憶があるのです。

結局・・・出て来い出て来いと点滴した。

きみきみは、嫌だったに違いない。

きみきみが生まれた。

日を改めて、きみきみに、定番の写真を撮りに仕事が終わってから撮りに行った。

ママのお部屋を訪ねた。

写真撮らせてと頼んだ。

ママは喜んでくれた。

ママの腕の中できみきみは眠っていた。

しかし、私の声を聞いて泣き出した。

あたまを撫でると、更に泣いた。

きみきみに泣かれた。

嫌な記憶を呼び起こしたに違いない。

嫌なことするこの声・・・・・。

思い出させてしまった・・・だから

きみきみは、泣いちゃったんだね。

これから、きみきみに声かけするよ。

もっともっと、説明するよ。

胎盤にも子宮にも声かけしてみるよ。

今度のお産は、ますます楽しみになった。

もう2度と

生まれたきみきみに声きかせて泣かせはしない!!!!!

P4050063 P4050070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

蓮華と月が

P4070111 夕陽を追いかけて

にいと走った。

桜に夢中になった。

そして、気がつけば

背後には月が出ていた。

薄ぼんやりな西の空

そして東の空には

まだ青い空。

まん丸な月が出ていた。

蓮華が田んぼに満開でした。

あんまり夢中になりすぎて

にいが焼きもちやいた。

蓮華とカメラの間を

横切る横切る。

P4070112

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんでもありで、よおお越し

P4070114_2

何でもありのデナリのブログ

山の検索でお越しになってくださったり。

行った温泉の検索で来てくださったり。

縦隔腫瘍で来て下さったり。

母子健康手帳で来て下さったり。

産婦人科領域の内容で来て下さったり。

そりゃもう、何でもありですか・・・って言われているような検索ワード

はじめは、一貫性がないと思って、これで良いのかと思ったけど、

仕事のこと考えたくない日もあるし、

山のこと考えたくない日もあるし、

家族のこと書きたい日もあるし、

花を見れば綺麗だと写真撮りたいし、

にいが可愛い時はにいの事も書きたいし、

世間で生きるうえで、しでかすことも多々あって・・噴出すことも多くて書きたくなるし、

文句から、泣いた事から、笑ったことまで書く書く。

よお、お越し

今日は大阪で研修です。

な~んにもしでかしませんように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迷岳・唐谷林道で

P4050047

P4050048 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

迷岳・唐谷林道で見つけた花

アイボリーなその花は柔らかで素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

迷岳くるり

三重県松阪市迷岳行ってきました。

ちょっと六甲全山縦走の時の写真を順に並べて名前付けてUPしただけでなのに、後で自分で見返してみたら、良い記念になった。

フンフンと読んでて嬉しくなったので・・・迷岳もそんな風に残してみようと思うなり。

P4050010 桜の季節   4月5日 日曜日

唐谷川沿いに見事に咲き誇った桜並木

遠くにこれから登る迷岳の尾根が見えた。

私を喜ばせてくれたのは、

アスファルトの道に散った桜の花びらでした。

P4050011_2

/

/

/

/

P4050013

尾根に取り付くと、ガツガツ急登・・・

そりゃもう一気に稼ぐ

終わりなく稼ぐ

容赦なく登る

手加減して緩やかにならず登り続ける。

P4050014 P4050015

尾根に乗ってひと心地する。

先を見ると左の写真

振り返ると右の写真

みんなが休憩している。

P4050016_2  右下に蓮ダムが見える。

このダムが出来ていない昔昔に、谷の中で幕営して沢を登ったのを覚えているか?と問われた。

覚えているいる。

面白かった。

いろんなことがあった。

日数・内容・天気・人・・・

おそらく過去最高に面白い山行だった。

前へ前へ

上へ上へ

そう言うみんなに引っ張られて付いて歩けることが、ただそれだけで楽しかった頃だった。

真っ暗な沢の中.

焚き火の炎・・・・・・。

池郷川遡行。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・話は戻って・・・・・・・・・・・・・・

飯盛山北峰809m→・・・・・m→飯盛山930m→唐谷ルート分岐(頂上往復)

↓飯盛山北峰P4050017_3  809m 

・・

P4050019

P4050022_2 P4050028 唐谷分岐

←行き       頂上へ行って帰った。            帰り→

P4050029

↑唐谷支流を渡り

P4050031 ←唐谷を渡り

更に下ると

P4050033 P4050034

滑滝のいいところがあるのよ。

雨で濡れていなくて

水量が少ない時は

休憩にお奨め

P4050035_2

P4050036 P4050037

P4050039

P4050040 滑滝過ぎたら

最後は、立派な滝で終了

林道に出る。

P4050038

P4050042 P4050043

P4050045_2 P4050069

P4050071_2

林道歩いて階段下るとスメールだよ。

桜の頃に行ってきましたが、林道には色んな花が咲いていました。

温泉入ってフィニッシュ

危険のマークが地図に2箇所あるよ。

逆回りコースよりこのコースがいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳の帰りは・・・・香肌温泉峡 ホテルスメール

P4050009 迷岳の帰りは・・・・香肌温泉峡 ホテルスメール

三重県松阪市・・迷岳に登る。P4150002_2

車をスメールの駐車場に置かせてもらう。

P4050069 下山後は、スメールに降りてくるから、すぐに温泉に入らせてもらえる。

露天風呂もあるよ。

入湯料700円

P4050076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳・・・スメールの桜

2009・4・5(日)三重県・・・迷岳

香肌温泉峡 ホテルスメール駐車場に車を置かせてもらう。

登り始めは、川沿いの桜並木

アスファルトの道にハラハラ散った桜の花びらを踏んで歩き始める。

P4050072_3

P4050071 そして、下山。

桜の花が、お出迎え。

階段を下りると

両側を見事で可愛い桜の花が咲いていました。

八重桜が満開でした。

P4050073_3

P4050074

P4050075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

あきらめるのがめんどくさい

P4070106_2 桜は夕陽に染まっていた。

にいを連れて走った。

太陽が沈んでしまう前に

どうしても桜の花が撮りたかった。

普通の道を通っていたら

間に合わない。

果樹の間を突っ切って

畑を走り抜けた。

もうダメだ。

太陽が見えないと思った。

P4070107_2

もうダメだ。

太陽が沈んでしまった。

太陽をあきらめた。

よく見たら

家々の屋根の上に

沈む寸前の太陽が。

沈みすぎて

夕陽が桜に当たらない。

あきらめるのが

めんどくさい。

写真を撮ってみた。

P4070108_2

P4070109_2

P4070110_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャスミン咲くかな?

P3200132

一斉に花が蕾を付け出した。

写真はジャスミン。

うちには、住み始めた年の春から白いジャスミンがあるが昨年黄色いものを植えてみた。

何故かと言うと、白いのは蔦で絡まっているが、このジャスミンは枝なのよ。

それでもジャスミンって言うからジャスミンなのね。

時期は少し早い気がするし、不思議と一冬中咲かないで黄色い蕾のまま開きもしないでこの状態で

キープしている。

暖かくなる日を待っているのですね。

明けない夜はない、春の来ない冬はない・・・ってところでしょうかジャスミンの気持ち。

咲かないかな?って、待っているのだけれど・・・・。

どんな花が咲くのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑って

テレビで見た。

短距離を走る時、タイムを縮める為にするアドバイスは・・・・・・と、話していた。

「笑って!」と言うそうだ。

本当にそう言ってアドバイスしてから走らせると、タイムが良くなるんだって。

P4070113

人生も笑った方が楽しく生きられるよ。

↑こりゃ、私に言いましょう。

ココロの中では、いつも大笑いして、ワクワクしているんだけど、なるたけへらへらしない。

ニタニタしない。

心が満ち満ちても、バカ笑いしない。

自分にはそんな風にスパイス心に効かせているけれど・・・・。

でも、あなたにはあえて言いましょう。

笑って!笑って!!!!

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

2009.4桃源郷の夕陽

今週は、花盛りで夕陽・・・・シリーズ・・・・・・。

昨夕は、夕陽と菜の花

日曜日に山の帰り道

桃源郷を通った。

私が初めて「桃源郷」という言葉を知ったのも・・・さださんの歌からでした。

漢文じゃないところが・・・私らしいでしょ・・・・・

今夜は、夕陽と桃の花P4050084

P4050090

P4050091

P4050092

P4050093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳の頂上でマスクの写真を撮る

P4050027 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

もういや~あ。

泣き言言わない。

山の頂上で簡易マスクの写真を撮った。

吐いた息で内側が濡れたマスク

外側は吸い込んだ息の為に埃とか花粉とかがくっついて・・・ご覧の通り。

山でマスクは無理な話。

呼気の湿度を含んで繊維の通気性がなくなる。

それでなくても、登りで息が荒いのに、吐いた息を再び吸うからますます、吸い込む空気の酸素濃度が下がる。

おまけに、鼻水が垂れるから、すすり上げるが、大きく鼻で空気を吸い込むものだから

マスクの気密性があだになって、マスクの布が両鼻の穴に張り付いてふさぐ。

一瞬、空気が入ってこない状況に脳みそがパニックになって窒息の恐怖を覚える。

あわてて、口で息を吸い込む。

大きく吸い込む。

すると同じ・・・。

布が口にはりついて、空気が全く入らないものだから、窒息しそうになる。

心拍上がる。

それでも、歩みを止めたくない。

登りのハアハアを通り越して、

ゼイゼイ言いつつ登る。

あんまり登りで息が辛いから、マスクしばらく外した。

喉がヒリヒリしてきたが

あんまり、新鮮な空気を吸うと息が楽なものでそのまま上り続けた。

おまけに、山の頂上で弁当を食べるのに油断してマスクを長い時間外したら

休憩終わる頃には、

鼻水は、「垂れる流れる」を通り越して

気管に入らないようにしないと駄目なくらいの滝状態。

タオルを折って、鼻・口を押さえる。

咳き込む

咳き込む。

ヒューヒュー言い出した。

ちょっと、怖かった。

ショック起こしはしないよね・・・・・。

冗談じゃない!!!

生まれて初めてだよ・・・下りでゼイゼイ言ったの。

ともかく倒れても迷惑掛けない林道まで早く降りたいと思った。

何も無くてよかったよ。

マスクとタオルの効果あったのか・・・すぐ治まった。

何だったんだろうね。

行かなきゃいいのに馬鹿な奴だ。

それにしても、やっぱり、マスクは効果あるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋土産は

名古屋土産は、名古屋フランス。

微妙だけど、意外と美味しい。

真ん中餅とチョコを柔らかクッキー?ではさんでいて。

抹茶とチョコ。

どちらも美味ししゅうございました。P3280019 P3280020 P3280021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

2009.4.菜の花は夕陽を浴びて

今年も菜の花は、仕事の帰り道に夕日の中で見た。

黄砂で空がぼんやり綺麗だった。

堤防の道は、まったりとしていた。

河原には、菜の花の黄色い絨毯が一面。

ほんとにいちめん菜の花

降りて側に行って見たいけど、近寄れば案外何てことなかったりして。

遠くで見るのが菜の花の花見かも・・・。

P4070098

P4070103

P4070104

P4070099

P4070100

P4070102

P4070101_2

P4070101_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳・・・尾根が二つに割れる

P4050020_2迷岳( 三重県松阪市 )

登山道は、整備されて迷わない岳になっているものの、行きののぼりは非常にきつい。

結構急登でキケンな感じがする。

登山道の途中で教えてもらった事を書いてみよう。

写真中央の穴は何故出来たと思う?

ココは右にも左にも切れている細目の尾根なんですが・・・・。

←←←←←

左方向に引っ張られて尾根の地面が真ん中で裂けた。

中央の細い木は右側に

根は左側に・・・生き別れ。

根が切れて幹は右の尾根に残るか??

根に引っ張られて右に倒れるか???

さて・・・くるりと・・・山の頂上に向かって向きを変えると・・・・・

P4050021 尾根の地面は右に引っ張られ

→→→→→

いよいよ尾根は崩れて

この写真では、向かって左側のみ残ります。

雨と地殻の移動で、どんどん崩れ

痩せ尾根?

ナイフリッジと化するのでしょう。

春が来ましたが・・・

この尾根はまだ早春

まだ冬の終わり?

残雪なんかは何もなく

冬の名残はないけれど、

地面から芽吹く様子はありませんでしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメン

P3200137

いつ植えたシクラメンなのかも覚えていないけれど、意外なほどにシクラメンが花盛り。

他の何色かの鉢があるはずなのだけれど、今は赤が花盛り。

それにしてもクリスマスあたりが、旬なのかなと思うが、去年のクリスマスの頃は、陰も形もなかったのは何故?

咲きたいときに咲く。

茂りたい時に茂る。

気の向くままなんだから、自然。

それでいいのだ。

軒下の棚に並べるより、自然の風雨にさらされるところに置く方が花木の状態がいい。

きっと、自然にお任せするのがいいのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

デナリのVバックの話のその後

Vバック

前回帝王切開の手術で胎児を娩出し、それ以降の妊娠の胎児を経膣分娩することをいいます。

第一子のお産を帝王切開で娩出されて、第二子を遠方から里帰りで出産される知人の娘さんの話を聞いて

↓改めて、自分の職場ではどうだったかしら??と思ったときに、Vバックのことに触れて記事を書きました。

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/v_0ee7.html

その後を書かずに済ませるは、不安をあおるかな?

P4050008

・・

記事内に触れた・・・同僚の娘さんは、第二子を自然分娩にて無事出産されました。

もちろん、その娘さんの覚悟があったのは,もちろんのこと、産婦の母である同僚助産師のサポートがあったことは言うまでもありません。

このブログ上段に書いた知人の娘さんは、里帰りしてこられて、総合病院で帝王切開を受け、第二子を無事に出産されました。

いずれにしても可愛い子にママたちが会えたことにはかわりがありません。

そして、同僚も知人も可愛い孫を抱っこできたことにもかわりありません。

一つ付け加えさせて貰うと・・・・・

今日も前回妊娠で帝王切開を受けたママの2回目の妊娠の帝王切開があります。

更に言わせて貰うなら・・・・同僚の助産師仲間にVバックの経験者がいますし、私たちの同じ年代の助産師にVバック経験者がいます。

さて、

2度目の帝王切開を受けるも、

Vバックにトライするも、

ママとパパと

家族と

それをサポートする施設の方針

ともかくよーく納得するまで相談することですね。

どれを選択するにしても・・・ママの気持ちの話をさせてくれるドクターに、サポートしてもらえたら

幸せかも知れませんね。

そういう経験できるママは、どの方法を選択しても納得出来る出産になるかもしれませんね。

お~っと、デナリらしくなく・・・マジな話にしてしまいました。 グッドラック

写真の花は私んちのフリージアです。

今が満開です。

春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌え東京土産だって

P3240010 東京に、京都黒丸ロールのお店が出店したと聞きました。

日本は狭く日本は広く

三年寝太郎の東京土産は、秋葉原のメイドクッキー。

タイトルが「萌え東京土産」

しかし、わざわざ行くかなあ?????

私は行ったことないけれど、大阪の日本橋みたいなところなんでしょう?

メイド姿の女の子いた?

おかえりなさいませ・・・とか言っていた?

興味津々。

しかし、口で言うほど興味もなし。

クッキーは美味しかったよ。

あんまし入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷岳

P4050060 P4050061 P4050062

迷岳

三重県松阪市

香肌峡温泉・ホテルスメール の駐車場に車を停めて、登りはじめました。

写真は迷岳の尾根ですがピークではありません。

裏側に回ってから振り返るとこんな感じ。

ががが~と上ります。

地図の中に、書き込まれている危の文字のところは、木の根をつかんだり、岩を持ったり、

急な登りで下ると大変そう。

真面目に登る・・・。

↓飯盛山北峰

P4050018

P4050044

P4050059

P4050067 何をせっせと撮ってますのん?

写真の頭は迷岳の頂上じゃありませんの。

でも、印象的でしょ。

個性的。

個性が無いとね。

本当の頂上はこちら・・・・・

P4050024

P4050025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

私のペンダント

P3280022 旅行カバンのポケットから失くしたと思っていたペンダントが出てきた。

いつ、何処でなくしたのかも分からなかったが、もう無いと思っていた。

高価なものでもない。

誰かに貰ったものでもない。

しかし、20歳の夏休み・・・・マドンナさんとジェリーさんとハチミツさんと4人で行った北海道

アイヌの村で自分に買ったペンダントだった。

長い年月・・・・好きな物だった。

出てきて嬉しかった。

縁があるんだ・・・・このペンダント。

私がペンダントを呼ぶのか・・・・ペンダントが私を呼ぶのか。

アクセサリーを欲しがらない、物に執着しない、デナリの数少ない装飾品なのかもしれない。

出てきて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おや?無理無理

P3200126

直江兼続が学んだ上杉謙信の教えって・・・・こんな感じ?

「宝在心」

心に物なき時は心広く体泰なり
 心に我儘なき時は愛敬失わず
  心に欲なき時は義理を行う
   心に私なき時は疑うことなし
    心に驕りなき時は人を教う
     心に誤りなき時は人を畏れず
      心に邪見なき時は人を育つる
       心に貪りなき時は人に諂うことなし
        心に怒りなき時は言葉和らかなり
         心に堪忍ある時は事を調う
          心に曇りなき時は心静かなり
           心に勇みある時は悔やむことなし
            心賤しからざる時は願い好まず
             心に孝行ある時は忠節厚し
              心に自慢なき時は人の善を知り
               心に迷いなき時は人を咎めず

物なき・我儘なき・欲なき・私なき・驕りなき・

誤りなき・邪見なき・貪りなき・怒りなき・

堪忍あり・曇りなく・勇みあり・賤しからざり・

孝行あり・自慢なく・迷いなく

お=

おや

私・無理かも・・・グスン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

迷岳の登山ポスト

P4050012 昨日三重県松阪市

迷岳に行ってきました。

山についてはまた明日。

とりあえず登山ポスト。

意外とシンプル

意外としっかり。

ただポストは蓋が開閉自由

中に用紙入っているのでしょうが

パカパカですの。

私たちの為にあるものなんですものね。

ご苦労様です。

いつもありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

山の帰りは、モンローウォークしてみる

P3200138_2

デナリが一人で山を歩くのが好きな訳をお教えしよう。

偏屈で誰にも歩調を合せて歩けない・・・のでもないんだけれど・・・・。

一人で歩くと、ご機嫌な訳は・・・・

一つだけ違うのよ・・・・。

退屈になったり、歩くのに飽きてきたりしたら・・・・・

リズムを変えてみる。

いちにいさん にいにいさん さんにいさん  しいにいさん   ワルツのリズムで歩く。

あきたら、マーチ。

時には、裏打ちして歩いたり・・・・。

絶えず心の中で、リズム打ちして歩く。

ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャッチャッチャ~ア

すると、スピードが上がる。

それが下りだったりすると、更にご機嫌になる。

だって、ラクなんだもん。

下りの最後のアスファルト歩きなんかだと、その歩きに限るよ・・・・。

もう終わりなんだと・・・ションボリしけしけな心持ちが・・・テンション上げられます。

周りに人がいなかったりしたら・・・お尻ふって・・・モンローウォークしてみたり・・・。

すると、疲れた筋肉が歩きながら・・・癒されたり、ストレッチ出来たりする。

すると、筋肉が喜んで、まだまだ歩けそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済学・・・観直したいものだ。

初めての経済学?

タイトルを忘れてしまったが、NHKの初心者のための経済学の番組を見た。

P3200139

ETCを車載するると助成金が出る。

そして、休日1000円

経済の活性化

このニュースや特集を見るにつけ内容のいかんに関わらず・・・・思い出してしまう・・・番組。

ともかく世の中は、初期段階においてほんのわずかでも、たくさんのシェアーを抑えておくことがずっと後の成功に左右するというもの。

まあなんて、稚拙な表現でしょう。

番組の作った人が読んだら・・・こいつには何も残っていないんだね~と呆れられ

本を書いた人が読めば、これだけ噛んで砕いて書いてやったのに、バカには理解できなかったか?

とがっかりさせたろう。

画面を見ないで何かしながら右の耳だけで流していただけでこれだけ残っているんですから・・・・。

ベルもしかり、

VHSとベーターのビデオ機もしかり、

そして、私の中では・・・・ただ同然の携帯電話を世の中に配った携帯電話会社の思惑もそうだったのねと合点がいった。

そして、今度のETCもそうなのかな?と思い出した。

世の中の経済はこうして回っているんですね。

それにしても

私たちは、

誰かのいや何処かの会社や何かの団体の思惑や経営にまんまと導かれて、そっちに流れていっているものなんですね。

何処にも左右されない生き方は、とっても不便でそれなりに得しないし、大勢の仲間に入れないし・・・・。

でもいいかもね。

得しようと焦るより、得しなかった時がっかりするより、穏やかにいたいね。

それにしても、1000円で遠くの山に行けたら嬉しいね。

新潟あたりまで、秋田あたりまで、日本海側を1000円で行けるのかな?

行けたら行ってみたいなこの機会に・・・・。

NHKでちら見した・・・・やさしい経済学・・・・

番組のタイトルは忘れてしまったが、何とかカンとか経済学

ともかく経済学をとっても解りやすく話してくれているものだった。

再放送無いかな・・。

もう1回きちんと観なおしたいものだ。ふむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オジギソウ

P3150106 オジギソウの栽培セット

だーさんがプレゼントに貰ってきた。

それがね、書いてあることがおかしいの。

天井には・・・・・・・・

どうもありがとう。

おじぎ草は素直におじぎします。

側面のラベルには・・・・

「おじぎの先生」を育てる。

おじぎ草を育てておじぎをまなびましょう。

文字通り葉に触れるとおじぎのような運動をします。

ありがとうの感謝を込めておじぎ草のひたむきが心に響きます。

ごあいさつ栽培セット

適温は20~25度

もう少し暖かくなったらまこうと思うの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

兜に愛

P3200128 直江兼続の生き方。

上杉謙信の教えをこう

幼いときに過ごした寺の禅宗の教え

兼次の生涯は・・ぶれない人生

上杉景勝に一生仕える人生。

戦国時代に生きて

直江兼続の兜に愛の文字

博愛友愛ではなく、本当は戦乱の守り神である愛宕大権現だったんだけど

それにしても戦国時代に兜に愛なんて・・・・

上杉謙信の教え

心に欲なきときは義を行う

心に憂いなきときは

側室を持つのが当たり前の時代に生涯に一人の側室も持たなかった・・理由のいかんにかかわず・・・

正室・・・・お船様

常盤お船素敵~

テレビ見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見弁当はおにぎりで

P3290024

雰囲気良くなるかなと、暗闇でフラッシュたかずに写真を撮った。

お花見におにぎり。

それもありですか?

海苔が光ってなお妖しい。

私のお気に入りは、俵型の一口サイズの塩おにぎり。

どっさり作りすぎた。

寒い寒い。

花冷えの夜。

それでも健康で今年も夜桜見ることができました。

感謝!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山に行こう。

P4020005 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

山に行こう。

今年のGWも山に行くだろう。

この職場では、GWの休みは取れまいと思って勤務してきた。

一応希望を出してみる。

毎年玉砕・・・・中途半端にしかもらえなくて残念な感じを残しつつ、すきまの休みでだーさんと四国の山を歩いた。

今年は、勤務まだ確定していないんだけどね・・・・

希望表というものがあってね・・・そこに書き込む。

休み・・・・・・・・・。

下に注意書き・・・・全部もらえない時は、中途半端な休みなら要りません。

書いてみた。

もらえそうな話を聞いた。

楽しみです。

何処の山に行くことになるだろう?

ふふふ・・・・。

合宿なんだけれど、参加者少ない時は中止になる?

行きたい山にこれだけ日があればまあまあ行けそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

グラスで梅酒を飲む

P3270018 可愛い綺麗なワイングラス

梅酒飲む。

氷を入れて、

水で薄めて

美味しい。

梅酒は自家製。

甘い。

少しで心がほぐれる。

何だかちょっと得した気分。

春が来たのに毎日寒いね。

桜の満開もまだ先みたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六甲全山縦走の最後のまとめに、罰当たりなデ

六甲P3200142全山縦走の報告をあけもどろの集会で済ませた。

これで、任務完了

無事完了できて良かった。

そうだ、思い出したことがある。

たまたま、ブッキングした

全山縦走大会の団体の方々。

参加者の方々。

ともかくいろんな人を見かけた。

いろんな人に声かけて貰った。

最高峰の下の一軒茶屋のチェックポイントにも人がたくさんおられましたね。

誘導を「私は関係ないですから・・・」そう言ってお断りする。

「どちらまで?」と尋ねられて・・・・宝塚までと答えた。

「単独行。お気をつけて・・・」と挨拶してくれた。

そうそう、私のゴールは宝塚のもっと下だったが、大会のゴールが塩尾寺の駐車場だったみたいで

遠くから見ても、煌々と電気と緑色の横断幕が光っていた。

関係ない私にも・・・そこがゴールとすぐ分かった。

歩きやすい下りの道だったから・・・・声かけられないように・・・つけていた電気を消した。

しかし、そう言う私に対しても「お疲れ様でした」と声かけてくれた。

「ありがとうございます。」と、朝から何度こんなに返事して通過しただろう。

誘導されたから・・・「私は違います」と断った。

「電気も持たず一人で歩いてきたのか?」と言うようなことを言われた。

それは、ちょっと批難の意味合いを含んだ口調だった。

関係ない見ず知らずの男性の上から目線の言葉に、ちょっとムカッとした。

な~訳無いじゃろが~あ。

言いたかったな~あ。

私が返事する前に・・・・・もう一人のゴール前の誘導の人が気がついて・・・

「さっきまで電気つけて歩いて来ていたよなあ」と言ってくれた。

「足取り軽い」と私の歩きについて感想述べられた。

先の発言で気分を害したデナリは、

あたりまえだっつ~の。

下見して

自分で計画して

女一人で歩き続けてきたんだから・・・・

おんぶに抱っこの人と一緒にしないでよ!!!

などと、罰当たりのことを考えていた。

そう言いつつも・・・縁もゆかりも無い皆様のお陰で心強かったのかもしれません。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉牡丹伸びる

P3200133

春が来て葉ボタン伸びた。

本当は引っこ抜いて植え替えたい気もするけれど。

まだまだ、まん前に置いてます。

葉ボタンのびる。

話が変わるんだけれどね。

土曜日休みだった。

朝寝した。

救急車の音で目が覚めた。

近づいた。

とっつさに考えた事は・・・・・・・・

さっきに、にいと散歩に出かけたばかりのだーさんが、カーブを突っ込んできた車にはねられた?

にいに話しかけるだーさんの声が聞こえた。

違うよね~っと思った間もなく

家の前に着いた。

驚いた。

寝ぼけて雨戸を開けてみた。

本当だ・・・・救急車だ。

担架は前のお宅に入って行った。

野次馬はいけないよね。

家に入った。

夜になっても電気は点かなかった。

こんな場合、良くないこと多いよね。

人の命ははかなくて。

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

根来寺で夜桜

根来寺

日曜日に、花見に行った。

広い敷地内は、桜がいっぱいだった。

ライトUPされていたが、本番は今週末なのかもしれないね。

まだ寒い夜桜は、人もまばらですこし寂しそうだった。

P3290033 P3290025

P3290032

P3290026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり地元の檸檬

P3200127 地元産の檸檬。

良いか悪いか解らないが、少なくとも遠く遠くの外国からやってきた檸檬さんより

防腐剤なんかかかっていない気がしてついつい見つけたら買う。

檸檬はね、輪切りにしてただそれだけで食べる。

山で美味しい。

甘くないがそれでいい。

実だけ食べようとすると酸っぱいが、皮ごと食べると苦いけれど美味しい。

口もさっぱりする。

意外と元気が出る。

プチトマトと檸檬の輪切りに限る。

一緒に行った人が差し出してくれた行動食を要らないと断った時は、大抵檸檬を食べた後で、気分がいい時。

他のものが食べたくなくなるから不思議。

檸檬は丸かじり出来ない。

だから輪切りに限る。

汁も出ないし、汁が付いても気にならないし臭くない。

結構気に入っている。

プチトマトにチーチクに檸檬の輪切りにラミネートかチューブ入りのゴマ豆腐。

おにぎりにカップヌードル。

もしくは、自分で作った散らし寿司

最近の山の行動食ちょっとづつ変わってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額給付金は5月?

P3200120 水仙にキンセンカ、どちらも春

強い花だよね。

切っても長持ちだし、でもだからか、仏花っぽいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう。

定額給付金支給された?

うちは、まだだよ。

いつ頃なんだろうね・・・って話になったが、定かではない。

家族で1泊旅行にでも行こうか・・・先取りして・・・・。

しかし、遂に春休みは終わりだ。

なかなか、家族が全員揃うことはないんで…母寂しいく~!!

そうこう言っている間に、銀行への振込先の口座を申し込む用紙が送られてきた。

いよいよだね。

どうやら5月になりそうです。

地デジ対応のテレビを買おうととっとこ太郎が言う。

別にテレビ無いなら無いで・・・・そう言う生活をいよいよになった時に間に合わなかったら

それはそれで良いんじゃない???っていうのが母の考えで・・・・・・買わないでもいいんじゃない?

と、却下する。

2011年のその日までにこのテレビが壊れたらその時に買えば良いし・・・・

映らなくなるその日をこのテレビで迎えるのも悪くないかもなんて・・・言っている。

駆け込み購入で電気屋さんが忙しそうなら・・・暇になるまでテレビ無しの生活をしてみるのも悪くないかも。

いよいよなら・・・PCでも見られるし・・・・な~んちゃって、ろくでもない事を言っているのは、私だけですが。

さて、何に使う?

本気で考えてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

川原でトランペットを吹く

P3310036 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

三年寝太郎が、予定無いというのに出かけ仕度をしている。

何処行くの?

友達のところ・・・・・。

小中高と同じ学校に通った友達の家に行くという。

お昼時にやめなさい。

昼ごはん食べてからにしてよ、迷惑かけるから・・・・・・・。

大丈夫、家には上がらないから・・・・・。

また、何処へ行くの????

川原でトランペット吹いてくる。

やめてよ~!近所の人が迷惑するから~。

民家から思いっきり離れた川っぺりで吹いてきて・・・。

三年寝太郎がトランペットを買った。

ローンを組んだ。

よくまあ、貧疎な大学生によくまあお金を貸してくれるモノだと呆れたのは何年の時だっただろう。

毎月1万7千円・・・・「3年生のうちに完返できるから心配しなくていい」と言う。

親元に住んでいるものの親のすねをかじっていないし、当てにしていないから、自由にさせている。

そう言う意味では、今どきの大学生もたいしたものだ。

マイトランペットを持って、川原で吹く。

友達は京都の大学で法律の勉強をしている。

中学ではトランペットを吹いていた。

今は、していないが当時からトランペットを持っていた。

もうすぐ、京都へ戻るから今日がいいんだとさ。

大学入学するまでは、別の楽器をしていた三年寝太郎に向かって・・・・・

「丸5年吹いていない人より・・・毎日吹いてるあんたの方が・・・・下手だったりして・・・・。」

言ってしまった。

すまない!!!核心を突いてしまったかも・・・・。

「そうかもしれない・・・・・・」

そう言って・・・出かけていった。

デナリ母・・・反省する。

く~!!!!

切腹

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たった1枚の取れた葉から

P3200122 たった1枚葉が落ちた。

知らぬ間に大きくなって

更に増えた。

小さいものから大きいものまで

葉なのに花のようで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三年寝太郎。

今度は名古屋に行きました。

中学高校から仲良しの友達の所に行きました。

なかなか逢えない友だから

下宿まで出かける。

バイトは、新学期始まるまで、少し空く。

それまでのフリーな時間に集約するから、連日いない。

すっからかんだと、嘆いてますが楽しそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »