« えその天ぷら | トップページ | 向うが霞み砂埃まう強風の日 »

2009年5月29日 (金)

尾瀬の落書き

P5050594 P5050595 P5050596 P5050597

そう言えば、海外の世界遺産の建物に落書きして、物議をかもしていたし、

誰かが姫路城に落書きを彫ったって昨日トピックスしてましたね。

尾瀬でも悲しい落書きを見ました。

何年前のものでしょう。

何十年前のものでしょう?

この4枚の写真は、1本の木を四方から撮ったものですが、見事に傷でいたわしい。

落書きはまだ消せる術もあるだろうが、生木に彫るんだね。

何年経っても消えない傷。

竜宮から富士見峠の登山道沿いの木。

この一角の木は、どれもこれも落書きだらけ。

自分の名前書くなんて、恥かしくないのかね?

ほんとお馬鹿なんだから・・・・を連発して写真を撮るデナリに向かって

「ブログに、馬鹿なんて書いてしまうのか?」と、同行者が心配していました。

すみません。

ご心配通り書いてしまいました。

消えないんです。

どこでも、ここでも お馬鹿な落書き止めておこうね。

|

« えその天ぷら | トップページ | 向うが霞み砂埃まう強風の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬の落書き:

« えその天ぷら | トップページ | 向うが霞み砂埃まう強風の日 »