« 熊野古道 小雲取越え 小口 登山届けポスト | トップページ | 小雲取越え 車道 »

2009年7月 7日 (火)

熊野古道 小雲取越 茶屋跡

P6280018

松畑茶屋跡

熊野参詣 道中辺路の派生ルート「大雲取」「小雲取」沿道には、茶店などの跡が数多く遺されており、「松畑茶屋跡」もその一つである。現在も、広い平坦地に高い石段を積んだ屋敷跡が二段にあり、墓地の跡もある。

元文4年(1739)の「熊野めぐり」には「松畑茶屋とて四五軒も有」と記されている。

また、延享4年(1747)の「三熊野参詣道中日記」には、灘五という者が、10年前に松畑茶屋を訪れた際に、茶屋の子に名前をつけてやったことを思い出し、その子の安否を尋ね、今では十一歳の美しい少年になっていたというエピソードが書きとめられている。 

                                   田辺市教育委員会

P6280048_5

P6280053

P6280054 石堂茶屋跡

大雲取越 小雲取越は、それぞれ厳しい山越えのため、食料や品物を販売したり、宿泊できる茶店や旅籠がたくさんありました。

この平坦地は、石堂茶屋があったところです。

元文4年(1739)の「熊野めぐり」には「石堂峠」として、茶店が2軒あり旅客を泊めていたとあります。

また、寛政10年(1798)の「熊野詣紀行」では「さハのたわ茶屋」とよんでいます。

寛永元年(1848)の「西国三十三所名所図会」には「石砥茶屋」とあり、山中から砥石がとれたため名づけられたと記されています。

北側には水場、西方には茶店の人々の墓石も残っており、往時の生活が偲ぶ事ができます。

                      平成19年6月    

                                    新宮市教育委員会

おかしいね・・文責において・・教育委員会が違うんだよ。

どうでもいいけれど。

想像してみてん、たくさんの人が行き交い、多くの人が働き・・・・

切り取ったその景色の中に、大勢の老若男女が生きていた姿を書き込んだら、

その時代に生まれて生きた自分がいたような気がした。

染まりやすい奴だ。

その時代、

私は何をしていたんだろう。

/

|

« 熊野古道 小雲取越え 小口 登山届けポスト | トップページ | 小雲取越え 車道 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道 小雲取越 茶屋跡:

« 熊野古道 小雲取越え 小口 登山届けポスト | トップページ | 小雲取越え 車道 »