« 熊野道の入り口 | トップページ | 暑中見舞い書く »

2009年7月18日 (土)

大雲取越えのキノコ

P7120092_2 

熊野古道・大雲取越えのキノコP7120091_3 

P7120123_3 2009年P7120124 7月12日(日)

  P7120141 P7120234

ちいちゃい、きのこがいっぱいあった。

苔やシダはたくさんだけど、梅雨の最中、それほどなかったな。

秋になったらどうなんだろう?

|

« 熊野道の入り口 | トップページ | 暑中見舞い書く »

コメント

こんにちは
大雪山山系の遭難は怖い話ですね!低体温症とは怖いものなのですね。

投稿: シゲ | 2009年7月18日 (土) 10:05

シゲさまへ   デナリ

こんにちは。
想像はつきますが、いったい山頂で何があったのか?
どんな人間模様があったのか?
どういう選択が生死を分けたのか?
不謹慎といわれようとも、山に行く仲間として知りたいと感じます。

空前の登山ブーム。
私はこんな性格していますし、わがままな山行きを好む傾向があるので、ギリギリ仲間に入れてもらって集団で行っていますが、気の合う仲間とでさえいろんなことが起こる山。
便利で気楽ではありますが登山ツアーはいろいろ問題あるかもしれませんね。

お見舞い申し上げます。

投稿: シゲさまへ | 2009年7月18日 (土) 17:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雲取越えのキノコ:

« 熊野道の入り口 | トップページ | 暑中見舞い書く »