« もう絶対に泣かせないよ | トップページ | 母子健康手帳36 ・・・・川崎市 »

2009年4月13日 (月)

胎内記憶

P4050049

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

胎内記憶

私の仕事について、丁寧にこまめに、残しているのは、

是非、何年か後に三年寝太郎とかとっとこ太郎に読んで欲しいから。

デナリは、ブログしているんだろ?」

「そう言うこと(文書くこと、パソコン触ること)好きなんだろ?」と問いかけられた。

何て返事したと想う?

「自分の修行だと思って続けている」

「子供たちに、いつか読んでもらえたらと思って残している」

いつか、

何か不安に思ったり、迷う日が来た時に、きっと読んでもらって、

私の感じたことや思った事が奴らに役に立つ日が来ると信じて書いているの。

胎児の記憶は、生まれて小さい頃はあるという。

皆さんの側にごく小さい子がいたら、リラックスさせた状態で心が許せる人に聞いてもらって・・・・・・。

話してくれると思うから。

聞いておきたかった。

聞いておくべきだった

私の助産観も更に変わったものになっていたかもしれない。

3歳過ぎると記憶がうすれ、生まれてから得た知識、記憶が混ざってしまうみたいだよ。

研修は、そういうものではなかった。

超音波(エコー)の研修でした。

そこで 講師の池川先生がプラスαで話しておられた内容です。

一緒に行った同僚の娘さんは、胎内記憶があるみたいです。

残念なことに、私は知識が無かった。

だから、聞きもしなかった。

残念

・///////////////////////////////////////

迷岳の唐谷林道で下山の途中に見つけた菫。

石ゴロゴロ・・・小枝落ち葉カサカサ・・こんな過酷な状況で頑張ってますな~。

いいぞ!!!すみれ~

|

« もう絶対に泣かせないよ | トップページ | 母子健康手帳36 ・・・・川崎市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胎内記憶:

« もう絶対に泣かせないよ | トップページ | 母子健康手帳36 ・・・・川崎市 »