« 名古屋土産は | トップページ | 2009.4桃源郷の夕陽 »

2009年4月 9日 (木)

迷岳の頂上でマスクの写真を撮る

P4050027 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

もういや~あ。

泣き言言わない。

山の頂上で簡易マスクの写真を撮った。

吐いた息で内側が濡れたマスク

外側は吸い込んだ息の為に埃とか花粉とかがくっついて・・・ご覧の通り。

山でマスクは無理な話。

呼気の湿度を含んで繊維の通気性がなくなる。

それでなくても、登りで息が荒いのに、吐いた息を再び吸うからますます、吸い込む空気の酸素濃度が下がる。

おまけに、鼻水が垂れるから、すすり上げるが、大きく鼻で空気を吸い込むものだから

マスクの気密性があだになって、マスクの布が両鼻の穴に張り付いてふさぐ。

一瞬、空気が入ってこない状況に脳みそがパニックになって窒息の恐怖を覚える。

あわてて、口で息を吸い込む。

大きく吸い込む。

すると同じ・・・。

布が口にはりついて、空気が全く入らないものだから、窒息しそうになる。

心拍上がる。

それでも、歩みを止めたくない。

登りのハアハアを通り越して、

ゼイゼイ言いつつ登る。

あんまり登りで息が辛いから、マスクしばらく外した。

喉がヒリヒリしてきたが

あんまり、新鮮な空気を吸うと息が楽なものでそのまま上り続けた。

おまけに、山の頂上で弁当を食べるのに油断してマスクを長い時間外したら

休憩終わる頃には、

鼻水は、「垂れる流れる」を通り越して

気管に入らないようにしないと駄目なくらいの滝状態。

タオルを折って、鼻・口を押さえる。

咳き込む

咳き込む。

ヒューヒュー言い出した。

ちょっと、怖かった。

ショック起こしはしないよね・・・・・。

冗談じゃない!!!

生まれて初めてだよ・・・下りでゼイゼイ言ったの。

ともかく倒れても迷惑掛けない林道まで早く降りたいと思った。

何も無くてよかったよ。

マスクとタオルの効果あったのか・・・すぐ治まった。

何だったんだろうね。

行かなきゃいいのに馬鹿な奴だ。

それにしても、やっぱり、マスクは効果あるようだ。

|

« 名古屋土産は | トップページ | 2009.4桃源郷の夕陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷岳の頂上でマスクの写真を撮る:

« 名古屋土産は | トップページ | 2009.4桃源郷の夕陽 »