« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

「チルドレン」と再び「死神の精度」

P6250272 「チルドレン」

「死神の精度」

借りたDVDでみた。

近頃、とっとこ太郎の影響で伊坂幸太郎づいている今日この頃。

こら~さんとか様とか氏とか付けんかいと怒られそう。

面白い。

一人で見た後、とっとこ太郎と2回目見た。

「チルドレン」

とっとこ太郎いわく・・・・原作とは違う。

確かに側で見ていた三年寝太郎も・・・役者さんをいちいち確認するところを見れば

どうやら違うみたいですね。

デナリは、とっても面白ございました。

わたしゃ~陣内みたいなお方が「素敵~い」と思います。

そばでいるとハラハラしそうですが・・・・はい

「死神の精度」

とっとこ太郎が見たいといったので再び注文。

とっとこ太郎いわく・・・・物語そのまんまでGOOD

死神の名前は、都道府県名なんだと・・・・

金城武は、千葉県。

そんなん、どうでもいいし・・・・と、母は言った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みかんのシャーベット

P6210255 P6210257/

/

/

/

/

/

/

/

だーさんのお土産は、シャーベット P6210256 

シャーベットの入れ物ポロポロ子宝の木を落としてみました。

もっと可愛い容器なんで可愛いかなと思ったら、土を入れるとそうでもない。

でも、あっちもこっちも、根の出た新株が可哀想過ぎて・・・入れてみましたが

さてどうしようもない。

やれやれ、どうしたいんやら。

霧吹いたら・・・・。

| | コメント (0)

2009.6月28日 世界遺産 熊野古道 小雲取越え

P6280105

P6280101

2009年6月28日 世界遺産  熊野古道 

小雲取越え (和歌山県)

雲取や志古の山路はさておきて をくち川原の淋しからぬか

                         西行法師

熊野古道 小雲取越え  行ってきました。

小口から請川を歩きます。

私たちは、請川から小口に向けて歩きました。

今日から当分・・・・熊野古道 だよ~ん。

熊野古道 小雲取越え

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat36163460/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

鳩をポキントへし折る

P6250269 きゃ~。

やっちまいました。

ポキント折れた鳩

P6250270かんだかブチ当てたらポロンと

こぼれ落ちた。

マイセンも哀れナリ。

アロンアルファを探さないと・・

可哀想な鳩は、修復するまで

無くさないようにしないとね。

P6240265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪Nutvilleと朝顔の花

♪ Nutville

三年寝太郎のご機嫌に吹く曲は、おぼえられませ~ん。

どういう意味?と問うも・・・・知らんの一言。

P6230260

    

P6230261 今年も朝顔咲いている。

さて、とっとこ太郎と山に行こうと話している。

山に行ってもいいと言う。

2人で100名山で遊んでこようか。

何処に行こうか?

土日動くと、遠くも安いんだね。

高速走ると意外と早いし・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎日つきあってくれてありがとう。

P5030382

尾瀬の写真を使うことはあってもこれで、尾瀬ネタはおしまい。

毎日1記事付き合ってくださってありがとう。

P5050536

/

/

/

/

/

/

/

そっちに行くことがあっても、至仏岳も燧ガ岳ももういいかな。

チャンスがあったら、今度は会津駒が岳だよね。うんうん。

最後に

東京電力のマーク

熊の肉球????

肉球だと面白いのに・・・・

それとも、ミッキー?な訳無いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

熊野古道・小雲取越え

P6280029 ただいま。

今日は、和歌山県 熊野古道を歩いてきました。

小雲取越え

P6280031_3

雲がこの手に取れそうな・・・

そんな天気に、山また山の向こうを見てきました。

・・

熊野古道

小雲取越え

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat36163460/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福寿堂のかりんとう

P6160069デパートから届け物

きゃ!!!かりんとう

おいしいのよね。

       福寿堂秀信

おいしかったよ。

P6250266_4   缶を開けた。

とっとこ太郎が

「凄い!!」と感激していた。

引っ張り上げた

プルトップつきの蓋が、

指など切れないようになっているの・・・・。

乾燥を防ぐ中袋も防水なので、

土入れて

引き抜いてきた雑草を突っ込んでみた。

P6250267

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食洗機の洗剤

P6210259 食洗機は、デナリは大好き。

ありがたい。

セットするだけで、綺麗にしてくれている。

1日に、とんでもない回数を手洗いして、それ以外にも消毒液を使って

手を酷使しているから・・・・ホント・・・ありがたいわ~。

食洗機の洗剤は粉末であった。

近頃はそうでもなて、ご覧の液体買ってみた。

まだ、使っていないんだけどね・・・・。

今使っているの無くなれば、開封しましょう。

楽しみ楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.5.5.  アヤメ平

P5050637 P5050638

尾瀬・富士見峠から鳩待峠に向かう

アヤメ平

昔、この周辺に群生するキンコウカの葉をアヤメと見間違えたため、アヤメ平と呼ばれるようになりました。

この場所は、昭和30年代に「雲の上の楽園」と言われ多くの入山者が訪れ、踏み荒らされため裸地化してしまいました。

昭和44年からミダケスゲなどの種をまくなどの湿原を回復するための作業を行っております。

再び自然を破壊しないよう湿原には絶対に立ち入らないでください。

                     ・・・・・・・・・・・・・・・TEPCO・・・・・

P5050639

TEPCO

   東京電力の看板

了解しました。

来ることは無いと思っていた。

思いがけなく訪ねた尾瀬。

思いのほか堪能させていただけた。

大事に大事に尾瀬のことを思って

そっとそっと取っておきたかった方たちには、

おのぼりさんの山行きで、珍しついでに、書きまくり撮りまくり。

じゃあ来年の春に尾瀬に行こう・・・・と思った人もいたかも知れない。

眉をひそめて、「荒らさないでくれよ!」と、

再び言わせることの無いように自然を大切にしていってくださいね。

P5050640 P5050641

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

大好物

P6190073 とっとこ太郎の大好物。

変でしょう・・・今どきの子にしては・・・・・

小さい頃から、お子様ランチを食べさせなかったのが悪かったのか?

妙な嗜好・・・・

「食べることは、やり易い」と保育園の先生が言うほど、好き嫌いは無い。

しかし、

小さい時は、外食は・・・

天津飯orコーンスープor揚げたてのフライドポテトorマグロ丼orクリームソーダ

この5種のバリエーション以外注文しなかった。

焼肉を喜ばない。

それに、明太子が大好きで・・・。

ぜんぜん関係ないけれど、クラブを引退してもてあましているであろう体力で

夏にとっとこ太郎と山に行こうといっている。

楽しみ楽しみ・・・・・。

土砂降りの槍以来だね・・・・。

何処へ行こうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらくお世話になる山

P4270152 P4270153 P4270154 P4270155

/

/

山また山

その向こうにまた山が。

これから、しばらくこの山やまにお世話になりそうです。

さしずめ・・・今週末。

そして、7月

そして10月

そのあと11月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09.5.5.GW 尾瀬 富士見平から鳩待峠

P5050627 P5050628

P5050629 P5050630

/

/

/

2009年・5月5日 尾瀬

富士見峠から鳩待峠へ向かう

P5050631 P5050632 P5050633 P5050634

P5050610 P5050611 P5050612

P5050614 P5050615 P5050616

P5050642

広くてね。

綺麗でね。

気持ちがいい。

しかし、

吹雪いて見晴らし悪い時は、

方向を見失いそうで

怖いね。

長いし

広いし

暖かい今年だから

看板出てた。

雪で埋まって中原山

確認出来ない時もあるでしょう。

天気がいい日は、至仏岳を正面に歩く歩く。

楽しい見晴らしいい時も長い。

更に樹林帯に入ってからが結構長いのよ。

至仏が真近に迫ってきてからも相当長い。

方向を少し振り始めても、そこからも気分的に長いのよ。P5050635

目印のテープに導かれて鳩待峠に、帰った。

夏は、知らないが・・・・テープなかったら春の初めて行く時は、迷うな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

桃とサンダルと「夏の準備で嫌になるデ」

P6260273_2

P6260275_2 

P6260276_3 桃を送った。

今年、初の桃を食べた。

通勤のサンダル買った。

P6260277 気合入れて、ぺディキュアしてみた。

左足の1本だけ

・・・途中、色を変えて、星のラメ一枚一枚と何枚も貼り付けて

THE 天の川

とっても幸せな気分。

天気いいから布団を干した。

2階から降りてきたら・・・・・あんぐり!!!

足の人差し指が親指の爪の上に乗っかっている。

何か変???

自分の意思で元のポジションに戻せない。

WHY???

親亀の背中に小亀を乗せて・・・・

くっついている。

手の指で分離したらご覧の通り。

星の形のラメは・・・全て取れてしまった。

う~う~・・・むかつく~。

ちょーむかつく。

自分が嫌になった。

剥がして塗りなおす気力も失せた。

元来の姿で生きていこうと心に決めた。

こんりんざい・・・無駄なことをしまい!!!

エコ!!!エコ!!!!

| | コメント (4)

揺れない怖さ

この記事ちょっと前に書いた。

予約機能でUPしておいた。

なんとUPされる前に、地震起きたね。

九州の方々、いかがお過ごしですか?

そろそろ揺れるなあと思っていたらやっぱり・・・。

大事無くてよかったですね。

岩手・宮城内陸地震から1年

テレビで見せてもらっています。

観光産業の痛手

避難生活を続ける方々がおられると伝えてくれています。

行方不明の方の捜索も続いているんですね。

栗駒山

いつか登ってみたいです。

どうぞ復興。

農業

復興もお金がかかる。

経済的支援が無い。

ここでも、先立つものは「お金」ですか。

厳しい。

日本は地震国

私の住む地も地震の頻発する地なんです。

北海道出身の助産師仲間は、看護師は東京で資格をとって、助産師をこちらの学校で取られ、結婚されて今に至っていると聞く。

彼女が、こちらの地震の多さに驚いたと言っていたのを思い出す。

当たり前に住んでいても、地域差があるって事を知りました。

しかし、今年に入ってからかなあ・・・・・自覚しているのは・・・。

地震の自覚が少ない気がするの・・・・。

ホラ吹くなとか、言いたいこと書くなとか言われそうだが、私の感覚。

揺れる感覚・騒がしくなる物音・空気がザワザワする感じ・・・

結構敏感にわかるつもりなんですが・・・・・ここのところめっきり少ない。

体感地震が少ないだけで、微妙に発散してくれているといいんだけど、怖い。

静なのはいいことではなく

エネルギーを地の底に貯め込んでいなければいいのにと心配。

何かの前触れではなければいいのにと・・・怪訝な毎日。

缶詰のパン。

ミネラルウォーター。

トイレットペーパー。

ラップ。

生理用ナプキン。

外にそれしか入れていない物置がある。

チェックをしよう。

P5030341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬の看板

最後になったが看板から学ぼう~

●尾瀬の成り立ち

P5050558 P5050567

P5050568 P5050569 Photo

群馬県

尾瀬の看板。

書き写そうと思ったんだけどね

読めるかな。

P5030275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

CMにそそのかされて 虫コナーズ

P6210249_2 CMにそそのかされて、

買ってみた。

にいと私たちと一緒に過ごせる場所に吊ってみる事にした。

鼻が敏感で小さいにい

身体には、負担かかるかもしれないけれど

蚊が気になるから使ってみた。

外につるして・・・・蚊が来なかったらまあいいね。

虫コナーズ

画面の中のベランダでエプロン姿の女性が2人で踊っている。

なんとも、同年代のデナリとしては、

「おばちゃんを何と心得る!!!」って

感じですが・・・・・妙に・・覚えてしまう。

♪見えない網戸~

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年5月5日GW 燧ガ岳 尾瀬沼分岐から見晴

P5040451 P5040452

2009年

5月5日

GW 尾瀬

燧ガ岳

尾瀬沼分岐から

見晴に下る。

P5040456へ行くと

尾瀬沼

/

まっすぐ行くと

見晴

/

山の頂上では

人にあったけど

下ると、だーれにも逢わない。

人が少ない、

いや、いないんだなあ。

P5040457

P5040458 P5040463

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

誰のあしですの?

Photo_2 誰の足ですの?

P5050532 何を写したんだろうねと言う訳分からない写真も数々ありますが

あきらかに

写すつもりも無くシャッター押しちゃったんだねと言う写真・・・2枚もあった。

お~

カメラを使いこなせていない証拠です。

| | コメント (0)

ハリポッターと謎のプリンスを観にこうね

Img_6627 7月15日 ロードショー

「ハリーポッター と謎のプリンス」

このチラシは映画館でもらってきたものなんですが・・・

前売り券買おうか迷ったんだけど・・・・

カード使うと割り引きあるし。

水曜日行くとレディ-スディだと1000円だし・・・・

売り場が混雑していたので買うの止した。

ハリーもハーマイオニーもロンも大きくなったんだろうな。

かつて無い大きな悲しみがハリーを襲う!

そんなこと書かれたら観に行かない訳にはいかないね。

そうだ、「点の記」・・・・観にいった?

7月にとっとこ太郎三年寝太郎がコンサートで出かける日に見に行こうと思っていますの。

雪の山は、大きなスクリーンで観たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月5日・富士見峠からアヤメ平に向かう

P5050613 2009年5月5日  GW

尾瀬を後にして・・・最終日

富士見峠から鳩待峠に戻る。

P5050617

P5050618 P5050619

ずっと、背にして尾瀬では過ごした至仏岳

帰り道、尾根を至仏岳に向かって鳩待峠へ歩く。

P5050621_2 雪屁が凄い。

雪屁が綺麗。

雪崩れてもいいかなとウズウズしている?

亀裂も無さそう。

そんなに張り出している訳でもないし…でもね・・・・

クワバラくわばら、巻き込まれないように木の際を歩く。

P5050620 P5050622_3 P5050623_2

P5050625_2   

P5050624

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

「Little DJ」 と 「イン アメリカ」

Img_6628 「Little DJ」

 「イン アメリカ」

借りたDVDを見た。

「Little DJ 小さな恋のものがたり」

神木隆之介くん

健気で賢い。

ALLの男の子の話。

どっちかと言うとあまり見たくない物語なのにさわやかな気分

「イン アメリカ 三つのちいさな願いごと」

先入観も何も無く、何故これを選んだのかも理由もわからないままに、見た。

そうだね。

そうだね。

あきらめないこと。

そうだね。

そうだね。

マテオの部屋のドアをドンドン叩き続けたとき、何が起こるのかドキドキした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぶた祭りを夢見て

Photo

いつか、ねぶた祭り参加したい。

すると・・・・・そう想うだけで

ぜんぜん関係ないのに・・・・この歌・・・湧いて来る。

  逢いたいから恋しくて

    

    寒い夜は 未だ胸の奥

    鐘の音が聞こえる

   Winter again

GLAYは、北海道だし・・・・・。

何でだろうね・・・・・。

北海道の人ごめんなさい。

青森の人ごめんなさい。

書きたかったこと・・・・そんなことじゃないの。

ねぶたに行ける日があたら、したいことがあるの・・・・

ねぶた祭りは8月2日~7日。

曜日にかかわらず毎年決まっていると聞く。

   ハネトに参加したいんだ。

必ず正装して、集合場所に時間までに集まって仲間に入れてもらえれば

参加できると聞きます。

あまりの暑さと激しさで、倒れる人も出ると聞く。

いい歳したおばちゃんが・・・・・

でも、参加したいんだ。

来年来年、きっと来年。

今年は何度も何度も検索しそう。

ハネトは跳人

http://www.nebuta.jp/sanka/2009kikata.html

楽しみな事が増えました。

カテゴリー一つまた増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 富士見峠

P5050605 2009年5月5日 GW 

見晴を早朝出発し、竜宮小屋通過して富士見峠についた。

左は富士見小屋

右はアヤメ平

看板は雪の中だった。

富士見小屋は・・・・↓あっちだよ。

P5050606

Photo_2

↑写真中央に、富士見小屋の緑の屋根が見えた。

P5050607

←アヤメ平は

あっちだよ。

だーれもいない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

冴え冴えと青い夕陽の昨日

P6210239 P6210237 P6210238

昨日の夕陽

三年寝太郎に「来るな」と言われても、言われれば言われるほど

嫌がれば嫌がるほどに、行きたくなるのが人情です。

ウロウロした挙句に帰宅する。

来るんじゃないかと思っていたと、呆れられつつ・・・・。

夕陽は赤くなれなかった昨夕

田植えは済んで、稲は順調に育っていた。

夕陽なのに冴え冴えと青い。

P6210240 デナリの首にあせもが出来た。

この時期に大掃除

部屋の模様替えを目論んでいる。

痒い。

「ホタルの墓」せつこちゃんがあせもできて、痒い痒いと言っていたっけ・・・。

せつこちゃんデナリも先日びちびちやったわ~。

違うか?!!!まだ引きずっているマスターできていないんだ。

今日から梅雨復活と聞いていたのに

青空。

太陽ピカピカ。

蒸し暑し・・・・・確かに梅雨だが・・・ちょっとへん。

P6210241 P6210242 P6210243

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪topsyとラップ要らず

♪ topsy

母は、

意味も良さもわからなくて、

聞き取る耳も持たなくて、

感じる心も持ち合わせていない。

時に、どの曲も、同じに聞こえてしまう(すまない)・・・・三年寝太郎の演奏曲

でも、今しか出来ないことを楽しくしていてくれることが、母は嬉しい。

ローンを自分で払い続ける。

別に、貯金が無い訳ではなさそうだ。

しかし、

一言・・・・・

「ローンはきつい。楽器をローンで買ったのは間違いだった。」

先ごろ・・・土曜のバイトが無くなった・・・・らしい。

それは、イコール収入が減ってしまったということで、ローン返済に大きく響くようだ。

そりゃもう・・・・大学生は忙しい。

バイトに、練習に、演奏会に、ミーティングに、付き合いは際限ない・・・・・。

新歓・・・・・・新人歓迎会・・・・・なんかいするんじゃ~い!!とボヤイテイタ。

今日は、4次会までは、付き合わないぞ!!!と、決意も固く電車で出かけていった。

1次会は、もちろん演奏会

2次会は、反省会

3次会は、夕食と飲み会

4次会行ったら・・・・更に1万円要る・・・・とかなんとか・・・・。

そうやって、上級生の先輩に育ててきてもらったのだから、3回生ともなれば・・・仕方が無いんだろうね。

上級生が楽器を買う。

すると、新入生に楽器が回る。

次の世代を育ててバトンタッチできる。

社会の仕組みやつながりを、中学や高校のクラブでは学ぶこと無かったミニ社会を

大学のクラブで学ばせて貰っているようだ。

楽器は・・・・・普通親から借りたり、出世払いといって、お金貰うんだってよ・・・・・。

何処から聞いてきたかわからないが・・・・そう言った。

いつまでも有ると思うな親と金

別にお金に困っているわけでもない。

出そうと思って、出せない額でもない。

しかし、貸さないには貸さない理由がある。

「貸して」といわれれば、貸したと思う。

三年寝太郎に言った。

母は、人にお金を借りて、物を買ったことは無い。

欲しいものがあったら、貯めてから手に入れる。

だから、手に入れるためにはどうすればいいか考える。

貯めるには、どうすれば一番手っ取り早いか考える。

使わなければ貯まるもんだ。

人を当てにしない生き方

学ぶにちょうどいいと思っています。

P6210250借りて、気持ち的に追い立てられる思いも、いい経験だと思うの・・・。

頑張れ大学生。

払いきった後には、それだけの学びが待っていると思う母であります。

そんな話をした後に

小学生を諭すように

貯金に手をつけない貴方はえらいと思うと、褒めた。

7月に東京に音楽聴きに行くというし・・・チケット・交通費・行動費いくらでとどまるだろう?

8月に演奏会が大阪で行われる・・・宿泊費とか込みでこっちはこっちで4万円要るという。

大学内で、一番お金が要るクラブだと・・・ほとほと言う。

でも楽しそう。

まあ・・・見ておきましょう。

進んではいけない方向に、物事が進み始めたら、

たった一人になっても、一人で引き返す強さと勇気を身につけて欲しい。

そういう事を学ぶ大学生活を送って欲しいな~あ。

/

日曜日。

地元のチェーンスーパーで、三年寝太郎にバイトが入った。

アイデア商品の販売の単発のバイト。

アイデア商品を買いがてら、とっとこ太郎の働き振りを見に行こうと

P6210250遠路はるばる・・・冷やかしに行った。

そして、フードラップを買った。

立てるしゃもじも欲しかったんだけど

とっとこ太郎が、立てる意味があるのか?と難癖つけたから辞めた。

休憩時間迄待って、ソフトクリームおごってやった。

とっとこ太郎は、車酔いでダウン。

胸が悪いと言う。

仕方が無いから、食品売り場は避けて、買い物して帰ってきたのであった。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は父の日 違うか!!!!

P6210236_3 昨日とっとこ太郎が、だーさんに渡していたカード。

朝、三年寝太郎が撮っただーさんの写真をチョチョチョと編集して持ってきた。

名前入れる前に、写真撮りたいでしょ・・・と言って持ってきた。

まんまと、写真撮った。

あなたは、要領いいね本当に・・・・・・。

父の日は、三年寝太郎から・・・靴下3足

       とっとこ太郎から・・・このカードイカと昆布の黄金(北海道産)

まあ、スポンサーは私なんだけどね・・・・。

違うか?!!!

そうそう、昨日は、とっとこ太郎が一日私の側に居た。

違うか?!!!の練習をした。

いやいや・・・勝手に連発した。

「ちがうか」の使用方法が私は間違っているらしい。

ここぞと思うところで・・・・違うか?!!!と言ってみる。

透かさず・・・「違う」と言われる。

ストライクだったことは一度も無かった。

マスターできない母であった。・・・・違うか?!!!

わかっているよ、使いどころにぶち当たらないだけだよ・・・プン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

残りを今日も残そうね

P6200189 P6200190 P6200193 P6200194 P6200223 P6200180 P6200182 P6200183 P6200187 P6200188

P6200195 P6200196 P6200204 P6200206

100枚UPしようとしたが、記事内にUPできなくなった。

残りを今日残そうね。

私は、ひたすら床に寝っころがって、カメラをにいに向けてじっとしていた。

こんなこと、暇がどっさりあり、目的も無い日ではないと・・・出来ないよね。

そして、ガサガサじっとしていないにいを追うのではなく、横着者のデナリはひたすら寝て取り止めも無くシャッターを押す。

はじめは落ち着き無く好奇心の塊と化して、飛びついたり、カメラの匂いを嗅ぎに鼻をカメラにひっつけたりするけれど・・・・・

あきれて、つまらなくなって、見向きもしなくなってゆく。

P6200209 P6200210 P6200213 P6200216

P6200217 P6200219 P6200222 P6200226 P6200227

P6200228 P6200231 P6200235

にいは、嫌になって・・・はなれて座りたがる。

呼べば喜んで尻尾を振ってタッタカ走って来ていたのに、

そのうち・・・

またですか~あ?

と言いながら・・・・気が進まなさそうにそばに座る。

西から吹く風に、顎を高くして・・・・遠くを見る。

にいは、自由です。

P6200174_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そりゃ妊娠するよ

先日、親戚の同年代の女性から電話がかかってきた。

相談をされた。

「知人に相談された」と、親戚が話していた。

親戚の知り合いって事で、まじめに答えた。

女の子が妊娠した。

未成年の子だそうだ。

彼と付き合って間が無い。

しかし、SEXの末に妊娠した。

産婦人科に行って妊娠も確認され、彼に話した。

2人は、結婚をしようと相談した。

両方の親から「若い」と反対されているらしい。

反対している彼の親からの相談と聞く。

Q:1回のSEXで妊娠するものなのか?

A:避妊しなければ1回であろうと100回であろうと妊娠するときは妊娠します。

Q:避妊していなかったと言うが、膣内に射精はしていないと言っているのだが妊娠するのか?

A:中絶を希望される妊娠のうち、膣外射精による妊娠と言う場合の方が結構 あります。

  多分、既婚者の中絶の場合は、これが多いんじゃないかしら・・・・。

  膣外射精は、避妊にはなりません。

  避妊しなかったのだから、妊娠して当たり前なんです。

  精子は、膣内に3日生きると聞いています。

反対する理由を探したり、

「息子は妊娠に関与していない」と思いたい男の子の両親の心の中が手に取るように感じられた。

ともかく、デナリらしくなく、突き放しもせず、誠意を持って返事した。

最後に、

女の子が一番たいへんで大事な時期なのだから、

傷つけないで優しく愛情を持って接してあげてください

と伝えてと最後にしめくくった。

P5030344

・・・・・・デナリが、書きたかったこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いい歳した大人でさえも・・・・勘違いしている人がいます。

膣外射精は、避妊ではありません。

妊娠します。

中絶は女性の身体を傷つけます。

こころも傷つきます。

相手の女性を大切に思う第一は、その女性を傷つけないこと。

それが愛であります。

必要なのに避妊できないような男は、だめだめ。

必要なのに避妊してくれといえないような女も、だめだめ。

愛すると言うことは、何なのか考えよう。

お腹の子が、自分の息子の子供かどうだか疑う前に

言って聞かせて、自分の子供を育てよう!

これは、これは、

デナリ母も忘れないうちに話しておかないと!!と、

「膣外射精は、妊娠するよ。」

あけすけに話した。

「そんなの常識。」

と返ってきた。

そうでした、そうでした。

夢も希望も摘み取られる・・・と表現される位

しつこく話してきましたから

二人には辟易されて・・・・・。

それでも、出来ちゃった婚で孫を抱く日も来るかもしれない

あ!!!

すみません。

話す相手を間違えていました・・・・。

|

2009.5.5.GW/尾瀬 ・竜宮から富士見峠へ

P5050559_2 2009年 

5月5日 GW 

尾瀬

竜宮小屋から

富士見峠へ登る。

P5050560

早朝に、尾瀬 ・見晴を出発して竜宮小屋を通過して分岐

一面雪原とも お別れになる。

誰一人いない静かな尾瀬でありました。

P5050598 水芭蕉に大喜びしたりして進むと

森に入っていく。

川を渡り進む進む。

P5050599

P5050600

P5050601 快適なお散歩道は終わり、

登り始める。

P5050602

振り返ると

登ってきた足跡。

ともかく登る。

急な斜面の上から

「祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり」

大きな声が聞こえる。

一人や二人じゃない。

キャアキャア言ったり・・・・。

下の私たちに、警告を発しているのか?

何事か???

P5050604

東京の大学の新人歓迎登山だった。

すれ違った後、同行のハッピーさん・・・・「若い子はいいなあ~」を連発。

確かに、可愛い男の子たちと可愛い女の子たち。

♪ あんな時代もあったねと・・・・・・・

振り返れば最後の尾瀬が垣間見られた。

「ありがとう」と挨拶した。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

呆れるほどに、「にい」は自由だ

呆れるほど、にいは自由だ。

驚く無かれ!

にいの百面相

P6200093 P6200095 P6200096 P6200097 P6200098 P6200099 P6200100 P6200101 P6200102 P6200103 P6200104 P6200105 P6200106 P6200107

P6200109_2 P6200110 P6200101_2 P6200112 P6200103_2 P6200114

P6200115 P6200117 P6200119 P6200120 P6200121 P6200122

P6200123 P6200124 P6200125 P6200128 P6200131 P6200133 P6200134 P6200136

P6200139 P6200140 P6200141 P6200142 P6200143 P6200144 P6200145 P6200146 P6200147 P6200148 P6200149 P6200150 P6200151 P6200152 P6200153 P6200154 P6200155 P6200158 P6200159 P6200160 P6200164 P6200165 P6200167 P6200166 P6200168 P6200170 P6200171 P6200172 P6200174 P6200175 P6200178

まあ意味も無く・・・・

1回してみたかったの・・・・・100枚UPは無理だった。

にいも、いい加減にこらえて下さいよ~お!!と投げやりの表情

恐ろしく削除してこれ・・・・。

残りも明日UPするじょ~お。

やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土星?の輪

P5040453 森は生きている

木も眠ってはいない

雪が融ける

P5040454

木の周りに、まあるく、まあるく、融けるのね。

P5040455

Photo 大きな木も

小さな木も

まあるく、まあるく、融けるのね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

山でフカヒレスープ

P5040521 P5040524

尾瀬には、3人で行ったんだけどね。

あけもどろのハッピーさんと経さまと行った。

「フカヒレスープ」を飲んでみようという。

デナリも貰った。

フカヒレ入っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尾瀬・朝日が昇った

P5050591

 2009・5月5日  GW  尾瀬最後の日

朝日が昇った。

いいところだねと、木に声かけた。

Photo

倒木の穴に、何か居ないか覗き込んだが、何にも無かった。

少し期待しすぎたみたい。

ドキドキしたい。

ハラハラしたい。

嫌だ嫌だといいながら・・・期待しているのかもしれない。

好奇心。

・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

大塔山(和歌山県)から足郷トンネルに

大塔山を足郷山へ下りてくる。

2009、4月・・・・・花いっぱいの尾根を下った。

足郷山は、普通に下りちゃうとピークを踏まない。

わざわざ戻って確かめに行った。

あっさり巻いて下ってしまう。

峠にお地蔵さま。

足郷トンネルから林道かと思っていたら、峠からトンネルまでも舗装れていない林道だったので戸惑った。

P4270160 ←まずまず下る、相当下るとトンネルの際に出る。

ここから、いい道に出る。

車は1台も通らない。

P4270161 P4270162

下ってきた道はこんな感じ。

逆に歩くときは、登山口だね。

私が選ぶなら、逆コースは無しだね。

P4270163 足郷トンネル入り口は、こんな感じ。

P4270164 入る前は、古座川町(和歌山県)

トンネル歩きは嫌いです。

なんだか胸が苦しい。

心臓どきどきする。

狭いよ~

暗いよ~

怖いよ~

P4270165 トンネル出てきたらこの看板。

新宮市(和歌山県)

境界なんだね。

|

気がつけば11連勤

さすがに、ちょっと疲れた。

体が熱い。

でも元気だ。

6月7日 日勤 から始まった。

11日間の間には、飛び飛びに3回休みがあった。

はじめの1日は、同僚の家庭の事情で代わりに出勤した。

3日勤の後、休みの筈だった。

その3日勤の間に、別の同僚の家族が手術を受けなくてはいけなくなた。

次の休みを提供した。

日勤になった。

3日勤の後、夜勤と明け、その後、2日勤の後、休みの筈だった。

明日は休みだと開放感。

ダラダラしていた夕刻、携帯が鳴った。

高熱の同僚からだった。

翌日の日勤を取ることになった。

それで、3日勤の後、夜勤と明け、3日勤の後、夜勤と明けと日勤。

かれこれ11日働いた。

代わりに貰った休みがくっついた。

・・・・・4連休の後、夜勤と明け、2連休の後、夜勤と明け、そして休み

天気はどうだろう。

  雨でも山に行くだろうP5030381

気がつけば11連勤が終わった。

平気な顔して、今日も元気だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰るとするか。

帰るとするか。

私の住む地元は毎日いい天気。

だから梅雨の最中でも山に行けるかな?と思って来たけれど雨降って来た。

ここはスッパリ帰るとしよう。

行った証拠に、お土産? 買った。

片道5時間 往復10時間・・・・淡々とご機嫌なドライブ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰の糞ですの?

Photo_3 2009・5月 

 GW  尾瀬

何の糞です?

繊維がいっぱい。

誰の糞です?

まあ、

「腹いっぱい食っちまったー」

って、語っている糞じゃありませんね。

繊維ばかりで、乾燥していて

「ひもじいひもじい」と糞が語っていました。

まったり。

だらだら、書き綴り・・・ついに梅雨になっちまった。

まだ、GWの尾瀬を連載中。

ほんとに夏になってしまいそうだ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

峠にお地蔵さま

P4270157 大塔山(和歌山県)

から足郷トンネルに下る。

林道に出てしまう手前

峠には

遠くの山を見渡すように・・・・。

お地蔵さまがいた。

P4270158

すぐそこ、林道に出た。

下った道を振り返る。

P4270159 下っていく。

足郷トンネルまでは、意外と歩くよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ収穫

P6150062 2009.我が家のベランダのプランタージャガイモは

一箱葉が乾燥に耐えかねてか、枯れ始めた。

収穫してみることにした。

P6150063 お~!!出来てる。

大きくなっている。

コロコロ。

P6150065 ほらね、ほらね。

だーさんの植えた後の残り種芋だから、これでいいのだ。

さて、何の料理を作ろうか・・・・。

P6150066 空いたプランターに、セロリとオクラの苗を植えました。

セロリもオクラもぬかずけ出来たらいいのにな。

梅雨なのにカンカン照りの毎日・・水切れで発育不足にさせてしまいそう。

P6150067 何が足りないのか、なすびは大きくなってこないんだ。

早くなれなれ・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

竜神から富士見峠への水芭蕉

P5050574 2009・5月5日 GW 尾瀬

尾瀬・竜神から富士見峠の間にも水芭蕉が咲いていた。

P5050566_2 P5050571 

P5050572

P5050573 P5050575

P5050576_2 雪の中の水芭蕉も素敵です。

P5050577 木道の両脇は

こんな感じ。

かわいい写真を

撮りたくって

人がいないのいいことに

寝っころがえるやら

座り込むやら

やりたい放題

P5050578 P5050582

超接写

なんだか子供のほっぺを撮るような・・・・。

P5050583

P5050584

P5050585

P5050586 P5050588

P5050592_2 P5050593

P5050587_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

大塔山から足郷山への尾根を下る

P4270080 大塔山(和歌山県)頂上から下りはじめる。

足郷山~足郷トンネル方面に下る。

下って下って進んでいくと分岐には丁寧な表示。

 ↓ ここはこの看板ないとまっすぐ違う方向に行っちゃうね。ね。ね。

P4270088 P4270089

P4270091 P4270092

P4270094_2

P4270095 P4270096

P4270103

大塔山が見える。

P4270104

P4270114 P4270117

P4270118

P4270119 P4270125

P4270126

P4270129

P4270147 P4270148

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

釈迦岳 玉置山 笠捨山が見えた。

大塔橋~大塔山~足郷山~足郷トンネル

このコースでこの尾根が花盛りで好きだな。

ちょっと尾根は痩せてきているけれど

木がいろいろで楽しい。

ぼろぼろの石がはがれてガラガラだったり、苔むしていたり、落ち葉踏んだり。

足元も変化に富んでいていい。

/

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬で1番気に入った写真

P5050537 /

/

/

/

/

/

/

/

/

2009年 5月5日  GW 尾瀬

テントを撤収し、早朝5時 見晴を発つ。

天気は曇り・・・・霞む尾瀬を写真に取る。

昨日登った燧ガ岳を振り返る。

ピークは厚い雲の中

P5050542 P5050544

太陽が上がってきた。

雲の切れ間に出ているよと・・・光り始めた。

P5050545

P5050546

P5050547 P5050548

P5050549好きだな~。

自我自賛。

好きだな~この写真・・・・。

実際は周り一面この景色の真っ只中。

この世界に抱かれて、来てよかったと幸せを感じる

春の尾瀬は、不思議なところだ。

P5050551

P5050550

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

バイキングでも残さない

Img_3093 台湾の朝

外に連れ出してもらって、朝粥食べた朝もあったが、

この朝は、ホテルで朝食バイキング食べた。

Img_3094 Img_3095

Img_3096_2 Img_3097

食べなきゃ損損・・・・・食べる食べる。

しかし、

デナリのポリシー。

バイキングで取ってきた食べ物は、綺麗に食べるべし!!

去ったテーブルのお皿に恐ろしく食材が残っているのを見たりすると、

「こうは生きたくないな」と思うのであります。

デナリの美学・・・・・食べ放題でもガッツカナイ・・心のおしゃれ

それで、朝から6皿ですか・・・どこがお洒落やネン・・・く~!!!

Img_3098

ああ~。

あれから1年経ったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっちにもこっちにも蛙

P5300007 /

/

/

/

/

/

/

/

我が家の蛙ちゃん

貴方

悪い顔になっていますよ。

月桂樹の葉に乗っかっています。

こちらは裏口

玄関にも蛙ちゃん

あっちもこっちも蛙ちゃん。

田に水が入った。

日が沈む。

窓を開けると、ゲロゲロ楽しげな今宵。

田植えは、それぞれ。

そろそろだね。

済んでる田もあるし、まだの所もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テケテケ歩く

P5050570 /

/

/

/

/

/

/

/

/

2009年5月5日  GW 尾瀬

竜宮を過ぎて富士見峠へ向かう

水芭蕉が咲いていた。

写真を撮っていると、遠くにようやく人影

ツアー?

軽装備でガイドさんらしき人が誘導している。

P5050579

待ちきれないのか、先に進みはじめた。

それが、広い誰もいない尾瀬の原にテケテケ歩く様は、可愛い~

思わず撮らせてもらいました。

P5050580

いい加減、出発しないとね・・・・。

思わず溶けてしまいそう・・・・・。

いいところだね。

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

紅いも薄皮まんじゅう

紅いも薄皮まんじゅうP5180052 P5180054 P5190056

中のあんは、さすがに紫色

薄皮まんじゅうは、何でも好き

あったかい緑茶で・・・幸せ

妹たちのお土産

私がモンツキカエルウオと呼んだダイビング好きな妹。

葉書が届いた。

甥と幸せそうに写っていた。

バイキンマンのぬいぐるみを持っていた。

♪ハヒフヘホ~イ

紅芋まんじゅうありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巷説百物語二

「巷説百物語P4190062  二」

職場のドクターに借りた。

おどろおどろしいストーリーのなかに、ホロッと人情を垣間見て

更に先にどんどん読み進められる。

先日図書館に行った。

京極夏彦氏のこの原作本がシリーズであるのを見た。

思わず手にとって開いてみたら、活字ばっかりギッシリだった。

視覚で絵から読むのもちょっと、グロテスクで引いちゃうときもあるけれど、

活字は、なんだかもっと気持ち悪い気がしますね。

頭の中で、おもいっきりおどろおどろしい。

思う以上に、不気味で嫌な気もちになる。

淡々と読めないデナリは怖がりすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.5月5日 GW 尾瀬 見晴の早朝

P5050526 2009・5月5日 GW 尾瀬・見晴の早朝

曇っていたから、朝日がか~あっと照ることはなかったが

なかなか趣きある写真撮った。

P5050527 P5050528

P5050529

P5050530

P5050531 P5050534

P5050535

P5050565_2

好きだな。

誰もいない尾瀬の朝。

得した。

胸いっぱいに、幸せが広がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

誕生日の海人Tシャツ

P5170025 誕生日

「海人」Tシャツ貰った。

そのTシャツに保証書がついていた。

P5200001 商品お取り替え票がついている。

☆類似品、粗悪品にご注意ください。

うみんちゅ  沖縄県うるま市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.5月 GW 見晴の水

P5040518 2009.5月  GW

温泉小屋から戻ってきた。

見晴。

P5040519 弥四郎小屋前には

清水を汲める。

喉は渇いていないので

汲まないし

飲まなかったけれど。

記念に写真

P5040520 テントに戻ったら、2人もテントに戻っていた。

テント場の水場は、トイレでみんな汲んでいた。

私たちももちろん、トイレで汲んだ。

きれいな水が豊富に出る。

沸かすから大丈夫、気にならない。

雪を溶かさなくていいから大助かりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

森永の抹茶キャラメル

P5290006 森永のミルクキャラメルは黄色だよね。

先日夜勤で同僚が持ってきて食べていた。

抹茶キャラメル。

私は初めて見たものだから・・・・キャ~ァ・・・

売ってるよ・・・・と、珍しくも無いらしい。

お味???

デナリも食べてみると薦められたが、乗らずに写真だけ・・・パチリ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーウイはスキなんだけど

デナリは、P4230021 あれ駄目、これ駄目・・・という。

そういう、デナリに・・・・

「自分も食べた後に、

       そう言う気がする事が有るけれど、

       気にしないで・・・

       気のせいと思って・・

         気にせず生活する」と・・・教えてくれた人がいました。

彼女の言わんとしている事は理解できる。

私に向かって神経質になるから・・・そうなのよ・・・って、私に対する批判も含んでいる。

そうなのよ。

私もアレルギーのある人に対して、多かれ少なかれそう言う感情を抱いていました。

デナリも、ここ5年の間に起こったことで・・・・・あって、

それ以前のデナリの○○年間は、

    「アレルギーなんてありません・・・」そういって生きてきた。

虚弱な・・・・・

神経質な・・・・

食生活が悪いんじゃないの・・・・

気にしすぎ・・・・・

とか、そういう種類の人間の話だと思っていました。

症状出始めた頃でも・・・・初めの頃は・・・・

私も、これは、そういう食べ物なんだと思って平気で食べ続けていました。

そういい続けてそう思ってそれで通せる人は、幸せなんです。

きっと、極々軽いんです。

いつか万一・・・ある時に・・・もっともっと症状進んでくることが貴女にあれば、その時初めて私の気持ちが解る日が来るかもしれません。

そう言うデナリも、今でも避けた方がいいかな?っと思うものでも食べています。

しかし、その無頓着な日常の積み重ねで、今日に至ったんだと思っています。

私の子供は2人ともアレルギーはありません。

しかし、私もそうであったように・・・・先のことはわかりません。

私は、人工?の簡単お惣菜ばかり食べてきたつもりも無い。

私に向かって・・・・

「添加物の多いものばかり食べてきたんやろう・・」

言った男性もいました。

それは違うよ・・・。

そう言って説明してあげた方がいいかなと思いましたが辞めました。

日常で、いろんなことに対して正しく理解をしようと思っていない人だと、感じるから。

競うつもりも無いけれど・・・・

きっと世の中で、そんなに食生活が他所の家庭より添加物取りすぎているわけでもないと思っている。

多分合格点もらえる食生活していると自負している。

それでも、こうなるのです。

高齢になればなるほど・・・・先が知れているから・・・まあいいかで済ませられるだろう。

キーウイ好きなんだが・・・量は食べられない・・・食べない方がいいと思う。

パイナップルも程ほどに。

マツタケ・メロン・たけのこ・・・・・・。

もし、こんな食べ物なんだと思い当たる特定の食べ物があるのなら、

少し用心することをお勧めします。

若ければ若いほど先が長いのだから・・・・。

気にしない・・・気のせい気のせい・・・・・。

あなたはいい。

それでいいよ。

でも、あなたの子や孫にそういう症状あるのなら、その考え方は薦めない方がいいかもしれない。

若い人がそうなら、少し気にして控えた方がいいよ。

咳が出る。

鼻水が止まらない。

気管がヒューヒュー言って、喉に何かが絡む。

そんなになったら、さすがに気の大きい人でも気にするようになるから。

子供の頃・・・・キーウイも生パイナップルも食べなかった。

いま、中学1の時、

「生パイナップルを1個全部一人で食べてみたい」と思った。

きっと、好きなんだと思う。

お~!!お~!!それから35年食べ続けてこんなになってしまったんだ。

ちょっとにしておこうね・・・・好きなものも美味しいものも。

今頃学んだデナリであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬のふきのとう

    2009年5月 GW  P5040460尾瀬

尾瀬のふきのとう

春のつかいがたくさん。

P5040461

P5040486_2

P5040490 雪にあんまり埋まっていたからか

しょんぼりヒョロヒョロ。

いいよね。

よく頑張りました・・・

ふきのとう食べたことある?

あるよ。

すこし、苦いのだった。

話がかわるけれど、

「ふきのとう」好きだった。

私は、歳が若いから

・・・タイムリーな年代ではないのですが 「春雷」が好きだった。

何の事を書いているか分かる人は私と同じ年代か上の歳の方だねきっと・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

あ、今日の今の夕陽

Img_6633 あ、夕陽がきれい

あ、田が光っている

あ、子宝の木が・・・いっぱい細胞分裂

あ、網戸汚すぎ

カッコわるーィ

あ、早すぎ・・・

今から夕食いただきます

Img_6634 今日の今の夕陽だよ。

どなたさんも

今日も1日ごくろうさま。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ろくでもない母親・・・ゆず皮ハヤシライス

P5140001 デナリは、ろくでもない母親です。

これは何と思いますか?

多分誰も正解者はいないと思うな。

デナリは、ゆず味噌が大好き。

湯豆腐にも、ふろふき大根にもゆず味噌。

で、正当なゆず味噌の作り方は、知らない。

ただ、皮の摩り下ろしに加えて、ゆずの絞り汁を使う。

残りのものを、時にはゆず風呂に使う。

残りを、冷凍にして置いた。

ちょっと、閃いた。

それが間違いの元だった。

その日は、ハヤシライスを作りたかった。

もう、完成まじかだった。

冷凍室の中の冷凍ゆず皮を細かく刻んで使ってはどうだろう???

それで、まずは、凍ったままのゆず皮を放り込んだ。

解けた所で刻むために取り出した。

それがこの写真です。

さて、細かく刻んだハヤシライスは、どうだったと思いますか?

一口目は、口の中にさわやかな味が広がった。

これって、正解???

そう思って二口目を食べた。

ゆずのかけらも噛んだ。

すると、ゆず皮の苦味が口に広がった。

ちょっと、不評だった。

とっとこ太郎は、そのまんまでなんで食べさせてくれないんだと、普通のハヤシライスのお代わりをしたかったと残念がった。

確かに、意地で一皿を完食しましたが、自分でもさすがにお代わりする気にならない。

残念。

お代わりしたい気持ちがよくわかる。

仕方が無いから、あと二皿分のゆず皮ハヤシjライスを冷凍した。

どうしよう?

不評なゆず皮ハヤシライスは、もう作りません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモの芋虫

P5200003

デナリの

ジャガイモの

葉についた

芋虫。

くるるん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009・5月 GW 温泉小屋

P5040485

2009年5月4日 GW 尾瀬・温泉小屋

温泉小屋へ立ち寄って三条の滝まで行こうと思った。

しかし、だーれも会わない。

小屋をたずねて滝までの道の情報を貰おうと思ったが入り口がわからない。

誰もいない。

トイレも開いてP5040494 無い。

P5040495_2  公衆トイレも冬季閉鎖中でロープ張ってあった。

P5040498 休憩所も閉鎖中。

P5040492 温泉有るのかな?

あったら、入りたいのに。

そういえば閉まっていてもカケ流しであふれていないかな?

とか、

そういえば、北アルプス鑓温泉の小屋が閉まった11月に囲いのない露天風呂に3人で入ったなあ~とか、

それぞれの小屋の周りを探検してみたが人影もなく、何にも分らなかった。

まだ、小屋はオープンしていないのね。

燧ガ岳でお話したスキーを履いた単独行の男性が温泉小屋から上がってきたっておっしゃったから、てっきり小屋あいているんだと勘違い

P5040493 積雪を見る。

よく分らないね・・・・。

今年は雪が少ないと聞きますが。

P5040496

P5040497 時間かかった。

写真撮りぼちぼち歩きすぎたかな?

三条の滝って意外と遠い。

誰一人会わないから怖くなって引き返すことにした。

P5040499 つがいのカラス?が飛んでいるだけだった。

P5040500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

つりがね饅頭

P4280199 P4280200 P4280201 ♪とんとんお寺の道成寺

和歌山県大塔山の帰りに

「つりがね饅頭」を買った。

道成寺銘菓・情熱の釣鐘饅頭

醍醐天皇の延長6年の秋

奥州白河(福島県)の年若く美しい身体つきの修行僧安珍は、紀伊の国・熊野権現への参詣の途中、熊野街道の今の中辺路町で日が暮れ、庄屋の庄司清次の家に一夜の宿を借りました。その家の娘・清姫は、一目で安珍を好きになり、ただならぬ出逢いの一夜をあかしました。しかし、修行の身の安珍は、「どうか修行を終えるまで待って欲しい」と約束し、熊野大社へと急ぎました。修行をつんだ安珍は清姫への迷いも冷め、その約束から逃れようとしたのです。しかし、清姫はつのる思いに我を忘れ、安珍を追う執念は、凄まじいものでした。その恨みは、燃える炎となり、その身は蛇に、口からはめらめらと炎を吐き、恐ろしい大蛇になった清姫は、とうとう日高川を渡り、道成寺まで追い詰め、石段を一気にかけ上がったかと思うと、釣鐘の中に隠れた安珍を焼き殺してしまいました。清姫は、泣く泣く近くの入り江に身を投げました。月日は流れ、現在道成寺にある塚は、その時、安珍を葬った塚として今もなお残っております。このように、若い二人の悲劇の場となった道成寺の大釣鐘を形どったものが当店の「情熱の釣鐘饅頭」です。

箱に入っていた紙に書いてあった。

和歌山県御坊市 湖月堂 「情熱の釣鐘饅頭」

前に食べたことがある釣鐘饅頭と大きさ違う気がする。

情熱の・・・がついているところが面白い。

お店の店主さんが・・・・失敬な!!!と怒鳴り込んでこられそうな失言を一発。

情熱の類似品?~~~アチャ~言っちゃいましたあ。ごめんなさい。

いずれにしても・・・釣鐘饅頭おいしい。

安珍と清姫の話って、メジャーなのかしらそれとも、他所の土地では全く知られていない話なのかしら?

・ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009,6月  今年のかまきり

Img_6632 洗濯物を取り込んだ。

たたんでると、チビかまきり。

小さい小さい。

華奢すぎる。

チョコチョコ走り回る。

Img_6631 潰さず

傷つけないように

捕まえるには

これが1番

折角だから写真撮ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三条の滝へ向かう

P5040468 2009年5月4日 尾瀬 

見晴から温泉小屋に向かって歩く。

山から下りて予定終了の2人は、ビールを飲む。

5時から燧小屋でお風呂に入らせてもらうんだと2人は言った。

で、デナリは、温泉小屋で温泉入れないかな~あ?などと、ココロの中で思った。

P5040469_2  P5040470_2

至仏岳を左手に、

燧ガ岳を右手に見つつ

・・・北へ真っ直ぐ1本道。

見晴を出た頃は、一面の雪道。

そのうち雪が消えたり

雪に埋もれたりするようになった。

誰もいない道。

以外にも1人歩いている人に追いついた。

聞くと東電小屋の方へクルリと回るとか。

P5040471 仲間には、出発する時に

「熊が居るそうだから逢わない様に」

と、声かけられていたから、

「おやおや・・ますます熊さんに逢う確率高い所へ向かうんだ~あ」と、関心した。

P5040501

P5040473 危険

橋は渡れません

季節外れなこの時期は

橋が架かっていなくって

行けないんだ。

知らなかったんだねこの男性。

引き返していった。

・/

/

P5040509 P5040510   

P5040511_2 P5040512

P5040513 P5040506_2 P5040507 P5040508

歩く歩く。

一人で歩く。

ビビって居たんじゃないよ。

デモね・・・・意識したんじゃないんだけれど・・・おや??って思った。

随分忘れかけていた独特な臭いが右手の山から風に乗ってきた。

一瞬だったが確かに嗅いだ。

居るんだね・・・きっと何処かに居るんだね。

こっちを見ているんだね。

そんな気がした。

見たけれど鈍いデナリには、特定できる近くには気配が無かった。

どんどん行く。

些細なUPダウンを超えて林を抜けて進む。

夏ならすぐのこの距離も木道が出ていないが踏み抜きたくないので用心して歩く。

どんどん進む。

小さく小屋が見えてきた。

P5040480_2

P5040481 振り返ったり、前を見たりキョロキョロ。

小屋のUPはまた明日。

小屋を通過して三条の滝に向かった。

P5040491

/

/

三条の滝まで1.5キロ・・見晴まで2.0キロ

P5040505 この看板見て・・・

ここまで写真撮りのんびりしすぎたから、1時間かかった。

ここから、滝まであと1時間。

P5040514 戻ってくるのに1時間?

見晴まで30分。

5時までにテン場に帰れないと判断し、引き返すことにした。

P5040515 誰にも会わない。

ありえない。

曇った空は雨降りそうで、少し寂しい。

気分はご機嫌だが・・・・歌も出ない。

P5040516 温泉小屋で男性1人通過して行った。

これでようやく2人め、見晴方向に先行した。

引き返すとなれば、慌てる事も無く・・・写真撮りつつのんびり帰った。

P5040517 行きと同じような地点で、また同じ臭いが風上から。

意識していなかったんだけど・・・これは、やっぱりそうなんだと思った。

まんざら、幻臭ではないんだと自覚した。

緊張解けて、思わず歌う。

♪帰ろ帰ろおうちへ帰ろ、デンデンでんぐり返ってバイバイバイ

帰ってきてから検索した。

そうそう、此処此処・・・この辺り・・・・。

もうちょっと北だったかな?

HP見させて貰って合点がいった。

熊のお話さん…・・・↓勝手にUPしました。叱られるかな?

http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~kazuharu/bear-story.htm

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

重曹500gどうしますの?

P4260026 P4260027 P4260028 ワラビの灰汁をぬくために炭酸を買った。

別に年に何回も取りたおすわけじゃないから減らない。

まだまだ、残っているのに忘れて買ってしまった。

しかし、残りがあるから真ん中の箱はそのまんまだった。

なのに、右端のごっつい袋をご覧ください。

何で買ってきたの?と誰かさんに聞きたい。

何に使いますの????

500gって、私たちが死ぬまで使い切れませんで~え。

ちなみに、50gの重曹は、まだ半分以上あるし、真ん中の11g×4袋もあるし。

何かに使うしかないね。

何で500gも買ってきたの?やれやれ・・・・。

来年までまた来年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石榴の花

P5200013_2 石榴の花

図書館の裏には、自転車置き場があって

そこに咲いている赤い花を見つけました。

ざくろは、別に好きな果実ではありません

それでも、これは石榴だとわかりました。

P5200014_2

実るほど頭を垂れる稲穂かな

中身が詰まった人間に・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2人はほんもののカメラで、ルール無用の悪党

Photo

尾瀬に行けたのはね、

10時間かけて高速道路を交代で運転してくれたあけもどろの2人が居たからです。

「デナリも運転するか?」と車のオーナーが言ってくれたら

いつでも3分の1運転する覚悟はあったんですが・・・運転しますと言い出しにくくて・・・・。

寝てしまってはいかがなものかと思いましたが、呆れるほど爆睡。

多分、ガ~ガ~いっていたんでしょうね。申し訳ない。

さて、2人はほんもののカメラを持って写真撮る。

ほらこんな感じ。

ルール無視のデナリは、カメラの何たるか・・・なんか知ったこっちゃない。

逆光は大好きだし、こっちの方向に撮るのがセオリーだと言われてもそんな写真には魅力を感じないし。

私しゃ、いい写真を目指しているんじゃないから・・・これでいいのだ。

教え甲斐の無い生徒で、おまけに生意気と来たもんだ。やれやれ・・・・。

タイガーマスクの歌を歌う。

そこの部分だけ・・・・・。

♪ルール無用の悪党に正義のパンチをぶちかませ 

カメラのセオリー無視の悪党はデナリです・・・ほほほ・・・・・。

デナリ  撮りたいようにお構いなしで撮る。

この写真・・なんだか好き。

2人に感謝!!!

ルール無視の悪党ですが、また写真撮りにもついて行かせてくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

テントの中で

テントの中で穏やかな光。

歩いて寝て食べて語る。

そう言う非日常も山の醍醐味だよね。

小屋とまりではない楽しみ。

しかし、デナリは、Photo テントの中で、ちゃかちゃかする。

周りはさぞかし気が急くだろう。

しかし、どんなに狭いテントだったとしても、

テント生活には、まずます自信ある。

コンパクトに、快適にその都度、片つけながら次のことに移る。

先輩たちの教えや、数々の荒天の中のテント生活からと、自分の失敗談から学んだことの積み重ね。

①失くしそうな収納袋は、毎回全て必ず一番大きなザックにくくりつける。

②使ったら寝るまでに明日も使うものでもコンパクトに片づける。

     だって、真夜中にいつなんどき撤収して退避することになるかわからないし、  

     そんな時に一番に安全なところに逃げたいし、自分の装備を失くしたくないから。

③自分の物は自分で管理するし、人のものは冷たいようでも触らない。

 次ぎ出す時も、結局自分で取り出すのだから、自分で入れておくのが一番分りやすい。

 置き場所が変われば、ついうっかり忘れてしまうかもしれないから、

 親切が、ありがた迷惑になるよりも・・忘れても自分の責任の方がいいよね。

④ひとまず収納、必要ならまた出せばいい。

雨。

雪。

風。

そんな中で、テントで快適な生活をするために・・・・。

そんなところでも、人間ウォッチング。

テントの中でもイライラしていたり、一杯いっぱいなんだなと感じる時がある。

痛々しく感じるが、気がつかない振りをする。

GWの山行きは、3人だった。

テントに余裕あったし、天気も良かったし、そう言うことは無かったな。

定着型は気楽でいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピカのドラマ化

デナリの大好きな 「二つのスピカ」   NHKでドラマ化しますね。

どんなになるのか想像つかないけれど、見たいな。

だって、あすみちゃん素敵なんですもの。

府中野くんを誰がするのか楽しみです。

ライオンさんは、出てくるのかな?

お話のどの部分を切り取るのか楽しみです。

マリカちゃんも誰が演じられるのか楽しみです。

シュウも・・・・言い出したらきりがない。

デナリの中で、ハードル高いぞ~。

だって、好きな話なんですもの・・・・ハイ

P2220029_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼どきの見晴・デッキで酒盛り

Photo尾瀬・見晴キャンプ場

申し込みは燧小屋にします。

/

燧ガ岳から昼に下山した。

早々に小屋の前のテラスで

2人は酒盛り・・・。

人気の無い昼にのんびり。

いいね~。

デナリは、何だかもったいない気がした。

これから、何処へ行こうか???

温泉小屋に行って温泉入れないかな?

三条の滝って行って帰って来られるかな?

いいや~行って駄目なら引き返して来れば良いね。

行っちゃえ行っちゃえ!!!

2人に行き先告げて出発した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

高校とは何をするところでしょう

とっとこ太郎の高校テニス生活が終わった。

1回たりとて試合の送り迎えをしてやったこともなく(1回あったかな?)

応援に駆けつけたこともなく。

それでよかったのかどうだか、迷ったこともないが・・・・

6年のテニス生活は幕を引いた。

とっとこ太郎の大会が終わって何日も経ったある夜

恐ろしく下痢から健康状態が回復して復活したデナリ母は、

夕食を食べながらとっとこ太郎

     「試合はどうだったか?」 聞いた。

昔から

とっとこ太郎には、なかなか勝てない相手がいた。

中学に入る前から知っている相手だ。

違う学校に進んだ相手だった。

その勝てない相手が、シングルスの地元の試合6-0でぼろ負けしたと聞く。

ダブルスでは、とっとこ太郎たちも、なかなかなものだと思うが・・・地元の試合で負けた。

団体戦も総なめした高校があった。

男女問わず・・・・・

シングルス・ダブルス・団体のトップを・・・・総なめした高校が、今年台頭してきたと聞く。

おそらく、その高校は全国に名を馳せるようになるかもしれない。

学校に行かない高校生

詳しいことは知らないが、生徒のほとんどが他府県生と聞きます。

毎日1日中をテニスをして過ごし、スクーリングを受けに行くことはあっても、

一般的な高校カリキュラムをこなさないと聞く。

履修不足で卒業時に単位が足りず卒業のために補習とか・・・全国的に問題になった事が数年前にあったなーと思い出す。

そこのところは、何処がどうなるんだろうねこの高校・・・・。

「こんな高校があるんだって」って事は、

遅れているデナリ母でも、去年から聞いていた。

「昨年は、そうか~」程度にしか意識していなくて、

ことさら驚くこともなかったが・・・・ついに、優勝を独占した。

「総体に出場を、その高校でならできる」と、他府県から入学して来ると聞く。

「その高校ならテニスを思う存分出来る」と他府県から入学して来ると聞いた。P4270081_2

そういう時代なんだね。

本気度が違うって事なんだろうか。

今の世の中は、

スポーツだけにとどまらず・・・

勉強もそうなのかもしれないね・・・

英才教育・・・・というものなんだね。

たぶん放ったらかしのデナリの頭ではまだ理解できない世界なのかも知れない。

スポンサーがつく高校で学校に行かずにテニスだけしている高校生って何だろうね。

それって、ほぼプロ?

高校の定義

みんな違ってみんないい・・・・ってことか。

通っている人の話を直接聞いている訳ではないから

詳しく深くその理念に触れたら感じることも変わるかもしれない。

地元の高校野球の精鋭高校でも、少なくても学校には通っているから、それとは違う更に新しい形なんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009・5月4日尾瀬  コルから見晴に谷を下る

P5040432 P5040433 P5040435 P5040438

P5040439 P5040440

P5040441

2009・5月4日尾瀬 燧ガ岳

 柴安クラ俎クラ

コルから見晴に谷を下る

どんどん下る。

ずんずん滑る。

雪が無くなると厄介だね。

P5040442_2 P5040443 

↑緩い傾斜 振り返ればこんな感じ

P5040445 P5040446

P5040447 振り返ればこんな感じ

時折、尻制動も止まってしまう。

遊ぶ遊ぶ。

危険は避けて滑る滑る。

ズボンが破れては嫌だからお尻の下に肥料袋。

P5040448 あっという間に

谷道と尾根道の分岐に戻ってきた。

もう一回くるっとまわってきたいくらいおもしろ~い。

雪崩れることもあるんだろうか?

傾斜が緩くて危機を感じなかったのかもしれないけれど、

それもこれも自己責任危険は自分で察知して、自分で回避して・・・・・。

お尻がビチョビチョに濡れた。

そのうち乾くよ・・・と言いながら・・・・・また、滑る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

野いちご

P5190055

だーさんは、切り倒した木の処分に空き地に行った。

その空き地で、野いちご見つけた。

可愛いな。

赤いイチゴ。

♪野いちご赤い実だよ お庭で見つけたよ~

子供の頃のこの歌は、これでいいのか悪いのか?

マルセイユっていう寂しい歌とおんなじジャン~。

| | コメント (0)

尾瀬・燧ガ岳俎板クラの祠

P5040420_2 P5040421_2 2009.5月4日

GW 尾瀬・燧ガ岳俎クラの祠

P5040427_2

P5040426  三角点の横には

お祀りした祠がありました。

デナリの感想

とっても月日を重ねてきたんだね。いい感じ。

さぞかし重い石なんでしょうけど、何とも不安定・・・このあたりは台風の通り道じゃ無いんだね ・・・ぶっ飛んでしまいますもん。

P5040430 

あ。

あんなところにあけもどろハッピーさんが立っているよ。

コルは広い。

ここから谷を見晴に下りました。

P5040431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターミネーター4観てきたよ。

Photo              

ターミネーター4 

先行上映、見てきたよ。

さすが、面白かった。

ジョン・コナーは、いくつになっても、カッコいい。

男だね~惚れちゃうよ。

サラのテープ・・・切ない写真・・・・胸がキュンとなった。

サラがジョンに言う

「迷ったときは、自分を信じなさい。

素敵~い

ポップコーン塩食べた。

底に残った弾け切っていないコーンを最後の最後にシガンデいたら、塩かトウモロコシの粉が気管に入ったらしく咳がしたくて仕方がなかった。

よりにもよって、エンドロール最後。

この時期、気を使うわ~あ、コホンと1咳だけなのにね・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月 5日 (金)

今の夕日

Photo_2
Photo_3  たった今の夕日。

田に水がはいった。

| | コメント (2)

日曜日アマリリスが咲いた

P5310016 山に行けなかった日曜日

我が家のアマリリスが咲いた。

いっせいに咲いた。

今年は豊作で

6本立て。

最初の1本を切った。

四方に大輪が咲く。

凄い。

一方からしか花をめでられないのでもったいない気がする。

四方から見られるようにカウンターに置いた。

P5310022

湧き上がる感情を文章に・・・・・

お~!!たいそうな謳い文句で何を書き出すのかと思いきや・・・・

いつも、どうでもいいこと、だらだら書く。

おいおい!と呆れられつつ、書きたいことを書きたい時に書いて残しておく。

ほんと、つまらないことばかり、溜まる溜まる。

1日3枠・・・って決めているから、必然的に余って来る。

すると明日に明後日にと、先に先にと予約して残しておく。

恐るべし・・・・・6月15日までいっぱいになってしまった。

じゃあ、こんなことまで書かなければいいじゃん・・・とも思うのですけれど・・・

いつも言うけど・・自分自身で精神療法・・・・心の安定に良いんです。

文句も書くし、愚痴も書く、腹も立てば、泣くこともある。

生産性も情報提供もないけれど・・・これはこれでいいんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜から「ターミネーター4」先行上映

ターミネーターは、毎回ちゃんと見に行く。

だから今夜も、だーさんと見に行ってくるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナの木に抱きつく

P4270133 和歌山県・大塔山から足郷山

あなたは素敵

・・・そう言って

いけてるブナの木に抱きつく

P4270130 P4270131 P4270132

目に見えない力を

充電した。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬・燧ガ岳・俎クラの三角点

095_2 尾瀬・燧ガ岳・俎クラの三角点

向こうに柴安クラが見える。

Photo

昨日UPした雪の楽しい斜面が見える。

点になって下っている人が写っているね。

どうやら、夏道があのラインに有るんだろうね。

デナリなんか端っこまで行かないで真ん中真っ直ぐが大好きだもんで

直登ならぬ直降~。

面白い~を連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

「明鏡止水」が私を救う

Photo_2 あけもどろの仲間と山に行った。

帰りコンビニに寄ってと言われた。

彼は、毎週?ジャンプだったか買っているんだと言った。

彼が言うには、ヤングジャンプで山の話が連載されているという。

「孤高の人」

タイトルで分かってしまった。

きっと原作は、新田次郎。

家でインターネットで検索した。

導入部分だけお試しに読めた。

話が流れていく先が分かってしまった。

現代版、加藤文太郎か・・・・。

北鎌がK2か・・・・・。

ふ~ん。

いつも本を貸してくれるドクターに、「孤高の人」が連載されていると話をした。

貸してもらいたいな~と言うデナリのした心見え見えのその話にのってくれて

貸してもらった。

一気に読む。

「明鏡止水」

私心私欲がなく、

全てをありのままに受け入れる

静かな心境

国語辞典で四文字熟語を読んでも心に響くことはないが、

話の中にどっぷり浸かって

森文太郎の心を読み進んだら

胸に染み込んできた。

見失って、やめちゃおうかなと、迷っていた。

見失いそうな自分の心がはっきりした。

たった1本しかない前に進む道しか見えなくなった。

たった一つ

「孤高の人」に感謝

明鏡止水が私を救う・・・・うふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬沼凍る

095

2009年5月GW

尾瀬沼凍る。

燧ガ岳柴安クラから尾瀬沼見た。

きっとこの景色、関東の方々には取り立てて珍しい景色でもないんでしょうが・・・

何といっても、デナリは、初尾瀬なもので、記事と写真をUPするする

                                     ・・・呆れるほどに。

ちょちょっと、2000m越える山に登れる東の方々は羨ましい限りです。

そういえば、北アルプス・笠ヶ岳へ独りで行った時に、一緒に歩いてくださった見ず知らずの東の方が

デナリの地元を「山が無いですね…」といいました。

何を言うかな~

山だらけだよ

半分以上が山の中だよ

って思ったものですが・・・・その方にとっては・・・標高が高い、登山の目的になるメジャーな山が無いと言われていたんだと思う。

「山の定義」の差が「山が無い」と感じるのでしょうね。

P5040428

Photo_5 /

/

/

/

/

/

/

/

/

大勢の人がどんどん尾瀬沼のほうへ下っていった。

たぶん大半はあっちから登ってきたのでしょう。

私たちの行動計画では、

往復だったので計画通りに下りましたが、尾瀬沼まで降りて別ルートで見晴まで戻っても良かったかもしれないな~なんて、心の中で欲張ってみたり想像した。

やっぱり、山は半分以上が天候だね。

・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

明日のジョーにはなれない

P6020033

今年の初ものすいかだよ~。

細菌性胃腸炎

デナリは、日曜朝から下痢 夜腹痛でのた打ち回る

      月曜仕事に行く朝昼絶食 夕食食べる・下痢復活 腹痛のた打ち回る。

      火曜仕事に行く朝昼絶食

夕食前にスイカを食べた。

絶食の後・・・・初めに口にしたもの・・・・・・・

生まれてこの方・・・・最高の甘さのスイカでありました。

P6020036 幸せ~。

ところで

楽しみにしていた棚ぼた式下痢絶食ダイエット

辛い痛いしんどい。

明日のジョーになって、自分に酔った。

しかし、

     日曜下痢が続いた割には体重全く減らず

     月曜下痢・朝昼絶食の効果1.7kg減

     昨日下痢回数激減・朝昼絶食の効果0.7Kg減

P6020034_2

なんだかガッカリ

こんなに体を痛めつけても

(別に自分で努力した訳でもなくて

  ただ細菌性胃腸炎にかかっただけ)

2.4キロしか減らなかったんだね。

私は、

明日のジョーにはなれないと悟った。

P6020039 だから、

だーさんが作ってくれたポークチャップを食べた。

がっかり

たぶん1日で元に戻るでしょう。

健康に感謝。

                           そして、回復力に涙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイフの不法所持罪適用

・・・・・・・・・・・・

平成21年1月5日から刃渡り5,5cm以上のダーガナイフ等の剣が所持禁止になっています。現時点では、処罰の対象では有りませんが平成21年7月5日から、不法所持罪が適用されるようになり、処罰されます。

処罰 3年以下の懲役または50万円以下の罰金

既にこのようなナイフ等をお持ちの方は、

平成21年7月4日までに、処分する必要があります。

早急に警察署生活安全係まで現物を持ってお問い合わせください。

回覧板がまわって来た。

駐在所便りに書いていた。

思い出したのは、私の山ナイフ。

お気に入りで27年使い続けているナイフがある。

書いたことがあるだろうか?

デナリは、地元のハイキング程度では持っていくことは無いが

それ以外の山に行くときは、100パーセントズボンのポケットに入っている。

あけもどろに入て間もない27年前

あけもどろに在籍していた女性が結婚することになった。

一緒に山にも行くこともなかった彼女の結婚記念にナイフを頂いた。

ひょっとしたら、結婚祝いしたのかな?覚えてないけれど

その時は若くて知らなかったけれど、人に刃物をプレゼントすることは日本では避けるのですね。

しかし、このプレゼントほど、強くて長く使い続けてくれるものは無いと今思う。

ほら27年間山で使い続けてくれているんだもの・・・・。

発想の転換

世の中の常識って何でしょう・・・・。

結婚の記念に渡したものが、27年間誰かが使い続けてくれていたら

私だったら、凄くうれしいと思うの・・・・。

自慢のナイフをご覧あれ・・・・・・。

P6030002 刃渡り5.5センチ以上

刃渡りってどこから何処まで?

刃先から切る機能のある範囲を直線で計ってみた。

なんとジャスト55mmだった。

これって、OK?  or  没収??

/

警察署の生活安全課へ出向いたほうがいいかしら??

P6030003 のこのこ行って・・・警察探検記を書いてみようかな?

しかし、「間抜けなおばさんが今日は来ていた」と管理日誌に書かれるんだろうか?

さて、どうしよう?

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

写真撮るために、もう1回物差し当ててみたら僅かに大丈夫そう。

でも、コンパスについている物差し当ててみると駄目かも・・・・。

あてる物差しによっても違うのかなあ・・・。

面倒になったから・・・知~らない。・・・しらんぷり・・・・したいけれど・・・大丈夫かな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

シュルシュルダイブ

2009・5月4日GW

尾瀬・燧ガ岳・柴安クラから俎クラのコルへ下った。095

P5040413 P5040415

P5040417

P5040419 下から見上げるとそうでもないし、

写真に撮るとそうでもないけれど

上から下ると高度感あって

プチ面白~い。

頂上から見下ろすとずっと溝の筋が下へ続いている。

尻制動??

そうか、ありだな・・・・と

思った瞬間、欲望が沸々沸いて来た。

しかし、下から見上げられてます。

どけてくれるといいのに・・・・・。

そしたら、しゅるしゅる~ダイブするのにな~。

その人たちを避けられずにこんなところで激突したら、笑い事じゃない。

だから、去っていくのを待っていたがいつまでも駄目だ。

仕方が無いから降り始めたら、途中で誰もいなくなった。

で、大喜びで雪に身をゆだねた。

それは、それは、おもしろ~い。

あくまで自己責任において、この時期のお楽しみかも・・・・。

           言っとくけれど、怪我しても知らないよ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

「アヒルと鴨のコインロッカー」と「陽気なギャングが地球を回す」

P5310024 「アヒルと鴨のコインロッカー」

「陽気なギャングが地球を回す」

  DVDを見た。

知らない間に届いていた。

私しゃレンタル注文していないんだけど・・・・。

どっちも  とっとこ太郎が大好きな  

                原作 井坂幸太郎

「アヒルと鴨のコインロッカー」

ほんと切なくていいすきだな~。

でもね、なんだかかんだか腹が立つ。

腹が立つのよ、考えなしの琴美。

警察に言ってやるんだから・・・・と、言ったことも。

車の前に立ちはだかって逃走車を止めようとしたことも。

殺されるべくして殺されてしまった。

なんだかかんだか腹が立つ。

なんだかんだとイライラする。

困った自分をもてあます。

「陽気なギャングが地球を回す」

特殊能力・・・うらやましい限りです。

なんだかとっても楽しそうな人生。

ロマンは何処だ???

「陽気なギャングが地球を回す」

「陽気なギャングの襲撃と日常」

2冊がミックスされているととっとこ太郎がいいました。

問題です。

「象を冷蔵庫に入れる3つの条件は???」

答えは?????

本を読むか・・・DVDを見てね・・・・。

/

男に向かって

「魂のランクが下がっている。」

いつか機会があれば使ってみたい言葉だと思った。

P6010028P6010030 P6010031

| | コメント (0)

燧ガ岳柴安クラから俎クラを見る

Photo

2009年・5月4日GW

尾瀬・燧ガ岳

柴安クラから俎クラを見るとこんな感じ。

今年は雪が少なかったと聞く。

俎クラの登山道は夏道がちゃんと出ていました。

こっち(柴安クラ)の頂上は雪が無く、向こう(俎クラ)の頂上も雪がありませんでした。

ただ、真ん中のコルには雪がたくさん残っていて、わくわく楽しい。

それは、シュルシュルダイブ・・・・・明日UPしよう。

Photo_2 Photo_3 Photo_4 天気がよければお手軽に歩けるようでたくさんの人が両方の頂上を楽しんでおられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきてから何となく

P5310025 きょうもきょうとて、ごみ当番。

残念ながら今日はお仕事。

無理なものは無理。

帰ってきてから何となくしましょう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子健康手帳 38  札幌市

母子健康手帳38

Photo女の子に男の子に時計台にテレビ塔

久々に珍しい母子健康手帳にデナリは大喜び。

札幌市からの里帰りのママの母子健康手帳

時計台にテレビ塔。

ポプラ並木と青い空。

まさに

ザ・札幌オリジナルって感じだね。GOOD

平成20年改訂版ですって。

今までに、母子健康手帳を  38冊撮影した。

全国津々浦々母子健康手帳模様も楽しみな限りです。

東北の方から里帰りして分娩してくれないかなあ~などと、思う今日この頃。

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat15889453/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

無駄に数ある

P5300013_2 気合いれて、流れを引き寄せる。

家族が土日寝込んだ。

自分もトイレに通いつつデナリは元気だ。

ひっっぱって通常に戻す・・・気合いれる。

窓を全開にする。

2箇所でお香をたく。

P5310014_2 そんな時は、家中に花をちょこっと挿す。

集めてきて撮って見た。

センスなく集合ついでに消臭スプレーまで並べてみた。

一昨日から抗菌スプレーして日に何度も吹き掃除して、消臭スプレーするからものぐさデナリの毎日の家事程度では有り得ないほどのピカピカトイレが維持されている。

掃除と整理したら、あっちもこっちも御香立てとか灰受けとか無駄にあって呆れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の今年の誕生日

P5170026 P5170033

5月にまた誕生日がきやがった

幾つになったって?

聞くんじゃないよ!

忘れちまった~あぃ。

誕生日の前の日

マチ母がおっきなケーキを持ってきた。

欲しいとリクエストしたからくれたのだけど、

「この歳でお誕生会もないものだ!」と思いながらも嬉しい。

みんな気を使って「幾つになった?」とも聞かない。

P5200002 とっとこ太郎から、本当の誕生日にノートを破いた手紙を貰った。

三年寝太郎が、夕べ暗がりで何か書いていたと聞かされて、

とっとこ太郎が背中を丸めてコチョコチョとノートの裏にこれを書いている姿を想像して

クスッと笑ってしまった。

そして、胸の中に暖かいものがいっぱいになった。

マチ母が、私と妹の書いたこんな手紙を箪笥の底に貯めているのを知っていた。

私も2人から貰ったどんな手紙も無駄にしないとノートに貼ってためてきたが・・・。

いつまで、くれるんだろうね。

マチ母が言う。

そのうち孫がくれるようになると。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009・5GW ・見晴から温泉小屋への水芭蕉

P50404722009・5月4日  GW

尾瀬

見晴から温泉小屋に向かって歩く。

まだ、早いと思いつつ水芭蕉を見ることができました。

P5040478

P5040487 P5040488

P5040489

P5040502_2 ↑この写真の水芭蕉が

私の2009・5月GWに写した写真の中で

一番好きです。

何だか傷ついて土をかぶっていても、

自然の中で頑張っているところが

いいな~と思って。

だーさん、回復し本日より出勤。

三年寝太郎、土曜の臨時のバイトをキャンセルして本日登校。

とっとこ太郎は連日の公休の試合も終わり、何もなく久々の学校に登校。

私も欠勤することもなく・・・復活・・・・仕事に行きますわ。

熱を出したのは、だーさんだけだった。

下痢・腹痛・・・・・散々な週末であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »